ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
シカゴ・メッド
 医療モノ

シカゴ・メッド シーズン1 最終回 あらすじと感想 出発

毎週楽しんできた医療ドラマ、【シカゴ・メッド】(シーズン1)もついに最終回を迎えてしまいました。アメドラにしては珍しく、きちんとまとまった形での結末でしたね。元がスピンオフだからでしょうか。とはいえ、是非続き(S2&S3)も放送していただきたいです


以下、シーズン1最終回「出発」(Timing)のネタバレのあらすじですシカゴ・メッド、最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


サラの卒業式当日、EDにダウニーが運ばれてきました。コナーはこれを肝腫瘍が横隔膜に浸潤しての大量出血と診断し、すぐに手術にかかりました。大量に輸血をして何とか危機を逃れたものの、ダウニーはなかなか覚醒しません。


オペ中の脳卒中を疑ったコナーが、脳外科医のサム・エイブラムズ(Brennan Brown)の意見を仰いだ上で頭部のCTを撮ったところ、卒中ではなかったものの、腫瘍が脳に転移していたことが判明します。


その後目覚めたダウニーはエイブラムズの所見を聞いて、手術はしないと答えました。コナーはせめてセカンドオピニオンをと勧めますが、ダウニーはエイブラムズを信用している、と取り合いません。


ダウニーは長年の旧友らしいエイブラムズに、これまでの誠実な対応にはいつも感謝していた(I've always appreciated your bedside manner)と述べ、コナーには、後で側にいてほしいと告げました。I may feel like some company.


その願い通りコナーが後で立ち寄ると、ダウニーは、もう闘病には疲れたから早めに旅立ちたいと安楽死を仄めかしますが、コナーには手を貸すことができません。それはダウニーも百も承知しているはずです。


I guess we're all given our measure of suffering. God's medicine.
人にはそれぞれ苦しみの限界がある。神の薬だ


これは、ダウニーの苦痛はおそらく限界に達しており、神はダウニーにそれ以上の試練を与えないだろうという彼の信仰(もしくは医師として多くの死に立ち会ってきた経験?)が言わせた言葉でしょうか。


もう一度ハワイに行きたかったと語ったダウニーのため、コナーはブーケを手に入れて戻ってきました。それはピカーケ(Pikake)=ジャスミンのブーケだそうで、これを首にかけてもらったダウニーは本当に幸せそうでしたダウニーとコナーの関係が好きだった♪


コナーが(ダウニーの後を継いで)心臓胸部外科のフェローになる決意を語ると、ダウニーはジョークで答えます。


So I haven't been wasting my time.
時間を無駄にしたわけじゃなかったな


ダウニーは、礼を言うコナーに、自分が死んだら火葬にしてくれと伝え、楽しかった(It's been a good ride)と告げました。Yes, it has.(ええ、本当に)


コナーが部屋を出るとすぐダウニーの心臓は止まり、これを報告する看護師に、コナーはダウニーがDNR(do not resuscitate~蘇生措置拒否)を表明していたと告げ、静かに逝かせるよう指示しました。これがダウニーの「Timing」だったのかもしれません。


コナーは休暇を取り、ダウニーの遺灰をハワイの海に蒔いたようです。ダウニーには姉しかおらず、その姉も既に亡くなっていたのだそうです。


健康で長生きできるに越したことはないけれど、これと見込んだ後輩に看取られ、その後輩の手で大好きだったハワイの海に眠らせてもらったダウニーの人生もまた素晴らしい締めくくりだったと実に感慨深かったですコナーは素晴らしい恩師に恵まれましたね


さて次はサラに参りましょうか。


卒業式を前にしたサラは、その直前、生後6カ月の赤ん坊を担当することになりました。その赤ん坊は、最初に肝臓、そして次には心臓の肥大が確認されたため、ナタリーとサラは遺伝性の疾患を疑います。


サラは早速、その子と両親の染色体を病理に提出に行きました。BFのジョーイ(Peter Mark Kendall)は、得意気に最新式の機械について説明しますが、サラはそんなことより検査結果が気になってなりません。


するとジョーイはそんなサラこそ臨床ではなく病理に向いていると決めつけました


You don't want to get so involved with patients. What if that poor little baby doesn't make it? You're gonna feel terrible.
患者に入れ込み過ぎたくないはずだ。その可哀想な赤ちゃんが助からなかったら?ひどいショックを受けるだろう。


サラもおそらくこれに同意はしたのでしょうが、やはりその子が気になって夕方も様子を見に行った挙句、そのまま疲れて寝込んでしまい、卒業式をすっぽかしてしまいます


心配したジョーイがやってきてサラを起こして事実を告げ、サラ・リースと名前入りの病理部の白衣を贈りました。


サラもそのプレゼントは嬉しかったようですが、その後、赤ん坊の病状が脂肪代謝異常と判明し、ブドウ糖の接種でコントロールできると両親に告げた際、その母親が心の底から感謝してサラに抱き着いた時はもっと嬉しかったようです


これがサラの「タイミング」だったようです。サラはジョーイに貰った白衣を着て病理部へ行き、自分は病理部へは行かないと伝えました。サラはこれで職を失ってしまうそうですが、チャールズは大喜びで歓迎していましたね


Nice fricking move. Right on, sister. I knew you were smart. You're gonna be fine.
よく決心した。いいぞ、後輩。君が賢いことは分っていた。きっとうまくいくさ。


そのチャールズ、今回は「オウム」の診療をさせられていました。以前イーサンがゴミ屋敷から連れ帰ったあのオウムです。


このオウムは、オウムなのに飛ばず、口にする言葉は前の飼い主が叫んでいた「Don't touch that」(触るな)だけ、夜はどうやら悪夢にうなされてもいるようなのです


PTSD(Post Traumatic Stress)


チャールズはこのオウムがイーサンの助けになるかもしれないと言い、とりあえずどんどん話しかけるよう助言しました。


イーサンが自分の腕をばたつかせてオウムに飛び方を教えようとしたシーンは楽しかったですね~


Like this. Flap your wings, come on. Watch me.
こうだ。羽をバタバタさせるんだ。僕を見て


こうした努力の甲斐あって、ついにオウムが他の言葉を口にします。Be back tonight.(また今夜)


Have a nice dayと言われても、部屋に独りぼっちだから答えたくなかったのかもしれませんね。それよりも、イーサンが帰ってくる夜を心待ちにしたかった、な~んて


イーサンは喜んでチャールズを自宅に招き、もう一度言わせようとしましたが、そう思い通りにはいきません。イーサンが何度声をかけてもオウムは答えてはくれませんでしたが、その代わりに、少し離れたイーサンめがけて飛んでいったのがまた実に楽しかった


Whoa!More success than I have with most of my patients.
ワオ。私より治療が上手い


オウムに向かって「Good job」と微笑むイーサンの笑顔がまた実に魅力的でした。これでイーサンの気持ちも少しは楽になったのではないでしょうか


Congratulations. To the both of you.
おめでとう。ふたりとも。


おめでとうと言えば、ついにウィルがシカゴEDの「a full-time position as attending physician」(フルタイムの指導医)として正式採用が決まったそうです。やはりナタリーの後押し、効いたみたいですね


そのナタリーが結婚指輪を外した途端、亡きジェフと同じ名前で友人だった元消防隊員のジェフ・クラーク(Jeff Hephner)がインターンとしてEDにやってきました。嬉しそうにジェフをハグするナタリーを見たウィルの表情は複雑そうです。せっかくの「タイミング」だったのにね~。ま、ここは焦らなくてもよいでしょうけど


でもめでたいことばかりではありません。シャロンは夫に去られ、エイプリルは結核だったことが判明してしまいます。エイプリルは特にテイトからプロポーズされたばかりだったのに。


が、それも決して不幸と決めつけたものではありませんものね。「出発」の副題にふさわしく、また新たな道が開けただけかもしれません。


シカゴ・メッドは実に素敵なドラマでした。繰り返しになりますが、是非次シーズンも拝見したいものですシカゴメッドが面白かった(^^)/




これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はシカゴ・メッドのレビュー一覧」でお読みいただけます

シカゴ・メッド
 医療モノ

シカゴ・メッド あらすじと感想 第17話 尊重

医療ドラマ、【シカゴ・メッド】の17話は「尊重」です。原題は「Withdrawal」ですが、おそらく「アルコール離脱症状」を指しているものと思われます。これまた一概には言えない難しい問題でした


以下ネタバレのあらすじですシカゴ・メッドのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはその「withdrawal」から参りますると、患者は、足を骨折して搬送されたホームレスの男性=チャック・グリーソン(Frank Whaley)です。が、骨折よりも深刻なのはアルコール離脱症状で、著しい吐き気やDTs(delirium tremens~精神錯乱)がなかなか治まってくれません。


グリーソンを診察したナタリーやウィルは、これを機にアルコール依存症を克服させようと試みますが、それがほぼ不可能に近いと悟りきっているエイプリルはグリーソンの頼みを聞いて、こっそり酒を渡そうとします。これもまた、患者の願いを聞いた=「尊重」とも言えるかもしれません。


ウィルがこれを見つけ、大いに憤慨して止めたため、エイプリルは断念せざるを得ませんでしたが、エイプリルに代わってグリーソンに酒を渡した者がいました。なんとなんとシャロンです。シャロンは元看護師だった経験から、自分で本気で依存症を治したいと思わない限り、絶対に克服できないことを身に沁みて知っていたのだそうです。


ウィル:
This patient had a chance to kick his addiction. Now it's gone.
この患者は依存症を蹴飛ばすチャンスがあったのに。それを失ってしまった


シャロン:
Dr. Halstead, an addict doesn't just kick a habit. He's got to want to quit, and right now he doesn't.
ドクターハルステッド。依存症は習慣を蹴飛ばすのとはわけが違う。本気で止めたいと思わなければ決して止められないし、今彼はそう思っていない


これに続いてシャロンは意味ありげにこう付け加えました。


Listen, you can't force a person to move on from something if they're not ready.
心の準備ができていない人に前に進むよう言っても無駄よ。


これはどうやらナタリーのことのようです。シャロンはウィルのナタリーへの気持ちを知って、ナタリーは果たして前に進む準備ができているのかしら?と謎かけをしたのです。


今回ナタリーは、亡き夫からもらった結婚指輪を職場で紛失してしまいました。マギーを初めとするスタッフが総出で捜してくれますが、ナタリーはショックのあまり発作を起こして倒れてしまいます。ナタリーは「たこつぼ心筋症」(takotsubo cardiomyopathy)を起こしていたのだそうです。


これは一時的な症状だそうですが、またの名を「broken heart syndromeとも呼ぶそうです。つまり、大切な人との別れなどの痛みによって引き起こされる症状なのだそう。


幸いなことに指輪はマギーが見つけてくれましたが、そんなナタリーを見たヘレンは、いつまでも過去に留まっているのは良くない、前に進む時が来たとナタリーを励まします


ナタリーもようやく踏ん切りをつけ、ヘレンとともにジェフの墓に出向き、結婚指輪を埋めました。


だから、シャロンの言葉は、今回ばかりはちいとばかしお節介だったかもしれません。ま、ウィルにはあのぐらい言っといたほうが良いのかもしれませんけど。


さて次は心筋梗塞で搬送されたフランク・マコーミック(Brian P. Weddington)の症例です。フランクとその妻(Rachel Sledd)は宗教上の理由から、人工心肺を使う手術を拒否しました。なんでも、体内の血液を一度でも外に出すと、永遠の命が失われてしまうのだそうです。


コナーはそれでは治療ができないと説得を試みますが、夫妻は、現在の命より永遠の命を尊ぶとばかりにまったく耳を貸しません。


するとダウニーがオフポンプ=心臓を動かしたままのオペを提案しました。これは非常な危険を伴うそうで、コナーとイーサンは猛反対しましたが、ダウニーは、あくまでも患者の意思を尊重すべきと譲りません。


案の定、いざ手術を始めたところ、フランクの心臓が停止してしまいました。コナーは懸命に心臓マッサージを続けながら、マコーミック夫人を手術室に呼び、その様子を見せつけます。このままだとご主人は助かりません!!


夫の死が現実味を帯びた今、夫人は「永遠の命」より「現在の命」の方が大切になり、人工心肺に繋いでほしいと依頼しました。こうしてコナーはオンポンプで手術を続け、見事にこれを成功させます。


が、麻酔から目覚めたフランクは、事の真相を知ってひどく怒りだしました。これで私は永遠の命を失った!


宗教的なことですから、あれこれ言うのは控えたいですが、あれではマコーミック夫人があまりにも気の毒ですよね。もし逆の立場だったら、フランクは夫人をあのまま死なせてしまうのでしょうか?


I have to believe that a god of love is also a god of forgiveness.
愛の神は許しの神でもある


夫人の言葉でようやくフランクが納得してくれたようで何よりでしたね。


となると、問題はダウニーです。ダウニーは最後までオフポンプを主張し、たとえ死んでも患者の意思を尊重すべきだったと譲りませんでした。


そのダウニーは肝臓がんのラジオ波焼灼術を受けることになっていたそうで、コナーはそれでダウニーがセンチメンタルになっていると思ったようでしたね


確かにダウニーは、自分も末期がんという理由から、患者の気持ちを最優先しようという傾向が強いし、今回はコナーの選択で結果オーライだったわけですが、個人的にはやはり、ダウニーの言葉もコナーには心に留め置いてほしいと感じました。


You're a good surgeon, Dr. Rhodes, but saving a life isn't always the answer, and you will never be a great surgeon until you understand that.
君は良い外科医だが、命を救うことだけが答えではないし、それが理解できぬ限り、偉大な外科医にはなれないだろう


さて最後はせん妄状態で運ばれてきた女性のケースです


ローズ・ウェクスラー(Lynn Cohen)は、若い頃NASAで訓練を受けた女性初のテストパイロットだったのに、今では老人ホームで暮らしているそうです。しかもどうやらボーイフレンドから淋病をうつされたらしいのです。それは、ローズと同じホームにいる女性が、同じ症状を呈して搬送されたことから、チャールズが原因を見抜きました。


サラはとても信じられないようでしたが、チャールズには理解できたようですね。


そうですね~80を過ぎて老人ホームに入り、もしそこに女性を喜ばせることに長けたプレイ"オールド"ボーイ(博愛主義者?)がいたら、病気をうつされるのはともかく、お付き合いするのは健全なことだと、おばさんも思います。まだ26歳のサラには到底理解できんでしょうし、できたら逆に驚きますが


楽しんで見てきたシカゴ・メッドもいよいよ来週が最終回だそうです。アメリカでは来年からシーズン3も予定されているそうなので、日本でも是非引き続き放送してほしいものですね。とにもかくにも最終回が楽しみです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はシカゴ・メッドのレビュー一覧」でお読みいただけます

シカゴ・メッド
 医療モノ

シカゴ・メッド あらすじと感想 第16話 混乱

医療ドラマ、【シカゴ・メッド】の16話は「混乱」(Disorder)です。これまた実に面白かったですね~。以下早速ネタバレですシカゴメッドのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、病院にジェイコー(JCAHO~The Joint Commission)という抜き打ち調査が入ったことで、いつもよりちょいと少な目の3つの症例でしたが、そのどれもが印象的なものばかりでしたね


まずは1つめ~街中でいきなり妻を殴りつけた後、自分は道路に飛び出して車にはねられたという男性、ネイサン・クレイ(Francis Guinan)はレビー小体型認知症を患って4年になるそうです。妻のローラ(Jayne Atkinson)は元神経科医、つまりはこの病の専門家ですから、早期退職までしてネイサンの病の進行を食い止めるべく努力をしてきたのだそうです。


I know that it would be better and safer for the both of us if Nathan went to a care facility, but if I do that, then it's over. And I'm not ready to give up our Sundays listening to opera. I know it's hard to imagine, but my Nathan is still in there. Last week he made me dinner, Florentine lasagna.
ネイサンを施設に預けた方が双方にとってよりよく安全だということは分っているの。でもそれではそこで終わってしまう。日曜日に彼とオペラを聞くことを諦めたくない。私のネイサンはまだここにいるの。先週はフィレンツェ風ラザニアのディナーも作ってくれたわ。


この話を聞いたチャールズは思わず首をかしげました。レビー小体型認知症の患者が4年もの間自分を失わずにいることはかなり珍しい、というよりほとんど無いのだそうです


ネイサンは、今回の自動車事故の衝撃で心臓内のバイパスグラフトの吻合部が破裂してしまい、本来なら再手術をするところですが、一度外科的手術を施した心臓(repaired heart)は癒着がひどいため、術中に亡くなる危険性が高いのだそうです。しかもネイサンはどのみち認知症も悪化してしまっていますから、ローラも一旦はタイラーやコナーの勧めに従って手術を諦めようとします


一方、ローラの話を聞いて疑問を持ったチャールズは、コナーに頼んでこっそり頭部MRIを撮ってもらうことにしました。それには家族の同意が必要ですが、チャールズは、自分の予見が間違っていた場合のことを考えて、ローラに無駄な期待を抱かせたくないと思ったそうです。


でもチャールズの診断は見事に的中していました。ネイサンはレビー小体型認知症ではなく、脳内に良性の腫瘍ができていただけだったことが判明したのです。最初の診断が下った時点では、腫瘍がかなり小さかったため、見逃されたのだろうということでした。


私の思い込みが夫を死に追いやるところだった!


ローラの後悔たるや、見ているだけで胸が痛くなるほどでした


が、ローラは意を決して次なる行動に打って出ます。コナーとダウニーに、ネイサンのバイパス再建手術をするよう強く要請したのです


数多くの症例を見てきたダウニーは、それでも拒否しましたが、コナーはローラの必死の訴えを無視することはできませんでした。分かりました。私が引き受けます


ネイサンの手術中、ローラがその成功を祈っていると、チャールズがクロスワードパズルの答えを聞いてきたシーンがまた良かったな


クロスワードは、ローラが「認知症」のネイサンのためにしていた夫婦の日課のようで、チャールズはそれも分かった上で、なんとかローラの気を紛らわせようと配慮してくれたのです。ローラがこの心遣いをさりげなく受け止めたのもさすがでしたね。普通なら、今そんな場合じゃない!とヒステリックにやり返してもおかしくないところですから。


そして手術は見事に成功し、最後まで反対していたダウニーも結果的にはコナーの熱意と実力を高く評価してくれました


Great surgeons know the balance. You're confident, not arrogant.
優秀な外科医はバランスを知っている。君は傲慢ではなく自信家だ


またイーサンは、いわゆる「ゴミ屋敷」で怪我をして動けなくなっている男性、ポール(Si Osborne)の救出に向かいました。英語では、ゴミを捨てられない人を「Hoarder」と呼び、この現象は「Hoarding disorder」という病として認識されているそうです。


負傷はともかく、この「ゴミ」は、冗談抜きにイーサンが遭難してしまいそうなほど山積していたのがまた凄かった


これは後で分かったことなのですが、この家にはオウムがいてポールの言葉を反復していたため、イーサンがその声を不審者と勘違いしたのも薄気味悪かったですよね


なんとかポールまでたどり着いたイーサンは、ポールの足が火傷のために血流が滞っていたのを素早く見て取りました。切断を免れるためにはすぐにも減圧が必要だったため、モルヒネを麻酔代わりにし、ポールを励ましながら処置にあたります。この辺の判断は戦地での経験が大いに役立っているのでしょう


こうしてポールは足を失わずに済みました。ポールがこんなになるまで助けを呼ばなかったのは、市による強制撤去を怖れてのようですが、イーサンはそれも「Fresh start」(再出発)だと励まします。イーサンが、男女を問わずモテる訳が分かりますね


そしてイーサンは、取り残されたオウムを連れて帰ったようです


さて3件目は、癌患者の女性を犬が救おうとしたケースです。飼い犬のブーマーに噛まれてEDにやってきたタラ(McKenzie Chinn)は、傷の手当と狂犬病のワクチン接種をして帰ろうとしたところ、微熱があってリンパ節が腫れていたこと、白血球数が多かったことから溶連菌の検査をすることになります。


そこへタラの妹がブーマーを連れて訪ねてきたことが、タラの病を解明するヒントとなりました。病院に置いていかれたブーマーが、スキンヘッドの癌患者を見て激しく吠えたことから、ナタリーがある可能性に気づいたのです


犬には癌患者とそうでない人を見分ける能力があるのだそうです。これは犬の持つVOC(揮発性有機化合物)を嗅ぎ分ける能力が関与しているらしいです。


検査の結果、タラは間違いなくリンパ腫だったことが判明しました。ナタリーから告知を受けたタラはひどく驚きましたが、ブーマーのおかげで「ごく初期」での発見だったと知って喜びます。ブーマーは最近よく胸のあたり(リンパ節のあたり)を噛もうとしていたのだそうです


Yeah, he wasn't attacking you. He was trying to protect you.
ブーマーはあなたに噛みついたんじゃなくて癌に噛みつき、あなたを守ろうとしていたんだわ


施設から引き取ってくれたタラへのブーマーの恩返しに、思わず胸が熱くなります


それ以外では、前立腺癌の放射線治療をしていた男性が尿のつまりを訴えたところ、尿パックから治療に使っていたらしいカプセルまで出てきてしまったのは、笑うに笑えないシーンでした


エイプリルはいつも通りこぼれた尿を掃除しようとしますが、マギーはJCAHO中だからと「マニュアル通り」(by the book)に環境サービスに電話しようとします。それにJCAHOの対応を命じられたウィルがまた実にうるさいのです


Wonderful, the guy enforcing the rules is the one who's always breaking them.
いつもルールを破っている男がルールを守らせるなんてね


言われちまって当然です。その後ウィルがずっと「Robocop Halstead」(ロボコップ・ハルステッド)と呼ばれていたのも可笑しかった


でも、この尿掃除はそのロボコップが率先して事に当たってくれます。いつもなら自分たちでする仕事も全てマニュアル通り「環境サービス」を呼んだためにそこが多忙になり過ぎ、掃除に来るのは明日になるという連絡を受けたからです


ピンセットでカプセルをつかんでポットに入れ、これは内緒だと笑ったウィルは、なかなかイイ奴なのですが、前回勘気を被ったケンドラ・ペリントン(Karen Aldridge)の意向は変わらなかったようです


仕方なく他の就職先を探しているウィルを見たナタリーは、シャロンにウィルをシカゴ医療センターに残すよう推薦してくれました


I know my voice isn't official, but I'd like to put in a good word for Will regarding the open ED attending position.
私に権限が無いのは知っていますが、ウィルがED指導医に残れるよう推薦したい


シャロンは、これまで対立していたナタリーがウィルを認めたことをたいそう嬉しく思ったようです。


それでも、さすがにリーダーらしく、最後は「規則破りのスタッフたち」にお灸を据えるのも忘れません。


Yet, despite what I said about the rules, my team ordered tests on the sly, brought a dog into the ED, and handled radioactive material.
あんなに規則を守るよう言ったのに、こっそりMRIを撮ったり、EDに犬を連れ込んだり、放射性物質を勝手に処理するなんて!


ここでチャールズがもっともらしく「熱力学の第2法則」(the second law of thermodynamics here)を持ち出しのにはシャロンも大いに呆れていました


I love rules. We all do, but in bringing order to disorder, every now and then a couple gonna get bent.
私を含め、皆規則は大好きだが、混乱の中に秩序を持ち込めば一部が歪んでしまう。


Nice try, Daniel. Second law of thermodynamics. Pleaseよりによって熱力学だなんてvv.
ナイストライよ、ダニエル。でも熱力学だなんて、やめてちょうだい。


JCAHOは何も気づかなかったため最高評価を得たそうです


何とも愛すべきスタッフです。シャロンが、たとえ夫が何と言おうと仕事を辞めたくない気持ち、分かりますよね~


あ~あと残り2話なんて寂しすぎです。他のシカゴシリーズも是非放送していただきたいものです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はシカゴ・メッドのレビュー一覧」でお読みいただけます

シカゴ・メッド
 医療モノ

シカゴ・メッド あらすじと感想 第15話 契約

医療ドラマ、【シカゴ・メッド】の15話は「契約」ですが、原題は「Inheritance」(継承)です。前者は代理母、後者は遺伝的体質を指していたようです。以下ネタバレのあらすじですシカゴ・メッドのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずは代理母のケースから見てまいりましょうか。


EDに運ばれてきた妊婦=ニーラ・デサーイ(Vanessa Martinez)は胎盤剥離の可能性が高かったため、すぐに帝王切開しようとしたところ、ニーラ自身が頑としてこれを拒否しました。ニーラは他の夫婦の受精卵を着床した代理母なのだそうです。


その夫婦と交わした契約には「未熟児」を出産した場合はその子を引き取らない、契約は無効であると記してあったそうで、貧しいニーラは、自分自身の子どもを育てるためにこの契約に踏み切ったのだそうです。だからどうしても今産むわけにはいかないのです。


が、放っておけば母子ともに危険だと判断したイーサンは、ナタリーを連れてきてニーラを説得させました。ナタリーは、どんなに裕福な生活も、母親がいなければ子どもにとっては何の意味もない、と訴えます。


The proteins from your placenta are poisoning your blood, and at any moment you could have an eclamptic seizure that could kill you and this baby. Ms. Desai, your boys would rather spend 100 Chicago winters in a shelter than a lifetime without their mother. Don't orphan them for this money.
胎盤性タンパクはあなたの血液を汚染し、いつ子癇の発作が起きて、あなたとお腹の子を死に至らしめてもおかしくない状態だ。デサーイさん、あなたの息子たちは100回シカゴのシェルターで冬を過ごすことになっても、一生母親を失うよりマシ。このお金のために子供たちを孤児にしないで。


ニーラはようやく納得してオペに踏み切りました。幸いなことに胎児は小さくても健康でしたが、当初の契約通り、出産を依頼した夫婦はその子を引き取らず、契約は破棄されてしまったそうです


その夫婦の代理人が、いかにも親切ごかしに、他に引き取り手がないかどうか当たってみると言ったのには、さすがのシャロンも怒りを抑えられませんでした


What you're doing may be legal, but it sure as hell isn't right. No reputable surrogacy agency would have ever given Neela a contract like that.
あなたのしていることは合法かもしれないけれど倫理的には間違っている。心ある仲介業者だったら、あのようなひどい契約はさせないはずだ


金に困った若い女性が手っ取り早く金を得る手段として代理母になるケースが多いのかもしれませんね。子どもの無い夫婦にとっても決して悪い制度ではないはずですが、だからと言って、そうした女性たちが足元を見られてよいはずがありません。


さて次は、徹底的に「薬物」を拒否する少女、エリー・ニューマン(Taylor Marie Blim)のケースです。エリーは、腹痛と嘔吐を訴えてEDに運ばれてきましたが、薬物依存症の父(Justin McCarthy)を見て育ったため、薬物に対する警戒心が人一倍強いようです。


チャールズに相談したナタリーはエリーの意思を尊重し、なんとか局部麻酔だけで胃カメラの検査を試みますが、エリーは途中で耐えられず、カメラを吐き出してしまいました。


これでは何の解決にもならないと判断したナタリーは、エリーが未成年であることを理由に、父親のニューマンから麻酔の使用許可を得ることにしました。


鎮痛剤を使用して検査した結果、どこにも異常が見られなかったため、ナタリーはますます自分のしたことを後悔してしまいます。


一方で、ナタリーが患者の意思を無視したことを批判したチャールズは、オピオイド系の鎮痛剤がとても良く効いたと聞いて、ある可能性に辿り着きます


エリー、そして父親のニューマンは、急性間欠性ポルフィリン症(AIP, Acute Intermittent Porphyria)という病に罹っていたのだそうです。この病は遺伝子の異常が原因で、腹痛や精神症状が起きるものの、炭水化物を摂取することでその症状を緩和することができるのだそう。今回エリーが発症したのは、プロムにドレスを着るためにダイエットをしたからなのだとか


ニューマンもまた、同じように若い頃この症状が出たにも拘わらず、正確な診断を受けられなかったため、自分で痛みを抑えようとしているうちに、依存症になったのだそうです。


薬物に依存する父を軽蔑してきたエリーは、その父もまた苦しんでいたことを知り、父を見る目が変わったようです


とはいえ、チャールズがせっかくニューマンに助けの手を差し出したのに、ニューマンはその手を取ろうとはしませんでした。それでも名刺を渡すチャールズの誠意がいつか報われるとよいのですが


でもこのニューマン親子の件は、コナーに良い影響を与えたようです。コナーは父が母をないがしろにしていたと考えていたようですが、妹のクレアの考えは違うようです。母の精神疾患は重く、父はそれを子供たちに見せまいとしていたのだそうです。


どちらが正しいかは分からぬものの、もしかしたら、父にも苦労があったのかもしれないと、コナーは考え直したようです。これで少しでも親子が歩み寄れるとよいですね。


さて最後はウィルです。今回ウィルは、幼馴染のアンドリュー・タッカー(Walter Briggs)を担当することになりました。付き添ってきたのは兄弟のブライアン(Robert Eli)です。ふたりは高校時代から赤毛のウィルを「ジンジャー」と呼び(差別用語です)、何かにつけて馬鹿にしてきたそうです。


今回もふたりはウィルを信用せず、あれこれ言いがかりをつけてきたため、最初は相手にしなかったウィルもついに我慢できなくなって主治医を降りてしまいます。が、あにはからんや、タッカー兄弟はずっとウィルのガッツを尊敬していたそうで、最終的にウィルの指導医ではなく、ウィルの見解を支持してくれました


それは結果的に患者にとっても良かったんだけれど、指導医の怒りを買うこととなり、ウィルはシカゴ医療センターに残れなくなりそうなのが心配です。ウィルはまだ「研修医」だったのですね~どーりで。おばさんも最初はウィルが苦手だったし、この人はかなり誤解されやすいタイプなのかもしれません


楽しんで見てきたシカゴ・メッドも、残すところいよいよ3話となりました。続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はシカゴ・メッドのレビュー一覧」でお読みいただけます

シカゴ・メッド
 医療モノ

シカゴ・メッド あらすじと感想 第14話 心臓

医療ドラマ、【シカゴ・メッド】の14話は「心臓」ですが、原題の「hearts」には物理的な心臓のみならず、さまざまな感情や心が含まれていたように感じました。以下ネタバレのあらすじですシカゴ・メッドのあらすじ行きますよ~(^^)/


その「心臓」も3つのケースが扱われていました。1つは赤ん坊の心臓のようですが、こちらはコナーがかなり貢献したようです。ダウニーは、家族にオペの成功を伝える役目をコナーに譲ってくれました


また2つめはイーサンが担当した元軍人のレヴィ・コールマン(Shane Patrick Kearns)という男性のケースです。コールマンは、心臓が頭で鼓動していると主張したため、受付でも急患とはみなされませんでした。誰もが精神疾患だと解釈したからです。


腹を立てたコールマンは何とか早く診てもらおうと、自分の耳に折った鉛筆を突きたてました


こうして「急患」になったコールマンを担当したのはイーサンです。イーサンも最初はPTSDと信じて疑いませんでしたが、ある時コールマンが食事をしていた際、ベッドテーブルに置いてあったゼリーがぶるぶる震えるのを見てコールマンの話が嘘ではなかったことに気づきます。


コールマンは戦争で背中に砲弾を浴びたそうで、その時の破片が心臓の周りに瘢痕となって残っていて、それが心臓の鼓動を反響させていたのだそうです。


その瘢痕が心臓の近くにあるため外科的処置は難しいらしいですが、目に見える傷なら対処しやすいというヴィッキーの言葉から(In a way, isn't it easier to deal with things you can see?)、イーサンはその心臓がコールマンとともに戦ってくれる戦友(brother-in-arms)だと励ましました。実際に超音波を使って心臓を示したのも効果的でしたね


うるさいと思うから不快なのであって、自分を助けてくれる仲間だと思えば耐えられるかもしれません。


それはなかなか効果の上がりにくい「見えない傷」も同様でしょう。ヴィッキーは、苦しい時はコールマンを思い出して頑張るようイーサンを勇気づけました


You, Dr. Choi, have to fight as hard for yourself as your heart does.
あなたもよ、ドクターチョイ。あなたの心臓と同じぐらいにあなたも戦わなくちゃ


そして3つめの「心臓」は、コナーが担当した事故の被害者、スカイラー・ヴァンス(Clare O'Connor)です。コナーとダウニーはいつも通り最善を尽くそうとしましたが力及ばず、スカイラーは手術途中で亡くなってしまいました。EDに運ばれた時、まだ新しいピンクのバッグを抱きしめていたスカイラーの両親が、そのバッグを手に抱き合って泣いている姿がまた痛ましかったですね。


コナーは、患者に死なれたコナーを慰めようとしたウィルの誘いを一旦は受けましたが、その姿を目にしてはその気も失せてしまったようです。


それ以外では、病理に決まったサラが体調不良を訴えます。患者を診察するはずが、その患者の上に倒れ込んでしまいました


ジョーイからお祝いにと「腺ペスト」の標本をもらって大喜びするほど病理が好きなサラだけれど、働くならED、と心が訴えていたようです。でもシャロンは、これは契約だから変更できないととつれない答えでしたが?


一方、ナタリーとチャールズは「ソシオパスの子どもに遭遇します。骨折のためにEDにやってきた患者はボー・テイラー(Graham Carlson)という幼い男の子でしたが、レントゲンを撮ったところ、ボーは以前にも骨折して自然治癒していたことが分かったのです。


最初ナタリーは父親のアーロン(Quincy Dunn-Baker)による虐待を疑いましたが、前回のこともあるため、念のためシャロンと相談し、セカンドオピニオンを仰ぐことになりました。そこに呼ばれたのがチャールズです


注意深いチャールズは、虐待しているのはアーロンではなく、ボーの兄のグリフィン(Collin Jarvis)だということに気づきました。グリフィンは、血だらけの患者が運ばれてきたというのに動揺せぬばかりか、血の海に落ちていたボタンをそっと拾ってポケットにいれたのです


チャールズはグリフィンがソシオパスだと確信し、シャロンもこれを児童保護局に報告しましたが、テイラー夫妻、特に妻のネドラ(Michelle Mueller)はグリフィンから火傷を負わされていたようなのに、愛する息子を社会病質者と認めることはできなかったようです。こうした場合、当局ができるのはグリフィンを引き離すよう「勧告」することだけで、決めるのは両親なのだそうです。


弟のボーは、グリフィンが近づくだけで身体的なパニックを起こすほどグリフィンを怖れていたため、ナタリーは懸命にネドラを説得しようとしますが、逆にネドラから、もし息子が同じケースだったらどうするかと問い詰められて言葉に詰まってしまいました。


また、マギーから注意を受けたにもかかわらず、エイプリルはテイトと交際を始めたようです。


But in my experience, they're little kids in men's bodies.
私の経験では、アスリートは、体は大人だけど中身は子どもよ。


あ~これまた言い得て妙ですね。エイプリルは独身だと思われまするが、いきなり二人の子持ちになる(笑)のは大変そうです


今回は以上でござりまする


楽しんで見てきたシカゴ・メッドも残すところあと4話だそうです。続きを見るのが楽しみですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はシカゴ・メッドのレビュー一覧」でお読みいただけます

シカゴ・メッド
 医療モノ

シカゴ・メッド あらすじと感想 第13話 仲間

医療ドラマ、【シカゴ・メッド】の13話は「仲間」です。英語の「Us」がまた何とも良い響きですね~。以下ネタバレのあらすじですシカゴメッドのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、これまで印象があまり良くなかったウィルから行かせていただきまする


ウィルは、ナタリーが息子オーウェンの洗礼に関して悩んでいたのを見て、知り合いの神父に頼んでやると言い出しました。ナタリーは、亡くなったジェフ(Lapsed Catholic~信仰の無いカトリック教徒)も自分も敬虔なクリスチャンではなかったため、あまり洗礼には乗り気ではないようですが、姑のヘレンがうるさく催促してくるそうです。


Wouldn't it be hypocritical?
それって偽善的じゃない?


そんなに深く考えなくていいと勧めるウィルを、横で聞いていたマギーがちらりと見たのが印象的です。ナタリーもすぐには断れませんでしたが、その後ウィルが日を決めてくると、もう少し時間がほしいと断りました。ここでもマギーがちらりと視線を送っています


その後神父からかかってきた電話に応対するウィルを見たマギーは、またしても意味ありげな視線を送りました


She wants you to do that?
彼女があなたに頼んだの?


ウィルは当然だ(Of course. Why wouldn't she?)と答えましたが、そうでないことはずっと見ていたマギーが一番よく知っています。


You want my opinion?
意見を聞きたい?


さすがに聞かずにいられなくなったウィルに、マギーはこう忠告しました。


You need to give that woman some space.
あの女性には余裕を与える必要がある


ウィルは以前のジェニファーのこともそうですが、どうしても独りよがりになりがちなのですよね。確かにウィル自身は良かれと思って行動しているのかもしれないけれど、それ以前にまずは相手の意思を尊重すべきなのですが


患者への態度も同様です。


今回頭につららが突き刺さって意識不明となった女性、リサ・パトリック(Kelli Victoria Scarangello)が脳死状態になると、その夫のパトリック氏(Jason Bradley)は、臓器提供よりもまず、妻の卵子で自分たちの子どもを作りたいと言い出しました。リサは生前子供を欲しがっていたのだそうです。


理論上は可能なのですぐに検査に入ったところ、産婦人科医は倫理上認められないと言ってきました。超音波で確認したところ、リサの子宮には避妊リングが埋め込んであったのだそうです!?


が、パトリックはどうしても子供がほしいと主張して、リサが妊娠を望んでいなかったことを認めようとしません。


シャロンはパトリックの意思を尊重し、卵子を採取する決定を下しました。シャロンがこれをウィルに伝えると、ウィルは信じられないと言った面持ちで、その言葉を疑います。リングが埋めてあったことが何よりの証拠なのに??


するとシャロンは、いかにも意味ありげにこう諭しました。


Well, Dr. Halstead, sometimes we want to believe something so badly, we ignore the reality in front of us. You're familiar with that, aren't you?
そうね、ドクターハルステッド。私たちは時々何かをひどく信じたがる時がある者よ。目の前の真実を無視してね。あなたにも覚えがあるでしょう?


容体が悪化して退院していくジェニファーを、最後の最後まで自分を睨み続けたジェニファーを、ただ見つめるしかできなかったウィルには誰よりもよく理解できるはずです。これでようやく家に帰れる。僕が引き留めさえしなければ苦しまずに済んだのに


こうしてウィルはナタリーにも自分の好きなようにするよう勧めました。それもこれまでとはまったく違い、投げやりでも不満げでもなく、それがベストであればいい、と微笑みます


It's your life. And I want whatever's best for you.


ウィルは自分も前に進むと言って、ジェニファーの葬儀に出かけました。遠くからじっと見つめていたウィルに気づいたジェニファーの夫のサルは、ウィルに近づき礼を言います


Thank you for not giving up on Jen本当は生きててほしいに決まってるものね.
ジェニファーを諦めないでくれてありがとう


自分の過ちに気づいた後も、できる限りの誠意を尽くそうとしたウィルはなかなか立派でしたよね。ウィルの弟ジェイ(Jesse Lee Soffer)は、たとえ結果がどうなろうとその気持ちが大切なのだと慰めました。


I think, if we care, then whatever happens, it's for something.


そしてナタリーは、コナーにも背中を押され、カトリックではなく、プロテスタントの教会でオーウェンに洗礼を受けさせました。場所はシカゴ医療センターにある記念礼拝堂のようでしたね。それがナタリーの属するコミュニティーだからです。I just want it to be one that I'm a part of.


これには「仲間」が皆出席してオーウェンを祝ってくれました


It is the people in our lives who bring us joy. They are the color of our lives. The beauty and the grace. I can see by this gathering today, you will not walk through life alone. And so, little man, I wish you Godspeed.
仲間は人生に喜びをもたらすもの。人生の彩りであり、美しさであり、恵みでもある。仲間がいればこの先の人生、孤独にはならい。あなたの幸運を祈って集まった人々の前で洗礼をする。


またチャールズは、自分の腕なのにそうは思えず、自ら腕を切り落とそうとして運ばれてきた患者、タッカー(Michael Nathanson)を担当します。腕は何とか切り落とさずに済んだものの、その様子ではまた何度でも繰り返しかねません。病室では両腕を拘束されてしまいました。


タッカーの話をじっくり聞いたチャールズは「pretend therapy」(ないふり療法)を提案しました。腕が無いものと思って生活しながら、薬物療法も加えていこうというものです。


タッカーがようやく話を聞いてもらえる医師に出会えてホッとしたように見えていたのはでも芝居だったことが判明します。なんとタッカーは拘束をすり抜け、チューブで腕を縛り上げて止血し、患部を壊死させてしまったのです


I'm sorry. I had to!
すみません。もう限界だったんです!


タッカーは身体完全同一性障害(Body Integrity Identity Disorder~BIID)という病だったそうで、腕を切り落とした後は、本当に幸せそうな表情を浮かべていました。


I didn't see the depth of his desperation. You know, didn't want to. So I just pulled out my standard playbook meds, psychotherapy.
彼の絶望の深さを見ようとしなかった。といより見たくなかった。だから、薬とセラピーといういつもの決まりきった処方を引っ張り出しただけだった。


I could have gone up to ortho. Looked for somebody to take his arm off.
外科に連れて行って腕を切り落としてくれる誰かを見つけるべきだった


All I'm saying in cases like this, are the decisions we're making really in the patient's best interest, or are they in ours? To make us feel better? 'Cause like it or not, that's a happy ending.
私が言いたいのは、このようなケースで、我々の判断は本当に患者の利益にかなっているのか、それとも自己満足なのかということだ。好むと好まざるとにかかわらず、彼にとってはあれが幸せな結末なんだ


また今回は、研修生にとってはその後の研修先が決まる「マッチデイ」を迎えたのですが、サラは、念願通りシカゴメッドの病理に配属が決まったそうです。それでもサラはやはり後ろ髪を引かれていたようでもありましたね。


This was starting to feel sort of like home.
ここが家のように思い始めていたところだったから


今回サラは、緊張性気脳症の患者に遭遇し、イーサンに命じられて頭部にドリルで穴をあけるという経験をしました。本来、医学生のサラには単独では許されない行為で、シャロンからは後で大目玉を食らうのですが、そこでイーサンがサラをこう庇ってくれたのが相当嬉しかったようです


I was confident she was capable of this procedure. I've had extensive clinical experience with student doctor Reese. I have full faith in her abilities. If you disagree with this patient's treatment, your disagreement is with me.
彼女ならできると確信していました。これまでにもリース医学生と高度な処置をともにしてきました。彼女の能力には絶対的な信頼を置いています。今回の処置に異論があるなら、それは私に向けられるべき。


It's the truth, Reese. And you're family. We rise or fall together.
庇った訳じゃない、リース。君は家族だ。昇るも落ちるも一緒だ


リースもEDに残れたらよかったのに


さてそれ以外では、息子のエリック(Mace Montgomery Miskel)が磁石を飲み込んだとEDにやってきた元シカゴ・ベアーズ(NFL)の選手、テイト・ジェンキンス(Deron J. Powell)は、すっかりエイプリルを気に入ってしまったようです


I've seen that look a million times. His angel of mercy.
ああいう目つきは何回も見たわ。あなたは彼のエンジェルなのよ


エイプリルは、このマギーの言葉も、患者が医療スタッフに抱く勘違いだと取り合いませんでしたが?


このエリックが急変してコナーが緊急外科手術を行った時、人手が足りなかったため、ナタリーが手伝わされたことも付け加えておきますね。本当に腸をはさむ特大ホッチキス(the giant intestine stapler)があったら楽でしたね


様々な人間模様がギッシリ詰まった「シカゴ・メッド」は続きを見るのが楽しみですねシカゴメッドが面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はシカゴ・メッドのレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング