2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

Category女王ヴィクトリア 1/1

女王ヴィクトリア 最終回 あらすじと感想 誕生

英国ドラマ、【ヴィクトリア】も今週が最終回でした。日本語の副題は「誕生」ですが、原題の「Young England」は、文字通りの若い(新しい)イングランドという意味の他、「イギリス青年隊」というグループをも表しているようです。ま、これは曰く付きのようでしたが。やはり全8回はあっという間でしたね。ヴィクトリアやアルバートはもちろんのこと、ほかの使用人たちも個性豊かで、それぞれにドラマチックな過去を背負っていそ...

  •  1
  •  0

女王ヴィクトリア あらすじと感想 第7話 波乱の予感

英国ドラマ、【ヴィクトリア】の第7話は「波乱の予感」です。原題は「Engine of Change」で「変化のエンジン」と、蒸気機関車に引っ掛けてあるようです。いやいや女王でいるのはなかなか大変でござりまするね(笑。以下ネタバレのあらすじです。禁欲を承諾できなかったヴィクトリア(笑)は、ついに妊娠してしまいました。彼女自身は、相変わらずシャーロット王女の例を心配しているようですが、こうなったら覚悟を決めなくてはな...

  •  2
  •  0

女王ヴィクトリア あらすじと感想 第6話 女王の秘策

英国ドラマ、【ヴィクトリア】の第6話は「女王の秘策」(The Queen's Husband~女王の夫)です。今回は様々な動きがあってまたなかなか面白かったですね~。以下ネタバレのあらすじです。まずはこの副題「女王の秘策」から参りましょうか。女王と結婚したからと言って、アルバートの地位が上がった訳ではありません。周囲からの扱いは相変わらず貧乏で地位の低いドイツ人のままです。特にヴィクトリアが気にしたのは、ディナーの...

  •  2
  •  0

女王ヴィクトリア あらすじと感想 第5話 世紀の結婚

英国ドラマ、【ヴィクトリア】もいよいよ後半の第5話となりました。日本語の副題は「世紀の結婚」ですが、原題は「An Ordinary Woman」(普通の女性)とむしろ正反対の印象なのも面白いですね。以下ネタバレのあらすじです。たとえ女王であっても恋する女性の気持ちは同じ。一刻でも早く結婚したい、ひと時でも離れていたくないという気持ちは普通の女性と変わりません。I wish I were an ordinary woman...もし私が普通の女性だ...

  •  2
  •  0

女王ヴィクトリア あらすじと感想 第4話 運命の再会

英国ドラマ、【ヴィクトリア】の第4話は「運命の再会」、原題は「The Clockwork Prince」(時計のように正確な王子)です。後者はもちろんアルバートのことです。いや~なかなかよかったですね、アルバート。期待通りでござりました。以下ネタバレのあらすじです。ついにアルバート(Tom Hughes)がやってきました。兄のエルンスト(David Oakes)と一緒です。同じ従兄弟とは言え、ふたりの性格が全く違っていたのもまた面白かっ...

  •  0
  •  0

女王ヴィクトリア あらすじと感想 第3話 結婚の圧力

英国ドラマ、【ヴィクトリア】の第3話は「結婚の圧力」、原題は「Brocket Hall」(ブロケット・ホール~地名)です。今回は、ヴィクトリアの縁談がメインだったようですが、個人的な見どころはやはり「チャーチスト」でした。以下ネタバレのあらすじです。ケント公妃の弟でヴィクトリアの叔父、ベルギー国王のレオポルド1世(Alex Jennings)がやってきました。彼は、甥と姪、アルバートとヴィクトリアの縁談を勧めようとしてい...

  •  4
  •  0

女王ヴィクトリア あらすじと感想 第2話 失えない味方

英国ドラマ、【ヴィクトリア】の第2話は「失えない味方」(Ladies in Waiting~女王の侍女たち)です。これまたヴィクトリアの気骨が見えてなかなか面白かったですね。以下ネタバレのあらすじです。今やヴィクトリアの側近中の側近となったメルバーンが、首相を辞めると言い出しました。メルバーンはホイッグ党という、現在の自由民主党の前身となった政党に属していたのですが、この勢いが弱まったため、首相としての求心力が落...

  •  2
  •  0

女王ヴィクトリア あらすじと感想 第1話 若き女王

大感動のうちに最終回を迎えたイギリスドラマ、ダウントン・アビーの後続番組は【女王ヴィクトリア】です。少し前に放送したクイーンメアリーは途中で挫折してしまったため、今回もあまり乗り気ではなかったのですが、実際に見たらなかなか面白かったです。日本語の副題では「愛に生きる」とこれまたクイーンメアリーと同じように「愛」をことさら強調していましたが、この女王ヴィクトリアはそれだけには留まらない、もう少し幅の...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.