ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
思いっきりハイキック!
 家族モノ・ホームドラマ

思いっきりハイキック!を最終回まで見終わって感動の余韻に浸る(67~84話)

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】もまた大分溜まっていたのですが、最後の方はもう一気に見てしまいました。夕べは珍しく夜更かしした上、今日の最終回が待ち遠しくてならなかったほどです


以前視聴した「明日に向かってハイキック」もそうでしたが、これまた実に感動的で泣けました泣けるコメディはサイコーですね


以下、あれこれ思いつくままにその感動を綴ってみました。一緒に思い出して笑ったり泣いたりして頂けましたら幸いです思いっきりハイキック!のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずは最も気になっていたミンジョンとミニョンですが、やはり、ミニョンはシンジのもとへ行ってしまいました。具体的に言うと、ミニョンはミンジョンにプロポーズをし、一緒に日本(東京)への泊りがけの旅行へ行こうとしたその時、ロシアに行ったシンジが事故に遭ってミニョンの名を呼び続けているという電話がかかってきたのです


ミニョンからミンジョンにプロポーズしたと聞かされたシンジは、本当はふたりが別れればよいと願っていたと涙ながらにミニョンに告白してした後、留学の誘いがあったと嘘をついて渡航したそうです。だからミニョンも、そして偶然シンジの気持ちを知ってしまったミンジョンもシンジを放っておくことができませんでした。


ミニョンはそれでもミンジョンを選ぼうとしましたが、ミンジョンがそんなミニョンを見ていられなかったのです


今シンジを見捨てたらミニョンは一生後悔する


でもここでミンジョンを失っても、一生後悔するのは同じなのに


とはいえ、以前からミニョンの性格に難ありと主張してきたおばさん的には、ここは本当に辛かったけれど、長い目で見たらミンジョンはミニョンと別れて正解だったように思えました。


確かにミニョンは優しいところもあるけれど、その優しさは、今回同様いずれきっとまたミニョンよりもっと優しいミンジョンを苦しめることになったのではないかしらね~。本当はシンジを好きだったのに、いつしかミンジョンを好きになっていったのも、そして今度はまたシンジを放っておけなかったのも、その「優しさゆえなのでしょうからね。それに性格の悪さ(=父親譲りの意地悪)はやっぱり治らないだろうし


結局その後ミニョンはシンジにプロポーズをしたらしいですが、それが「同情」からだと分かっていたシンジはきっぱり断ったそうです。自分への愛情が芽生えた時に、もう一度プロポーズしてほしいと言ったそう。


う~ん、ジュンという子どもがいるので復縁するのが一番無難なんだろうし、シンジの気持ちも痛いほど分かるけど、やっぱりここは納得できんかった、可哀想なミンジョンのためにシンジを許したくなかったわ~。せめておばさんだけは、ミンジョンの代わりに

今さらひどいよ、シンジ!シンジ、ひどすぎ(;´・ω・)

って言ってやりたかった。ま、心優しいミンジョンはそんなこと喜ばないだろうけれど


ミニョンの決意を促すように、自らきっぱり学校を辞めて身を引いたミンジョンが、とにかく可哀想でなりませんでした


それにユノも~ユノはミンジョンが辞めたと聞いて懸命にバイクで捜すのですが、とうとう見つからなかったのです。


でもユノがミンジョンにとって特別な存在だったことは確かなようです。ミンジョンは姿を消す前、ユノに空軍士官学校へ行くよう約束させましたが、ユノは一旦これを棚上げし、1年間休学してバイクで旅に出ることにしたのだそう。


家族中が反対する中、ただ一人背中を押してくれたのはヘミでした。さすがはヘミです。この1年がユノにとって貴重な財産になることを信じて送り出してくれました


そしてユノはその途中、ミンジョンの学校で雨宿りをすることになります。急に降り出した雨を、ちょっと離れたところで見つめていたふたりが、またしても会えずに別れてしまうのか、と、ここは心底ハラハラさせられましたがここで会えなかったら許さんっ!!( `ー´)ノ、ユノがミンジョンからもらったスマイルマークのキーホルダーを落としたことで、ミンジョンがユノが来たことに気づきました。ユノもまた、大切な贈り物を落としたことに気づいて戻ってきます


あ~やっぱりユノとミンジョンはお似合いですよね。今はまだ年が離れているけれど、精神年齢にはたいした差がありませんし、あと5年もすれば誰にも何も言われなくなります


このユノが、ミニョンのミンジョンへのプロポーズを知った時のミノの反応もまた良かった。最初はボムとともにしつこくユノをからかいましたが、ユノの気持ちが本物だと知るや、即、ユノを思いやってくれます。ボムにはただ、からかうのはもうやめようと言い、なかなか戻ってこないユノを自転車に乗って捜しに出かけました。


ユノが不良たちに囲まれていたのを見たミノは、普段ならそそくさと逃げ出すところ、勇気をもって「弟」を守るために不良たちに飛び掛かっていきます。特にユノが脇腹を怪我していることを知っていたため、その傷をひどくさせまいと、必死に身体を張ってユノを庇った姿には涙が止まりませんでした


ミノは自分もユミのことで辛かった時、ユノにバイクに乗せてもらって気晴らしさせてもらったことを決して忘れていなかったのです。さすがはヘミが自慢するだけのことはある、実に素敵な息子たちです


そのユミですが、どうやら車爆弾で爆死したようにも思えたのですが、最終回にはまたしても登場していました。ちなみにユミの両親は既に殺されてしまっています。ユミ父はやっぱりスパイだったのだそうです。


またジュナは、株で大儲けして、リムジンをレンタルできるほどになりました。も~プリティウーマンじゃないんだから、ジュナ。ボムも誘って家族で済州島旅行にも行ったそうです。


そのボムは、家族でアメリカに移住することになったそうです。最後はミノに会えずに旅立ったのが気の毒でしたね。ちなみに、ボムは人より「マイナスイオン」を多く発生しているそうで、ミノの成績がよかったのもそのおかげだったのだとか。


あ、そうそう、これまでここではほとんど触れてこなかった、漢方院のパク君も、実はなかなか良い子だったのには感動しました。主にスンジェ付きだったパク君は、スンジェが引退するその日に足を捻挫してしまうのですが、その治療を、大胆にもスンジェに任せてくれたのです


ある意味、治療されるパク君よりも、治療するスンジェを心配したムニとジュナが、もし治らなくても治ったふりをしてほしいと頼むと、パク君は、僕にふりなどできないし、院長なら必ず治してくれる、と豪語しました。


でもこれも「ふり」だったというオチは誰もが予測していましたよね。やはりスンジェは、あのホジュンを育てたユ・ウィテ(演:イ・スンジェ)とは異なり、鍼はまったく下手くそだったのです


治ったふりをして颯爽と歩きながら、あまりの痛さに涙を流し、オンマ~オンマ~と泣いていたパク君の姿が忘れられません


こうして感想を書いていると、あれもこれもと浮かんできてなかなか止めることができませんが、最後に1つだけ語って終わらせていただきたいと思います。それはムニのこの言葉です(正確には覚えていないのでそこは自己流にアレンジしてあります)。


人生は社交ダンスと同じ。相手にリードを任せていてはいけない、自分自身の人生を生きるために、自分が率先してリードしていかなくては。たとえどんなに恥をかこうと間違えようと、それもまた人生なのだから


思いっきりハイキック!」は笑いと涙と教訓がい~っぱい詰まった本当に楽しいホームコメディ(シットコム)でした。これを書き始めたのは昨日だったのですが、もう彼らに会えないかと思うと本当に残念でなりません。またどこかで放送してくれないかしらね~




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は思いっきりハイキック!のレビュー一覧」でお読みいただけます

思いっきりハイキック!
 家族モノ・ホームドラマ

思いっきりハイキック! 感想 25~66話 もう他人とは思えない

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】も、あっという間にもう66話まで見終わりました。今さら「あらすじ」でもないでしょうから、今日は人物ごとの簡単な感想などをしたためたいと思います


まずは家長のイ・スンジェから参りましょうか


も~このオヤジはホントに憎たらしいですよね~。日本のモラハラ亭主そのものです


時々可愛いところもあるし、優しいところもあるにはあるけど、ゼッタイ一緒には暮らしたくないタイプだわ~と毎回見るたびに痛感している次第です


人前ではエラソーにしているくせに、裏ではAVに夢中だったり、幼馴染の女性と秘かに逢引していたり、若いタレントにも鼻の下を伸ばしたりと、イイトコ全くないんだもの。よくあれでムニが我慢してるな~エライな~と感心しきりでござりまする。ま、一度だけムニの髪を洗ってくれたのはそれなりに評価するけど、そんなことぐらいで騙されちゃあかんよね


だから、英語ができないのにできるふりをしていたのがヘミにばれたのには大笑いでした。それに、その幼馴染からの手紙や小包をムニに捨てられてしまったのも痛快でした。スンジェがもう少しまともならムニの行動も非常識だとは思うけれど、普段の態度を見ていたらそのくらいされてトーゼンとしか思えません


あんなんだから、ジュナは酔っぱらうと「ちびっこ父さん」をいじりたくなっちまうのですよね。ミニョンは事あるごとに逆らうし


言っても言ってもキリがないので、このオヤジの悪口はこれぐらいにして、次は今大注目の「ユノとミンジョン」に行かせていただきまする


これが日本のドラマだと「教師と生徒の禁断の恋!とか言って怪しい雰囲気が漂うんですが、このドラマではまったくそれが感じられず、ただユノの純粋さだけが浮き彫りにされて実に可愛いんですよね


またミンジョンも、どんだけ可愛がられて育ったのか、本当に優しくて素直なイイ子なんです。おばさんにしてみれば、どっちも「子ども」にしか見えんのだす


だから今はミンジョンにとってユノは生徒であり子どもでしかないんですが、10年後を考えたら、絶対にミニョンよりユノの方がお勧めだと声を大にして言いたいですわ


ミニョンは、ああ見えてスンジェにそっくりだもの~底意地の悪いところが。ちなみに、どこからどう見てもブラピには見えませんよね、むしろ狸にそっくりです。あ、(顔が)可愛げがあるという意味です


まあ、この手のドラマで、ユノとミンジョンが結ばれることはまずあり得んでしょうが、とにかく、このふたりのシーンは見ているだけで笑顔になれる大好きなシーンであることは間違いありません


最初の頃はちと苦手だったミノも今は可愛く思えてきました。とはいえ、ボムの方が好きですけどね。だからボムからミノを奪った?ユミが憎らしくてなりません


~でも、このユミ=パク・ミニョンさん(主役級じゃないから「ミニョン」の名は譲ったのでしょうか)は今、「リメンバー」というドラマでとっても素敵な役どころを演じていて、少し見る目が変わってきています。そう思うこと自体、このハイキックのメンバーがとても他人とは思えなくなってきている証拠なのです


こうしてミノとユノがそれぞれにとっても良い子なのはすべて、ヘミとジュナがオシドリ夫婦だからですよね。一見、ジュナは仕事のできないダメ夫に思われがちだけれど、ヘミほどできる女性なら、ああした「癒し系」を夫にしたことがどんだけ賢明だったか知れやしません。実は似た者同士だったりするミニョンがもし夫だったら、と考えただけでぞっとします


とはいえ、念のためお断りしておきますが、ミニョンが嫌いという訳ではないのですよ。おばさんが若かったら、絶対にジュナよりミニョンを選んだと思います。でも年を取ってみると、男は顔じゃない、心だ、と確信するようになっただけで


見ていると楽しいんだけど、いざ書くとなると何を書いてよいか分からず、何ともまとまりのないレビューになってしまいました。後は最終回まで語る機会は無さそうですかね~。終わったらきっと寂しくなることだけは請け合いですね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は思いっきりハイキック!のレビュー一覧」でお読みいただけます

思いっきりハイキック!
 家族モノ・ホームドラマ

思いっきりハイキック! ネタバレと感想 10~24話 最近は毎日ハイキック三昧♪

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】も24話まで見終わりました。今や我が家のレコーダーはほとんどハイキック一色で、最近は毎日ハイキック三昧です。いや~実に楽しいですsmile


以下、10話から24話までで印象に残ったエピソードを中心にあらすじをまとめさせていただきました。ネタバレですので未見の方はどうぞご注意くださいますように


やはり最も注目したのは「ケソンさん殺人事件」です。なんとですね~「ケソンさん」を殺したのは「ケソンさん」だったのだそうです!


冗談はさておき、カン・ユミの家にあった遺体は、ケソンさんことイ・スナが殺したケソンさんの双子の妹ユナだったそうです。普段から中の悪かったユナを口論の挙句殺してしまったスナは、ユナの財産を独り占めしようとしていたところで、いつの間にか自分が殺されたことになっていることを知り、それならいっそ、とユナに成りすまそうとします


ユミの父親=カンはユミがスナを殺したと思い込んで遺体を山に捨て、警察には自分が殺したと自白したそうです。引っ越しの際に見つけたユナの遺体を床下に隠したのがユミのようでしたね。ちなみにカンがケソンさんを殺したと通報したのはジュナとユノです。


が、その後ムニが「ケソンさん」を見かけてしまいます。


ケソンさんでしょ!?


でもそれが自分の知るケソンさん=スナではなく妹のユナだと知ると、今度はシツコク家に来るよう誘いました。ケソンさんから大切な鉢植えを預かっているの。是非取りに来て!!


それこそスナの思うツボでした。スナはその鉢植えの中に財産を隠していたからです


が、ここでムニが「いつもの話題=ヘミの悪口」を始めたことで、スナが語るに落ちてしまいます。二人はいつもヘミのことを「生意気な嫁」と呼んでいたのですが、それをスナが口にしたのです。


あなた、ケソンさんでしょ!ikari


スナとユナの違いは「ほくろ」だけだったため、ムニはそのほくろをゴシゴシとこすって、それがニセモノだと証明しました。やっぱりケソンさんね!?mame


こうしてついにスナは警察に捕まってしまいました


でもムニのスナへの友情は消えず、その後もムニは足しげく刑務所に通い続けました


するとスナは脱獄をしてムニの家を訪ねてきます。本当は高跳びする前に寄っただけのようですが、ムニは、すぐに自首をするというスナの言葉を信じました。


でも疑り深いスンジェはそうはいきません。何とかして警察に通報しようとするスンジェとスナの攻防がまた笑えましたね~boxer6boxer-w


結局この勝負はスンジェが勝って、スナは再び捕まってしまいました。が、執念深いスナは再び脱獄に成功します。その壁には「じじい覚えてろよ!」と書いてあったそうです


その後しばらく経って(24話)、スンジェの家の前で刑事が張り込んでいました。ヘミはまたスナが脱走したのか、と尋ねましたが、刑事は、独房で大人しくしていると答えています。いやいやここはやっぱり「ケソンさんの復讐」が見たいところでやんすね


一方では、スンジェとムニの馴れ初めも紹介されました。ムニは昔、スンジェの家で働いていた女中だったのだそうです。最初はスンジェが「可憐で健気なムニに惹かれたかのように描かれていましたが、これが実は「賢いムニの策略に引っかかったことが判明します


いまだにそれに気づかず、昔は可愛かったのに、と懐かしんでいるスンジェが、いかにもおめでたい男性陣を象徴しているようで大笑いでした。そういうことなら、今多少横暴に振る舞っても許さんとあかんですかね


またここでは彼らの長男ジュナとヘミとの出会いも描かれました。ヘミには結婚を約束した恋人がいたらしいのですが、その恋人が心変わりをした時に、たまたまヘミにアタックしていたのがジュナだったのだそうです


つまり、プライドの高いヘミはジュナを当て馬に使った訳ですが、動機はともかく、結婚後はこの上ないベストカップルのように見えますよね


ジュナが無職で家にいても文句ひとつ言わないし、酒を飲んで大暴れしてもその都度あっけらかんと対処してくれるようですし、ようやく再就職が決まったのにすぐに解雇された時も、ジュナの気持ちを思いやってこっそり泣いていましたし


そのヘミが、実は「将軍」の生まれ変わりで、世が世なら国を作っていた、とのお告げをもらったくだりも可笑しかったですね~kaeru3。これを聞いたジュナとムニがヘミを「朱蒙と呼んだ時はしばらく笑いが止まりませんでした。そうですね~ヘミが大統領だったら、女性大統領の政権がもっと長続きしていたかもしれませんね


それ以外では、ミニョンとシンジ、そしてミンジョンの三角関係のシーンが多かったですね。最初はシンジが生意気で実に勝手な女に見えたけど、ここまで見てくると悪いのはミニョンみたい典型的なモラハラ自己中男のように思えました。別れて正解だったかも


むしろミニョンみたいな男性はミンジョンのような女性と合うのかもしれませんよね。ミンジョンは何でもありがたがって、はいはいと素直に付き従う、いかにも男性が好きそうな可愛い女性なのですよ。ミニョンもシンジとの離婚で多少は変わったようですし()、相手がミンジョンだと世話を焼かずにいられないようですし。


これと正反対なのがヘミやシンジのタイプですから、シンジはともかく、ミニョンがヘミを嫌うのももっともです。自分に反抗的なミニョンを懲らしめようと、ヘミがジュナを送り込んだのも可笑しかったな~。ミニョンもジュナには弱いのですよね。


最初は30話前後だと思っていたこのドラマが、実は全82話だと知って大喜びしているおばさんです。当分はハイキック三昧で毎日楽しく過ごせそうです


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は思いっきりハイキック!のレビュー一覧」でお読みいただけます

思いっきりハイキック!
 家族モノ・ホームドラマ

思いっきりハイキック! ネタバレと感想 4~9話まで

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】はようやく9話まで視聴しました。これがちょうど先週分で、週末に一気見した後、急に忙しくなってしまい、その後はまだ手付かずの状態です。も~続きを見るのが待ち遠しくてならぬほどです


でも、今は見るより語りたい方が先なので、とりあえずは先週分の心に残った名場面をいくつかピックアップしたいと思います。もう1週間も経っているので&録画は消してしまったため、多少詳細に難あり、否、誤解があるかもしれませんが、その辺はテキトーに流してお読みくださいね(もしくは優しく教えてくださいませね)。


まずなんといっても特筆すべきはムニとジュナの麗しき親子愛でした


ムニの実家、ナ家は代々「大食い家族」として有名で、ムニもまたその後継者の名に恥じず、大食い大会では必ず優勝しているのだそうです


その大会に、ムニの長男である学生時代のジュナも参加したそうですが、1度めはムニに完敗で(それでも2位だったっけ?)、2度めも2位に甘んじたそうです。


でもその時「親子二代の大食漢」は話題となり、ふたりおそろいの「大きな食器」をもらったのだとか。そしてふたりはいまだにその食器を使って毎日ご飯を食べているのだそうです。あの食器、どうみてもゆうに5~6人分はよそれそうです


それが今回、ムニが生まれて初めて胃痛を経験しました。スンジェはムニの親指に鍼を刺して治療しながら、もうあの食器を使うのは止めるよう促します。あんなに食べているから悪いんだ。今までなんでもなかった方が不思議だ


ムニも余程辛かったのか、めずらしく夫の言葉に素直に従いました。そうね、そうするわ。


ショックなのはジュナです。ジュナにとって「小食のオンマ」は母ではない、昔の元気な母に戻ってほしいと嘆く姿がまた実にリアルで大爆笑を誘いました


そんな状態がしばらく続いた後、ムニの食欲は以前の状態に戻ります。ジュナが喜び勇んであの食器を再び用意し、ふたりでたらふくご飯を平らげた姿が本当に楽しそうで、まだあの時のジュナの笑顔が忘れられません


また、ミニョンも加えてふたりが山に水を汲みに出かけた際、そこにあった大きな岩を気に入ったムニが、これを家に運びたいと語ったのをジュナが実現したシーンも感動的でしたよね


最初ジュナは、ムニがミニョンのために買ったうなぎをひとりで全部食べてしまい、そのお礼にオンマの願いを叶えようとまずはソファを動かすんですが、ムニからひどく叱られたことに腹を立て、めずらしく親子喧嘩をしてしまいます。これにはスンジェも困って仲直りさせようとしたほどです。


でもその後ジュナは、ムニがジュナにはジュナの好物を用意していたことがわかり、心から反省するのです。オンマは俺のこともちゃんと思っていてくれた!


こうしてジュナは愛するオンマのために、たったひとりで巨大な岩を家まで運んできたのであります。あ~なんとよい話なのでありましょうか


でも、そんな仲良し親子でも、そこに互いの伴侶が入ると、うまくコミュニケーションが取れなくなったのも鋭かった。ああ見えてジュナとヘミはラブラブで、ジュナはヘミの言うことは何でも聞いてしまうのです。しかもその時に限ってジュナは、二人の決定をムニには伝えず、スンジェに伝えてしまうのですよね。これは無意識のうちにムニが嫌がることを知っていたからでしょうか


そしてそのスンジェがまた典型的な横暴亭主なので、ムニに詳細を伝えません。その結果、ムニはいつも仲間外れにされてしまいます。ヘミには決して悪気はないようなので、あれはスンジェが悪いですよね


が、ムニにとっては、時にスンジェよりもヘミの方が憎たらしく感じてしまうようです。またヘミが「できる嫁」で、何を言うにも上から目線で命令口調なのが、姑としては面白くありませんよね。詳細は省きますが、これはミニョンの元妻シンジも同意見でしたから。お姉さんはいつもエラソーで嫌いだった


そんなヘミも、実は結構気が小さかったりするのがまた面白い。ムニの友達を平気で仕切っていたヘミも、ミニョンにそっけなくされると途端にへこんでしまいます。ミニョンから、ヘミが作った餃子を食べたくない、カラオケでも「ハモるな」と言われた時などすっかり落ち込んで、ひとり、こっそり退出してしまいます


でもそこはさすがに不屈のヘミ

いやいやこんなことで負けてなるものか、パク・ヘミファイティング!がんばれヘミ!

と喝を入れ、ひとりでダンスを踊り出したシーンも可笑しかったですね~。それをまたムニとジュナがこっそり見ていて、驚くムニに、ジュナが、時々ああなるけどすぐに元に戻ると説明していたシーンも忘れられません


その後、溺愛しているミノにGF=ユミができたと知った時のヘミの動揺もまた可愛かった。それでも何とかクールな母親でいようとするヘミが実に健気でございました。あ~そのストレスが原因で、あんなに固いものを催してしまったのでしょうか。(あくまでもジョークです


あとは~そうそう、このムニの親友、ケソンさんですが、9話終了の時点ではまだ行方不明のままです。ユミの父親は特殊メイクの職人(芸術家)らしいですが、それでもあの地下にある物体はやっぱりケソンさんのように思えてならんのですけどね~。「以前作り損ねたマネキン」だったりするんかな


と、キョーレツに印象に残っているのはこれぐらいだったでしょうか


思いっきりハイキック!」は続きを見るのが心の底から楽しみです思いっきりハイキック!が面白すぎ( *´艸`)


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は思いっきりハイキック!のレビュー一覧」でお読みいただけます

思いっきりハイキック!
 家族モノ・ホームドラマ

思いっきりハイキック!を見始めました いや~これめっちゃ好きやわ♪

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】を見始めました。かつて「明日に向かってハイキック」を見て以来、ず~~~~~~っと見たかったこのドラマが見られて心の底から嬉しいです


またこれが実に期待通りで面白かった~!こうした馬鹿々々しいコメディは大好きなんです。まだ3話しか見ていませんが、す~っかり気に入っちゃいました。続きを見るのが楽しみでなりませぬ


とはいえ、この手のコメディの「あらすじ」を書くほどほど難しいことはありません。何せ「筋」などあってないようなものなのです


という訳で、とりあえずは登場人物の紹介をメインにまとめてみました。まずはやっぱりこの人=家長のスンジェから


今回は「女性専門漢方病院」の院長という設定だそうです。その名もずばり「イ・スンジェ病院」とは、いかにもスンジェらしいですよね。


が、最近はその腕がめっきり落ちて&評判も悪くなり、今ではすっかり嫁のヘミ(パク・ヘミ)に仕切られているようです。やはり、あのド派手な制服が悪いんじゃないですかね~後ろ姿を見た患者?からは「アジュンマ」と呼ばれてましたし


年を取って「脈診」は無理でも、まだまだ鍼の腕は健在だというスンジェの姿に、ホ・ジュンのユ・ウィテ(イ・スンジェ)の姿を重ねたのは果たしておばさんだけでございましょうか。も~それなのに、息子のジュナ(チョン・ジュナ)の脚はまったく良くならないのです。アボジ!ちゃんと治してくれよ!!


このジュナと母、つまりはスンジェの妻のナ・ムニもぶっ飛んでますね~思いっきりハイキック!の感想行きますよ~(^^)/


親子揃って立派な体格は伊達ではなく、捨てられていたソファをふたりで持ち運ぼうとして道路を横断しようとした際、これを警察に咎められた時がまたサイコーでした


目の前にあった障害物=レンガを積んだリヤカーをムニがひとりで持ち上げた隙にジュナがソファーをひとりで抱えて走るんですが(痩せた人なら5人は座れそうなソファーです)、そのリヤカーは、警官二人がかりでもどけることができんのだす


も~ここだけでも可笑しくて可笑しくて、お腹かかえて大笑いでした


そのジュナの息子がキム・ヘソンとイ・ユノというイケメン二人が演じるミノユノです。ふたりとも母親似で本当にようございましたね。ふたりは同級生らしいけどまさか双子ではないですよね~。ギリギリ年子なのでしょうか?


優等生のミノが実は根性悪で、不良だけど女の子にモテモテのユノを憎たらしく思っているのも楽しいです。今回ミノは一目惚れした美少女、カン・ユミ(パク・ミニョン)をユノに会わせまいと必死でしたが、その努力虚しく、ふたりはすっかり意気投合してしまったようです


また、このふたりの叔父にあたるミニョン(チェ・ミニョン)は、子どもが産まれたばかりだというのに妻のシンジ(シンジ)に離婚されてしまいます


それどころか、ふたりのマンションまでシンジが勝手に友人、しかもそれがミニョンの同僚のソ・ミンジョンに貸してしまったため、追い出されてしまう羽目にシンジがまた実に図々しいんだ。ちなみにミニョンはミノたちの高校の体育教師をしており、ミンジョンはミノたちの担任という「It's a small world」構成です。


そんなことが知られたらスンジェに死ぬほど殴られると怯えるミニョンを、ムニが庇ったのがまた可笑しかった。ムニは屋根裏にミニョンを匿い、行き来するのに便利なように消防署にあるような滑り棒まで取り付け、それを大量のにんにくが入った袋で隠したのです


が、それまたスンジェに見つかってしまった上、息子や孫たちまでとばっちりを受けて皆が監禁されてしまったのにも大笑いでした。特にジュナは何度も降りて来ようとしたために、そのたびにスンジェにモップでお尻を突かれて痛そうだった~~


と、こんなに馬鹿々々しいコメディなんだけど、なぜだかミステリアスな演出もしてあるのがまた楽しいです。ムニには「無二の親友」()のケソンさんがいて、嫁や夫の悪口を言うのが日課らしかったのに、そのケソンさん、ある日を境にぷっつりと連絡が取れなくなってしまうのです


そのある日というのが、どうやらユミが引っ越してきた日らしい。しかもそのユミの家では、テーブルの下に女性が横たわっているようなのですが??あれがケソンさんなのでしょうか?


今のところ、ユミの父親(キム・ギョンリョン)が危険人物のように描かれていますが、ここはきっと何かオチがあるのでしょうね


こうして書いていても思い出し笑いが止められません思いっきりハイキック!は続きを見るのが待ち遠しくてなりませぬ思いっきりハイキック!が楽しすぎ♪


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は思いっきりハイキック!のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング