このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、登場人物一覧

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー(全40話)

  • 分類: 韓国ドラマ
  • 制作: 韓国MBC
  • 演出: チュ・ソンウ(「味噌君と納豆ちゃんの結婚戦争」「黄金の魚」ほか)
  • 脚本: ク・ヒョンスク(「不屈の嫁」「19歳の純情」ほか)
  • 出演: ハン・ジヘ、ハ・ソクジン、オ・ヒョンギョン、コ・ドゥシム、他
  • お気に入り度: 四つ星3
  • お勧めキャラ: ヨンオク(キム・スミ)
  • 放送局: BSジャパン
  • 公式サイト: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー
  • 放送日: 2016年3月15日~
  • DVD: 

韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】はつい先週見終わったばかりです。一言でいうと、理不尽な濡れ衣を着せられた女性たちが団結してその無念を晴らすまでの勧善懲悪ストーリーです


皆で支え合う様子が実に温かく&楽しくて、毎日本当に楽しみにしていたのですが、終盤に来てちょいとおばさんの癇に障る展開があったため、お気に入り度が4になっています。あれさえなければサイコーだったのに~といまだに残念でならないほどです。その証拠に、今週に入ってあの楽しくも愛おしい面々に会えなくなったのが寂しくてなりません


そのカチンときた点も、おばさん個人のこだわりかもしれませんから、気にならない方もいらっしゃると思います。繰り返すようで恐縮ですが、それを補ってまだ余りあるほど、全体的にはとぉ~っても楽しいドラマだったので


という訳で、今回もまたあらすじリストを作成させていただきまする。特にこのドラマは登場人物へ思い入れが深かったので、こちらも併せて作らせていただきました。自分はネタバレは苦手ですが、ネタバレOKの方のために、それぞれのラスト(結末ネタバレも付記してあります


また、以前ご指摘いただいたことも鑑み、副題でネタバレすることの無いよう、差しさわりのある副題は目立たなくさせていただきました。ご覧になっても大丈夫な方は、タイトル部分にマウス(指)をかざしてご覧くださいますようにkaeru3


-目次-



【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想一覧】


伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想 1&2話 なかなか面白そう♪


3~5話 このドラマ楽しい♪


6~8話 再出発に向けて


第9&10話 新たなスタート


第11&12話 物語のあるレシピ


第13&14話 魔法ベーカリーいざ発進!


第15&16話 蹴散らして前へ!


第17~19話 もっと義父を見習いなさい


第20&21話 祝魔法ベーカリー開店


第22&23話 告白記念日


第24~27話 ヨンオクvsジュラン、勝敗の行方は?


第28~30話


第31&32話


第33~36話 電信柱撃沈


第37&38話


第39話


伝説の魔女 最終回 ネタバレと感想


▲目次トップに戻る



【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー 登場人物とその結末、キャスト一覧】


ムン・スイン(ハン・ジヘ~ジヒョン@エデンの東):
養護施設で育った後、シンファグループという財閥の御曹司に見初められて結婚。が、その夫=マ・ドヒョンが事故で死亡したため、数々の苦労を強いられることに。


▼スインのネタバレ▲

シム・ボンニョ(コ・ドゥシム~スア@人魚姫
夫のジェソプを殺害した罪で韓国女子刑務所に30年間服役する。同10房で、服役中の年下の囚人たちの母親的存在となる。


▼ポンニョのネタバレ▲

ソン・プングム(オ・ヒョンギョン~ナ・ファシン@糟糠の妻クラブ
前科3犯の詐欺師。


▼プングムのネタバレ▲

ソ・ミオ(ハ・ヨンス):
シンファの次男、トジンの恋人だったが、トジンの子どもを身ごもったのに無理やり別れさせられたため、怒りのあまり(でも誤って)トジンを刺してしまったことから韓国女子刑務所に服役。息子はクァンテン


▼ミオのネタバレ▲

キム・ヨンオク(キム・スミ~ソグィ@王と私):
韓国女子刑務所の囚人番号911の古株。詐欺師。ポンニョとは古い知り合いゆえ(ポンニョの家のお手伝いをしていたのに泥棒して逃げた)、永遠のライバル。生卵が大好きで十八番は「ジェンジェンジェントルマン」。韓国語の読み書きはできないが、時々ミョーに流ちょうな英語と片言の日本語を話す


▼ヨンオクのネタバレ▲

パク・イムン(パク・イナン~ピルド@がんばれ!クムスン):
韓国女子刑務所の元官吏で係長。ポンニョの無実を信じて好意を寄せる。西村クリーニングの主人でウソクの舅


ナム・ウソク(ハ・ソクジン、子役~コ・ウリム=ドンチョル子役@トライアングル):
ピョルの父。シンファグループの奨学金で留学し経営学を学ぶも、パン職人としての道を選択。妻を早くに亡くした後、舅のイムンの勧めで刑務所にボランティアでパンを教えに行き、スインたちと知り合う。養護施設で育ったらしいが、幼い頃の記憶が無い


▼ウソクのネタバレ▲

ピョル(イ・ソンハ):
ウソクの娘


クァンテン(チョン・イハン):
ミオの息子


タク・ウォラン(イ・ジョンウォン~サユ@百済の王クンチョゴワン):
シンファグループでエンナンの運転手。プングムの美貌に騙されるも?


マ・テサン(パク・クニョン~ソ会長@追跡者、青年時代=シム・ヒョンタク):
シンファグループの会長


チャ・エンナン(チョン・インファ~文定王后@女人天下):
テサンの妾でトジンの妻。元はコブク製菓の会計士


▼エンナンのネタバレ▲


ポク・タンシム(チョン・ヘソン~ペク・チョ@宝石ビビンバ):
テサンの妻。認知症を患っているが、時々過去を思い出す


マ・ドヒョン(コ・ジュウォン~成宗@王と私):
スインの夫。ヘリコプター事故で死亡


▼ドヒョンのネタバレ▲

マ・ジュラン(ピョン・ジョンス~キム・ガン@パスタ~恋が出来るまで):
マ・テサンの長女。性悪。あだ名は電柱


▼ジュランのネタバレ▲

マ・ジュヒ(キム・ユンソ~ヨンア@最高です!スンシンちゃん):
マ・テサンの次女。ジュランよりは多少賢いため尚更性悪


マ・ドジン(ト・サンウ):
エンナンの息子。ミオの恋人


パク・ウォンジェ(イ・スンジュン~ヨンフン@ナイン9回の時間旅行):
ジュランの夫。野心家


ウン・ボギョン(ホン・アルム~サムセン@夢みるサムセン):
トジンの婚約者


ワン室長(イ・スンヒョン~ムン・ソンジュン@ジャイアント):
テサンの秘書


ペ・ジョンジャ(イ・スク~ハドン@ホジュン):
チキン屋の社長。町内会夫人会長でもある。イムンに気があるため、ポンニョを目の敵にする。ポンニョたちを「魔女」と名付けた張本人


キム・マンス(テ・ハンホ~ウチョル@ピノキオ):
マンス製菓の店長


ヒジョン(キム・ヒジョン~シンドク王后@六龍が飛ぶ):
シークレット・アセットの奥様。ヨンオクのムショ仲間


極妻(イ・ヨンニョ~霊媒師@主君の太陽


キム・ドック(クォン・ソンドク~ヘガン@根の深い木):
金物屋の主人。補聴器が欠かせない。趣味は社交ダンスでヨンオクの見合い相手


魔法ベーカリーの大家(ヨム・ドンホン~コ・ブシル@シティーホール):
プングムの求婚者だが実はキロギオッパ


大家の妻(ファン・ソクジョン~しなびたお面@ミセン


簡易宿の住人(アン・サンテ~チャボン@馬医


簡易宿の住人(キム・ドンヒ~クォン・ギヒョン@延坪海戦)


▲目次トップに戻る

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

伝説の魔女 最終回 ネタバレと感想 筋を通したスインはエライ!

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】はついに昨日が最終回でした。第40話の副題は「そして1年後」です。以下簡単なネタバレのあらすじです伝説の魔女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、スインたちはシンファによるカエデパンの模倣を世間に訴え、見事、汚名返上に成功しました。以前店に取材に来た「グルメガイド」の記事が決め手となったようですね


テサンも逮捕されてしまったことから、ジュヒは、この騒動の全責任を取って引責辞任したようです。特許権さえ取れていたら、著作権法違反で訴えてやれたのに!とここは悔しいところですが、全国民に恥をさらしたことで、ジュヒが少しでも改心したらしいのは何よりでした。これでようやくウソクを諦め、また海外へ行くようです。


ジュランは、期待通り、バッチリ捕まってしまいましたジュラン、ざまあみろっ!(`・ω・´)。逮捕された後、この期に及んでスインやヨンオクに泣きつくジュランの浅ましいことったらありませんでしたね。な~にが一度だけ見逃して、ですか。これまで何回見逃したと思ってんねんっ!!ヨーコはあなたを許しません(`・ω・´)


こうして家に誰もいなくなって一人ぼっちになったタンシムは、それを知ったエンナンが引き取ることになったそうです。ドヒョンへの償いも兼ねて、精一杯お世話させていただくわ


そしてそのウソクは、ドヒョンの死とテサンの逮捕を受けて、シンファの社長に就任するよう要請されましたが、自分は職人として生きる道を選び、亡き父=ジェソプの「コブク製菓」の遺志を継いでくれる人間に会社を譲ると言い残し、パリへと旅立ってしまいます。


おそらく、そこまでしなくても、スインとドヒョンは不倫をしていた訳じゃないし、ドヒョンは死んだことになっていたのが、今度こそ本当に死んだのだから、すぐに一緒になってもいいじゃないか、と考える方も少なくないのだと思います。それもまた正論ですからね


でも個人的には、もし二人がすぐに結婚する道を選んだら、ほかならぬこの二人が後々苦しむことになったに違いないと確信しています。たとえどんなに自分の行為を正当化しようと声をあげても、心のどこかに、運命に翻弄されて苦しんだ挙句死んでしまったドヒョンの無念が残ってしまい、ぶすぶすとくすぶり続けるに違いないからです。これは二人が良い人なだけに尚更だと思います。


だったら、若い二人にとって1年などあっという間なのですから、こうして距離を置くことでふたりなりの(スインなりの)ケジメをつけたのは本当に立派だったと感心しました。ドヒョンとて、スインに幸せになってほしいという気持ちに嘘は無かったはずですから、ふたりの誠意をきっと嬉しく思っているに違いありません。と、おばさんは思います。誰をどうごまかせても、自分自身の心だけは偽ることができませんから


ウソクに置いていかれたピョルは可哀想だったけど、おばあちゃんとおじいちゃん、そして大好きなクァンテンにうるさいおばちゃんたちがいれば、1年なんてあっという間です


そして1年後、これはもう期待通りでう~んと楽しかったですね


プングムとウォランには双子が生まれ、ウォランはシンファを辞めて、魔法ベーカリー2号店を開くため着々と準備を進めていました。まあスイン並みに美味しいパンを作るにはまだまだかかるでしょうが、プングムと力を合わせればやってやれないことはないはずです


ウォランの弟たちは、ウォランがこれまで苦労してきたことを初めて知って(プングムが漏らした)、皆で金を出し合って、借家を出る費用を捻出してくれました。ウォランも、これまで苦労してきた甲斐がありましたね


また、ミオはすっかり売れっ子モデルになっています。ミオ=ハ・ヨンスさん、同性のおばさんの目から見ても本当に可愛いですものね~。トジンはシンファに戻っいてたようです。


一方、服役中のテサンは、よ~~~やくドヒョンの心を理解し、ジェソプ殺害を認めました。エンナンにも、自分が邪魔をしたばかりに、トジンの父サンウと幸せになれず申し訳なかった、と謝罪します。こうしてポンニョは30数年ぶりに、夫殺しの汚名を晴らすことができました。ここは感無量でございましたね


また、ジュランも~これまた期待を裏切ることなく韓国女子刑務所の10房に入っていたようです。受刑者番号は2468だなんて、またこれにも大笑いです。ポンニョたちが出所した後、残されたヨンオクのところに入ってきた極妻およびその仲間たちから、タップリ可愛がられていたのがまた実に痛快でございましたやれやれ~もっとやれ!


またスインは、同じ刑務所に、今度はパン作りを教える側として通うことになったそうです。私も皆さんと同じ立場だったと笑顔で話したスインになら、皆心を開いてくれそうでしたね


こうしてすべてが片付いて、ようやくプングムが、イムンとポンニョの結婚式を企画しました。大げさにしてはポンニョが嫌がるだろうという配慮から、「家族旅行」を名目にして済州島に勢ぞろいしたそこに、これまた粋なヨンオクが、ウソクを呼び戻してくれました


母親の結婚式に息子が出ないのはおかしいだろう?


最後の最後まで、ヨンオク、楽しかったですね~。是非プングム、ヨンオクにも新しいお相手を見つけてあげてほしいものです。あの補聴器のおじさんは既に再婚なさったそうです


もちろん、スインとウソクも、これでようやく心置きなく幸せな家庭を築いていけることでしょう。そしてきっとふたりはドヒョンの命日を忘れず、毎年一緒に墓参りをしてくれるに違いありません~これはおばさんの希望でござる


できればドヒョンは殺さずに、ウソクとスインが誠意をもってドヒョンに理解してもらってスインが気持ちよく離婚できる~な展開の方が好ましかったですが、それ以外は文句なしに楽しいドラマでした本日からは引き続き「ドクター異邦人」を視聴する予定ですので、またご都合の合う方はお立ち寄りいただけましたら幸いです。と思いましたが、自分の好みではないようなので今回は見送らせていただきまする




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

伝説の魔女 ネタバレと感想 第39話 あれじゃあドヒョンが浮かばれない

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】は39話もまた、違った意味で、腹立たしかったですね。以下すぐにネタバレです伝説の魔女のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


やはりドヒョンはあのまま帰らぬ人となってしまいました。が、救急車で運ばれてしばらくは生き永らえてくれて、そこに駆けつけて来たスインを見ながら逝けたのがせめてもの救いです。も~こんな風に殺されるんじゃ、いったい何のために意識を取り戻したか分かりませんねドヒョンが可哀想すぎ(;´・ω・)


しかもテサンは、これで改心したかと思いきや、まったくさにあらずで、ウソクを人殺し呼ばわりしたのです。お前さえ現れなければ、ドヒョンが苦しむことは無かった!なんて、も~言いがかりもいいとこですよテサンを許すな(`・ω・´)。これではドヒョンが浮かばれません。


が、ドヒョンは既にすべてを悟り、出頭前にちゃ~んとウソクに証拠を送っていたそうです。それがあればウソクは、自分の無実と、過去のスインへの冤罪も晴らせるようでしたね。ドヒョンはウソクに父の罪を詫びた上、スインをよろしく頼む、と言い添えていたそうです。も~ドヒョン、どんだけ良い人なんだ!!あ~死なないでほしかった


スインも、ドヒョンを気遣ってやれなかったことを激しく後悔していたようです。ウソクから貰った指輪も、どんなにドヒョンが頼んでも手放そうとしなかったのに、ついにウソクに返してしまいます。私のことは忘れてくださいそうなって当然だす(;´Д`)


ウソクとスインには可哀想だけれど、でも、個人的には、スインがたとえ一時でもそう決意してくれたのはちょっとだけ慰めになりました。あのままスインが笑ってウソクと幸せになってしまったら、ドヒョンがあまりにも可哀想すぎます。せめて、ドヒョンの喪が明けるまでは、2年前に戻ったつもりで、ドヒョンの御霊を弔ってほしい気持ちでいっぱいです。もはやドヒョンの姉(ジュランじゃなかよ)の気分です。


そんなスインの気持ちをポンニョも理解してくれたらしいのも何よりでした。そうそう、それでこそポンニョです


一方のウソクも、ドヒョンの気持ちを汲み取り、テサンを徹底追及しました。こうしてついにテサンは検察に連行されてしまいます


その頃スインたちは、ジュヒがカエデパンを模倣して安値で売っていたことを知り、猛然と抗議に出かけました。ヨンオクもいれて魔女たち5人でスクラムを組み、大声でシンファ製菓を罵ります卑怯者め!。しかもヨンオクは、ひそかに卵をポケットにしのばせてきて、ジュランやジュヒに投げつけました


最初は誰にも相手にされなかったものの、ちょうどテサンの逮捕に記者たちが集まっていたのを利用したのもナイスでしたね。何せ魔法ベーカリーは既にカエデパンの特許を出願中なのに、それを承知で横取りするなんて、信じられんわ~


ここは心底、あ~ドヒョンがこんな光景を見ずに済んでよかった、と思わずにいられませんでした。もちろん元気で生きていてくれたらそれに越したことはありませんが、あんなに弱っていたところで、最後にこの家族の体たらくを目にしながら、では、おばさんも当分立ち直れませんそれだけが難点でした


それ以外では、プングムとウォランは「グム」「ラン」と呼び合いもうアツアツです♪、ウォランの部屋で一緒に寝ていたところを大家に見つかって簡易宿を叩きだされてしまいました。事情を聞いたイムンは、快くふたりを家に迎え入れてくれます。ウソクの部屋に住むと良い。


またミオとトジンもようやくエンナンが許してくれて、一緒に住むことになったそうです


あ、そうそう、肝心なことを忘れていました。電柱というより、自分には「キリン」にしか見えないジュランが(また黄色い服が多いの)、ついにその尻尾をつかまれてしまうようです。ジュランが以前、魔法ベーカリーのトラックを盗ませた男が捕まって、これまでの余罪を洗いざらい自白させられたようなのです。むはははは~これでジュランもついに「韓国女子刑務所」にぶち込まれるのでしょうか?ジュヒと一緒に、そして親子で刑務所に行け!!


相変わらずドヒョンを悼む気持ちは変わりませんが、どうやら今日は気持ちよく最終回を迎えられそうです伝説の魔女もいよいよラストスパート!




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

伝説の魔女 ネタバレと感想 第37&38話 ドヒョンがあまりにも可哀想だ!

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】は37話と38話を視聴しました。なんとな~く嫌な予感はしていたのですが、その予感が的中しそうなのが憂鬱です。せっかく楽しいドラマだと思っていたのに、ものすご~くガッカリしてます。以下ネタバレのあらすじ感想文です。


卑怯者のマ・テサンは、ウソクを背任横領の罪で逮捕させることを思いつきました。罠にはまったウソクはあっという間に逮捕されてしまいます。


検察に連行されていくウソクを見たドヒョンが心底驚いているのがまた気の毒でした。ドヒョンはもちろん何も知らなかったのです。も~ここ数回のドヒョンの顔色が悪すぎて、見ているだけで胸が痛くなります。あれはどー見てもチアノーゼを起こしかけているのに、誰もそれに気づかないというのがひどすぎですよikari


そしてドヒョンはエンナンから、すべての真相を聞き出しました。テサンは、スインに濡れ衣を着せて刑務所送りにしたのみならず、共同経営者だったウソクの父を殺し、その罪を妻のポンニョに着せて30年もの長い間、服役させていたのだと。そのせいで、ウソクはたった一人で生きてこなければならなかったのだと。


心優しい正義漢のドヒョンはひどいショックを受けました。家に帰ると、ジュヒがこのエンナンの話を裏付けるように、大声で泣きわめいています。お義姉さんに使ったのと同じ方法を使ったのねっ!?でも先輩だけはダメよ!!


ドヒョンがタンシムに、認知症になった理由が分かった、こんな家では正気でいられるはずがない、どうして僕も目覚めたりなどしたのだろうと嘆くのが、本当に辛くてたまりませんでした。あ、念のため申し上げておきまするが、おばさんは特にコ・ジュウォンさんのファンという訳ではありませぬ


一方のスインは、でも、ドヒョンがこの件に関与しているとはさすがに思わず、ドヒョンの言うことならテサンも聞くはずだから、どうかウソクを助けてほしいと膝をついて頼み込みます。その姿を見たドヒョンは、スインのウソクへの愛情を確信し、またしても絶望してしまいます。それにもはや自分には、ウソクと対等に戦える資格が無いと百も承知したから尚更でしょう


その上、スインを送ってきたドヒョンをポンニョが激しくなじったのにもイライラさせられました。何度もしつこくて申し訳ありませんが、人の親なら、否、人間なら、あの時のあのドヒョンの顔色を見て、彼がどれほど苦しんでいるか、分かりそうなものですよねikari。も~ポンニョにはガッカリです。(これが韓ドラオンマの限界です=常に自分の子どもだけが可愛い


こうしてドヒョンはついに自分がすべての罪をかぶるという選択をしました。ドヒョンは、全ての証拠資料を携えて、自分が真犯人だと検察に出頭してしまったのです。挙句の果てに、その取調べ中に倒れてしまったではありませんか?!nakigao


あの唇の色からして、どうみても心不全を起こしていたとしか思えませんkowai。あ~ここでドヒョンを殺したら、絶対に許さんっ!!と怒り心頭のおばさんでした。怒りのあまり、このカテゴリーこと消してやろうかと思ったほど


とまあ、そこまでは行かなくても、このシナリオはあまり感心したものではありませんよね。だって、一番弱い状態にある(病み上がりの)人間をそこまで虐げるなんて苛めとしか思えません。これでドヒョンが無事で、幸せになってくれたら、喜んで前言撤回いたしますが、先読み好きなおばさんの読みでは、こうでもしないとテサンが反省しない=だから一番の天使を殺した、となるんじゃないかと思う訳です。いかにも韓ドラにありがちの展開です


