ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第31話 ベッキ、社交辞令を学ぶ

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】は31話も面白かったですね~。肝心のパネル事業は緊迫しておりましたが、久々にコメディ要素もタップリで実に可笑しかったです。以下ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはそのパネル事業の方から参りますると、今回グレは、皆が席を外している最中、中国のソク代理からの電話に対応しました。この事業に関する電話は全て録音するようにとのサンシクの命に従っていたグレは、話の流れから、チェ専務の不正を仄めかすような発言をしてしまいます。


いきなりの直球に驚いたソク代理は、サンシクが連絡をしてきたのも不正を疑ってのことだったと気づきました


そこへサンシクがやってきて、慌ててグレを止め、なんとかソク代理をなだめますが、その時に生じた火種は消えることが無かったようです


サンシクはグレを厳しく咎めた後、意を決してチェ専務のもとへ行きました。口ではどんなにチェ専務を擁護しても、その気持ちはグレと同じだからです。


エージェントの件は取り消してください。それ以外のことは責任を持って進めますが、こと「関係」に関することは3課に責任を負わせないと約束してください!


専務は笑ってすべての責任を自分が負うと約束してくれました。サンシクはそんな専務にますます不信を抱きますが、相談を受けたジヨンは、3課が優秀だからだと励まします。思った以上に実績を上げている証よ


その後サンシクと3課はわき目も降らず事業を推し進めました


多忙のためグレが捕まらないことを嘆いたソンニュルは、ヨンイとベッキからこの事業の話を聞いてガッカリしたと非難めいた口調でサンシクをこき下ろします。専務の件なんて断ってほしかった


ベッキが何も言えずにいると、そこにグレがやってきて、奥にヨンイがいるのを知って少しためらいましたが、ソンニュルを激しく非難します。勝手なことを言わないでくれ!


何せグレは、母からの電話につい、自分が会社を辞めることを匂わせてしまったほど思いつめているのです。母さん、僕が会社勤務になったためにもらえなくなった役所の仕事、今でも惜しいと思ってる?


勘の鋭い母のこと、何か感づいたに違いありません。それでも何も言わんのが、彼女の素敵なところなんです


ベッキから真相を聞いたソンニュルは反省し、自分にも何か手伝えないかと言いだしますが、ヨンイは何もないと押しとどめました。これはジヨンの時とはレベルの違う案件なのです。


が、その事業についにストップがかかってしまいました。「爆弾」を抱えて黙っていられなくなったソク代理が上司にすべてを打ち明けたため、本社の監査が動き出したのです


営業3課に「録音テープ」があるとの報告を受けました!


チェ専務とサンシクが取調べを受けました。専務は「慣習」だと突っぱねるつもりのようですが、監査側は額が多すぎると譲らぬようです。そろそろチェ・ヨンフの時代も落日の時を迎えるようです


またソンニュルは、ジュンシクの不正の現場を抑えようと、望遠カメラまで用意して、ジュンシクと下請け会社の密会現場に乗り込みました。が、そこでソンニュルが見たのは、あの驚きようからして、どうやら「金を渡す現場」ではなかったようです


さて最後はお待ちかねのベッキです


今回は業務環境改善調査と称して、女性社員二人がオフィスにやってきました。カン・ミンギョン(チョン・スヨン)代理と新人のイ・ヨンソ(コ・ウニ)の姿を見たヘジュンとソンジュンが、その直前までどうせ改善などされないのに、と文句を言っていたはずなのに、その2人の後を追いかけていきます


ちなみに、ヘジュンは「カン代理=仕事のできる女」が気に入り、ソンジュンは「新人のグラマー」が気に入ったようです。


ソンジュンから女の趣味が悪いとこき下ろされたヘジュンはベッキに意見を求めますが、ベッキはつい本音?を漏らしてしまうのです。


若い方が好みです


ヘジュンは、ベッキの趣味が悪いと断定し、いつも以上にむっつりとして立ち去ってしまいました。ソンニュルは、上司に楯突くなど修行が足りないとベッキを教育します。ここはヨンイでさえソンジュンに倣って、新人の方が可愛い~あの可愛らしさを見習いたいとおもねったのに


社会人としてこれぐらい当たり前よ


さすがに首席は違うと首を振るソンニュルがまた笑えましたね~。そうそう、ベッキはもう少し「現場」で修業した方がよさそうですね


さ~て残りはあと3話です。いよいよカウントダウンでござる終わると寂しくなるなvv


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第30話 引くも地獄、進むも地獄

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】、今日は30話を視聴しました。現在放送中のドラマにどんどこ追いつくには暑すぎ&疲れすぎて、今日はミセンを見るぐらいでちょうどいい感じでござりまする。以下ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~(^^)/


前回理解できなかった「手数料2.5%でエージェントを通せ」の意味がようやく分かりました。今回の太陽光事業は「関係(クワンシー)」を配慮したため、ワン・インターナショナル側の利益は3%しか出ないのだそうです。


この数字で契約したはずなのに、今回ポシンが勝手に書き換えた契約書を送ってきたようですね。ポシンというよりは「窓口」の社長なのかな。というよりもしかしたらポシンの社長じゃなくてエージェントなのかもしれません


それでは利益が0.5%しかなくなると心配するのも当然ですよね。しかも、これを怪しく思ったサンシクが、中国駐在員のソク代理(シン・ウチョル)に連絡を取って調べてもらったところ、ポシンはこの事業に乗り気だから、マージンはむしろ通常より高くても話に乗ってきたはずだというではありませんか。エージェントの手数料も普通は1%なのだとか


それでも部長は目をつぶって判を押せ、の一点張りです。専務も相当怪しいけど、このイ部長の袖の下も相当潤っているのではないかと勘繰りたくなりますね。


こうしてますます怪しくなってきたところで、サンシクは、不安を隠せないドンシクとグァヌンを屋上に呼び出してその真意を明かしました。


これにはグレの未来がかかっている。この事業が成功すれば、あいつを正社員にしてやれる


サンシクの気持ちを知ったドンシクは、それなら最後まで諦めずに頑張ってみようと賛同し、グァヌンもまた、利益率0.5の事業もないわけではないから、もう少し様子を見ようと言ってくれます。グァヌンはでも専務の不正をかなりの確率で確信していたようです。


一方、ひとりだけ外されたグレのところに、ベッキがやってきました。ベッキは、悩んでいる風のグレに、何も考えず、次長についていけばよいのだと励まします。それでもグレが納得いかぬようだったため、ベッキはついに自分の考えを明かしてしまいました。


次長が無理を通そうとしているのは君のためだ。3課を大きくして君を正社員にするためだ


これですべてが腑に落ちました。本来の次長なら早々に手を引いている怪しげな事業にいつまでもしがみついているのは、ほかならぬ自分のためだったなんて!?


グレはサンシクに電話をし、早速自分の考えを伝えに行きました。僕のためなら止めてください。


サンシクは、生意気を言うなとグレを諫めます。専務とて長年会社に貢献してきた人物だ。それを簡単に疑うな~とは自分に向けて発した言葉でもあるのですよね


今やらなければもう二度と同じ気持ちになれないかもしれない


グレのことももちろんだけど、長年尽くしてくれたドンシクに対しても、課を大きくして報いてやりたいと考えているのですよね~サンシクは。トイレの脇からも脱出したいし。


必ず皆を守ってみせる!俺を信じて任せておけ!


それでもグレは迷っていたようです。自分のために3課が犠牲になったのでは元も子もなくなる


また以前なら、我関せずとばかりに、余計なおせっかいとは縁がなかったベッキは、ヨンイにも靴を買ったようです。なかなか渡せずにもじもじしていたシーン、可愛かったですね


その後電話でヨンイを呼び出して靴を渡したところで、期待通り?ソンニュルがやってきます。ソンニュルは会社中にアンテナ張ってますよね~ここぞという時には必ず顔を出しますからね


偉いぞ、よくやった!


ソンニュルは、ヨンイのヒールがぐらぐらしていることに気づいていて、自分もプレゼントしたいと考えていたのだそうです。ホンマかいな


そのソンニュルは、ジュンシクが下請け業者から賄賂をもらっているに違いないと確信していました。評判が悪い上に他の会社から提訴されている会社との取引をごり押しするなんぞ、それしか考えられませんものね。しかも新車を買うみたいですし


何とかして尻尾を捕まえてやる!と意気込んでいるようですが?


そしてヨンイは、ついにその過去をベッキに明かしました。ヨンイの父(チョン・ジンギ)は昔軍人だったそうで、本当は男の子が欲しかったのだそうです。


女にかける金などないという考えだったため、ヨンイはバイトをしながら高校と大学を卒業したそうです。そのくせ、父親はそんなヨンイのバイト代まで飲み代にしてしまったそうです。軍人を辞めてからの父はあれこれ商売を始めては失敗する(騙される)の繰り返しだったのだとか。


ヨンイは在学中からサムジョン物産で働き、シン・ウヒョンの下で働いていたのだそうです。


ウヒョンはヨンイに生きる喜びを教えてくれた上司だったのに、これを知ったヨンイの父はすぐに金の臭いを嗅ぎ付けてウヒョンから金を無心したそうです。若いヨンイがいたたまれなくなるのも当然ですね。それにベッキも指摘していたように、ヨンイはきっとウヒョンに憧れていたのでしょうから尚更です


父親に呼び出されてまたしても金を要求されたヨンイが、どうやったら父親から離れられるのか、と本人に問うた後、ぐったりとうつむいていたのをベッキが目にし、一杯どうかと誘ったシーンも良かったですよね。ベッキは器用じゃないけれど、それだけにこうした優しさが身に沁みます


一緒に(ヨンイが好きで自分が苦手な)ホラーを見に行こうと誘ってくれたのも、いかにもベッキらしかった。でもさすがに鑑賞後の血みどろの食事(牛の血を固めたソンジ)は難しいと断ったようですが。


たとえ難局ではあってもやっぱりミセンは見る者をホッとさせてくれます。次はいつ見られるかな~最後まで大事に見ていきたいですミセンが大好き(^^)/


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第29話 勝負の時?

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】も、よ~~やく語る時間ができました。以下早速ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~(^^)/


新人たちの力を借りてジヨンのレポートを仕上げたサンシクは、ジヨンにその心の迷いをズバリ見抜かれてしまいました。専務からの申し出を受けて立ち、勝負してみたいと思っているんでしょう?成功して力を手に入れれば、グレ君を正社員にすることもできるわ


それでも迷っていたサンシクは、家で妻にもポツリとこう漏らします。俺、また他人の人生に関わってもいいのかな


すると妻は、過去のことはもう忘れて好きなようにすればいいと助言しました。もしまた過去に戻っても、あなたはきっと同じことをするだろうから


翌朝はしばらく寝起きの格好で外を眺めていたサンシクは、ようやく意を決して高級スーツに身を固めたそうです


今日は贅沢をしてツキを呼ばなくちゃ。タクシーにも乗るといいわ


部長に決意のほどを伝えた後、専務を訪ねたサンシクを、専務は大いに歓迎しました。おまえとまた仕事ができるなんてワクワクするな。


サンシクは、なぜ自分を、営業3課を選んだのと問いましたが、専務はお前だからだと笑い飛ばしました


が、その後話を進めていくにつれ、とんでもない事実が発覚します。取引先の「ポシン」は、手数料2.5%でエージェントを通せと言ってきたのだそうです。これは当初の契約には無かった話だそうですが、専務との「口約束」はできていたそうです


悲しいかな、おばさんにはこの「手数料2.5%でエージェントを通せ」の何がそれほど驚くべきことなのか分からんのですが、サンシクやドンシクの反応からして、通常では考えられないほどの理不尽な要求だということだけは分かります


それに大体(営業)窓口が社長というのもおかしな話ですよね。いったいどんだけ小さな会社なんだ


そもそもサンシクがためらっていた理由=関係(賄賂)の問題も心配です


一方、グレから新事業の話を聞いたベッキは、色々話しているうちにあることに気づきました。グレが、大事業を成功させれば課の力が強くなると語ったのを聞いて、ハッとしたようです


ベッキは、今やすっかり信頼している上司のヘジュンにその疑問をぶつけました。課の力が強くなったら、契約社員を正社員にすることも可能ですか?


ヘジュンがこれを肯定したことで確信を得たベッキが、グレには言わず、サンシクに、力になれることがあったらいつでも手伝いたいと申し出てくれたのは嬉しかったですね~。もちろんサンシクはベッキの本心に気づきません


そのベッキは、以前ヨンイからプレゼントされたシャツを会社に着てきました。これまで着れなかったのは、サイズが少し小さかったため、痩せてから着ようと思っていたそうです。それを目ざとく見つけたソンニュルがまたうるさかったことったら


これはかなりの高級品だ!いや、そこまで高くはないけど、君には珍しい!!自分で買ったの??


横にヨンイがいただけに、そわそわしていたベッキが可愛かったですね。そしてベッキは、以前ヨンイのハイヒールの踵が取れたことを思い出し、どうやら靴をプレゼントしようとしているようです


そのヨンイは、以前部長に却下された企画が本社に認められたそうです。マ部長が推した案は没にされたそうですよん。ここはざ〇あみろでござりましたね。マ部長はいかにも古臭いタイプのセクハラ爺だけれど、本社にはまともな人物が揃っているのですね~きっと。


そしてソンニュルは、以前の明るさは取り戻してきたものの、相変わらずジュンシクに振り回されているようです。ここも早くとっちめてやりたいですね~ジュンシクをボコボコにしてやりたい!( `ー´)ノ。というより、早くそこを語りたい


後残り5話~夏ドラマが始まる前には何とか語り終えたいです


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第28話 同期愛に乾杯

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】は28話もまた素敵なエピソードでしたね。あ~やっぱり同期はいいですね。以下ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~(^^)/


何も「同期」はグレたちに限ったことではありません。今回はドンシクの同期にも焦点が当てられました。ほとんど「代理」という役職みたいでしたね。


鉄鋼1課でベッキの上司のカン・ヘジュン、繊維1課でソンニュルの上司かつ

「おまえこそソシオバスや!ジュンシクめ~っ!(`・ω・´)

なソン・ジュンシク、そして最近はすっかり仲良くなったヨンイの上司ふたり、資源2課のハ・ソンジュンとユ・ヒョンギ、そして営業2課のファン・ヒョン(パク・チンス)が該当するようです。


彼らはファン・ヒョンの海外駐在が決まったことを祝いながら、その一方で、まったく声がかからないドンシクについての噂話を始めました。ドンシクのうだつが上がらないのはオ次長のせいだ。


ドンシクがいないのをいいことに言いたい放題言っていたその噂話を、当のサンシク本人が聞いていますホントのことだけに何も言えんvv。一緒にいたコ課長は彼らを止めようとしますが、サンシクはこれを黙って引き留めました。


それでもやっぱり腹に据えかねたコ課長はファン・ヒョンを呼び出して注意します。ファン・ヒョンは慌ててサンシクを呼んで、ことのあらましを説明しました


まったくなんてことをしてくれたんだ!!


その時たまたま同期会があったのか(ファン代理の海外赴任を祝う会?)、それともドンシクが皆を呼び出したのか分かりませんが、ドンシクは飲み会の場で大いに皆を罵倒します


俺は好きでやっているんだ!おまえらにオ次長の何がわかる?あんなに仕事のできる人はいないぞ!!俺はオ次長が大好きなんだ!


ドンシクがキレたら怖いことは同期の間でも有名らしく、普通は来ないらしいヘジュンも「ドンシク対策」で呼ばれたようです。ということはやはりドンシクが皆を呼び出したのでしょうか


案の定、ブチ切れたドンシクは大いに吠え、大いに暴れまくりましたドンシク、やれやれ~!。そのうち酒に酔ってばたりと倒れてしまうと、皆がドンシクを抱えて外に連れ出します


ドンシクは一人暮らし、ソンジュンは兄の家の居候、他にも嫁がいるところには連れていけないらしく~卑怯なジュンシクはとんずらしました~皆は仕方なくホテルになだれ込みました結局は仲良し♪。ヘジュンは「汚い奴ら」を家にあげたくないそうです。そう言いながら一緒に来たのがいかにもヘジュンらしいですね


ドンシクのズボンを脱がせてベッドに寝かせた後、他の同期も並んでゴロゴロしていたのがまた実に可笑しかった。でもヘジュンだけはいつも通り冷静に、ひとりソファに座って寝たようです。


昔は仲が良かったのに、いつの間にか派閥やら何やらで疎遠になってしまっていた


ドンシクのことをきっかけに、再び同期が親交を温めたのが微笑ましかったですね~。あ~おばさんまで同期に会いたくなってきました


そして、おばさんにもあんな感じの同期がいたっけな~なサンシクもまた同期のソン・ジヨンを助けることになります


ジヨンは昇進した夫から、これで収入が増えたからジヨンは会社を辞めていいと言われたそうです。が、ジヨンは、15年間頑張ってきた仕事は自分の分身だから辞めたくないと語ったそうです。自分を守ってこそ家族を愛せる、と。


でもそれがプレッシャーとなり、追いつめられたジヨンは過労で倒れてしまいました


それをまたジヨンの部下、チャ代理(シン・ドンフン)とオム・ジェグァン課長(キム・サンウォン)が理解せず、なぜそんなに頑張るのか迷惑だからやめてほしいと文句を言っていたのがまた情けなかった。ジヨンは彼らのプライベートなことにも相談に乗っていたらしいのに、結局彼らは自分の昇進しか考えていなかったのだそうです


病院に駆けつけてきたサンシクがそんなジヨンを慰めたのがまた優しかった。サンシクは、ジヨンが倒れている間、その仕事を引き継いでレポートをまとめてくれたのです。その手足となって働いた(働かされた)のは、グレとその同期たちですサンシクが電話で呼び出したようです


実際グレはまだ即戦力にはならなかったようですが、自ら率先して「メモ係」を担当し、キャビンアテンダントとの合コンを諦めさせられたソンニュル、そしてベッキやヨンイとともに、ほとんど徹夜で「合宿」してくれたのがまた実に嬉しかったですね~。グレはヨンイからついでに英語も習っていたようです


気概はあっても年には勝てず最後には寝入ってしまったサンシクをしり目に、ようやく一段落ついた4人が外でビールを飲んだシーンも楽しかった


ソンニュルはその仕事中ずっと、もし自分が倒れたら、同期の仲間たちはサンシクのように自分を助けてくれるだろうかと考えていたそうで、それを個別に分析して物まねします


グレは弁当の用意をするだろうし~気に入らなければガラッと変えます~、ベッキは駆けつけたくてもすぐには来れない、「基本」で塩もみされてからくるだろう、そしてヨンイは、あまり上手ではないけどトラックを運転してくるにちがいない


仲良く騒いだ皆は部屋に帰ると、ヨンイはベッドを1つ占領し、男ども3人は1つのベッドに皆で固まって、ぐうすか口を開けて寝ていましたグレはベッドから落ちて枕だけしてました(^^ゞ。その頃目を覚まして彼らの仕事に満足していたサンシクは、その様子をこっそり撮影しています。あ~これは良い記念になりますね


辛いこともたくさんあるけどサラリーマンも悪くない~そう思わせてくれたエピソードでしたミセンがやっぱり面白い(^^)/ミセン未生~は続きもとっても楽しみです


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第27話 板挟み

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


昨年の夏に視聴していたイム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】を最後まで語れなかったことが残念でならなかったのですけれど、Dlifeさんが同じ編成(全34話)で放送してくださったので、また27話から最後までレビューを書かせていただくことにいたしました


改めて見直してみてもやはりこれは良いドラマですね~。そう、良いドラマは何度見ても新たな感動があるものです。とはいえ、何せ最終回まで見てしまっているので、最初に見た時の印象とは違った捉え方になっているかもしれませぬが


以下早速ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


グレはサンシクに自ら担当を降りると申し出ました。サンシクもまたこれを黙って受け入れます。グレ~(そうか)。


「会社」という組織にいるサンシクにはもうどうすることもできんのだす。再会した先輩のサンヨプを訪ねて金を渡す際、グレを引き合いに出して褒め称えることしかできません。あいつは先輩によく似ている~いつでも一生懸命だ。でもその姿は自然体で、先輩のように酔っぱらったりしない。


サンシクは、サンヨプをクビに追い込んだ後、自分もまた退職に追い込まれて起業したらしい男性を紹介し、専門家がほしいと言っていたから当たってみるよう忠告しました。恨みを抱いている場合じゃない~会社、ビジネスとはそういうものだから


サンヨプはサンシクに、グレを守ってやれと言い、その成功をも願ってくれました。サンシクは思わずグレに電話をし、ただ「酔うなよ」と声をかけます。グレもまた、酔っている場合じゃないと心の中で答えています。石を失ってもまだ勝負は続いているから頑張れグレ!


が、その後営業3課に「チャンス」(?)が訪れます。営業部長のイ・ジンテが、専務肝いりの中国の案件を進めるようサンシクに持ち込んできたのです。「集熱パネル」を扱うその案件は国策らしく、まだ入札もされていないのに、専務は「関係」(クァンシー)を駆使して、ポシンという会社が抜擢されると踏んで動いていたようです


確かに成功すれば3課の力が絶大になるでしょうが、もし失敗すれば、責任を取らされて失脚するかもしれないという諸刃の剣のようでした。しかもサンシクは関係=コネや根回しが大嫌いときたもんだ


でも、グレのことのみならず、ドンシクもまた営業3課に力がないばかりに駐在先が決まらず肩身の狭い思いをしています。またしても「板挟み」状態のサンシク。部下のために気に染まぬ仕事を引き受けるのか、それとも信念を通して不正には手を出さないのかここが思案のしどころです


無力感を覚えていたのはサンシクだけではありません。ベッキもまた、何とかしてグレを励まそうとしました


ああ見えて実は不器用なベッキが、適当な言葉が見つからないままにグレを酒に誘い、言葉足らずに人生で起きる出来事は我々の責任ではない、という意味の言葉を口にしてともに乾杯したシーンが何とも印象的でした。グレにとってはどんな美辞麗句を並べ立てられるより、ベッキの素朴な励ましが嬉しかったに違いありません。


そのベッキもようやく企画が認められたのは嬉しそうでしたね。ヘジュンも今ではすっかりそんなベッキを認めてくれていたようです。


また、ずっと苦難続きだったヨンイも、ここに来てようやく味方ができました。ずっと耐え続けてきたヨンイを、ついに資源2課の仲間たちが認めてくれたのです


ハラスメントの総合商社?なマ・ボンニョルが、彼らの失敗を詰って皆を小突いたのに対し、小さい奴から大きな奴に昇格した(おばさんが昇格させた)ヒテが、キッパリとこう言い渡したのには拍手喝采でございました


もう今後は二度と我々の体に触れないでください!


ま、言った後で大いに後悔していたのも彼らしくて可笑しかった。いやいやたとえちょっぴり後悔しても、これは大きな前進ですよね


さて、最後はずっと気になっていたソンニュルです。ソンニュルは、最も大切にしていたはずの現場の労働者からひどく責められたことでショックを受けていましたが、その後、彼らのひとりが無理な作業を強いられたために指を2本失っていたことを知らされました


現場が好きだと言っていたおまえなら俺たちの気持ちが分かるはずだ


親しくしていた先輩からそう打ち明けられたソンニュルは一念発起し、ムン課長に自分が他の工場を探して見せると請け合います。卑怯なジュンシクがうるさく脅しても聞き入れません。そ~れでこそソンニュルですよね


そしてソンニュルはその言葉通り、見事納期に間に合わせました。ジュンシクはむくれてましたが、ムン課長は大喜びで、再びソンニュルを認めてくれます。


が、ジュンシクはまたしても無謀な企画を通したようです。ソンニュルは課長には内緒でジュンシクに忠告しますが、そんな話に耳を貸すジュンシクではありません。賄賂でも貰っているのでは?というソンニュルの勘もあながち的外れではないようです


さて、それ以外では、中国工場長のソ・ジンサン(ソン・ジェリョン)のシーンがまた可笑しかったですね~。ジンサンはグレたち同期を相手に白頭山ノロジカはちみつを売りつけました。男性には実によく効くし、お肌にもいい


そろそろ合コンでもして彼女を作ろう!と気合を入れていたソンニュルはもちろんのこと、ベッキとグレ、そしてヨンイもそれぞれ買わされてしまいました。ベッキはヘジュンに、ヨンイは課の先輩たちに、そしてグレは母親用に買い求めたようです


本当は「砂糖水だというこの蜂蜜を買わされてまんまと騙されたグレたちへの先輩たちの対応がまた温かくて素敵でしたね~ま、サンシクは大笑いしてましたが。ジンサンはどうやらドンシクの万年筆もちゃっかり持ち逃げしたようです


あ~やっぱりミセンはいいですね。最終回までまだだいぶ残っていますが、折を見ながら語らせていただきたいと思っていますやっぱりミセンが面白い(^^)/



ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第26話 壁

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】も今週は26話です。


今日はちょっと趣向を変えて、5人の「ミセン」についてそれぞれまとめてみたいと思いますミセン-未生-のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは、年だけはとってもまだまだ試練続き、成長過程のサンシクから


先週の予告にもあったように、サンシクは、部長のイ・ジンテから、グレを担当から外すよう命じられてしまいました。サンシクは、グレの企画だからグレが最もよく知って貢献できると主張しますが、部長は、残りわずかしかない契約社員に企画を任せることはできないの一点張りです


そこでサンシクは企画室長(ソン・ヨンギュ)にも直接確認に行きました。が、」イ部長の意向は彼の意向でもあったようで、グレは会社で初の派遣の営業部員だから前例がないが、今後は再発防止のため、派遣社員の企画は禁止するつもりだとまで言われてしまいます


「再発防止」だなんて、まるで事故か犯罪でもあるかのような扱いに、サンシクの怒りが爆発しました


最大の功労者を外すなどあり得ない!それならなぜそもそも企画を通したりしたんだっ!!


打ちのめされたサンシクは課に戻り、それでもグレには言えなくて、ドンシクとグァヌンに事情を説明し、ドンシクにグレの代わりに改めて企画書を提出するよう命じました。ドンシクは、もちろん、そんなひどいことができるはずがない、と猛抗議しますが、サンシクの意向ではないことは分かっています。グァヌンもまた、会社だからだ、とつぶやいています。


そのグァヌンもその昔、ほかとは違うキャリア職として入社したため、差別を受けたことがあったそうです。今回サンシクはグレを救えそうにありませんが、もしかしたら、このグァヌンの一言が突破口を開いてくれたかもしれません。営業に出かける途中でチェ専務に呼ばれたグァヌンは、今の3課の事情を報告した上で、なんとか専務がグレの後押しをしてもらえないかと頼んだのです


さて話をサンシクに戻しますね。


サンシクは今回、やはり理不尽な思いに耐えきれず会社を辞めた(あ~身につまされるキム・サンヨプ(ミン・ボッキ~パク・ダルムン@ロードナンバーワン)から昼食(酒)に付きあえと呼び出されました。


どうやらサンシクの上司だったらしいサンヨプは、いわゆるケツをまくって会社を辞めた後はピザ店を開業し、最初は順調だったそうなのに、結局は店を閉めることになったそうです。そのために家族も辛い思いをしているようでした。


会社が戦場だと思って辞めたが、外は地獄だった。お前は会社を辞めるなよ。


後輩ならともかく、先輩にこういう話を聞かされるのは辛いですよね。何と言って慰めていいか分からないし、下手に慰めるのも失礼にあたりますから


サンヨプもその辺は察してくれて、サンシクが「戦場に戻る」というと、すぐに「では俺は地獄に戻るか」と席を立ってくれましたが、その後見送ったサンシクに、子どもに土産でも買ってやれと渡した金とともにメモを託していったようです。昔は腹立ちまぎれに絶ってしまった縁を取り戻したい=何とか仕事を回してもらえないだろうか。助けてくれ


サンシクのためにも、サンヨプのためにも、何とか力になってあげられたらよいのですが


次はグレです。


グレは何も知らずに、企画を成功させようと精一杯頑張っていました。カザフスタンの習慣や状況まで把握して、まさにドンシクが語っていたように、今でも現地に飛んでいきそうな勢いです


下請け業者の候補に挙がったシンソン実業のハン常務(キム・ミョンジュン)から、深々と頭を下げられて、この取引は社を挙げて期待しているからよろしく頼むと言われた時も、自分がそんな大切な企画を任されているのだというグレの高揚感がひしひしと伝わってきましたいかにもういういしいわ~( *´艸`)


が、会社は無情にもその足を折れと命じたのです。イ部長が、サンシクの留守中にやってきて、ドンシクとグァヌンにこの話をしていたのを立ち聞きしたグレは、そのままオフィスを飛び出してしまいます


非常階段に座り込んでいたグレを、ドンシクには放っておけと言ったサンシクが呼びに来たシーンも良かったな。そんなところで何をやってるんだ!お前の取引先から電話がかかってきているぞ!先輩はお前の電話番かっ!!ぼんやりしているなっ!給料分働けっ!!


悩みに悩んだ末、グレは潔く、担当を外れる決意を固めます


それで世界が終わった訳じゃない~サンシクの言葉が胸に沁みますそれでも生きていかなきゃならない


でも、これはグレがまだ担当を外されることを知る前ですが、チェ専務が声を掛けてきました。彼は、グレをこの会社に入れたのは自分だと仄めかし、いつか碁を打ちに来いと告げています。


この時点でこの言葉は、まず間違いなく

会社を辞めても、私のところに碁を打ちに来い

という意味だったと思えましたが、その後、サンシクとは違い、いつもはクールなグァヌンまでもがグレを応援しているのを知ると、気持ちが変わったように思われました。それが、次回の予告につながったのではないでしょうか


サンシクが「専務のご意向ですか」と尋ねるとイ部長が苦々しげに「そうだ」と答えていた


これで一気に正社員!は難しいでしょうが、もしかしたら、少し派遣期間を延長し、結果を出すのを見届けてみたい、とかなんとか言ってくれたんと違うのかな。だと良いですね~


さて次は~めずらしく~ソンニュルです。


ソンニュルはあれ以来ずっと大人しかったのですが、ムン課長から声を掛けられたのをきっかけに、つい、ジュンシクのやり方が横暴だと告げてしまいます。どうやらジュンシクは蔚山の工場に無理難題を押し付けてきたらしいのに、課長には問題ないと大見得を切っていたようなのです。


課長は、ジュンシクが請け負ったのだから間違いないとソンニュルの話を否定しますが、ソンニュルの心配は即、現実のものとなりました。現場のスタッフが皆でボイコットし始めたそうで、本社にも数名押しかけてきます


ジュンシクは工場長の了解を得たとあくまでも強気ですが、現場のスタッフたちは、こんな男に話をしに来たのが間違いだった、こうなったらストをすると息巻いて帰って行きます。課長はさすがに慌てて、昔蔚山にいて彼らとは知り合いのソンニュルに、ストだけは思いとどまるよう説得してくれと命じました


最初は知らん顔をしようとしたソンニュルも、まったく悪びれず強気でいるジュンシクを見ると黙っていられなくなります。分かりました!!


ソンニュルは彼らの後を追いかけ、最初の頃と同じように、まあまあ飯でも食べながら話しましょう、と気さくに語りかけましたが、彼らにとってソンニュルはもはや現場の仲間ではないようです。オフィスでぬくぬくと仕事をしているお前なんかに、俺たちの気持ちが分かるかっ!!


敢え無く突き飛ばされたソンニュルに、たまたま通りかかったヨンイが駈け寄りました


さて次はそのヨンイです。


ヨンイはマ部長から企画を辞退するよう命じられたものの、なかなかすぐには応じられなかったようです。課長のチョン・ヒテもその気持ちを理解して時間を与えていましたが、今度はヒテが部長から圧力をかけられてしまいます。お前は昇進したくないのか?


ヒテは仕方なくヨンイに頼みに行きました。今年は昇進の年なんだ。頼む、企画は諦めてくれ


あまりの理不尽さにヨンイがぼんやりしていると、遠くでグレが同じような表情で遠くを見つめています。その後目があっても、ふたりとも何も言うことができません。試練は自分で乗り越える物と身に沁みているからです


ヨンイはついに部長に企画を辞退したと報告しました


最後はベッキです。どうやらベッキの企画は没になったようです。結果が出るまで、他の仕事に集中できないベッキに、ヘジュンが何度も注意を促しました。その仕事だけが君の仕事じゃないんだぞ!


正社員としての場所を与えられたベッキの企画が通らなくて、契約社員のグレの企画は通ったのに、担当を続ける資格がないと降ろされる、素晴らしい企画を作り上げても、ただ女だという理由だけで「自分には無理だと辞退しろ」と脅される。


ドラマですから多少デフォルメはされていますが、会社にいれば多少なりとも同じような経験をするものです。やる気があればあるほど、頑張れば頑張るほど報われない(ことも多い)のもまたサラリーマンなのです


同じサラリーマン経験者として、今回もまた1つ1つ思い当ることばかりでした。彼らには(もちろん、ドンシクやグァヌンにも)何とか目の前の壁を乗り越えていってほしいものですミセン-未生-は続きもとっても楽しみですね


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング