2018/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>

「猟奇的な彼女」のレビュー一覧

| |

猟奇的な彼女 ネタバレと感想 10~13話 鬼仮面

韓国ドラマ、【猟奇的な彼女】は13話まで見終わりました。以下簡単なネタバレのあらすじです猟奇的な彼女のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずはヘミョンの縁談から見てまいりますると、やはりこの縁談はギジュンと他の高官たちが密貿易の隠れ蓑にするために仕組んだことが明らかになりました。これに気づいたキョン・ウは、そのうちのひとりの戸曹判書(キム・ヨンソク)宅に密輸した品物が運び込まれると突き止め、戸判宅に忍び込みます。もちろん、ジュニョンも駆けつけます。


戸判が捕まったと聞いたギジュンは、兵曹判書のパク・スンジェ(キム・ビョンオク)とともに戸判を見限り、わざと脱獄させて殺しました


この話を聞いた王妃は、ギジュンが謀反を企てていて、自分も切り捨てるつもりではないかと不安になります。このままやられる訳にはいかぬ!


一方キョン・ウは、ついにへミョンに自分の気持ちを打ち明けました。皇子には、皇帝から貰った扇を見せて、ヘミョンを諦めてほしいと願い出ます。皇帝はキョン・ウに「扇を見せれば何でも願い事を叶える」と約束したのだそうです。


ナップンノ(なんてやつ)


キョン・ウの通訳では「気分が良い」と訳されていたこの言葉を、皇子は正しく解釈していました。もちろん、へミョンとキョン・ウが愛し合っていたことにも気づいていましたが、なんとかしてヘミョンの心を得たいと努力していたのです


あなたと過ごした日々は忘れない。幸せになってほしい


へミョンにそう手紙を残して去っていった皇子は、なかなかのオトコマエでござりましたね。おばさんがへミョンだったら、間違いなくダルハンを選んだな~って聞かれてませんが


その後事態は急展開していきます終盤は廃妃の謎に迫る( `ー´)ノ。へミョンのもとに亡くなった廃妃ハン氏のお付きだった尚宮が見つかったとの知らせが入ったのです


ヘミョンはすぐにも会いに行こうとしますが、キョン・ウがこれを引き留めました。まずは自分が会いに行きます。


が、その尚宮は、実はハン氏本人でした 。キョン・ウは面識が無いため気づかなかったようですが、自分と関わったらヘミョンと元子に害が及ぶと憂えたハン氏は、すぐに姿をくらましてしまいます。へミョンが駆けつけた時にはもうどこにもいませんでした。


そしてこの頃から、キョン・ウが頻繁に悪夢を見るようになります。最初はただぼんやりとした感じだったのが、次第にそこに幼いへミョンが登場し、しまいにはハン氏が襲われた時と思われる様子がはっきり映像化されていました。この謎を解く鍵はどうやら「盲母三妄之教」という貼り紙にあるようです


どうやらキョン・ウはほぼ10年ほどの記憶が無いようなのですよね。それは多分、キョン・ウが清国に渡る前の話~ということは、やはりキョン・ウも、パク氏の廃位、もしくはチュソン大君の謀反(でっちあげ)に何らかの形で関与していると見てよいのでしょう


だからこそ父の大提学は、もう王女には関わるな、今の地位をすべて返上して田舎に帰って暮らそうとキョン・ウを説得しているに違いありません。キョン・ウがへミョンを慕っていると打ち明けたから尚更です


果たしてここにどんな秘密が隠されているのでしょうか?


またここにきて「鬼仮面」という謎の人物も現れています。ギジュンの悪事を暴こうとしている彼は、チュソン大君が生きていたのか()、もしくは彼に深い関わりのある人物のようですが、こうなるとやっぱりチュンプンが怪しいですよね


チュソン大君といえば、今ではギジュンの手先となっているウォルミョンは、昔はパク氏(当時はダニョン)の恋人だったのだそうです。田舎に埋もれて生きるのが嫌になったパク氏はウォルミョンを捨てて親戚のギジュンを頼って宮中入りした上に、淑媛となった時点でウォルミョンを呼び出し、チュソン大君を殺してギジュンの部下になるよう命じたのだそう。当時ウォルミョンはチュソン大君と懇意にしていたのだそうです。


それが今になって今度は、ギジュンを探らせようとは何ともひどい女でござるね。ウォルミョンは、もうパク氏の味方ではないときっぱり答えたそうです。当然ですね


さてこのドラマも残すところ、あと3話~あっという間に終盤です。果たしてヘミョンは母に再会できるのか、キョン・ウと一緒になれるのか、早く続きが見たいです


 
これは是非ノーカットで見てみたい

猟奇的な彼女 ネタバレと感想 4~9話 ハン氏廃位の真相

韓国ドラマ、【猟奇的な彼女】も昨日放送分の9話まで見終わっています。いかにもラブコメらしくサクサク見られるのが楽しいですね~。以下ネタバレのあらすじです猟奇的な彼女のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


へミョンが頻繁に外出をしていたのは、昔彼女の師だったらしいミン・ユファン(オ・ヒジュン)に会うためでした。巷ではユファンはヘミョンの恋人と噂されていましたが、そうではなく、ヘミョンは彼が廃位されたヘミョンの母=廃妃ハン氏を捜しだすのを心待ちにしていたようです


廃妃ハン氏は、叔父のチュソン大君との不義が明るみに出て廃位されたわけですが、実際にハン氏を陥れたのは今の王妃、パク氏だったそうです。彼女がギジュンを唆し、偽の恋文を用意して大妃に訴えさせたのだそう。もちろん自分が王妃になるためです


山で盗賊に襲われて殺された(ことになっていた)ハン氏の遺体は、獣に襲われたらしく顔が判別できなかったそうです。ということは、元子を連れ帰ってきたチュソン大君が遺体を他人のものとすり替えたのかもしれませんね


ミン・ユファンは、ハン氏の不義と死亡を信じず、その行方を捜した結果、ついにハン氏を見つけ、その証として指輪を持ち帰ったそうです。それがヘミョンの捜していたあの金のおしどりが施された翡翠の指輪です。それは王のフィジョン(フィ宗)が変わらぬ愛の証としてハン氏に送ったものだそうです


ギジュンの陰謀でドチやユファンとの噂が流れても、へミョンは決して真実を口にしなかったため、キョン・ウがヤキモキするのがまた可愛かったですね。へミョンに惹かれているという自覚症状がないから、余計に可笑しい

いったいどれだけ私を振り回したら気が済むのだ( `ー´)ノ


ヘミョンの度重なる外出を知ったフィジョンは激怒し、へミョンを部屋に閉じ込めて軟禁しました。そこへまたしてもパク氏が策を巡らします。ミン・ユファンを騙った手紙を書いてへミョンをおびき出しました


約束の場所にはギジュンの腹心のウォルミョンが待ち伏せしていましたが、そこはもちろんジュニョンとキョン・ウが駆けつけて助けてくれます


その後キョン・ウは、疲労がたたって倒れたヘミョンを実家に連れ帰りました。へミョンが部屋に隠れているのを知ったキョン・ウの父=大提学がフィジョンにこれを報告すると、朝廷の反応を怖れたフィジョンはこの機にへミョンを大提学の家で療養させることにしました


一つ屋根の下で若い男女が一緒に暮らすとなれば距離が縮まるのは当然のことでして~とすっかりおばちゃんがニンマリしていたところに、ついにミン・ユファンが現れます


が、ヘミョンらより先にウォルミョンが彼を見つけていて、彼らの目の前でミン・ユファンを連れ去ってしまいました


キョン・ウはユファンを捜すために彼の似顔絵を描こうとしますが、へミョンから、ユファンは不正の濡れ衣を着せられてお尋ね者になっているから公には捜せないと指摘され、ユファンをつけ狙うウォルミョンを見つければよいと思いつきます。


ウォルミョンの似顔絵を、キョン・ウの友人のチュンプン(シム・ヒョンタク)に見せたところ、よく行く精肉店で見かける顔だと教えてくれました。その精肉店こそ、ウォルミョンのアジトだったから当然です


3人は早速店に行き、チュンプンが店内に入って床下の隠し部屋を見つけました。このチュンプン、遊び人かと思いきや、腕っぷしもなかなかのようですねチュンプンが何か隠してそうで気になるわ~( ;∀;)。案外こういうキャラが何か重要なカギを握っていたりするんですよね


それはさておき、ちょうどその隠し部屋でユファンを拷問していたウォルミョンは、へミョンに会わせることを怖れてユファンを殺してしまいました


もうこれで母上を捜す手立てが無くなった!


嘆くヘミョンをキョン・ウが慰めます。大丈夫、他に手段があるはずだ


その後ユファンが隠していた手紙により、すべての黒幕はチョン・ギジュンだったことが判明しました。憤りを隠せないヘミョンに、キョン・ウは確証をつかむまでは大人しくしているよう命じます。


そのギジュンは清国からの縁談を持ち込んできました。清国の王が皇子のダルハン(クリス・スン)に朝鮮の王女=ヘミョンを嫁がせてほしいと要求してきたのだそうです。


ギジュンは、へミョンに対する民の怒りを納めるには遠くに行かせるしかないとフィジョンを促しますが、後にダルハンが漏らしたところによると、他にも思惑がありそうでしたね。ダルハンは皇帝に命じられたのではなく、どうやらギジュンからへミョンとの縁談を「紹介」されたようなのです


焦ったヘミョンはついに父フィジョンに母の話を打ち明けました。フィジョンは驚いてこれを大妃に話しますが、大妃はたとえハン氏が生きていた所で今さらどうなるわけでもないから忘れるように諭します


一方キョン・ウは、ヘミョンのとばっちりを受けて元子の教師を罷免されてしまいました。それを知ったヘミョンはわざとキョン・ウを冷たく突き放します。王女と結婚できれば家の誉れのように思えましたが、実際には出世の道を閉ざされてしまうそうで、両親&妹と家族そろってふたりの交際には反対のようです


が、ダルハンが朝鮮にやってきたため、その通訳として語学に堪能なキョン・ウが抜擢されました。推薦したのはギジュンです


ヘミョンの「婚約者」としてやってきたダルハンの言葉を通訳しなければならないキョン・ウ、そして、本来ならキョン・ウ自身の気持ちとして聞きたい愛の言葉を「通訳」として聞かねばならぬヘミョンの心中はいかばかりだったでしょうかキョン・ウの言葉だったらどんなにイイか( ;∀;)


が、その辛さがついにキョン・ウに覚悟を決めさせました。キョン・ウは、ダルハンのいわゆる「プロポーズ」を通訳することができず、その気持ちをストレートに口にします。私にはその言葉を通訳することができません!私も公主を愛しているから!( ;∀;)


ダルハンも、キョン・ウに負けず劣らず実に優しくて素敵な好青年なので、へミョンの気持ちを知ったら潔く身を引いてくれますよね~きっと


猟奇的な彼女」は続きもとっても楽しみですねコyン・ウ頑張れ~( `ー´)ノonpu


 
これは是非ノーカットで見てみたい

猟奇的な彼女 ネタバレと感想 1~3話 このラブコメ楽しい!

韓国ドラマ、【猟奇的な彼女】を見始めました。これほど有名なタイトルですが、残念ながらまだ一度も(何も)見たことがなかったのでござる。チュウォンさんとオ・ヨンソさんのラブコメなら楽しめるかな~と秘かに楽しみにしていました


それが、いきなり現れた本格時代劇シーン、しかも、母娘ともに大ファンだったキム・ミンジュンさんの登場に、大げさではなく狂喜乱舞してしまったおばさんですミンジュンさんだ!( ;∀;)。いや~お母さん、見てたかい?相変わらず、お兄ちゃんはカッコよかね~


この「猟奇的な彼女」は時代劇仕立てなのですね~。時代劇好きとしてはますます&大いに気に入りました。ま、ミンジュンさんは、1話だけみたいでしたが。


以下簡単なネタバレのあらすじです猟奇的な彼女のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


朝鮮時代、王のフィジョン(ソン・チャンミン)は、王妃のハン氏をこよなく愛していましたが、奸臣のチョン・ギジュン(チョン・ウンイン)の罠にはまり、ハン氏を廃位するはめになりました。ギジュンは、ハン氏がフィジョンの叔父のチュソン大君(キム・ミンジュン)と密通したと密告したのです


当時ハン氏は身ごもっていましたが、ギジュンが放った刺客に殺されそうになったところにチュソン大君が颯爽と現れましたきゃ~オラボニ!(^^)/


ハン氏は救えなかったものの、そのお腹の子を無事助け出したチュソン大君はその子をフィジョンのもとに送り届け、自分とハン氏は濡れ衣を着せられただけだと訴えますが、力及ばず、処刑されてしまったようです


ギジュンは王の側室(淑媛)だった親戚の娘、パク氏(ユン・セア)を王妃に据え、息子を産むよう命じました。そうすれば宮中での実権をすべて手中に収めることができるからです。


が、それから10年経ってもその命令は実現されなかったようです。王妃となっても息子のいないパク氏は、廃妃ハン氏の娘のへミョン公主(オ・ヨンソ)とフィジョンの母、チャヘ大妃(ユン・ソジョン)の前ではまったく頭が上がりません。常に穏やかな笑みを浮かべ、元子(チェ・ロウン)にも優しく接していますが、心の中では虎視眈々と彼らを排除する機会を伺っています


まだ幼い元子はともかく、このへミョンが一筋縄ではいきません。この子が「猟奇的な彼女」なのですが、まさしくその名にふさわしいぶっ飛んだ性格なのです


酒と自由と庶民を愛し、頻繁に王宮を抜け出しては居酒屋でエイや鶏の足をつまみに酒をかっ食らい、大いに酔っぱらってはお付きの内官、ヨンシン(リュ・ダム)や護衛のピョリ(テリ)を悩ませていたそうです


もちろん、ギジュンもへミョンを邪魔に思っていて、隙あらば始末しようと狙っていました。何せ素行が素行ですから、いつ廃位されてもおかしくない姫ではあるのですが


一方、このへミョンのお相手となるのが両班のキョン・ウ(チュウォン)です。キョン・ウは大提学キョン・ピリョン(チョ・ヒボン)の息子と家柄も申し分ない上に朝鮮一の天才で、清への3年の留学を終えて帰国したばかりでした。その実力たるやフィジョンからも「朝鮮の国宝と称えられているほどです。


ルックスも良いため、ギジュンの娘のチョン・ダヨン(キム・ユネ)を初めとする女子が大勢群がりますが、本人は涼しい顔をしてその状況を楽しんでいたようです。まだまだ女性との真剣交際には興味がないといった風情でしたね


が、そこへ現れたのがへミョンです。へミョンは酒を飲み過ぎて、橋の上で吐きそうになっていた所、それを身投げと勘違いしたキョン・ウが助けました。哀れなキョン・ウは、そのまま、へミョンの吐しゃ物を浴びせかけられてしまいます。いやはや、なんとも気の毒です


挙句、酔っぱらって記憶の無いへミョンは、キョン・ウを痴漢だと思い込んだ上、自分が無くした指輪をキョン・ウが盗んだと誤解してしまいました。キョン・ウは、愛する弟元子の師匠に任命されたばかりだというのに。


その後これを知ったヘミョンは、ことあるごとに元子の前に現れてはキョン・ウを変態呼ばわりしましたこんな男が元子の師匠だなんて!( `ー´)ノ。もちろんキョン・ウも黙ってやられてばかりいられません。指輪を見つけたら見る目を変えてもらうよう約束を取り付けます


ふたりは早速、街で悪徳高利貸しのドチ(キム・ヤンウ)が経営している質屋へ出かけました。扱っている品はほとんどが盗品のようです。


残念ながら指輪は見つかりませんでしたが、へミョンはドチが付けていた貸付の帳簿をこっそり盗んでしまいました。正義感あふれるへミョンは、弱い立場の庶民が高利に苦しんでいる姿を見ていられなかったのです


このドチをギジュンが利用することになるのは「蛇の道は蛇」ってやつでしょうかね。ギジュンの腹心らしいウォルミョン(カン・シンヒョ)はドチに近づき、へミョンを誘拐して始末するよう命じました。ちょうど天灯祭で町が大いに盛り上がっている時です


この時キョン・ウは、へミョンの指輪がこともあろうに妹のキョン・ヒ(チョン・ダビン)を通してダヨンの手に渡っていたことを知り、早速返してもらおうとしていたところでした。へミョンはそうとも知らず、キョン・ウとダヨンが一緒にいるのを見て嫉妬(?)し、ふたりの邪魔をしに行きます。ソバニム!ダーリン♪


またダヨンがいかにも鼻持ちならない嫌な感じの女なのですよね。やはり父親に似たのでしょうか


傍若無人なへミョンの行動に腹を立てたキョン・ウは、祭りの人ごみの中にへミョンを置き去りにしてしまいました。


とはいえ、どうしてもヘミョンのことが気になっていたところに、従事官のカン・ジュニョン(イ・ジョンシン)がへミョンを捜しにやってきます。どうして王宮に帰さなかったのですか!


キョン・ウは必死でへミョンを捜し、ついにドチのアジトに現れましたキョン・ウは武芸も達者らしい( *´艸`)。怪我を負いながらもヘミョンを救おうとするキョン・ウを、へミョンも今度こそ少しは見直してくれるかもしれませんね


猟奇的な彼女」は一見相反する深刻な時代劇の要素とラブコメ要素がうま~くかみ合って実に面白いドラマに仕上がっていますよね。続きを見るのが楽しみです


 
これは是非ノーカットで見てみたい

《他にもこんな記事を書いています♪》