スインはウソクに、ドヒョンがどうしてそんな馬鹿なことをしたんだ、などと言ってましたが、すべてはスインのために決まっているではありませんか!たとえ冗談でも「バカ」なんて言ってほしくはありません。ま、本当に悪いのはテサンとその娘たちであって、スインやポンニョは被害者なのは分かっていますが、おばさんに言わせればドヒョンも立派な被害者ですよ。


でもそれ以外は楽しかったです。特に今回は、ついにプングムとウォランが、皆に内緒でこっそり結婚式の写真を撮りに行ったところ、目ざといヨンオクが嗅ぎ付けてきて、ふたりの神父役を務めてくれます


プングムは、お腹の子どものためには金が必要だと、ウォランにもらった500万ウォンの指輪をヨンオクに売ってしまったのですが、いくら簡素な式とは言え指輪もないとは情けないと、ヨンオクがこれを返してくれたのがまた嬉しかったですね。その上、ウォランの指輪まで、自分の金の指輪を外してプレゼントしてくれます。


と、楽しいシーンを思い出してみても、やっぱり、心が沈むのを抑えることができません。何とかしてドヒョンを助けてほしい~と今はそればかりを願っております。あと2話なので、できれば楽しく語って終わらせたいです




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

伝説の魔女 ネタバレと感想 第33~36話 電信柱撃沈

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】は33話から36話まで視聴しました。相変わらずドヒョンが気の毒でなりませんが、ジュラン=電信柱が寝込んだのは楽しかったですね~伝説の魔女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下簡単なネタバレのあらすじ感想文ですネタバレですのでご注意を♪


さて今回はついにマ・テサンの悪行が明らかになりました。テサンはジェソプから不正を訴えると言われて激怒し、ジェソプが酒に酔って寝込んだのをいいことに、家に灯油をまいて火を放ったのだそうです。これをようやくウソクがすべて思い出しました


ウソクがテサンに詰めよった際、テサンがその昔、ジェソプに言い放った言葉と同じセリフを、このウソクにもぶつけたことがきっかけです。邪魔する者は、手足をもぎ取り、首をへし折ってでも消し去ってやる!


幼いウソクにとって、おそらくはそれまで「親切なおじさん」だったに違いないテサンがそんな恐ろしい言葉を吐いたことが余程恐ろしかったに違いありません。その上父を殺してしまったのですから、許せるはずもありません


ウソクが見つかったことにただひたすら感謝し、過去のことはすべて忘れて前を向いて生きていこうと言っていたポンニョも、真相を知っては黙っていられず、早速マ家に乗り込みます。人を焼き殺すなんてどうしてそんなひどいことができたの!?もっと言ってやれ~( `ー´)ノ


こうしてマ家とナム家の絶縁は決定的となりました。同じ「悪魔」の子どもでも、そんな父の悪事を恥ずかしく思うドヒョンとは違い、ジュランとジュヒとはこれで縁が切れて万々歳でございましたね。ジュランも腹立たしいけれど、表では良い人を装って裏で画策するジュヒは、絶対に許したくありません。も~ウソクに近寄ってくるたびに、

触るな、この偽善者っ!ジュヒとジュランが大嫌い!

と言いたくなります


でもね~やっぱりドヒョンは気の毒です。それでなくてもスインの心はウソクに傾いていたところに、この悪事ですよ。もう絶対マ家と関わりを持ちたくないと思って当然ですが、ドヒョンの立場にしてみれば、自分は何一つ悪いことをしていないのに家族のせいでスインの心が離れてしまった、の無念でいっぱいに違いありません


スインとウソクが一緒に暮らしていると聞いて動揺するのも無理ないですよね~。それほど愛した人だったのに、親姉妹が悪人なばっかりに、健康ばかりか愛する人まで失ってしまうなんてひどすぎやん


と、悪い面しか見えなかったテサンにも思いもよらぬ一面があったことが明らかになります。トジンとテサンの親子鑑定をさせたのは、テサンではなくドヒョンだったそうで、テサンは既にトジンが実子でないことを知った上で、エンナンへの償いのつもりで知らぬふりをしていただけなのだそうです。極悪人とはいえ、エンナンを愛する気持ちに嘘は無かったようです。


が、ドヒョンがそれをエンナンに伝えなかったばっかりに、ドヒョンは事故に遭ってしまったのです。あの時ドヒョンが真実を伝えてさえいれば、エンナンからシツコク電話がかかってくることもなかったし、あの事故に巻き込まれることも無かった、と思うと、ますますこのドヒョンが不憫に思えてなりません。ドヒョンにしてみれば、実母を苦しめたエンナンに、ちょいとばかし意地悪をしたいと思っても無理はないのに、それが原因で2年もの間植物状態にされちまうなんて。


スインがウソクと結ばれるのは致し方ないとしても、せめてドヒョンには救いをもたらしてほしいと願うばかりです


で、電柱~ジュランはやはり40億ウォンを寄付させられてしまったようです。これは本当に楽しかったですね~。それまでジュランは、裏でヨンオクの陰口をきいていたのです。そういう所はこいつもジュヒとそっくりですね。それをテーブルの下で聞いていたヨンオクが、ジュランのストッキングに自分が噛んでいたガムをつけたのも痛快でした


また、プングムとウォランは、期待通り、とても順調に愛を深めています。妹の結婚式で、ウォランが兄弟たちからとても慕われているのを見たプングムは、ウォランをすっかり見直しましたが、それを口に出しては自分の価値が下がるとばかりに意地を張り続けていました。


が、同じ部屋で寝ることになった際、ウォランが一計を案じます。弟たちが部屋をう~んと温めてくれたため、プングムは暑くて下着姿になったのですが、それを見たウォランは、急いで床暖房を消し、ウォランが布団に潜り込んでくるよう画策したのです


プングムがウォランに抱き着くようにして布団に潜り込んだ時には、オオカミウォランが口をあいて待っていた~という訳です


こうしてついに一夜を共にした二人。プングムも心中ではすっかりその気になっていますし、ウォランに至っては婚約指輪まで用意してプロポーズをしようとしました。まさかあれもジルコニアってことは無いのでしょうが、これをフライドチキンの骨にはめて差し出したため、プングムは、そんな安上がりなプロポーズはごめんだと、席を立ってしまいます


でも~あの時プングム、胃が気持ち悪いって言ってましたね。安直ですが、これはやはり~おめでたでございましょうか


また魔法ベーカリーでは、新しくスインが考案したイタヤカエデの汁入りのパンが好評だそうです。ムショ帰りという悪評はすっかり立ち消えとなり、店は毎日賑わいを見せていました。スインが、ただ保護されるだけのドヒョンとの生活に戻りたくないのは、こうして自立する苦労と喜びを味わったからでもありますね


楽しんで見てきた伝説の魔女も、残すところあと4話となりました。来週はドヒョンがシンファの社長に復帰し、ウソクが副社長に就任するようです。これ以上の天罰が下るのはテサンと姉妹だけにして、できればドヒョンも幸せになってほしいと願いつつ、最後まで見守りたいと思いますでもドヒョンは可哀想(;´・ω・)




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

伝説の魔女~愛を届けるベーカリー
 サクセスストーリー/お仕事系ドラマ

伝説の魔女 ネタバレと感想 第31&32話 マルドアンデ!

伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 伝説の魔女~愛を届けるベーカリー あらすじと感想、キャスト一覧


韓国ドラマ、【伝説の魔女~愛を届けるベーカリー】は31話と32話を視聴しました。これまた何とも驚きの種明かしでございましたね~。以下早速ネタバレです伝説の魔女のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


前回、ドヒョンが生きていたことにも驚きましたが、彼を保護していたのは、やはりエンナンだったのだそうです。じゃあヘリの事故で一人だけ助かったのかしらん?などと思っていましたが、それがまったく違っていたことが判明します。


当時、テサンはトジンが実の息子ではないという噂が広まっていたことを受けて、DNA鑑定を依頼したのだそうです。その結果をドヒョンが受け取ったと聞いたエンナンは急いでドヒョンの元に駆けつけて、テサンには決して言わないでほしいと頼んだそうです。


ドヒョンは、会社のイメージrが悪くなるから自分の口からは言わないと約束してくれましたが、それでもエンナンは不安でならなかったようで、ドヒョンに覚書を書いてほしいと迫ったのだとか。


その時ドヒョンは、工場でトラブルが起きたためにヘリで駆けつけるはずだったのをエンナンに引き留められ、その後を追おうと急いでいたところにこの電話がかかってきたらしく、かなりイライラしていたようです。そこへもって、トラックがいきなり突っ込んできたため、ドヒョンは重傷を負ってしまったようなのです


時を同じくして、先に飛び立ったはずのヘリが墜落したという連絡が入りました。エンナンは、事故に遭ったドヒョンを見て、いっそヘリの墜落で死んだことにしようと考えたらしいです。それでも、さすがに傷ついたドヒョンを放ってはおけず、病院に連れて行った後、ドヒョンが意識不明なのを良いことに、別荘に閉じ込めてしまったのだとか。


いやいやさすがは韓ドラですね~立て続けの偶然に思わず苦笑いが止められません。「運命のいたずら」というタイトルには、いやいや、いたずらのし過ぎでしょ、と言わずにいられませんね~


そのいたずらの極めつけは、2年を経た今、エンナンが復讐を完遂させようとしたこの時にドヒョンが目を覚ましたこと。しかも、ジュランがエンナンを見張らせていたため、この話はマ家に筒抜けとなってしまいます。ドヒョンが生きていた!!


こうしてドヒョンはマ家の経営するシンファ病院に搬送され、その姿を見たウォランを通してスインの知るところとなります。ウォランはジュランから固く口止めされていたのですが、ウォランが挙動不審なのに気づいたプングムが、白状させたのです。


信じられないだろうけど本当のことです。社長が生きていました!


その時スインはウソクと外出をしていたのですが、慌ててシンファ病院へ駆けつけていきます。嫌いで別れたわけじゃない夫が生きていたのですから当然ですよね。ドヒョンはスインを見てハッキリ認識していたようです。


とはいえ、ポンニョやウソクの仇というだけではなく、今や自分をも陥れたテサンを、スインが許せるとも思えません。なんともドヒョンが気の毒です


でもまあそちらは「いたずら好きの韓ドラの神様」に任せるとして、楽しかったのはやはりジュランとヨンオクです


ヨンオクはすっかりジュランを丸め込み、ついに40億ウォンの投資をさせてしまいました。でもあの説明を聞く限りでは、単なる寄付にしか聞こえませんでしたね~。「投資」という言葉も、寄付をすることでステータスをあげる=自分への投資と解釈できないこともありませんし


契約書も定款も読まずにサインしたジュランが、騙されたと知ってどんな顔をするのか、想像しただけで可笑しいですね


またジュランは、以前ポギョンにイチゴジュースを引っ掛けたことをその母に知られて顰蹙を買い、シンファグループの株をテサンではなく(ジュランの敵の)エンナンに譲られてしまいます。これでテサンからこっぴどく叱られたのは自業自得で楽しかったですが、自分の金じゃないからあまり懲りてないのですよね。


それが今回は、夫にも内緒で投資したのですから、これをすったとなれば、一文無しで追い出されちまうかもでござるねジュランの泣き顔が見たい( *´艸`)


またミオは、モデルにスカウトされたようです。以前は成功しなかったためトジンは懐疑的でしたが、感触は悪くないようでした。今や孤立無援のエンナンにも、誕生日に作ったわかめスープを受け取ってもらえたようです。あんなに可愛いクァンテンがいるのですもの、エンナンもいい加減に復讐など諦めればよいのにね


それに~こんな事言ったら興ざめかもしれませんけど、このエンナンの復讐は今一つ説得力が無いのですよ。だって、確かにテサンはひどいことをしたけれど、直接サンウを殺した訳じゃありませんよね。ウソクとポンニョへの仕打ちは紛れもない罪ですが、エンナンは、その後もずっとテサンの財産を使ってきたのに~と思うと、ちと首を傾げちまいます


さて、最後は大好きなプングムとウォランです


この度ウォランはプングムに、妹の結婚式に一緒に来てほしいと頼みました。両親のいない長男なのに、独り身では何かと肩身が狭いというのです。最初は渋々だったプングムも「打ち合わせ」と称して、新婚旅行の話や子供の話をした際、まるで現実であるかのように熱が入っていたのには大笑いでした


特に子供は、ウォランは3人が良いと言ったのに対し、プングムが経済的に大変だから2人で十分だと反論すると、ウォランはプングムの母親としての負担も大きいだろうからそれで妥協すると答え、プングムもそれに異を唱えなかったのが可笑しかったですよね。普段のプングムなら、芝居なのにそこまで真剣に考える必要はない、とか言いそうなのに。


それに、ウォランが金にうるさいのは、自分が親代わりになって妹たちの面倒を見たからなのではないでしょうかね~。どう見ても無駄遣いしているようには見えませんし。


いよいよこのふたりのゴールインも間近に迫ってきたようです


伝説の魔女は続きもとっても楽しみですね




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は伝説の魔女~愛を届けるベーカリーのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング