ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
CRISIS-公安機動捜査隊特捜班
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

CRISIS 最終回 ネタバレと感想 「緊急ニュース」の内容は?

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】もついに夕べが最終回でした。


あれでいったい最後はどうなったのかなと心残りに思いつつ、自他ともに認める妄想族のおばさんはあれこれ妄想して楽しめたのでまあ良しとしまひょか。制作者側的には、またいつもの映画や続編を見込んでのエンディングかもしれませんね。


以下ネタバレのあらすじですCRISIS最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


前回の爆発で人的被害が無かったのはまず何よりでしたね。樫井曰く、結城の目的は彼らを殺すことではなく「あいさつ代わり」だったのだろうという話でした。


そこで稲見は昔、自衛官だった頃、結城とともに極秘プロジェクトの後始末をさせられた=「無実の人間」(藤波?)を殺したことがあるのだと打ち明けます。それまでもさんざんキツイ仕事をさせられていたけれど、その時が一番辛かったと語りました


その後稲見は「国家」のために働くことに絶望し、自衛官を辞めてさまよっていたところを鍛冶に拾われたのだそうです。


稲見は自分と同じように結城があそこまで変わったのには必ず理由があるはずだと主張しました。


また大山は結城に渡したUSBにウィルスを仕込んでいたそうです。結城がこれを自分のPCに接続した時点で相手の位置情報が分かるそうです。この辺は想定内でござりましたね


そしてその期待通り、結城がPCを操作するとすぐにその位置が特定されました。またハッキングしたファイルの中には、幸せそうな結城と女性の写真が収められています。その女性の顔を見た田丸は、彼女が1年前に起きたガス爆発事件の犠牲者だと気づきました。


一方その頃、USBの閣僚リストにあった岸部正臣総理(竜雷太)が肩を撃たれてしまいます。犯人が結城であれば絶対に外すはずもない距離だったことから、犯人の狙いは総理を殺すことではないことが判明します


この岸部総理狙撃事件にはかん口令が敷かれ、総理は転んで鎖骨を折ったと公表されました。入院中の総理は鍛冶を呼び出し、息子の大介(長田成哉)がアメリカから帰国すると伝えます。


そして鍛冶は特捜班に大介の警護を命じました。その大介こそ、1年前に起きたガス爆発事件の真犯人だったのだそうです。その事件は実際にはガス爆発ではなく、大介によるテロ活動=爆破事件だったのだとか


当時過激派組織の一員だった大介は本来、東京駅構内を爆破する予定だったのが直前になって怖気づき、たまたま入ったカフェに爆弾を置き去りにして逃げてしまったのだそうです。そのカフェで働いていたのが結城の恋人だったそうです


警察はこの事実を隠蔽するため、結城達を後始末に向かわせ、恋人の無残な死を目の当たりにした結城は、大介への復讐を誓ったのだそう


婚約者が死んでからというもの、結城は「生きる屍」と化していたそうです。その気持ちは誰よりも稲見が、そして特捜班全員が理解できるはずです。


割り切れない気持ちを抱えながらも「任務」を遂行した特捜班は、結城と文字通りの死闘を繰り広げました樫井が助かってよかった(;O;)。たった一人残った稲見がようやく結城を思いとどまらせます。こんな奴は殺す価値すらない


稲見は結城の眉間に銃を突きつけて発砲しましたが、実際に銃口は壁に向けてそらされており、稲見は結城にこう言い放ちました


これでお前は死んだ。これからは生き返って俺が羨むぐらいに人生を楽しめ。


が、そんな稲見の気持ちもすべて無駄になってしまいます。稲見が結城を連行しようと外に出てきたその時、結城は警察によって射殺されてしまったのです


結城を殺せと命じたのは総理だというのは見当がつきましたが、大介が「結城を釣るための餌」として呼び戻されたという話には絶句してしまいましたひどい話だvv。自分には息子がもう一人いるから、テロに加担した過去を持つ=出来の悪い大介なら万が一のことがあっても構わないというのですからね


そして鍛冶は稲見が結城を殺すものと計算していたようです。そうすれば、余計な手間が省けたというのも、いかにも人を人とも思わない馬鹿にした話ですよね


その後、樫井は警視庁を爆破するための図面を描いていましたし、大山は「IZO(岡田以蔵)」のハンドルネームで再び(平成維新軍の)チャットに参加していました。また田丸は、例の「佐藤」という男の話を再度聞きに行ったようです。


稲見もまた自分が幸せになる道を選ばず(芳に電話をしなかった)、何か思いつめたような顔をしていました


ただひとり、吉永だけは公安の土岐田宗利(奥田達士)から引き立てられそうだったのが気に入りませんでしたが、あまりにも絶望しすぎて長い物には巻かれようという気になったのでしょうか。それとも?


その後画面は「緊急ニュース」を伝える画面に切り替わったところで「the end」です


果たしてそのニュースの内容は何だったのでしょうか?再び平成維新軍が動き出したのか、それとも警視庁に爆弾が仕掛けられたのか、はたまた稲見が岸部総理を拉致したのか、田丸が中国公安と組んで何かどでかいことをやらかしたのか


何とも中途半端な終わり方でしたが、それがまたいかにもこのドラマらしい(=決着はない)のではないかと無理矢理自分を納得させてしまった次第です


個人的には稲見と田丸のアクションシーンに加え、特捜班の地味ながらも固い友情が心地よくて楽しかったです。できればまたSP番組などの続編を期待したいところですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はCRISIS-公安機動捜査隊特捜班のレビュー一覧」でお読みいただけます

CRISIS-公安機動捜査隊特捜班
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

CRISIS ネタバレと感想 第9話 最終決戦

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】もいよいよ9話となりました。来週は最終回だそうなので、これが一応テロリストとの最後の戦いになりそうです。以下ネタバレのあらすじですCRISISのネタバレ行きますよ~(^^)/


その最後のテロリストも、かつては国のために働いていた人間でした。捜査対象となっているのは結城雅(金子ノブアキ)と言い、稲見の自衛隊時代の仲間のようです。


いくら結城が脱柵(いわゆる脱走)したとはいえ、一自衛隊員を公安が追うにはそれ相応の理由があるはずですが、稲見を呼び出して説明した鍛冶は詳しいことは分らないと言葉を濁してしまいます。鍛冶は稲見に、結城が接触して来たら直ちに知らせるよう命じました。


そしてその日の夜、稲見がいつものバーに行くと、結城はすぐ近くで稲見を待ち構えていました。思わず緊張の一瞬を経てふたりが固く抱き合ったところを見ると、以前はかなり親しかったようです。


そこで結城は腐ったこの国を変えるためにテロを計画していることを明かしました。稲見は何とかしてその理由を聞き出そうとしますが、結城は答えようとしません。そればかりか、稲見をテロに誘って断られると、偶然近くを通りかかった警官に銃を発砲して逃亡してしまいます


こうして特捜班は正式に結城の確保を命じられましたが、そうそう簡単に捕まるような相手ではありません。稲見が言うには、稲見よりも何倍も優秀で手ごわい相手なのだそうです。


その言葉通り、結城は特捜班が張り込んでいたバーの近くのビルに潜んで、彼らの行動を監視していました。それに、あ~んなに近くを尾行して来たら、誰も追ってこない、っつーのバレバレやんか(;´・ω・)。あ、つい本音が漏れてもた


その後結城は、直接特捜班の事務所を襲ってきました。大山が出勤したところを狙い、ナイフを突きつけて、閣僚全員の個人情報をUSBにコピーするよう命じます。


結城は大山に下手な小細工は考えるなと言ったけれど、あの大山が何もせずにすんなりUSBを渡すはずがありませんよね。ここはやはり、結城がUSBを自分のパソコンに接続した途端、その内容や位置をハッキングできるウィルスを仕込んだに違いありません。いやいや、ミステリーの見過ぎやね


また大山は、指紋認証で事務所の扉を開ける際、緊急事態が起きた際の暗号も入力していたようです。これで特捜班の面々が急いで駆けつけてきますが、大山を人質に取られているため手を出すことができません


しかも結城は爆弾まで用意してきて、事務所を爆破させてしまいます


稲見のとっさの機転で全員何とか助かったようでしたが?あそこは、稲見が爆弾を抱えてどこへ行ったのでしょうね。このような事態を想定してミニシェルターでも用意してあったのかな。それともトイレ??


それ以外では、大山と樫井が休みだというのに事務所に出てきて、いかにも所在無さげにしていた時、最初はPCで将棋をしようとしていたらしい大山が樫井をリアルな将棋に誘ったシーンや、その後今度は(嫁と子供に逃げられた)吉永までがやってくると、大山が3人で美味しいランチを食べに行こうと誘い、将棋はその後にトーナメントでやろうと盛り上がったシーンが楽しかったです


その頃稲見は芳とデートで映画に行きどうやらフランス映画らしく稲見はポップコーン抱きしめて思い切り寝てました、田丸は教会で接触してきた謎の男、佐藤がやはりテロリストらしく(中国人?)田丸を誘ったことを思い返していたようです。いわゆる、心の隙間に忍び込まれた、ってヤツでしょうか


さ~てこのドラマはいったいどんな結末を迎えるのでしょうか。今から最終回が楽しみですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はCRISIS-公安機動捜査隊特捜班のレビュー一覧」でお読みいただけます

CRISIS-公安機動捜査隊特捜班
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

CRISIS ネタバレと感想 第8話 罠

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】も今週は8話です。いよいよ「神の光教団」が動き出しました。以下ネタバレのあらすじですCRISISのあらすじ行きますよ~(^^)/


神の光教団に潜入しているのは林智史(眞島秀和)という男だそうです。林はでも以前の稲見や里見とは異なり、警察関係者ではなかったのだそう。林はもともと教団の在家信者だったのを、借金を理由に田丸にうまく丸め込まれて「協力者」にさせられて、出家したのだそうです。林は当時から妻の千種とはずっと不仲だったらしいです。


今回その林から千種に重大な情報をつかんだから田丸に会いたいとの連絡がきたそうです。既に公安を離れた田丸は担当者に連絡すると伝えますが、林は田丸でなければ何も話さないと言ったのだとか。


田丸が約束の場所に赴くと、林は、今回の情報を最後に協力者を辞めたいと懇願しました。口約束では不安だから、念書を書いてほしいとも付け加えます。それが手に入ったら情報を明かす


田丸は、鍛冶の下で特捜チームに直接の指示を出している青沼(飯田基祐)に掛け合って了承を得ますが、青沼は、田丸と千種の関係をひどく心配していました。これは梶も同様でしたね。どうやら「田丸が女に弱い」というのは知る人ぞ知る事実らしいです


念書を手に入れた田丸は早速千種から「情報」を聞き出しました。教団のターゲットは文部科学大臣だそうです


が、実際に特捜班がテロの決行予定現場に駆け付けると、そこに現れたテロリストは「丸腰」だったことが判明しました。不敵に笑う信者。そう、これは林と警察の関係を裏付けるための「罠」だったのです


その頃林は、教団の内情を録音していたレコーダーが見つかって、ひどい拷問を受けていました。


青沼は、これではもうどうしようもないと、林を見捨てようとしましたが、田丸、そして特捜班はそうはいきません


皆で教団本部に乗り込んでからの闘争シーンがまた迫力たっぷりでござりましたね大山と吉永もカッコよかった( *´艸`)


こうしてようやく彼らが林に辿り着き、何とか強行突破を警棒を構えたその時!(゜o゜)!と身構えたところに、青沼率いる警察がなだれ込んできます


青沼は特捜班に、ここには来なかったことにしろと命じて、彼らを逃がしてくました。どうやら「教団が爆弾を作ったことが判明したため警察が捜査に踏み切った」ことにしたようです。


その後、林夫婦は海外で暮らすよう手配されました。千種はむしろ林ではなく田丸と暮らしたかったようですが、これまたそういう訳にも参りませんね。鍛冶などは、青沼がふたりを2年で日本に戻すと報告した際、戻さなくてよいと答えたほどです。あの女は田丸のアキレス腱だから


罠を仕掛けられた時、もし林が死んだら自分はどうやって生きていけばよいのか、これからもずっと自分を支えてくれるのか、と千種は田丸に迫っていたけど、いくら田丸が千種を好きでも、さすがに最後の一線は越えられませんよね。林が生きていてもそうなのですから、死んでしまったら尚更です。


~このような場合、もし林が協力者ではなく警察官(公務員)だったなら、たとえ戸籍を抹消していたとしても「遺族年金」に該当する補償は支払われないのでしょうかね


その田丸がいつも千種と会っていた教会で「佐藤」という男が田丸に接触してきました。果たしてこの男は田丸に何をさせようとしているのでしょうか?


一方、こちらは女性に弱いというより女性にもてる稲見は松永芳(野間萌香)とイイ雰囲気だったようです。田丸と千種の破滅的なにおいのする二人とは違って、こちらはなかなかお似合いのカップルですが、彼女のためを思うと、稲見には堅気の仕事についてもらいたいですよね。ま、今でも公務員であることには違いないのでしょうけれど


青沼の言うように、鍛冶は最終的に特捜班を使ってなにをするつもりなのか、も気になるところです


CRISISもいよいよ終盤に入りましたね。続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はCRISIS-公安機動捜査隊特捜班のレビュー一覧」でお読みいただけます

CRISIS-公安機動捜査隊特捜班
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

CRISIS ネタバレと感想 第5~7話 平成維新軍

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】も7話まで見終わりました。1週間だけお休みするつもりが、すっかり長くなってしまいました


以下3話分の簡単なネタバレのあらすじ感想です


まず5話では稲見が初めての「潜入捜査」に挑みました。沢田(杉本哲太)という男が所属する暴力団=仁愛工業が政治家たちを脅している証拠を集めるのが任務です。


稲見が沢田と同郷でかつ高校の同窓生を装うと、いかにも人のよさそうな沢田はコロリと騙されました。稲見に沢田への情が湧いたとしても何ら不思議はありません


その後、彼らが麻薬の取引をするという情報が入り、絶好の逮捕のチャンスを迎えますが、上からは今回の逮捕を見送るよう指示されてしまいます。稲見が現場にいる限り見捨てることはできないと特捜班が出張った時、沢田をはじめとする暴力団員たちは皆殺しにされていました。もちろん稲見は無事でしたが


今回の仕事を依頼したのは2話に登場した神谷透(石黒賢)だったそうです。仁愛工業は、政治家と癒着している大企業を脅したことで不興を買い、神谷の策略で皆殺しにされてしまったらしいです


真相を知った鍛冶は、それでも一旦は口をつぐもうとしたようですが、稲見に責められたことで翻意し、神谷の少女売春をリークしました。1度めは許しても2度めは許さない~それが鍛冶なりの正義だったのでしょうか。


次の6話では、やはり潜入捜査が原因の悲劇が描かれました。地下鉄内の無差別テロ事件の実行犯として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)が、偶然、他の事件を記録した防犯カメラに映っていたのです。


特捜班では、里見が新たなテロを計画しているのではないかと捜査を開始しますが、真相はそうではなく、里見は自分に潜入捜査を命じた挙句、テロリストにしてしまった当時の上司を殺そうとしていたのだそうです。前回の稲見は「情」の部分で引きずられましたが、里見はまさにテロ集団による恐怖で追いつめられてしまったらしい


今は国家のために働いていると信じているお前たち(特捜班)も、いずれは俺のようになる、そう忠告した里見が何とも哀れでしたね。里見にもし特捜班のような「仲間」がいたら、もう少し状況は違っていたでしょうか。


さて今週の7話ではついに「平成維新軍」の正体が明らかになりました。リーダーの坂本はやはり、大山玲の昔の相棒だったそうです。大山は坂本が送ってきた「いつもとは違ったメルアド」を記録していたそうで、そのアドレスから坂本の正体が明らかになりました


坂本はよほど「岡田以蔵」こと大山を信頼していたらしく、大山の挑発に引っかかって語るに落ちてしまいます。


今回の平成維新軍のターゲットは、有力政治家の子どもたち(大学生)でした。どうやら政治家の世襲制を止めたかったようですし、彼らの言う「格差社会」は確かに既存するとは思うものの、政治家の子どもたちを殺したからと言って問題の解決になるとは思えません


とはいえ、坂本のこの言葉は痛烈でした


貧乏人の子どもたちは、たとえ有名大学に入れても、スタート時から既に奨学金などの借金=ハンデを背負わされている


いつの間にこのような息苦しい社会になってしまったのか、すっかり無力感に苛まれてしまいました。日本の将来を変えるためには若者こそがを持たねばならないのに、その若者が閉塞感に押しつぶされて、夢どころか「破壊」を求めるとは、何とも情けない限りです


毎回見終わった後暗~い気持ちにさせられてしまいながらも、どこかに現実味があるだけに止められません。それに、それだけに特捜班の存在がそんな暗闇に一筋の光を運んでくれることも事実です


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班~彼らの活躍を今後も期待しておりまする


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はCRISIS-公安機動捜査隊特捜班のレビュー一覧」でお読みいただけます

CRISIS-公安機動捜査隊特捜班
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

CRISIS ネタバレと感想 第4話 国家に利用された男

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】は4話もまた実にやるせなかったですね。あまりにも暗すぎて、見終わった後しばらくどよーんとしてしまったほどですCRISISのネタバレ感想行きますよ~(^^)/。以下ネタバレのあらすじです。


今回特捜班が警護に当たったのは、東京工業大学で航空宇宙工学を教えていた有馬丈博教授(小市慢太郎)です。危険な筋から命を狙われているらしい有馬の態度はかなり横暴でしたが、それが任務ですから致し方ありません


が、その態度も、特捜班の必死の警護ぶりに少しずつ軟化してきます


特に今回は樫井の活躍が目立ってましたね


共感覚の持ち主である樫井は、有馬がドアを開けようとする前から「爆薬の匂い」を察知しますが、有馬は樫井の言葉を信じようとしませんでした。有馬が無理矢理ドアを開けたため、爆発は止められなかったものの、樫井と稲見は無事有馬を救い出します


加えてその樫井がアジトに戻ってからこのトラップ~罠の図面を描いていたことが有馬の心をほぐしました。樫井の、図面を引いていると心が落ち着くという技術者ならではの発言に有馬が共感を示したのです。有馬は以前ロケットエンジンの設計に携わっていたのだとか。


この「ロケットエンジン」こそが有馬が命を狙われている理由でした。以下ネタバレです


有馬は昔「北」が仕掛けたハニートラップにかかったそうです。北の要求はジェットエンジンの設計図だったそう。


有馬は悩んだ挙句、知人の政府関係者に通報したところ、すぐに公安の人間がやってきたので、有馬はそれでスパイが捕まると安堵したのもつかの間、公安から逆に「北のスパイ」になるよう命じられたそうです。それが「国家のためと説得された有馬は、北に「飛ばないミサイル」の設計図を渡し続けたのだそうです。


~それで最近も失敗続きっていうのは、ちと笑えないですね~さすがに


樫井同様、設計図を引くことが心の安寧につながっていた有馬ですから、この不毛な行為はどんどん彼の心を蝕んだそうです。


それで有馬がついにこの仕事を断ろうとすると、今度は公安からスパイとして摘発すると脅されたのだとか


追いつめられた有馬は自棄になり、酒と女におぼれた後、今度は「北」に公安の情報を売ったそうです。もちろん、偽の設計図のことは伏せたそうですが、それもついに気づかれてしまったらしい。


こうして命を狙われることになった有馬は、今度は公安を脅しました。すべてを暴露されたくなければ国外に逃亡させるよう迫ったそうです。


でも公安は、一旦は特捜班を手配して警護に当たらせましたが、その後すぐに彼を見限ることにしたようです。有馬は国家に対する反逆者だから、北に殺されても一切関知しないと語ったらしい。


特捜班はこの命令に従わず、最後まで有馬を守ろうとしますが、有馬は暗殺者たちに爆弾を仕掛けられてしまいます。この暗殺者=石黒(近藤公園)と石立(浜田学)は「北」の差し向けた刺客なのか、それとも公安が手配したのかは分からずじまいでしたが、樫井の懸命の努力虚しく、有馬は爆死してしまいます


このふたりが殺人を「作品」に例えていたのも、現代のゆがみを象徴していたようで実に薄気味悪かった


それでも有馬は特捜班の誠意に感謝し、今は別れてしまった妻と息子の写真を手に旅立っていきました


決して国家を信じるな


これが有馬の最期の言葉となりましたが、特捜班が守っているのは国家ではなくcolor:#ff66ff">「ひとりの人間」なのですよね。たとえどんな人間であろうと生きる価値がある、だから彼らは命懸けでこれを守る。


救いようのない世界だけれど、それでも救いたい人がいる~このドラマのキャッチコピーが蘇ります


稲見の馴染のバーにいて、最初は稲見が慰め、ラストではその稲見を慰めた女性がなかなかええ感じでございましたね。陰惨な結末だったので、あの優しさにホッとしました。公式サイトによると松永芳(野崎萌香)というらしいです。


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」~こうした内容は決して嫌いではないけれど、せめてもう少し希望の持てる展開も期待したいものですね。


~来週はちょいとお休みするかもしれませんです。その時はまたボチボチ追いつきまする~


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はCRISIS-公安機動捜査隊特捜班のレビュー一覧」でお読みいただけます

CRISIS-公安機動捜査隊特捜班
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第3話 弱者を利用する卑怯者を許すな!

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】の第3話は何とも切ない話でやんしたねCRISISのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


テロリストがすべてそうだとは言わんけど、不条理な世の中に対抗するため暴力に訴えるしかなかった人々も存在するのは決して否定できないと改めて思った次第です。普通に暮らしている人間から見れば愚かな道を選んだように見えるかもしれないけれど、不幸にも教育の機会さえ与えられなかった場合はその選択肢さえ限られてしまうのではないでしょうか


以下、ネタバレの簡単なあらすじです。


「平成維新軍」を名乗る集団がまたしても動き出しました。彼らは覆面をして、ちょうど不正疑惑の渦中にあった議員を射殺してしまいます。


犯行に用いられた銃が特殊な拳銃だったことから、稲見と田丸はそうした拳銃を趣味で集めている暴力団の組長に接触しました。するとその組長=大畑は、拳銃は全て盗まれた、しかも自分の息子が盗んだ、と告白します


その息子の(大和孔太)は以前少年院に入ったことがあるらしく、それ以来、人が変わったようになったのだとか。稲見は譲がテロリストに洗脳されたのではないかと疑いました。それは定かではなかったものの、譲は藤崎正一(堀家一希)と誠二(西山潤)という兄弟と行動をともにしていたことが明らかになります。


彼らに指示を出していたのはどうやら「坂本」と名乗る人物らしい。その「坂本」は「坂本龍馬」を意識しているようです。


特捜班の大山玲が昔ハッカーだった頃、やはり当時の志士たちを意識して集まった世直し集団「Truth Troopers」(真実探求隊)があったそうで、その中にも「坂本」がいたそうです。ちなみに大山は人斬り以蔵が好みだったので「岡田」と名乗っていたそうですが、その集団の活動が怖くなって途中で抜けてしまったそうです。


この「坂本」が今井悠貴くんらしいことも最後の方で明かされています。ちなみに字幕情報によると、この「坂本」の母親は雅絵というそうです。


特捜班は、大畑組長から聞いた譲の潜伏していそうなアパートに駆けつけますが、譲は藤崎兄弟を庇い、ふたりを逃がしてしまいます。


藤崎兄弟が狙っていたのは、彼らの父を自殺に追い込んだ代議士=黒須一雄だったそうです。藤崎は黒須の秘書をしていたそうで、黒須に不正疑惑が掛けられた直後、トカゲの尻尾きりにあったようですね。これが口を封じられた(自殺に見せかけて殺された)のか、はたまた何かをネタに自殺を強要されたのかは分かりません。


最初に殺された議員も、この黒須の不正に関与していたことも明らかになりました。これは大山が「Truth Troopers」時代に調べたようです。大山は当時の資料を「TT」と書かれたディスクに保管しているらしい


黒須のスケジュールを調べた特捜班が黒須が孫と出かけたという遊園地に急行すると、今まさに藤崎兄弟が黒須を殺そうとしていました。ここで彼らが、できるだけ孫を巻き添えにせぬよう配慮していたのがまた何とも哀しかった


いくら拳銃を持っていても相手はプロです。追いつめられた藤崎兄弟は互いの額を撃ち抜いて自滅してしまいます。いざという時はそうしろと上から指示があったに違いありません。


この国の未来のために!


弱い者を利用して自分の手を汚さぬような組織の合い言葉がまた実に嘘くさくそらぞらしかった。彼らがこのような組織ではなく、心ある人々に出会えてさえいれば他に生きる道が開けたはずなのに、と思うと、何ともここは悔しく情けなかったです。


その上ラストではまたしても新たな犠牲者、不正に関与していると思われる議員の秘書が自殺したと報道されます。稲見ならずとも、ナンパをする気分にはなれませんね


派手なアクションドラマかと思いきや、なかなか切ないところをついてきていますね。果たして来週はどのような展開を見せてくれるのか、CRISIS~公安機動捜査隊特捜班は続きを見るのが楽しみですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はCRISIS-公安機動捜査隊特捜班のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング