ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

お母さん、娘をやめていいですか?最終回 あらすじと感想 人形の家

波留さん主演のドラマ、【お母さん、娘をやめていいですか?】もついに夕べが最終回でした。副題は「人形の家」だそうですが、内容が内容なだけについ韓ドラと比べてしまい、これが韓ドラなら

「呪縛から解き放たれて

とかなんとか大げさなタイトルがつきそうだな、などと独り言ちてしまいました。もちろん内容にも大満足です。以下ネタバレのあらすじですお母さん、娘をやめていいですか?最終回のネタバレあらすじです


美月の衝撃発言に驚いた顕子は、

みっちゃんが私を要らないと言うなら、いっそ殺して!

と叫びました。ここで、顕子がこうなってしまった原因が分かった気がしたのはおばさんだけでございましょうか


それはもう少し後で語るとして、母の言葉に驚いた美月と顕子がもみ合っているところに、ようやく浩司と松島が駆けつけてきます。二人の姿を見た顕子はすぐに飛び出してしまいました。その後を追いかける美月。


美月がやっと顕子を見つけた時、顕子はふらふらとトラックの前に飛び出していました。


危ない!!


美月はついに家に戻ることに決めました。私がついていなくちゃ、ママは生きていけない


浩司から美月の決意を聞いた松島は怒りをあらわにし、無理やりにでも追い出してくださいよ!と浩司に食って掛かりましたが、浩司にはどうすることもできません。


でも松島は違いました。美月に電話をして呼び出しても美月が応じないことから、強行突破に出てきます。美月が顕子と買い物に行くと言っていたためもう大体見当がつくようになったのでしょう、ふたりが好んでよく行っていただろうデパートに姿を現しましたここにいると思った( `ー´)ノ


俺ってもともと強引な男なんです。美月さんをお借りしてもいいですよね?


驚く顕子をしり目に、今度は美月が松島の手を取ってその場を離れました。いったい何をする気なの?


松島は美月を連れて、幼い頃に別れた母のひろみ(増田恵子)に会いに行きました。詳しいことは分らなかったけれど、どうやらひろみは当時男に走ったようでしたね


その後ひろみは何度も松島に連絡してきたそうだけれど、松島は頑として応じず、ずっと無視し続けていたのだとか。


私はそんな風にはなれない。ママを捨てられない!


そう言っていた美月も、実際ひろみに会って、ひろみが松島と離れたことでようやく独り立ちできたことを知り、少し考えを改めたようです


ひろみは決して松島のことを忘れてはいませんでした。長年会っていなかったにもかかわらず、顔を見て一目で息子と分かったほどです。


今は男に頼らずに生きている、それも全ては松島のおかげだと感謝した上で、これからも会いにくる必要はない、とキッパリ言ってくれました


その後も美月は以前通り実家で暮らし続けましたが、以前の美月とは少しずつ変わっていきました。文江が怒っていたように「元の木阿弥」には決してならなかったのが良かったな


美月はまず最初に毎朝顕子が作ってくれた、まさに顕子の過干渉の象徴ともいえる「スムージー」を飲みたくないと断ります。私、スムージーって好きじゃないの


その上、ずっと休んでいたらしい学校にも行くと宣言しました。だって私は教師だから生徒たちが待ってるから( `ー´)ノ


自分が本当に教師になりたかったのかどうかも分からない、と語っていた美月とはエライ違いですね。たとえ顕子に強制されたことがきっかけとは言え、社会人としての責任があることももちろんだけど、美月には教師という仕事が楽しかった(楽しくなってきていた)のではないでしょうか


一方の礼美は家を出ることになったそうです。その方がお互いのために良い、母は決められないから私が決めたと語った礼美は美月にも、もっと気楽にすればいいのだと励ましました。私なんか、何度も母の期待を裏切ってきた


親が子供に期待をすることは決して悪いことではないと思いますが、問題はそのやり方ですよね。親が自分の価値観を子供に押し付けて、子どもは、自分はそうしたくないのにもかかわらず、何とかその期待に応えようとあがいて苦しくなってしまうのではいけません。


美月はあの年にして多分初めてひとりで買い物に行き、

シンプルなマグカップ

を買ってきました


ここで、最初は何を見ていても「母の好きな物」は目に入っても、自分が好きなものが分からなかったという言葉が実に印象的でした。そこでアドバイスをしてくれたのは松島です。何でもいいから自分の本当に好きなものを買えばいい


帰宅した美月は、もう一度そこで顕子に本音をぶちまけます。


私はこういうものが好きなの。ワンピースなんて着たくない。ママがくれた人形は怖かったし、頭には十円ハゲがあるの。


いきなり目の前に現れた見知らぬ他人(と感じたに違いない)の姿に驚いた顕子は、何とかして「可愛い美月を取り戻そうとあがきますが、もう美月は負けませんでした。


これが私。私はママじゃないし、ママは私じゃない!美月、よくぞ言った(^^)/


激闘(苦笑)の末、顕子はようやく認めました。私も実はスムージーって好きじゃないわ顕子もようやく素直になれた(^^)/


その頃顕子は浩司から、一緒にフィリピンに行ってほしいと言われていました。顕子はもちろん断りましたが、浩司のこの言葉を聞いて考えを改めます


俺はずっと君を必要としてきた


これが冒頭で触れた顕子の台詞と重なりました


顕子はずっと誰かに頼られたかった~自分を認めてほしかったのだと思います。だからこそ一生懸命やりすぎて&尽くし過ぎて、いつしか本来の目的を忘れてしまう。懸命に尽くしていたはずの相手からいつの間にか邪魔者扱いされてしまったのは、顕子が相手の幸せではなく、自分のエゴを基準に行動していたから


顕子は本来とても責任感が強く、人に尽くしたいタイプの人間なのかもしれませんね。このドラマのテーマに「共依存」があったこと、そして共依存は一種の病であることは間違いありませんが、それとこれとは違う。世の中には「他人に尽くすことを生甲斐にできる人もいてよいのだと個人的には考えています。


誰もが皆、自分のためだけに生きていたら、大変なことになってしまいますからね()。もちろん、それが彼や彼女にとって苦痛でないことが大前提ですが


私にできることはある?雑用でも何でもいいから私も一から始めてみたいの


ようやく顕子が「人形の家」を出て&「みっちゃんのママ」も辞め、ひとりの独立した人間として生甲斐を見つけようとした瞬間は、浩司や美月ならずとも心躍るシーンでした。顕子の晴れ晴れとした顔を見ながら、ああよかった、本当に良かった、思わず何度もそう呟いてしまいました


新築した家は売りに出したそうですが、顕子と美月がそれぞれに成長し、独り立ちできたことを思えば、決して高い買い物ではなかったことでしょう。現実的には、ちょっとリフォームして松島との新居にするのも悪くないね、などとチャッカリ屋のおばさんなら考えちまいますが


と、最後は冗談で終われるほど、素敵なエンディングに大満足です


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお母さん、娘をやめていいですか?のレビュー一覧」でお読みいただけます

お母さん、娘をやめていいですか?あらすじと感想 第7話 やっと言えた!

波留さん主演のドラマ、【お母さん、娘をやめていいですか?】の第7話は「出口なし」ですが、おばさんにはようやく出口が見えた気がしましたお母さん、娘をやめていいですか?のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ。以下ネタバレのあらすじ感想です


美月の高校の文化祭で、礼美の母、佳代子(池津祥子)と顕子が言い合いになった後、佳代子は無理矢理礼美を連れて帰ろうとしました。怒った佳代子は

「死ね、ババア!

と佳代子を罵り、ふたりが階段でもめたために、佳代子が転落してしまいます。


佳代子の怪我がひどかったため、美月と礼美は警察に呼ばれて事情聴取を受けました。そこで美月は、決して礼美が佳代子を突き飛ばしたのではない、あれは事故だった、と主張しますが、警察からは、礼美も佳代子も何も言わないと聞かされます。警察は、周囲の証言から、佳代子の暴言を重く見ているようなのです。


死ね、ババア、ですよ


でも美月にはそう言わずにいられなかった礼美の気持ちが痛いほど理解できるわけです。自分もそこまでは言わなかったけれど、これまでなら決して口にしなかった=顕子を傷つける言葉を吐いた、文化祭に来てほしくなかった、などと言ってしまったからです。


事情聴取を終えて警察から出てきた美月を、弁当を抱えた松島が待っていてくれました


彼の笑顔に美月がホッとしたのもつかの間、同僚の太田がやってきます。太田はめざとく松島に気づき、ふたりが同棲していると見抜きました。あ~やだやだ


翌日美月は校長から、しばらく休職したらどうかと勧められてしまいます。顕子のことと同棲のことが問題視されたようです。


クラスの生徒たちが見送る中学校を出た美月を、今度は顕子が出迎えました。家に帰ろう、みっちゃん。そんなに意地を張るなんておかしいよ。


でも美月は決して譲りません。


おかしいのはママの方だよ!


美月は意を決し、今度こそ本当に独立しようと決めました。早速不動産屋へ行ってアパートを契約してきたそうです。


手続きが済むまでは文江のところに世話になると聞いた松島は、美月の決意を快く受け入れてくれました。美月は松島に、自分はあなたを利用しただけかもしれない、と打ち明けますが、松島もまた、母親の名前のことで嘘をついていた、と告白します。でも、今は本気だから。本気で君のことが好きだから


いつでも利用してくれていいという松島の言葉で、この松島がいたからこそ美月がここまでこれたのだと痛感しました。前回も触れましたが、確かに顕子は過干渉だけれど、美月もまたそんな顕子にもたれかかって楽をしていたに違いないのです。いわゆる共依存ですね。でもようやく松島という自立した大人に出会い、自分も今のままではいけない、と気づいたのではないでしょうか


それでも顕子はまだ「大人」になってはくれません。時を同じくして、夫の浩司がついに会社を辞めてしまったから尚更です。


どうして今なの?あなたはいつも自分の都合ばっかり!!


顕子は、なんとしても美月を呼び戻したくて、メールで嘘をつきました。もうあなたの好きなように、自由にしていいわ。でも、新居の引き渡しにだけは必ず来てね


文江が止めたにもかかわらず、美月は顕子の言葉を信じ、新居にやってきてしまいます。そこに浩司がいなかったのが、またいかにも浩司らしいですよね。決して美月を顕子とふたりきりにしてはいけなかったのに


案の定、顕子は美月に一緒に住むよう強制してきました。騙されたと気づいた美月はついに本音をぶちまけます。ママは、私が自分で幸せになろうとするのが嫌なんでしょ?


「私はずっとママの顔色を伺って生きてきた。ママが重いの。もう娘をやめていいですか?」美月、よくぞ言った!


その言葉に愕然とする顕子


来週の最終回では、またしても顕子が錯乱するようでしたが、美月はここを何とか踏ん張らないといけませんよね。どんなに罵られようと暴れられようと、落胆されようと、

「顕子が美月を諦めるまで」

ここは徹底的に突き放すしかないのだと思います。


顕子の精神年齢は、前にも申し上げたように、幼い子供のままなのです。だからこそ美月が「大人」にならざるを得なかったのでしょうし、今回いみじくも顕子が思い出していた「ままごと」がこれを象徴しているのでしょう。いつもみっちゃんがママで、私が子供の役だった


甘えれば、駄々をこねれば、ワガママが通る


そう思っていた子供が大人になるのは、どんなに甘えても駄々をこねても泣きわめいても、決してワガママは通らない、と思い知った時です。子供と違って大人はまたそう簡単にはいかんでしょうが、理屈は同じだと思います。


美月はもう大丈夫だと信じていますが、顕子がこれを乗り越えられるのか、果たして大人になれるのか、が心配ですね


も~浩司、しっかりしろっ!!と言いたいですが、でも、立原真紀の横やりで、松島が早瀬家の担当を降ろされそうになったのを浩司が止めてくれたのはよかったな。だって、それこそ公私混同でしょう。この真紀と言い、太田と言い、ホント、好かんわ~。自分には甘く他人には厳しい、の典型ですね


この浩司自身は道理の分かる人間だと思うんですが、顕子の成長を促す人物となり得るのか?が問題ですね。


一方で、美月は佳代子に会いに行き、礼美は決して佳代子を憎んでなどいないと諭しました。佳代子はずっと礼美に罪悪感と劣等感を抱いていたようなのです。私もあの子が憎めれば楽だった


佳代子が自分で足を滑らせて転んだと証言したことで、礼美への疑いが晴れました。礼美もやはり母が自分を憎んでいると思っていたらしいですが、これでようやく少し心が軽くなったのではないでしょうか


ここもまた母娘が逆転しているケースですね。礼美が何も言わなかった、否、言えなかったのは、佳代子が何も言わなかったからだそうです。佳代子が真実を告げてくれたことが礼美への愛情の証、と言ったら大げさでしょうか


お母さん、娘をやめていいですか?~次回はいよいよ最終回です。


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお母さん、娘をやめていいですか?のレビュー一覧」でお読みいただけます

お母さん、娘をやめていいですか?あらすじと感想 第6話 毒りんご

波留さん主演のドラマ、【お母さん、娘をやめていいですか?】の第6話は「毒りんご」です


今だから言えますが、このドラマの予告(次回のタイトル)を見るたびに、実はかなりハラハラさせられていました。「韓ドラ好き」などと標榜しているため、いわゆるドロドロした人間関係のドラマが好きだと誤解されがちですが、実はその手のドラマが一番苦手なのでござる。一言で韓ドラとは言え、日本のドラマ同様、いろんなジャンルがあるのですよ


この「お母さん、娘をやめていいですか?」もタイトルを聞いた時は即、遠慮するつもりでしたがキャスティングに惹かれて1話を見たところ、番組側が騒ぐほどドロドロしているようには思えなかったため、これまで見続けてきた次第です。そしてその印象はこの6話を見た今もまったく変わっておりませぬ。むしろ、ますます美月と顕子の双方に同情したほどです。


以下ネタバレのあらすじ感想文ですお母さん、娘をやめていいですか?のネタバレ感想行きますよ~( *´艸`)


松島のアパートに引っ越した美月は、それまでとはうって変わって晴れ晴れとした毎日を送るようになりました。あの分なら十円ハゲが治るのも間近かと思われましたが、顕子はそう簡単に美月を解放してくれません。顕子は、立原真紀が美月に余計なことを吹き込んだことを知っていて、真紀の松島への感情を鋭く見抜き、今度は真紀に接触してきたのです。美月はその点疎いですよね。


美月は心が不安定なの。松島さんには重荷になると思う。彼にはあなたのようなしっかりした女性がお似合いよ


個人情報は教えられないと言っておきながら、こんな甘言に釣られてほいほい同僚の住所を教えちまうこの真紀のほうこそ、顕子よりよほど怖い人間だとおばさんには思えまするが


こうして松島の住所を突き止めた顕子は自宅に戻り、ふんふんと嬉しそうに鼻歌を歌いながら巻きずしを作ってふたりのもとに届けました。ちょうどその時美月は不在で、部屋にいたのは松島だけだったのですが、嬉しそうにお寿司を差し入れに来たという顕子を、松島が断れるはずもありません。逆にあそこで顕子を冷たく追い返すような男なら、おばさんも美月を託したいとは思いません


母が来たことを知った美月は顔色を変えて怒りを爆発させましたが、翌日には落ち着きを取り戻しました。それもすべては松島が大らかに美月を包み込んでくれているからなのでしょう


美月の年であれば、もっと前、大学を卒業した頃に一度は独立を考えてもよいはず、親も子もその辺で親離れ子離れできていれば、もうあれほど過剰な反応をしなくなるのではないかと思うんですが、美月にとってはそれ=親離れの時が今なのでしょう。


もっと言えば、もう少し幼い頃に段階を踏んで反抗期が訪れていれば、こうはならなかったのでしょうね。以前も申し上げましたが、それも全てはきっと美月が優しすぎたから、顕子がいつまでも傷ついた少女のような側面を持っていたから優しくせずにはいられなかったからなのだと思います。


美月自身、いみじくも父の浩司に対し、自分と顕子が仲良くしていた方が楽だったのだろうと指摘していたけれど、それは美月自身にも言えることなのではないでしょうか。美月も、顕子の意に反して自分の望みを実現させるより、母が機嫌よくしてくれている方が楽だった、母が悲しむ姿を見たくなかったから、敢えて自分の心から目を背けていたのではないでしょうか


それが今、ようやく旅立ちの時を迎えた。でも初めての経験だから、どうやって「反抗」していいか分からない。だから感情的になるしかない、という風におばさんには見えました。


以前美月は、ママには言っても分からないと言い、確かに難しいかもしれないけれど、少なくともドラマを見ている限りにおいては、(時間はかかるかもしれないけれど)話して分からない人物ではないように感じましたが。


あ、感想が長くなってしまいました


その後、またしても真紀が美月に余計なことを言いに来ます。真紀は最初松島に、顕子から同棲のことを聞いたけれど本当に大丈夫なのか、別れた方がいいのではないかと詰め寄って、あっさり交わされたために、今度は美月に釘を刺しに来たのです。


あいつがあなたの母親と自分の母親が同じ名前だって言ったの嘘だから。そうやって人の懐に入り込んでくるヤツなの。


これは嘘じゃないけど、サラリーマンなら営業時、顧客との会話作りに多少の嘘をつくこともありますよね。それをこんな風に告げ口する真紀の方がいやらしい。これこそ嫉妬以外の何物でもありません。


確かに、顕子が松島の部屋のカギを盗んで合鍵を作り、次から堂々と部屋に入り込んで掃除をしていったのはやりすぎだと思いますし、おばさんが美月でも即、怒鳴りつけるところですが、でも、実際美月に怒鳴られた後、雨の中に飛び出していった顕子が松島に、寂しいの、ともらしたのも本心から出た言葉なのだと思います


ここで浩司がね~もう少し気の利いたことが言えればいいのに、とヤキモキさせられてしまいます浩司がもっとしっかりしなくちゃ( `ー´)ノ。浩司は浩司で、このままリストラ候補に甘んじていてはいけないと社長に直談判をしに行くのですが、まったく相手にされなかったため、ついに退職も視野に入れ始めたらしく、これからは顕子とふたり、第二の人生を生きていこう、と語りかけます


でも顕子にしてみれば、リストラ?第二の人生?何を今さら!??と言わずにいられません。仕事がダメなら今度は家族??


とはいえ顕子も、今回の美月のように私も好きな人とこんな風に楽しく暮らしてみたかった、などと言うぐらいなら、結婚して子供ももうけた浩司とともにその楽しい暮らしを始めてみたらいいのにね。それが第二の人生なんだろうけど、顕子には浩司の言葉が胸に届かぬようなのです


それはあれかな~まだ玲子の呪縛から逃れられていないからなのかもしれませんね。顕子のみならず、浩司も玲子には認められなかったから、その浩司とやり直すなんて思いもよらないのかもしれません


一方で顕子は、美月の高校の文化祭に足を運びました。そこで礼美の母親が、(他からは大好評だったのに)ゾンビに扮した礼美を口汚く罵った上、そのとばっちりが美月にも及んだのを見ては、もう黙っていられません


美月がどんなに一生懸命やっていたか知りもしないくせに!!子ども思いのイイお母さんなのにねvv


娘とは言え教師なのですから、あそこで生徒の父兄と騒ぎを起こしたら美月が困るだろうなどとは顕子には考えが及びません。これがコメディなら、

あ~お母さん、またやり過ぎ

で済みますが、美月はそうはいかんのでしょう。いや、現実社会でもそれぐらい笑い飛ばせるような家族になれればよかったのにね


それどころか、どうやら美月は休職に追い込まれてしまうようです


果たしてこのドラマはどこへ行こうとしているのか、皆がそれぞれ納得のいく旅立ちができればよいのですが


お母さん、娘をやめていいですか?も残すところあと2話です。


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお母さん、娘をやめていいですか?のレビュー一覧」でお読みいただけます

お母さん、娘をやめていいですか?あらすじと感想 第5話 裏切り

波留さん主演のドラマ、【お母さん、娘をやめていいですか?】の第5話は「裏切り」です。個人的には「荒療治」としたかったですが


今回大いに感心したのは、美月はともかくとして、顕子と松島の実に微妙な心の揺らぎが見事なまでに繊細に描かれていたことです。特に台詞が印象的な訳ではなかったので、これはふたりの演技力のたまものでしょうか。いや~お見事でした。以下ネタバレのあらすじ感想文ですお母さん、娘をやめていいですか?のネタバレあらすじ行きますよ~(^^)/


顕子は松島にもたれかかって泣いた後、すっかり明るくなって家に戻ってきます。新居を見てきた、松島さんにも会ってきた~みっちゃんをよろしく頼むって言ってきたわ


顕子の機嫌がよいのは、普通に考えたら彼女が吹っ切ったからなのでしょうから喜んでよいことのはずなのに、なぜか美月は不安に駆られてしまいます。どうしてママはあんなに浮き浮きしているの?松島さんと何を話してきたのかしら?


これまでにも何度も指摘されていたように、顕子が美月を「自分の分身」扱いしてきたのは確かだけれど、美月もまた顕子の思惑や行動が気になってならない、つまりは親離れできていないのですよね。常に母親の機嫌を伺って生きてきたことの後遺症とも言えるでしょうが、まずはそこから変えなければなりませんね


そこへ、案の定、立原真紀が美月に真相を明かしてしまいます。あの夜、お母さんが泣きながら松島に抱き着いていたわ


「こんなこと言いたくないけど」と前置きするぐらいなら言うなよ余計なお世話だ( `ー´)ノ、と言いたいとこです。百歩譲ってもし言うなら松島に言うべきであって、ほとんど面識のない美月にする話じゃありませんよね。しかも、美月が顕子とふたりで松島を振り回している!だなんて、この人に言われる筋合いじゃありません


でも美月はこれでようやく一歩踏み出す勇気が湧きます。美月が顕子にあの夜のことを問いただすと、顕子はちょっとだけ、でも肝心なところを偽ってこう伝えます。みっちゃんのことをよろしくと言った後、おばあちゃんのことを思い出したら悲しくなって泣いちゃった~そこで松島さんが抱きしめてきたの


これもまた顕子を庇う訳じゃありませんが、顕子にしてみれば松島に抱き着いたことを美月に言うわけにはいきませんよね。何せこれまでずっと

「ママは常にみっちゃんファースト

と表明してきたのですから、それを忘れて娘の恋人に弱みを見せて(しなだれかかって)しまったなどと言えるはずがありません


いや、見せるだけなら、本人もそう言い訳していたように「弱みを見せたママが迂闊だったで済ませられるけど、側にいて泣かせてなどと言った挙句に肩にもたれかかってしまったなどとは、口が裂けても言えますまい


その上、母に死なれて弱っていたところを、若くてハンサムな優しい男性に優しくされたのが心ならずも嬉しくて、ついついはしゃいでしまったのです。それを美月に気づかれたのですから、恥ずかしくてホントのことなどゼッタイに言えません同じおばちゃんだから分かるわ~vv。その心境は、同じおばさんには理解できます


この辺は多分、見る人によって変わってくると思います。このドラマを、美月の立場に立って彼女に感情移入してご覧になっている方なら、娘の恋人に抱き着くなんて信じられない、不潔だ!と感じられるでしょうが、ずっと顕子寄りに、というより顕子が気の毒で見てきたおばさん、しかも年齢も近いアタイから言わせると、顕子の気持ちが手に取るように伝わってきます


一方の美月は、さらに勇気を出して松島の誘いに応じます。あの夜以来、松島は電話に出てくれなかったそうなのですが、それは松島自身が、自分の行動を恥じていたからなのだそうです


でも松島は、無理矢理抱き着いたわけではなく、悲しんでいる顕子を慰めようとしたけどうまく言葉に表せず、つい肩を引き寄せてしまっただけっだと、正直に打ち明けてくれました。もちろん美月は松島の言葉を信じます。上でも触れたように、ずっと顕子の顔色を伺って生きてきた美月には、顕子の言葉が偽りだということが本能的に分かったに違いありません。


美月はついに家を出る決意を固めました。とりあえずは松島のアパートに身を寄せるようです。これが現実なら、いや~女子高の教師が同棲はマズいっしょ、と思うけど、美月にとっては同棲ではなく「独立」なのですものね


その頃顕子は人形教室の展覧会の準備に打ち込んでいました。これもまた好意的に解釈するなら、顕子は、母の玲子の死や松島に抱き着いた気恥ずかしさ、そして、美月が離れていくのではないかというこれまた本能的な不安を払拭しようとしていたのではないでしょうか。安易な言い方をさせてもらえば、まさに「現実逃避」ですわね


が、現実はそんなに甘くはなかった。幼い頃、クマのぬいぐるみを大切にしていたのに、いきなり母から手作りの人形を預けられ、そのぬいぐるみを仕方なく押し入れに閉まった美月はもういません


ぬいぐるみより人形が好きなのはママであって私ではない私はぬいぐるみが好きなの!


美月は、顕子が展覧会で家を留守にする日を選んで家を出ました。その前夜、偶然部屋を訪れた父の浩司にだけは家出を打ち明けています。浩司は、黙っていくべきではないと説得しようとしましたが、美月は諦めたようにかぶりを振りました。ママはダメだよ、パパ。(=言っても分かってもらえない


でも美月は、松島のアパートに行く途中、ちゃんと顕子の展覧会には立ち寄ります。どうお?皆みっちゃんがモデルなのよと得意げに自信作を見せる顕子に、美月はキッパリこう反論しました。


違うよ、ママ。皆ママにそっくりだよ


文江もこれには以前から気づいていたようです。顕子の作る人形は本人が言うように美月に似ているのではなく、顕子自身にそっくりだったのだそうです


その後顕子は自宅に帰って、ようやく美月が家出をしたことに気づきました。美月や松島が電話に出ようとしないため、業を煮やした顕子は松島の会社に電話をし、美月たちの新居が焦げ臭いとの嘘の通報をしてふたりを新居に呼び寄せます


黙って出ていくなど裏切り行為だと罵る顕子に、美月はその通りだと反論しました。そうよママ。私はママを裏切ったの立ち上がる美月( `ー´)ノ


あ~こうなってくるとまさに「売り言葉に買い言葉」で、冷静な話し合いは望めません。ま、これはドラマですし、何せ井上由美子氏ですから、多少はセンセーショナルな展開(俗にいう修羅場)が避けられないのでしょうけれど、現実でも、特に母と娘は感情的になりがちですからね


やはりここは浩司が頑張るしかありませんねパパ、頑張れ!。実際会社でもただ黙ってリストラを待つのではなく、何とか突破口を開こうと奮起していたようです寺脇康文さんが大好き( *´艸`)


また美月の高校では近々文化祭が開かれるようです。ようやく美月に心を開いてきた後藤礼美が、そのせいで皆からますます爪はじきにされて、体よく実行委員を押し付けられてしまっていました。これが吉と出てくれればよいのですけど


さ~て来週はどうなりますかねお母さん、娘をやめていいですか?は続きが待たれるところでござるねお母さん、娘をやめていいですか?はなかなか硬派な社会派ドラマです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお母さん、娘をやめていいですか?のレビュー一覧」でお読みいただけます

お母さん、娘をやめていいですか?あらすじと感想 第4話 甘い罠

波留さん主演のドラマ、【お母さん、娘をやめていいですか?】の第4話は「甘い罠」です。いやいやそう簡単には引っかかりませんて。以下ネタバレのあらすじ感想文ですお母さん、娘をやめていいですか?のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


残念なことに、前回孫の美月に真意を明かした玲子は、肝心の顕子にこれを打ち明けぬまま、あっけなく亡くなってしまいました。リハビリの最中に狭心症を起こしたということでしたが、玲子は顕子が慌てて駆けつけてきた際、うわごとでこう言ってしまいます


どうしてできないの?ダメな子ねえ。


妄想好きなおばさんとしては、玲子が最期に思い浮かべたのは幼い頃の顕子であり、その時の口癖がつい出てしまっただけ~決して顕子を傷つけるつもりは無かったのだろう、むしろあの言葉こそ、玲子が玲子なりに顕子を愛していた証だったに違いないと解釈したいところですが、当の顕子はまたしても傷ついてしまいます


顕子は母のこの言葉から、幼い頃「四の段」が言えなかった自分を叱った玲子を思い出したらしく、泣きながら美月にこう語っていました。本当はできていたけど、「四」が「死」を連想させたから、あんまり言ったらお母さんが死んでしまうような気がして言えなかった


ああやはり顕子の成長は、幼い頃母親に否定された時のまま、止まってしまっているのです顕子が可哀想vv


玲子が他界した後、通夜には顕子の弟の貴之(中村靖日)夫婦が現れました。ふたりは遠方に住んでいたらしく、母の近くにいてくれた顕子と浩司をねぎらいます。やっぱり娘が一番だよな。


が、顕子はこれを強く否定しました。


そうじゃない。お母さんはあんたたちに迷惑をかけたくなかったからいっつも遠慮してただけ。私のことは大切じゃなかったから、いくら面倒見させても平気だったのよ。


うーん、人は、心から信頼できない人間に自分を託せないと思うんですが、顕子にはそう思えぬようです。玲子は顕子の「育て方」を間違えたのではなく「愛し方」を間違えたのではないでしょうかね。もっと言うなら、玲子は「愛情の示し方を知らない人間」だったに違いありません。


こちらはそれを知っている美月が、懸命に顕子を慰めようとします。おばあちゃん、ママに謝りたいって言ってたよ。


顕子はそれを聞いてますます憤慨してしまいます。ならどうして生きているうちにそう言ってくれなかったの!?


顕子が怒るのも無理はない~と思っていたところに、今度は浩司が怒りだします。浩司は最初、貴之の娘が顕子の剣幕に驚いていたため、顕子をとりなそうとしたのですが、顕子から「鈍感」呼ばわりされたのが、我慢ならなかったようです。


俺だって大変なんだ。リストラ候補に挙がっているけど、皆に心配をかけまいと黙っているんじゃないか!まったく~なんでいうかな、そんなこと


言いたい気持ちは分るけど、母親を亡くして動揺している妻にいう言葉じゃありませんよね。今いうぐらいなら、もっと早く話していればよかったのに、それでは美月に「ママはあれで弱いところがあるからまだ言えない」と言っていた思いやりが台無しです。他人が苦しみ悲しんでいる時、

自分の方が可哀想

と言わずにいられんのはまだまだ子供の証拠でござるよ


これでは顕子が成長できるはずもありません。ま、夫は妻を成長させるために存在している訳ではありませんけどね


それに比べると、松島は実に大人ですよね。最初に顕子が家を飛び出して文江のところに行った時も、動揺する美月を急かさず、かといって離れもせず、辛抱強く美月の心を慰めようとしてくれました。これは浩司が美月を心配し、松島にはっぱをかけてくれたのも大きかったかもしれません。好きなら諦めるな!


顕子を大切に思う美月の心を思いやりながらも、辛抱強く愛を注いでくれる松島を、美月が愛せぬはずがありません


玲子を失った後、すっかり弱り果てた顕子は、美月を玲子の代わりとばかりに頼ろうとします。松島さんに会いに行かないで!ママと彼のどっちが大事なの?


優しい美月は、弱り切った母に真実が言えず、ママの方が大事だと答えますが、いつまでも嘘をつきとおすことができなくなります


ママ、聞いて。どちらかを選ぶなんてできない。ママと同じぐらい松島さんが大事なの美月、よくぞ言った!


それまでずっと美月の言葉を無視していた顕子も、ついに折れざるを得なくなります。娘の恋路を邪魔するほど馬鹿じゃないわよ


が、その後美月が、松島から勧められた「独り暮らし」の可能性を口にすると、途端に態度を硬化させてしまいます。え?どういうこと?ずっと一緒に暮らしてくれるんじゃなかったの??


美月はまたしても顕子が不安定になることを怖れ、すぐに前言を撤回したため、顕子はふたりの交際を祝福すると約束しました。ママはみっちゃんの幸せを誰よりも願っているのよ


美月は松島にこれを報告し、ふたりは親公認で付きあうことになりました。


が、さすがに井上氏、そう簡単に幸せにはしてくれません


顕子は新居の建築現場にいた松島を訪れ、母を失った悲しみを吐露しました。幼くして母と別れた松島がそんな顕子に深い同情を示すと、顕子はその優しさに感動し、美月を幸せにしてほしいと約束させた一方で、自分も松島の側で泣かせてほしいと言い出します。


母親への思慕が人一倍強いだろう松島ですから、目の前で泣き出した顕子を放っておけず、その肩を抱いたところを、松島の元カノらしい立原真紀(壇蜜)が目撃してしまいます。あ~この人なら何でも曲解しちゃいそうです壇蜜が鬱陶しい


おばさん個人としては、顕子には決して松島を誘惑する意図はなかった、と考えています。いや、ドラマによってはそのような展開もあるだろうけど、このドラマ、そして顕子の性格からして、少なくともあそこで流した涙は計算ずくではなかったとしか思えんのだす。何度も申し上げて恐縮ですが、顕子の精神年齢はまだまだ幼い少女のままなのです。


夫の浩司がああして顕子を丸ごと受け止めてやれたら何の問題もなかったのにね~と思わずにいられません


でも、これで美月は踏ん切りがつくのかもしれませんね。顕子にその気がなかったとしても、やはり心穏やかではいられんでしょうからね。


それに今回美月は、礼美とその母親の関係を通して、自分と顕子の関係が尋常ではないと悟ります。礼美は、母と離婚後別れて暮らしている父親に会おうとしたらしいのですが、母親はそんな礼美に暴力を振るったそうなのです。


アタシと父親のどっちが大事なの!?


礼美は、子どもじゃあるまいし~とこぼしましたが、それを聞いた美月は、顕子もまさに子供のままなのだ、と気づいたようです。


またこれは前回提示されたことですが、玲子が顕子に対して「親」という立場を振りかざしてきたように、美月もまた礼美たち生徒に「教師」という看板を突き付けているという対比もなかなかでしたね。礼美は、これまでずっと自分を「先生」と呼んできた美月が、今回初めて「私」という対等な一人称を使ったことを高く評価していました


お母さん、娘をやめていいですか?」は続きもとっても楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお母さん、娘をやめていいですか?のレビュー一覧」でお読みいただけます

お母さん、娘をやめていいですか?あらすじと感想 第3話 暴走

波留さん主演のドラマ、【お母さん、娘をやめていいですか?】の3話目は「暴走」です。毎回思うことですが、この副題、ちと大げさすぎやしませんか。確かに多少行き過ぎの点は見られるものの、そこは何せドラマですから、そこまで過激なタイトルにしなくてもよいように思えます。そうしたタイトルに惹かれる視聴者はそもそもこのドラマを見てないような気がするんですが


おばさんのボヤキはそれぐらいにして、以下ネタバレのあらすじ感想文ですお母さん、娘をやめていいですか?のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回はようやく祖母と母、そして娘~3代の関係が明らかにされました。やはり、顕子もまたその母(祖母)玲子の被害者だったのです。顕子は玲子に認められぬまま大人になった、いわゆる「アダルトチルドレンでした。


今回美月は母と連れ立ち、施設にいる玲子のもとを訪れました。喜んだ玲子は美月を褒めちぎるのみならず、

私は顕子を育て損ねた

とハッキリ明言してしまいます


どのみち美月を褒めるのであれば、よくぞ美月をここまで立派に育ててくれた、と顕子も褒めればよかったのにね。確かに顕子は過干渉ではあるものの、美月があそこまで素直で優しい娘に育ったのは、顕子の力も大きかったのは決して否定できないと思うからです。


でも玲子も自分の教育が間違っていたことには気づいていたようで、心の中では顕子に申し訳なかったと詫びていたらしいのに、それを素直に口に出すことができないと、孫の美月だけには漏らしていました


盗み聞きが得意(?)なはずの顕子が、それ以上玲子の自分に対する失望の言葉を耳にしたくなくて飛び出してしまったのが、何とも悔まれてなりませぬ


美月もそんな顕子の気持ちを察して心を痛めていたようです。


今回美月は、幼い頃から自分が心配をかけると顕子が体調を崩していたと明かしました。美月が祖母の家に行くと言った時も、ボストンに留学したいと言った時も、そして松島との交際を認めようとした今回もまた、顕子は倒れてしまったのです美月はすべて諦めたそうvv


それが本当に美月を心配しての結果なのか、それとも自分のエゴを満たすためだけなのか、の区別はまだ美月にはつけられないようでしたね。そうするのが怖いだけかもしれませんし、顕子自身にも白黒はっきりとした区別はつかないのかもしれませんけど。


でも美月は松島という理解者を得て、徐々に変わって(=成長して)きています。自分の好みや意見を押し付けがちな母とは違い、松島は美月の本音を引き出して自由に振る舞わせてくれるので、ようやく自己を確立する余裕がでてきたのでしょう


公開授業に際しても、松島は授業の前に学校に来て美月の緊張をほぐしてくれましたが、顕子はいてもたってもいられずに、教室まで押しかけてきました


でもそれも、美月が母からのメールを無視してしまったからなのですよね。ここは無視する美月の気持ちも分かるし、返事が来ないことで押しかけずにいられなかった顕子の気持ちも、多少は分かるような気もします。顕子は良かれと思ってやっているのですよね~自分が子供のままだから、美月もそうだと思っちまう


が、ここで顕子は、美月が故意に顕子を避けようとしていたことに気づきます。美月は、顕子が授業の後にお茶に誘ったのを断った上、顕子が自分の後をつけてくるのを確かめた上で、急いで信号を渡ってしまったからです。自業自得とは言え、顕子にはかなりショックだったことでしょう


前回顕子は美月のことを精神が不安定だと評したけれど、精神が不安定なのは顕子なのです。顕子はどうやら新居に忍び込み、美月の部屋に赤いペンキをまき散らしてきたようなのですが? あ~ここは確かに「暴走」と言えなくもないけど、相手がまだ我儘な「子どもだと思うと、さもありなんと思いませんか?


顕子の場合も、夫の浩司が松島のように顕子を救ってくれたらよかったのですが、どうやら浩司もまた、姑の玲子からは認められていないらしいのですよね。親子で気に入っていた男性は、親友の文江に取られてしまったそうです。その後に現れた浩司は可もなく不可もない人間として迎えられたようでした。それじゃあ家も建てたくなりますね


また、これまでずっと反抗的だった教え子の後藤礼美(石井杏奈)が、ようやく母から離れて自立しようと張り切っていた美月から何かを感じ取ったらしく、そのピンチを救ってくれたのも良かったですね


美月が勇気を出して礼美を他の生徒と区別することなく授業への参加を促したことも礼美に心を開かせたようです。何事も全力でぶつかっていけば、必ず道は開けるのです


さて来週は、浩司が家族に真相~リストラ候補になっている事実を告げるようです。あ~それではますます顕子が錯乱しそうな気がしますね~。彼女が大人になるためには、やはり玲子との関係修復が第一だと思われるのですが?


お母さん、娘をやめていいですか?は続きもとっても楽しみですねお母さん、娘をやめていいですか?もなかなかです♪



これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はお母さん、娘をやめていいですか?のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング