ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

リメンバー~記憶の彼方へ あらすじと感想 3~6話 パク・ドンホから目が離せん

ユ・スンホさん主演の韓国ドラマ、【リメンバー~記憶の彼方へ】も6話まで見終わりましたリメンバー~記憶の彼方へ~のあらすじ行きますよ~(^^)/


これがまた期待通りなかなか面白いですね~。社会派ドラマというよりは復讐系みたいですが、特にパク・ソンウンさん演じるパク・ドンホがめっちゃええわ~。おっさん好きは相変わらずです。以下、4話分まとめた簡単なネタバレのあらすじです


ようやくドンホが協力を約束してくれました。ドンホはジヌに自分の過去を重ねていたのだそうです。依頼費用は5万ウォンでよいと言い、その代わり、ジェヒョクが無実になった暁には、ジヌの特殊な記憶力をドンホのためだけに使うよう約束させます。


このドンホがジェヒョクに面会し、ジェヒョクの言葉を信じてくれたシーンがまた良かった


ドンホは、自分には守秘義務があるから安心して真実を話してほしいと迫りました。たとえ本当にジョンアを殺していてもいくらでも手はあるというのです。


ジヌとジェヒョクはこれに大いに反発しました。信じてくれないのなら弁護などしてくれなくてよい!


ではなぜジョンアを殺したという供述書を書いたのか、という問いに、ジェヒョクは驚きの真相を告白します。ジェヒョクを捕まえたあの刑事は、ジェヒョクに拳銃を突き付けて自白を迫った上、殺人を認めなければ、息子のジヌを殺すと脅したのだそうです!


普通なら、それも言った言わないの水掛け論になってしまうところ、ドンホはジヌの能力を最大限に利用しました。ジヌは、ジェヒョクが逮捕された時その刑事が所持していた拳銃の形状も事細かに覚えていて、その特徴をドンホに教えたのだそうです


ドンホは法廷で、ジェヒョクが拳銃で脅されて自白を強要されたと語り、その拳銃の詳細を見事にいい当てました。どうして私がそんなことを知っているのか?被告人が脅された時、その拳銃を見ているからです!!いや~ドンホめっちゃかっこええわ~♪


さすがは100戦100勝を誇るだけのことはありますね。その後の調査でドンホはたちまち真犯人がナム・ギュマンであることを突き止めました。しかもドンホはギュマンの行きつけの店に行き、ギュマンがジョンアを殺したと友人に自白した現場の盗撮に成功します


が、これはギュマンの父、ナム・イロ(ハン・ジニ)に阻止されてしまいます。そもそも、ジョンアが殺された時点でギュマンに捜査の手が及ばなかったのも、すべてはこのイロが手を回していたのだそうです


イロは最初ドンホに圧力をかけましたが、ドンホが屈しないと知ると即、ドンホの父代わりのソク・ジュイルを使ってきました。恩義のあるジュイルに頭を下げられては、さすがのドンホも断ることができません


しかもイロは、ジェヒョクをアルツハイマーだと診断してくれた医師にも手を回し、そう診断したのはジヌに頼まれたからだと偽証させます


一方、ジョンアの父はジョンアの遺品の中からスボムの名刺を見つけ、娘の死にイログループが関与しているに違いないと察しました。が、これを検事のホン・ムソクに連絡したため、あっけなく口を封じられてしまいます


マスコミでは、娘を殺された父が絶望のあまりに自殺した、と報道されました


こうして八方ふさがりになったジヌにはもう打つ手がなく、ジェヒョクは死刑を宣告されてしまいました。残る手立ては自分が弁護士になって父を救うことだけです


その4年後、ジヌは史上最年少の弁護士となり、ジェヒョクの代理人となったそうです


が、既に刑が確定していることから、いきなり再審請求は難しいですよね。何せジェヒョクの認知症は一層ひどくなるばかりなのです


そこでジヌは残り少ない時間を使ってまずはイログループに切り込むことにしたようです。その手始めに、ナム親子がグループ企業の副社長を罠にはめて排除しようとしたことを利用しました


ギュマンは副社長が派遣社員を強姦したとの証拠をでっち上げて、副社長を追い出そうとしたのですが、それをいち早く嗅ぎ付けたジヌが、代理人のドンホを退けて自ら代わりに代理人を買って出ます。あなたは社長親子に騙されている!


セクハラを訴えた女性=ハンナ(イ・シア~ユノク@イニョプの道)は、胃がんの母親の入院・手術の費用と引き換えに副社長を罠にはめるよう脅されたようです。


というより、このハンナは以前にもセクハラ訴訟を起こして示談にしたことがあるそうなので、そこにつけ込まれたのかもしれませんね。あ、以前のユノク役があまりにも見事(大嫌い)だったので、まだ同情する気になれませぬ


ジヌは次々と証拠を見つけて、ついに副社長の冤罪を晴らしました。担当判事のカン・ソッキュ(キム・ジヌ)も、ギュマンの友達とは思えぬほど、理性的な人物で助かりましたね


ハンナという気の毒な女性のために正義の鉄槌を下そうとしたイナだけが割を食って気の毒でした。イナは、ジェヒョクの無実を証明したくて、二度と冤罪を許すまいと検事になったそうなのに。


でもイナも、ジヌがイログループに関わっているのは決して彼らにおもねっているのではないことぐらい、分かってくれても良さそうですよね。あの父親思いのジヌがジェヒョクを忘れるはずがない、弁護士になったのもジェヒョクを助けるため以外にどんな理由があるというのでしょうか


ま、そのうち気づくと思いますけど。


さ~て次はどこから切り崩していくつもりでしょうか。ドンホもずっとジヌのことは気にかけていたようなので、是非今後は改心してもう一度力になってほしいものですドンホにジヌを助けてほしい( `ー´)ノ


リメンバー~記憶の彼方へ」は続きを見るのが楽しみですね


 

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリメンバー~記憶の彼方へのレビュー一覧」でお読みいただけます

リメンバー~記憶の彼方へ あらすじと感想 1&2話 真実と事実

ユ・スンホさん主演の韓国ドラマ、【リメンバー~記憶の彼方へ】を見始めましたリメンバーのあらすじ行きますよ~(^^)/。韓ドラの正統派の社会派ドラマはやはり見ごたえがありますね。最初からぐいぐい引き込まれてしまいました。この時期毎日語るのは不可能ですが、できるだけ語っていけたら嬉しいです


以下ネタバレの簡単なあらすじです。


主人公のソ・ジヌ(ユ・スンホ)は、父ジェヒョク(チョン・グァンリョル)とふたりで暮らしていました。ジェヒョクには他に妻と息子がいたのですが、不運な交通事故で亡くなってしまったようです。


高校生のジヌには特殊な記憶力があり、マスコミにも登場するほどだったそう。掃除夫をして息子を育てていたジェヒョクは、そんな息子を誇りに思い、ジヌもまた、ふたりの家族を失ったジヌが寂しい思いをしなくて済むよう、精一杯の愛情を注いでくれる父を誰よりも愛していました


が、ある日のこと、このふたりの親子を悪夢が襲います


どうやらジェヒョクは認知症を患い始めていたようで、帰り道が分からなくなってしまうのです。それでもジヌには何とか電話ができたため、事情を聴いたジヌが慌ててジェヒョクを迎えに行ったところ、ジェヒョクは、近所の女子大生、ジョンアの遺体の側で、今度は電話の仕方も忘れてわなわなと震えていました。それが、顔見知りのジョンアであることも分からなかったようです。


第一発見者のジェヒョクは、一旦は取調べを受けましたが、たとえ記憶は無くても殺していないのは事実ですから=証拠不十分で釈放されました。が、上からプレッシャーをかけられた出世欲の強いホン・ムソク(オム・ヒョソプ)は、証拠もないけれど記憶もないジェヒョクを体のいい犯人に仕立てて逮捕させてしまいます


一方で視聴者には、ジョンアを殺した犯人が知らされています。イロ・グループの御曹司、ナム・ギュマン(ナムグン・ミン)というとんでもない悪党です。腹立たしいことにコイツはジョンアをなぶり殺しにした後、部下のアン・スボム(イ・シオン)にその遺体を捨てさせたようです


第1話では、無実のジェヒョクを救いたい一心のジヌが、4年後、どうやらその記憶力を生かして弁護士になったらしいのに、死刑囚として刑の執行を待っているジェヒョクは、既に、そのジヌの顔すら忘れていたようでした。それでも、認知症を患っていることは認められたようでしたね。


~日本だったら、責任能力がないという理由で減刑されそうですが、韓国は違うんかな


記憶がないとはいえ、女子大生を殺したのは事実だから甘んじて罰を受けると、ジェヒョクはこれまでにもう何度も同じことを繰り返しているそうです。一方のジヌは、その父が目の前で処刑される夢を見せられているらしい


またこのドラマには、百戦百勝を誇る無敵の弁護士、パク・ドンホ(パク・ソンウン)も登場します。ドンホもまた幼い頃、ボクサーだった父を亡くし、父の知人だったヤクザのソク・ジュイル(イ・ウォンジョン)から、「拳」ではなく「法」を操る人間になれと促されて、弁護士になったのだそうです。


ソ親子とドンホの接点は、双方ともに亡くした家族の墓が近かったこと。ジヌはドンホが司法試験に受かって報告に来た時の様子も覚えていたそうです。また、ドンホはたまたま知り合ったジェヒョクの国選弁護人(新米)の様子が気になって法廷に来ていたことでもジヌの目に留まりました


ジヌはドンホに弁護を引き受けてほしいと頼みますが、ドンホは金が無ければだめだの一点張りです


そこでジヌは、自らの能力を生かし、賭博場に入り込んで大金を手に入れました。が、ジヌがカードの順番をすべて覚えていることに気づかれ、追いつめられてしまいます。


そのジヌを助けてくれたのはイ・イナ(パク・ミニョン)です。イナとジヌは、以前バスの中でイナがジヌをスリと勘違いしたことが縁で知り合いました。イナは法学部の学生のようです。


イナは、テレビでジヌの父が殺人犯として捕らえられたことを知りましたが、ピザ屋を営む父がジェヒョクに人殺しなどできないと語ったことからジェヒョクを信じ、父を救おうと苦悩し、懸命に奔走するジヌを励まします


事実と真実は違う。いつかきっと真実が明らかになると祈って


内容もさることながら、俳優陣も演技達者な方たちばかりで実に見応えがありますね。個人的にはパク・ソンウンさんの役どころ~どちらに転ぶのか~に注目しています。全20話というのもちょうどいい長さで見やすいですね


リメンバー~記憶の彼方へ」は続きを見るのが楽しみですね


 

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリメンバー~記憶の彼方へのレビュー一覧」でお読みいただけます

町の弁護士チョ・ドゥルホ あらすじと感想 第17話~最終回 シーズン2が待ち遠しい

パク・シニャンさん主演の韓国ドラマ、【町の弁護士チョ・ドゥルホ】もようやく最終回まで見終わりました。いや~楽しかったですね~。最後に悪人をやっつけたのももちろんですがboxer-w、その悪人にも改心の機会が与えられたのが何よりうれしかったです


以下、17話から20話(最終回)までの簡単なネタバレのあらすじです


香港にあるペーパーカンパニーの代表にヘギョンを据えたのは、ほかならぬヨンイルの考えだったのだそうです。用意周到なヨンイルは当時からいざという時シヌを脅せるよう、その娘を切り札にしていたのですね


ヨンイルが最も恐れているのは「借名口座」の存在が明るみに出ることです。シヌもそれは承知していて、この事実を隠蔽するからヘギョンを釈放してほしいと頼みつつ、それにはチョン会長のサインが必要だと打診しました。シヌとしては、チョン会長への取調べからクムサンの不正が暴露されるのも避けたいのです


三者の思惑が交錯し、にらみ合いが続いている中、ドゥルホはついにその突破口を見出しました。チョン・グンモリストの中に、要人ではない一般人の名前があることに気づいたのです。しかもその3人は皆、ヨンイルと縁故のある人間だったのです


その3人こそヨンイルに名前を貸した人物だと確信したドゥルホは、早速その中の一人を見つけ出しました。ヨンイルの家で家政婦をしていたミョンスンです。


が、ミョンスンは息子を取り立ててくれたヨンイルに恩義を感じていて、ヨンイルのためなら刑務所に入ることも辞さない覚悟です。さすがに、自分が貸した口座に賄賂が振り込まれているのにはショックを受けていましたが、それでも、恩あるヨンイルを破滅させることはできず、自ら姿を消してしまいました


でも、ドゥルホの優れているところは一つの手段に固執せず、ありとあらゆる可能性を考慮して策を練っているところなのです


ドゥルホは、今回、ヨンイルやシヌの不正を暴くより、ヘギョンを救い出す方を優先しました。ヘギョンが代表を務める会社はペーパーカンパニーではなく、福祉事業に力を入れている実在の会社だと公表し、ヨンイルの借名口座にあった300億ウォンをこの会社への寄付金に当てることにしたのです


目の前で300億ウォンを奪われながらも、手出しできずにいたヨンイルの顏が見ものでしたね~


が、そこまでされて黙っているヨンイルではありません。ヨンイルは、クムサンのコウモリ男、キム・テジュンを、シヌが捕まればクムサンが手に入ると唆し、シヌの不正の証拠を手に入れて、シヌを逮捕してしまいます


自業自得と言えばそれまでですが、ドゥルホはそんなシヌも見捨てませんでした。シヌの弁護を買って出たドゥルホをウンジョが激しく非難すると、ドゥルホは、家族を見捨てることはできないと明言します。たとえヘギョンと別れても、シヌはドゥルホが初めて「父」と呼んだ人だったのです(たぶん)。


また間の悪いことに、今度は本当にチョン会長が脳出血で倒れ、植物状態になってしまいます。これではヨンイルの悪事を証明することができません


そのヨンイルは、ずっと狙っていた検察総長への内定が出たところでした。あと一歩まで追い詰めながら、尻尾をつかめずにいるドゥルホは、それでも臆することなくヨンイルを挑発しに行きますboxer4


これに焦ったヨンイルは、ついにその正体を現しました。ヨンイルは、ドゥルホを殺すための殺し屋を呼びつけましたが、その男こそ、かつてイルグを轢き殺した男だったのです!


デスやエラが不当に逮捕されたことで身の危険を察していたドゥルホは、スーツの下に砂袋をつけていて事なきを得たそうですが(確かに重いわ)、そのおかげでドゥルホは、自分を殺そうとしたその男がイルグを轢いた上、葬式に来て泣いて詫びていた男だと確信するにいたります


しかもその男は、万が一ヨンイルに裏切られたことのことを考えて、ヨンイルからの指示をすべて録音していたそうです。むはははは、悪いことはできないもんでやんすねikari


さらにドゥルホは、イルグが死ぬ直前に手渡した鍵がどこの鍵かをようやく突き止めました。イルグは、ドゥルホに倣って大検を受けるつもりだったそうで、自分の名前と同じ「イルグ」という予備校に通っていた、そのロッカーの鍵がその鍵だったのです


ロッカーの中にはヨンイルとチョン会長の密談の様子が録画されたUSBが入っていました。


これに加えてドゥルホは、動けなくなったチョン会長の病室を訪れ、会長が、話すことはできないけれど意思の疎通はできることに気づきました。まばたきです


こうしてドゥルホは、検事時代から信頼を寄せていたキム議員を通じて、ヨンイルの総長就任を阻止すべく、その聴聞会に出席することになりましたkaeru4。イルグの動画とチョン会長の出席、そしてイルグを殺し、ドゥルホをも殺そうとした男の逮捕には、さすがのヨンイルも追い込まれてしまいます


すべてが自分を陥れるための陰謀だと悪あがきをしていたヨンイルも、ついに年貢を納める時がやってきました。これだけの証拠が揃っては、あがけばあがくほど、自分のみならず、息子ジウクの将来が危うくなると気づいたからです。


私がお前の踏み台になる。犯罪者の父を持つことは大変な汚点となるが、その父を容赦せず裁くことでお前はのし上がれる!


ジウクは、父を踏み台にして出世するより、一生父親を尊敬していたかったに違いありませんよね


でもそのヨンイルも、最後には己の欲望と罪を心から反省していたようですし、チョン会長も、マイケルの罪を告白してその更生を願っていたようです


まあこのマイケルに関しては、救いようがないと思いますけどね。一時はクムサンを乗っ取ろうとしたテジュンは、ヘギョンに解雇されてから、このマイケルにすり寄っていたようです


それから1年後、デスとエラはめでたく?結婚し、エラは大きなお腹を抱えながら、今さら、デスとは離婚する!と喚き散らし、ウンジョはすっかり一人前の弁護士となりました。ドゥルホとヘギョンは復縁せず、良き友人のまま、そして良きスビンの父母として、交際を続けていたようですkaeru3


パク・シニャンさんの作品というと、世の中の不条理を描くものが多かったように思いましたが、この「チョ・ドゥルホ」には、相も変わらず不条理な世の中にもどこかに必ず救いがあるという制作者の意図が感じられて心地よかったです。その象徴だったのが、可愛い可愛いスビン(ホ・ジョンウン)でしょうか


韓国ではシーズン2が制作されているそうなので、是非また日本でも引き続き放送していただきたいですね。実に楽しかったです


町の弁護士チョ・ドゥルホ DVD-BOX1町の弁護士チョ・ドゥルホ DVD-BOX2


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は町の弁護士チョ・ドゥルホのレビュー一覧」でお読みいただけます

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第31話 ベッキ、社交辞令を学ぶ

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】は31話も面白かったですね~。肝心のパネル事業は緊迫しておりましたが、久々にコメディ要素もタップリで実に可笑しかったです。以下ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはそのパネル事業の方から参りますると、今回グレは、皆が席を外している最中、中国のソク代理からの電話に対応しました。この事業に関する電話は全て録音するようにとのサンシクの命に従っていたグレは、話の流れから、チェ専務の不正を仄めかすような発言をしてしまいます。


いきなりの直球に驚いたソク代理は、サンシクが連絡をしてきたのも不正を疑ってのことだったと気づきました


そこへサンシクがやってきて、慌ててグレを止め、なんとかソク代理をなだめますが、その時に生じた火種は消えることが無かったようです


サンシクはグレを厳しく咎めた後、意を決してチェ専務のもとへ行きました。口ではどんなにチェ専務を擁護しても、その気持ちはグレと同じだからです。


エージェントの件は取り消してください。それ以外のことは責任を持って進めますが、こと「関係」に関することは3課に責任を負わせないと約束してください!


専務は笑ってすべての責任を自分が負うと約束してくれました。サンシクはそんな専務にますます不信を抱きますが、相談を受けたジヨンは、3課が優秀だからだと励まします。思った以上に実績を上げている証よ


その後サンシクと3課はわき目も降らず事業を推し進めました


多忙のためグレが捕まらないことを嘆いたソンニュルは、ヨンイとベッキからこの事業の話を聞いてガッカリしたと非難めいた口調でサンシクをこき下ろします。専務の件なんて断ってほしかった


ベッキが何も言えずにいると、そこにグレがやってきて、奥にヨンイがいるのを知って少しためらいましたが、ソンニュルを激しく非難します。勝手なことを言わないでくれ!


何せグレは、母からの電話につい、自分が会社を辞めることを匂わせてしまったほど思いつめているのです。母さん、僕が会社勤務になったためにもらえなくなった役所の仕事、今でも惜しいと思ってる?


勘の鋭い母のこと、何か感づいたに違いありません。それでも何も言わんのが、彼女の素敵なところなんです


ベッキから真相を聞いたソンニュルは反省し、自分にも何か手伝えないかと言いだしますが、ヨンイは何もないと押しとどめました。これはジヨンの時とはレベルの違う案件なのです。


が、その事業についにストップがかかってしまいました。「爆弾」を抱えて黙っていられなくなったソク代理が上司にすべてを打ち明けたため、本社の監査が動き出したのです


営業3課に「録音テープ」があるとの報告を受けました!


チェ専務とサンシクが取調べを受けました。専務は「慣習」だと突っぱねるつもりのようですが、監査側は額が多すぎると譲らぬようです。そろそろチェ・ヨンフの時代も落日の時を迎えるようです


またソンニュルは、ジュンシクの不正の現場を抑えようと、望遠カメラまで用意して、ジュンシクと下請け会社の密会現場に乗り込みました。が、そこでソンニュルが見たのは、あの驚きようからして、どうやら「金を渡す現場」ではなかったようです


さて最後はお待ちかねのベッキです


今回は業務環境改善調査と称して、女性社員二人がオフィスにやってきました。カン・ミンギョン(チョン・スヨン)代理と新人のイ・ヨンソ(コ・ウニ)の姿を見たヘジュンとソンジュンが、その直前までどうせ改善などされないのに、と文句を言っていたはずなのに、その2人の後を追いかけていきます


ちなみに、ヘジュンは「カン代理=仕事のできる女」が気に入り、ソンジュンは「新人のグラマー」が気に入ったようです。


ソンジュンから女の趣味が悪いとこき下ろされたヘジュンはベッキに意見を求めますが、ベッキはつい本音?を漏らしてしまうのです。


若い方が好みです


ヘジュンは、ベッキの趣味が悪いと断定し、いつも以上にむっつりとして立ち去ってしまいました。ソンニュルは、上司に楯突くなど修行が足りないとベッキを教育します。ここはヨンイでさえソンジュンに倣って、新人の方が可愛い~あの可愛らしさを見習いたいとおもねったのに


社会人としてこれぐらい当たり前よ


さすがに首席は違うと首を振るソンニュルがまた笑えましたね~。そうそう、ベッキはもう少し「現場」で修業した方がよさそうですね


さ~て残りはあと3話です。いよいよカウントダウンでござる終わると寂しくなるなvv


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

町の弁護士チョ・ドゥルホ あらすじと感想 第10~16話 ヘギョンを救え!

パク・シニャンさん主演の韓国ドラマ、【町の弁護士チョ・ドゥルホ】もようやく本日放送の16話まで見終わりましたチョ・ドゥルホのネタバレ行きますよ~(^^)/。途中何度かどこかで語ろうとは思ったのですが、いつも区切りが悪くてなかなか踏み切れませんでした。ようやく事件が片付いた、さて書こうと思うと即次の事件が始まるため、語るより次が見たくなっちゃうんですよね~


以下ネタバレですが、7話分と大分長くなってしまったので、かなり大胆に(=簡単に)まとめてあります


まず前回の続きの10話では、そのほとんどが、ドゥルホヘギョン、そしてデスエラのロマンス?に焦点が当てられていました。ドゥルホは酒に酔った勢いで、以前ヘギョンやスビンと暮らしていた家に戻ってきてしまい、デスとエラは、やはり酒の勢いで、一夜をともにしてしまいます


デスとエラは、身体的には何もなかったようですが、心はかなり進展したようですし、それはドゥルホとヘギョンも同様でした。そもそもヘギョンがドゥルホとの離婚を考え始めたきっかけは、ドゥルホが忙しすぎて家庭をおろそかにしたことだったようで、それでも憎みあって別れたわけではなかったようです。


ヘギョンが、スビンの嫌いなキムチ鍋を作ったのは、ドゥルホのためだったと知って喜ぶスビンが健気でしたね。スビンはまたパパとママ、3人一緒に仲良く暮らしたいのです。


最初はウンジョとドゥルホが~と思ったりもしましたが、まだまだこの二人はお似合いですね。ウンジョにはジウクか、もう少し若手はどうかしらね。


一方、そのウンジョは、デスの紹介でドゥルホが断った小さな案件をこなすことになりました。が、その直後、継父のホン・ユンギがテファグループの下請けいじめに遭って自殺を図るという事件が起きてしまいます


これまたドゥルホがタイミングよく遭遇し、相手がテファだと知ると俄然ファイトが湧いて、ユンギとともに派手に屋上から飛び降りたのはなかなか痛快でございましたね。でもこうしたパフォーマンスもまたヘギョンには(心配し過ぎて)頭痛の種だったようですが。でもスビンにはパパはスーパーマンと大好評です


こうしてドゥルホはまたしてもテファと戦うことになりましたテファグループ許さん( `ー´)ノ


ドゥルホはテファグループの対外交渉人だったイ・ミョンジュンという男を捜しますが、その過程で、ミンジュンの妹のソジョンがチョン会長の愛人だという事実を突き止めます。なんとミンジュンは下請けからリベートを受け取っていた上、チョン会長の裏金を管理していたのだそうです。会長は、ミョンジュンがソジョンの兄ということでこの仕事を任せたようです。


この裏金の帳簿が見つかったら困るのはチョン会長だけではありませんでした。クムサンのチャン・シヌ、そして検事のヨンイルもまた裏金に関わっているそうです


特にチャン・シヌは、テファグループの顧問として、チャン会長に関わる「借名口座」を管理していたそうで、その中にはヨンイルの口座もあったのだそうです。借名ですから本名は表に出ていませんが、シヌもこれを承知していたようです。まさに一蓮托生です。


3人は何とかしてドゥルホより先にミョンジュンを捕まえようとしましたが、そこはドゥルホが一歩リードするのでござるよ。それはやはり、部下、もとい同志=デスとエラ、そしてウンジョの出来が良いからでしょうな


が、ドゥルホがミョンジュンを証人として申請したことで&ヘギョンの勧めもあってユンギの示談はまとまりましたが、チョン会長は更なるを仕掛けてきます。あろうことか、ミョンジュンを殺した上で、その罪をドゥルホに擦り付けてきたのです。これをまた簡単にジウクが信じちゃうんだ


でもヘギョンは違いました。娘の父を殺人犯にするわけにはいかないと、ドゥルホの代理人として検察に乗り込んできます


ドゥルホは、その前にやってきたウンジョとヘギョンに今後の指示を与えました。ドゥルホは、ミョンジュンに会いに行ったのが自分だけだったのが逮捕の決め手になったことを受け、防犯カメラに映らない通気口が怪しいから調べるよう命じたのです。


一方、この機にドゥルホを葬ろうとしているヨンイルは、部下に命じてドゥルホの事務所に青酸カリまで隠したそうです。まったくね~検察がそんなことをして、いったい何を信じればいいんだか。恥を知れ!恥を!!ジウクが可哀想じゃないか!


が、ヨンイルの本当の目的は裏帳簿を捜すことですから、ドゥルホの事務所から出てこなければ、他の仲間たちの家も捜すことになるはずだと推理したドゥルホは、これをジウクに伝えて挑発しました。既に凶器も出たというのに、家宅捜索を続ける理由がどこにある?


ドゥルホに挑発されたジウクが自ら通気口を調べた時は楽しかったですね~。しかも犯人、通気口の中に凶器(青酸カリの入った注射器)を置いてきちまうほど間抜けですし


こうして釈放されたドゥルホはついにソジョンから裏帳簿を手に入れます。が、そこにチョン会長の放った刺客がやってきてウンジョを人質に取ったため、やむなくその男の目の前で帳簿を燃やしてしまいます


この報告を受けた会長とヨンイルはホッとしたようですが、ドゥルホはそんなに甘くありませんでした。燃やした帳簿は、デスの金貸しの帳簿だったのだそうですよん。いや~ここは実に楽しかったデス、ナイス!


こうして「切り札」を握ったドゥルホが次に遭遇したのはパワーキングというエナジードリンクのケースでした。これまたテファの関連企業が売り出した健康ドリンクとは名ばかりの健康を害するカフェインたっぷりの清涼飲料水で、女子高生がこれを飲んで死亡したという代物です


もちろんドゥルホはありとあらゆる証拠を集め、チョン会長を追いつめました証人が次々現れます(^^)/。世間では不買運動が起こり、テファグループの株価は一気に下落していきます


ドゥルホはこの時とばかりに「裏金帳簿=チョン・グンモリスト」を公開する準備を始めましたチョン会長を許すな!。チョン会長を一気に叩き潰すつもりですが、それに気づいたヨンイルがこれを阻止しにかかります。ヨンイルは、チョン会長を逮捕する代わりに帳簿を寄こせと迫りました


一方のシヌは、ヘギョンからもうテファとは手を切るべきだと促されて迷いだします。が、卑怯な会長は、既にヘギョンを海外のペーパーカンパニーの社長にさせて、シヌが裏切れないようにしていました。シヌは仕方なくもう一度会長に協力しようとしますが、今度はこれをヨンイルが邪魔してきます。ヨンイルはここで一気に会長とクムサンを牛耳るつもりなのです。


もはやヨンイルは、その昔ドゥルホを引き上げてくれた上司のヨンイルではありません。まさにモンスターそのものです


ヨンイルはでも一気に会長を切らず、仮病を装って逮捕を免れるよう手配しました。が、そ~んなことに目をつぶるドゥルホではありませんよね。ドゥルホは会長の仮病を見抜き、彼を拉致して検察に出頭させました。また会長が怒りっぽい性格で、すぐにブチ切れるので、ドゥルホの術中にすぐにハマっちまうのでやんす


が、今度はヨンイルがジウクを使ってヘギョンを指名手配させました。ドゥルホはいち早くこれを察してヘギョンとスビンを自分が育った施設に匿います。その上で、隙を狙って秘かにヘギョンに記者会見を開かせるつもりだったのに、これにジウクが感づいてしまい、ヘギョンは逮捕されてしまいます


楽しんで見てきたチョ・ドゥルホも、残すところあと4話となりました。最後は悪人どもをやっつけてスカッと終わってほしいですけどどうなるかな町の弁護士チョ・ドゥルホは来週の放送が待ち遠しいですね


町の弁護士チョ・ドゥルホ DVD-BOX1町の弁護士チョ・ドゥルホ DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は町の弁護士チョ・ドゥルホのレビュー一覧」でお読みいただけます

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第30話 引くも地獄、進むも地獄

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】、今日は30話を視聴しました。現在放送中のドラマにどんどこ追いつくには暑すぎ&疲れすぎて、今日はミセンを見るぐらいでちょうどいい感じでござりまする。以下ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~(^^)/


前回理解できなかった「手数料2.5%でエージェントを通せ」の意味がようやく分かりました。今回の太陽光事業は「関係(クワンシー)」を配慮したため、ワン・インターナショナル側の利益は3%しか出ないのだそうです。


この数字で契約したはずなのに、今回ポシンが勝手に書き換えた契約書を送ってきたようですね。ポシンというよりは「窓口」の社長なのかな。というよりもしかしたらポシンの社長じゃなくてエージェントなのかもしれません


それでは利益が0.5%しかなくなると心配するのも当然ですよね。しかも、これを怪しく思ったサンシクが、中国駐在員のソク代理(シン・ウチョル)に連絡を取って調べてもらったところ、ポシンはこの事業に乗り気だから、マージンはむしろ通常より高くても話に乗ってきたはずだというではありませんか。エージェントの手数料も普通は1%なのだとか


それでも部長は目をつぶって判を押せ、の一点張りです。専務も相当怪しいけど、このイ部長の袖の下も相当潤っているのではないかと勘繰りたくなりますね。


こうしてますます怪しくなってきたところで、サンシクは、不安を隠せないドンシクとグァヌンを屋上に呼び出してその真意を明かしました。


これにはグレの未来がかかっている。この事業が成功すれば、あいつを正社員にしてやれる


サンシクの気持ちを知ったドンシクは、それなら最後まで諦めずに頑張ってみようと賛同し、グァヌンもまた、利益率0.5の事業もないわけではないから、もう少し様子を見ようと言ってくれます。グァヌンはでも専務の不正をかなりの確率で確信していたようです。


一方、ひとりだけ外されたグレのところに、ベッキがやってきました。ベッキは、悩んでいる風のグレに、何も考えず、次長についていけばよいのだと励まします。それでもグレが納得いかぬようだったため、ベッキはついに自分の考えを明かしてしまいました。


次長が無理を通そうとしているのは君のためだ。3課を大きくして君を正社員にするためだ


これですべてが腑に落ちました。本来の次長なら早々に手を引いている怪しげな事業にいつまでもしがみついているのは、ほかならぬ自分のためだったなんて!?


グレはサンシクに電話をし、早速自分の考えを伝えに行きました。僕のためなら止めてください。


サンシクは、生意気を言うなとグレを諫めます。専務とて長年会社に貢献してきた人物だ。それを簡単に疑うな~とは自分に向けて発した言葉でもあるのですよね


今やらなければもう二度と同じ気持ちになれないかもしれない


グレのことももちろんだけど、長年尽くしてくれたドンシクに対しても、課を大きくして報いてやりたいと考えているのですよね~サンシクは。トイレの脇からも脱出したいし。


必ず皆を守ってみせる!俺を信じて任せておけ!


それでもグレは迷っていたようです。自分のために3課が犠牲になったのでは元も子もなくなる


また以前なら、我関せずとばかりに、余計なおせっかいとは縁がなかったベッキは、ヨンイにも靴を買ったようです。なかなか渡せずにもじもじしていたシーン、可愛かったですね


その後電話でヨンイを呼び出して靴を渡したところで、期待通り?ソンニュルがやってきます。ソンニュルは会社中にアンテナ張ってますよね~ここぞという時には必ず顔を出しますからね


偉いぞ、よくやった!


ソンニュルは、ヨンイのヒールがぐらぐらしていることに気づいていて、自分もプレゼントしたいと考えていたのだそうです。ホンマかいな


そのソンニュルは、ジュンシクが下請け業者から賄賂をもらっているに違いないと確信していました。評判が悪い上に他の会社から提訴されている会社との取引をごり押しするなんぞ、それしか考えられませんものね。しかも新車を買うみたいですし


何とかして尻尾を捕まえてやる!と意気込んでいるようですが?


そしてヨンイは、ついにその過去をベッキに明かしました。ヨンイの父(チョン・ジンギ)は昔軍人だったそうで、本当は男の子が欲しかったのだそうです。


女にかける金などないという考えだったため、ヨンイはバイトをしながら高校と大学を卒業したそうです。そのくせ、父親はそんなヨンイのバイト代まで飲み代にしてしまったそうです。軍人を辞めてからの父はあれこれ商売を始めては失敗する(騙される)の繰り返しだったのだとか。


ヨンイは在学中からサムジョン物産で働き、シン・ウヒョンの下で働いていたのだそうです。


ウヒョンはヨンイに生きる喜びを教えてくれた上司だったのに、これを知ったヨンイの父はすぐに金の臭いを嗅ぎ付けてウヒョンから金を無心したそうです。若いヨンイがいたたまれなくなるのも当然ですね。それにベッキも指摘していたように、ヨンイはきっとウヒョンに憧れていたのでしょうから尚更です


父親に呼び出されてまたしても金を要求されたヨンイが、どうやったら父親から離れられるのか、と本人に問うた後、ぐったりとうつむいていたのをベッキが目にし、一杯どうかと誘ったシーンも良かったですよね。ベッキは器用じゃないけれど、それだけにこうした優しさが身に沁みます


一緒に(ヨンイが好きで自分が苦手な)ホラーを見に行こうと誘ってくれたのも、いかにもベッキらしかった。でもさすがに鑑賞後の血みどろの食事(牛の血を固めたソンジ)は難しいと断ったようですが。


たとえ難局ではあってもやっぱりミセンは見る者をホッとさせてくれます。次はいつ見られるかな~最後まで大事に見ていきたいですミセンが大好き(^^)/


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング