ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
リバース
 湊かなえ原作

リバース 最終回 ネタバレと感想 優しくて温かい結末に大大満足!

リバースのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


湊かなえさん原作、藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー、【リバース】もついに夕べが最終回でした。


いや~実に納得のいく素敵な最終回でしたね。1つ1つのシーンに大きく頷くことができて、最後には自分が笑顔になれたのが実に嬉しかったです。それに湊氏作品ファンには嬉しいサプライズのおまけつきです


その「おまけ」も含めまして、以下ネタバレのあらすじですリバース=Rebirthがピッタリかな♪


まずは、あの日現場にいた第3者が明らかになりました。当時近辺を騒がせていた窃盗犯だったそうです


あ~そうそう、最初の頃はあのラジオがやたらと耳について、きっとどこかで絡んでくるに違いないいつの間にか忘れてもた(;´・ω・)と思っていたはずなんですが、回を追うごとにクローズアップされてきた彼らの内面の葛藤の方に心惹かれてしまってすっかり失念しておりました


小笠原は例のキーホルダーの持ち主からこれを割り出したそうです。さすがは元刑事でござりまするね。犯人は3人組の若い男たちで、村井の別荘にやってきた深瀬たちを裕福だと見込んで狙っていたそうです


深瀬たちが別荘で焼き肉に舌鼓を打っていた頃、彼らのうち2人は近所のホテルで盗みを働いて迎えの車を待っていたのだそうですが、それがあの雪で来られなくなったらしく、逃走手段に困っていたところに村井の車が目に入ったのだそう


ちょうど浅見が車のキーを挿しっ放しにしていたのが決め手となったようですね。窃盗犯たちがこれ幸いと車に乗り込もうとしていた頃、深瀬の入れてくれたコーヒーを飲んだ広沢はちょうど発作を起こしていたのだそうです


窃盗犯たちは苦しむ広沢をしり目に車に乗り込んで逃亡を図りましたが、その途中、ガードレールにぶつかってケガをしたそうです。その際の出血が車内にも残っていたことから、彼らは証拠を隠滅するために車を崖から下に落としたそうです。車に火をつけたのも彼ららしい


その頃おそらく広沢は彼らの後を必死で追おうとして、やはり崖から転落し、下流に流されたため、その遺体が半年後に発見されるに至ったものと思われます。広沢が助けを呼ばなかったのは、せっかくの楽しい時間を台無しにしたくないと考えたに違いない、と皆は理解していたようです。それほど彼らはあの時楽しい時を過ごしたのです。だからこそ広沢は運転を買って出たのでしょうからね。


窃盗犯はその後捕まったそうですが、この件に関しては口をつぐんでいたために、真相が明らかにならなかったそうです。


でももしあの時谷原と浅見が現場に落ちていた血痕を隠蔽していなければ、その血液から彼らの自白を引き出すことができたかもしれませんよね。


そして彼らの告白によって広沢の捜索が広範囲に及んだら、あるいは、広沢はまだ生きたまま発見されたかもしれないし~考えれば考えるほど、ここは堂々巡りです


僕たち全員が加害者です


真相が明らかになったことを受けて、深瀬たちは4人で愛媛の広沢の実家を訪れました。思いもよらない彼らの告白に昌子は激怒しましたが、忠司は彼らの勇気を認めて許してくれました。ここで深瀬たちが言い訳がましい言葉を一言も口にせず、ただひたすら自分たちの過ちを詫びたのが実に潔かったですね。


深瀬が愛媛に来るまでの間ずっと、果たして真相を知らせることがご両親のためになるのだろうかと何度も何度も自問していた姿も印象的でした。案の定、昌子は彼らを激しく罵ります


本当のことを言って自分たちは楽になったかもしれないけれど、こっちの気持ちはどうなるの!?


確かにその通りなのだけれど、かといって何も知らずにいても昌子の気持ちが穏やかだった訳ではないのですよね。胸の中には常に行き場のない怒りがふつふつと煮えたぎっていたのが、これでやっとはけ口を見出せたという点では、たとえ荒療治ではあっても、昌子のためにもこれで良かったのだと思います。


それに昌子も小笠原に、自分ですら息子を忘れていくのが分かる、とこぼしていました。だからこそ昌子は毎年小笠原にみかんを送り、決して忘れるな、と、自分をも含めて釘を刺していたのだそうです広沢に生きててほしかったのは皆同じ


深瀬たちにしても、ああして面と向かって罵倒されること自体が「償い」になるのでしょうからね。彼らが自分たちの犯した「罪」を忘れず、その罪悪感に苦しんだことももちろん贖罪の1つではありましょうが、やはり、罪を犯した相手にまずは告白して初めて本当の「償い」が始まるのだと改めて痛感させられました。


死んだ時のことよりも、生きていた息子のことを知りたいと言った忠司に、生前の広沢の良い面を懸命に語って聞かせた彼らの姿がまだ目に焼き付いています忠司には息子が4人できたと思ってほしい


広沢は(幼い頃とは違って)人見知りではなかった。教え方が上手いと評判だった。野球が上手でカレーと落語が大好きだった


息子が就職せずに海外へ行きたいと言った時、どうして認めてやらなかったのだろう~忠司とてきっと何度も何度も自分を責めて後悔したに違いないのです。だからこそ、深瀬たちの気持ちにも深く共感できたに違いありません


広沢の蕎麦アレルギーを知らずに、彼を命の危険にさらしてしまったと知った深瀬が、誰とも連絡を取らずに部屋に閉じこもり、飲めない酒を浴びるように飲んで倒れていたところに、小笠原が、それも無理矢理部屋に入りこんできたくだりも良かった。隣のお兄さんも目立たなかったけど結構いい人だった


小笠原はああ見えて、深瀬が広沢のために懸命に真相を究明しようと奔走した姿に大きく影響されたようです。そこで初めて広沢の両親の苦しみにも、実は見て見ぬふりをしてしまっていたのだと明かしました。


君はやるべきことをしっかりやった。俺もここからやるべきことをやる。


言い訳を並べ立てて自分を正当化しようとする人間には厳しい罰が下されるけれど、己の犯した罪を心の底から反省して償おうとする者には「優しさ(救い)」が与えられるのだと、ここは感動しきりでございました


その救いは美穂子を通してももたらされました。美穂子は深瀬が広沢について書いていたノートの最後のページにこう書いて深瀬に渡したのです。


深瀬和久は広沢由樹の特別な友だちだった


広沢は生前、自分を空っぽの人間だと語っていたそうです。何でも適当にはこなせるけれど心から夢中になれるものがない。そんな自分を歯がゆく思っていたその時、深瀬があのコーヒー豆の話をしてくれたのだそう


コーヒーは昔薬だった。でも世界中で取引されているうちにいつしかコーヒーとして飲まれるようになった


これを聞いた広沢は、今は何もやりたいことが無くても、いつかどこかで見つかるに違いないと思えて心が軽くなったのだそうです。


深瀬自身にそのつもりはなくても、深瀬の言葉は広沢を大いに励ましていたのです。美穂子は、自分も広沢と同じで、深瀬にはたくさん励ましてもらったと打ち明けました。あなたは自分で思っているよりずっと素敵な人だよ


私が変わりたいと思ったと言ったのは嘘じゃない。だからもし変われたら、一緒にコーヒーを飲んでください


でもその後この言葉を先に口にしたのは深瀬だったようです。深瀬はついに大好きなコーヒー豆を扱う会社に就職したそうなのです


ここで最初のサプライズがありました。深瀬が納品に立ち寄ったカフェでは「夜行観覧車」彩花(杉咲花)が働いていたのです!もうwikiにはその情報が加筆してありますね: 夜行観覧車・遠藤 彩花の項


深瀬はついに大坂の美穂子が働いているパン屋に行って、最初からやり直そう、ふたりで一緒に変わっていこうと告白しました。もちろん美穂子は笑顔でこれを受け入れます


そしてここで2番目のサプライズ~その美穂子の店には、どうやら「Auberge NOTRE」が順調らしい成瀬Nのために(窪田正孝)がやってきたのです !も~ここは大喜びでございましたね希美はどうしたかな(/_;)


お、おまけに浮かれすぎて肝心の3人が後回しになってしまいました


村井はずっと父親頼みだった人生を反省しますが、その父を一方的に非難することはせず、あくまでも自分を変えたいと第二の人生を模索することにし、浅見は相良に広沢のことを打ち明けて、時間はかかったけれど、ようやく理解してもらえました。また谷原は、期待通り、上司のパワハラが明るみに出ましたが、それを一方的に責めるのではなく、自分の態度にも落ち度があったと著しい成長を見せてくれました


深瀬からの連絡が途絶えた時、彼を心配しながらも、その辛さが誰よりもよく分かるだけに、深瀬が立ち直るのをじっと辛抱強く待っていてくれたのがまた嬉しかったですよね。最初は、そんなに心配ならメールで済ませずアパートに行けばよいのに、とも思いましたが、そうではなくて、深瀬を信じて敢えてその返信を待つに留めたのでしょう


ミステリーもさることながら、人間の内面に鋭く切り込んでくる湊氏の作品が大好きでしたが、今回は特に彼らの友情と成長が好ましくて一層ファンになりました


また最後になりましたが、毎週足をお運びくださり、暑苦しくもはた迷惑な妄想感想文()をお読みくださいました皆々様にも厚く御礼申し上げます。いつかまた湊氏の作品をご一緒したいものですねリバースがめっちゃ面白かった(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリバースのレビュー一覧」でお読みいただけます

リバース
 湊かなえ原作

リバース ネタバレと感想 第9話 無自覚の罪

リバースのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


湊かなえさん原作、藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー、【リバース】は9話にしてついに衝撃の事実が明かされました。以下早速ネタバレですリバースのあらすじ行きますよ~(^^)/


なんと広沢は「蕎麦アレルギー」だったそうです。その程度は深刻で、食べると命に関わるアナフィラキシーショックが起きるほどだったのだとか。


そして、広沢が飲酒運転を余儀なくされたあの日、深瀬が広沢に渡したコーヒーの中には「蕎麦の蜂蜜」が入っていたのだそうです。深瀬は広沢が蕎麦アレルギーだという事実を知らずに、ただただ広沢のためを思ってコーヒーにタップリこの蜂蜜を入れたのだそうです。糖分はアルコールの分解を助けますからね。


甘くしておいたからね


この蜂蜜は深瀬が長野に着いてから売店で買ったものらしく、表面の大きなラベルには「高原はちみつ」とだけあったそうなので、普段から神経質なほどに成分を気にしている人でなければ気づかなかったかもしれません。


今回深瀬は美穂からこの事実を知らされました。これからでも広沢のことを知りたいと深瀬が新しく知り得た広沢についての情報を記したノートを見せられた美穂が、自分も広沢のことを書きたいと言い出したことがきっかけです。


皆で蕎麦を食べに行った時も、広沢は蕎麦アレルギーだったから、ひとりだけカレーを食べに行ったのです。広沢がアレルギーのことを話さなかったのも、深瀬が指摘していたように、皆に遠慮させてはいけないとの広沢らしい配慮からでしょう。


それを知った深瀬は愕然とし、広沢を殺したのは他の誰でもない自分だったという事実に打ちのめされました僕の親友を殺したのは僕だった!?


これもまたいかにも湊氏らしい、実に厳しい問題提起ですね。深瀬が広沢にコーヒーを渡したのも、いつもより甘めにしたのも、すべては広沢を思ってしたことなのです。自分には広沢を止めることができなかったから、せめて少しでも酔いを醒まして安全に運転してほしいとの願いからだったに違いないのに


これまで彼らが犯した罪は自らの「保身」のためであり、足りなかったとはいえ彼ら自身にもその自覚はあったはずです


酒と言ってもビールをちょっと飲んだだけ。大丈夫、事故などそう滅多に起きるものではない、そんな甘さが悲劇を呼んでしまいました。


が、果たしてこの深瀬の行為もまた「罪」と定義すべきでしょうか。私たちの誰がいったいこれを「罪」だと決めつけて、深瀬を責めることができるでしょうか


そう思う一方で、深瀬がこうした行動を取らざるを得なくなったそもそもの原因を考えると、やはり、反論の余地はないようにも思えてきます。広沢を運転させたのがそもそもの間違いだったのですからね


真相がすべて明らかになったら、必ずご報告いたします


広沢の両親にそう約束した深瀬は、

蕎麦アレルギーだなんて知らなかった。あくまでも、広沢のためにしたことだ

そうした言い訳を一切せずに自分の犯した「罪」を正直に打ち明けることができるでしょうか?


それは来週にとっておくとして、それ以外の事実も明らかになりました。まずは「真相を探られては困る人物」についてです。


これはやはり甲野でございました。甲野は、10年前に村井の父明正が当時大臣を務めていた香織の父に頼んで、長野県警に圧力をかけてもらったことを知られることを怖れ、皆を脅迫したのだそうです。小笠原を襲ったのも、甲野が雇ったチンピラだそうです。


確かに甲野の暴走もいただけないけど、これを知った明正が、すべてを甲野一人の責任にして知らん顔を決め込もうとしたのがまたなんとも嫌らしかったですね


広沢は昔、村井のような人間は政治家に向いていると言ってくれたそうです。人を引っ張る力もある、応援するよ


今ではどうしようもない大人になってしまったけれど、今からでも間に合うだろうか~村井はそう語って香織とも潔く縁を切ったようです。香織は、自分との離婚は村井の政治家への道を断つことだと語りましたが、そもそも嫁の実家に頼らなければなれないのなら、政治家になどなる必要はありません


また谷原は、心機一転、再び本社に戻れるよう努力し始めました。谷原が提出した新規プロジェクトの案は、直属のパワハラ上司には捨てられてしまいましたが、その現場を谷原に好意的だったらしい部長が目撃していたようです


そして浅見は、ようやく2年生のサッカー部員が真相を話してくれたことで光が見えてきました。キャプテンの相良は相変わらずで、自分がついた嘘を悪いと思っていない、それどころか当然だと考えていたようですが、浅見はそれでも時間をかけて分かってもらうと語っています


こうして深瀬を除いた全員は、早めにダメージを受けただけになんとか立ち直りつつあります。優しかった広沢のためにも、深瀬を含めた皆がそれぞれの人生を悔いなく精一杯生きていけるよう祈りたいです。


でもまだこれで終わりではありませんよね。何せ、最初に深瀬が人殺しだとの張り紙をした人間がまだ明らかになっていません。そこはやっぱり広沢の両親のような気もしますよね。それもまた美穂子同様、

「思い出してほしかった」

だけかもしれませんし。


また、これは小笠原の推理ですが、もし広沢が単に崖から車ごと転落しただけなら、ガードレール周辺に「血痕」が落ちていたのも妙な話です。果たして広沢は本当に運転していたのか、は小笠原ならずとも気になるところです。


でもこの血痕も広沢のものとは限らんのですよね~何せ証拠隠滅されてしまいましたからね


そこで浮上してくるのが例のてんとう虫のキーホルダーです。あれを作ったNPO法人は「グリーンネイチャー」というそうで、小笠原はキーホルダーの持ち主の名簿を手に入れていたそうです。


やはりあの時あの場に広沢以外の誰かがいたのでしょうか?後出しでないとしたなら、残る駒はもうクローバーコーヒー夫妻(笑)しかいないんですが。「高原はちみつ」も持ってましたし、NPO法人にも縁がありそう?


毎回あれこれ考えさせられた「リバース」もいよいよ来週が最終回です。たとえどんな結末を迎えようとも、この分なら納得のいく展開が期待できそうで楽しみですリバースの最終回が待ち遠しい( *´艸`)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリバースのレビュー一覧」でお読みいただけます

リバース
 湊かなえ原作

リバース ネタバレと感想 第8話 美穂子の告白

リバースのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


湊かなえさん原作、藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー、【リバース】は8話も面白かったですね~。やはり「黒幕」は他にいそうです。以下ネタバレのあらすじですリバースのあらすじネタバレ行きますよ~(^^)/


まずは、副題にもさせていただいた「美穂子の告白」から参りましょうか


今回美穂子は母の浩子に「まだやり残したことがある」と言って大阪から戻ってきました。


谷原から、美穂子が母を入院させるにあたって評判の良い大坂の病院を探していたと聞いた深瀬は、その時名前が挙がった病院に連絡をして浩子を見つけ、この話を聞き出します。羽田では行き違いになったことから、その言葉を頼りに浅見のもとへ向かいました。浅見だけがまだ美穂子に会っていなかったことを思い出したからです


深瀬が二人を見つけた時、美穂子は石段を下りていく浅見に手を伸ばしていました。でも美穂子は突き飛ばそうとしていたのではなく、広沢が浅見から借りた本(宮本武蔵)を返そうとしていたのだそうです。


その後美穂子は深瀬にすべてを告白しました。広沢とはふたりが東京で再会してから付き合ったこと、交際の結果結婚まで考えたのに、広沢が就職しないと聞いて自分から別れを申し出たこと。美穂子の両親が離婚したのは父親が働かなかったことが原因だったため、就職はしないと言った広沢を美穂子は許せなかったのだそう。


美穂子はその後広沢とは一切連絡を絶ったため、広沢が事故に遭ったこともしばらくは知らずにいたそうです。ニュースでこの事を知って驚いていた美穂子の傍らには、広沢が事故に遭う前長野から送ったりんごが置いてありました。戻ったらもう一度話がしたいというメッセージを添えて


また谷原をホームから突き落としたのも美穂子だったことが判明します


ふたりが電車のホームにいた際、谷原は酒を飲んでいたにもかかわらず、車で美穂子を送ると言い出したのだそうです。広沢をあんな目に遭わせた谷原が懲りずに飲酒運転をしようとしたことに怒りを抑えられなくなった美穂子は、自分の手を取ってホームを去ろうとした谷原の手を、思わず、しかも強く振りほどいてしまったのだそう


そんなことをしたら死ぬかもしれないと分かっていたのに~広沢を死に追いやった谷原たちと変わらない


でも美穂子はもともと彼らに復讐するつもりはなかったそうです。美穂子が皆に近づいたのは、広沢の3回忌で彼らを見かけた後、広沢のこと、特に最後の日をどう過ごしたのかを教えてほしくて、まずは浅見に連絡をしたのだそうです。名前は言わず、ただ広沢の親戚としか名乗らなかったそうですが、浅見も後にそれが美穂子だったと気づいたようです。


僕が酒を飲んでいなければあんなことにはならなかった。あれから酒は一滴も口にしていません。


浅見はその時美穂子にそう語ったそうです。美穂子は引き続き、残り3人の近況を聞き出しましたが、逆に浅見から素性を聞かれると答えることができず、電話を切ってしまったそうです。


当時美穂子は大坂の母の下へ行くことを考えていたため、その前に「やり残したこと」を終えたいと思ったそうです。直接広沢のことを問いただすより、偶然を装って彼らに近づき、さりげなく話を聞き出そう。


美穂子の目に映った谷原や村井、そして浅見は気さくで良い人たちだったそう。頑張って充実した人生を送っているんだ、あの人たちと一緒だったら、最後の1日を楽しく過ごせたはずだ、そう満足したと美穂子は言います。でも、もう少し話したい人=深瀬ができてしまった、と。広沢が深瀬のことをよく話してくれていたから。


そう、美穂子には彼らを恨む気持ちなどまったくなかったのです。「あの日」までは


美穂子の気持ちが変わったきっかけは、広沢の家に泊まった翌朝、ゴミ袋の中に「人殺し」と書いた紙を見つけたことだったそうです。どこから見てもお人よしの深瀬が「人殺し」呼ばわりされるとしたら、広沢の事件が原因に違いない!美穂子はそう確信したそうです。


でもこれ、裏を返せば、最初の嫌がらせをしたのは美穂子ではなかったということですよね


こうして美穂子は4人に告発文を送りました。もう一度、広沢のことを思い出してほしかったから。


深瀬にすべてを打ち明けた美穂子は、これから警察へ行くと言って立ち去っていきました。美穂子に追いすがり、本当のことは一つもなかったのかと問う深瀬に、またしても「嘘」を投げつけて。


全部ウソ!あなたのことは好きでもなんでもなかった!!


すっかり打ちのめされた深瀬をもう一つの事件が襲います。なんと今度は小笠原が何者かに刺されたのです!?


今度こそ、正真正銘の「黒幕」でございましょうか。小笠原は深瀬から頼まれて、例のキーホルダーについて探っていたところだったはずです。これまでに分かったのは、あれは長野のNPO法人が創立30周年を記念して100個程作った限定品だということです


広沢が、卒業後は海外にボランティアに行きたいと語っていたこと、そして長野に行ったあの日も、試験を受けた「行政法人」の内定の知らせを待っていたけどダメだった、と漏らしたことが、この「NPO法人」に繋がってきそうな気がしますよね


とはいえ、終盤に来ていきなり知らない顔が黒幕で登場するのはやっぱり避けてほしいところでござりまする。となると、これまでノーマークだった、やはり甲野か広沢父の忠司か。いくらなんでもクローバーコーヒーのふたりってこたあないですよねああ悩ましい


一方で今回は、村井がずっと隠し続けてきた秘密も明らかになります。夫、谷原の事故を受けて強くなった明日香がついに村井を問い詰めて白状させたのです


村井はあの時、浅見から連絡を受けて広沢のことを知ったそうです。タクシーを降りて広沢を捜しに行った村井は、広沢が運転していたと思われる自分の車が崖下に落ちているのを発見するとすぐ、警察ではなく、父・明正の事務所に電話をしたそうです


明正は即、証拠を消すために車を燃やせと命じたそうです。さすがの村井もこれに従えずにいたところ、車は爆発&炎上したのだそうです。村井は恐ろしくなってすぐにその場を逃げ出しました


(俺たちは)人殺し呼ばわりされるようなことはしていない


深瀬の言葉が蘇ります。自分がもし深瀬の立場になった時、果たして同じ言葉を使わず、真摯に自分の罪と向き合うことができるのか、それ以前に、ただ自分を守るためだけに他人を利用してはいないか、を常に心に問い続けていきたいと痛感させられました。


リバース」もいよいよ終盤ですね。続きを見るのが待ち遠しいです今季はリバースが一番面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリバースのレビュー一覧」でお読みいただけます

リバース
 湊かなえ原作

リバース ネタバレと感想 第7話 本命現る!

リバースのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


湊かなえさん原作、藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー、【リバース】は、ついに、告発文を送ってきた犯人の「本命」が現れましたリバースのあらすじ行きますよ~(^^)/。以下早速ネタバレです


広沢の高校時代の恋人は、やはり、越智美穂子でした。美穂子は昔「川部美穂子」だったそうで、あだ名が「カワちゃん」だったのだそうです。


前回から思わせぶりされていた「カワちゃん」(夏菜)は「川本」と言い、やはり広沢と付き合っていたそうですが、こちらは広沢が断れなかっただけらしく、2人の交際はたったの2週間で終わったそうです。


これが明らかになったのは、古川から話を聞いた深瀬が、八王子でナースをしているという川本を捜して見つけ出した結果、川本が話してくれたからです。川本はあにはからんや、誰にでも優しかった広沢は結局他人を傷つける、とかなり手厳しかったようです


この気持ちは古川も同じだったようですね。古川は広沢をたった一人の親友だと思っていたけれど、広沢にとってはそうでなかったことが寂しくて、自分から広沢との縁を断ったのだそうです。


川本から、広沢が付きあっていた「カワちゃん」は広沢の2つ下で隣のクラスにいた「川部」だと聞いた深瀬は、広沢の幼馴染に頼んでアルバムを送ってもらいました。そこに映っていた「川部」が美穂子だったのです。


しかも美穂子は、深瀬のみならず、他の3人にも接触していたことが判明しました


谷原には所属野球チームのマスコットガールとして、村井には事務所のボランティアスタッフとして面識があったそう。しかも谷原はホームに突き落とされた時、美穂子と一緒にいたのだそうです。また美穂子は浅見の高校も訪れて、遠くからその姿を監視していたようでしたね。


その美穂子は今回、大阪で入院している母・浩子の看病に出かけていました。ちなみに浩子の苗字は越智です。そこで美穂子は浩子に、深瀬が信じられないほどのお人よしだと打ち明けていました


前回おばさんが気になっていたこと~ストーカーに襲われた美穂子が、不自然に思えるほどに深瀬に謝っていたことも、やはりこの伏線だったのですね。つまり美穂子は確かに4人に復讐しようとはしたものの、今ではそれを後悔しつつあるのかもしれないということ。だからこそ、潔癖な自分を変えたいなどと深瀬にもらしたのではないでしょうか。


さてそれ以外の4人の行動もまとめておきます


まず谷原はほぼ元通りに回復して退院したものの、ホームから突き落とされる前に会社から早期退職を勧められていたことが気になって復帰できずにいたようです。


それに谷原もまたあれ以来ずっと酒は飲まずにいたようでしたね。広沢のことも、主に野球を通して大変親しくしていたようで、お互いに爺になるまで仲良くできると考えていたのだそう


そして村井は、なんと妻の香織に監禁されていたことが判明しました


村井の父の第一秘書を務める甲野(山崎銀之丞)がこれを突き止めて村井を助け出したようです。この甲野もちょいと中途半端な役どころですね。まだ何かを隠しているかもしれませんね


その後香織は実家に戻ったそうですが、村井の家には香織がサインをした離婚届が置かれていたそうです


また浅見は藤崎に呼び出されて、ある事実を聞かされました。サッカー部では毎年シーズン前に「優勝祈願」と称してビールで乾杯するのが通例だったのだそうです。


藤崎はそれを知っていて止めさせたいと思っていたけれどどうしてよいか分からずにいたところ、たまたま「大人」の深瀬がやってきたため、気づいてほしくて深瀬の注意を引いたそうです。


私がもっと早く打ち明けていれば、あさみんが悪者にならずに済んだのに


浅見はでも、こうして真実を打ち明けたことで藤崎も楽になれるだろうとホッとしていたようでした


そして深瀬は、藤崎のことで呼び出された浅見が東京に戻った後もひとりで愛媛に残り、あれこれ調査を進めていました。いざ東京に戻るというその日、深瀬はみかんの蜂蜜を始めとする土産をたくさん持たせてくれた昌子に、自分達に告発文が送られてきたことを打ち明けます。


真相が分かったらお話しします。


そう言いながら深瀬は心の中で詫びました。その時は、これまで言えなかった自分たちの罪も必ず告白するつもりだと


また10年前の「手がかり」として「テントウムシの背に30と書かれたキーホルダー」が浮上しました。当時現場で証拠を隠蔽していた谷原がこれを雪の中から見つけて崖下に捨てたらしいです。


~そう言えば谷原の野球チームでの背番号が「30」だったような気がしたのはおばさんの気のせいだったでしょうか?(翌日思い出したので加筆しました)~


深瀬がこの話を小笠原に知らせると、小笠原は早速古巣の長野県警に確認に行きました。そこで話をした後輩の倉島はこれに見覚えがあったようでしたね。その日は広沢の月命日だったそうで、昌子も長野県警を訪れていたようです。


小笠原は昌子に今度こそ必ず真実を明らかにしてみせると誓いました。


と、今回はこれぐらいだったでしょうか


個人的には、やはり美穂子が犯人だったかと腑に落ちる一方で、黒幕(?)の登場にはまだ早すぎやしないか、それに「真相を知られたくない人物」はどうなったのか(自分の行為を後悔した美穂子の仕業?)、との疑問も打ち消せずにいるところです。自分でも呆れるほどのミステリーオタクでござる


まだまだ謎がいっぱいの「リバース」は続きを見るのが待ち遠しいですね湊かなえのリバースが面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリバースのレビュー一覧」でお読みいただけます

リバース
 湊かなえ原作

リバース ネタバレと感想 第6話 新たな容疑者浮上?

リバースのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


湊かなえさん原作、藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー、【リバース】は6話の折り返しになってますます混迷を極めてまいりました。以下ネタバレのあらすじ感想ですリバースのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、明日香と浅見の証言により、事故前後の様子が少しだけ明らかになりました


あの日村井は駅で明日香とタクシーに乗った後、誰かから電話をもらい、慌ててタクシーを降りて事故現場に駆け付けたそうです。電話の相手は村井に「河原(にいる?)」と伝えていたらしい。村井のジャンパーに雪が付着していたのにはやはり理由があったのですね


前回村井は現場で、谷原と浅見が「何かを隠蔽」していたのを目撃したと語っていましたが、今回は浅見自身が深瀬にこれを打ち明けました。


ガードレール付近の雪に血痕が付いていたのを見た谷原は、その血痕を調べられたら広沢が飲酒運転をしたことが分かってしまう、自分達の内定が取り消されると、必死でその雪を隠そうとしたのだそうです。そして浅見もその谷原に同調し、ともに証拠を隠したそうです


でも、もし村井の言葉通り、そこに村井がやってきたのであれば、村井はその直後に谷底で爆発した車の側から逃げていけるはずがありませんよね。谷底から戻ってきた村井は、明日香も目撃したそうですから。


となると、村井はなぜ、谷原と浅見が「何かを隠蔽」したことを知っていたのでしょうか?


浅見はともかく明日香が嘘をつくとは考えにくいですから、その時他にも目撃者がいて、村井にそれを教えたのかもしれませんね


その村井は現在何者かに監禁されているようです。その間、谷原は意識不明、そして浅見と深瀬はともに広沢の故郷の愛媛を訪れたので、村井を閉じ込めたのはまったく別の第三者ということになりそうです


そこで浮上したのが、浅見と深瀬が愛媛で出会った広沢の親友だという「魔太郎」こと古川大志(尾上寛之)と、広沢の恋人だった「カワちゃん」(夏菜)と呼ばれる女性です。この古川の性格がどことなく深瀬に似ているらしい(暗くて陰気)のがまた何とも象徴的です


また明日香の印象から、広沢はその「カワちゃん」を愛していなかったらしいことも分かっています。広沢の同級生たちが語ったように、人の好い広沢が「カワちゃん」に押し切られて付き合っていただけかもしれません。


一方、浅見とともに広沢の両親を訪ねた深瀬は、広沢同様穏やかで優しい彼らが自分達を脅迫しているとは思えなくなったようです


ここに来ての後出しはちょっとがっかりしちゃうけれど、あの広沢の両親が復讐を企んでいると考えるよりはホッとしますね


でももし古川もしくはカワちゃんが広沢の復讐をしているのだとしたら、「10年前の真相を明らかにしたくない人物」はいったい誰なのでしょう?? 


古川が深瀬に「今さらなにをこそこそ嗅ぎまわっている?」という言葉からすると、当時古川が何かの小細工をしていて、今さらそれを暴かれたら困る、ということなのかしらん?


また前回美穂子を襲ったのは、美穂子自身を追いかけていたストーカーだそうです。まったく紛らわしいったらありませんが、それならここは納得ですね。


今回美穂子は深瀬に「厳しすぎる性格」を自分でも持て余しているのだと打ち明けました。つまり、美穂子が深瀬を許せなかったのは個人的な事情からではなく潔癖な性格によるものだということですよね。深瀬が変わろうとしているように、美穂子もまたそんな自分を変えたいと悩んでいたらしい。


その美穂子の母は今病床にあるらしく、美穂子は故郷の大阪に戻ろうと考えているそうです。そうなると美穂子=広沢の恋人の線はさすがに消えてしまったでしょうか


ふぅ~ここまで混迷してくると、いっそどこまでやってくれるのか期待しちゃいますね。「リバース」は続きを見るのが楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリバースのレビュー一覧」でお読みいただけます

リバース
 湊かなえ原作

リバース ネタバレと感想 第4&5話 疑心暗鬼

リバースのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


湊かなえさん原作、藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー、【リバース】もようやく5話まで見終わりました。先週からずっと忙しかったのですが、ようやく一息つけそうで少しホッとしています。以下、2話分のネタバレあらすじ(&妄想)ですkaeru3


まずは心配された谷原ですが、何とか一命はとりとめたようです。谷原が突き落とされた時、その近くで帽子をかぶった女性が目撃されたそうですが、それが広沢の母・昌子かどうかは依然として不明のままです


また越智美穂子が何者かに襲われるという事件も起きました。こちらは美穂子を心配して迎えに行った深瀬が助けて事なきを得ましたが、深瀬を襲うならともかく、なぜ美穂子までが襲われなければならないのでしょうか?


この時美穂子が深瀬に礼ではなく何度も詫びていたのもちと気になりました。自分のせいで深瀬が危険な目に遭った、という意味だと解釈する一方、逆に美穂子が深瀬(広沢)のせいで襲われたのだとしたら、あんなに謝るのは不自然ではないでしょうか?


果たして犯人はいったい誰なのか~そう思っていた矢先、今度は深瀬に不可解な怪文書が届きます。そこには、10年前の事件をこれ以上蒸し返すなと書いてあったそうです。つまりは「真相」を知られては困る人物がいるということです


となると、谷原と美穂子が襲われた理由は「広沢の復讐」ではないかもしれません。ふたりのうちどちらか、もしくはふたりとも「真相」を知っているために口封じをされそうになったのかもしれません


また今回、広沢には故郷の愛媛にいた頃から付き合っていた恋人がいたらしいことが判明しました。これは明日香が広沢から聞いた話らしく、村井はもしかしたら嘘かも知れない、と深瀬に説明しましたが、もしかしたらその「恋人」が美穂子だという可能性もまだ残されていますよね


一方の村井にもやはり「秘密」がありそうです。なんでも村井には10年前、ちょうど広沢が亡くなる前までは交際中の女性がいたのだそうです。が、それが何らかの理由で別れを余儀なくされ、今の妻と政略結婚をしたそうなのです。この事は、村井が「あの日」事故処理で遅れてきたという話と繋がっていそうですよね


~これはおばさんの見間違い(揚げ足取り)かもしれませんが、村井と明日香があの日、広沢がなかなか迎えに来なかったことから、タクシーを拾って別荘に向かった際、乗車時の村井のジャンパーにはほとんど見られなかった「雪」が、タクシーを降りる際になって付着していたのが気になりました。途中で降りた様子は見受けられなかったので、やっぱり揚げ足取りかもしれませんけど


雪がひどかったことから、ふたりは別荘の手前で降車したそうです。おそらくはそこから別荘へ向かう途中、村井は、広沢の車が墜落したと思われるガードレールの近くで、谷原と浅見が「何かを隠蔽」していたところを目撃したそうです。


でも浅見は、その村井が炎上した事故車の近くにいて、その場を走り去っていったのを見たと深瀬に語っていました。


果たしてどちらの言葉が本当なのか、谷原が意識不明の今、鍵を握るのは明日香ということになりますでしょうか。


が、その後、今度は村井が行方不明になってしまいます。嘘をついた人間が消えるということは考えにくいので、となると、これまで最も疑わしくなかった「浅見が犯人」なのかもしれませんね。広沢の復讐ではなく「真相を知られては困る人間」の方です。


でもね~あの「あさみんが今さら自分を守るために「友人」を傷つけるとは考えたくありませんよね。それに村井が広沢について語っていた

「あんなこと
(大らかな男だから「あんなこと」ができたのかもしれない)

も気になりますし。いやいや考えれば考えるほどわからなくなりますね


また「広沢の復讐」という点からいうと、いかにも怪しかった広沢の母昌子は、確かに4人の近くには出没はしていたものの、愛媛に戻ってしまったようです。となると、昌子は単に「真実」を知りたかっただけで、4人を傷つけているのはやはり別の人物(真相を知られては困る人物)なのかもしれません。


それ以外では、深瀬は例の飲酒事件のことで「転職の誘惑」に負けず、皆の前で堂々と真実を語りましたが、それが原因かどうかは分らぬものの、会社が倒産してしまったそうです。何でも社長が金を持って夜逃げしてしまったのだとか


ここ2週間ほど「肉体労働」に終始していたこともあって(苦笑、なかなか頭が働きません。今日はこの辺にさせていただきますね。来週はもう少し落ち着いて書けることを願いながら


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリバースのレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング