このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

君を憶えてる
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

君を憶えてる あらすじと感想 第6話 浮かび上がる記憶

チャン・ナラさん&ソ・イングクさん主演の韓国ドラマ、【君を憶えてる】の6話は「浮かび上がる記憶」です。以下ネタバレのあらすじです君を憶え輝のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回もまたかなりたくさんのことが判明しました


まずは前回の事件のおさらいから参りますると、パク・デヨンの母と妹を殺した真犯人=チョ・ヒョクチュは、シン・ジャンホの情報提供者だったようです。俗にいう所の「サツのイヌ」ですわね


ジャンホは、被害者の夫のヨンチョルが誤認逮捕されたことを知りながら、これを黙認したらしいのは、ヒョンの推理通りだったようです。ジャンホ本人は、この事件の後もヒョクチュは役に立ってくれた、ヨンチョルひとりの犠牲など安いものだとうそぶいていました


また、このジャンホは、イ・ジュニョンを起訴した検事でもあるそうです。当時、単純な強盗事件で捕まったジュニョンは、実はそれまでにも無数の殺人を繰り返していたらしい


どうやらジャンホとヒョンの口ぶりだと、当時既に検察(警察)ではジュニョンに目をつけていて、彼を何かの罠にかけて逮捕に踏み切ったようでしたね。その功労者が、どうやらヒョンの父親であるジュンミンのようでした


もしそれが事実なら、ジュンミンは単なるプロファイラーではなく、ジュニョンを陥れて捕まえた仇ということになりますね。あ~だから殺されたのかもしれませんね


ジャンホの話によると、どうやらジュンミンの妻、つまりはヒョンの母親も何者かに殺され、現場を目撃?したらしいヒョンは、ジュンミンから、悪い記憶は消し去るよう命じられて、その通りにしたようです。その現場には「ヒヤシンス」が飾ってあったようです。そこにはもしかしたら弟のミンもいたのかもしれません。


となると~ですよ(以下おばさんの妄想です)。これもジュニョンの仕業だったのかもしれませんね。本来は科学者のはずのジュンミンが、罠を仕掛けてまでジュニョンを捕えようとしたのは、妻の仇を討とうとしたからかもしれません。ジュンミンが、ヒョンをモンスターだと判断したのも、この悲惨な過去がヒョンをモンスターにしたと思ったからなのかもしれません。


そしてもしここにミンもいたとしたら、母が殺された現場にあったヒヤシンス~血まみれの紫の花の記憶を消すことができず、シリアルキラー(サイコパス)になったのかもしれません。だから、その後ジュニョンがジュンミンを殺しにやってきた際も、即、

「悪者が僕たちを殺しに来た!」

と逃げていったのかもしれません。(妄想終わり 


これらの話は、ヒョンがジャンホの家を訪ねて聞き出したものですが(もちろん妄想除く)、その直後、何者かが家に侵入してきて、ヒョンは後ろから殴られて気を失い、ジャンホは姿を消したようです。ヒョンが目を覚ました時にはジャンホの姿はなく、ただ1枚の、やはりヒヤシンスの絵が残されていました。(またしても妄想が広がります


デヨンが捕まった今、ジャンホを拉致(もしくは殺害)した人物こそ、以前ジャンホが第4話で指摘した人物、

友だちを交通事故に見せかけて殺した後、立派な青年になって現れた人物

もしくは、彼に関与している人物に違いありません。それがソノだと断定するのはまだ時期尚早な気もしますが


またヒョンは、ヤン・ジンソクが殺害された後、何者かがヤン刑事が持っていたはずの何かを盗んでいったと推理していたようです。ヒョンは最初ジャンホを疑ったらしいですが、ジャンホが姿を消したため、その疑いは他の警察関係者に向けられたようです。


ヒョンが、ヤン刑事殺害現場に出張った警察関係者を調べさせたところ、チームのチェ・ウンボクは、救急隊と所轄の警察官の後は、イ・ジュノ法医官だったと報告しました。が、実際には報告をしたそのウンボクこそが、現場近くにいたという理由から真っ先に駆けつけていたそうです


それをわざわざ隠したことが怪しいですね。ジュノが怪しいのは前からですが、このウンボクはノーマークでした。今後の動きに注目です


また今回は、新たな事件が発生しました。ヒョンの講義を聴きに来たイ・ジョンハ(ソ・ヨンジュ~マル子役@私の心が聞こえる?)が、パク・チョンスを殺害したと、自ら自白したのだそうです。現場ではこのジョンハもまた何者かに刺されていたというのに?!


ジョンハは、父のハンチョルが殺人罪で服役中なことから、自分もまたいつか殺人を犯すのではないかと怯えていました。ヒョンの書いた著書、「殺人者の記憶」にも、犯罪者の子どもは後に犯罪者になる確率が高いと触れられていたそうです。


何者かから「デヴィッド・リー(ヒョン)」の贈り物だと言われてこの本を受け取り、その本に挟んであったメモに従ってヒョンの講義に出席したジョンハは、講義の後にヒョンに近づき、自分の不安を吐露しました。ヒョンはその目の中に、自分と同じ怯えを見て取ったようです。ヒョンもまた、父からモンスター扱いされたからです


ヒョンがジョンハに、いつでも連絡していいといって渡したメモを、刺されたジョンハが握りしめていたため、ヒョンに警察から連絡が入りました。その時ヒョンはジュノと食事中で、ジュノは事情を聞くと、自分も同行するとついてきます。


パク・チョンスとジョンハを刺したのは右利きであり、ジョンハは左利きであること、そして何より、ヒョン自身がジョンハを信じたいことから、ヒョンはジョンハを無実だとしてソノを弁護人に選任しました。


早速やってきたソノとジュノが知り合いらしいのもなんとも意味深でしたね。刑事ならともかく法医官と弁護士が顔を合わせる機会~もないこともないですね


ヒョンは手術を終えて意識を取り戻したジョンハに、誰かを庇っているのだろうと尋ねましたが、ジョンハは無言のままです。


そしてこのヒョンの推理は、またしても、的中していたようです。どうやらジョンハには兄弟がいたようなのです。そして今回殺されたパク・チョンスは、ジョンハの父のハンチョルを刑務所に送った目撃者だったらしいです。


ミョンウたちは、服役中のハンチョルとジョンハが共謀して目撃者に復讐をしたに違いないと推理していましたが、共謀したのはその兄弟のほうみたいでしたね。覆面をしていた犯人と、ハンチョルに面会しに来た青年の顔(目)が同じでした


入院中のジョンハが敗血症になったらしいのも気になりました。無事助かってくれるとよいのですが


一方、ヒョンは既にジアンの正体に気づいていたことが判明しました。ヒョンがジアンの家に勝手に入り込んだあの日、ジアンの家の暗証番号は、イ・ジュニョンが脱獄した日であり、家の中にあった父親との写真とジュンミンのファイルも既に、ジアンが隠す前にヒョンが目にしていたのだそうです


やはりあのジュンミンのファイルは企画官のジスが保管していたもののようでしたね。ジアンは「借りた」と言ってましたが、黙って借りてきたのでしょう


~以前のファイルに年号が書いてあったような気がしたのはおばさんの勘違いだったかもしれませんし、触れてはいけない事だったのかもしれません


また、ジアンとヒョンが最初に出会ったのは警察署だったそうです。ジアンは、父は犯罪者などではないと警察にクレームを付けに行ったところで、前回殺されたヤン刑事たちが「ジュニョンに父を殺されたヒョン」の話をしていたのを立ち聞きし、自分以外にもジュニョンに苦しめられている子がいると知ったのだとか。


そこにヒョンもいてヤン刑事がその名を呼んだことから、ジアンはそれがヒョンだと知ったそうです。そしてヒョンもまた、ジアンのことを思い出したようです。


ヒョンから問い詰められたジアンは、今後は一緒にジュニョンを捕まえようとごまかしますが、ヒョンは、ジアンがこれまでその事実を隠していたことから、ジアンが自分を疑っているに違いないと判断しました。何せジアンは、ヒョンがジュンミンを殺したという告白を聞いてしまっているのですから、疑うのも当然ですが


他には、そうそう、今回ヒョンは、チーム長のウンヒョクの罠にはまって(笑、専属の顧問に就任することになりました。ヒョンが現場に自由に出入りするためには「警察関係者」にならねばならないと脅されたのです


ジアンが、ヒョンがいなくなってきれいに片付いた部屋の中で、ヒョンの面影を探してしまうシーンもなかなかでしたね


君を憶えてる」は続きもとっても楽しみでござりまする君を憶えてるが面白い(^◇^)


君を憶えてる DVD-SET1君を憶えてる DVD-SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は君を憶えてるのレビュー一覧」でお読みいただけます

君を憶えてる
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

君を憶えてる あらすじと感想 第5話 ジアンの過去

チャン・ナラさん&ソ・イングクさん主演の韓国ドラマ、【君を憶えてる】の5話は「ジアンの過去」です。これまた意外な展開でやるせなかったですね~君を憶えてるのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。でもミステリーとしては面白かったです。以下早速ネタバレですネタバレですのでご注意を♪


今回は2つの事実が明らかになりましたまずはジアンの過去です( `ー´)ノ


まず1つめは、副題通り、ジアンの過去です。前回ジアンが父親との写真を隠したことから、何かあるに違いないとは思っていましたが、なんとジアンの父は、自殺を図った(装った)ジュニョンを搬送していた刑務官だったのだそうです


ジュニョンの脱走とともに姿を消したジアンの父は、皆からジュニョンの共犯と誤解され(誤解だと思います)、ひとり残されたジアンは、犯罪者、ひいては殺人犯の娘と罵られて育ったそうです。


しかもこの後ジアンは、ヒョンが(ジュニョンのプロファイリングをしていた)ジュンミンを殺したと聞かされたのですから(正確には盗み聞きですが)、後にこの事実がつながった時、刑事になって真相を突き止めたいと決意したのかもしれません。


今回ジアンがこの事実を語ったのは、もう1つの「事実」を突き止めた後の事でした。その事実とは、前回ヤン・ジンソク刑事が殺された理由は「犯人による復讐」だったことです


その犯人はパク・デヨン(シン・ジェハ)と言い、幼い頃、母と妹を殺された挙句、父親のヨンチョル(キム・ギュチョル~パク・ギチュル@メイクイーン)を冤罪で逮捕されてしまったという、何とも理不尽な思いを強いられた青年でした


その冤罪を黙認したのが、前回登場した「部長検事」のシン・ジャンホ(キム・ジョング)だったのだとか


この事件の真犯人は暴力団の構成員=チョ・ヒョクチュだったらしいのですが、この事件を担当したヤン刑事(警部)とチェ・ヒョンウ刑事(当時は巡査部長)は、前日妻と口論していたヨンチョルが犯人だと思い込み、自白を強要したそうなのです。シン部長検事はヒョクチュに目をかけていたため、口をつぐんで、言われるままにヨンチョルを起訴してしまったらしい


テヨンは、このヤン刑事だけでなく、その2週間前にチョ・ヒョクチュをも殺害しており、その後にはチェ刑事も殺してしまったそうです。凶器は同じアイスピック状の先の尖ったものだそうです。


ジアンは、服役中のヨンチョルに面会し、自分の過去を打ち明けて、自分同様「犯罪者の父」を持って苦しんだに違いないテヨンを救いたいと訴えました。これでようやくヨンチョルが警戒を解き、テヨンの居場所を聞き出したところ、テヨンはなんと、母と妹が殺された部屋に今でも住んでいたことが判明します


前回のしゃっくりを聞きつけてクローゼットを開けようとした途端、中から飛び出してきたジアンに「セクハラ」呼ばわりされたミョンウ()たちが早速そこに駆けつけると、そこにシン部長検事の写真も置いてありました。次は彼が狙われると知ったチームは、ひとり腹痛で出足が遅れたチーム長のウンヒョクに連絡し、そのウンヒョクが部長検事宅に駆けつけて、テヨンを待ち伏せすることになります


このウンヒョクがまた、見かけによらず、なかなか強くて驚きましたね。相手がそんな可哀想な犯人じゃなければ、もっとう~んと楽しかったのに残念です


家族が殺された部屋に今でも住んでいたテヨンは、いったいどんな気持ちで日々を過ごしていたのか、は、同じように父が死んだ家に住んでいるヒョンが、最もよく理解できるのかもしれません


結局、これまでずっと無実を訴え続けてきたヨンチョルは、これを機に再審請求を断念し、テヨンは3人を殺害した罪で服役することになったそうです。死刑にならなかったのは情状酌量されたからでしょうか。ちなみにヤン刑事は末期がんだったようです~だから尚更抵抗しなかったのかな


その後テヨンは、ヨンチョルと同じ刑務所に送られてきたそうです


それがヨンチョル親子を哀れに思った神の采配なのか、それとも、シン部長検事が手を回したのか、は分かりません。そう考えたのは、実際、シン部長検事はソノに、ヨンチョルに接見するよう、そしてその息子のテヨンを捜すよう命じていたからです。それもまた「良心の呵責」がそうさせたのかもしれませんし、そうではなくて他に理由があるのかもしれません


というのも、何せこのシン部長検事が今一つ胡散臭いのですよね~。彼はソノにこうも語っていたのです


知りあいが殺された。そして別の知人は姿を消した。


最初はこの「知り合い」がヒョクチュかと思ったのですけれど、どうやらそうではないようで、おそらくはもっと昔の事を指しているものと思われます。遺体を見つけて驚いていたのがシン部長検事本人(の若い頃)だとすると、相当昔のことに違いありません。その遺体にかかっていた袋に「KUMHO PETROCHEMICAL」(クモー石油化学)と印刷されていたのも気になっています


果たして「殺された知人」とはいったい誰のことなのか?そして「別の知人」は誰でどこへ行ってしまったのか?


な~んてあれこれ妄想しても、韓ドラではほとんど空振り(単なる思わせぶり)に終わることがほとんどでござるが、このドラマはどうでしょうか


あ、そうそう、今回早くもソノ自身からヒョンにメッセージが送られていましたね。昔会ったことがある、と


でも逆にこんなに早く思わせぶりされるとフツーは違う(ソノはミンではない)んですけどどうでしょうか


でもジュノが素早くヒョンの冤罪を見抜いていたのにはニンマリです。こちらはジュニョンの可能性高そうだなあ、とこれまた単なる妄想ですが


それ以外では、濡れ衣を着せられたことをいいことに、ヒョンがちゃっかりジアンの家に居座って、甲斐甲斐しく料理や掃除をしていたらしいのがまた楽しかったですね


そうそう、普通の女性なら、ヒョンが部屋に勝手に入り込んでいたことより、あんなに汚い部屋を見られたことを気まずく思うべきなのに、ジアンはまったく気にしてなかったですものね。それに料理もほとんどできなさそうですし。冷蔵庫にはビールと水だけ、な感じがします


ミステリーとラブコメの両方をタップリ楽しめる「君を憶えてる」は続きもとっても楽しみです君を憶えてるもなかなか楽しい♪


君を憶えてる DVD-SET1君を憶えてる DVD-SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は君を憶えてるのレビュー一覧」でお読みいただけます

君を憶えてる
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

君を憶えてる あらすじと感想 第4話 パートナーは容疑者?

チャン・ナラさん&ソ・イングクさん主演の韓国ドラマ、【君を憶えてる】の4話は「パートナーは容疑者?」です。この「パートナー」は、ジアンがヒョンをそう呼んだことから来たようです。以下ネタバレのあらすじです君を憶えてるのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは、中国当局に拘束されたヤン・スンフンは、あれでもう終わりだと思ったのに、またあの憎たらしい顔を見せてくれました。接見に来たチョン・その相手に、自分をこんな目に遭わせたヒョンとジアンを殺してやる、と息巻いています。前回スンジュが言っていたように、一生出てこなくていいし顔も見せてもらわなくていいんですが


また今回は、ヒョンが昔ジュンミンに監禁されたと思われる秘密の部屋の場所も明らかになっています。階段沿いにある照明器具の1つを少し傾けると、階段の踊り場に面した壁が自動的に開く仕組みになっていたようですね。この仕組みを幼いヒョンが発見した際、弟のミンもこれを目撃しています


一方のジアンは、機密文書を中国に無断で送ったことで特殊犯罪捜査チームから外され、相談窓口に追いやられてしまいました


これに加えてジスやウンヒョクは、部外者のヒョンを捜査に加わらせたことも発覚し、その管理責任を問われて、次長からミッチリお叱りを受けてしまいます。チームを解散するとまで脅していたこの次長のカン・ソクジュ(ナム・ギョンウプ~ワンインターナショナルの社長@ミセン)は、ウンヒョクの父親のようでしたね。


また、ジアンはやはり、幼い頃に聞いてしまったヒョンの「秘密~父親を殺した」が気になって、秘かにその捜査もしていたようです。部屋に「イ・ジョンミン死亡事件」という茶色いファイルも隠し持っていました。以前ジスが保管していたファイルのタイトルには1996年と明記されていたので、それとは違うもののようです。


このファイル同様、ジアンがヒョンに見られまいとして父親らしい男性と映った写真も隠していたのは、自分の幼い頃の顔を見られたくなかったからでしょうか?それとも、ジアンの父親も関係者なのでしょうか?


もし後者だとすると、ジアンの回想の中で、ヒョンが「ジュンミン死亡事件」の唯一の目撃者だと語っていたのもその父親なのかもしれません。これが声だけの登場だったため、もしかしたら、今回登場したヤン・ジンソク刑事(ユ・ヒョングァン~シドクの父@ジャイアント)なのかもしれないとも思いましたが、それにしては声が違っていたようです


今回このヤン刑事がヒョンに連絡を取ってきました。ヤン刑事は、ヒョンが初めてジュニョンに会った際(ジュンミンにカバンを届けた時)に警察にいて、ヒョンを「天才少年」と絶賛していた人物です


ヤン刑事は、ジュニョンが脱獄してからもその後を追い続けており、自分なりに突き止めたこともある、それに渡したいものもあると語ったため、ヒョンは早速チョンムク洞にあるヤン刑事の家を訪ねました。が、約束が9時だったところ、その15分前にやってきた何者かがヤン刑事を殺害してしまいます


この犯人が後に逃げる途中で、自分の衝動が抑えられないと神に祈りを捧げていたところを見ると、彼もまた「連続殺人犯」(シリアルキラー)なのかもしれません。それに、ヒョンとの待ち合わせからちょうど15分前にやってきたところから、彼もまたスンフン同様「黒幕」に操られていることは明白でしょう


その後到着したヒョンはこの犯人の顔は見ていないものの、部屋に潜んでいたこの男と格闘し、大体の背格好は分かったようです。また、ヤン刑事が玄関で犯人を出迎えた様子と、後にヤン刑事に防御痕が無かったことから、犯人はどうやらヤン刑事の知人のようでしたね。その上犯人は逃走する際2Fから飛び降りたため、足を怪我しているかもしれません。


~この犯人の顔は視聴者には明かされました。「ピノキオ」で実に印象的なジェミョンの子役を演じられたシン・ジェハさんでしたね


が、ヒョンは、ヤン刑事が襲われたと通報した後、この犯人と格闘してそのまま現場を離れたため、近くに停車していた車の車載カメラの映像から、ヤン刑事殺害犯と誤解されてしまいます


その辺のことも既に計算済みなのか、ヒョンはちゃっかりジアンの部屋に逃げ込んでいました。犯人との格闘で(ヤン刑事の)血で汚れた服も脱ぎ、隣の家の洗濯物を拝借して着替えていたようです。あそこでその家にお札が干してあったのも何か意味があるのでしょうか


隣と言えば、ヒョンの家の隣には、法医学者のイ・ジュノが住んでいるようです。ジュノは、妻子が海外にいるキロギアッパだということで、久しぶりに誰かと一緒にお茶が飲めることをたいそう喜んでいたようでした。


ジュノが、誤ってヒョンに水をかけてしまったことから新品のシャツを差し出した際、そのタグを切るのにメスを取り出したシーンは、多分、思わせぶりでしょうが、その後、警察で皆がヤン刑事殺害犯がヒョンではないかと話している時、ただひとり無関心な顔で退出したのが怪しくなかったですか?


今回はそれ以外にも、また新しい人物が登場しています。ソノから「部長検事」と呼ばれたその男性(キム・ジョング~イ・ブ@龍の涙)は、どうやら脳出血の後遺症に苦しんでいたようです。


ソノを初めとする後輩の弁護士たちを招いてのお茶会らしいその集まりで、部長検事は、こんな話を切り出しました


その昔、子どもが友達を事故に見せかけて殺したという事件があった。公的には事故で処理をされたけれど、個人的には緻密な計画殺人だと考えている。面白いことに、その子が立派な青年になって私の目の前に現れた


その「子ども」こそ、ソノのようでしたよね。その後、部長検事はソノだけを残し、体が不自由になった自分の肉体になってほしい=手足として動いてほしい、と持ちかけてきます。自分はお前の本性を知っているから、言うことを聞け、と脅しているに違いありませんやはり黒幕はチョン・ミノ、そしてミノはミン!?


でもソノはきっとそんな話を素直に聞くような人間ではありませんよね。逆にこの部長検事が殺されないかと心配です


それ以外では、ヒョンがジアンとともにヤン刑事の部屋を調べていたところに、ウンヒョクとミョンウもやってきたシーンが楽しかったですね~


ミョンウが、自分はジュニョンを追い続けて独身を通したらしいヤン刑事の様にはならない、必ず恋人を見つけて結婚する、と豪語すると、ウンヒョクは、ジアンはどうかと尋ねます


でもミョンウは、表(前)と裏(後ろ)が同じ女は嫌だ(つまりは胸がないと言いたい)というと、ウンヒョクは、表と裏が同じ人間(裏表がない=正直な人間)の方がいいじゃないか、と反論します。ウンヒョクにはこのジョークが通じなかったのですね~ここはもう大笑いでした


その頃、ジアンとヒョンはふたりの突然の出現に慌ててクローゼットの中に隠れています。でも、狭い空間に二人きりでいたために緊張したのか、ジアンがしゃっくり始めてしまったので、すぐに気づかれてしまうんですが


と、これで全部語ったかな~なにせ画面があちこち飛ぶので、肝心なことが抜けてないかと心配です。またなにか気づいたら後日補足させていただきまする


適度なコメディもまた楽しい「君を憶えてる」は続きを見るのが楽しみですね君を憶えてるが面白い(^◇^)


君を憶えてる DVD-SET1君を憶えてる DVD-SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は君を憶えてるのレビュー一覧」でお読みいただけます

君を憶えてる
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

君を憶えてる あらすじと感想 第3話 秘密と嘘

チャン・ナラさん&ソ・イングクさん主演の韓国ドラマ、【君を憶えてる】の3話は「秘密と嘘」です。いや~またまたそれらしい人物が出てきましたね


前回のレビューで、デヴィッド・リーことイ・ヒョンの過去から現在に続いて起きている事件を「現在完了形の事件」とし、現在のソウルで起きている殺人事件を「現在進行形」と表現させていただきましたが、もしかしたら前者もまた進行形かもしれない、つまりは「現在完了進行形と呼ぶのが正しいかもしれません。お、しょっぱなからオタクな話ですみません


というのも、もしかしたら、今起きているソウルでの殺人事件の黒幕も、イ・ジュニョン、もしくは、ミンかもしれない可能性が濃厚になってきたからです。ヒョンは最初からこれが同一人物の可能性も探っていたようですが、あのふたりならそんなに単純な犯人じゃないですよね~。以下ネタバレのあらすじです君を憶えてるのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ハ・ユンジを襲ったのは、ヤン・スンフン(テ・イノ~ソン・ジュンシクミセン)という、イルサングループの中国支社の理事でした。イルサングループは、韓国でも有数の財閥で、祖父のヤン・ジョングンは当選4回の国会議員で、父親がグループの会長をしているようです。この父親は、自分の娘より若い女性が好きなことで有名なのだとか


スンフンには3人の兄と1人の妹がいるそうですが、これは後にヒョンがプロファイリングしたことですが、どうやら愛人の息子みたいでしたね。他の兄妹に比べて出来が悪かったため、ただ一人、中国企業に追いやられたというのがどうやら正解みたいです。その劣等感がストレスになり、このような殺人を犯すに至ってしまった、と言う訳です


スンフンは高校でボート競技の選手だった、つまりは手旗信号を知っており、過去には何度も罪を犯しては、祖父や父親の力で起訴猶予になっていたらしい。ま~絵に描いたようなドラ息子ですな


でも、どうやらスンフンは単なる実行犯であり、真犯人が描いたシナリオ通りに操られていただけのようです。


その黒幕がどうやらチョン・ソノ(パク・ボゴム~カン・ドンウ@ヒーロー)という弁護士のようなのです。彼が実はミンなのか、それとも、このソノも誰か(ミンやジュニョン)に命じられているだけなのか、この辺はまだ断定はできません


ヒョンはソノを見てもそれがミンだとは思わなかったようですけれど、何せもう大分昔の事ですから面影が無くても不思議はありませんし、もしかしたら(韓ドラですから)整形したかもしれません


過去の2件の犯罪では「他人名義の携帯」や「薬物」が使われたそうですが、今回これらは現場では見つかりませんでした。それは、どうやらスンフンがユンジを脅して持たせたようです。そしてユンジは病院に搬送された後、これをソノに渡したようなのです。そこでソノは改めてユンジを脅したようで、ユンジはそれ以降、頑なに口を閉ざしてしまいました


病院のベッドで寝ていたユンジを見下ろしていたソノの後ろ姿、あの首筋の感じは、前回「双頭の人物」を描いていた人物のそれによく似ていました


でも、前回ヒョンが推理していた通り、スンフンが「頭の中で犯行を繰り返していた」こと(反復殺人)は間違いないようです。ヒョンが、いかにも新米の「見習いのふりをしてジアンの取調べに同席した際差し出した女性の写真は、既に殺された被害者=カン・ジソンだったようですが、ウンジ役のイ・ソユンさんの二役でしょうか?


そのカン・ジソンが一人目の被害者だったみたいでしたね。ヒョンの推理によれば、スンフンの母親によく似ていたジソンはスンフンの異常性に気づき、殺される前に交際を解消したのだけれど、それを恨みに思ったスンフンがジソンを殺し、その後も同じタイプの女性を見つけては殺そうとしていたのだとか


それを、ヒョンにメッセージを送りたがっていたジュニョン、もしくはミンに利用されてしまったのではないでしょうか~とは、あくまでも妄想に過ぎませんが。実際スンフンは、あの絵(双頭の肖像画)にどんな意味があるのかはまったく知らなかったようです


そしてこのスンフンは今、心療内科に通っているそうです。それでは、もし犯行が明らかになっても情状酌量されてしまうと考えたヒョンがそれをジアンに伝えると、ジアンは、こんな男は自分の手でこの世から消し去りたいと憤ります。確かに社会のクズのような男でござる


そうするか。殺してやろうか?でもそれには対価が必要だ


~も~これって絶対「ワンス・アポン・ア・タイム」ですよね


でもジアンもまさか、それを聞いたヒョンが本当にその言葉通りに実行するとは思わなかったようです。以下ネタバレです君を憶えてるのネタバレですよ~( `ー´)ノ


なんとですね~ヒョンは、スンフンが中国支社に戻ることをいいことに、ジアンの名前で中国警察にスンフンの事件を捜査するよう依頼して、公文書である資料(当然機密文書)をすべてメールで送ったのだそうです。当局で調べたところ、スンフンの中国の自宅で大量の麻薬が発見されたそうです。その量なら、たとえ死刑は免れても無期懲役は確実だそうで


韓国ではコネが使えても中国では使えないというのがまた実に楽しかったですね~。それに、ジアンにその中国の担当者からメールが来たのに、ジアンがまったく分からなくて、どーして私に??な顔にも大笑いでした


ヒョンがジアンと一緒に「同期のおっさん」()ことナ・ボンソン理事長(チェ・ドクムン~チャン・ジョングク@トライアングル)に会った際、「中国語のメールが来たけどフィッシング詐欺かしら?」と語っていたのもそれですよね~きっとチャン・ナラさんが可愛い( *´艸`)


ということで、今後はやはり、チョン・ソノに注目ですねソノがミンかな(^0_0^)


さてそれ以外では、前回ヒョンの母親代わりだと語っていたヒョン・ジスは、ジアンが所属する特殊犯罪捜査チームの企画官をしていることが分かりました。そしてこのチームはまだテスト段階らしく、正式な職制ではないためいつでも解散できるものらしいです。


また、これはジアンの回想ですが、ジアンは幼い頃、ヒョンが教会で「父親を殺した」と告解しているところを目撃したそうです。ということは、ジアンはいまだにヒョンを殺人犯だと思っているのでしょうか。それが気になってずっとストーカーしていたのでしょうか?


ヒョンもまた、ジアンが以前から自分を知っており、自宅に不法侵入したのではないかと疑っていたようです


と、ますます謎が謎を呼んで面白くなってきましたね君を憶えてるは続きもとっても楽しみでございます君を憶えてるが面白い(^◇^)


君を憶えてる DVD-SET1君を憶えてる DVD-SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は君を憶えてるのレビュー一覧」でお読みいただけます

君を憶えてる
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

君を憶えてる あらすじと感想 第2話 ハローモンスター

チャン・ナラさん&ソ・イングクさん主演の韓国ドラマ、【君を憶えてる】の2話は「ハローモンスター」です。文字で見るには明るい響きですが、実際には何とも切ないエピソードでした君を憶えてるのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下ネタバレのあらすじですズバリネタバレしてますのでご注意ください♪


まず今回は、ヒョンの弟の名前が明らかになりました。彼はミンというそうです。前回ヒョンは、殺人現場にあった「双頭の人物」を描いた抽象画(題名が分からないので仮にこう呼ばせていただきます)が自分に対するメッセージだと解釈していたようですが、その抽象画には、このミンのサイン(2つのまぶたの様な形)もまた描かれていたのだそうです


そのミンは、ヒョンが記憶を失うきっかけとなった事件の際に失踪したようです。その事件というのがまた何とも痛ましい話でした。ヒョンの父のジュンミンは、自分がプロファイリングを担当していたジュニョンに(1996年に)殺されてしまったのだそうです。経緯はこうです:


ジュニョンから、自分が父ジュンミンに化け物扱いされていると仄めかされ、自分でも父の自分に対する恐れを感じ取ったヒョンは、安易に自分を監禁しようとした父を激しく罵りました。僕をモンスターと呼ぶ前に、僕に話を聞くべきだよ!こんなところに閉じ込める前にっ!!


ヒョンに自分の心を見透かされたジュンミンが居間でぼんやりしていたところに、その原因を作ったジュニョンがやってきます。なんとジュニョンは自殺を装い、救急車で搬送されていた最中に逃亡してきたのです。ジュニョンは右の頸動脈の脈が取れないという特異体質を利用して、看守に自分が死亡したと思い込ませたのです。


最初は穏やかに接していたジュンミンですが、心の中はジュニョンへの怒りが燃えたぎっていました。二度と息子には会わせないっ!!


手近にあったナイフで切りかかってきたジュンミンにジュニョンが応戦したため、その物音に驚いたヒョンは、監禁されていた部屋のドアをドンドンと叩いて心配し、自分の部屋で寝ていたミンはドアを開けてふたりが争っているのを見ると即、「悪者が僕たちを殺しに来た!」と、慌てて窓から逃げ出してしまったそうです


その後、ぱったりと物音が止み、ヒョンが叩いていたドアが開かれました。ヒョンが恐る恐る外に出ると、そこには血だらけになった父が床に倒れて息絶えています


ヒョンはジュニョンの姿も確認しますが、それよりも弟ミンを捜しに外に飛び出したところでつまづいてバッタリ倒れ、記憶を失ってしまったそうです。


ヒョンを診察した医師は、無理に思い出す必要はないと言ってくれましたが、ヒョンは、父にモンスターと呼ばれたことだけは、あの備忘録の文字だけは、明確な映像として覚えていたそうです。お父さんはなぜ僕をモンスターと呼んだのだろう?僕は何を悪いことをしたのだろうか?とずっと疑問に思っていたそうです。


そのヒョンを預かってくれたのが、ヒョン・ジス(イム・ジウン~ホン・ナギョン@白い嘘)という警官でした。後にヒョンとは親子のような物だと語っていたことから、ヒョンが留学するまで育ててくれたのかもしれません


ヒョンがこのジスに父の死について尋ねたところ、ジスは当時は証拠物保管室が無かったため捜査資料が残っていないと説明しました。が、それは嘘だったようですね。ジスは当時の上司から、この事件は誰にも知られてはならないと命じられたのだそうです。


これが、警察の落ち度で民間人が殺されたことを隠蔽しようとしただけなのか、ほかにも何か秘密があるのか、が気になるところです


そしてそのジュンミン殺害に関する捜査ファイルはどうやらジスが個人のオフィスに保管していたようなのが、いつの間にか何者かに持ち去られてしまったようです。そのファイルを持ち去った人間の机の中には、ヒョンに関する資料もしまってありました。順当に考えれば、ジュニョンかミンが妥当でしょう


持ち去られたといえば、これは正確には前回ですが、ジュンミンの備忘録も家から紛失していたようです。その代わりに、ジュンミンがジュニョンを取り調べていた時の録音テープがたくさん置いてあったそうです。


ヒョンがこれを検証していると、その中の1つに、ジュニョンがヒョンに呼びかけているものが見つかりました。ヒョン、憶えているか?どんな大人になった?


どうやら、テープに(最近?)上書きされたらしいその声を聴いたヒョンは、昔のジュニョンの言葉を鮮明に思い出します。君はどんな大人になるのか気になるよ。大人になった見てみたい。


テープの声は、君がこれを聞く頃、約束を守りに行く、既に君の側にいるかもな、と続けられていました。この言葉にヒョンがニヤリと微笑んだのは言うまでもありません


何せヒョンは、英語名のデヴィッド・リーで「殺人者の記憶」という著書を執筆し、その出版記念のインタビューで、ジュニョンにこう呼びかけていたからです。僕に「決定的な時期」という概念を教えてくれた人物がいる。その人物に会って話したいことがある


かつてジュニョンはヒョンに、こうも語っていたそうです~動物の脳が成長し完成する時期を「魂が作られる時期」と呼んでいる。


一方でヒョンは、方背洞の殺人現場にもう一度足を運び、そこに飾ってあった「双頭の人物」~幼い頃に自分が描いた絵によく似ている絵をしげしげと眺めました。冒頭でも触れたように、その絵には「ミンのサイン」がしてありましたが、それが本当にミンの描いた絵かどうかは分かりません。絵を飾ったのは最近の事らしく、絵の雰囲気は部屋のインテリアにそぐわなかったようです。


ヒョンはこれを誰かからの贈り物かもしれないと思ったようですが、よほど大切な人からのプレゼントでない限り、自分の趣味に合わない絵は飾りませんよね、フツー。この現場に来たという監察医=イ・ジュノ(チェ・ウォニョン~キム・ドジン@3days)は怪しくないんですかね


ヒョンはアメリカの大学で同期だった人物(でもおっさん)にこの絵を描いた画家を捜すよう依頼しました


その後の特別講義以降のシーンはちょっと「ガリレオ」みたいでしたね~。ジアンがしつこくヒョンに食い下がる様子なんか特に。それにあの講義は「殺人を無罪にする方法」みたいやったね。最近のはやりなのかな


ヒョンはジアンに、今回の2件の殺人事件は計画殺人だと言い切りました。現場にはどちらにも紫の花=ヒヤシンスがあった、紫は悲しみや死の象徴だと指摘します。ヒヤシンスの花は、君を殺しに来た、という犯人からのメッセージだ


またヒョンが言うには、被害者がふたりとも首を絞めて殺されたという殺害の手口は同じだが、方背洞の事件には犯人の怒りが感じられたそうです。ヒョンの推理によると、どうやら被害者が長い髪を切ったことが原因のようです。犯人はある特定のイメージ、髪が長くて似たような雰囲気の女性をターゲットに「反復殺人」を行っているのだそうです。この辺はまさに異常者です


ジアンが所属する特殊犯罪捜査チームでは、早速、ターゲットが絞られました。二人の被害者が通っていた共通の病院やスパ、結婚相談所で、何者かが似た女性を物色していたら、犯人の可能性が高いはず


それにヒョンは、過去に起きた未解決事件の中にヒントがあると教えてくれます。もしそこに似た雰囲気の女性がいれば、そこに、当時未熟だった犯人の手掛かりが残っているかもしれないというのです。


1話であっさり語られた手旗信号についても詳しく説明してくれました。手旗信号を解読したところで現れたNから始まる数字は北緯(North latitude)、Eから始まる数字は東経(East longitude)を表すから、それで自ずと殺人現場が分かるはずだ


でも、ジアンはせっかく方背洞で手旗信号を見つけたのに、それを60進法で解読したため、次の犯行現場が大阜島という海のど真ん中になってしまったそうです。もちろん、それは即、ヒョンが訂正してくれます。10進法で計算するんだ


そうして割り出された場所=大方洞では、今まさに新たな殺人が行われようとしていました。捜査チームが奔走して当たりをつけたハ・ユンジ(イ・ソユン~ヨンジン@家族なのにどうして)という女性が、ある男性からヒヤシンスを受け取っていますユンジ、気を付けてっ!!


ジアンは、すぐにユンジに連絡しながら現場に駆けつけますが、果たして無事ユンジを救うことができるのでしょうか?


見ている時は結構あっさり見ちゃったんですが、こうしていざつじつま合わせをしようとすると、なかなか盛りだくさんの内容で、思いのほか時間が掛かっちまいました。今度は最初から心してみなくちゃあかんですね


またこうなってくると、このドラマのタイトル、「君を憶えてる」の意味も幾通りにも解釈できそうで気になります。最初はジアンがヒョンを憶えてるだけかと思ったけれど、ヒョンとミン、そしてジュニョンにもあてはまりそうです。ジュニョンが今では「ジュノ」か「ウンヒョク」になっている可能性もあったりしてね。ミンはともかく、ジュニョンの「秘密」も気になるところ


そのミンかどうかは分からないけれど「双頭の人物」と同じタッチで絵を描いていた人物はちょっとだけ姿を見せていましたね。あの時間に、いかにもアトリエ風な部屋で絵を描いているということは、警察関係者ではなさそうな気もしましたが。さすがにそこまで小さな世界ではないでしょうか


現在完了形と現在進行形の事件を(いかにも分かりにくく思わせぶりで絡ませてあるのがまたなかなか楽しいですね。「君を憶えてる」は続きを見るのが楽しみです


君を憶えてる DVD-SET1君を憶えてる DVD-SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は君を憶えてるのレビュー一覧」でお読みいただけます

君を憶えてる
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

君を憶えてる あらすじと感想 第1話 再び始まる物語

チャン・ナラさん&ソ・イングクさん主演の韓国ドラマ、【君を憶えてる】を見始めました


もう1つ、同時期にスタートした某有名ドラマも見るには見てみたんですが、自分的にはどこか引っかかるところがあっため(「愛の〇りもの」「ビッ〇マン」「大〇夫、愛だ」を見た時も感じた予感)早々に退散することにして、こちらを見ることにいたしました


一応ミステリーには分類しましたが、こう言っては申し訳ないけどそこまで本格的なミステリーではなさそうですし、極端に騒々しいコメディでもなさそうで、のんびり楽しむにはちょうどいいかな君を憶えてるが楽しそう♪、な感じです。馬鹿々々しいコメディは、それはそれで大好きだけれど、そこに病人や弱者を絡めてくるのは、どーにも好きになれんのだす。自分で言うのも変ですが、その辺のさじ加減が難しいところです


公式サイトには、ソ・イングクさんが「SHERLOCK」のベネディクト・カンバーバッチに似ていると話題になったとの紹介もありましたが、それはないな~全然タイプが違います


カンバーバッチはものすご~く野太い声の早口で見るからにサイコだけど(それはそれで大好きですが)、ソ・イングクさんは、声はソフトで穏やか&爽やかだし、見た目も異常には見えません。これから変わっていくんでしょうか。


チャン・ナラさんの、ちょっと気の強い刑事役はピッタリですね。ふたりは大体同い年設定ということですが、実年齢の差もまったく気になりません。ふたりが並んでいるのは実に爽やかです~やっぱりシャーロックではありません(褒めてます・)。


週2回で全16回というペースもちょうどいいですね。以下、登場人物の紹介をメインにした簡単なあらすじをまとめておきます君を憶えてるのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは男性主人公のイ・ヒョン(ソ・イングク~カン・ウ@主君の太陽)は、元々はアメリカで刑事司法学部の准教授として働いていたようです。が、そこに突然謎のメールが送られてきて、過去に封印したはずの記憶が蘇りました


このメールの送り主は誰なのか?いったい何をしようとしているのか、気になったヒョンは、早速韓国に戻ることにします


どうやらそのメールに添付されていた写真は、ソウルの方背洞で起きた殺人事件の現場写真だったようです。ヒョンが言うには、その現場写真には「手旗信号」がそこかしこに隠されていたそうで、それを解き明かした結果現れた座標軸の交わるところ=桃花洞で、第二の殺人事件が起きたのだとか


ヒョンが訪れた桃花洞の現場にいたのが、ヒロインのチャ・ジアン(チャン・ナラ~ソヨン@童顔美女)という女性刑事です。


ジアンは特殊犯罪捜査チームの所属らしく、その同僚には、ソン・ミョンウ(ミン・ソンウク~ヒョンギュ@ピノキオ)、チェ・ウンボク(ソン・スンウォン)、ミン・スンジュ(キム・ジェヨン)がおり、もうじき新しいチーム長が来るのを待っていたところにヒョンが現れたため、てっきりヒョンをチーム長だと勘違いしてしまいます。


が、そこに本物のチーム長=カン・ウンヒョク(イ・チョニ~ヨンシル@大王世宗)が登場し、ヒョンは一転して「不審者」と見なされてしまいました


でも、ジアンがヒョンを追いかけたのは、単に不審者だからではなく、なんと20年も前からストーキングをしていた相手だからなのだそうです。要するに一目惚れしたのでしょうか?でも、幼い頃から天才的頭脳を有していたヒョンにとって、みるからに平凡そうなジアンは目に入らなかったようです


今後ヒョンは、その天才的頭脳を生かして捜査チームに協力し(ここはシャーロックと同じ)プロファイリングを展開していくらしいのですけど、そのヒョンの父、イ・ジュンミン(チョン・グァンリョル~ホジュン@ホジュン)もまたプロファイラーだったのだそう


ジュンミンは、ヒョンが幼い頃(ホン・ヒョンテク~イェジンの息子@家族なのにどうして)、凶悪犯のイ・ジュニョン(D.O.)を担当し、接見を繰り返していたそうです。ジュニョンはきっと、古くは「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターを彷彿とさせるシリアルキラーなのでしょう。なかなか雰囲気ありましたね


ある日ジュンミンは、ヒョンが動物を土に埋めたのを見て、思わず戦慄を覚えてしまいます。もしや息子もまたジュニョン同様サイコパスなのではないか?!ジュニョンにまんまと騙された(-_-;)


そんなジュンミンの心はジュニョンに見透かされてしまいます。ジュンミンのカバンを届けに警察にやってきたヒョンがジュニョンに呼ばれて話をしているのを見たジュンミンは、近所で起きている犬の連続殺害事件もヒョンの仕業だと思い込んでしまいます。まさにジュニョンの思うツボです。


ヒョンが、その年齢では考えられないような大人びた抽象画を描いていたこともこのジュンミンの誤解(たぶん誤解)に拍車をかけてしまいました。その上、ヒョンの弟(ホン・ウンテク~スンジュン@主君の太陽)が、お兄ちゃんは信用できない、などといったから尚更です。もしかして、こちらの弟の方が実は異常性格者だったってことはないんかな


ジュンミンは意を決して、ヒョンを世間から隔離して育てることにしたようです。が、賢いヒョンは、父の備忘録を読み、既に父が自分を「モンスター」と認識したらしいことを悟っています


はたしてヒョンはこの後、どう過ごしていったのでしょう?父と弟は記憶から消したと語っていたので、そこもまた事件の解決とともに明かされていくのでしょうか。そもそもヒョンに思わせぶりなメールを送ってきた犯人が、この弟だったりするんですかね~さすがに安易すぎでしょうか


「主君の太陽」を見て以来(実は今も見ていますが)、カン・ウのソ・イングクさんがとぉ~っても気に入ったのに、その後相性の合うドラマが無くてなかなか見られず、ちょっとがっかりしていました。これは楽しく見られそうで超嬉しいです君を憶えてるは続きもとっても楽しみです君を憶えてるが面白そう(^◇^)


君を憶えてる DVD-SET1君を憶えてる DVD-SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は君を憶えてるのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング