2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

「社会派」のレビュー一覧

乱反射 ネタバレと感想 息子を殺したのは誰だ?

メ~テレ開局55周年記念ドラマ【乱反射】を視聴しました。これはなかなか見ごたえのある作品でした。無責任な現代人の特徴を実に鋭く観察し、批判するのみならず、さりげなく自省も促していたのがまた素晴らしかった


以下ネタバレのあらすじです乱反射のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


2歳の息子=翔太(小岸洸琉)をベビーカーに乗せて道端を歩いていた加山光恵(井上真央)の上に、突然街路樹が倒れてきました。その日は確かに強風が吹き荒れていましたが、高さ5~6mほどはある大木が、その程度のことで倒れるはずがありません。原因は樹木の根腐れです


木の下敷きになった翔太の頭部からはおびただしい血が流れ出ました。光恵は必死で助けを呼びます。どうやら近くに車を停めてたまたまこの様子を目にしたカップルが通報してくれたようです。


実は光恵はほんの少し前に病院から出て来たばかりでした。夫の(妻夫木聡)の父=(大鷹明良)が入院していたのを見舞った帰りだったのです。本来ならもう少し早く帰るはずが、めずらしく姑の路子(原日出子)から食事に誘われたために遅くなってしまいました。


あの病院へ行ってください!!すぐ近くの病院です!


光恵は当然、義父のいる病院に搬送してもらえるとばかり思っていましたが、救急隊員が連絡を入れたところ、当直の医師=久米川治昭(三浦貴大)が内科医の上、アルバイトだから責任を負いたくないと断ってしまいます。だってまだ診ていない風邪の患者がたくさんいるじゃないですか


救急隊員から状況を聞いた看護師の羽鳥恵美(堀内敬子)は、頭部に外傷を負った子どもの治療が先だと言わんばかりに非難の目を向けましたが、久米川はまったく動じません。だってもし引き受けて死なれでもしたら責任問題になりますよ


それは他の病院でも同じだったらしく、翔太が病院へ搬送されたのはそれから2時間以上過ぎてからだったそうです。翔太は結局それで命を落としてしまいました


一方、翔太の父の聡は新聞記者をしており、たまたまこの日中に、翔太が死んだ現場で起きた「抗議デモ」の取材をしていました。道路の拡幅工事でせっかく育った街路樹が伐採されると聞いた主婦たちがこぞって反対運動をしていたのです。


聡はそんなおばちゃんの暇つぶしみたいなネタではなく、もっとスリリングな取材がしたいとぶーたれていました。だから、取材も適当に話を聞いて写真を撮ったらそれでおしまいです


またここには市からの委託を受けた樹木医も来ていました。ですから本来ならば「根腐れを起こしている樹木」はここで発見されて然るべきでした。すぐに対処できなくても、少なくても近くを通らないよう注意を喚起することができたはずです


造園会社の社長=石橋忠行(鶴見辰吾)は普通に仕事をこなしましたが、従業員の足達道洋(萩原聖人)は極度の潔癖症らしく、素手で物に触れることができません


手袋さえすれば樹木の診断や注射はすることができたものの、どうしても彼が件の樹木に触れられなかった理由がありました。その街路樹のある道を散歩のルートにしていた老人=三隅幸造(田山涼成)が、腰痛を理由に犬の糞を片付けていかなかったことです。毎日のことなので糞はかなり溜まっていて、近所から役所に何度も電話が入っていたそうです


その電話を受けたのは道路管理課の小林麟太郎(芹澤興人)という職員です。小林は渋々片づけに出向きましたが、近くを通った小学生に馬鹿にされたことで腹を立て、職務を放棄してしまいました。これって公務員試験を受けてまでやることか?


またデモ隊の女性たちも樹木医の仕事を妨害します。伐採予定の木を世話するはずがない、市役所の回し者だろうと責めたてました。実際小林とその上司の上村育夫(光石研)もこの点に言及しています。どのみち伐採する樹木の診断・ケアほど無駄なものはない、と


突然の息子の死に衝撃を受けた聡は、何とかして息子を殺した張本人を見つけ出そうとしました。これは強風による天災などではない、明らかな人災だ!!息子を殺した犯人を探せ!( `ー´)ノ


が、警察はまったく当てにならなかったため、聡は自分で当時の事情を調べ始めます。最初は市役所と造園業者、そして(医者とは呼びたくないけど)医者に会ってその責任を追及しようとしましたが、造園業者以外は皆、誰も自分の責任を認めようとしません


市役所の小林は、犬の糞を放置した飼い主が悪いと言い、医者の久米川は、大した風邪でもないのにすぐに見てもらえるからという理由で夜間診療にくる大学生が悪いのだとのたまいました。唯一、造園業者の足立だけは自分のせいだと謝罪しますが、それもまた病気とあっては責めることもままなりません。本来、そのような場所に糞が放置されている方がおかしいのです。


それに聡は接触しませんでしたが、街路樹の伐採を止めようと署名運動をする暇があったら、その根元に犬の糞が溜まっていることぐらい気づいても良さそうです。あれほど大騒ぎするエネルギーがあるのなら、ボランティアで掃除ぐらいできませんか


彼女たちは実際、自分達が樹木医の邪魔をしたことには後で気づき、だんまりを決め込んでいました。つまり、多少は自分達にも責任があったかもしれないとの自覚はあったということです。どこまで自省するか期待はできませんが、少なくとも、次の行動には多少なりともブレーキがかかると願いたいです。


もちろん役所の怠慢は言うまでもありません


何度も同じ通報があったのなら、散歩の時刻を確認して監視ぐらいしたらどうです?難しい公務員試験を突破する頭があったらそれぐらいのことは考えんか何のためにその頭がついとるんじゃ、このボケなすめ!( `ー´)ノ!!


まあ糞に関して最もひどいのは犬の飼い主ですが


この飼い主の三隅は何も知らず、事故があったとニュースで知って、いつも行く散歩コースだから事故に遭わずにラッキーだったと語っていました。コイツが一番罪深い、と腹が立っても、犬の糞を放置したというだけで殺人罪を問うことはできません


結局、聡は犯人を突き止めることができませんでした。そればかりか、母の路子は、光恵を食事に誘った自分が悪いと言い出し、父の彰は、自分が倒れて入院などしたからだ、と息子に謝罪します。そして聡もまた、義父の介護を心配していた光恵に、大丈夫、なんとかなるから、と言うだけで、具体的には何もしなかった自分を責めるしかありません


またドラマでも、加山夫婦に「彼ら」を責める資格があるのかと問うてきます。聡と光恵は昔翔太を連れて海岸へ遊びに出かけたことがあるそうです。その時光恵は「家庭ごみ」を持ってきて海岸のゴミ箱に捨てました。そこにはハッキリと「家庭ごみは捨てるな」と明記してあったのにもかかわらず、聡は言われるままに家庭ごみを捨ててきます。


だって、俺だけじゃないから。みんなやってることだから


翔太が死んで49日が過ぎ、近所の女性(竹内都子)からも優しい励ましを受けて少しずつ立ち直った聡と光恵は、亡くなった翔太の分も楽しく強く生きていこうと決意します。ふたりは思い出の海岸に出かけますが、またしても聡は「家庭ごみ」をそのゴミ箱に捨てました


「因果応報」を厳しく解釈すればこそのラストシーンでしょうか


無意識に犯してしまう「小さな罪」が最終的に人一人の命を奪いかねないのだという警告がドラマのそこかしこにあふれていました。誰もが「罪」を犯す時は、それがどんなに小さなものであっても多少の罪悪感を抱くものですが、多くの場合はそれを無視してしまいがちです。時には勇気を出して立ち止まり、番組内で使われていた「想像力の射程距離」を長くして自分自身に問いたいものです


この行為が誰かに災いをもたらすかもしれない。その「誰か」が自分の愛する人かもしれない。


と、ドラマの主旨としては翔太の死には皆少しずつ責任があるということなのでしょうが、でもやっぱりおばさん個人としては医師の責任をもっと厳しく問いたかった


いくら内科医だからとはいえ、そして患者がたくさんいたからとはいえ、久米川自身も語っていたように「たかが風邪」の患者なら少しぐらい放っておいても死にやしません。久米川は夜間に押しかけてくる大学生を批判していたけれど、そうした大したことのない患者だから責任を問われずに済むからこそ、安心して夜間のバイトをしているのではありませんか


看護師の羽鳥が指摘したように、内科医に処置できないなら、外科の医師を呼ぶべきではなかったでしょうか。目の前に助けを求めている患者がいるのに目もくれないで逃げようとする人間を医者と呼べるでしょうか?その程度のモラルの持ち主が、人の命を救う仕事に就いて良いものなのでしょうか偏差値だけの頭でっかちに命を預けられない。こんな人間を当直にする病院側の責任も大きいです。


医師や教師だけにそうした高いモラルを求めるのは酷だという意見も当然あることでしょうが、やはり人の将来や命を預かる仕事は「聖職」であり、そのような仕事に就く人間は高い知性とモラルを持つべきだと個人的には考えます。そしてそれに見合う報酬や待遇を受けるべき


大体、医師不足が叫ばれて久しいのに、国や行政は何をやっているのでしょうか


お、最近は医者に対する不信感が甚だしいので、こうした話題になるとついつい熱くなってしまいます


でもドラマとしてはなかなか見ごたえのある作品でした。これはもう一度小説で読むのも悪くなさそうです



乱反射 (朝日文庫)

健康で文化的な最低限度の生活 最終回 ネタバレと感想 またえみるに会いたい

吉岡里帆さん主演のドラマ、【健康で文化的な最低限度の生活】も夕べが最終回でした吉岡里帆さんがめっちゃ良かった(^^)/


前回いきなりすごい母親が現れたためどうなることかと心配いたしましたが、何とか無事収まってくれてホッとしました。言い訳のできない加害者に見えていた人間も、見方を変えると誰かの被害者だったりするのですよね。何事も早計に決めつけちゃいかんとつくづく痛感させられました


以下簡単なネタバレのあらすじですケンカツ最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


大声でえみるを呼びつけ、しかも男と乗り込んできた梓は、生活保護費が受給できないと知るや否や、男と一緒に大暴れしたために、警察が呼ばれて連行される事態となりました


えみるはハルカが梓と暮らすのは危険だと判断し、そのまま児童相談所に預かってもらうことにします。


また梓のようにいい加減な母親ではいつまたハルカを捨てるか分からないと考え、児童養護施設への入所も検討し始めました。梓にも同意書を持っていきます。


梓は、ハルカが施設に預けられると聞いて顔色を変え、それだけは絶対にダメだ!と訴えましたが、えみるは即座に叱りつけました。


1週間もあの子を放っておくなんて、それが母親のすることですか?!ikari


梓はすっかり落ち込んで、自分ではハルカを幸せにできないと、同意書にサインしたそうです。


これでえみるはようやくハルカに会いに行けるようになったそうで、いそいそと出かけていったところ、ハルカから、いつになったら家に戻れるのかと聞かれてしまいました。お母さんに会いたいの


児童相談所の職員は、子どもたちは懸命に笑顔を作っているが、本当は寂しくてたまらないのだと教えてくれました。笑顔は子どものSOS。母親に会いたくない子どもはいないわ。


児童相談所は親子がまた一緒に暮らせるようになるためのスタート地点


そこでえみるはもう一度検討し直すことにしました。梓の「施設」に対する反応も気になっていたからです。それで梓の過去が判明しました


梓は幸子が40歳の時に生まれた子どもだったそうですが、相手から認知されなかったため、幸子は女手一つでの子育てを余儀なくされたのだそうです。幸子は酔っぱらって帰宅したり、2~3日家を空けることもしばしばだったそうで、その時梓はいつも一人でいたのだそう


梓は結局13歳の時に児童相談所で一時保護された挙句、児童養護施設に入所していたのだそうです。


そうした過去を背負った梓とハルカがどうしたら幸せになれるのか~皆が頭を抱えていたところに、ハルカがいなくなったとの連絡が入りました。えみるは急いでハルカの自宅に向かいます。ハルカはきっと梓に会いに行ったに違いないからです。


その予想は当たっていましたが、家に梓がいなかったため、ハルカは職員たちがやってくるのを見てすぐに隠れてしまったようです


しばらくして梓が帰宅したところにえみるが到着しました。えみるが梓に事情を話しても、梓はもう関係ない、とかぶりを振ります。


どうせ私なんか母親失格だし。向いていないし。これから私とハルカは別々の道で生きていきます


えみるは梓を追いかけて、それは違う!と叫びました。ハルカちゃんの気持ちはあなたが一番よく分かっているはず!ハルカちゃんにとっての幸せはあなたと暮らすことなんです!そうじゃないことはあなたが一番知っているはず!


すると梓は、それは分からないと答えました。だって私、幸せって何か分かんないから


そう言って部屋に入ろうとした梓を、えみるは必死で引き留めました。梓さん、梓さん、梓さん!!それじゃダメだよ、頑張って!


大丈夫、大丈夫ですから。ここでもう一度新しい生活を始めましょう!梓さんがここにいてくれたら、私は梓さんの側にいます。これからの生活の事とか仕事の事とか、何でも相談に乗ります!!だからここにいてください!


そうすればいつかきっとハルカとも一緒に暮らせる、梓はお母さんなのだからしっかりしてくださいと説得するえみるがボロボロ泣いていた吉岡さん迫真の演技でした(/_;)のに気づいた梓は呆然としてしまいます


きっと梓はこれまで自分のために泣いてくれた人に会ったことがなかったのですね~。幸子も罪なことをしましたね


それを考えれば、復讐されなかっただけまだマシかもしれませんyよね。梓は幸子の保護費を横取りしようとはしたけれど、幸子を虐待したりはしなかった訳ですから


ハルカも無事に見つかった後、えみるは梓を連れてハルカに面会に行きました。ハルカは、ずっとうつむいている梓を気遣って、食事はちゃんとしているのか、と尋ねます。来てくれてありがとうね。もうどちらが親だか分かりません


梓はごめんと言って涙を流し、ハルカも一緒に泣きだしました


とはいえ、すべてはこれからですよね。意地悪を言う訳じゃないけれど、2度あることは3度ある~えみるもまったく気が抜けません


かつて半田も、生活保護を受けていた母と息子を信じて応援したことがあったそうです。それなのに母親は息子を虐待して半殺しの目に遭わせたのだとか


それでもその子は立派に成長し、来年の春には新社会人となるのだそうです。それもこれも半田がずっと彼を支え続けてくれたおかげだと、その子は感謝の手紙を送ってきたそうです


それで半田は麻里のことに対しても慎重だったのですね


またその麻里も実はかつて病気の母と一緒に生活保護を申請したことがあったそうです。が、その時の担当者は、たとえ病気だろうと働ける、そういう人は他にもたくさんいる、と相手にしてくれなかったのだとか


そんな時に阿久沢を担当していたケースワーカーから扶養照会があったのだそうです。自分達を捨てた阿久沢は生活保護を受けられるのに、捨てられた自分達は断られるなんて世の中はなんて不公平なのかとひどく腹を立てたそうです


阿久沢を通してこの話を聞いた半田は早速麻里に直接謝罪に行きました。半田は、もし麻里が阿久沢と世帯を別にすれば保護を受けられる可能性があると提案します。


子どもも生むかどうか分からないから気にしなくていいと答えた麻里を、阿久沢は厳しく叱りました。阿久沢は麻里のために日中も働けるよう就職活動をしていたのです。もう一度お父さんにチャンスをくれないか!


ようやく麻里はお腹の子の父親に連絡を取りました。これがなかなか良さげな青年で、早速阿久沢に挨拶に来たそうです。こちらはもう大丈夫そうかな


えみるは、ようやく支給された新しい自転車をすいすい漕ぎながら、心の中で誓いましたしかも一番乗り(^^)/


生活保護は命を守る最後の砦。私たちはその現場で働いている。それぞれに性格も立場も事情も違う受給者ひとりひとりと向き合って、毎日少しずつでいいから進んでいこう。


この世知辛い世の中で、他人のために懸命に尽くそうとするえみるたちの姿勢が何ともすがすがしいドラマでしたね。チェーンストーリーも楽しかったことですし、是非また続編などご検討いただけましたら幸いです



健康で文化的な最低限度の生活 1-6巻 新品セット
ようやく涼しくなってきましたね

HOMELAND S6 最終回 ネタバレと感想 (11&12話) アメリカファースト

Homeland S6】(ホームランド6)の11話は「ロメオのR」(R Is for Romeo)、12話の最終回が「アメリカファースト」(America First)です。


いや~これはまたすさまじかったですね。名指しで現大統領をコケにする作品が多い中、たとえ信念的には真逆に思える人間が大統領になったところで結果は同じだという辛辣なメッセージが込められていた気がします。どちらにしてもアメリカはもう救われないのか~もはやバランスの取れた人間では統制不可能なのか、それともバランスの取れた人材がいないのか


以下ネタバレのあらすじですホームランド6の最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。これまたすんばらしく長くなり過ぎたので、続きを使わせていただきました


健康で文化的な最低限度の生活 あらすじと感想 第9話 子どもを育てる覚悟

吉岡里帆さん主演のドラマ、【健康で文化的な最低限度の生活】の9話はまたひどい話でございましたね。子育てを放棄しただけでは飽き足らず、今度は認知症の母親を金儲けに使うとは許せんっ!!ケンカツが腹立った~( `ー´)ノ


以下ネタバレのあらすじです


えみるの担当の受給者で認知症を患っている高齢者の丸山幸子の家でボヤ騒ぎがありました。知らせを受けたえみるが早速駆けつけると、4年前に男と駆け落ちしたはずの幸子の娘、(松本まりか)がしゃしゃり出てきます。もう大分前から戻ってきて幸子とハルカの世話をしているというのです。


梓は、これからは幸子の介護をしなければならないから外では働けない、自分も生活保護を受給したいと言い出しました。あまりにも図々しく勝手な言い草に、えみるが思わず4年前に家を出た理由を尋ねたところ、梓は答えたくないと反論します


えみるがあれで引いちまったのが間違いでしたよね。梓はすぐに幸子の世話が嫌になり~というほど世話もしていなかったようですが、ヘルパーと一緒にやってきたケアマネージャーから「受給費を減らさずに施設に預ける方法」を聞き出しました


ショートステイならなんとか


梓は早速役所にやってきて、幸子の認知症が進んだからショートステイを頼むことにした、と報告しました。その上で梓は、どうせ保護費を受給されても幸子には分からないから、幸子の保護費も自分の口座に振り込んで欲しいと要求します


でもこれもおかしな話ですよね。たとえ認知症のご家族がいて本人が預金を下ろせなくなったとしても、いくら便利にしたいとは言え、同居してまだ間もないのにいきなり自分の口座に振り込めなどという娘がいるでしょうか。キャッシュカードがあればいつでもどこでも下せるはずです。もはや気持ち=愛情の問題です


~かくいう自分は母の預金になかなか手を付けることができずにいたため、亡くなってから口座を凍結されてエライ目に遭いましたが。もうすっかり銀行不信になりました


人のイイえみるはそれも了承してしまいました。小さなおっちゃんやったら、ゼッタイ、梓の下心を見抜いたはずですが


案の定、梓は振り替えが決まった途端、男と出ていってしまいました。梓がもう1週間も帰らないとハルカから聞いたえみるはついに耐えきれず、京極に保護費を全額現金支給にしてほしいと依頼します。当然でしょ


そしてハルカは児童相談所に保護されることになります。ハルカはえみるにまた会いに来てほしいと訴えますが、えみるはうんと言えません。面会が制限されてしまうのでしょうか。


梓がいなかった時も、否、戻ってきてからも、一生懸命祖母の世話をしてきたハルカが何とも健気で可哀想でしたね


一方梓は、自分の口座に保護費が振り込まれていないと知るや否や、男を連れて役所に乗り込んできました。義経!義経はどこにいるっ!!


まるでヤクザですよね。いっそ警察を呼べばいいのに。


だいたい最初のボヤも幸子のせいにされてましたが、本当は梓が原因なのではなかったのですか?認知症だから分からないのをいいことに、もしくは分かっていても庇ってくれたのかもしれませんし、まったく腹立たしい限りです


また阿久沢の娘の麻里はなんと妊娠していたそうです。そ~れで倒れてしまったのですね~


阿久沢は単純に喜びましたが、よくよく事情を聴いてみるとお腹の子の父親とは既に別れているそうで、今どこにいるのかも知らないそうです。それに無事に産むためには出産までずっと入院しなくてはならないのだそう


産むかどうかも分からない


せっかく授かった命を~と阿久沢が説教しようとすると、麻里は初めて本音をぶちまけてきました


今さら父親面しないでよっ!!これまで放っておいたくせに( `ー´)ノ


話を聞いたえみるは何とか産んでほしいと願いましたが、半田は懐疑的です。子どもは産んで終わりではない、むしろ産んでからが大変なのだから、相当な覚悟ができない限り産まない選択肢もあってしかるべきだ


確かに梓を見る限りではさもありなんと思えますが、でも今あんなに可愛いハルカがこの世に生まれてきたのは、たとえケダモノのようにひどい母親ではあっても、梓が産んでくれたからだと思うと、なんとも切ない気持ちになります子どもは親を選べないのが可哀想( `ー´)ノ


あ~おばさんもえみると一緒に梓を怒鳴りつけたい気分で一杯でした何もしなくていいから母親面もすんな(*`へ´*)。来週は最終回ですが、最後までえみるを応援していきますよ~えみる、トンカツ端っこ定食食べて頑張れ!



健康で文化的な最低限度の生活 1-6巻 新品セット
ようやく涼しくなってきましたね

HOMELAND S6 ネタバレと感想 第9&10話 プロパガンダ

Homeland S6】(ホームランド6)の9話は「ソックパペット」(Sock Puppets=靴下人形)、10話は「国旗のある家」(The Flag House)です。以下早速ネタバレですホームランド6のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


FBIのコンりンが死ぬ前に立ち寄った施設の正体が分かりました。オーナーはあのオキーフです。オキーフは優秀なIT技術者をかき集めて偽のSNSを大量に作っては世論を操作していたのだそうです。彼らはこれを靴下で作った人形=ソックパペットと呼び、今のところ既に2万2千もの偽のIDがプロパガンダを展開していたそうです


その裏にいるのはもちろんアダルです。このことは今回マックスがこの施設に潜入して明らかになりました。マックスはコンリンの通話記録からこの施設の存在を突き止めたそうです


いかにもマックスらしく履歴書に「嘘」は書かず、明かしたくない過去は空欄にしたらしいですが、それでもオキーフの目に留まるほどマックスの経歴は傑出してようです。マックスは入社してすぐに、何らかの不備があって消えてしまったらしい2万2千のソックパペットを蘇らせました。いっそ復活させなきゃよかったのにね


でもその後、オフィスにアダルが来たところを動画に撮ってキャリーに送ったため、警備員に捕まってしまいます。キャリーは危ないからもう行くなと止めたのに、マックスは耳を貸さなかったのです。


そのキャリーもフラニーを人質に取られたことで神経質になっていて、マックスの話を聞く余裕がありませんでした。裁判所命令令でセラピストと会い、ようやくフラニーとの面会許可を得た直後、またしてもアダルにこれを阻止されてしまいます。キャリーはキャリー・アン(Carrie Anne Mathison)なのですね~今回初めて知りました


そのアダルは、案の定、ジャバディをも裏切りました


ジャバディもそんなことぐらい分かっても良さそうなものですけどね後悔先に立たずでやんすね(;´Д`)。ソールは確かに落ち目だけどそれはお人好しだったからであって、そのおかげでジャバディもここまで生き延びられたのですよね。それに対してアダルがずっとのさばっているのは自分への脅威になり得る者をすべて排除してきたからに他なりません。


ジャバディは、アダルがモサドを連れて踏み込んできた様子をスマホを通してキャリーに伝えました<I should have never trusted you!  I should have stuck with Carrie and Saul!。キャリーはすぐにソールに電話をしてこの様子を聞かせます。ソールは早速ネイト・ジョセフの協力を仰ぎますが間に合わず、ジャバディはモサドに毒薬を注射されて殺されてしまいましたマックスに頼んだ方が早かったんじゃね?(;´Д`)


でも幸運なことにジャバディのスマホだけは現場に残っていました。ソールとキャリーが踏み込んで、シーツの間に隠されていたスマホを見つけて回収します。その中にはナフィーシの自白映像が収められていました


ふたりは早速これをキーンに見せに行きます


その頃キーンはアダルにすっかり言いくるめられていましたが、二人の話を聞いて愕然とし、ついにアダルを排除することに決めました


キーンは秘かに訟務長官のジョージ・パリス(David Thornton)を呼んで、ダールを失脚させる策を練ります。結局以前キャリーはキーンにベルリンでの不祥事について告げてしまっていたらしく、パリスはこの件についてのキャリーの証言以外に、ダールを潰す手段はないと力説しました


キャリーはソールのために承知しかねましたが、キーンはソールには恩赦を与えると約束します。それで渋々承諾はしたものの、ソールには直接自分が話すと主張しました。


キャリーから話を聞いたソールは保身に走り、アメリカを出る決意を固めます。確かに女スパイのハニートラップに引っかかったなんて、できれば伏せたい過去ですよね。キャリーがブロディと寝たのとはわけが違います。あれは罠じゃなかったし


が、最後にミラに会った際にその決意は覆されました。ミラがソールを腑抜け呼ばわりしたからです


When has that ever made the slightest bit of fucking difference to you?
いつからそんなに小さなことにこだわるようになったの?


さすがは元妻、誰よりもソールを理解しているミラの言葉はソールを奮い立たせました


思い直したソールがキャリーの家に来て協力を求めようとしたところで、マックスがキャリーに送ってきたアダルとオキーフの動画を目にしたという訳です


そのアダルはすぐにキーンの翻意を見抜きました。帰宅して作戦を練り直そうとしたアダルの家には、なんとピーターが忍び込んでいます。ピーターは、アダルが帽子の男=ベリーを使って自分とアストリッドを狙ったに違いないと結論付けたのです。


でもこれに限ってはアダルの関知するところではなかったようですし、ベリーはピーターも殺したと思い込んでいたようでしたね


アダルが、迂闊にも、ベリーに電話をしたことから、ピーターはベリーの居場所を突き止めます盗聴器を仕掛けておいたのです♪


ベリーを追跡して辿り着いた土地で、ピーターはかつて顔なじみだったウェイトレスのニッキー(Erin Darke)に遭遇しました。その頃ピーターは「ジョニー」と名乗っていたそうです。あ~このネーミングも良くないわ。「ジョニー」は戦場へ行ってあんなことになっちまったのだもの。(


その頃ピーターは仲間の「兵士」たちと秘密作戦に従事していたようです。その打ち合わせ場所がサブタイトルになった「国旗のある家」のようでしたね


大将のマクレンドン(T-バッグね)を先頭に一緒に戦っていた頃を思い出していたようですが、そこは今でも「兵士」たちのアジトだったようです。字幕の名前を見る限りでは、昔の仲間とは違うようです。


ピーターが彼らから身を隠そうとガレージに行くと、そこにはなんとセクーが生前働いていた会社=メディナ・メドレーの車が停めてありました


セクーが運転していた車は爆発したのですから、これは何を意味しているのでしょうか?セクーの車に爆弾を仕掛けたのではなく、同じ車に爆弾を仕掛けてすり替えた??なぜそんなメンドーなことを??分からんわ~(;´Д`)


それはさておき、ピーターは友人のクラリス(Mickey O'Hagan)に頼んでキャリーを呼びに行かせました。ピーターは国旗のある家の真向かいにある家にキャリーを招き入れ、窓からライフルスコープを覗くよう促します。そこには「帽子の男=ベリー」がいました。


That's him, Carrie. The man who was watched you, put the bomb in the van.
奴だ、キャリー。奴が君を見張り、車に爆弾を仕掛けた。


も~ここはワクワクしますが、その一方でピーターが心配でなりませぬ


またオキーフとアダルはアンドリュー・キーンを侮蔑した動画を公表しました。ご存知の通りオキーフが捏造させたものです


愛する息子を侮辱されて激怒するキーンに、側近は皆まともに取り合ってはいけないと助言しますが、キーンは断固として戦う姿勢を崩しません


That is my son they are dragging through the mud! I want a press conference first thing in the morning.
私の息子が泥に引き込まれているのよ!明日の朝いちばんに記者会見を開くわ。


その気持ちは分りますが、でもそれなら同じ母親として、キャリーがフラニーに会いたくて救いを求めた時にもう少し親身になってくれても良さそうでしたよね。このキーンが今一つ頼りないのが心もとないわ~。ちなみに今回キャリーはなんとかフラニーへの面会を許されていました


と、毎週楽しんで見ているうちにあっという間に来週は最終回です。あ~もう今から気が気じゃありませんお願いだからピーターを死なせないで!( ;∀;)



HOMELAND/ホームランド シーズン5(SEASONSブルーレイ・ボックス) [Blu-ray]

ハゲタカ 最終回 ネタバレと感想 いつかまた。

綾野剛さん主演の社会派ドラマ、【ハゲタカ】はついに最終回でした。最後はスカッと終わってくれて楽しかったですね~


綾野剛さん、これまでのイメージとは打って変わって強面の鷲津を見事に演じきりましたね~毎回とっても楽しませていただきました。また、クールな鷲津と、大人しそうな外見とはまったく異なる芯の強い貴子とのほのかな恋愛も実に好ましくて素敵でしたハゲタカ最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。また同じキャストで是非シリーズ化やSPドラマなどの検討をお願いしたいものです


以下最終回のネタバレですズバリネタバレしていますのでご注意ください( `ー´)ノ


鷲津の最終目的は帝国重工のTOBにありました。鷲津はそのためにサムライファンドを辞め、証券取引委員会の精査を受けておいたのだそうです。TOBを宣言したのはサムライファンドと、今やアメリカでウォードキャピタルという投資ファンドを経営しているというアランです


鷲津は帝国重工の社長就任会見で「30日以内に革命をもたらす」と明言していました。これでかつての仲間たちには鷲津の目的が手に取るように分かったそうです


鷲津は自らの足で子会社や取引先を回り、実際にどのような不正が行われていたのかを入念に調べ上げました。一方で、再生担当執行役員に任命された芝野は、管理職への聞き取りを開始して、その裏付けを行います。


一方で貴子は、飯島の申し出を信じられずにいたところに、その仲介をしたクラウンセンチュリーホテル日本支部・副統括の加瀬彰一(堀部圭亮)がクラウンセンチュリーを辞めると漏らしたことから、ますます彼らを疑います。


妹に命じて周辺のホテルを調べさせたところ、みやびホテルの近くのホテルが皆こぞって日本ルネッサンス機構からの融資を受けていたことが発覚しました。思い出すのはかつての三葉ふるさとファンドです


貴子は早速サムライファンドを訪れて、日本ルネッサンス機構の融資に裏が無いかどうか調べてほしいと依頼しました。最初佐伯と中延は、うちは調査会社ではないと断ったものの、危険が迫っているかもしれないのに手をこまねいてはいられない、鷲津ならそう言うはずだと言われては看過することができなくなります。貴子は鷲津に迷惑を掛けたくなくてサムライファンドに直接やってきたのです


調査の結果、飯島は、性懲りもなくまた今度も、みやびホテルやその周辺のホテルをすべてまとめて外資ホテルに売りつけようとしていたことが分かりました。しかも売却先はクラウンセンチュリーのライバルです。貴子はクラウンセンチュリーに加瀬を訴え、加瀬は特別背任で処分されることになりました


そして鷲津は、宣言通り、あらゆる不正の証拠を集め、日光みやびホテルで開催されたアジア重工連会議でそのすべてを暴露します気持ちよかったね~(^^)/。もちろん株価は大暴落です


そこでサムライファンドによるTOBが宣言されたという訳です。帝国重工の役員たちはこぞってインサイダー取引だと批判しますが、そこは万事抜かりが無かったのは冒頭で触れたとおりです


が、貴子はこの暴露に加担してホテルにマスコミを呼んだことを責められて違約金を請求されてしまいました。貴子は覚悟の上だと答えますが、中延は、その違約金と独立のための融資をサムライファンドが支払うと断言します


鷲津がいたらきっと、どれだけの金を積んでもみやびホテルを買い取ると言うに決まっているというのです


そして飯島は日本ルネッサンス機構の会長を解任されてしまいました。アメリカの機関投資家グループが、450億を超える莫大な損害賠償請求を起こすと訴えてきたのだそうです。日本ルネッサンス機構側はこれを飯島の私的な資金流用による結果だとみなし、飯島を突き放したのだそうです


大企業の体質のみならず、都合の良い時だけ利用しておいて都合が悪くなると切り離すという政治家の常とう手段も変わっていないように思われまするが


それでも飯島は必ずまた復活して鷲津を地獄に叩き落す!と息巻いていました。その辺のところもまた続編?で見せていただきたいものです


サムライファンドが買収した帝国重工の社長には芝野が就任し、その芝野は、アランが投資しているアメリカの民間宇宙開発企業との提携を検討することになりました。鷲津はスペース・フロンティア・ジャパンに3億の出資を決め、帝国重工と取引するよう勧めます。夢ではなくビジネスになら金を出す


芝野は天宮に一緒に羽ばたこうと誘い、鷲津は天宮たちの覚悟を見せてもらう、と語りました。天宮は必ず羽ばたいてみせると約束します


こうしてやるべきことをすべてなし終えた鷲津はアメリカへと旅立ちました。貴子は鷲津をもう一度イヌワシを見に行こうと誘いましたが、見事にすっぽかされてしまいます。もちろん鷲津は行くとは言わなかったのでしょうけれど。


貴子はイヌワシの鳴き声に空を見上げ、鷲津もまた空港で同じ空を見上げていました。ここがまた良かったですね~。何せ空はつながっているのですから空井@空飛ぶ広報室もそう言ってましたし( *´艸`)


全8回ということでどうしてもあっさりしすぎる印象は否めませんでしたがハゲタカのカッコよさを十二分に堪能できて楽しかったです。またいつか是非お会いしたいものです


新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)/新装版 ハゲタカ(下) (講談社文庫)
これで心置きなく原作も読めます

《他にもこんな記事を書いています♪》