2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

「ブラックペアン」のレビュー一覧

ブラックペアン 最終回 ネタバレと感想 迷うことなくこの道を進め

海堂尊さん原作、二宮和也さん主演の医療ドラマ、【ブラックペアン】もついに夕べが最終回でした。以下早速ネタバレですネタバレせんと我慢できん( *´艸`)


飯沼達治の体内のペアンは、やはり、置き忘れではなく「佐伯が治療のために故意に残した」ことが判明しました


佐伯が飯沼のオペをした日、近くで大型バスの事故が起きたことから、病院にはたくさんの怪我人が搬送されてきたそうです。


皆がその手当てに追われる中、入院中の飯沼の急変に気づいた佐伯はすぐに手術にとりかかりましたが、オペ室は満室で人も機材も不十分だった上、術中、飯沼の出血がどうしても止められなかったため、やむを得ずペアンで止血をし、そのまま処置を終えたのだそうです。飯沼は結局ペアンを体内に残したまま退院することになったらしい


佐伯はその後すぐにアフリカでの長期にわたる医療支援に携わることになりました。


案の定、飯沼はそれから間もなくして急患で運ばれてきたそうです。その対応をした渡海の父、一郎は、飯沼の体内に残されたペアンを見て驚き、すぐに佐伯に連絡したそうです。佐伯は折り返し電報を打ち、ペアンを取り出してはいけない、私を信じてほしい、と電報を打ったのだそう。


一郎は佐伯の言葉を信じ、ペアンを残した状態で処置をしたのだそうです。


その後、一郎が飯沼のレントゲン写真を見ていたところを黒崎に見つかってしまいます。当時から単純だった黒崎はすぐにこれを医療過誤だと騒ぎ立てました


一郎は皆からの批判を甘んじて受け、一言も言い訳をせず、東城大を去っていったそうです。その頃一郎は既に自分の余命がわずかだと悟っていたらしいです。


佐伯が帰国した時、一郎は既に亡くなっていたそうです。その一郎は佐伯にこんな手紙を遺していたのだそう


我が盟友、佐伯清剛へ。何も言わなくていい。医者は患者のことだけ考えろ。人を救え。君にすべてを託す。


もしこれが本当に必要な処置ならば、なぜ言わなかった?~渡海ならずとも誰もが疑問を持つところですが、おそらく佐伯も一郎も「真相を告げたところで誰にも理解してもらえないと考えたからなのではないでしょうか


渡海が実際そうだったように、体内にペアンがあるなら取り出すべきだと誰もが考えるところでしょうが、でもそれは不可能だった~ペアンは飯沼にとって必要欠くべからざるものだったに違いありません。それは後に渡海が佐伯の隙を狙って飯沼のペアンを取り出そうと試みた結果、出血が止まらなくなり、あの渡海でさえこの出血を止めることができなかったことから説明が付きます。


患者が助かるなら喜んで真相を話した


佐伯はずっとこの真実をひとりの胸に納め、否、藤原師長とだけ共有し、飯沼の容体を見守り続けてきたのでしょう。その一方で、もし飯沼の容体が急変したら、その時は決して誰にも知られぬよう、今あるペアンを「ブラックペアン」に差し替えようと準備を進めてきたに違いありませんドヤ顔の意味が分かりました( *´艸`)


~現実的にはどうあれ、少なくともドラマ的にはそのような解釈だったものと思われます~


現に飯沼はずっと健康だったらしく、それもすべて佐伯のおかげだと感謝していたのだそうです。


その「ブラックペアン」の正体もついに明らかになりました。ブラックペアンは特殊なカーボンで作られているためレントゲンにも映らない=「医療過誤」の汚名を着せられることも無ければ、火葬後は燃えて灰になってしまうのだそう。


前回のオペで、渡海が佐伯の大動脈解離をおそらくはわざと治療せずに残したため、佐伯には一刻も早い処置が必要だったにもかかわらず、佐伯は理事長選を乗り切るまでは、と再手術を拒否して上京したそうです。渡海には主治医として同行するよう命じました。


見舞いに来た池永から、そこまでして理事長の椅子が欲しいのかと問われた佐伯は、その胸の内をこう明かしています


医者という者は常に謙虚でいなければならない。外科医の腕にも最先端の医療にも限界はある。命を前にしてあまりにも頼りない。だからこそ、その両輪で補い合い、高め合わなければならない。未来の多くの患者を救う最新の研究、目の前で苦しむ患者を救う最高の腕、その二つが欠けてはならない。決して反目してはならない。


渡海が自分の目を盗んで東城大に戻ったことに気づいた佐伯は、ドクターヘリを使って戻ってきます。学会でのスピーチは、黒崎ではまったく話にならず、代わりに名乗り出た池永が、この佐伯の心中を代弁してくれました


研究を重ねるのも、腕を磨くのも、最後は人。不完全な人が完璧を目指すから医療は成長し続ける。それが佐伯先生の願い


一方の佐伯は渡海にすべてを打ち明けて無事飯沼のオペを終えた直後、高階に閉胸を命じて倒れてしまいます。その時渡海は既にオペ室を出た後でした


世良は必死で渡海を捜し、携帯に伝言を残しますが、その頃渡海は、亡き父一郎が佐伯を生かしたという佐伯の言葉をかみしめていました佐伯は仇じゃなかったのか!( ;∀;)。世良の伝言がさらに一郎を彷彿させます。世良は佐伯が倒れた時、渡海へのこんなメッセージを発したのだそうです


そのままでいい。普通でいい。医者は患者のことだけを考えろ。救え、渡海。ただ人を救え。お前にすべてを託す。


渡海はもちろん佐伯を救いにやってきました俺が救う!( `ー´)ノ。その時佐伯の心臓は停止していましたが、渡海は決して諦めません。大丈夫、まだ間に合うよ


処置が終わり、遮断を解除した途端、VFが起きてしまいますが、渡海はまったく焦ることなく、皆に檄を飛ばします


こういう時の声、届くぞ。声かけてやれ行くよ!


佐伯先生!戻ってきて!戻って来い!!教授!頼む!生きてください!!戻ってこいっ!!藤原に花房、高階に世良が必死で呼びかけました( ;∀;)


彼らの必死の叫びが佐伯に届き、ようやく心拍が再開しました。術後に目を覚ました佐伯は、横で見守っていた渡海に初めて本音を漏らします


お前を東城大に引き取ったのはせめてもの罪滅ぼしのつもりだった。だがお前は計り知れない外科医の天分を持ち合わせていた。私を恨むことで腕を磨き続けるお前のその成長をもっと見ていたかった。お前の望み通り死んでも良かったのだが。


「そのままでいい。普通でいい。医者は患者のことだけ考えろ。救え。ただ人を救え」~俺の尊敬する医者の言葉です。


渡海は佐伯に深々と頭を下げて出て行きました。


渡海は東城大に来る前市民病院に勤めていたのだそうです。一郎がそんな息子にどんな医者になりたいかと尋ねると、渡海は「普通でいいよ」と答えたのだそう。


一郎は、お前はそのままでいい、普通の医者でいい、と語り、ふたりは煙草を吸いながら笑ったそうです


その後おそらく父が佐伯に濡れ衣を着せられたと誤解した渡海は、何とかして父の恨みを晴らそうと、それはもう必死に腕を磨いたようです。その様子は、世良が渡海の実家で見たおびただしい数の「外科結び」に表れていました。世良も頑張って練習していたけど、渡海の比ではありませんでしたね。でもだからこそ渡海は世良を買っていたのですね


こうしてすべてが明らかになったのとほぼ同時に、佐伯はめでたく日本総合外科学会の理事長に就任しました。佐伯は必要な組織改革を行うとすぐにその理事長職を他の大学の教授(≠西崎)に譲り、後進の育成に当たったそうです。西崎はそれでも理事長の座に固執し、インパクトファクターが取れる新たな研究を進めろと医局員に檄を飛ばしておりました


高階は、理事長選の際も佐伯の留守を任されたほど佐伯からの熱い信頼を得佐伯外科のブレーンとして最新医療を取り入れながら研究に力を注いだそうです。そして時々、世良同様、寂しそうな眼をしていたのだそう。高階は渡海の数少ない理解者であり、これまた盟友でしたからね


渡海が飯沼の手術を断行しようとした際、高階が渡海を信じたシーンもとっても良かった。俺を信じろ。必要ならルールは変えるんだろう?


また、ああ見えて結構な後輩思いの猫田は、相変わらず仮眠室で横になりながら、渡海の近況をチェックしていたようです。渡海はこれまで手に入れた金をすべて医療過誤で苦しむ人々の支援団体に寄付していたのだそうです。そして先日、振込人不明の1千万が入金されたのだそう


仮眠室でご飯を炊いて食べようとしていた花房、そして「渡海が戻ってきたら一緒に食べると頑として断っていた世良は木下からこの話を聞いて、あのセリフを思い浮かべます


「邪魔。1千万でもみ消してやるよ


世良は必死で渡海を引き留めたのに、飯を炊いてこいと騙されて置いてかれたのがよほど悔しかったようです


でも、これは今初めて知ったのですが、原作の「ブラックペアン1988」は海堂さんの「バブル三部作」の中の1作で、あと2作品出版されているのだそうです!


原作に渡海はいないようですが、元々はブラックペアン1988の主人公も世良だったのだそうですから、是非、渡海(のエピソード)も加えて残り2作もドラマ化してほしいものです。あ~小説を先に読んじまいたい気分で一杯です


新装版 ブラックペアン1988 (講談社文庫)
ブレイズメス1990 (講談社文庫)
スリジエセンター1991 (講談社文庫)


前回のレビューでちとこぼしてしまったように、ペアンを体内に残す意味が今一つ釈然としませんでしたが、それを差し引いても、全体としては期待通りの本当に素晴らしいヒューマンメディカルミステリーでした。大満足です



この道~聴けば聴くほどええ歌やねん

ブラックペアン ネタバレと感想 第9話 佐伯の勝~ち( `ー´)ノ

海堂尊さん原作、二宮和也さん主演の医療ドラマ、【ブラックペアン】の9話は1時間20分の拡大版だけあって実に見応えがありましたね。皆が一丸となって1つの命とその先にある何千もの命を救おうとする姿勢には大いに心が揺さぶられましたブラックペアンが面白すぎる( *´艸`)


私事で恐縮ですが、先日ガンで亡くなった私の母は、通院して主治医の診察を受けるたびに「この薬が効かなくなったらもう終わりだと告げられ続けた結果、恐怖のあまり全身が硬直して動けなくなったことがあります。在宅医療に切り替えて心身ともに安定した後も、少しでも状態が悪くなるとこの「呪い」に苦しめられたことを思い出します。


世の中の医師たちが皆、地位や名誉ばかりを追い求め、保身に走るのではなく、医者の本分はあくまでも「命を救うこと」と心していただきたいと切に願う次第であります全国の医者に見習ってほしい( `ー´)ノ


前置きが長くなってしまいました。でも、こうして個々の思い出や経験をまざまざと引き出すのもこの「ブラックペアン」が素晴らしいドラマだという証ですよね。以下ネタバレのあらすじですブラックペアンのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


佐伯の病はかなり深刻でした。本来なら大動脈から出ているはずの左冠動脈が肺動脈から出ていることで、その左冠動脈が狭窄を起こしているのだそうです。そのために心臓に十分な酸素が供給されず、心機能がひどく低下している上、僧帽弁の閉鎖不全も併発しているため、いつ心筋梗塞を起こしても不思議はない状態なのだとか


こうしたケースは佐伯式でしかオペ出来ない~つまり、佐伯が倒れた今、治療できるのは渡海しかいないというのに、患者となった佐伯は、その渡海の執刀を断固として拒否しました。カエサルでやってくれ


が、お偉方の前で赤っ恥をかかされた西崎は、カエサルを引き上げはしなかったものの、シミュレーターに入っていたシミュレーション用のデータをすべて持ち帰ってしまったのだそうです。データが無ければ動けないのがロボットの悲しいところでやんすね


高階は早速西崎に頭を下げに行きますが、西崎は絶対に貸せないと、これまた断固として拒否しました。あれは私のものだ


しかも、高階が論文を盾に取引しようとすると、もう論文は坂口に書かせたからお前は用なしだと言ってのけます


カエサルは、研究は、人の命を救うためにあるんじゃないのか!あなたはそれでも医者か!?おまえなんか医者辞めろ!


西崎は平気な顔をして「はい、医者です」と答えました


も~ここは高階同様、血管ブチ切れそうになりましたが、せめてもの救いは日本外科ジャーナル編集長の池永がこの会話を聞いて眉をひそめていたことです


一方、東城大では、佐伯を救うのに敵=帝華大の高階の手は借りない!と豪語していた黒崎が、懸命にシミュレーションを繰り返していました。が、悲しいかな、いくら努力しても気持ちに腕がついてきません。黒崎は仕方なく高階に協力を求めましたが、高階も、気持ちはあってもデータが無い、もう自分は西崎から見捨てられた、と打ち明けます。


黒崎は同じように教授に仕えて来た身として高階の無念は痛いほどわかる、今度は自分と一緒に佐伯教授を支えてくれないか、と頼みました。佐伯の命を救うことは佐伯がこれから救わんとする何千という命をも救うことになるというただその一点で、高階はチームに加わります。もう論文などく〇くらえです


医局員たちも必死になってそれぞれにできることを進めました。この話を聞いた佐伯は藤原師長に、そんな皆の様子を録画しておいてほしいと頼みます。


ある者はカエサルの操作を学び、ある者はダーウィンが佐伯の症例に似たケースを扱った事例はないか、海外の知人に電話をかけまくりました。が、どんなに頑張っても所詮は限られた医局内での人海戦術には限界があります。


やはり渡海しかいないか


高階と黒崎が腹をくくり、黒崎が渡海に頼みに行こうとした時、やはり渡海の協力を得ようとして「渡海の秘密」を探っていた世良がついに飯沼達次のレントゲン写真を見つけました。なんと米袋の中に隠してあったそうです。当時の担当医は渡海の父、一郎でした。


そこへ渡海と黒崎がやってきます。渡海一郎は新人だった黒崎の指導医だったらしく、その息子の征四郎が今さら飯沼のレントゲン写真を持っていたと知った黒崎は、渡海征四郎が父の仇を討とうとしていると察しました。


ここを出ていけ!手術室も立ち入り禁止!!お前は自宅謹慎だ!!ここが自宅なんですが(;^_^A


こうして単純な黒崎は自ら自分の首を絞めましたが、世良は諦めきれませんでした。「自宅」(=仮眠室)を追われて世良の後をついて寮に押しかけてきた渡海はそんな世良に、バカはバカなりにできることがある、と教えてくれます。


論文やら症例やら日本一データがある場所へ行って聞いてこい。たとえ馬鹿にされても、言いたいことを言い、バカな奴だと怒られて帰って来い


世良は木下に頼んで池永のオフィスを訪ねました。池永は案の定、君はバカか?と取り合いませんが、渡海に鍛えられて打たれ強い世良は諦めずに食い下がります


はい、バカです。しかも目の前の患者を救えないから医者でもありません


世良は、自分が知っている医者は「決して命から逃げず、常に先頭に立って命を救うために日々戦う佐伯」「テクノロジーを信じて未来の命を救おうとする高階」「悪魔みたいに無茶苦茶な言動で周囲を振り回すけれど、自分の腕一本で目の前にある命を必ず救う渡海」だ、この3人は最も尊敬する医者の中の医者だ、と涙を浮かべながら言い切りました彼らこそが医者です!


池永の脳裏にあの破廉恥な西崎の言葉が浮かんだことは言うまでもありません


東城大は今、メスというプライドを捨て、一丸となって佐伯という1つの命を救おうと懸命になっている。なぜなら、佐伯の命は、彼のオペを待つ何千人という患者の命でもあるから


自分には何もできないけれど、それでも命を諦めきれない、と泣きながら土下座した世良に、池永がついに折れました。池永は、佐伯の症例と同じケースをアメリカの名も無き小さな研究所が成功させた例があったはずだと教えてくれたのです。特別なルートがあるから私が問い合わせましょう。それが論文本来の役割だから


池永も幼い頃珍しい病気を発症し、もう助からないといわれたところ、世界中から論文をかき集めて治療法を見つけてくれた医師がいたのだそうです。


世界のどこかの誰かの研究が他の国の誰かの命を救う。論文はそのためにある。決して出世の道具などではない。命のためだ。私の仕事はその橋渡しをすること。


も~ここは震えるほど感動しました医療に携わる人々は皆そうであってほしい!。それほど崇高な信念を抱いていた池永が、なぜあんな出世欲の権化みたいな西崎を買っていたのか不思議でなりません。ここで初心に帰ってくれて本当に良かったです。


池永が見つけてくれた論文のおかげで、新しいプランを立てたカエサルチームは再びシミュレーションに取り組み始めました。世良から報告を受けた渡海は、必ず教授を助けろ、殺したら俺が全員殺す!と脅します。自分が佐伯を殺すまで、何としても佐伯を生かしておかねばならぬというのです。


が、せっかくチャンスが広がった矢先、怖れていた事態が起きました。佐伯が心筋梗塞を起こしたのです!


高階たちは必死でオペを試みますが、どうしても時間が足りません。高階がカエサルを扱う腕を止め、BGMにもレクイエムが流れ、藤原が涙し、黒崎が神(悪魔)頼みをしたその時、誰も触れていないはずのカエサルのアームが動き始めました。なんと、手術室への出入りを禁じられた渡海が、医局に放置されていたカエサルのシミュレーターで遠隔操作をしていたのです!!渡海サイコー!(^^)/


それには本体へのアクセス承認が必要らしいですが、これは渡海に命じられた世良が素早く対応していました。回想シーンを確認するために録画を見直したところ、確かに腕が画面に伸びていました


この事は最初高階にのみ知らされ、渡海がイヤホンを通じて高階に状況を説明していましたが、プランにはなかった処置~吸盤で心臓を吸引~をしたり、通常は両手で縫うところを片手だけで縫ったり、指示がいきなりぞんざいで乱暴になったり(渡海の口調そのまま)した挙句、オンポンプオンビートで僧帽弁形成術、つまりは佐伯式を行うと聞かされた時にはさすがの黒崎も裏に渡海がいると気づいたようです。またその施術の迅速で正確なことったら


まるで教授のオペを見ているようだ!!


何せ佐伯を救うためなら何でもやる!悪魔でもいいから助けてほしい!!と泣き叫んだ黒崎ですから、もちろんこれも看過します。その調子だ、高階君


渡海の行動を先読みして次々と器具を用意していた猫田がまた素晴らしかったですね~。いっそのこと医師国家試験を受けて医者になればいいのに。


無事手術を成功させた渡海は高階に、手の方が100倍楽だとこぼしました。本当に最初から渡海がオペしていたらこんな苦労はしなくて済んだのですが。


でも結果的にこのカエサル手術は西崎の鼻を明かすことになります


佐伯は心筋梗塞を起こす前、高階の論文がお蔵入りになったことを聞いてあることを企んでいました。準備段階からオペまで医局で録画していた映像を添えて「カエサルによる佐伯式」に関する論文を高階に仕上げさせたのです。んも~んなこと考えているから発作を起こしたんですよね


どうやら佐伯は最初から「一流の外科医・渡海による一流の医療機器カエサルでのオペを想定していたようです。それなら必ず超一流の手術が実現できる、と。論文が完成したのは高階を切った「西崎大先生のおかげでござるね


坂口の書いた論文が外科ジャーナルに掲載され~中身などすっ飛ばして~最後に自分の名が載ったことに満足していた西崎が、ページをめくった時の顔が見ものでございましたね。そこには「東城大学医学部付属病院心臓血管外科の高階権太の論文が掲載されていたからです


手術支援ロボット「カエサル」によるオンポンプオンビート僧帽弁形成術~遠隔操作手術の可能性と展望~


坂口の「手術支援ロボット・カエサルにおよる低侵襲心臓手術」ではタイトルからして勝負になりません。高階の論文は積極果敢な将来への挑戦ですが、坂口のそれはいかにも保身に走った感があります。


西崎が早速池永にクレームの電話を入れると、池永は「東城大の論文の方が未来を見据えて優れている」と評価しました


いやいや実に楽しかった西崎め、ざまあみろ!( `ー´)ノ


が、どうやら佐伯の心臓はまだ完治していないようです。テレビの予告はCMが入って聞き取りにくかったので公式HPの予告を見たら、渡海がそう語っていました。だから再手術が必要だ、ということですよね。俺の手術を受けたかったら、飯沼達次の居所を教えろ、と。


渡海はきっと、飯沼の体内からペアンを取り出して父の汚名を晴らすつもりなのですよね。黒崎の話だと、置き忘れペアンの件は当時の教授が処置して解決したことになっていたらしいけど、以前の佐伯と藤原の会話から、ペアンは相変わらず飯沼の体内にあるようですから


でも佐伯がその発覚を怖れているのは決して保身のためではないはず、他に理由があるはずです。だって佐伯は「医者の中の医者なんですもの。今やすっかり「黒崎」の気分のおばさんです


その佐伯ファンがこの一週間あれこれ妄想してみた結果、佐伯はきっとペアンを外せなかった、わざと残してきたのではないかという結論に達しました。実際にはあんなに大きなものを残すぐらいなら他の処置ができるはず、ペアンを残すのは現実的ではないとは思うものの、フィクションならあり得るかな、と


さ~ていよいよ来週は最終回です。飯沼達次ももちろんですが、佐伯の容体も気になるところ。なんとか誤解が解けて渡海が佐伯を救ってくれることを願うばかりでござりまする。次回の放送が待ち遠しいです



この道~聴けば聴くほどええ歌やねん

ブラックペアン ネタバレと感想 第8話 医療過誤の被害者は飯沼達次!?

海堂尊さん原作、二宮和也さん主演の医療ドラマ、【ブラックペアン】は8話も面白かったですね~。今季はこのドラマがサイコーに待ち遠しいです。以下早速ネタバレです


今回も見どころ盛沢山ではございましたが、やはり何と言っても注目したのは例の「体内ペアン」の主の名が「飯沼達次」であるらしいこと。渡海が帝華大で武田のIDを使って調べたかったのは、患者のデータやデータ流出の証拠のみならず、この「飯沼達次」という人物が帝華大およびその関連病院に入院しているかどうかだったらしいです


そして今回、その飯沼達次なる人物は「さくら病院」に入院(もしくは通院)しているらしいことが判明しました。佐伯がその院長の小林に飯沼を秘密裏に預かってもらう代償として、今回小林は息子の隆一(はやしん@レイターズ)の手術を佐伯に頼んだそうです。佐伯でなくても手術可能な、比較的簡単な手術で済むケースだったらしいのに、割り込みでオペが決まったそうです。


そしてこの隆一が西崎に利用されてしまいます


今回西崎ら帝華大は「カエサルのお披露目」をするために東城大に乗り込んできました。西崎は、失敗するリスクの少ない患者としてこの隆一に目を付けます。VIP待遇で入院していた彼のことは帝華大には知らせていなかったのを、渡海がわざと教えたのです。


最初渡海は、このカエサル手術を成功させて西崎を理事長にするため、自分も合同チームに参加すると名乗り出ました。自分が入れば、たとえどの患者をオペしようと必ず成功させると豪語します。


なにせ執刀医は西崎なのですからね。これは佐伯がわざと西崎を指名して挑発したためです。記念すべき手術は西崎教授自ら執刀すべきではありませんか?


「助手」として練習に参加した渡海と猫田のレベルの高さに圧倒された西崎は、このままでは自分が目立たなくなると心配し、渡海の情報に飛びついたという訳です。


一方で渡海は佐伯の心臓に異常があることを見抜きました。佐伯が藤原と組んでのオペ中に手が震えてメスを落としたからです。もう20年以上佐伯と組んでいるという藤原が、すぐに自分の器械出しのミスだと謝罪したため、西崎を初めとする「凡人」は納得しましたが、天才の渡海が気づかぬはずもありません。最近めきめきと成長中の世良も藤原の説明には合点がいかなかったようです


その上佐伯は、帝華大のスタッフに縄張りを荒らされているというのに、頻繁に、しかもひとりで外出しています。


渡海は世良に命じて佐伯の後を付けさせました。佐伯は花房を誘い「デートを装って」佐伯を追跡します。そこで辿り着いたのが「さくら病院」でした。


渡海はすぐに佐伯がそのさくら病院で診察を受けているに違いないと推理し、それを西崎に明かしたのでしょう。佐伯は自分の病気を隠す代わりに、本来なら引き受けないような簡単な隆一のオペを引き受けた、と。西崎がそれを知ったら渡海が外されると分かっていた高階は、患者のためには渡海が必要との信念から、黙っておりましたのに


お披露目会当日、西崎は、案の定、自分だけ目立つために渡海ばかりか高階まで外し、帝華大のスタッフをオペ室に招き入れました。しかもその日は朝から佐伯も姿を見せなかったため、佐伯は余程体調が悪いらしいと皆に公表してしまいます。それで佐伯がするはずだった隆一のオペをカエサルがすることにした、と


佐伯教授は心配ですが、カエサルがあってよかったですね!


西崎は会場から聞こえてくる声にご満悦の様子です。


が、実際のオペはこの「急ごしらえのスタッフ」が災いしました。大動脈の遮断に使うペアンが見つからずバタついているうちに、カエサルのアームの位置がズレてしまったのです。モニターで中継を見ていた高階がこれに気づいた時はもう既に手遅れで、カエサルはまたしても患者につけなくても済んだ傷をつけてしまいました


結局渡海はいつものように猫田とオペ室に乗り込んでいきます俺が止血するから、大先生はカエサルを続けていい


俺が止血してやる。あんたの失敗、俺がもみ消してやるよ


が、今度ばかりは佐伯が黙っていませんでした


渡海、代われ。これは合同の手術だ。西崎教授が執刀を降りたのなら私が代わりに行う。邪魔!


ともに乗りこんできた藤原も猫田に言い放ちます。代わって。さすがの猫田も従うしかありません。


佐伯は渡海のお株を奪うかのようにカエサルをどけさせた後、世良と高階を助手に指名しました。


まだ執刀を降りるとは言っていなかった西崎も、さすがに渡海を助手に指名して続行するとは言えませんよね。もうなすすべも無く呆然と立ち尽くすばかりです出てくに出てけない( ;∀;)


体調の悪さなど微塵も感じさせない見事なメス裁きに、黒崎を初めとする東城大スタッフは涙を流さんばかりに感激しました。これが東城大だ!これこそが、東城大が誇る佐伯教授のオペです!!


会場には割れんばかりの拍手が響き渡りました


私が負けると思ったか?これがブラックペアンだ!


ここでふと思ったのですが、もし佐伯が飯沼達次という患者の体内にペアンを置き「忘れて」来たのだとしたら、どうしてそれを取り出そうとしないのでしょうか


そもそもペアンは、いつも佐伯が最後に「ブラックペアン」を使うように、血管を遮断する際に使用するのですよね?若い頃から「天才」の呼び声が高い上、これまで見てきた限りでは決して「保身」に走るような人間ではないように思える佐伯が、患者の体内にペアンを置き忘れた挙句、その事実を知っても尚放置しているなんてことがあるのでしょうか


だからこそああして足しげく飯沼達次を診察しに行っているのでしょうが、その目的は本当に医療ミスを隠すためだけなのでしょうか


これまではその手痛い過去があって今の佐伯があるのかと解釈してきたけれど、もしそれだけだとしたなら、あれほどまでに「(ブラック)ペアン」を強調するのはさすがに不自然に思われてなりません。それで自分を戒めているにしては表情がドヤ顔すぎませんか。あれはどう見ても「ブラックペアン」を誇らしく思っている表情ですよね。


う~ん、いくら悩んでも分かりそうにない=ただただ時間が過ぎて行くばかりなので、今日はこの辺にしておきまする。妄想にお付き合いくださいましてありがとうございます


さて、術後廊下でばったり倒れ込んだ佐伯の容体はかなり深刻な様子です。これはやはり渡海にオペしてもらうしかありませんよね~きっと。予告では「殺す」と息巻いていた渡海も、結局は助けざるを得ないと信じて疑いません佐伯は渡海が助けてくれるはず( `ー´)ノ。何せ「患者がいたら治す」のが渡海なのですからね。本人が何と言おうとこれが渡海の「信念なのです。


いや~やっぱり「ブラックペアン」は実に素晴らしいドラマでござるね。次回、拡大版の9話が楽しみでなりませぬブラックペアンが楽しみすぎる( *´艸`)



この道~聴けば聴くほどええ歌やねん

ブラックペアン ネタバレと感想 第7話 当事者にしか分からない痛み

海堂尊さん原作、二宮和也さん主演の医療ドラマ、【ブラックペアン】は7話も実に面白かったですね~。あのク〇院長には心底腹が立って、こてんぱんにしたい気分で一杯でしたが


それでも医者か!恥を知れ!恥をっ!!ブラックペアンの院長、サイテー!( `ー´)ノ


以下ネタバレのあらすじですブラックペアンのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


渡海は、規定に逆らって母親の手術をしたという理由から、減給処分となりました。給料を1/3に減らすと言い渡された渡海は、今の2倍で雇ってくれる帝華大に行く、と宣言します


私にも生活がありますんで~とは言うものの、ずっと医局の仮眠室に寝泊まりし、食事はタダ(接待)か春江の送ってきてくれた米を炊いた卵かけごはんですから、どう見ても金遣いが荒いようには見えませんよね。よほど貯め込んでいるのでしょうか?なんのために??


と素朴な疑問はさておき、帝華大での待遇は文字通り「飼い殺し状態」でした。西崎は、これまでの失態はすべてこの渡海のせいだと確信し、渡海さえ封じ込めてしまえば佐伯を助けるものはいない、と考えたようなのです


が、それが運の尽きでした。渡海は帝華大でもその華麗なオペを披露した上、西崎の陰謀も見事に暴いてみせたのです。経緯はこうです


患者も託されず、ただぶらぶらしていた渡海でしたが、病棟を歩いていた時、ひとりの患者が首のコリを訴えていたのを目にしました。渡海は、即、心筋梗塞の疑いがあると察しましたが、患者のデータベースへのアクセス権がないため、データを見ることすらできません。


その後、その患者は、案の定、オペ中に心筋梗塞を起こしました。執刀医の武田秀文(長谷川忍)はただ慌てるばかりで何もできず、そのままインオペしようとさえします。その様子を医局で見ていた渡海はすぐにオペ室に駆けつけました。


辞表を書け。お前の退職金1千万でもみ消してやる


その失態を大先生(西崎)に報告するとまで言われた武田は仕方なくこれに応じました


その後の渡海の手技がまた実に見事で、まさに水を得た魚のようでございましたね。オペ室にいた帝華大のスタッフが、次々と繰り出される渡海の指示についてこれないのを見ると、先々まで読んで早めの指示を出していたのも素晴らしかった


もちろん、この様子を見ていた医局員たちも感嘆の表情を隠せません。これが東城大のオペ室の悪魔噂には聞いていたが!


腕の無い医者は死んだ方がイイ。お前の論文にそう書いていいぞ


そこまで嫌みを言われても、黙って有り金全部持って来なくちゃいけない武田も哀れですよね。しかも、あの厚みじゃせいぜい2~300万ってとこでしょうか。あの腕では退職したところで1千万も出ないのでは?


すぐに用意できるのはこれしかない、と頭を下げる武田を許す代わりに、渡海はある交換条件を持ち出しました。お前のそれ(IDカード)、貸せ


渡海は治験コーディネーターの木下から、東城大の患者のデータが帝華大に流出していると聞かされていたのです。渡海先生が盗んだって思われてますよ


一方その東城大では院長の守屋が今度こそカエサルで成功例を出すのだと張り切っていました。前回春江の件で大失敗した黒崎は真っ先に治験に名乗りを上げます。今回は私にやらせてください!


その治験のターゲットとなったのが、帝華大にデータが流出した患者の山本祥子(相武紗季)でした。カエサルにピッタリの症例だということで西崎が選んだらしく、それを厚労省の富沢が何食わぬ顔で治験対象に推薦してくるのがまた図々しいですね


西崎は富沢や池永に、佐伯はわざと治験に難しい症例を選び、失敗の確率を上げることで外科医の出番を増やし、ロボットより人間が優れていることを証明してみせている、と吹き込んだのです。


どうして西崎が東城大の患者のことを知っているのか~高階か渡海が持ち出したに違いないとの声が上がるも、富沢のご機嫌を取りたい守屋院長は、すぐに治験を進めるよう命じました。


これがご機嫌取りのためだけではなく、データ流出の犯人が守屋自身だった!というのには呆れてものも言えませんでしたね。これまでも何かと腹立たしい存在ではあったけれど、そこまでク〇野郎だったとは!守秘義務違反で逮捕しろ!


守屋は看護師の宮元亜由美(水谷果穂)に命じて患者のデータのコピーさせては、それをせっせと西崎に送っていたのだそうです。そのメールを武田のIDを手に入れた渡海が見つけたという訳です


宮元が守屋の言いなりになっていたのも、肺がんの父親に便宜を図ってもらっていたからというのがまた何とも憎たらしかった!肉親の病に苦しむ家族の弱みにつけ込むなんざ、人間としてサイテーですよ!解雇どころか、警察に突き出すべきだったのに!!守屋のような医者は絶対に許せない( `ー´)ノ


その上守屋は、宮元が黒崎の指示でペニシリンアレルギーのある山本祥子にペニシリンを投与しそうになったと聞いて、その責任をすべて宮元に押し付けようとしました。看護師の代わりなどいくらでもいる


さすがに人格者の藤原師長も、これにはカチンと来ていたようです。でも宮元は何もなかったのだからと黙ってこのそしりを受けていたのは父親のことがあったからなのですね。


そんな宮元を救ったのは、治験コーディネーターの木下でした。木下は元看護師で、治験対象として選ばれた山本祥子の同僚だったのだそうですが、医師から医療過誤の責任を押し付けられて、泣く泣く看護師を辞めなければならなかったのだとか。その時、山本はその医師に脅されて、木下に不利な証言をさせられたそう


木下には、今の宮元の苦し気な表情が、その時の山本のそれと重なって見えたそうです


あなたのことは私が絶対守ってみせる!!弱い者いじめは許さない( `ー´)ノ


宮元は、真実を語ってくれなかった山本をひどく恨んでいたそうですが、アレルゲンのペニシリンが山本に投与されるのを看過できずに点滴を止めたばかりか、山本のオペの際も、またしても起きた予想外のトラブルを、守屋や黒崎が保身のために隠蔽しようとするのを黙って見ていることはできませんでした


予定になかったトラブル(血栓)だったからとそこで手術を終えようとしたことを、患者様に伝えてもよいのですか?それでも医者か!と言ってやればよかったのに( `ー´)ノ


看護師だった昔も、治験コーディネーターとなった今も、患者を救いたい、という気持ちはまったく変わっていないのです。木下はそれを渡海に思い出させてもらったそうです。俺は俺。どこにいようと患者がいればそれを治す


渡海から山崎宛の自分のメールを見せられた守屋は、解雇だけは許してほしいと土下座をして謝罪しました。佐伯は、これを不問に付す代わりに、渡海の席を用意し、自腹で給料を2倍払うよう命じます。そろそろ帝華大にも飽きただろう?


渡海は、東城大にまだやり残したことがあると言って戻ってきました。それが「体内に取り残されたペアン関連であることには間違いなのでしょうが、その謎は依然として謎のままです


一方、佐伯は今回木下の過去の医療過誤についてこんな話をしていました


過去は他人が勝手に作るもの。痛みは当事者にしかわからない


佐伯は、渡海の父一郎との「過去」で、他人には分からない痛みを抱えている、と言いたかったようです。これまで知りえた事実をまとめて妄想するに、佐伯は己のミスを一郎に救われたにもかかわらず、その恩人を貶めて裏切ったが、その罪悪感が自分に与えた痛みは、当時正直にミスを認めるよりも辛かった、ということでしょうか。その痛みを乗り越えたからこそ今の自分(天才外科医)がある、とでも?


予告では渡海が「東城大には(外部に)知られたくない患者がいる」と語っていたようですから、もしかしたら、それが体内にペアンを置き去りにされた患者なのかもしれません


と、一見、謎や権力争いばかりが目立っていますが、世良は確実に力をつけ、カエサルも進歩し、高階も本来の志を取り戻し、渡海は相変わらず天才のまま、と包括して見ればプラスの方向に動いているのが何より嬉しいところです。あの武田や黒崎でさえ、患者を助けようという気持ちはまだ残っているようですからね


ブラックペアン」もいよいよ終盤~次回の放送が待ち遠しいですね。まだ気は早いけど、いつか渡海や世良も交えたバチスタシリーズも見てみたいものです



この道~聴けば聴くほどええ歌やねん

ブラックペアン ネタバレと感想 第6話 ブラックペアンの秘密

海堂尊さん原作、二宮和也さん主演の医療ドラマ、【ブラックペアン】は6話という折り返し地点に来て、いよいよ核心に迫ってきましたね。以下ネタバレのあらすじですブラックペアンのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


佐伯は今回、看護師長の藤原と一緒に、渡海が持っているのと同じレントゲン画像を見ながらこう言いましたブラックペアンの秘密は守られているようだな


どうやらその画像はCDに納められていたようで、佐伯はこれを藤原師長に渡して、いつものように処分をしておくよう命じます。


これっていったいどういう意味なのでしょうね?


あの画像は、やはり渡海の父、一郎(辻萬長)が過去に責任を取らされた医療過誤の証拠らしいのですけれど、それを「いつものように処分」ってことは、時々画像をチェックして(は処分して)いるということですよね?


となると~やはり、過去の出来事ではなく、今現在も何者かの体内にペアンが残されたままで、表沙汰にしたくないからそのままにしているということなのでしょうか?うーん、分からん


そして多分、これを含む過去の資料は、藤原師長の提案で、事務棟から病棟の保管室に移動されるそうです。それを花房あたりが見つければ明らかになるんかな


まあそれはさておき、予告通り、今回は渡海の母春江が倒れてしまいました。東城大に渡海を訪ねてきたらしく、偶然出くわした花房と話していたところを治験コーディネーターの木下に食事に誘われ、話に花を咲かせていた時の出来事です。


夫の一郎と佐伯の3人で撮った写真を見る限りでは、春江はかつて東城大学医学部附属病院の事務をしていたようですね。


春江の心臓内には巨大な粘液種ができていたそうで、それが嵌頓してショックを起こしたらしいです。嵌頓とは、本来あるべき状態から飛び出したまま元の位置に戻らなくなることを意味するそうです。


たまたま渡海は別のオペ中だったため、外科准教授の黒崎誠一郎(橋本さとし)が執刀しました。この人のオペは見たことがありませんが、案の定「並の外科医だったらしく、術後、肺静脈の腫瘍を見落としていたことが発覚します


カンファレンスでうまいこと言い逃れようとした黒崎を、渡海は容赦なく追いつめました要するに医療過誤でしょ。どうしてそんなことになったんですか?要するにあなたが見落としたんですよね??


佐伯が(自分たちのような一流外科医でなければ)見落としはあることだととりなすと、それなら責任は病院にあるから「医療過誤」として和解金に2千万を払うよう要求しました。佐伯が直々に取り残した腫瘍をオペするとの申し出はきっぱり断ります


ちなみに東城大の規定によると、医局員は近親者の手術を禁じられているため、渡海は春江のオペができないそうです。


和解金をもらうまでオペは保留する


渡海の暴言には慣れっこになっていたはずの医局も騒然となりました。いったい渡海は何を考えているのか?佐伯先生のオペを断るなんて!?


それも当然ですよね。何せ佐伯は渡海の父の仇らしいのですから


やはり渡海の父親、一郎は以前「医療過誤」を理由にかなりの批判を浴びたそうです。当時の事情を知る黒崎は、そんな渡海の息子が医療過誤で和解金を請求するなど不遜だと腹を立てていましたが、佐伯の表情は複雑でした。しかも当時、佐伯が一郎のミスをカバーしたことになっていたようです。


まだ確定ではありませんが、流れからして当然、ミスをしたのは佐伯で、一郎はこれを庇ったとしか思えませんよね。それを息子の渡海は知っていて「裏切り」だと佐伯を恨んでいる


でも春江はそれを知らないらしく、佐伯をとても尊敬していましたが、その一方で、一郎が常日頃語っていた言葉もまた真実だと信じていたようです


「凡人こそ良い医者になれる」


だから春江をめぐる攻防に目を付けた高階の誘いにすぐに応じてしまいました。高階は、崩落事故で医局がごった返している隙を狙って春江の病室へ行き、国産ダーウィン=カエサルの治験者第一号にならないかと誘ったのです。


そのカエサルは本来帝華大が導入するはずでしたが、西崎が厚労省の富沢と共謀し、まずは東城大に治験を押し付けて、成功したら手柄だけ横取りしようと画策していたようです。佐伯は仕方なくこれに応じましたが、カエサルの責任者には高階を指名しました。もちろん、失敗したら高階に責任を取らせるつもりなのです。


スナイプの時同様、人間の能力には限界がある、とテクノロジーの未来に期待をかけている高階は、何としてもカエサルによるオペを成功させようと意気込みます


渡海のような天才はそういるものではない、自分のような凡人がひとりでも多くの患者を救うために、カエサルは必要欠くべからざるロボットだ治験への協力はとても意義深いものなのです( `ー´)ノ


高階の力説を聴いて一郎の言葉を思い出した春江は、すぐに治験を了承し、書類にサインしてしまいました。


こうして渡海も、そして渡海が何と言おうと春江を直接説得して自分が手術をしようと考えていた佐伯も、思いもよらぬ伏兵に春江をかっさらわれてしまいました


本当に志の高い先生よね。それに比べるとあなたは偏屈で不愛想で自己中心的でどうせみんなにまた迷惑をかけてるんでしょう?


さすがは母親、よくご存じでらっしゃいます


怒った渡海は(テクノロジーなんて未熟なものを信じている)高階とそんな高階にコロリと騙された春江ともども死ね!と悪態をつきました


と、相変わらずの口の悪さですが、崩落事故で運ばれてきた患者たちのほぼ全員を、いつも通りの鮮やかなメス裁きで救い、宣言通りひとりも死なせなかった渡海には惚れ惚れいたしましたね。その天才の渡海からいつもビシビシしごかれた結果、着実に腕を上げ、渡海からも信頼されて施術を任されていた世良も大したものです


本人はまだ気づいていないようだけど~とはグッチーこと田口の台詞です。さすがは将来の愚痴外来責任者、見るべきところをきちんと見てます


そしてこの崩落事故患者の治療がまた後を引いてしまいます。治療には大量の輸血が必要だったため、備蓄していた輸血用の血液が足りなくなってしまったのです


そこへもってきて春江の容体が急変しました。しかも春江はRHマイナスのA型なのです。


高階は出血量を最低限に抑えられるカエサルこそが最適だと言い放ち、早速施術にかかりました。


慎重な高階らしく、いつも通り何度もシミュレーションを行った上でのオペでしたが、やはり練習と実践は違う~高階は、大動脈を遮断する際、奥の組織を傷つけてしまったようなのです


なんとかカエサルで修復を試みるも出血は止まらず、輸血用の血液も底を突きかけたその時、この様子を見学室で見ていた佐伯がついに渡海のオペを許可しました。その代わり、処分は免れないぞ!


颯爽と手術室に現れた渡海は即、正中開胸を宣言し、血液が足りないと叫ぶスタッフをしり目に、ただ黙ってじ~っと高階を見つめ続けました


血液ならある。私の血液もRHマイナスAだ


もっと早く言えって話でやんすが、まあ自分が主治医だったから、血を抜くわけにはいきませんでしたよね。自己血パックを用意してくれ!


渡海はもう、いくらでも使ってくださいという高階を見向きもせず、ただひたすら春江のオペに集中していたようです。一見したところはいつも通り冷静に振る舞っていましたが、無事にオペが終わった後は青い顔をして深いため息をついていましたからね。


お前、なかなか死なないな


高階も血液が足りなくなって倒れそうになった時にようやく大量の血液が準備できたのは何よりでしたね。


手術後、当然下されるはずだった渡海への処分も、春江の機転で事なきを得ます。


なんと春江は花房と世良が東城大の規定について話しているのを漏れ聞いていて、征司郎ならきっと最後にはクビを覚悟でしゃしゃり出てオペするに違いないと確信し、高階に頼んで「もしもの時は息子に執刀させてほしい」との要望を同意書に加えてもらっていたのだそうです


東城大では何よりも患者の意思が尊重されるのだそうです。


辞めるなんてとんでもない、ここでもっともっと働いて皆さんに恩返しをしなくちゃいけないわ。あの子は私にとって一番なの。私のことは最後でいいの。


世良ならずとももらい泣きせずにはいられません


高階は渡海に自分の失敗を詫び、佐伯の再手術を断った理由を尋ねました。木下の同じ問いには答えなかった渡海も、高階にはこう答えます。俺は佐伯清剛を信じていない。あいつは俺のオヤジを裏切った


この会話は世良も聞いていたようです。


さて次回はなぜか渡海が帝華大に行って手術を行うそうですよ。プラス、治験コーディネーターの木下にも何か秘密があるようで?


ブラックペアン」はますます盛り上がってまいりましたね。来週の放送が待ち遠しいですブラックペアンから目が離せない(^^)/



この道~聴けば聴くほどええ歌やねん

ブラックペアン ネタバレと感想 第5話 立場を越えて少女を救え!

海堂尊さん原作、二宮和也さん主演の医療ドラマ、【ブラックペアン】は5話も実に感動的でした。医療ドラマでこんなに感動したのは医龍以来でしょうかブラックペアンのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


以下早速ネタバレのあらすじです実に面白かった(^^)/


スナイプによる小春ちゃんの手術は大成功したかに思えました。高階の論文の最後には西崎の名が記され、日本外科学会理事長の椅子はほぼ100%西崎の手中に納められたと誰もが確信していました。ただ一人、渡海を除いては


小春ちゃんのバイタルサインのフローを見ていた渡海は、すぐに彼女の血液検査をするよう佐伯に進言しに行きます。佐伯もすぐになるほどな、とほくそ笑みました。


素人目で分かったのは、どうやら体温が微妙に上昇していたらしいことでしたが、佐伯は即座に日本外科ジャーナルの編集委員に会いに行き、高階が書いた論文の撤回を求めます。そんなことをしたら佐伯の名誉にも傷がつくと言われても佐伯はまったく意に介さず、余裕たっぷりの笑みを浮かべてこう言いました。


医師として不完全なものを世に広めるわけにはいきませんから


一方世良は、他の医局員同様、高階に裏切られたと感じており、大いに不満を抱いていました。信じていたのになぜ?


でも花房は小春が助かったのだからそれでよいではないかとつぶやきます。それ以外に大事なことがあるのかしら?


それでも世良はどうしても高階を詰問せずにいられません。なぜ佐伯の名を最後に書かなかったのか?


高階は、佐伯はスナイプを理事長選に利用するだけだ(が、西崎は違う)と判断したから、と答えました。その判断には、渡海のあの一言も大きく影響していたようです。佐伯清剛を信じるな


その判断が果たして正しかったのか、は、検査結果が出た後、明らかになります。


小春ちゃんの血液検査の結果、手術をした中隔の欠損部分に感染が起きていることが判明しました。欠損部はスナイプで塞いだはずでしたが、絶え間ない心拍に寄って次第にゆるみが生じた結果、感染が起きてしまったらしい。


驚いた高階が早速西崎に報告すると、西崎は、中隔の異常なら見逃すこともありうるから、何もなかったことにして一旦退院させてしまえ、と命じました。西崎もまた、スナイプを理事長選の道具としか考えていないのは明らかです


そこへ渡海が小春ちゃんの「退院許可」を持って現れました。渡海は既に西崎の行動も予測していて、このまま小春ちゃんを退院させ、高階も帝華大に帰れば、スナイプは全国的に普及し、多くの患者が救えるな、とうそぶきます。でも小春ちゃんは死んでしまう


そのやり取りを見ていた世良と花房が、慌てて高階を問い詰めました。いったいどういうことですか?必要ならルールは変えるんじゃなかったんですか!?世良は自分じゃなんにもできないけど、なかなか良い仕事してます♪


迷っていた高階の背中を押す事態が発生しました。


左右の肺動脈が完全に詰まっている上、小児期に心臓のオペをしたため、癒着が激しく正中開胸ができないという難しいケースに遭遇した高階は、主治医の渡海を差し置いて、自分が執刀する、と申し出ます。高階はアメリカでこうしたケースのオペで助手を務め、左開胸で左右の血栓を取るという術式を経験していたのだそうです。


助手じゃ無理だろ?


高階は渡海の皮肉にも動じず、必要ならルールは変える、自分が責任を取ると言い切りました。その目を穴が開くほど見あげていた渡海は、大人しく場所を譲り、そのまま助手を務めあげます。


世良もビックリするほどの高階の手技には渡海も一目置いたようです。お前が死にそうじゃねえか~無事オペを終えた高階にはこんなことしか言えませんが


こうして本来の自分を取り戻した高階は、失うものは何もないとばかりに、反撃に打ってでました小泉孝太郎の高階権太が期待通り(^^)/。高階は佐伯に前回のスナイプ手術が不完全だったことを潔く認め、小春ちゃんの再手術を要請します。今度もまた開胸が無理なことから、高階はロボットのダーウィンによる手術を提案してきました。


ダーウィンは帝華大にしかないそうですが、他の医局員たちは、小春ちゃんを転院させるなどもってのほかだと騒ぎ立てますそんな恥ずかしいことができるか( `ー´)ノ。佐伯もまた同意見で、高階を主治医から外し、代わりに渡海を指名しました。渡海は、手術が無理なら薬物治療しかないと、めずらしく投薬治療を開始します


そしてこの「薬物」が起死回生の突破口となりました


渡海が使用した薬は「ネスパ」と言って、血液を増やす効果があるそうです。高階は、一時的に血液を増やして状態を安定させたとしても、感染巣を取り除かなければ根本的解決にはならないと主張しましたが、渡海には別の思惑がありました。渡海は、たとえダーウィンを使っても成功しない場合を想定し、手術を余儀なくされた時のために造血をして自己血輸血ができるよう準備を整えていたのだそうです


他人の血液にアレルギーがあっても、本人の血液であれば問題ないから


案の定、高階が参拝苦杯してようやくダーウィンを借りられたというのに、肝心のこれを扱う帝華大の松岡仁(音尾琢真)に子どものダーウィン手術の経験が無かったため、最新型ロボットのアーム同士がぶつかって動かなくなるという恥ずべきトラブルに見舞われてしまいます


小さな子ども用にアームを調整しなかったお前が悪い。ダーウィンのプロなのに


そう言って現れたのは渡海です猫ちゃんと高階、渡海の3人の登場がカッコよかった( ;∀;)


渡海には高階があらかじめダーウィンの資料を渡していました。高階もまた最悪のケースに備えて渡海の協力を仰ごうと準備を怠らず、渡海もその期待に応えて着々と準備を進めていたというのがまた素晴らしかった~。このふたりの間には確かな信頼が生まれつつありますね渡海と高階のタッグ、サイコー(^^)/


渡海は高階を、人は変われば変わるものだと評しましたが、そうではありませんよね。高階は全てを失ってようやく元の自分に戻れただけ~医者にとって大事なのは患者を救うことだけ。そのための論文であり、そのためのスナイプ。人が作ったルールなど、必要に応じて変えればいいだけなのですブラックペアンが熱い( ;∀;)


渡海は高階と協力し合ってアームの位置を調整し、邪魔なダーウィンをどかした後、引き続き開胸手術に入りました。ここでの出血を自己血輸血で補ったのは前述したとおりです。


でね、ここで気になったのが、渡海のこの言葉です


(限られた時間でのオペが)できちゃうんだよ、東城大はできるんだ。


普段の渡海なら「東城大」ではなく「俺には」と言いそうなものなのに、それを敢えて「東城大」と言った点がミョーに引っかかりました。以前佐伯も言ってましたよね~東城大はこれからもっと伸びる、と。以下妄想入ってます


ということは、渡海の東城大に対する思い入れはかなり深いと見て取れますね。しかも予告では、やはり、佐伯は渡海の父親を裏切ったという言葉が聞き取れました。


となると~本来、佐伯の地位にいるのは渡海の父親だったはずが、佐伯の犯した医療ミス(ペアンの置き忘れ)という濡れ衣を着せられてその座を追われたのではないでしょうか。あのレントゲン写真の入った封筒も、心なしか古びていたように見えましたし(単なる我田引水かもしれませんが)。それで渡海は父親の仇を討とうとしているのでは?妄想が妄想を呼んで止められない( ;∀;)


いつも通りのはた迷惑な妄想はこれぐらいにして、これで小春ちゃんの手術は成功し、変わり身の早い西崎はさっさと松岡を切り捨てて、もう二度と目の前に現れるなと怒鳴りつけた高階を再び迎え入れました。高階もまた、もはや権力闘争など関係ないとすべて捨てたつもりでしたが、そうも言っていられなくなります


確かに渡海のように生きられれば痛快極まりないですが、一方で権力をうまく利用しながら=清濁併せ呑みながら生きることもまた時には必要でしょう。誰もが渡海のような天才ではないのですから


こうして高階は、引き続き東城大に残り、次は国産ダーウィンによるオペを決行するようです。西崎はこれで新たなインパクトファクターを獲得したいと目論んでいるらしく、その後ろ盾だという厚労省の役人が富沢雅之(福澤朗)のようでしたね。西崎も富沢も天才外科医はお嫌いな様です


さて来週は、どうやら渡海の母、春江が患者となってしまうようです。となると~彼女がこの国産ダーウィンの治験対象になるという流れでしょうか。渡海は果たしてこれを了承するのか否か、高階は、権力闘争の泥沼に足を取られながらも、ただひたすら「患者を救うという一念で新技術を生かすことができるのか


いや~やっぱりブラックペアンは実に面白いですね。来週の放送が今から楽しみでなりませぬ



この道~聴けば聴くほどええ歌やねん

《他にもこんな記事を書いています♪》