このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想、登場人物一覧

ピノキオ(全20話)

  • 分類: 韓国ドラマ
  • 制作: 韓国SBS
  • 演出: チョ・スウォン(「カプトンイ 真実を追う者たち」「ワンダフルライフ」「君の声が聞こえる」ほか)
  • 脚本: パク・ヘリョン(「君の声が聞こえる」ほか)
  • 出演: イ・ジョンソク、パク・シネ、キム・ヨングァン、ユン・ギュンサン、他
  • お気に入り度: 四つ星3
  • お勧めキャラ: ジェミョン(ユン・ギュンサン)&ユレ(イ・ユビ)
  • 放送局: BSTBS
  • 公式サイト: ピノキオ
  • 放送日: 2016年4月4日~
  • DVD/CD: ピノキオ DVD-BOX1ピノキオ DVD-BOX2

ピノキオ】というタイトル、そして主演が若者ということで、てっきり恋愛ものと思い込んでしまいましたが、いざ蓋を開けてみたら、メインテーマは「深刻な社会問題」であり、そこに若者たちの爽やかなラブストーリーが織り込んであるという作品でした


個人的にはどちらの要素も気に入りましたが、番宣では、どこにも&まったく社会派要素については触れられていなかったため、もしかしたら視聴者を選んでしまったのではないか、と心配さえしたほどです。


逆に言うと、若者たちの恋愛話を目当てにご覧になった方にとっては、この深刻な内容を楽しめなかったのではなかったのかとまで思ってしまいました


つまり、恋バナを前面に打ち出したことで結局はどっちつかずの番宣となったのではないでしょうかね~とは余計なお世話ですが。若者目当ての視聴者は出演者だけで飛びつくはずなので、いっそのこと「深刻な社会問題を扱った骨太ドラマ」とだけ宣伝すればよかったのに


第一印象だけで避けられてしまうとしたら、実にもったいない話ですよね。個人的には、その社会派要素の面で、あともうひと押し徹底追及しても良かったな、とも思いますが


と、おばさんの愚痴はこれぐらいにしておきまする。とにもかくにも本当に良いドラマだったので、ぜひぜひお勧めしたいです


ネタバレOKの方には以下、あっさりネタバレも付記しておきます。


▼ピノキオのネタバレ(クリックしてご覧ください)▲

-目次-




【ピノキオ あらすじと感想】


韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと登場人物 第1話 なかなか面白くなりそうです


第2話 みにくいあひるの子


第3話 雪の女王


第4話 ロミオとジュリエット


第5話 王様の耳はロバの耳


第6話 15少年漂流記


第7話 井の中の蛙


第8話 運のいい日


第9話 ハーメルンの笛吹男


第10話 オオカミ少年


第11話 夏の夜の夢


第12話 魔笛


第13話 クリスマスの贈り物


第14話 ヘンゼルとグレーテル


第15話 ドン・キホーテ


第16話 裸の王様


第17話 スカーレット・レター


第18話 赤い靴


第19話 北風と太陽


韓国ドラマ・ピノキオ 最終回 あらすじと感想 ピーター・パン


▲あらすじトップに戻る



【ピノキオ 登場人物とキャスト】


チェ・ダルポ/キ・ハミョン(イ・ジョンソク~ナムスン@ゆれながら咲く花/子役ナム・ダルム~ヒョンソク子役@おバカちゃん注意報):
このドラマの主人公。一度見たものは忘れないという優れた記憶力の持ち主


キ・ホサン(チョン・インギ~ホン・グギョン@風の絵師):
ハミョンの父で消防隊長


?(チャン・ヨンナム~チョン尚宮@チャン・オクチョン):
ハミョンの母


キ・ジェミョン(ユン・ギュンサン):
ハミョンの兄


チェ・イナ(パク・シネ):
ピノキオ。祖父のゴンピルがハミョンを救って養子にしたため、ハミョン=タルポの姪となる


チェ・ゴンピル(ピョン・ヒボン~ハラボジ@ソル薬局の息子たち):
ヒャンリ島に住むイナの祖父。ハミョンを助け、亡き息子=タルポとして養子縁組をする


チェ・ダルピョン(シン・ジョングン~チ局長@シティーホール):
イナの父でソン・チャオクの元夫。認知症の父と住むため島に移り住むが、そこで年下の兄を受け入れるはめになる


<YGN報道局>


ファン・ギョドン(イ・ピルモ~イヌ@ヨメ全盛時代):
キャップ


イ・ヨンタク(カン・シニル~ファン班長@チェイサー):
報道局長


チョ・ウォング(チョ・ドクヒョン):
社会部部長


チャン・ヒョンギュ(ミン・ソンウク~オ・ヨンミン@スリーデイズ):
記者。通称「いちゃもん」。常にカチューシャを手放さない


イム・ジェファン(チュ・スヒョン):
カメラ記者


ユン・ユレ(イ・ユビ):
タルポの同期


チャ・ウチョル(テ・ハンホ~マンス@伝説の魔女
タルポの同期


<MRC報道局>


ソ・ボムジョ(キム・ヨングァン):
イナの同期


ソン・チャオク(チン・ギョン):
イナの母。部長


キム・ゴンジュ(キム・グァンギュ~ラムセス@女の香り):
キャップ


イ・イルジュ(キム・ヨンフン~イ弁@おバカちゃん注意報):
イナの先輩記者


ヨン・ドゥヨン(イム・ビョンギ):
局長


イ・ジュホ(ユン・ソヒョン~キム・ドン@済衆院):
カメラ記者


<チャンポ高校>


アン・チャンス(イ・ジュスン):
タルポとイナの同級生


ジヒ(イム・ドユン~ヨンスク@私はチャン・ボリ!


タルポたちの担任(ウ・ヒョン~イ・バンジ@根の深い木


校長(チャン・グァン~イ・グィ@華政


<他>


パク・ロサ(キム・ヘスク~ジョンオク@白い嘘):
ボムジョの母。ボムジョデパートの会長


チョン・ギボン(パク・スヨン):
漢江警察の班長。ユレがお気に入り


イナの妄想に登場する被告人(ヨム・ビョンス@奇皇后


ヘソン(イ・ボヨン):
タルポの車のカーナビ。「「ピノキオ」イ・ボヨン、カーナビ役として声のみの特別出演“ヘソンナビです”」参照


▲登場人物トップに戻る



▲目次に戻る

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は韓国ドラマ・ピノキオのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓国ドラマ・ピノキオ 最終回 あらすじと感想 ピーター・パン

韓国ドラマ・ピノキオのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想、登場人物一覧


イ・ジョンソクさん主演の韓国ドラマ、【ピノキオ】はついに昨日が最終回でした。副題は「ピーター・パン」で、これは「いつまでも夢と理想を失わないみずみずしさ」を表していると解釈してよろしいでしょうか。


内容は期待通りの勧善懲悪に終わってくれて大満足のおばさんでした。何度も繰り返して恐縮ですが、どっしりとした社会派要素をメインに据えて、あちこちにコメディやロマンスがちりばめられているという本当にバランスの良いドラマでしたね。機会があれば是非ノーカット版を視聴してみたいです


以下、ネタバレのあらすじですピノキオのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ようやくボムジョと連絡が取れたハミョンは、どうして自首などしたのだと問い詰めました。するとボムジョは、事実を知らせたかったのだと答えました。良いことは良い、悪いことは悪い、僕なりにそう言いたかった。僕も、少しの間だけど、「記者」だったから。


それにしてもどうしてここまで~自分を犠牲にする道を選んだのだとハミョンが重ねて聞くと、ボムジョはハミョンの味方だからだ、これで僕を信じるか、と切り返します。それに対して、ずっと前から信じていた、と答えたハミョンの言葉に泣き笑いしたボムジョの顔が、また実に良い表情でしたボムジョ好きだった~(≧▽≦)


ボムジョが出頭した漢江警察署には記者たちが詰めかけてきます。ハミョンとイナはボムジョに面会を申し込みますが、ボムジョは誰とも、特にハミョンたちには決して会いたくないと断ったそうです。そしてそこにはチャオクとロサも駆けつけてきました。チャオクはロサの末路を見届けるため、ロサはボムジョを助けるためです。


ロサの側近はロサに、ボムジョは無実なのだからすぐに釈放されると口を揃えてロサを思いとどまらせようとしますが、ロサは、可愛い息子をたとえ1分たりとも留置場になど置いておけない、と怒鳴りつけます。それでも決して余計なことは言うなとの忠告は何度も繰り返して肝に銘じていたようです。


「取調べに真摯に応じます。お騒がせして恐縮です


一足早く現場に到着したチャオクもまた、イナとハミョンに同じフレーズを繰り返して忠告しました。会長が口にするフレーズは2つだけ。それ以外の真実、自首しに来たのは自分が犯人だから、を引き出すためには、畳みかけるように質問しなければならない。


その上でチャオクはハミョンに、この機会に聞きたいことがあるだろうからすべて会長に尋ねると良い、と促しました。私もここで一言一句漏らさずに聞いているから。


ハミョンはその時、ジェミョンとの約束を思い出していたそうです。ハミョンの部屋には今、ジェミョンが自首する前に撮影した二人の写真が飾ってありますが、その写真を撮った際、ハミョンはジェミョンに復讐を誓い、チャオクを問い詰めて真実を聞き出す、と約束したのだそうです。


が、ジェミョンはハミョンに、もしインタビューすることになっても、俺たちが聞きたいことは聞くな、と諭したそうです。お前は記者なのだから、私怨で動くようなことがあってはならない、それではソン・チャオクと同類になってしまう、と語ったそうです


パク・ロサの到着を待って近づいたハミョンは、こみ上げてくる怒りを抑えながら、こう尋ねました。


息子さんに罪は無いのですか?


それまではオームのように同じ言葉を繰り返していたロサでしたが、ついついこの質問に反応してしまいます。はい、息子は無実です!


無実の息子さんが犯罪者扱いされたことをどう思いますか?


心の中では、自分の父も同じように扱われた、と糾弾したいところをぐっとこらえています。しばし呆然としていたロサはついに断固たる表情で反論し始めました。間違っていると思いますパク・ロサが真相を語り始めた!


間違いは正すべきだと思いますか? はい、もちろんです


ロサは、横で慌ててロサを注意していたチーム長にもブチ切れてしまいます。何がお騒がせだっていうのよっ!私が誰に迷惑をかけたっていうのっ!!怖い怖い(;´Д`)


息子さんが無実なら、なぜ自首したのですか?と切り込んできたハミョンに続き、イナもマイクを差し出しました。息子さんは「あなたと一緒に責任を取る」と言いましたがその意味は?共犯ですかっ!?


他の記者もこぞって質問をぶつけてきたその時、とうとうロサが白状しました。息子はとても優しい子だから私を守るために罪をかぶって刑務所に入ろうとしているだけよ!


これにはイナが黙っていません。これは自白ですか?殺人を教唆したのですか!?大企業だからと言って報道に介入するのは違法では?政界の関与はあるのですか!??真実を言ってください!!


次々と浴びせかけられる質問に、ようやく我に返ってももう時すでに遅しでござるね。ロサは黙ってハミョンを睨みつけながら署内に入っていきました


こうして自ら「真の記者のあるべき姿を見せつけたハミョンは、これで復讐は終わったとばかりに、チャンスに電話をして訴えを取り下げるよう頼みました。謝罪は受けたのか?と尋ねたチャンスには、ああ受け取ったと答えます


そんなハミョンの姿をチャオクが感慨深そうに見つめています。チャオクが途中で横道にそれた「王道」を今、ハミョンやイナが堂々と歩んでいるのですから、先輩として嬉しくないはずはありません


その後もYGNでは、パク・ロサ徹底追及の構えを崩しませんでした。ここがね~大いに笑ったのですけど、ギョドンが自分を好きだと思い込んだユレは(おばさんもそう思った)、公私混同し、会議でとんでもない提案をしてしまいます。殺人教唆の容疑者の服装の価格に焦点を当てるなどという安っぽいワイドショーネタを披露したら、報道局で怒鳴られるのは当然です


ギョドンにこっぴどく叱られたユレがすっかりふてくされたのが笑えましたね~ユレサイコー!( *´艸`)。ファン・ギョドンめっ!好きじゃないなら思わせぶりをするなっ大トラになって暴れるユレが可笑しかった(^◇^)!!(そーだそーだ!そーだそーだ、おじさんのくせに!若い子に思わせぶりをするな!


こうしてユレは「いちゃもん」への道をまっしぐら~に進んでいくのでありました。それにしてもギョドン、チャンスの家でのユレへのがん見はいったい何だったのでしょうか? ちなみに、初代いちゃもんのヒョンギュは、カメラ記者のイム・ジェファン(チュ・スヒョン)とめでたく結婚したそうです。


一方、心配していたボムジョはすぐに釈放されたようです。つまりはロサが真実を話したということですね


これでボムジョに借りができたハミョンはボムジョに頼まれて、30分だけイナを貸すことにしました。ボムジョはイナを、昔イナがバイトをしていたコンビニに連れていき、なぜあの時イナに誕生日のプレゼントを渡せなかったのかといまだに後悔していたと打ち明けます。


「誕生日おめでとう。ずっと会いたかった。会えてよかったよ、イナ


ボムジョはそう言ってプレゼントを渡しました。あの日イナは、チャオクが自分を訪ねてきたのは誕生日を祝うためだと思っていたのに、そうではなかったことを寂しく思っていたのですよね。その時にボムジョがプレゼントを渡したとしても、イナのハミョンへの気持ちは変わらなかったことでしょうが、ボムジョはあくまでも、あの時のイナを慰めたかったのでしょう。


ボムジョは今でもその気持ちは変わらないと言い、イナをハグして、これでもう心残りは無いと微笑みました。あ~ボムジョ、本当に良い子だった


またチャオクは、訴えを取り下げられても辞職の意志は変わらず、すがるように後を追ってきたヨン局長に、警察ではほとんどすべてを語ったが、局長がパク・ロサから株をもらったことを言うのを忘れたから通報しなくちゃ、とのたまいました。怒った局長が、余計なことを言うな!と怒鳴ると、あんたこそ黙って、と言い返します。これまた実に痛快でしたね


一方、ハミョンとイナは二人の交際をゴンピルに認めてもらおうとしますが、ゴンピルの意志もまた固かったようです。ハミョンは、ゴンピルがいなかったらイナに会うことは無かったし、今こうしていられるのもゴンピルが育ててくれたからだと言って、叔父と姪として生きていくことにしたようです


が、その後年が明けて、ゴンピルは、ハミョンがたまたま家に忘れた財布の中から、以前チャンスの家で撮影したイナとハミョンの写真を見つけました。そう、チャンスの末っ子の赤ん坊を抱いて3人で写したあの写真です


どう見ても3人の親子にしか見えないその写真を見たゴンピルは、これまであり得ないと思っていたけど十分にあり得ることだと頷いて、ついに、ハミョンの養子縁組を解くことを決意しました


ちょうどパク・ロサの件で裁判所に来ていたハミョンがゴンピルの姿を見つけてその理由を尋ねると、ゴンピルは、養子縁組を解消しに来た、これからは自分の本当の名前で生きろと微笑みます


息子だと嘘をつくのはもう止める。すまなかった。お前が可愛くて手放したくなかったんだ。チェ・ダルポという名はもう捨てていいんだぞ。イナを大事にしてくれ。今まで息子として生きてくれてありがとう。本当にありがとう、ハミョン。


ようやくハミョンと呼びかけてくれたゴンピルに、ハミョンは「育ててくれてありがとう、アボジ」と答えました。


そのゴンピルが傍らで見守る中、一段と凛々しくなったハミョンが、最高裁判所の決定をリポートします。


いやいや養子縁組無効の申し立ては最高裁じゃなくて「家裁」でしょ、と突っ込みたい気持ちはぐっと抑えて続けますると、ハミョンは、殺人教唆と贈賄の疑いで起訴されたボムジョグループのパク・ロサ前会長は、懲役3年の実刑が確定しました、と伝えました


執行猶予がつかないことに文句を言いながら引っ立てられるパク・ロサの姿も痛快でしたが、ハミョンたちの無念を思えば、まだまだ軽すぎるほどですよね


そのボムジョグループは1年ぶりに債権団の管理下を離れて、新体制の下経営の正常化を目指すそうです。またロサと癒着のあった議員はすべて議員バッジをはく奪され、それぞれが刑に服したそうです


入社して1年が過ぎてすっかり貫禄がついたイナは「記者賞」までもらったそうです。


イナは、MSCの面接を受けに来た生意気な女の子に、ピノキオは所詮広告塔だからその受賞も宣伝だ、と陰口を叩かれて腹を立て、入社は確かに宣伝用だったが、受賞もそうだという根拠はどこにある?と問い詰めました。容姿を褒められて開き直るところやこの反撃ぶりは、今やチャオクにそっくりですね


皆がそう言っていたからと答えたその子には、ゴンジュが即刻退席するよう命じました。噂を検証もせずに口にするような人間は記者には向かない。チェ・イナは少なくてもデマは言わない


その面接会場にはボムジョも姿を見せていました。ボムジョがもう一度記者になる決意をしてくれたのは本当にうれしかった~


最後は、ハミョンとイナが結婚式に向けて婚礼衣装を試着していたシーンで幕を閉じます。若い二人のまぶしい姿に目を細めるゴンピルとタルピョンの笑顔が印象的でした試着室にあるものを全部着ろ!。イナはハミョンに、その昔クイズ番組に出場した理由を尋ね、ハミョンはお前が好きだからだと答えてキスをしますピノキオはハッピーエンド♪


おそらく~山のようにカットされているような気がしますが、それはそれでまたご縁があれば知る機会にも恵まれることでしょう


ピノキオ」というタイトルからして若者向けの恋愛ドラマだと思い込んでパスしないで本当に良かった、と改めて痛感した次第です。本当に面白かった社会派ドラマがお好きな方にも是非お勧めしたいです。そのうち、あらすじリストも作成する予定でござる。


また最後になりましたが、毎回足をお運びくださいました皆様にも深く感謝申し上げます


今後の予定といたしましては、次のドラマはお休みして、BSジャパンで5月13日スタートの「ドクター異邦人」やBSフジの「華政」(5/26スタート)を見るつもりです。また是非面白いドラマをご一緒できますように願っております。最後までお付き合いくださいましてありがとうございました


ピノキオ DVD-BOX1ピノキオ DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は韓国ドラマ・ピノキオのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想 第19話 北風と太陽

韓国ドラマ・ピノキオのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想、登場人物一覧


イ・ジョンソクさん主演の韓国ドラマ、【ピノキオ】の第19話は「北風と太陽」です。途中までは、このエピソードこそ「裸の王様」じゃない?などと思って見ていましたが、最後は、これこそ「北風と太陽」だと胸が熱くなってしまいました。以下ネタバレのあらすじですピノキオのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


いよいよチャオクとロサの戦いが始まりました。チャオクは警察で、14年前のキ・ホサン報道からずっと世論捜査をしてきた、すべては上層部とパク・ロサ会長の指示によるものだったと明かしたそうです


MSCでYGNの報道を見ていたイルチュは、全てを暴露するなど信じられない!と非難しますが、ゴンジュは暴露ではなく良心に従っているだけだと訂正しました。14年前にチャオクとともにジェミョンのインタビューに立ち会ったカメラマンのジュホも昔のチャオクを見ているようだと嬉しそうでしたね


イルチュはそれでも懲りずに、これはYGNのMSCへの宣戦布告だ、と息巻きますが、ゴンジュは宣戦布告ではなく忠告だ、いい加減に目を覚ませと言う忠告だと否定します。MSCにも、例外はあるけど、ちゃんと良心があったということですね


もちろんロサは早速手を打ってきますが、チャオクもだてに14年間言いなりになっていた訳ではないようで、対ロサ対策の見事なことったらありませんでしたね。しかもここにゴンジュも加わってくれます


: 会長は法務チームを呼んで作戦を練るはずよ。
: おそらくは出頭に応じない作戦に出るはずだ!


以前ゴンジュが、イナに「大きな目でじっと見つめられた」のにその信頼を裏切ってしまったと嘆いていたことを思い出して、ここはニンマリしてしまいました。ようやく心置きなく記者としての使命が果たせてよかったですね


ふたりの指摘通り、ロサの法務チーム長は、ロサが日本に出張中だと返答する、署長は自分の元部下なので大丈夫だ、と請け負っています。ご心配なく、どうぞゆっくりお休みください


一方チャオクはイナに、こういう時ロサはチョンジョンニの別荘に行くはずだと教えたそうです。以前も警察に疑われた際そこでほとぼりが冷めるまで姿を隠していたのだそうです。


この情報の出所がチャオクだとハミョンから聞いたギョドンは、チャオクが徹底抗戦の構えだと知り、早速ウチョルをチョンジョンニに派遣しました


ロサが優雅に大きな白い犬を散歩させている姿を捉えた映像とともに、ウチョルがこう報道します。海外出張を理由に警察への出頭を断った会長が、国内に潜伏していることが分かりました! 警察は再度出頭を要請し、それでも応じない場合は「逮捕令状」を取る予定です!!早く逮捕しなさい!


チーム長から報告を受けたロサが、さんざん嫌みを言いながら議員に電話をしてチーム長を脅しましたが、今回ばかりはチーム長の力も及ばないようで、形だけで穏便に済ませるから、と頼まれては、さすがのロサも断ることができません


: もし出頭が決まっても、目立たない休日の早朝になるはずよ
: 大物は正門から入ったりはしない。地下駐車場に張り付け!


先輩たちの助言に従って行動したハミョンたちは、ロサへの突撃インタビューに成功しました。もちろん、何も答えてはもらえませんでしたが、不機嫌そうな顔をカメラでとらえただけでも大成功です


これに対してロサの反撃は、第三者に世間の関心をそらすことでした。MSCでは早速若いスターの麻酔薬不正使用を取り上げます。このスターのファンだったらしいユレの怒りようったらありませんでしたね。オッパ!私が必ず守ってみせるわ!!


~余談ですが、その昔、原発再稼働に反対したわが県の元知事が陰謀(国策?)ではめられたという話を思い出しました。彼が知事を続けてさえいれば原発事故は起きずに済んだ、と思い出すだに悔しさがこみ上げてきます


このユレの願いが通じ、若手スターの無実が証明されました。麻薬は正当な治療のために使われた物だということが明らかになったのです。YGN(ユレ)の素早い報道により、世間の関心をそらすことは失敗に終わります


するとチーム長は、チャンスと和解して訴えを取り下げてもらえばよいと言いだしました。大金を積めば必ず譲歩するはずだというのです。本当にチャンスは大丈夫なのかというチャオクの問いに、ハイと答えながらしゃっくりをするイナがまた可笑しかったですね。そうそう、確かに昔のチャンスなら裏切りそうです


でもチャンスはどんなに大金を積まれても、心は大いにゆれましたが、決して訴えを取り下げませんでした。チャンスは、

何もいらないから容疑を認めて謝罪しろ

と言ったそうです。それもこれも、ハミョンがチャンスを信じてこの役目を任せてくれたから~お前にしかできない~だというのには泣けましたね。俺はあんなに嫌な奴だったのに


どうやらかなりの大イベントらしい「着工式」を前に追いつめられたロサは、再びMSCに圧力をかけてきました。チャオクはついに懲罰委員会にかけられることになったそうです。この理由が「不正な世論操作」ではなく「不正を暴露」したことだというのにはまったく呆れてしまいますね


長い間ずっと不眠症に悩んでいたというチャオクが、椅子に座って目を閉じていたのを見たイナが気遣うシーンもまた印象的でした。チャオクはイナの手を握って、少しだけ日よけ代わりに側に立っていてほしいと口にします。イナもまた黙って横に佇んでいました


その後ついに天使が舞い降りてきますボムジョがやってくれました!( `ー´)ノ。ボムジョがロサの罪をかぶり、記者の襲撃事件は自分が指示したものだと警察に自首してきたのです


ボムジョはその前に襲撃犯、チョ・デグクに面会し、後のことは約束通りにするから心配しなくていい、と声をかけています。誰が聞いてもボムジョが黒幕だと疑うよう根回しをしたのです。


ボムジョは自首する前にイナに会って母への伝言を頼み、その伝言は、ロサがこの事実を知って慌てて着工式の場を抜け出そうとした時、イナの口から語られました


これまで僕が享受してきたもの、そして今後も享受するだろうものに対して、僕も母さんと一緒に責任を取る


パク・ロサは本当に酷い人間だけど、息子の育て方だけは間違っていなかったようです。さすがのロサも、こんな天使のような息子に罪を着せられるはずがありません。必ずやボムジョを救うため、自ら出頭するはずです。まさに「北風と太陽」でござりまする


それ以外では、ユレとギョドンの恋バナが楽しかったですね~。以前から怪しいな~と羨ましく思って見てましたが、前回の襲撃事件の際、床に落ちていた血を見てすぐにギョドンがユレを心配したことで決定的になりました。今回ユレが気づいたのは、チャンスの家で撮った写真に写っていたギョドンがいつもユレを見つめているとウチョルが指摘したからです


ユレからチャンスの(3年前の)引っ越し祝いに誘われたのに手ぶらで行っちゃう実はケチなギョドンは、はたして「いちゃもん2世」のお眼鏡にかなうのでしょうか?見た目は好みのようでしたけど


4月に入ってからず~っと毎日楽しんできたピノキオもいよいよ本日が最終回です!ピノキオもいよいよ最終回!


ピノキオ DVD-BOX1ピノキオ DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は韓国ドラマ・ピノキオのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想 第18話 赤い靴

韓国ドラマ・ピノキオのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想、登場人物一覧


イ・ジョンソクさん主演の韓国ドラマ、【ピノキオ】の第18話は「赤い靴」です


これまた恐ろしい譬えを持ってきましたね~。赤い靴というと童謡を思い浮かべる方も多いでしょうが、おそらくここは「童話」の方でございましょう。


う~んと簡単に言うと、赤い靴を手に入れた少女がことごとく倫理を無視したために「死ぬまで踊り続ける」という呪いを掛けられ、挙句、両足を斬り落とさざるを得なくなった、という話でござる。が、その結果心を入れ替えた少女は最後には天国に召されます。以下ネタバレのあらすじですピノキオのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


その赤い靴を履いた少女こそチャオクだったのでしょう。チャオクはついに良心に目覚め、自ら足を差し出します


MSCに戻ったイナは、真実を隠蔽するためではなく、明らかにするために戻ったのだと豪語し、14年前の真実を報道すると宣言しました。チャオクは秘かにゴンジュに命じてイナとともに調査を進めるよう命じます。リポートは私が担当するわ。ヨン局長には知られないように。


が、これをイルチュが嗅ぎ付けて、局長に報告してしまいます。あ~やっぱりコイツはイ弁@おバカちゃん注意報悪人でございましたね。こういう卑怯者は徹底して苛めないと気がすみませんイルチュ、許さん( `ー´)ノ


ヨン局長は早速パク・ロサに連絡して対策を練りました。チャオクとギョドンはすぐに降格され現場から外されてしまいます。罪を償うために足を斬られるならともかく、悪魔に自由を奪われるなんて!あ~イライラするっ!!( `ー´)ノ


一方のハミョンは、万が一チャオクの協力を得られなくても他に当てができたと余裕です。それがボムジュだったのには大喜びでした。やはりボムジュは、前回のチャオクとロサの会話のみならず、MSCに退職のための電話をした後の自分とロサの会話も全て録音していたのです


ボムジュは、記者を辞めることで真実を暴くとハミョンに申し出たそうですが、その心中は複雑そうです。ロサは、ボムジョにとっては本当に優しい母親だったそうなのです。それが悪魔の一面を持っていたなどと信じたくない気持ちは分かりますよね。


が、この悪魔=ロサは既にボムジョの裏切りに気づいていました。ロサはチャオクが裏切ったことを受けて、3人の口を封じようと暴漢を送りこんできます。以前ハミョンが真実を明らかにしたバス会社の社長の息子=チョ・デグク(イ・スンホ)を唆して、3人を襲わせたのです。まったく何という卑劣な人間でしょうか!パク・ロサ許せんっ!!(`・ω・´)


これが母の仕業だと察したボムジョには、ボムジョが自分を裏切ろうとしていることも知っていると告げ、もうすべてを忘れて昔のように優しく純粋なボムジョでいてほしいとのたまいます。汚れ役は私が引き受けるから


ボムジョが純粋であればあるほど、母の罪が許せないということが、どうしてロサには分からんのでしょうかボムジョが可哀想じゃないかっ!


が、チャオクも黙ってはいませんでした。なんとチャオクはチャンスに自分を名誉棄損で訴えさせるようイナに命じたのです。そうすればチャオクは警察ですべてを暴露すると約束します


世論捜査が始まっても決して負けずにきちんと伝えるのよ。会長はあらゆる手段を使って逃れようとするはず。出頭から捜査、起訴、裁判に至るまであなたたちがしっかり監視して!


チャオクの言葉に、イナは不安を隠せません。でもそんなことをしたら母さんも道連れになってしまうわ!


が、チャオクはちょっと微笑みながら、もう疲れたからよいのだと答えました。そして泣きじゃくるイナの頬の涙をぬぐい、泣いていたら安心して任せられないから、もう泣かないで、と諭しますチャオクがようやく母親になった♪


警察に出頭したチャオクが、新人記者が群がってきた際、今の心境は?などとありきたりの質問にダメだししたシーンも良かったですね。私が戻ってくるまでもう少しましな質問を考えなさい、の言葉には、さすがのユレも感心していたようです。そうそう、ユレはその切れの良いツッコミのため、ヒョンギュから「いちゃもん」の称号を譲られていました


ようやく「記者」とは何かが分かってきたというハミョンにも、チャオクは(今度こそ)噛みついてみて、と促します。そのチャオクの姿はいまやどこから見ても頼もしい「先輩」です


もちろんロサも負けてはいません。早速ヨン局長を呼び出していたようです


チャオクに続きロサも~ボムジョのおかげで~赤い靴を履き続けた足を諦めることができるでしょうか?


それ以外では、暴漢に襲われたことでハミョンが腕の腱を切ったことから、ハミョンはゴンピルの家に泊まることになりました。そこで久しぶりに皆で食事をとったシーンも楽しかったし、翌日、イナがハミョンの髭剃りをしていたところを、タルピョンがドキドキしながら盗み見してタルピョン好きだ~( *´艸`)、結局はイナの嬉しそうな顔に負けて何も言えなかったピノキオはサイコーに面白い(^◇^)のにも大笑いでした


タルピョンは意を決してゴンピルにふたりが交際する可能性を打診します。イナとハミョンが付きあう夢を見たと語ると、ゴンピルは即、怒り始めました。タルポはわしの息子、イナはお前の娘だ、そんなことがあってたまるかっ!!そんな不埒なことは許さん( `ー´)ノ


タルピョンはこれで諦めてしまったようですが、優しいゴンピルならいつかはきっと許してくれるとおばさんは信じて疑いませんハミョン頑張れ~♪。だってゴンピルは誰よりもタルポの幸せを願ってくれているのですもの求むふたりのハッピーエンド(^◇^)


韓国ドラマ・ピノキオは本当に見どころ一杯でちいとも目が離せませんね。今日の放送も今からとっても待ち遠しいです


ピノキオ DVD-BOX1ピノキオ DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は韓国ドラマ・ピノキオのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想 第17話 スカーレット・レター

韓国ドラマ・ピノキオのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想、登場人物一覧


イ・ジョンソクさん主演の韓国ドラマ、【ピノキオ】の第17話は「スカーレット・レター」です。言わずと知れた「緋文字」ですが、ということは、今やり玉にあげられている「罪人」は、これから更生の余地がある、ということですね。以下ネタバレのあらすじですピノキオのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


その「罪人」を母に持ったふたり、イナとボムジョは、携帯のメール記録を持ってそれぞれの母親のもとへやってきました。イナはチャオクにすべてを明らかにすると宣言し、ボムジョは、ロサから記者を辞めたら真実を教えると言われて退職することにします。


チャオクが、MSCでは決して報道できないと言うと、イナはYGNに持ち込むと息巻きました。が、ここで実はチャオクもまた過去に、今のイナと同じことをしようとしていたことが明らかになります


チャオクは、当時からロサとベッタリ癒着していたヨン局長にロサを紹介されて情報操作を行ったそうなのですが、そのあまりのあくどさに耐えかねて、YGNのギョドンにすべてを暴露しようとしたことがあったのだとか


が、ここで、それは「内部告発」になる=記者としての将来が潰れると脅されて、泣く泣くこれを諦めたそうです


個人的にはここは大いに疑問でござった内部告発が責められるのはおかしい(`・ω・´)。正しいことを言うのに、正義を断行するのに、内部も外部もありませんよね。真犯人を隠蔽するために、善意の第三者を犯人に仕立てるなんて、立派な犯罪です


おばさんだったら、よくぞやってくれた!と褒め称えるところですが、世間の反応は違うのでしょうか?大分昔の話になって恐縮ですが、あの「チャングムの誓い」で、ヨンノのおじが、いわゆる内部告発を繰り返し、その都度出世してあの地位まで上り詰めたという話を思い出しました。もちろんあれはフィクションで卑怯な例ではありますが、現在における韓国の価値観はどうなのでしょうか。


と余談はさておき、チャオクは同じ理由からイナを止めようとします。黙っていたら正社員になれるのよ。こんなことでその機会を逃してもいいの?


しかもイナはここで、タルピョンがその昔内部告発により会社を辞めたと聞かされます。タルピョンは、上司の不正を告発したため会社に居づらくなって退職し、それをチャオクに責められて離婚に至ったのだそうです


でもですね~、またまたお言葉を返すようですが、

だったら、離婚するな

って話ですよ。自分が貫けなかった正義を、たとえ違う話だとしても夫が貫いて会社を辞めたのだとしたら、正義を貫けず浅ましく会社にしがみついた自分が夫と娘を養いなさい、っていう理屈が成り立ちませんか?ま、フツーは逆ですけどね。ゴンジュが言っていたように、男には養う家庭があるからたとえ正義のためとはいえ冒険ができないけど、女はそれがないから、正義を貫ける、ってねやっぱりチャオクは好きになれんわ(;´・ω・)


あ、ついつい文句が止められません。怒っていると言うより悔しいのです。最初は誰よりも素晴らしい記者になりたいと思っていたに違いない、その才能もあったに違いないのに、なぜチャオクは地位や出世のためにその志を手放して、

1の不正に目をつぶって残り99の不正を弾劾できる記者になればいい

などと詭弁を弄するまでになり下がったのか、と。以前のファクトとインパクトの話を思い出しても、決して99の不正を弾劾しているとは思えません。今のチャオクは体制と世論におもねるだけの三流記者でしかありません


だからイナがキッパリこれをはねつけて、証拠をすべてハミョンに渡した時は心の底から嬉しかった~。それでこそピノキオです。イナはハミョンの顔を見て(会社を辞めることを)悩んでいたことが馬鹿らしい=正義を行うのにためらうことはない、と微笑みました


これもまた、イナが辞めることは無い正直者が馬鹿を見る世の中はもうたくさん( `ー´)ノ!と言いたいですよね。まったくMSCの記者はろくでもない腰抜けばっかりです


帰宅したイナがタルピョンにその旨を告げ、よくやったと褒めてほしいと泣いたシーンがまた辛かった。事情を聞いたタルピョンは、そんなイナを慰めましたが、後にはこうも語っています。内部告発したことは後悔していないが、その後銀行を辞めたことは後悔している。正しいことをしたのだから、もっと堂々と居座ればよかったと


一方、イナから証拠を受け取ったハミョンは、憤懣やるかたない面持ちを隠すことができません。母が死に、父が非難されたのは、すべてチャオクとロサの計略だったと知ったのですから当然です。それが無ければ、ジェミョンも罪を犯すことは無かったかもしれないのです。


これは、怒りに震えるハミョンから証拠を渡されたギョドンも同様でした。あまりのことに言葉にならない声をあげたギョドンは、そこにやってきたユレからドリンクを貰って飲み干さずにいられません。チャオクの行動は、ロサともども、記者としてという以前に人間としてあるまじき振る舞いです徹底的にやっつけろっ!(`・ω・´)


ギョドンが早速ハミョンやユレたちに当時の報道を調べさせた矢先、MSCのゴンジュから、イナが退職届を出したと聞かされました。内部告発を理由に懐柔されたくないとの退職理由を聞いたギョドンは、即座に調査を中止させます。イナが会社を辞めたと知っていたか?


~やはり、韓国では内部告発者というレッテルは相当マズいものだと思わずにいられません


これで初めてイナの覚悟を知ったハミョンはいてもたってもいられません。ハミョンは即刻イナのもとに駆けつけて、証拠を返すと言いだしました。内部告発はさせられないと、イナに会社に復帰するよう勧めます。これに悔し涙を流すイナの気持ちが分かりますよね~。あ~やっぱり悔しくてなりません。

ピノキオの17話が悔しかった~っ!(`・ω・´)


ハミョンは他に方法を考えると語り、その言葉通り、携帯とメールの記録を手にチャオクに会いに行きました。ハミョンは全てを知ったが、イナを内部告発者にはできないから、チャオク自身がこれを報道しろと詰め寄ります。チャオクこそ14年前の悲劇の責任を取るべきだというのです。


ハミョンは、14年前、内部告発をしようとしたチャオクなら、きっと報道できると信じたのだそうです


母の代わりに謝罪しようと将来を棒に振ろうとした、どんなに詭弁を弄そうとも騙されず、記者とはこうあるべしと都合の悪い真実を突き付けてくる後輩、この、どこまでもまっすぐなふたりの言葉はまさにボディーブローのようにチャオクを打ちのめしていたようですそうでなければ人間ではありません


これまでの二人の言動を思い出しながら、チャオクはボロボロと泣き出しました。


こんなに人を惨めにさせて!


これまでの自分を惨めに思うだけの良識と良心が残っていて幸いでしたね。イナも会社に戻ったそうで何よりです。


が、もうひとりの悪女はこれっぽちも反省する様子はなさそうです。ボムジョが記者を辞めたことに気を良くしたロサは、チャオクに命じてハミョンを黙らせるためにイナを懐柔しろと命じました。が、ここで一緒にいたボムジョはふたりの会話を録音していたようです


ボムジョがロサに、これまでの悪事で何を得てきたのかと問い詰めた際、ロサが、これまでボムジョが享受してきたもの、そして今後も享受していくものだと言い放った時、ボムジュはきっとそれを放棄するに違いないと確信しましたボムジョは絶対やってくれるはずと信じて疑いません( `ー´)ノ。その予想は決して間違っていないと信じています。


他には~ハミョンの家にあった髪の毛がハミョンの恋人の物だと思い込んでいたのが、イナの物だと聞かされて、怒るどころか喜んでいたタルピョンが可笑しかったですね~。やはりシン・ジョングンさん、いいですね~地味だけど、印象的な役が多いです


楽しんで見てきたピノキオも残すところあと3話となっていよいよカウントダウンです。最後までタップリ楽しませてもらいまする韓国ドラマ、ピノキオが面白いよ~(^◇^)


ピノキオ DVD-BOX1ピノキオ DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は韓国ドラマ・ピノキオのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想 第16話 裸の王様

韓国ドラマ・ピノキオのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ・ピノキオ あらすじと感想、登場人物一覧


イ・ジョンソクさん主演の韓国ドラマ、【ピノキオ】の第16話は「裸の王様」です。


裸の王様は、もう皆様もご存知の通り、仕立て屋に騙された王様が本当は裸でいることに気づかず、皆に持ち上げられていい気になっているという辛辣な批判です。今回のエピソードとはちーとばかしズレているような気もいたしましたが、視聴率を取りたいばかりに、記者の本分を忘れて国民におもねる記者たち、自分は賢いから大丈夫と高をくくっていた、実は愚かなおばさんふたりを指していたのでしょうか


以下ネタバレのあらすじですピノキオのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは気になっていた火災事故の続きですが、車載カメラの映像が発見された以上、あのままどんどん真相追及に進んでいくのかに思われたのが、思わぬ伏兵に邪魔されてしまいました「ソチオリンピック」が間近に迫ったため、各局ともそちらに焦点を当て始めたのです


ギョドンは、事件チームを総動員して取材にあたれと命じますが、報道局長のヨンタクがこれに乗り気じゃないのには驚きましたね。ヨンタクは、既に車載カメラの映像は警察に提出したのだから、捜査は警察に任せればいい、テレビはオリンピックを取材すればよいというのです


1つの誤報を正すには100のニュースが必要です!我々が追い続けなければ、誤報のまま忘れられてしまう!!オリンピックよりこちらの方が大切だ!


ギョドンがいくら声を大にしても聞き入れられません。


YGNでさえこの体たらくですから、MSCは追ってしるべしです。だからチャオクは余裕でハミョンに

「消えかけた火種が再び燃え上がるかしら

などとうそぶいていたのですね。まったく、この女には良心の欠片すらないようですイナが可哀想だと思って黙っていればいい気になりおって!!( `ー´)ノ


ギョドンとヨンタクの言い争いを聞いて義憤に駆られたハミョンは、最近また新たに亡くなったという遺族の葬儀に現れました。そこにはイナもやってきます。


ふたりが記者だと知って、犯人はいったい誰なのか?この怒りをどこにぶつければいいのか、と慟哭する遺族の姿には胸が痛みました。マスコミが無責任な報道をしたために、えん罪被害者ばかりか、愛する人を失った遺族までが振り回されているのです。


この日は偶然、MSCとYGNそれぞれの報道局がともに飲み会を予定していました。同じ店ではあってもそれぞれに一部屋ずつ予約したはずがダブルブッキングだったそうで、同じ部屋で2組の報道局が宴会をしていたところに、ハミョンとイナがやってきます。


ふたりとも葬式帰り=喪服で現れたために宴会なのに湿っぽいと非難されたイナは、毅然として、火災事故の葬儀に行ってきたと答えました。火災事故の被害者の葬儀なのに、マスコミが全く来ていなかったと続けたイナに、イルチュはイナが行ってくれてよかったととりなします


が、イナは硬い表情を崩さずに、本当にそれでいいのか、と切り返しました。遺族に責任の所在を問われても何も答えることができなかったのに!!


チャオクが、過去の事件にとらわれず、国民が見たいものを報道すべきと割って入ると、イナは、既に17人も亡くなっており、火災の責任者も不明なのに、それが「過去のニュース」なのかと反論しました。これは「見るべきニュース」


するとチャオクは、見るべきかどうかの基準はどこにあるのか、視聴者にこちら側の価値観を押し付けるのは記者の仕事ではないと言い放ちます。


笑っちゃうっ!!その言葉、そっくりそのままお返しするわ( `ー´)ノ


とは、隣のグループ、YGNのユレの一言です。以前ユレは、チャオクの講演会でも「至極まっとうな野次」を飛ばしてギョドンの賛同(とウチョルの非難)を得ていたのを思い出します


どうやら昔からチャオクとは確執があるらしいギョドンはここでヨンオクに「見たいニュース」「見るべきニュース」のどちらを選ぶかと尋ねました。


すると、驚くべきことにこのミーハーオヤジは、両方大事だがと前置きした上で「見たいニュース」を見ると答えます。まったくね~よくそれで報道局の局長を務めていられるもんだ恥を知れ!( `ー´)ノ


そこでハミョンは目先を変えてヒョンギュにこんな話を持ちかけます。先輩に良いニュースと悪いニュースがあるがどちらを先に聞きたいですか?


ヒョンギュが良いニュースがイイと答えると、ハミョンは、文化部から女性アイドルのチケットをもらった、と伝え、では悪いニュースはなんだ?と尋ねると、先輩はすい臓がんだと答えました


後者こそ「見るべきニュース」なのではありませんか?


いかにも若者らしい譬えで少し苦しかったけれど、要するに「命」ほど大切な物は無いとハミョンは伝えたかったのでしょう。どんなに楽しいことがあったとしても、命には代えられない。その大切な命について伝えるのが我々報道局の務めなのではないのか、とハミョン、エライぞ!


まったく、いい年こいた、しかも局長が、新人にこんなことを教えてもらうなんて恥を知りなさいっそれでも大人かっ!( `ー´)ノ!!でございましたね。


でもヨンオクの偉いところは、その後自分の非を素直に認めて行動を改めた点でした


ヨンオクは、それまでのオリンピック中心の取材と報道を火災事故の真相追及に切り替えました。またヒョンギュも、ソチに行けると張り切っていたのに心を入れ替え、ハミョンを非難したイルチュが間違っている、ハミョンは正しいと断言しました。なぜならお前はいつも間違っているからだ!!


その後は、そのヒョンギュとハミョンにユレ、そしてウチョルが中心となり、火災事故の真実を報道しました。警察も、彼らに押される形で捜査を急ピッチで進めます。チャンジュ環境の廃油の不法投棄が明らかにされ、その裏にいたキム・ギョンウ議員の収賄も暴かれます。火災事故に遭った工場の近くでは土壌や水質の汚染も見られたそうです


これでようやく無実が証明されたチャンスとジヒが喜ぶ姿には、おもわずもらい泣きしてしまいました


が、問題はこれだけはありません。犯罪の隠蔽に積極的かつ意図的に加担したパク・ロサとチャオクの罪がまだ残っています。これまでも、疑わしいのは分かっていますが、いかんせん確証がなかったところ、その尻尾をつかんだのがボムジョでした。鍵はチャオクの古い携帯電話だったのです


おばさんは以前、チャオクが懸命に携帯を捜していたのを見て、今回ばかりはさすがのチャオクも罪の意識に耐えかねて娘のメールを読みたくなったのか、と思い込んでいましたが、そうではありませんでした。なんとチャオクのあの携帯にこそ、パク・ロサとチャオクの犯罪への関与の証拠が隠されていたのだそうですチャオクとロサが許せんっ!(`・ω・´)


もちろん、メールは全て消されていましたが、ボムジョから話を聞いたイナはボムジョに内緒でこれを復元しに行きます。が、携帯の名義人でないと許可できないと言われたため、仕方なくボムジョを呼びました。イナはボムジョに、自分と同じ辛い思いをさせたくなかったのですが、致し方ありません。


復元の結果、そこにはロサとチャオクの決定的なメールのやり取りが残されていました


誰かに視線を集めたいの。キ・ホサン消防士をネガティヴに取り上げて。家族もね。ピノキオの目撃者も。国民の怒りをできるだけ煽り立てて。


まさに悪魔のような母たちの仕業に涙するボムジョとイナが気の毒でなりませんでした。子どもたちは可哀想だけど、こんな極悪人は絶対に罰してやらねば気がすみませんひとり服役しているジェミョンが可哀想だっ!


それ以外では、靴擦れがひどいイナを家に連れてきて手当てをしたものの、そこにゴンピルとタルピョンが訪ねてきたため、イナは慌ててクローゼットに隠れました。ハミョンは二人の仲を打ち明けようとしたのですが、イナがダメだと断ったのです


イナがクローゼットの中でしゃっくりを始めたのをごまかそうとハミョンは音楽をかけましたが、部屋に長い髪の毛が落ちていたことからタルピョンには気づかれたようでしたね。何とかふたりを帰してホッとしたハミョンがクローゼットを開けると、イナは疲れ切っていたため、中で眠りこけていました。


結局イナは朝までハミョンのベッドで眠り、ふたりは、ちょっとぎこちなく朝食をともにします。ハミョンがここで、ずっと叔父と姪として一緒に暮らしてきたのに今さら恥ずかしくなどないと突っ張っていたのがまた可愛かったですね


イナも、シャワーを浴びた後、ハミョンのために簡単な朝食を整えてくれました。というより、ハミョンが出した朝ごはんがあまりにも質素すぎたので、見ていられなかったようです


個人的には、どうしても社会派要素に目が行きがちで、恋愛要素は二の次になっちまうんですが、でも、このふたりの恋愛は嫌らしくなくて可愛いので邪魔にはならない、むしろ、彼らの潔癖さや清廉さが社会問題を際立たせているのが何より素晴らしいです。ジェミョンがハミョンを誇りに思う訳です


韓国ドラマ・ピノキオは続きもとっても楽しみですピノキオが面白い(^◇^)


ピノキオ DVD-BOX1ピノキオ DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は韓国ドラマ・ピノキオのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング