2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

「ブロードチャーチ(Broadchurch)」のレビュー一覧

ブロードチャーチ S2 ネタバレと感想 第3&4話 証言

英国ドラマ、【ブロードチャーチ】の3話と4話はどちらも「証言」です。前者が刑事によるもの、そして後者は目撃者によるものです。いやいやこれまたとんでもない展開になってまいりました


以下ネタバレのあらすじです。前回同様、ブロードチャーチ事件とサンドブルック事件の2つに分けて語らせていただきまする


まずはブロードチャーチの事件から


ジョーは相変わらず無実を主張し続けていました。今では本人もすっかりその気になっているらしく、その鉄面皮の様子たるや、同じパソコンを使っていたエリーやトムが疑われてもまったく動じないほどです


それはきっと代理人のシャロン・ビショップの影響も大きいですよね


どうやらシャロンの息子のヨナ(Nakay Kpaka)は服役中らしく、以前のジョスリンとの会話から類推するに、ヨナもまた(有罪であるにもかかわらず)無罪を主張しているものと思われます。それなのにジョスリンはヨナの有罪を確信し、シャロンがどんなに頼んでも彼の弁護を引き受けなかった


ずっとそれを恨みに思っていたシャロンは、今回、ジョスリンへの当てつけのようにジョーの代理人を買って出たのではないでしょうか。それでジョスリンは「アンフェアだ」と言ったのではないでしょうか。


~あくまでもまだ推理(妄想)の範囲でござる、念のため


シャロンの目には、ジョーの姿に息子の姿が重なって、それが嘘だと分かっていても、事実を捻じ曲げてでも「無実」にしなくちゃならんのでしょう。それはアビーのこの台詞からも明らかです


Shit, Sharon, he totally did itI don't ever wanna hear you speak like that. We don't know for sure.
シャロン、彼は絶対にやってるわ


ジョーへの暴行を責められたばかりか、アレックとの不倫まで疑われたエリーがやりきれませんね。クレアに勧められて事に及んだ見知らぬ男との一夜はどんなにか虚しかったことでしょう。しかもベスはいまだにエリーを憎んでいますし


I am sick of everyone putting their shit on me and I'm not responsible for it. I'm sick to the back teeth of taking flak for stuff I haven't done!
私の責任じゃないのに責められるのはもううんざり。やってもいないことで非難されるのには辟易する


この言葉がすべてを物語っていますエリーが可哀想すぎてみてられない(;´Д`)。可哀想なエリー。唯一クロエやマークがエリーを信じて同情的なのが救いですね


でもジョスリンも負けてはいません。彼女の用意した切り札は2枚。ジョーの元同僚とルーシーの証言です


前者は、普段は大人しいジョーが、いきなり怒りだして男性を殴りつけたことがあると証言しました。皆で慌てて止めたものの、その男性はろっ骨を3本も折る大けがをしていたそうです


そしてルーシーは、ダニーが殺された夜にジョーが服を捨てたのを見たと証言しました。これまでは、男を見たが誰だか分からないと語っていたのに、今回ははっきりジョーだと特定したのです。以前もそう伝えたはずだけど?


これは明らかに偽証ですが、ここまで図々しいとシラを切り通しちゃうかもしれませんね。姉の嘘を知るエリーはハラハラです


こうしてジョスリンがまた優位に立ちましたジョスリン、負けるな(^^)/。噂通りの辣腕ですが、ジョスリンはどうやら目に問題を抱えているようで、膨大な裁判資料を読むのはかなり辛い作業のようです。しかもジョスリンの母は認知症で施設に入っているらしく、その支払いも滞っていたようです。


一方のシャロンもまたとんでもない切り札を用意してきました。スーザンです。証言台に立ったスーザンは、あの晩見たのは間違いなくナイジェだったと証言しました


スーザンはどうやらガンで余命9カ月と宣告されたらしく、せめてナイジェと和解しようと戻ってきたようなのですが、ナイジェからまったく相手にされなかったために、こんな逆襲に出たのでしょうか。それとも、ナイジェがモンスターだと確信し、自分が生きている間に葬ろうとしたのでしょうか


この間、ベスは無事に女の子を出産しました。ベスはこの子を、母の名、エリザベスにちなんでリジーと名付けたそうです。


マークは、こんどこそ「失敗」はできないと、これからは育児に専念すると約束しました。リジーと一緒にいるために、トムとの密会も断りますが、トムはこれで見捨てられたと感じていたようです。ジョーと言いマークと言い、子どもはおもちゃじゃないのですから、自分の都合の良い時だけ可愛がる、じゃすまないのにね


そしてベスには新たな道が示されました


ベスは亡くなったダニーのためにも同じ年頃の少年を支援したいと言い出しました。この話を聞いたマギーやオリヴァ―は、そのような団体は既に存在しているので、寄付は集まらないと助言します。


ポールを含めた3人は、子どもを狙った性犯罪者の更生を支援する団体ならベスにうってつけだと考えたそうです。被害者のベスが先頭に立てば、必ず寄付は集まるはず。


I'm not brave. I can't do that. I'm not that forgiving.
私は勇敢でもなければ慈悲深くもないからできない。


この活動を通してベスがエリーを心から許せる日が来ると期待したいものですが。


さて次はサンドブルック事件です。こちらもまた混沌としてまいりました。とりあえずは、いくつか気になった点をまとめておきます。


まず、あくまでも今のところですが、リー・アシュワースが犯人だというのは間違いなさそうです。クレアはエリーに、事件があった日の夜、アシュワースが自分に薬を飲ませたので朝の5時まで眠っていたが、翌朝アシュワースは家中を掃除していた、と明かしました。


でも実際には、これは回想シーンですが、クレアはアシュワースを問い詰め、なんらかの「自供」を引き出したようです。それでクレアはアシュワースが犯人だと確信して逃げることにしたのでしょう。


それはクレアの検索履歴を見ても明らかです。エリーがクレアの隙を狙ってスマホの履歴をチェックしたところ、キーワードにはアシュワースの名と「ペンダント」が残っていたのだそうです。ペンダントは証拠品ですが、押収してすぐに盗まれたはずですから、クレアが検索するのは不自然ですよね。検索するのはペンダントの行方を気にしている証ですから


そのクレアですが、理性はアシュワースが危険だと告げても、感情と身体はまだ彼を求めているらしく、クレアはあっさりアシュワースとベッドをともにしてしまいました。彼女が言っていた通り、アシュワースはクレアにとって「麻薬」なのでございましょう


そしてアシュワースは、これまたジョー同様、犯人は自分ではなく、被害者の父親たち、リッキーとデヴィッドのギレスピー兄弟だと主張します。


シーズン1にも登場したピッパの母、ケイト(Amanda Drew)もまた、夫のリッキー(Shaun Dooley)はうぬぼれがひどく、隣のクレアとも怪しかったと打ち明けました。しかもピッパが殺された当日は、出席した結婚式の花嫁付添人のティファニー・エヴァンスと浮気していたのだそうです


そんな破廉恥な男なら、娘を殺してもおかしくないかもしれない


アレックは、アシュワースの主張もあながち否定したものではないと思い始めます。その上、これもエリーが探り出したクレアの登録番号の相手がリッキーだったことが視聴者にだけ明かされます。ケイトの推理通り、やはりクレアとリッキーは不倫をしていたのでしょうか。アレックとクレアという話も、エリーとアレックよりは信憑性が高そうです


そしてそのリッキーの部屋に、例のブルーベルの花畑を撮影した写真が飾ってありました。クレアにブルーベルの押し花を送ってきたのはこのリッキーなのかもしれません


ピッパの遺体は数日水に漬かって腐敗し始めていたそうです。これを見つけたのはアレックだったそうで、アレックは自分の娘と同い年のピッパを抱きかかえて連れて来たそうです


今回はそのアレックの娘のデイジー(Hannah Rae)と元妻のテス・ヘンチャード(Lucy Cohu)も登場しました。テスはリッキーにアレックが来ることを知らせたらしいですが、リッキーがデイジーの目の前でアレックを責めているのをよくも平気で見てられましたよね


You're a failure! You can never put it right.
お前が失敗した!(たとえ再捜査をしても)もう取り返しがつかない。


ペンダントを無くしたのは自分のせいなのに、それを庇ってくれたアレックが責められているのを傍観しているなんてひどすぎやんかこのテスがまた図々しい


今回アレックも怒っていましたけれど、何故にこうも善人ばかりが割を食ってしまうのでしょうか


This is how people like Ashworth get let off, while decent people get treated like shit, having aspersions cast on them.
アシュワースのような男は野放しで、善人が中傷されてく〇のように扱われる。


次回はどうやらリッキーもブロードチャーチに乗り込んでくる気配です。というのも、オリヴァーが、マギーの許可を得ず勝手にブログで「サンドブルック事件の容疑者がブロードチャーチにいる」と公表してしまったからです。まったくこの息子はロクなことをしませんよね。シーズン1でオリヴァーを炊きつけていたカレンはもう出てこれんでしょうな


なんとか悪人が罰せられて善人が報われる裁きを期待したいものです



ブロードチャーチ ~殺意の町~シーズン1 コレクターズBOX [DVD]

ブロードチャーチ S2 ネタバレと感想 第1&2話 衝撃の幕開け!

英国ドラマ【ブロードチャーチ~殺意の町~】のシーズン2がいよいよスタートしました。今回は1度に2話ずつの放送だということなので、1話見ては語り~を中3日ほど置いて2回書けばいいなどと構えていたのですが、1話を見始めた途端そんなことはすっかり忘れ、一気に2話まで見てしまいました。あそこで我慢するなんてとてもできません


という訳で、シーズン2は(事情が許す限り)毎回2話ずつまとめて語らせていただく所存でござる。1話は「悪夢、再び」、2話は「証言、母親」です。


あらすじに行く前に、今回のストーリー構成について説明しておきます。このシーズン2はダニーが殺された「ブロードチャーチ殺人事件」とアレックがかつて関わっていた「サンドブルック殺人事件」の両方を同時進行で扱っています。


では以下ネタバレです。まずはブロードチャーチ殺人事件から参りましょうか


これがまた衝撃の展開でした~ジョーは罪状認否の法廷で自分が無実であると訴えたのです!?Not guilty.


誰もがジョーはここで罪を認め、それ相応の刑に服すのだろうと思っていたのですから、法廷内は一気に騒然としますなんてこった!( ;∀;)


中でも被害者遺族のラティマー一家と同じように怒りを隠せなかったのは、今やブロードチャーチを出てデヴォン(イングランド南西部)で一警察官として働いているらしいエリーです。エリーは、ジョーが刑に服せばまた戻ってこれると考えていたようです


ここでどうにも気になるのは、ジョーが本当に無実なのかということですが、牧師のポールとの会話を聞く限りにおいては決して無実ではないダニーを殺したのは事実らしいけれど、神の視点に照らし合わせたら自分の罪は他の人々の罪とそう変わらない、というのが、ジョーの見解らしいです。情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯した、というあの理屈です


念のため付け加えておきますが、ポールが唆した訳ではありません。ポールはあくまでも刑に服すジョーの心を支えようとして何度も面会に行ってくれただけなのです。それを、自分の都合の良いように解釈したジョーは、やはりサイコパスなのではないでしょうか


しかもこれに乗っかってきた人間がいます。弁護士のシャロン・ビショップ(Marianne Jean-Baptiste)です。シャロンは、ジョーの代理人をしていたアビー・トンプソン(Phoebe Waller-Bridge)と同じ事務所で働いていて、アビーからジョーの弁護を引き受けるよう勧められました。


どうやらシャロンは過去に大きな汚点があるらしく、アビーはそれも心配して、注目度の高いブロードチャーチの件で勝訴し、名誉挽回してほしいと願っているようでしたね。


その過去の件に関わっていた、もしくは関わろうとしなかったのが、ブロードチャーチに住む凄腕の弁護士、ジョスリン・ナイト(Charlotte Rampling)です。ジョスリンは3年ほど前から引退し、家に引きこもっていたらしいですが、このジョーの爆弾発言を受けて、マギーがジョスリンの家を訪れました。ジョスリンにラティマー家(もしくは検察)の代理人を引き受けてもらうためです。


最初は頑なに弁護を拒んでいたジョスリンが引き受ける気になったのは、シャロンがジョーの弁護をすると知ったからです。That's really not fair. まったくフェアじゃないわ。


情状酌量ならまだしも無罪と断定したことが許せなかったのでしょうか


I'd hate to show up a former pupil.
かつての教え子の無様な姿を見たくない。


ジョスリンが弁護を引き受けると聞いて驚いたシャロンの台詞にも注目です


So, you'd do it for them but not for・・・
彼らのためには引き受けるのね?〇〇のためにはしてくれなかったのに。


〇〇はいったい誰なのか~それがシャロンが電話で愛していると伝えた人物、彼女の過去の汚点に関わる人物なのかもしれません。


Look, you've got to sort yourself out. Nobody else can do it for you. You can't change what's happened. Now it's about what happens next, and that's down to you.
自分の事は自分で解決するしかない。誰も代わってやれない。起きたことは変えられない。あなたにできるのは次に備えることよ。


自分にも子どもがいるから気持ちは分かると法廷にベスに言っていたことから、この人物はその子どもなのかもしれませんね。


かつての教え子というだけあってシャロンのやり方を知り尽くしていたジョスリンはすぐに問題点を見つけ出しました。それは、アレックがジョーをひとりで逮捕したことと、逮捕直後にエリーがジョーに乱暴を働いたことです


それまでの経過と事情を知っている者にとってはまったく違和感の無かったことでも、客観的に見れば、ふたりが刑事として大きなミスを犯していたことは明らかです。前者は、ジョーの自白を聞いたのはアレックだけだから、ジョーがこれを否定したらそれでおしまい、後者は、ジョーの自白は警察の暴力によって強要されたものだと解釈されかねない。自白が先だったと言っても証拠が無い


ジョスリンは、ジョーの有罪を証明するには証拠の壁を築くことが何よりも大切で、その核となるのがジョーの「自供」(confession)だというのに、このままでは自供が取り消されてしまう可能性が高い、とアレックとエリーを批判しました。


You better start thinking how you're going to justify what happened that day.
今から言い訳を考えておくことね


ジョスリンの指摘通り、シャロンは早速この2点を突いてきました。しかもその前にダニーの遺体を掘り起こさせ、再検視を要求することで揺さぶりをかけてくることも忘れません


まさに卑劣で迅速な攻撃ですが、ジョスリンも徹底抗戦の構えですジョスリン頑張れ!( ;∀;)。決して嘘をつかず、すべてを打ち明けて。Nothing will stay hidden. 隠し事は一切なしよ。


結局ジョスリンの予測は的中し、裁判記録からジョーの自供が取り消されてしまいました。また一からやり直しです。


法廷にはベスやエリーが証人として呼ばれるそうです。先に証言台に立ったベスは、シャロンから、洗いざらい質問されて、ついにブチ切れてしまいました。息子を殺されたのは私たちなのに、どうして夫の不倫について暴露されなきゃならないの!?人殺しはジョーなのにっ!( ;∀;)


Knowing the truth and getting justice isn't the same thing.
真実を知ることと正義を手に入れることは必ずしも同じではない。


ジョスリンの警告が蘇りますが、ジョーの逮捕後、ベスは母のリズまで亡くしてしまったそうです。お腹に子供がいるというのに心穏やかに暮らせないベスが何とも気の毒でなりません


エリーの証人喚問はまだですが、ベスはいまだにエリーを恨んでいて、地獄に落ちろとまで罵っていました。エリーはむしろ被害者なのですけれど、ベスを責めることもできません。エリーはトムからも嫌われたらしく、今はフレッドとふたりで暮らしているようです。


そのトムは叔母のルーシーに引き取られたようですが、時々マークから呼び出されて、スーザンがいたトレーラーハウスでゲームに興じているようでした。どうやらスーザンがトムに鍵を渡していったらしい。マークはこの事を(また!)家族にも秘密にしていたようです。マーク曰く、もしダニーが同じ立場に置かれたら寂しいだろうと考えたのだとか。


Part of me feels that it's my fault. What happened to Dan and what happened to all of us. Just feel like I'm responsible for it, you know? And I can see it in everyone's faces when they look at me. Everyone's. All the time. I'm trying to make it better. But I know I never can.
どこかで自分を責めている。ダニーや俺たちに起きたこと、全部俺が悪かったんだ。皆もそう思っている。何とかしたいと思うけど、何もできない。


神は信じない、信仰は持たないと言い切っていたマークが自分を責め、牧師のポールに救いを求めたジョーが、今やすっかり自分の罪は棚に上げて忘れ去ってしまったのが実に皮肉で象徴的です。いったい神はどちらの味方なのでしょうか


余談ですが、そのポールは今、ベッカと付き合っているようです


さてそろそろサンドブルック殺人事件に参りましょうか。まず概要から説明しますと、この事件の被害者はふたり~事件当初12歳だったピッパ・ギレスピー(Gillespie)とピッパの従姉妹で19歳のリサ・ニューベリー(Eliza Bennett)です。ピッパは行方不明になった3日後に遺体で発見されたそうですが、リサはいまだに行方が知れないそうです。あの「ペンダント」は、このふたりのどちらかが所有していたのですね。


第一容疑者は隣の家に住んでいたリー・アシュワース(James D'Arcy)。アレックは、その妻(パートナー?)のクレア・リプリー(Eve Myles)をリーから守るため、彼女をブロードチャーチに連れて来たそうです。もっと正確に言うと、ブロードチャーチに来た本来の目的はクレアを守るためだったらしい。本来は証人保護プログラムを受けさせたかったのですが、リーの有罪が確定されなかったため、適用外だったのだとか。


これを聞いたエリーは自分の昇進がダメになったのはサンドブルック事件のせいだったのか!と怒ったけれど、もし、アレックが赴任してこなかったら、エリーにダニーの事件を解決できたかどうかは甚だ疑問の残るところですよね。エリーは実に魅力的な女性だけれど、人間としても警官としてももう少し修行が必要かもしれません


話を元に戻しますると、今回、外国にいたはずのリーが帰国し、クレアを捜してブロードチャーチにやってきました。リーはアレックの家に押し入り、彼の健康状態まで調べあげています。何とも不気味な人物です


そうそうアレックは今、健康上の理由から、警察学校で講師をしているようです。


リーの帰国を知ったアレックは、これがラストチャンスとばかりに、クレアとリーを会わせることこにしました。クレアは最初嫌がりましたが、アレックはエリーにクレアを説得させます。ふたりとも同じように夫に裏切られた妻同士だったからであり、アレックが今ではエリーを誰よりも信頼している証でもあります


クレアは元美容師をしていて、その顧客のバーベキューパーティでリーと知り合ったそうです。ふたりはすぐに恋に落ち、その関係は、リーが殺害容疑をかけられるその時まで続いたようです。が、リーの罪を確信したクレアは何とかリーと距離を置こうとしたそうです。


クレアは、たとえ夫が犯罪者でも妻は違う、むしろ被害者だと主張しますが、エリーはそこまで割り切れません。不本意だけど、自分達にも遺族に対する責任があるから、真実を明らかにするために協力してほしい、と説得します。


クレアはついにリーとの面会を承諾しました。場所はブロードチャーチのエリーの家で、アレックはそこに、今度こそ、監視カメラをセットしておきます


が、せっかくクレアとリーを二人きりにして会話が始まったその時、ナイジェからエリーがブロードチャーチに戻ってきていると聞いたベスが駆けつけてきました。出産間近な妊婦にどーしてそんな話をするかな、ナイジェも


案の定、ベスはエリーを罵っているうちに破水してしまいました。赤ちゃん、無事だとよいのですが。


それ以外では、クレアに送られてきた「ブルーベル」の押し花が謎を解くカギになりそうです。ドラマ冒頭でも、黒い服を着た男性(アレック?)が、ブルーベルが咲き乱れている林の中を歩いている様子が映し出されました。


相変わらずてんこ盛りの内容で実に見ごたえのあるドラマでござりまする。来週の放送も楽しみですね



ブロードチャーチ ~殺意の町~シーズン1 コレクターズBOX [DVD]

ブロードチャーチ S1 最終回 ネタバレと感想 犯人の鎮魂歌

英国ドラマ【ブロードチャーチ~殺意の町~】もついにシーズン1の最終回を迎えました。やはり犯人はあの人物でした。以下早速ネタバレですブロードチャーチのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


犯人はジョーでした。前々回ぐらいからそのような雰囲気が漂ってはいたものの、いかんせん、動機が今ひとつよく分からず確信に至りませんでしたが、今回はその動機も明らかになっています。


ジョーは、マークから殴られてショックを受けたダニーから相談を受けたことをきっかけに、ダニーへの愛情が芽生え、次第にトムを介さず二人きりで会うようになったのだそうです。その場所がアンソニー・ライアンの小屋だったのでしょう。


ジョーは、エリーには仕事が、トムには自分の世界があるのに、自分には何もないのが寂しかったらしい。でもダニーはジョーを必要としてくれた~それが嬉しかったようです。


愛情表現の方法はハグだけだったそうですが、次第にダニーがこれを嫌がるようになったそう。


I know what you want from me. You do, and you're too afraid to ask! Why don't you do them to Tom instead?
あんたの望みは分かっている。怖くて言えないだけだ。僕じゃなくてトムにしたらどうだ?


あの木曜日、ダニーがきっぱりとジョーを拒否して逃げ出したため、侮辱されて逆上したジョーは、崖っぷちに立っていたダニーをなだめすかして小屋に連れ戻した後、首を絞めて殺したそうです。


その後ダニーとスケボーをボートに積んで、ビーチに置き去りにし、犯罪の証拠を消すために小屋に戻ってきたところ、マークとベッカが密会の帰りにビーチに立ち寄ったそうです。ジョーは彼らに見つからぬよう洗剤を使って現場を掃除し、服を着替え、家族のもとに戻ったようです。


その様子を見ていたのがスーザンとエリーの姉のルーシーだったのですね。ルーシーは、捜査が行き詰まってやむを得ず金を用意してきたエリーに、あの日黒っぽい洋服と帽子を身につけた男が洋服が入っているらしい袋を捨てていた、と供述しています。


ダニーにスマホを買い与えたのはジョーだったそうです。例の500ポンドも、ダニーに好かれたい一心で、フロリダ旅行の費用から抜いて与えたのだそう。3週間も留守にするからダニーの心が離れないかと不安だったのかもしれませんね。案の定、戻ってきた途端に別れを切り出されたため、余計に逆上したのかもしれません


エリーは夫の行動に全く気づいてなかったようですし、何よりもジョー自身がエリーやトムに「異常性愛者」と思われるのが嫌で、ひた隠しにしていたようです。ダニーの親友だったトムでさえ知らなかったそうです。


トムがダニーと喧嘩をしたのは、ダニーが他に頼れる人ができたとトムに打ち明けたからだそう。トムはダニーに裏切られたと感じ、その相手に嫉妬するあまり、ダニーを殴ってしまったらしい。


それがまさか自分の父だとは思いもよらなかったようです。


今回この事実が判明したのは、前回のラストにあったように、ダニーがメールをやり取りしていたのはトムの他にはジョーしかいなかったことにアレックが気づいたためと、ジョー自身がダニーのスマホの電源を入れて居場所をアレックに知らせたからです。


ジョーは秘密を抱えていることに耐えられなくなっていて、前回通報したのもアレックに打ち明けたかったからなのだそうです。が、そこにエリーもやって来たため、つい、逃げ出してしまったそうです。


殺すつもりはなかった!ただダニーを愛していただけだ!!I was in love with him!


いやいや、普通の人間は愛する人を殺したりはいたしません


アレックはエリーを初めて「エリー」と呼び、その気持ちを慮って実に優しく、でもきっぱりと真犯人の名を告げました。エリーはとても信じられないと驚愕しますが、実際にジョーに接見してそれが真実だと知った途端、ジョーを蹴飛ばして激しく罵倒しますIs it true? He was 11!


You sorry piece of shit! Get off him!
この最低男!トムに近づくな!


エリーはアレックの配慮により、有給で休暇を取り、トムとフレッドとともにホテルに滞在することになりました。アレックは、苦しんでいる同僚を皆でケアするよう言い渡します


You're her colleagues and her friends. This is unthinkable for her. She'll need you. She'll need all of us.
君たちは彼女の同僚であり友人だ。これは彼女にとって予想外の事態だ。彼女は君たちを必要としている。我々全員を。


真犯人がジョーだと気づいたアレックが、何かとエリーに優しくなったのがまた印象的でしたね。アレックはエリーに、幼い頃キャンプをしにブロードチャーチに来たことがあるそうで、仲の悪かった両親が喧嘩している時はずっとビーチに座り込んで海を眺めていたと打ち明けます


It freaked me out. Those bloody cliffs still there. Still the same.
あの崖は恐ろしかった。それがまだそこにある。まったく変わっていない。


God will put you in the right place even if you don't know it at the time.
その時は気づかなくても、神はあなたのいるべき場所にあなたを置く


アレックの母は亡くなる時にそう語ったそうです。人生に無意味なことなど何一つ無いと、今は無理でもそう思える日がいつか必ずやってきます


ずっとラティマー家で彼らのケアに当たっていたピート・ローソン(Marcus Garvey)が、今度はエリーたちに付き添いました。クロエからは散々な言われようだったけど、この底抜けに明るいピートがいてくれたおかげで、ワンクッションできて救われた部分が結構あったように思います


事件から59日後に発覚したこの事実は街中に衝撃を与えましたが、以前のジャックの時のような騒ぎはもう起きませんでした。エリーやジョーを責めたのは、当事者のベスとマークだけです。ベスはエリーに、マークはジョーに、それぞれの思いをぶつけました。


How could you not know?
どうして気づかなかったの?


ベスの言葉がエリーの胸を突き刺します


It was once, only ever once, and I'll suffer for that for my whole life now.
たった一度ダニーを殴ったことを一生後悔する


そもそもマークがダニーを殴ったからこうなったと語ったジョーを、マークは憎む価値もないと蔑みました。


事件解決に伴い、ようやくダニーの亡骸が家族のもとに帰ってきますようやくダニーを弔ってやれます。ポール主導のもと葬儀が行われた後、町中の人がビーチでかがり火を焚き、ダニーの魂を弔いました。ポールはこのイベントを近隣の町にも伝えたらしく、その優しくて温かい灯りは、ビーチのずっと先まで続いていました


アレックはこれでようやく刑事を辞められると語り、エリーもまた、刑事を辞めて家族と一緒に町を出ることにしたと打ち明けます。被害者家族のベスでさえ、あれほど好奇と同情の目に耐えられなかったのです。夫の犯罪に気づけなかった刑事のエリーが、いったいどんな顔をしてあの町で暮らしていけるというのでしょうか


本来ならそこをポールがまとめて「誰もが心穏やかに暮らせる優しい町」にしていかなければならんのでしょうが。


でもまた今晩からシーズン2が始まります。しかも番宣では「ダニー殺害事件はまだ終わっていなかった!」と謳っているではありませぬか


放送は週一でも、1度に2話ずつの放送だそうなので、中3日ぐらいにして見て語るのが良さそうかな~我慢できれば、の話でござるが


またしばらくおばさんの妄想にお付き合いいただけましたら幸いです



ブロードチャーチ ~殺意の町~シーズン1 コレクターズBOX [DVD]

ブロードチャーチ S1 ネタバレと感想 第7話 同僚の裏切り

英国ドラマ【ブロードチャーチ~殺意の町~】の第7話は「同僚の裏切り」です。以下早速ネタバレですブロードチャーチのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ようやくスーザンとナイジェの関係が明らかになりました。やはりナイジェはスーザンの息子だったようです。そしてその父親のジム・スティーヴンソンは、スーザンとの間に生まれた長女とセッ○スしていたそうです。長女はジムが妹を襲おうとしたのを止めようとしてジムに殺されてしまったのだそうです


スーザンは、ジムが長女は旅行に出かけたという言葉を信じていたそうですが、周囲が疑い始めたそうです。次女は警察に保護され、ジムは逮捕されてしまいました。その頃スーザンのお腹の中にはナイジェがいたらしいのですが、生まれた子どもは行政に奪われてしまったそう。スーザンには子どもを育てる資格がないと判断されたらしい。


終身刑を宣告されたジムは、その10ヶ月後に監獄で首を吊ったそうです。


その後ナイジェは今の家族の養子となって何も知らずに暮らしていたらしいですが、法が改正されたことでスーザンは実子のナイジェに面会できることになったそう。スーザンは18ヶ月かけてナイジェを捜しだし、このブロードチャーチにやってきたそうです。それが4~5ヶ月前のことです。


ナイジェは彼女の言葉を信じませんでしたが、ダニーの事件をネタにスーザンから脅されるようになります。スーザンは、ナイジェがダニーの遺体をボートに乗せてビーチに運んだのをその目で見ていたそうなのです。ダニーの近くに落ちていたタバコの吸い殻はやはりスーザンのものだったそうです。


スーザンはビーチでダニーの遺体を見ながら、娘はどんなふうに死んだのだろうと胸を痛めていたらしい


スーザンは、ナイジェがジムに似たと確信し、二度と同じ轍は踏むまいとしたのだそうです。知らん顔をしていることもできたけれど、娘たちの無念を思うとそうもいかなかったし、息子をモンスターにしてはいけない、と考えたのでしょう。


でもナイジェは徹底して犯行を否定していました。親友の息子を殺すはずがない!!


確かにナイジェはダニーが殺された夜10時半頃に外出していたそうですが、その目的は崖の上にあるパスト・オーク・ファームからキジを盗んで売り飛ばすことでした。途中で燃料が足りないことに気づいたナイジェは有刺鉄線を切って強盗を装い、トラクターから燃料を盗んだそうです。アレックももちろんこの窃盗事件を覚えていたことでしょう。やっぱりつながっていましたね


一方のジョーも、出番はヒジョーに少なかったものの、またしても3点ほど引っかかりました


1点目は前回、小屋に誰かいると通報してきたのはダニーのスマホからだったということ。つまり犯人は自首したがっているのかもしれないということです。となると~やはりナイジェやポールではなく、警察からもノーマークの人間が犯人なのではないでしょうか。


2点目はエリーがスーザンに掛けたこの言葉です。


In your own house, how could you not know?
自分の家にいて、どうして気づかなかったの?


もしもジョーが真犯人なら、これほど皮肉な言葉はありません


そして3点目、今回ポールはアレックに、2~3ヶ月前トムとダニーは大喧嘩をしていて、トムはダニーを殴っていたと伝えました。ポールはトムの両親に報告したそうですが、エリーは知らなかったようです。エリーが嘘をついたのではなく、ジョーがエリーに隠していたのでしょう。


またポールはその時アレックに、トムが壊していたノートブックを渡しました。アレックから話を聞いたエリーは、血眼になって家中トムのパソコンを探しますが、見つかりません。


気になったのはその時のエリーとジョーの会話です。ジョーは、マメそうにみえて実はマメではないらしいのです。元消防士だということでしたが、本当にデスクワークが嫌で仕事を辞めたのでしょうか?エリーはジョーがなんでも物事を先延ばしするとぼやいていました。


ま、ナイジェの怪しさに比べたらほんの微々たるものですが。スーザンが見た人物はナイジェじゃなくてジョーだったということはないのかしらん


そのナイジェからこれ以上つきまとったらヴィンスを殺すと脅されたスーザンは、ヴィンスを連れて町を出ていったようです。


一方で、アレックの病状も明らかになっています。アレックの心臓はペースメーカーが必要なほど弱っているのだそうです。警視監のエレインはアレックに健康診断を受けさせ、その結果次第では辞めさせると警告しますが、アレックは聞く耳を持ちません。


I'm not leaving till this is solved.
この事件が解決するまで出ていかない。


同時にそのアレックの過去も明かされました。


サンドブルック事件において、容疑者は特定できたものの証拠が見つからずにいたところ、その容疑者が売りさばいた車の中から、殺された少女たちの一人の所持品と思しきペンダントが見つかったそうです。


There were clearly prints on it. It was the smoking gun.
そこには間違いなく指紋が付いていたはず。まさにスモーキング・ガンだった


これを見つけた巡査部長が証拠保管のバッグに入れて車に置いたままホテルで祝杯を上げている隙に、車上荒らしに遭い、ペンダントも盗まれてしまったそうです。その巡査部長は同じチームの同僚と不倫していたのだそうです


そしてその巡査部長はアレックの妻でした! アレックはこの事実を伏せ、すべて自分の責任だと言って妻を庇ったそうです。それもすべては娘に母親の不倫を知られたくなかったかららしいのに、今やアレックは別居しているその子と話すことすらできないらしい


オリヴァーとマギーに心臓のことを知られて白状させられたアレックは最後にこう締めくくりました。


Just do me a favour and tell the family first, will you? Just tell them I haven't given up on Sandbrook and that the case is still open.
お願いだから、世間に公表する前に遺族に話してほしい。俺はまだサンドブルック事件を諦めていないと彼らに伝えてくれ。


その後なら何をどうしてくれても構わない~アレックが病気になったのもすべてこの事件と妻のせいだったのですね。なんとも痛ましい話です


でもきっとそんなアレックにも救いがもたらされるはず~そう信じたくなるのは、ラティマー家がそうだからです


ベスとマークはポールのカウンセリングを受けに行き、ベスはようやく赤ちゃんを迎える決心が付きました。ポールがこう言ってくれたからです


New life is a gift. And maybe you can take in this gift, even if you don't want it yet. Go for the scan, see how you feel. Because God has sent you this life. Perhaps he's sent you not what you want but what you need.
新しい命は贈り物だ。まだ望んでいなくてもなくても受けいれてみて。受け取ってどう感じるか試してみるといい。神がこの生命を送ってくださったのだから。たぶん神は欲しいものではなく、必要なものを与えてくださった。


おばさんも説教がましい話は好きじゃないけど、世の中には、人智を超えた何かがあるのは確かです。ただ見えないだけ、聞こえないだけで、すべてを否定するのは間違っています。


ベスとマークは、家にディーンを招いて一緒に食事をしたそうです


またアレックもようやくスティーヴの話を信じる気になったようですペンダントの謎も解けました\(^o^)/。ダニーからのメッセージは「親しい人が犯人」ということだけですが、それだけではまだまだ絞り込めません


そしてそのアレックに、ようやく真実がもたらされたようですトムのPCから復活させたメールが送られてきたのです。アレックは、それを読みながらこう毒づきました。


Of course. Shit.
そうだよ、ク○っ!


明日はいよいよ最終回です真犯人は一体だれ?(*_*)



ブロードチャーチ ~殺意の町~シーズン1 コレクターズBOX [DVD]

ブロードチャーチ S1 ネタバレと感想 第6話 刑事の誤算

英国ドラマ【ブロードチャーチ~殺意の町~】の第6話は「刑事の誤算」です。


ドラマでは、牧師のポールやスーザンを怪しませようとしていましたが、そう仕向けられれば仕向けられるほど怪しく思えなくなっちまうのはミステリー好きの性ですよね。むしろ今回はますますトムに注目してしまいました。なぜトムはあれほど「証拠隠滅」にこだわっているのか?彼は何を知っているのか??


それに伴い、これまでまったくノーマークだった人物がおばさんの中では急浮上です「最も怪しくない人物を疑えというミステリーの鉄則は、このブロードチャーチにも当てはまってしまうのでしょうか?


以下ネタバレのあらすじです及び時々妄想です\(^o^)/


その「最も怪しくない人物」とは、エリーの夫のジョーです。これまではエリーとトムの影に隠れて殆ど目立たなかったこのジョーが、今回2度ほどどーにも気になる表情を浮かべていました


1度目はジャックの葬儀に参加した時~彼はまったくジャックの死を悼んでいるようには見えなかった、それどころかむしろ、ジャックの死などどーでもいいと言わんばかり、場違いに思えるほどの無関心すら漂わせていました。もっと言うなら「サイコパス的な表情です。他の誰もが、ジャックを疑った自分たちを責めるようなバツの悪そうな顔か、もしくはマスコミや警察への怒りを浮かべていたので、あの表情はかなり目を引きました


特にジョーはこれまで「家族思いの良き父」というイメージを打ち出してきましたから、もっと悲しげな顔をしても良いように思えます


2度めは、アレックがトムと話しているのを見て近寄ってきた時です。葬儀という場が場ですから、そう明るくもできませんが、つい先日食事に来てともに楽しい時を過ごしたアレックがトムと話しているのですから、もう少し親しげでも良いと思うんですよね。それが、どことなくトムを咎めるような口調で、何をしている?と聞いたのにはかなりの違和感を覚えました。その時のジョーの目つきも、妻の同僚に向ける目つきじゃなかったように感じたのですよね


今回トムがクロエに、ダニーなど親友じゃない、僕は彼が嫌いだった、死んでくれて嬉しい!と怒鳴っていたのも気になるところ


I'm not his best friend. I hated him. And you know what, I'm glad he's dead.


もちろんこれが本音という可能性もありましょうが、そうでなければ、トムが犯人を庇っているとも取れる発言ですトムが庇うとしたらジョーしかいない(^^)/


人を殺したらどのぐらい刑務所に入るの?


トムがそうジョーに尋ねたのは、分からないことを質問したのではなく、ジョー自身に問いかけたかったからなのではないでしょうか。どうしてそんな恐ろしいことをしたのか?本当に大丈夫なのか?と


トムは以前ダニーのメールをすべて削除していましたが、削除したデータを復活できると知って、今度はハードディスクを壊そうとしていました。それもすべてはジョーを庇うためなのではないでしょうか?ダニーを殺したのはジョーなのでは?


とは言うものの、肝心な動機がまだ思いつきませぬ。強いていうなら、あの「サイコパス的な表情」がそれを物語っているのではないのでしょうか。な~んて思いっきり妄想にふけってしまいました。毎朝起きるとすぐにこれを見ているので、か~なりのめり込んでしまっています。大きな勘違いだったら笑ってやってくださいね


さてそれ以外では、相変わらずスーザンが怪しかった


スーザンはトムをトレーラーハウスに招き、ダニーのスケボーを渡しました。そんなことをしたら捕まっちまうのは目に見えているのに、どうしてそんなことをしたのか~の方が不思議でした。だってトムは母親が刑事だってことをスーザンに話していたのですからね。これまで話す機会を逸してしまっていたから、トムと知り合ったのをこれ幸いに告白したくなったとしか思えません。


スケボーの塗料や洗剤もボートから見つかったそうです。ということは、スーザンがダニーの痕跡を消すために商売道具の洗剤を使い、スケボーを家に持ち帰ったのかもしれません。でもいったい何のために?


またマギーは知人に頼んでスーザンのことを調べてもらったそうです。その知人が送ってきたFAXにはこんな記事が添付されていました。


Jim Stevenson found hanged in prison cell.
ジム・スティーヴンソンは刑務所内で首をつっていたのが発見された。


字幕には「モンスター(Monster)」としか書かれてなかったけど、文脈からしてそのモンスターはきっとジム・スティーヴンソンなのですよね?マギーがこのFAXを指さしながら「I know about your husband. And your children」と言っていたところを見ると、ジムがマギーの夫だったのでしょうか。スーザンの子どもたちは一体どうしたのでしょう?


そこにアレックとエリーが来てスーザンを連行している隙に、ナイジェがスーザンの飼い犬、ヴィンスを連れて行ってしまいました。スーザンはヴィンスをひどく心配し、ヴィンスが戻ってこない限り何も話さないと意固地になります。一方のナイジェはヴィンスにクロスボウを向けていますが?


も~このナイジェこそモンスターにしか見えませんやっぱり犯人はナイジェなんじゃね?。もしかするとナイジェはスーザンの子どもの一人だったりするのでしょうか?あの狂人じみた振る舞いは父親似なのでございましょうか


もしそうだとしたら、スーザンはナイジェがダニー殺しの犯人だと思い込んで彼を庇おうとしていたのかもしれませんね。奇しくもジョーと同じスキンヘッドですしもう妄想が止められない(・∀・)


また今回はアレックとエリーの調べにより、ポールの過去も明らかになりました。ポールはアルコール依存症で密かにヨーヴィルの断酒会に通っていたそうです。以前いた町は、酒を飲んで子どもに手を上げたことが原因で去らざるを得なくなったらしい。ポールはすべて誤解だと言い訳しましたが、当時酒を飲んでいたことだけは事実のようです。


そういうアレックも、サンドブルック事件の被害者遺族からはひどい言われようをしていました。今回ベスはカレンに頼んで、遺族の母親に会って話を聞いたのですが、彼女はアレックをひどく罵倒し、決して信じてはいけない、と批判しました。それだってきっと何か誤解があったに違いありませんよね


それでも遺族を悲しませたのは事実だから、アレックは今文字通り命がけでダニーの件を解決しようとしているのでしょう


今回ようやく犯人がアンソニー・ライアンの小屋に現れ、通報を受けたエリーとアレックが駆けつけましたが、アレックはついに力尽きて倒れてしまいますだから言わんこっちゃない(;´Д`)。仕事が仕事なのですから、気力だけでどうにかなるものではありませんよね。ま、成果が上がらないという理由で人員も削減されていたので仕方ないといえば仕方ないんですけど。


せっかくあそこまで追い詰めながら逃げられてしまったのは惜しかったですね~


あ~あと2回で犯人が分かるはず!(ですよね??) 明日の朝が待ち遠しくてなりませぬ


とはいえ、謎解きには付き物のこの重苦しいストーリーを毎朝見るのは結構しんどかったりするのですが、今回は、ラティマー一家がしばしダニーの死を忘れ、ともに楽しいひと時を過ごしたシーンに救われました。ダニーを忘れるわけじゃないし、いつまで経ってもダニーは愛しい家族なんだけど、何をするにもダニーの死がついて回ることに皆が疲れ果てたのです。


マークは息子が殺された時に不倫をし、ベスはダニーが死んだ今新しい命を授かっている、クロエはBFに夢中で~とそれぞれがそれぞれの立場で大なり小なり抱いている罪悪感も切ないですよね。皆がダニーのことを愛しているのに、その愛ゆえに家族がいらついたりバラバラになったりするなんて、そんなに悲しいことはありません胸が押しつぶされそうになります


3人は久しぶりに家族揃ってゲームセンターへ行き、大いにはしゃぎました。ダニーもゲームが好きだった。今度生まれてくる子も連れてこようって


ようやくマークに対する疑いが自分の中で晴れました。明日の放送も楽しみです



ブロードチャーチ ~殺意の町~シーズン1 コレクターズBOX [DVD]

ブロードチャーチ S1 ネタバレと感想 第5話 老人の過去

英国ドラマ【ブロードチャーチ~殺意の町~】の第5話は「老人の過去」です。恐れていたことが起きてしまいました。以下早速ネタバレですブロードチャーチのネタバレ感想行きますよ~(^o^)


ジャック・マーシャルが自殺してしまいましたそうなるんじゃないかと思ってましたよ(;´Д`)


ダニーの死が全国ネットで放送されると、マスコミの報道はますますヒートアップし、カレンはジャックの過去もヘラルド紙に掲載してしまいます。シーブリゲイドの活動も、少年への異常性愛目当てだと批判されてしまいました。これはディーンがクロエに、ジャックは裸の子どもたちとハグしたがったと教えたからです。


心身ともに追い詰められたジャックは、ついに過去の真相を明かしました。ジャックは昔音楽の教師をしていたそうで、教え子だった15歳11ヶ月の女生徒と肉体関係を結んでしまったのだそうです。あと1ヶ月と1日待っていれば合法だったのにそれまで待てなかったらしい。ジャックは当時40歳だったのだとか。


ふたりはお互いの合意のもと=愛し合ってその行為に及んだものの、少女の父親は許さなかったらしく、ジャックを警察に訴えたそうです。ジャックは黙って罪を認め、刑に服した後で、17歳になったその少女と結婚し、男の子をもうけたそうです。が、その子が彼女の運転する車に乗って事故死したことがきっかけでふたりは離婚し、ジャックはブロードチャーチにやってきたそう。


男の子たちを可愛がったのは、亡き息子を思い出したからで、性愛の対象として見ていたわけではない


同じように、15歳の少女だったベスとの間にクロエをもうけて結婚したマークだけは、ジャックの気持ちを理解したようですが、そのマークでさえ怒り狂う住民たちを止めることはできませんでした。彼らを先導していたのはナイジェです。


マークが、ベスに不満はなかったのに、ただ「変化」がほしくてベッカと寝たように、代わり映えのしない毎日、本当はそれが一番の幸福だということを忘れた住民たちが、ダニーの死をその「変化」と捉えて鬱憤ばらしをしているのではないと、果たして誰が言えるでしょうか。


She was different. Not prettier or sexier or nothing. Just New. And, I don't know, this house and this town and this job of mine It's all my life's ever gonna be, isn't it? I knew every second of it. And every second of it to come. I just felt trapped, Beth. And that's why I did it.
彼女は違っていた。君より可愛いわけでもセクシーなわけでも何でも無い。ただ新しかった。この家もこの街も、この仕事も今のまま一生続くと思った。何もかも分かっていて、次に何が起きるかすら予想がつく。息苦しかった。だから過ちを犯した。


マークがベスに不倫のことを謝罪し、せめて今日だけは一緒にダニーを偲ぼうと、ふたりの愛息子の写真を眺めて思い出に浸っていた頃、ジャックは、昔の写真を火にくべてすべてを精算し、自ら命を絶ちました


一方、そのジャックが持ってきたダニーの携帯は2台目のガラケーだったようで、メインの携帯=スマホはまだ見つからないようです。データはすべてスマホに転送してあったらしく、めぼしい発見はなかったそう。スマホはプリペイドSIM(Pay as you go SIM)で、電源が入っていないため、追跡不可能なのだそうです。その代金はいったい誰が支払っていたのでしょうか?


警察の発案で街中皆で再現検証を行った際、ダニー役を演じたトムは、しきりに捜査状況を気にしていました。携帯からは何か分かったのか、人を殺したらどのくらい刑務所に行くのか、など。


まさかとは思うけど、このトムが犯人ってことはないんでしょうね?でもどんな偶然が重なったとしても絞殺は無理か~さすがに


またエリーの姉、ルーシー・スティーヴンス(Tanya Franks)は、エリーに無心にやってきました。1000ポンド用立ててほしいという姉を、エリーはもう既に3000ポンド貸していると突き放します。するとルーシーは、金をよこせば、ダニーが死んだ日に見たことを話すと脅してきました。エリーはこれをカネ目当ての嘘だと決めつけましたが?


一方、鑑識のブライアン・ヤング(Peter De Jersey)によると、ダニーの遺体が置かれていた場所から半径1.2メートル以内のところに似たようなタバコの吸い殻が4本見つかったそうです。今では珍しい高タールのタバコだそうで、潮の満ち引きの関係から、事件発生後に捨てられた可能性が高いそうです。


また、沖で燃えていたボートは、オリヴァーの父が所有していたものだったことが判明しました。オリヴァーの父はルーシーとオリヴァーを捨てて家を出ていってから何年にもなるそうです。


今のところ、タバコを吸って目立っていた人物はスーザンぐらいで、彼女ならビーチに住んでいるから、ボートも盗みやすいでしょうけどね


そのスーザンは今回、飼い犬のヴィンスを気に入ったトムを、トレーラーハウスに遊びに来るよう誘っていました。またナイジェからは500ポンドを渡されて、つきまとったら容赦しないと脅されましたが、応じようとしません。


We need to find a way of working this out together.
一緒に解決策を見つけましょう。


犯人ではないだろうなと思いつつも、やっぱり気になりますね~スーザン


またエリーはブライアンから食事に誘われました(ナンパです)。エリーが既婚者なのは関係ないそうですが、夫を愛していて幸せだからと断ると引き下がったようです。めったに無いことに興奮したエリーはこれをアレックに話しました。エリーはその勢いでつい、サンドブルック事件について聞き出そうとしますが、アレックは話したくないようです。


アレックもまた、この話が引き金となったのか、こともあろうにベッカを誘いました。これを断ったベッカの言い訳がまたふるっていました


It's just I'd I'd be worried. That you'd collapse on me.
私の上で死なれちゃ困るから


イケメン刑事も健康を害しては形無しですな


冗談はさておき、有力な容疑者だったジャックが亡くなって、捜査はますます混迷を深めてきそうですね。続きを見るのが待ち遠しいです



ブロードチャーチ ~殺意の町~シーズン1 コレクターズBOX [DVD]

《他にもこんな記事を書いています♪》