このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

火の粉
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

火の粉 最終回 ネタバレと感想 お気に召してよかったです

薄気味悪いと思いながらも気になってならなかったユースケ・サンタマリアの【火の粉】も、ついに夕べが最終回でした。思っていたよりずっと爽やかな結末で心からホッといたしました火の粉、最終回のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ。以下ネタバレのあらすじです。


前回琴音が池本を刺した後は、雪見だけが警察に連行されたようです。というより雪見が琴音と武内にその場から立ち去るよう命じて、警察に通報したのかもしれません。


武内は琴音の手に付いた血を水道で洗い流しながら、どうしてこんなことをしたのだ、やりすぎだ、と責めました。が、琴音は、あなたを助けたかったからだ、あなたが私にしてくれたことと同じだ、と答えました。


ありがとうって言いなさいよ。私のことが邪魔なら殺しなさい。私はそれでもあなたの幸せを祈ってあげる。あなたにはそんな愛情、一生理解できないだろうね。きっと地獄に落ちるよ


琴音のこの最後の言葉が武内の心に突き刺さります。それは神様が決めるのか?神様は僕のことをちゃんと見てくれているだろうか?


一方、梶間家には警察から連絡が入り、池本が殺されて雪見が警察にいると知らされます。驚いた俊郎が警察へ行った後、勲や尋恵は、またしても武内が池本を殺したに違いないと思い込みました。が、戻ってきた俊郎は、雪見が黙秘を続けているから詳しいことは分からないと伝えます。雪見は俺たちのことを心配して黙っているらしい。


そこに、その武内がまた合鍵を使って入ってきます。武内は何とかして梶間家とやり直そうと考えていたそうです。尋恵には香水を、勲には特注の「正義の女神=テミスの像」を、そして俊郎には純金製の弁護士バッヂを持ってきました。


が、梶間家は断固としてこれを拒否します。武内がどんなに、気に入るよう努めるから悪いところを教えてほしいと懇願しても聞く耳を持ちません


あなたはもう歓迎しないと言いました。あなたはただの人殺しです!そんな趣味の悪いものはいらない!


そう言われた武内は、これが最後のチャンスだったんだ!と叫び、これでまたしても3年前の再現か?と思われたその矢先、俊郎がスタンガンで武内を気絶させました


まどかが武内の声に驚いて泣きだしたため、武内が「いいものをあげる」と近づいたのを、俊郎が止めようとしたのです。武内の手に握られていたのは、その言葉通りイイもの=「小さなクマのぬいぐるみだったのですが


椅子に縛りつけられた武内が目を覚ますと、目の前には勲が座っていて「裁判のやり直し」を始めました。勲は、これまでの悲劇は、自分が武内に無罪判決を下したからだと悔み、改めて有罪の判決を下したのです。おまえは死刑だ!


的場一家に続き、勲の実母、関弁護士、琴音の元夫、そして今度の池本~武内が否定したのは最後の池本だけでしたから、前の3人はやはり武内に殺されてしまったようです。


武内は、その池本殺しも、勲がそこまで言うならそれでいいとうそぶきました。すると勲は「法などくそくらえ」と言って、武内がくれたテミスの像で武内を殴り殺そうとしますが、そこに俊郎が飛び込んできて押しとどめます。雪見と琴音も一緒に駆け込んできました。池本さんを殺したのは琴音です!


雪見はここでようやく武内の心情が理解できるようになったと打ち明けました。相手に好かれたくてどんなに努力をしても報われない気持ちは分かる


武内は、琴音と一緒に自首をすると言い、最後に1つだけお願いがあると申し出ました。皆さんと一緒に食事がしたいというのです。


その「最後の晩餐」で果たして武内はいったい何をするつもりなのか?かたずをのんで見守っていたのはおばさんだけではありますまい火の粉の最終回がなかなかよかった(^^♪


その食事は尋恵と雪見が作ることになり、武内は自宅でバウムクーヘンを焼きました。そこに琴音がやってきて、一度でいいから焼かせてほしいと頼み込みます。そこで琴音は武内に「青酸カリ」の入った瓶を差し出しました。琴音はそれを武内の家で見つけ、雪見にもそう言って1本渡したそうです。


さすがの武内も琴音の差し出したウィスキーを気味悪そうに見つめると、琴音は、武内は琴音に殺されても仕方ないとうそぶきました。他人の厚意を無下にして裏切れば殺される、それが武内がこれまでしてきたことだ、と畳みかけます


愛してきたものを壊して、また誰かを愛して裏切られて、また壊して、いつまで続けるつもりですか?


琴音は武内のグラスを飲み干しました。さよなら、武内さん。


その後武内は、バウムクーヘンを詰めた箱を叩き落として、もう疲れちゃった、と独り言ちました。おそらく、このバウムクーヘンには毒が入っていたものと思われます。武内はそれを捨てて、新しいバウムクーヘンを焼きなおしました。


約束の事件に遅れてやってきた武内は、並べられたご馳走に喜び、舌鼓を打ちました。そこで、大人たちにはコンソメスープが振る舞われ、まどかだけはコーンスープを与えられますが、ここでいかにもスープに毒が入っているのではないかという思わせぶりがなされます。何せ梶間家には「青酸カリ」があるのですからね。


静まり返った食卓で、勲がくだらないジョークを飛ばすと、武内もそれに応えて、少しずつ会話が弾んでいきました。そこで武内が、まどか用にとビワのジュースを取り出すと、雪見は自分にも注いでほしいと、まどかに先んじて口をつけます。おいしいです


まどかがおいしそうにジュースを飲む姿を見る武内の目は本当に優しかった。雪見がまどかにそろそろ寝る時間だと促すと、武内はなんども「寂しいな」と言って名残を惜しみます。雪見はまどかに「おやすみなさい」と言わせました。


そこで今度は武内が用意してきたキャンドルをテーブルに置きました。それ見た尋恵が「素敵ね」と微笑み、昔勲に誘われた時の話をし始めます。勲は昔から口下手で、見合いをした尋恵を怒らせるような話をしたけれど、それに気づいた後は懸命にアプローチをしたから、仕方なく結婚してあげたのだそう。


勲がこれに軽く反論し、俊郎はそれも照れ隠しだろうと言いながらも、ふたりが結婚しなかったら俺はここにいなかった、とコメントしました。これを黙って聞いていた武内は、一旦、スープを飲もうとしたのですが気が変わり、俊郎と雪見の馴れ初めを尋ねてきます。


友だちの紹介で出会ったふたりの最初の食事が、コンビニで買った牛乳とあんぱんだったときいた勲が、あらためて情けない、と嘆くと、俊郎がいつもの調子で、いやいや金が無かったからと言い訳しました。それでもちゃんと自分で愛を告白したそうです。


雪見は俊郎の口癖の~何の根拠もないのに~「なんとかなるよ」に励まされ、そんな俊郎なら安心できると感じてプロポーズを受けたのだそうです


そうした積み重ねがあって今の梶間家がある、僕がその一員になりたというのは叶わぬ夢だったということが分かった、と結論付けた武内は、ついにスープを飲みました。そしてひどく苦しみだしますしかもここでCM!(>_<)


が、そのスープに入っていたのは「毒」ではなく「激辛香辛料」だったというのもまた良かったですね。俊郎が大喜びで、この香辛料は俺しか食べられないけど武内さんに試してほしかった、と大はしゃぎした様子に救われました。武内も、辛かったけど美味しかったと答えます。


その後武内は、満を持してバウムクーヘンを取り出しました。俊郎が、武内がバウムクーヘンを作る理由を尋ねると、武内は、母がよく作ってくれたのだと答えます。僕を本当に愛してくれたのは母さんだけだった、と言いながら、否、もうひとりいたかもしれない、と言う武内に、雪見は確かにもうひとりいた、と明言します。


ここで俊郎が、いかにも俊郎らしい率直さで、武内は人さえ殺さなければすごくいい人だ、と言い切りました。俺は一人っ子だし、初めて兄貴みたいな人ができたって思ってました。なのにどうして、武内さんはそんな人間なんですか?俺はそれが悔しくてたまらない!


ここはまさしく同感でした。どうしてそんな極端なことをしてしまったのだ、と、言わずにいられん気持ちでした


尋恵もまた、武内が以前言ったように自分もまた「この時間が永遠に続けばいい」と思ったそうです。それが叶わないことが本当に残念です。


そして勲は、武内のおかげで家族が変わることができたと語りました。あなたが心から尽くしてくれたおかげだ。だが「ありがとう」とは言わない。あなたがしたことは決して許さない。それを裏切りだというなら、気の済むようにしてほしい。


雪見も、殺人犯の武内とこんな風に一緒に食卓を囲むのは不思議だと言いながらも、それが「日常」だと感じている、と言い添えて、バウムクーヘンに手を伸ばしました。いただきます


この時雪見、そして梶間家全員が、武内が先にスープを飲んだ時と同様、「毒を盛られる覚悟」をしていたというのがハッキリ見て取れましたよね。武内は、雪見が一切れ口に運ぼうとしたその瞬間に声を掛け、どうして食べるのかと尋ねました。


武内さんのバウムクーヘンですから信じていただきますよ♪


そう言ってバウムクーヘンを食べた雪見に、武内が味を尋ねました。美味しいです。とっても美味しいです。ありがとうございます


雪見のこの言葉=やさしさが本当に嬉しかったな


お気に召して良かったです


自宅に戻った武内は、先に作ったバウムクーヘンを食べ、「上出来」と言いながらひとりで逝ってしまいました。武内は、愛する人々を殺さずに、自分を罰する道を選んだのです。


幸せそうに微笑んでソファに横たわっていた武内を、梶間家の人々が見つめていたところでドラマは幕を閉じました。彼らの顔に浮かんでいた表情がまた何とも絶妙でしたね。これですべて終わったと安堵しながらも、武内という気の毒な人間を思いやるようなあの表情。


どうやら原作の結末とは大きく異なったようですが、おばさんは大満足でした。これが現実なら話は別ですが、フィクションなのですから、武内自身が己の罪を悔い、自分の人生に終止符を打つという最後=救いがあってもよいように思われました武内の笑顔がよかったな(;O;)


武内がここまで変われたのは、一見偽善や見栄、体裁に振り回されていたかに見えた梶間家の人々が、実際には思いやり深い人間だったからだろう、彼らの真の優しさを感じたからこそ、武内は最後の最後で思いとどまることができたのに違いない、そう確信できたからです。


琴音もそうだったのかもしれませんが、彼女には息子の陸を第二の武内にしかねない危うさが感じられて、何とも評しがたいです。その琴音は死んでおらず、どうやら自首するようでしたね。


毎回あれこれ考えさせられた忘れられない作品となりました。特にユースケ・サンタマリアの演技が絶品でしたね。自分でもそれを意識していたのでしょうが、最後は武内が「傷ついた天使」に見えたほどです。あ、やっぱりすっかり魅入られちまってますね


火の粉」、大人の土ドラ、大成功でしたね。来週からは早くも第2弾「朝が来る」が始まるそうです。それまたとっても楽しみですね。(詳細はこちらをご参照ください: 2016年夏ドラマ~韓国ドラマ、日本のドラマを並べてみました




これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は火の粉のレビュー一覧」でお読みいただけます

火の粉
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

火の粉 あらすじと感想 第8話 梶間家が下した決断

ユースケ・サンタマリアの【火の粉】、今週は8話です。そして来週9話が最終回になるそうです。以下ネタバレのあらすじです


やはり池本は生きていました。ということは、いかにも思わせぶりだったあのトランクは、武内が皆の心を試すため、と見てよいのでしょうか。でも関の生死はまだ分かりません。そっちの方は警察動いてないんでしょうかね


と、無粋なツッコミはさておき、今回梶間家の人々はまさに絵に描いたような幸せな家族を演じさせられていました。その中心にはいつも武内がいて、皆、最初に会った頃のように、武内に感謝し、笑い声が絶えません


が、武内がいなくなると即、勲や雪見、そして今では俊郎の顔からもその笑顔が無くなります。特に俊郎は、もうこんなことには我慢できないとかなり煮詰まっていたようです。それなのに尋恵だけは、武内が自分たちに危害を加えることは無いのだから、このままで十分幸せだ、などと語っています。合い鍵もやはり尋恵が渡したようです。


池本が彼らの前に姿を現したのはこんな時でした。池本は俊郎の前に現れて、梶間家を助けたいから、一緒に芝居をしてほしいと頼んだそうです。それが前回の予告にあったあのシーン、俊郎と尋恵が椅子に縛りつけられ、これを池本が脅していた場面です


池本は、今武内にとって最も大切なのは梶間家だと明言し、彼らを殺されたくなければ、過去の罪をすべて白状するよう迫りました。


たとえそれを録音しても、脅されて告白したことは証拠にはならないとうそぶく武内が、ここでかなり冷静だったのがちと腑に落ちなかったのですが、武内は既にここで、尋恵はともかく、俊郎の目にまったく恐怖が浮かんでいないことに気づいていたのだそうです


がここに、やはり池本を見かけた雪見が勲を伴って入ってきたため、池本の計画は水泡に帰してしまいました。勲が、池本が憎んでいるのは梶間家ではなく、武内を無罪にした自分だろうと進み出て、殺すなら自分を殺せといいながら、池本のナイフを取り上げようとしたからです。元々誰も殺すつもりなどなかった池本は、勲を誤って刺したことに動揺し、その場を立ち去ってしまいます。


この時も、本来なら勲を助けなければならないはずの武内が、ただ突っ立って見ていたのがいかにも不自然でしたよね。武内はこれが茶番だと見抜いていたのです~勲は本気だったのですが。


その後武内は俊郎を二階に呼び出して真相を問いただしました。武内は俊郎に、背中の傷を見せてこう言います。信じていた人に裏切られることほど辛いものは無い。それに比べたら、こんな傷をつけることなど何でもなかった。それなのに、今また同じことが起きようとしている


でも俊郎はもう決して武内に媚びようとはしませんでした。俊郎は、

武内がうちの家族を大事に思っている以上に、俺は雪見とまどかが大切だ。俺は俺の家族を守る。たとえ殺されても後悔しない!

とはっきり言ってのけたのです。よーやくイイとこ見せてくれましたね


ここで武内は、いかにも俊郎を殺すようなことを言ったので本当にハラハラさせられましたが、今回は階段から突き落としただけのようです。とはいえ、以前確か隣に住んでいたおばあちゃんも、階段から突き落としたんですよね?打ち所が悪ければ、死んでいても決しておかしくありません。


~でも、もしかしたら、俊郎が言ったように、本当に足を滑らせただけなのかもしれません


が、これでようやく尋恵の目が覚めました。尋恵は息子が傷つけられたことに憤慨し、でもとても静かな調子で武内を許さない、と言い放ちました。


私の息子を傷つける人は誰であろうと許しません。あなたは私たちの家族じゃない。梶間家のあるじは主人です


でも、尋恵は笑ってこうも語りかけました。でも不思議ですね。こんな状況になっても、私はまだあなたのことが怖くない。どうしてでしょうね武内にとって尋恵は亡くした母代わり?


それはきっと、武内が愛されないで育った子供=愛に飢えた子ども時代を送ったことを、尋恵は敏感に察しているからなのでしょう。これは後に池本も指摘していました。


だからと言って何をしてもいいという訳では決してありませんし、個人的にはこのような甘ったれは大きらいですが、一方で、家族の中でやはり同じように孤立を余儀なくされた尋恵が、乾いたスポンジが水を吸い込むように武内の(行き過ぎた)愛情を受け止めたのは十分理解できるところです。


もしかしたら、尋恵のこの気持ち=愛情が武内を変えるかもしれない、とちょっとだけ期待したりしてますが、どうでしょうか?


今では勲も武内と戦う決意を固めています。たとえどんなことになろうとも前に進み、お前たちとともに真実の中で生きていたい


家族のありがたみを痛感したという勲は、尋恵の家事も、俊郎を身ごもっていた時以来初めて手伝ったそうです。もう少し早くそれに気づいていたら良かったのに、武内という狂気によって初めてそれに気づくなんて、何とも情けない限りです。


一方で、池本以外にも、驚きの展開が待ち受けていました。琴音がすっかり武内にのぼせてしまい、武内に積極攻勢をかけてきたのです。雪見には、武内と家族になれて羨ましい、憎いと語り、武内の家に入り込んで、食事まで整えました。


あなたは、梶間家の家族にはなれない。あなたを最も理解しているのは私だ。あなたはよく、厚意を無下にされたというけれど、あなたこそ、私の厚意を無下にしている


さすがの武内もこれには反論できず黙ってこの「厚意」を受けましたが、琴音と家族になる気は無いようです。


そんなある日の事、池本が雪見に連絡をしてきました。池本は、武内家の墓を暴き、中に入っていたビデオの1つを武内に送りつけて挑発したのだそうです。奴はきっと夜中に墓地にやってくる。


池本は、関の遺体も見つからない今、このままでは武内を裁くことはできない(一事不再理)と、どうやら武内に自分を殺させるつもりのようです。持参したナイフを武内の前に放り、武内がそれを拾って自分を刺すよう仕向けます。池本はあのビデオを見て、武内が「母への思慕」を断ち切れていないことを見抜き、そこを何度も突いてきたのです。


お前はただの子どもだ。自分の孤独を認められない臆病者だ。すべては母親が原因だ


が、そこで池内を刺したのは武内ではなく、なんと琴音でした!しかもこれを雪見が見ていて、思わず悲鳴を上げてしまいます。池本から、何があっても黙っているようあれほど釘を刺されていたのに


果たしてこのドラマはいったいどんな結末を迎えるのでしょうか。なんだかな~今となっては武内が可哀想に思えるような気もしてならんのですが。あ、すっかり悪魔に毒されていますね


最終回ではどうやら勲が武内を裁くような雰囲気でしたよね。法で裁けないならこの手で~になるのでしょうか火の粉の最終回が待ち遠しい(^^)/?放送が待たれるばかりでござりまする



ひゃ~読みたい~!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は火の粉のレビュー一覧」でお読みいただけます

火の粉
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

火の粉 あらすじと感想 第7話 尋問と教育

ユースケ・サンタマリアの【火の粉】、今週は7話です。気づけばもう終盤なのですね~。しかも予告では衝撃の展開が待っているようで?以下早速ネタバレです火の粉のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


いきなり予告の話で恐縮ですが、あれは無いですよね~だって、ここにきてあの池本が生きていたなんて!?しかも、池本は、尋恵たちを人質に取り、ナイフを突きつけて何やら脅していた様ではありませんか?え~池本が生きていた!?


それには今回の展開が繋がっていくのでしょうか。経緯はこうです


勲と雪見が一刻も早くどこかに逃げ出そうとしていたその頃、武内は尋恵に高級マッサージチェアをプレゼントしました。かなり大きな物だったので、居間に置くと邪魔だ、こういうのは最初は使ってもそのうちに物置になるだけ、もらっても迷惑なだけだ、と俊郎がいつもの調子でパンパンと言ってのけると、勲が即、俊郎を怒鳴りつけました


何を言っているのだ?武内さんのご厚意に感謝しこそすればその言いぐさは何だ!?これは正論( `ー´)ノ


言葉だけ聞けば正論ですが、その様子が異常です。そこに武内はいないのに、必死で武内を持ち上げようとしています。というのも、とにかく、次のターゲットは自分だと信じているからです。武内の目が光っているうちは、なんとしても武内を怒らせてはならない、と異常に怖れている様子が伝わってきます


その後、武内は海外出張に行くと切り出しました。もうこの時点で相当怪しいんですが、誰もその言葉を疑いません。皆で、まるで仲の良い家族のように武内を見送った後、勲がようやく家族全員に真相を打ち明けました。雪見は、琴音にすべてを打ち明けてまどかを預けてきたため、少しだけ遅れて入ってきます。


武内慎吾は的場一家殺害事件の犯人だ。彼自身の口からそう聞いた。このままここにいては、的場一家の二の舞になるから早くこの家を逃げ出そう!


が、尋恵も俊郎も、この言葉をまったく信じようとしませんここはイラッとさせられた~。俊郎は、それどころか、雪見が勲の肩を持つと、その雪見を激しく非難します俊郎のアホっ!。お前は武内さんのコトを言い訳にして自分を正当化しようとしている。もうお前とやっていく自信が無い。


悪賢い武内は、出かける前に俊郎を呼び出し、的場一家を殺したのは自分のようなものだ、ともっともらしい苦悩を打ち明けていたのだそうです。だから俊郎は、武内の告白もまたそれと同様で、実際に殺したのではない、と信じ込まされているのです


その上尋恵も、勲が武内を犯人だと思っていたのに嘘をついていたことを咎め、もうこの家にはいられない、と家を飛び出してしまいます


その直後、家を出たはずの尋恵が、まどかと共に戻ってきました。そこには「出張がキャンセルになった」という武内の姿もありました。もちろん、出張など嘘だったに違いありません。しかも武内は琴音からすべてを聞いてしまったようです


武内は、いったい何があったのだと皆をたしなめ、ひとりずつ自分と話し合おうと持ちかけました。こうして始まったのが、世にも恐ろしい「尋問」でした。武内は、その時はもう既に奥の部屋に追いやられ、俊郎が言ったように、あれこれ物が積まれていたマッサージチェアに一人ずつ座らせてその話を聞き出します。


最初に座った尋恵は、何せ武内を信頼していますから、すべてを正直に打ち明けてしまいます。すると武内は、そんな尋恵を咎め始めました。あなたはこれまでの人生をすべて無駄にしようとしている。先生と別れてはいけない!皆さんを的場さん一家のように殺したくない!!先生の妻でいろっ!!


ようやく夫の言葉が真実だと悟った尋恵は、魂を抜かれたようになって出てきました尋恵がようやく分かった。ごめんなさい。私が間違っていたわ。


次は俊郎です。武内の母への「尋問」を漏れ聞いてすっかり怯えた俊郎は、それでもなんとかおどけて雰囲気を和らげようとしましたが、武内は少しも乗ってこず、雪見と夫婦でいるよう脅しました。ふたりの仲が悪いとまどかちゃんが可哀想だ


その時雪見は、何とかして武内の尻尾をつかもうと携帯でふたりの会話を録音しようと部屋に近づいています。が、そんなことは全てお見通しの武内はその上手を言って、携帯に言う通りにしなければ「全員を殺す」と書いて脅迫しましたそんな馬鹿なっ!


俺、夢でも見てるのかな


さすがに能天気な俊郎も、ようやく武内の本性に気づいたようです。


次は雪見です。雪見は、自分も悪いが武内も悪いと反論しますが、そんな理屈が通じる人間ではありません。武内はいわゆるサイコパスなのです。結局恐ろしくなった雪見は折れて、反省文を書かされることになりました。


最後は勲です。もちろん勲は、絶対に武内を怒らせぬよう、徹頭徹尾低姿勢だったため、武内の怒りを買うことはありませんでした。ここに来て分かったのですが、武内にとって、梶間勲という人間こそ、最も愛すべき人間なのですね。どんなに尋恵や俊郎が自分を認めてくれたとしても、肝心の勲の心が離れては意味がない。


なぜなら、勲こそ、武内の命を救ってくれた恩人だからなのですね。これまで何度となく繰り返されてきた武内の言葉が、ようやく腑に落ちた気がしました。武内の中では「本来は死刑になるべきところ、家族だから救ってくれた」と論理が逆転しているかのようです。


武内は勲に頭を下げてこう言いました。これからは、家族の教育は私がします


その言葉通り、武内は、梶間家の合い鍵を作り、堂々と出入りするようになりました。しかもその合い鍵を作れるようマスターキーを渡したのは、どうやら尋恵のようではありませんでしたか?尋恵にしてみれば、たとえ真実はどうあろうと、武内が真の理解者であることには変わりない、とでも思っているのでしょうか?


こうして梶間家は揃って武内の母の墓参りをさせられました。母さん、これが僕の家族です!


一歩間違えるとコメディにもなりかねない構図を、武内の異様さが支えています。まったく、なんとも薄気味悪いドラマを作ったものです


でも、確かに武内は異常ですが、こういった傾向は実はよく見られると思わずにもいられません。人は何か善行を施す時、必ず何かの見返り(礼賛)をついつい期待してしまいがちです。それが得られなかった時、最初は純粋な厚意だったはずが、一転して憎悪に変わることも決してないとは言い切れません


モラハラなどはその良い例でしょう。俺がせっかくしてやったのに、お前はどうして感謝しないんだ!というアレです


なぜモラハラが無くならないのか、それは、そもそもモラハラを許す土壌が存在するからだと思います。特に武内家は、大黒柱が法曹界の人間ですから尚更でしょう。家族は常に「正しい行為」を要求されて生きてきたに違いありません。


その一方で、現代社会におけるモラルが低下していることもまた事実です。だからこそきっと、武内の言葉がしばしもっともらしく響いてしまうのでしょう。尋恵や琴音が良い例ですよね。武内の異常さを承知しているおばさんでも、特に尋恵に対する武内の行動(思いやり)は素晴らしい、と思わされてしまいます


さ~て来週はいったいどんな展開を見せてくれるのでしょうか。池本が梶間家を脅していたのは、彼らが一蓮托生だと思ったからなのでしょうか? どうやらようやく俊郎が一念発起するらしいですが


この火の粉がどこに着地をするのか、最後までしっかり見届けたいと思います。続きもとっても楽しみです火の粉が楽しみ(^◇^)



ひゃ~読みたい~!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は火の粉のレビュー一覧」でお読みいただけます

火の粉
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

火の粉 あらすじと感想 第6話 蛇に睨まれた蛙

ユースケ・サンタマリアの【火の粉】、今週は6話です。ミステリーと言えば犯人探し=謎解きが常道ですが、これはもう最初から犯人が分かっている、となると、いったいどのような決着を見るのか、おばさんの興味はその一点に絞られてまいりました。もちろん、そこに辿り着くまでの過程~役者たちの怪演からも目が離せません火の粉のユースケvs伊武雅刀が最高♪


~でもね~これまではずっと我慢してきたけど、やっぱり優香(の演技)だけが残念ですよね。他の役者は皆微妙な演じ分けができているのに、この人だけ白か黒の演技しかできず、雪見はまったく悪くないのにその演技力のせいで腹立たしく思えることがたびたびです。松岡茉優とかなら良かったのに。あーついに言ってもた


以下簡単なネタバレのあらすじです火の粉のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


関が何者かに襲われて失踪したらしいと聞いた勲は、それが武内の仕業に違いないと確信しますが、下手なことを言えば、自分の身も危うくなると思うと、通報することができません。それどころか、関係者=武内が疑われて警察がアリバイを調べに来たようなのに、尋恵は、武内に頼まれて嘘のアリバイまで証明してしまいます。だって、武内さんが疑われたら可哀想じゃない


考えに考え抜いた勲は、不動産屋までチェックし、家族揃って家を出ようと決心し、皆には「ドライブ」に行こうと誘いましたが、ひとりだけ、良くも悪くもマイペースな俊郎が、勉強したいから行かないと言いだしてしまいます。ダメだ!皆で一緒に行かなければ!!


勲が語気を荒げたところに、武内が姿を現します。どうやら少し前からそこにいたらしく、尋恵は武内が知人の葬儀に出席してきたのだと説明しました。武内は、以前住んでいた家の近所にいたおばあさん~以前も話題になりました~が、的場一家事件の前までは仲良くしていたのに、判決以来すっかりよそよそしくなり、どこかに引っ越したそうなのが、今回階段から足を滑らせて亡くなった、と語ります


この話の本当の意味を理解したのは勲唯一人です。武内は、

僕から逃げようとしてもムダだ、どこまでも追いかけて殺してやる!

と暗に脅していたのです。いや、そのつもりは無いのかもしれませんが、見ている方がそう妄想せずにいられない、というのがまた怖いのです武内=悪の魅力そのものです(;´Д`)


勲は何とかその場を取り繕おうとわざと大声を出して笑いました。俊郎が行けないならまた今度にしよう。やっぱりドライブは家族みんなで行かないとな!わははははは。この「自信の無さ」を虚勢を張って隠そうとするところがまたいかにも上手いですよね~


が、雪見だけはこの勲の変化に気づいていました。雪見に問い詰められた勲もまた我慢が出来ず、ついに真相を告白してしまいます。武内は、自分が的場一家殺害犯だと告白した!私の判決は間違っていたのだ!!


なぜ黙っていたと叫ぶ雪見をハラハラしながら見ていたのはおばさんだけではありませんよね。も~あんな大声を出したら気づかれちまうのが分からんかな~。勲は必ず家族は自分が救ってみせると約束しますが、不安でならない雪見は出来る範囲で自衛策を採りはじめました。武内の家との境にある垣根には監視カメラを設置し、防犯グッズも買い込んできます。


一方、琴音を殴ったのはやはり武内ではなく別れた夫=稲葉(渋江譲二~川路@償い)だったようです。悪人とは言え、自分に好意を持つ人間に対しては限りない理解を示す面も持ち合わせた武内は、琴音がどんなに武内を遠ざけようとしても信じず、ついに真相を聞き出してしまったようです。


武内は稲葉に会いに行き、もう琴音には近づくな、彼女は僕が消した、と言い放ちました。が、それでも稲葉はシツコク復縁を迫ったため、琴音は稲葉を殺したいと言い始めます。


でもそれは単に口だけであって本気ではなかったようです。武内はその意を組んで琴音に協力し、水風船を稲葉にぶつけて殴りつけるという可愛い復讐に手を貸しました。が、琴音からその話を聞いていたらしい雪見はこれを本気にし、警察に通報してしまいます


あまりにも早い警察の対応を不審に思った武内は、てっきり勲が通報したのだと思い込み、勲を激しく問い詰めました。身に覚えのない勲は、平身低頭潔白を証明しようとします。私は何も知らないっ!!いつも武内さんの「ご厚意」には感謝しているのだから、そんなことをするはずがない!!


後でこれが雪見の仕業だと知った勲は、雪見を激しく非難しました。なんてことをしたんだ!次に殺されるのは私なんだぞ!!伊武雅刀がまた上手いんだ(≧▽≦)


武内はもうとっくに監視カメラにも気づいています。(役者同様)雪見も芝居が下手なので、考えていることがすぐ顔に出てすぐに見抜かれてしまうのですよね。もー本当にイライラさせられますそれに比べて優〇下手過ぎ(;´・ω・)


そして武内はついに稲葉も殺してしまいます。夜中に稲葉の後をつけ、走ってくるトラックの前に稲葉を突き飛ばしてしまったのですきゃーっ!( ゚Д゚)


琴音は、自分が殺したいなどと言ったからだと心から反省しますが、雪見は武内の仕業だと確信します。でもそれを琴音に言ったところで、もう信じてはもらえません。それどころか琴音は武内に、本当の家族になってほしいとプロポーズまでしてしまいます


が、武内は、自分には梶間家という家族がいるから琴音とは家族になれないと断りました。なんと武内は、山梨にあった母の墓を、梶間家の隣に移転までしてしまいますお墓まで引っ越してきた!。武内がずっと送っていた母へのビデオレターは、母親の墓のある寺の住職に送り、その墓の中に入れてもらっていたのだそうです。


予告によれば、来週はついに尋恵と俊郎に真実が明かされるようでしたね?果たしてふたりはどんな反応を見せるのでしょうか?それを知った武内はどんな報復に出るのでしょうか?!火の粉が面白すぎる( *´艸`)


土ドラ・火の粉からはまったくもって目が離せません


Melancholia
このドラマの主題歌、鈴木雅之さんが歌う「Melancholia」、最初はポップ長で、このドラマにはどうかな~などと思ったものですが、最近ではこの曲が鳴りだすと思わずハミングしてしまうほどマッチしてますonpu



ひゃ~読みたい~!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は火の粉のレビュー一覧」でお読みいただけます

火の粉
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

火の粉 あらすじと感想 第5話 梶間勲の告白

ユースケ・サンタマリアの【火の粉】はついにその全貌が明らかになりました。以下ネタバレのあらすじです。


池本が梶間家に乗り込んできた後、俊郎が欠席裁判は良くないと言って武内を家に呼んだ時、勲は仕事を理由に外出し、時間を潰していました


帰宅後勲は、真夜中にひとりで酒を飲みながら、武内の裁判を思い出してはため息をついていたその時、外をガラガラと何かを運ぶような音がしたため、勝手口からそっと外を覗いたところ、武内が、いかにも重たそうにスーツケースを動かしています。草木も眠る丑三つ時に、人目を忍ぶようにして重い荷物を運んでいる、それが何を意味するのか、分からぬ勲ではありません


が、それでも己の不安を押し殺して素知らぬ顔をしていたところ、裁判当時武内の弁護をした関から呼び出されます。関は武内から誕生祝にと、家にゼラニウムの鉢植えを届けさせ、事務所にも旅行券を持ってきたため、困るのを通り越して気味が悪くなったようなのです。


関は、プレゼントをしたネクタイが気に入らないと言われて殺した、他の人間なら考えられないような動機でも、あの武内ならあり得るのではないか?と問い詰めてきます。関が言うには、3年前の的場一家殺害事件の状況と、今の梶間家の状況がよく似ているのだそうです。的場家の家族は武内が近所に越してきて家族ぐるみの付き合いを始めた後に殺されたのだそうです


武内さんは本当に無実だったのでしょうか?


勲は、他ならぬ武内の弁護をした関が彼を疑い始めたことを知ってひどく動揺してしまいます。あなたはご自分の言っていることが分かっているのですか?(自分の過ちを認めているということですよ~私は認めたくありません火の粉のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


すると関は、武内の早期退職についても言及してきました。なぜ武内の裁判の後、まるでそれがきっかけでもあるように辞めたのですか?


「後進の指導のためです


そうキッパリ言って帰路についた勲を、家の近くで杏子が待ち伏せていました。杏子は、池本がいなくなってすぐに武内の家に行ったそうです。そこで武内は大きなトランクを家に運び入れていたのだとか。これこそ勲自身が目にした光景と合致しますまた伊武雅刀が上手いんだ( `ー´)ノ


武内は池本を殺し、その遺体をあのスーツケースで運んだに違いないと語った杏子はこの少し前に武内の家に忍び込み、目指すスーツケースを見つけて鍵を壊そうとしたのですが、そこに俊郎が訪ねてきたので逃げ出してきたようです。


その上杏子は勲に、あの夜何故自宅にいなかったのかと責め寄りました。本当は武内のことを疑っていたから関わりたくなかっただけじゃないのですか?全てはあなたの判決から始まったんですよ!!追いつめられる勲


この時勲の脳裏には、裁判の際、武内がこちらを伺うような目つきで見ていた姿が何度も蘇っています


どうにも気になった勲はその足で武内の家を訪ねました。空き巣の話を聞きながら適当に話を合わせていた勲が、杏子の言っていたトランクを見つけて近づくと、そこには血がべっとりとついているではありませんか


愛想笑いをしながら帰ってきたものの、どうにも不安は収まりません。それなのに、尋恵はまたしても武内から、今度はミュージカルのチケットをもらったと浮かれています


勲がつい、尋恵が何もせずに遊んでいると嫌みを言うと、尋恵は、勲が尋恵に話した「退職の理由」をもちだしてやり返しました。勲は尋恵には、母の介護を手伝うと言い訳していたのだそうです。つまり、本当の理由はほかにあるということでしょう


それが明らかになったのは、勲が「公開セミナー」で講師を務めた時のことでした。武内からこの話を聞いた弁護士志望の俊郎は、早速その講演を聞きに行ったそうです。そこで俊郎は、勲が10年前に死刑判決を下した死刑囚が、つい最近死刑になったことを知ったそうです。


俊郎は父の気持ちを思いやり、たとえ判事とは言え、ひとりの人間に死刑を言い渡すのは辛いだろう、武内が無実で父はホッとしたにちがいない、といかにも訳知り顔に話しましたが、これを聞いた武内の顔は急に曇ってしまいます。


その講演会には武内も出かけていたそうで、武内はその後、その時に録音したらしい武内の言葉を何度も繰り返し聞いていました:


たとえ限りなく疑わしい被告がいても、決定的な証拠が無ければ有罪にはできない。


疑わしきは罰せずと言えば済むところを、過去の自分の判決を擁護するような発言は、すなわち、勲が自分を信じていなかった証であると武内は確信してしまったようです。


今にして思うと、勲の回想にあったあの武内の上目遣いは、武内が勲の葛藤~できる限り死刑宣告をしたくない~という動揺を無意識に感じ取って、自ら無実を訴えた、と考えることもできそうです。武内のように承認欲求(他人から認められと願う気持ち)の強い人間は、相手が今どう思っているかを察する能力に長けていますからね。もっと言うなら、あなたがそう望んだから望みどおりに言ってあげたんじゃないか、などと言いかねません


武内はおもむろに勲を訪ね、今日は自分が無罪になった記念日だと言って、勲にプレゼントを差し出しました。それがなんと、的場一家殺害に使われたネクタイと同じ柄のネクタイだったというから驚きです


武内の感謝の言葉に、再び自分は正しいことをしただけだと答えた勲も、さすがにこのネクタイを見ては平静ではいられませんどういうことだ!。勲はついに関の事務所に駆けつけました。


とても普通の神経とは思えない!そう言いながらも、関が池本のことに言及すると、いくら何でもそんなことがあるはずがない、と不安を打ち消そうとしましたが、関の真剣なまなざしに、ついに、ずっと隠していた真実を打ち明けてしまいます


分かりました。認めます。私は武内さんを疑っている。いや、疑っていた。あの何もかも見透かしたような目に異様なものを感じていた。しかし(証拠がないため)有罪にはできなかった。


勲は、有罪なら死刑判決を免れないからあの裁判が怖かったのだと打ち明けました。だから彼が自白を覆した時にはホッとしました。私は辛い決断から逃げたのです


関は、あの裁判の判決は間違っていないと力説し、問題はこれからどうするかだと身を乗り出しました。勲は、ずっと「対岸の火事」(=他人事)できたのが今度は我が身に「火の粉」が降りかかってきたと例えます。今初めて真剣に事件と向き合っている。家族には言えない、私が何とかしなければ!


武内は、そんな勲を挑発するかのように、またしてもあのトランクを押して外を歩いていました。それを杏子が見つけて警官を呼び、トランクの中には夫の遺体が入っている、と騒ぎ出します。が、武内は、身に覚えがないからトランクを開けることはできないと主張し、その場にいた勲にこう尋ねました。先生も同じ考えですか?何の罪もない私が言いがかりにあっても大人しく言うことを聞くべきですか?


ここで強く言えないのが勲の勲たるゆえんですよね。勲が「いや・・・」と口ごもったのを見た武内は我が意を得たりとばかりに強硬に出た途端、杏子が猛反撃に出ました。武内を突き飛ばした杏子は、脱げた靴のヒールで武内に殴りかかります。殺してやるっ!!神様は見ているからっ!!杏子も殺されないといいんだけど(;´・ω・)


その後武内は、騒がせてしまったお詫びだと言って黒毛和牛を持って来ました。単純な俊郎と尋恵はこれを喜び、武内も食事に誘います。これを奥で聞いていた勲はまたしても戦々恐々としてしまいます。


が、勲は家族に飛んできた火の粉をなんとしても払わねばならぬと奮い立ち、急ぎの電話を思い出したと食事の最中に席を立って武内の家に忍び込みました。武内が、空き巣が入った後の鍵をまだ直していないと語ったからです。


スーツケースには相変わらず鍵がかかっていましたが、勲は、その日=4月30日こそが、武内が人生をやり直した記念日だとの言葉から、その数字を回したところ、鍵が開きました。


そしてそこには、杏子の予想通り、切り刻まれた池本の死体が入っていたようです。その上梶間家と武内の写真まで入っていたではありませんか!


~死後数日経っている死体からの悪臭を隠せるはずがない、とは思いますけど、野暮になるから黙っていますね


勲が暗闇で目を凝らしながらその写真に見入っていたその時、部屋の電気がつきました見たな~(;O;)


先生は、開けてはいけない扉を開けてしまった


まさに「見たな~」の世界でしたね。それでも勲は、背中にあんな傷を自分で付けるのは不可能だ、と自分を正当化しようとしますが、武内はついにここで真実を明かしてしまいます。


あなたは何も分かっていない!人の厚意を無下にすることが、人を裏切ることがどれほどの罪か、どうしてわからない?それに比べれば、私が的場さんの家族を殺したことなど小さな小さな罪だ!!


あまりのショックに言葉を失う勲に、武内は、この「運命の日」に我々は秘密を共有したと語り、今度こそ、自分のすべてを受け入れるよう命じました。


私は先生を許します。家族はやり直せるはずだ。でも二度と私を失望させないでください。二度と私の厚意を無下にしないでください。これまで通り笑顔で、同じ生活に戻りましょう。それが私たちの幸せですから。先生を許すのは私の厚意。私の厚意に感謝しろっ!!


武内の命令に従って帰宅し、あからさまな作り笑いをしてその場を乗り切った勲は、皆が寝静まったのを見計らい、関に電話を掛けました。私は殺人鬼を野に放ってしまった!関先生、力になってください!!先生だけが真実を知っています!


そんな勲を励ました関もまた、その後すぐに殺されてしまったようですガーン(;´・ω・)。関の事務所の絨毯は血で真っ赤に染まっていました。


また、自分から積極的に武内にアプローチしていた琴音も、途中で陸の父親と復縁したのか、武内との別れを切り出します。ここはでも~元夫が琴音に暴力を働いて、それを知った武内が夫を殺す、な展開だと思ったけど違うんですかね。琴音が自分の方を向いている時点で武内が琴音を殴ったとは考えにくいんですけど


私の家族に火の粉が降りかかってきた!火の粉がますます面白い(^◇^)


来週はついに勲が雪見に真相を打ち明けるようです。まだ折り返しだと言うのに、これからどんな展開が待ち受けているのか、さすがに「大人の土ドラ」だけのことはありますね~。「火の粉」からはますます目が離せなくなりそうで続きもとっても楽しみです



ひゃ~読みたい~!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は火の粉のレビュー一覧」でお読みいただけます

火の粉
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

火の粉 あらすじと感想 第4話 ユースケ・サンタマリアの怪演が光る

火の粉】の主役はユースケ・サンタマリア演じる武内、ズバリ悪人なんですが、この手の悪人が主役のドラマを久しぶりに見たような気がします。時々悪女が主役のSPなどは放送されますけど、その感想をここで語ると即、ものすごいバッシングが来たりするんですよね~。今時の人は現実とフィクションの区別ができないのでしょうか


でも、ドラマ(小説)好き、特にミステリー好きを標榜する方ならお分かりになるはずです悪人が魅力的なドラマは実に完成度が高いことを。善人は簡単にヒーローになれますが、悪人を主人公にするためには、原作(脚本)と役者の両方が傑出してなければなりません。そして、この「火の粉」も間違いなくその部類に入ると確信しています。ユースケ・サンタマリア、まさに怪演です


と、前置きはこれぐらいにして、以下そんな武内の悪人ぶりをタップリ語らせていただきまする火の粉のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


信じていた家族から疑われ、あまつさえ家を追い出された雪見は、琴音の家に世話になることにしたようです。雪見が琴音に、その後武内とはどうなったかと尋ねた時は、別に何も、と答えた琴音でしたが、どうやらその後、武内からデートに誘われ、高価なプレゼントをもらったことが判明します。


武内の背中を押したのは他ならぬ尋恵でした。武内が、梶間一家を自宅に招待してご馳走を振る舞った際、自分には気になる人がいると打ち明けると、尋恵は、女はデートの誘いを待っているものだ、と促したのです。武内は「考えておきます」とだけ答えましたが、早速行動に移したようです。


この食事の際、勲が遠慮して早く家に戻ろうとすると、武内がいつものあの言葉を口にしたのがまた怖かった


「お口に合いませんか


他にも「お気に召しませんか」などという、相手から評価されていないと武内が察した時の決め台詞(?)が、また要所要所でうまく使われていますよね。武内からこの手の台詞が、ほんのちょっとの間を置いて、いかにも悲しそうに発せられると、つい、自分が申し訳ないような気にさせられてしまう様子が、ひしひしと伝わってきます。


もちろん雪見は、家族が武内と食事をしていることなど知りません。琴音と武内の交際は、今回登場した「占い師」が明らかにします。


この占い師=杏子(酒井若菜~西沢瑞希@アンダーウェア)が、琴音の恋愛運がアップしていると占ったところ、琴音は嬉しそうに相槌を打ちました。これまでずっと一人で陸を育ててきたけど、経済力と包容力のある男性がいてくれると心強いわ


その言葉にピンと来た雪見が早速相手を尋ねると、琴音はこともなげに武内だと答え、雪見も占ってもらうよう勧めました。最初は断ったものの、ついつい占ってもらったところ、杏子は、雪見が追いつめられていると指摘します。でも大丈夫、頼れる人が現れます。その人はもう近くにいるかもしれません


雪見はその言葉が池本を指していると思ったようです。池本は、雪見が武内に対して冷たい態度を取ったから、武内に追い出されたのだと断言し、これで武内を訴えると息巻きました。池本は、的場一家殺害に関しては無罪が宣告されてしまったから、一事不再理が適用されてもう二度と武内を裁けない。武内を罰するためには、新たな犯罪が必要だと言うのです。


雪見がその迫力にいささか押され気味だったところに、勲から電話がかかってきます。体面を気にする勲としては、いつまでも嫁が家を離れているのは体裁が悪かったのでしょう。自分が間に入って話をつける、すぐに戻れるようにすると約束してくれます。


ところであの男(池本)は接触してきてないだろうね?もう二度と会ってはいけないよ


勲は池本を胡散臭い人間だと断定し、雪見にこう忠告しました。それでなくてもひとりになって気が弱っていた雪見は、もっと詳しく聞かせてほしいと食い下がる池本を断り、逃げるようにその場を立ち去ります。すると池本は、何者かに電話をし、そっちでも動いてくれ、と命じました


も~この辺はまたしても、あーやはり怪しいのはこの池本で、武内は被害者だったりするんでない池本の方が怪しく見える(;´・ω・)?などと思わされてしまいましたよね。おばさんだけでございましょうか


その後勲は、その言葉通り、俊郎と尋恵を説得しようと試みます。このまままどかから母親を奪ってもいいのか?もう一度よく話し合ってみたらどうだ


勲はこうして布石を打ったつもりで雪見に会いに出かけますが、そこで「家族なのだから、互いに非を認め合って謝罪すれば分かりあえる」と言ったために、雪見からひどく反発されてしまいます。私は何も悪いことはしていません!!どうして謝らなければならないんですかっ!!


でも~確かに「罪」は犯してないけど、隠し事はしてましたよね。たとえ事情はあったとしても、その「秘密」のせいで敵に付け込まれたのは事実なのだから、そこを区別すればいいのに雪見も頑固でイラッとさせられる(;´・ω・)、とつい思わずにいられません。あそこで逆切れすればするほど、反感を買うのが分からんかな。娘のまどかに対しても、虐待はしてなくてもヒステリーは起こしてましたし


その上雪見は勲の弱点まで鋭く指摘してしまいます。なぜ武内を無罪にしたのか、本当は有罪だったのではないか、だから距離を置こうとしていたのではないのかっ!!判決は間違っていたのでは!


決して雪見を悪く言うつもりは無いんですが、雪見が誤解される理由が分かりますよね~。あんな風に相手の感情を逆なでしたら、反感を買うだけなのに、と、ヤキモキさせられちまいます。


本人もそう思ったのかまたしても雪見が落ち込んでいると、杏子が励ましてくれました。あなたが気づいてないだけで、力になってくれる人はいるはずです!


そこに池本が、地蔵を注文した人間は武内だったと突き止めてきたため、雪見はすっかりその気になって、池本を連れて梶間家に乗り込んできました


が、そこで雪見は武内を呼び捨てにし、ふたりで武内をあしざまに罵ったため、俊郎は、これでは欠席裁判だから武内を呼ぼうと言い出します。


すると武内は、見事に反論してきました。武内は(一見)素直そうに自分の罪をまず認めます:


僕も確かに悪かった、雪見さんから嫁や母親の立場を奪い、ストレスを与えてしまったため、母親が情緒不安定になったことが原因でまどかちゃんが眠れなくなったに違いない。


この辺は敵ながらあっぱれと言わざるを得ません。そうそう、そう言えば反感を買わずに済むのに~と、思わず悪魔の肩を持ちそうになっちまいます


日記の件に関しても、盗んでなどいないという武内を、池本は証拠はあるのか、と問い詰めますが、これもまた武内は、やっていないのにどうして証拠を見せる必要がある?人を犯人呼ばわりする方が証拠を見つけるべきだろうと言い返します。これまた実に正論です


その上武内は、きっと、こんな日が来ることを予想していたらしく、地蔵を注文した際、その電話番号欄に池本の番号を書いてきたようなのです(これは後からでも工作できそうですが)。武内が手に入れたという発注書に書いてあった電話番号に掛けたところ、池本の携帯が振動し始めました。ここではめられた!と思ってももう後の祭りでござりまする武内の勝利です


また池本は、以前からずっと嫌がらせを続けていたそうですが、梶間家の隣に引っ越した後も、被害者の名をかたって、俺を殺したのはお前だと言う怪文書を送りつけてきたそうです。気持ちは分からんでもないですが、こうして逆に利用されてしまうのが哀しいですね。


しかも武内は思わぬ言いがかりをつけてきます。何でも池本の母は多額の遺産を残して亡くなったそうなのですが、ちょうどその時的場一家殺人事件が起きて妹が死んだため、池本はその遺産をすべて相続したのだそうです。その際、池本には「アリバイ」があったそうですが、武内はそれも妻と共謀しての偽装工作だったに違いない、と決めつけます


そして、その妻というのが、前述した占い師の杏子でした。もちろん、占い師というのも嘘でしょうね。池本は、なかなか雪見が自分を信じてくれないので、切羽詰まって杏子を使ったのでしょうが、これもまた武内に利用されてしまいました。武内は琴音に頼んで杏子を連れてきてもらったようです。


占いなんて嘘だったのねっ!雪見を騙すために私を利用したのね!?火の粉は琴音まで巻き込みます


いやいや、もはや琴音までが武内の忠実な兵隊と化してしまっています


こうしてついに雪見も騙されてしまいました。雪見は土下座して武内に謝り、武内は「家族」だから許し合って当然だと微笑みます


その武内がその後自宅で、またしても母親へのビデオレターを録画していた時、近くのまな板には、血のように赤い何かと包丁が置いてありました。武内は母親に、僕は堂々と戦って勝利を得た!と息巻きますが、その戦利品こそが、その真っ赤な物体だったようですあれはレバーか!?


一方で、杏子が池本が失踪したと警察に電話をしています。しかも予告では、武内がいかにも重たそうなトランクをどこかに持っていく姿が映し出されています!?kaeru1


つまり、あの赤い物体は、池本の血液、もっと言うなら、臓器ではなかったのでしょうか?!


いやいや、実に怖い話でござるね。まるでアリ地獄のようです


ここまで用意周到な武内の犯罪は、果たして暴かれるのでしょうか?それを最初に暴くのは誰なのでしょうか??


まさかとは思いますが、これが最後の最後まで誰も気づかず、「こうして誰もいなくなったにはなりませんよね~郊外とは言え住宅地ですし


火の粉は早く続きが見たいでござるね~



ひゃ~読みたい~!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は火の粉のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング