2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

「番人~もう一度、君を守る」のレビュー一覧

| |

番人~もう一度、君を守る ネタバレと感想 第6話 疑わしい神父

韓国ドラマ、【番人~もう一度、君を守る】の第6話は「疑わしい神父」です。今回はボミの過去が明らかになりました。以下早速ネタバレです番人~もう一度君を守るのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


でもまずは前回のイ・ジャンスの事件から見てまいりましょうか


ジャンスがまたしても女の子を襲おうとしていると知ったスジはすぐにその後を追い、女の子を助けて家に送り届けました。またボミは、ジャンスが当時セイムから「戦利品」としてネックレスを盗んだと突き止めてこれをネットで拡散し、購入者がいたら名乗り出てほしいと呼びかけます


この呼びかけが奏功してネックレスが出てきたことから、ジャンスはついに逮捕されました。またスジがジャンスから救った女性が、スジが助けてくれたと証言してくれます


チョ・スジは悪党か英雄か?


湧き上がる世論に勢いを得たチェ・ヘソンがソウル中央地検に乗り込んできましたこのヘソンが頼りになるか否か?。ヘソンはスジの娘のユナの事件をもう一度捜査し直すよう要求します


一方でスジは「ボス」の正体にも肉薄してきました。きっかけは「神父」です。ボミはたまたま入った教会で遭遇したグァヌを見て、ハン・ドンウォンの祖母がいた病院でも彼を見かけたことから、グァヌがボスの共犯なのではないかと疑います


あなたですね?ボミに危険を知らせてくれたのは?


グァヌが「ボス」に連絡するだろうと見込んだスジはグァヌの携帯をハッキングし、ボス=ドハンの位置情報を確認しました。その場所は、予想通り、ソウル中央地検です。


やっぱり検事だったんだ!


なぜ「ボス」は3人を陥れようとしたのか~彼らが疑問に思っているところに、新たなミッションが届きました。タイミングとしては、スジにハッキングされたことを知ったドハンが彼らの注意をそらそうとしたものと思われます。


そのミッションはボミの事件に関するものでした。ボミは5年前に家族を米軍の兵士に殺されたのだそうです。まだ幼かったボミは、両親や姉が殺されているというのに、ベッドの下に隠れて震えているしかなかったのだとか


ボミが強盗に気づいて姉に知らせに行ったところ、姉がボミを先にベッドの下に隠してくれたのでボミは助かったのですが、ボミが開けたままで来たドアを締めに行った姉は、暴漢に殺されてしまったそうです


家族が殺されたのに自分だけ生き残るなんて


それでなくても自分が一番悔んでいるだろうところに、周囲のもっともらしい非難にも苦しんだボミはすっかり対人恐怖症になってしまったのですね~きっと


犯人はホルトという在韓米軍の軍人だったことから、当時の担当者だったグァヌはスンノに相談したのだそうです。スンノは、大統領選を控えたその時期、米軍への反感を強めることは与党にとって好ましくないとして、出国禁止措置をわざと遅らせて、ホルトを逃がしてしまったそうです。それに伴い、共犯者の捜査も打ち切られてしまったそうです


今回ドハンが送ってきた情報はその共犯者と思しき3名に関するものでした。3名ともボミの身近にいた人物だったそうです。だからボミはその声に聞き覚えがあったのですね。


まずボミの叔父のソ・ジュワン(イム・スンデ)はボミの後見人を自任してボミ母の店を勝手に処分し、江南のマンションに住んでいました。ボミが言うには、祖父の遺産をめぐっても父と争ったことがあるそうです。


また厨房長のヤン・デチョル(キム・ギム)は事件後自分の店を開いたそうです。容疑者のホルトと言う軍人とも親しかったそうですが現在はヘルニアで入院中だそう。


そして出前の配達をしていたカン・ジング(キム・ドユン)は事件の後姿を消してしまったそうです。


とりあえずジュワンを見張っていたところ、ジングが現れてジュワンを殺してしまいました。どうやらボミの居場所を知りたがっていたようです。この様子を監視カメラを通して見ていたボミは、ショックのあまり発作を起こしかけていたようですが?


一方、5年前のこの事件からスンノの「共犯」だったグァヌは、スンノに便宜を図ってもらって弁護士に転身していました。となると~グァヌはギョンスの「人探し」にも関与しているかもしれませんね。


またシワンは、同級生のセウォンが刑事のスネの娘だと気づき、何か企んでいたようです。セウォンはシワンが好きみたいなのがまた心配でござるね


スジが教会の告解室にいたドハンを神父と思い込み、天国にいるユナのために祈ってほしいと告白したシーンは辛かったですね。ママは罪を犯したけれど、恥ずべきことはしていない。たまには夢に出てきてね


さ~て今日はどうなりましたかね番人~もう一度、君を守るは続きを見るのが待ち遠しいです番人が面白い(^^)/



番人! ~もう一度、キミを守る~ DVD-BOX1、2

番人~もう一度、君を守る ネタバレと感想 第5話 操られる捜査

韓国ドラマ、【番人~もう一度、君を守る】の第5話は「操られる捜査」です。以下早速ネタバレですもう一度、君を守るのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


スジはスネに電話をして、キム・ウンスを捕らえたから逮捕してほしいと頼みました。スネは、ウンスを追っていたのは、検事長のスンノとのつながりを暴くためか?と尋ねます。


スンノは、息子の罪をもみ消すために、キム・ウンスを釈放させた


スジはそこまで思いもよらなかったようですが、わざと知っていたふりをしました。


スネはちゃんと寝てご飯も食べているかとスジを心配します。スジは、ユナが死んでもお腹がすくし、眠くもなると答えました


そしてスジは、スンノが記者の質問に答える時を狙ってネットを使い、ウンスの肉声を流します。俺のバックには検察の偉い人がいる。自首を取り下げれば事件をもみ消してやると言われた


が、この責任はオ・グァンホが取らされました。ドハンがグァンホにわざと、いざとなったらスンノを道連れにすると脅せと促したからです。マヌケなグァンホはその通りにスンノを脅したために墓穴を掘ることになりました


スジはこの一連の流れから「番人のボス」はスンノの身近にいる=検事なのかもしれないと推理します。でもそれがドハンだとはまだ思いもよらないようです。何せドハンはチョ・スジ逮捕の合同捜査本部に自ら名乗りを上げたのですからね


必ずチョ・スジを捕まえてみせます!


このチームの指揮は検事のパク・ジュンピョ(パク・ジュヒョン)が執ることになり、メンバーにはウンジュンも加わりました。ドハンが指摘していたように、これが親のコネではないとすると、どうやって支部から中央に戻ってきたのかも気になるところでやんすが


一方ドハンは、15年前にセイムという女子大生を暴行して殺害したイ・ジャンスの裁判に着目しました。番人たちにこの写真を送り、今度こそ指示通りにしろと命じます。これが最後の警告だ


このイ・ジャンスが逮捕されたのはごく最近らしく、強姦罪の時効は10年だったことから、証拠がありながら無罪となってしまったそうです。どうやらジャンス逮捕に大きく貢献したらしいセイムの父(ソン・ヨンジェ~ポンダル@輝いてスングム)は、無念が隠せませんでした


スジは早速ジャンスを有罪にするための証拠を捜し始めます。それに加えてギョンスに、ボミには内緒で、ユン・スンノとの関係も調べるよう命じました。


が、これはドハンの罠だったことが明らかになります。ドハンは合同チームで「スジの共犯者」がハッキングしてくると豪語していたのです。そしてその共犯はスジの友人や知人ではないとも教えていました


なぜイ・ジャンスの事件なのかとのウンジュンの問いには、これが注目の事件だからだとうそぶきます。


が、ウンジュンもそう甘くはありません。スジの仲間がジャンスを調べているのであれば、ジャンスを張っていればスジが現れるに違いないと指摘し、たびたび席を外そうとするドハンにその理由を尋ねます


ドハンは兄のグァヌに誤算が生じたと知らせて後は頼むと語っていました。


ドハンはスジに「共犯」がいることを仄めかしていったい何がしたかったのでしょうかね。ギョンスやボミにもそれぞれ憎むべき相手がいるようでしたが?


一方、ギョンスが調べた結果、警察はセイムの死の原因を交通事故と即断して闇に葬ろうとしたことが判明しました。セイムの父親は、セイムを診察した医師たちがセイムが下着をつけていなかったと話したのを耳にし、その下着を森の中から発見してこれが性犯罪だと確信したようです


スジはジャンスを時効が15年の「強盗」で逮捕させることにしました。どうやらタクシー運転手らしいジャンスの車にスジが発信器をつけた直後、「ボス」から連絡が入ります。この件から手を引け!


それとほぼ同時にギョンスのパソコンに警告メッセージが現れました。IPを追跡された!もうすぐここに警察がやってくる!!見つかった!( ;∀;)


ジャンスの家にも警察が押しかけてきましたスジ、はやく逃げて!( ;∀;)。スジは間一髪のところ、なんとか逃げ出し、ジャンスもまた追跡を交わし、どこかほかの事務所に追手を誘導して危機を脱します


それに、スジの仕掛けた発信器も役に立ちそうな気配でしたね。タクシーに女の子を乗せたジャンスは、いかにもその子を襲いたそうな顔をしていました


一方、シワンにはボディーガードが付けられていました。ユニは、またスジが現れたからだと言いながら、息子への疑惑も払拭しきれないようです。以前スンノにも、シワンは本当に無実なのかと聞いていましたものね。非情な夫によく似た息子を最終的に断罪するのはこのユニだったりするのでしょうか


それ以外では、かつてスジの所属していた広報捜査隊で、男性陣でナム・ビョンジェ(チョン・ソギョン)と一緒にいる若手のマ・ジンギ(ソ・ジェヒョン)は、スンノの手先らしいことも分かっています


さ~て今日はどうなりましたかね。「番人~もう一度、君を守る」は続きもとっても楽しみですね



番人! ~もう一度、キミを守る~ DVD-BOX1、2

番人~もう一度、君を守る ネタバレと感想 第4話 必死の救出劇

韓国ドラマ、【番人~もう一度、君を守る】の第4話は「必死の救出劇」です。これがまた凄い迫力でしたね~。以下ネタバレのあらすじです番人が迫力満点です(^^)/


キム・ウソンが狙っているのはいったい誰なのか~番人の3人は、まず姉のウジンと妻のソンヒ(キム・サヒ)を調べることにしました。が、ウジンを追っていたその時、ウジンの目の前で姪、つまりはウソンの娘のセボム(チャン・ジェヒ)がチェ・ミョンフンに拉致されてしまいます。ウジンはセボムを迎えに行ったようですね


まさか自分の娘を誘拐させるなんて!?


驚く間もなく、スジの目にはこのセボムがユナに見えたそうです


スジは二人に警察へ通報させた上でミョンフンを追いました。早く助けないと警察が来る前に殺されてしまうかもしれない!?


スジはバイクでミョンフンを追いかけ、何とかしてセボムを救おうと車の窓を割ったり、屋根に食らいついたりしましたが、相手は3人だったため、多勢に無勢で振り落とされてしまいます


そこへちょうどトラックが来た時は、ボミならずとももうダメかと思いましたね


もう少しで死ぬかもしれなかったというのに、スジはまたしてもバイクに乗ってミョンフンを追いかけました。ボミとギョンスは警察が追ってきているから早く逃げるよう勧めますが、スジは決して譲りません


でも子どもはどうするの?助けを待っているはずよ!!


一方の警察は、二人が指摘したように、セボムの誘拐よりも「逃走犯のスジ」を追うことに躍起になっています


スジはボミとギョンスの協力を得て何とかミョンフンの乗った車が入ったビルまで辿り着きました。が、なかなか出てこなかったことからスジが中に入ってみると、そこにはたくさんの冷凍トラックが停車しています。そこでスジは、ミョンフンが運送業者だったことを思い出しました


ウンスはだからミョンフンに頼んだんだわ!


スジはセボムが冷凍トラックの中にいると確信して捜しまわりました。ミョンフンのデータを調べたギョンスから、ヒョウ柄のシートカバーが目印だと聞かされて、ようやくセボムが閉じ込められているトラックを発見します


スジは、バイクにトラックの扉を紐でつないでこれをこじ開け、凍えていたセボムをようやく救出しました


そこへドハンがやってきます。ドハンはスジが自分の上着を着せて置いていったセボムを助け、スジの後を追いました。


一方ギョンスは、引き続きウンスのデータを調べていて、ウンスが妻のソンヒにひどく執着していたことに気づきます。この話を聞いたスジは、ウンスの狙いはセボムではなくソンヒだったのではないかと推理しました。セボムはソンヒを誘き寄せるための囮だったのではないか?


その推理は的中し、ウンスはスーパーで働いていたソンヒのもとへ行き、セボムを助けたかったら一緒に来るよう脅していました。どうやらソンヒはウンスを避けていたようです。


またその後も引き続きウンスの事件を調べていたらしいウンジュンは、ウンスに対する証言をしてもらうために待ち合わせをしていたソンヒが来ないことを心配し、スネに連絡をしてきました。が、スネは今スジを追うのに忙しくてそれどころではありません。


それを聞いたウンジュンは、スジが今なおウンスを逮捕しようとしているに違いないと気づきました。チョ刑事(=スジ)もウンスと検事長(スンヒ)の関係を知っているのだろうか?


ようやくスジがウンスに追いつき、締め上げようとしていたところに、スネたち警察がやってきました。そこへドハンも現れて、わざとスジを挑発しながら、さりげなく警官たちの拳銃の前に立ちふさがってスジを守ろうとしてくれます


そのおかげもあってスジはなんとか窮地を脱することができました。もう警察に任せても良さそうに思えましたが、その警察は、大々的に逃亡犯が市民を脅かしたと公表し、ウンスの娘や妻に対する暴力になどまったく触れようとしません


スジは引き続きウンスを追うため、ウンスの母親の家へ行きました。案の定、ウンスから助けを求められた母親はウンスを匿っています


スジがそこへ乗り込むと、ウンスは得意げに、自分のバックには検察の偉い人間が付いているのだと明かしました。以前自首した時、出前の器の下にメモがあり、そのメモには自首を取り下げれば事件をもみ消すと書かれていたのだそうです。もちろん、検事長のスンヒのことですよね


それでもう何をやっても許されると思い込んだウンスは今回の犯行に及んだのですね~。そしてウンスはスジをも殺そうとしました。母親はさすがに止めようとしますが、ウンスがスジを殺さなければ自分が捕まると主張したため、スジに拳銃を向けてきます


あなたの息子は孫と嫁を殺そうとしたのよ!!それでも息子を庇うの!?


ひるんだところに、ようやくギョンスが来てくれました。も~息つく暇もありませんね番人はスリル満点のアクションシーンがタップリ( `ー´)ノ


でもこれでウジンも今度こそ警察に協力してくれそうです


いや~久しぶりに面白くて一気に見るのがもったいなく思えるほどです。「番人~もう一度、君を守る」は続きを見るのが楽しみです


~とはひえ週末はもう手いっぱいなので続きは来週になりまする



番人! ~もう一度、キミを守る~ DVD-BOX1、2

番人~もう一度、君を守る ネタバレと感想 第3話 悲しみの銃声

韓国ドラマ、【番人~もう一度、君を守る】の第3話は「悲しみの銃声」です。以下ネタバレのあらすじです番人のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


スジはどうしてもシワンを許すことができず、なんと拳銃を持って学校に乗り込んできました。どうやらスネの娘=チン・セウォン(イ・ジウォン)がシワンのクラスメイトのようです。


美術室でシワンに銃を突き付けて脅すスジを見たセウォンはすぐにスネに連絡しました。スネは驚いて学校に急行します


学校にはちょうどシワンの母ユニも来ていました。銃声を聞いて慌てて美術室に駆けつけてきました。


何でもするから息子を助けて!!


到着したスネも、母親の前で息子を殺すつもりか!と激しくスジを咎めます。それで死んだユナが浮かばれるとでも!?


これで一旦は諦めかけたスジをシワンが挑発します「俺が殺した」誰にも聞かれぬよう、スジにだけ見えるようにそう口パクしたシワンを、スジはやっぱり許すことができません絶対に許さない( `ー´)ノ。思わずシワンに向けて発砲してしまいました


これでスジは「子ども相手に、しかも学校で発砲した凶悪な犯罪者となってしまいます。スネに連行されるスジを、番人ふたりが救いました。これも「ボス」の命令です。


彼女を救って仲間にする


このボスですが、意外にもあっさりドハンだということが明らかになりました。ドハンの父は昔スンノに「スパイ容疑」で起訴されて無期懲役を宣告されたのだそうです。


その恨みからスンノに復讐を誓っているドハンは、同じように愛する人を失ったスジを仲間に引き入れ、スンノを破滅させようとしているようです。どうやらドハンの兄弟らしい神父のオ・グァヌ(シン・ドンウク)は何とかドハンを止めたそうでしたが?


こうしてスジは「番人」の一員となりました。


その後またドハンからのミッションが届きます。1話に登場したキム・ウソンを「いるべき場所」に送れというものです


~内容とは直接関係ないんですが、ボミはどうして外に出られない、あんなに厳重な戸締りをしているのでしょうかね?~


どうやらウソンはあの後釈放されたのをいいことに、今度は保険金詐欺を働くつもりらしいのです。その相棒に選ばれたのは、以前証人にしようとしてスジが捕まえたチェ・ミョンフンです。


冤罪で服役中のハン・ドンウォンの祖母は悲しみのあまり入院してしまったらしいというのに。グァヌはこの祖母を見舞っていたようでしたね。


問題は、ウソンのターゲットは誰なのかということですよね~。どうやらそれが妻や姉という肉親なのかもしれないのですが??


もはや刑事ではなくても黙ってなどいられませんねmame。果たしてスジはウソンを捕まえることができるのでしょうか?


一方で、新和合党代表のチェ・ヘソン(ソン・ソンミ)が、スンノが検事総長になるのを阻もうとしていたようです。彼女がいつかスジの味方になってくれるのでしょうか


番人~もう一度、君を守る」は続きもとっても楽しみですね番人が面白い(^^)/



番人! ~もう一度、キミを守る~ DVD-BOX1、2

番人~もう一度、君を守る ネタバレと感想 第2話 事故か事件か

韓国ドラマ、【番人~もう一度、君を守る】の第2話は「事故か事件か」です。いや~1話で止めなくてよかった~面白くなってきそうです。以下ネタバレのあらすじです番人のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


やはり~ドハンはただのチャラ男ではありませんでした。MBCの記者、ギョンミに、さりげなく冤罪のことを知らせたのも、キム・ウソンを電話で脅していたのもドハンでした


ここはそう来なくっちゃ~ですね1話のドハンはひどすぎたもの(;´Д`)。結論を出すのはまだ時期尚早かもしれませんが、どうやらこのドハンこそが「番人」のリーダーのようですよ。って違っていたらすみませんです


一方のスジはユナに防犯カメラの映像を見せ、そこに映っていた少年=ユン・シワン(パク・ソロモン)がユナを連れ去ったに違いないと確信しました。シワンの顔を見たユナがひどく怯えていたからです。この映像をユナに送ってくれたのも「番人」=ソ・ボミ(キム・スルギ)とコン・ギョンス(キー)みたいでしたよね


大丈夫、ママが悪人を捕まえてあげるから!ママが守ってあげる!( `ー´)ノ


その後ウンジュンと現場を見に行ったスジは、そこに落ちていた絵を発見しました。びりびりに破かれたその絵は、まぎれもなくユナが描いたものです。それを見たスジは、ようやく、ユナとした約束を思い出しました


ユナは学校で父親の絵を描くよう命じられたそうなのですが、ユナには父の顔が分からないため困ってしまったのだそうです


そこでスジは、ユナの顔こそがパパの顔だと教えました。ユナは鏡に映った自分の顔を描きながら、その絵を「亡き父」に届けたいと考えたそうです。高所恐怖症のユナは「天国に一番近いところへ行ってその絵で飛行機を追って飛ばそうと思いついたそう。


ひとりで行くのは怖いから、一緒に行こうね


その約束をスジはすっかり忘れていました。スジが約束を忘れたことに気づいたユナは、ひとりで公民館を抜け出して「高いところ」に行こうとしたところでシワンに声を掛けられたのだそうです


ユナが屋上になど行ったのは、父親は死んだと私が嘘をついたから、一緒に行くと言った約束を守らなかったから~スジは激しく後悔しますユナがあんな目に遭ったのは私のせい!( ;∀;)。ユナの父親は死んだのではなくスジとユナを捨てたのだそうです


一方のシワンは、理由は定かではないものの、スジをひどく恨んでいたようで、以前福祉センターで会った際、スジを睨みつけていたのだとか。スジが刑事だと知ったからでしょうか?


スジは、顔は覚えていたものの、名前は知らなかったため、ウンジュンや仲間の刑事たちとともに学校の近くでビラを撒いてこの少年を捜すことにしました。そこで、以前スジが悪戯でスジのおでこに貼ったシールをカバンにつけていた少年を見つけ出します。それがシワンでした


スジが早速シワンを問い詰めようとすると、そこへシワンの母=パン・ユンヒ(チョン・ミソン)が現れます。それでシワンの父親が、ソウル地検検事長のユン・スンノ(チェ・ムソン)であることが判明しました


検事長の息子が容疑者かもしれないという情報は即、グァンホの耳に入ります。グァンホは早速スンノに会いに行きました。シワンのことをもみ消す代わりに、ウソンを釈放してほしいと持ち掛けます


スンノはいかにもエラソーにグァンホを蔑みましたが、所詮はグァンホと同じ穴の狢で、最終的にはその申し出を受け入れました


グァンホは早速、ドハンの勧めもあって、担当検事をウンジュンからドハンに変更してしまいます。理由は、ウンジュンがスジに好意を抱いているから、です。ちなみにウンジュンは最高裁判所判事の息子だそうです。


シワンは取り調べの席で、絵はユナが自分で破いた~約束を破った母親に怒っていたと証言しました。しかもユナは自分で飛び降りたとうそぶきます。僕は何度も止めたのに


スジは、ユナがシワンに突き落とされたと証言したと主張しますが、シワンの代理人は、現在意識レベルが低下しているユナの証言は信憑性に欠けると反論しました。シワンは、もうじきユナが死ぬと言わんばかりだったため、スジは冷静さを失ってしまいます。しかもシワンはそんなスジを見てこっそりほくそ笑んでいたのです


その後、気の毒なことにユナは本当に亡くなってしまいました。この知らせを聞いたスジはもとより、ドハンもこっそりその死を悼んでいます。どうやらドハン自身もスンノに恨みを抱いていたように見えましたよね


でもドハンは、表向きはスンノを支持する姿勢を崩さず、ユノの死因は事故だと公表しました。


もはや法律など当てにできないと絶望したスジは警察バッジをゴミ箱に捨ててしまいます。ウンジュンはこんな時こそ自棄になってはいけないと励ましますが?


ユナには生きていてほしかったけれど、ドハンの立場がハッキリしたのでドラマ的にはぐ~んと面白くなりました。公式サイトの人物相関図を見る限りでは、スジも今後は「番人」の一員になるようです。


番人~もう一度、君を守る」は続きを見るのが楽しみになりました



番人! ~もう一度、キミを守る~ DVD-BOX1、2

番人~もう一度、君を守る ネタバレと感想 第1話 監視者からの電話

韓国ドラマ、【番人~もう一度、君を守る】を見始めました


最近はもう少し骨太ドラマが見たい気分なので、コメディ色が強すぎるきらいはあったものの、役者は好きな方ばかりなのでもう少し続けて見てみたいと思います。中でも「ああ私の幽霊さま」ですっかり気に入ったキム・スルギさんが出てくるのは超楽しみです


それに1話を最後まで見たところ最初の印象程ふざけた内容ではなさそうですし、おふざけキャラに見せておいて実は真逆という設定かもしれませんよね


またふたりのシングルマザーが刑事として頑張っている様子は大いに共感できました。子どもも大切だけど、自分も大切にしなくちゃいけないには大賛成です


以下簡単なネタバレのあらすじです番人~もう一度、君を守るのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


シングルマザーの刑事=チョ・スジ(イ・シヨン~イ・スユン@ポセイドン)が勤務する警察署に、ある日、不審な男が乗り込んできました。男の名前はキム・ウソン(チェ・スヒョン)~12年前に起きたサミルスーパー強盗事件の犯人だと名乗り出てきたのです。ウソンの手にはその時店主を殺した凶器のナイフが握られていました


この事件は既にハン・ドンウォンという人物が捕まって服役中だったそうですが、ウソンはそれは誤認逮捕だと主張します。12年も知らん顔をしていたのに今になって自首してきたのは、真犯人を知った何者かがウソンの行動を監視し、自首しなければ家族を殺すと脅してきたのだそうです


12年前にこの事件を起訴したのは、現在ソウル中央地検部長検事を務めるオ・グァンホ(キム・サンホ~パン・ジョンベ @棚ぼたのあなた)です。グァンホはすぐに子飼の検事=チャン・ドハン(キム・ヨングァン~コ・ナンギル@ウチに住む男)を向かわせました


このドハンがまた実にチャラい男でしたよね。見た目はなかなか決まっててカッコいいんだけど、やってることがダっサいわ~と思っていたら、田舎育ちがコンプレックスで、それを隠そうと努力しているのだそうですこのドハンがね~(;´Д`)


~キム・ヨングァンさんのナンギルが大~好きだったおばさん的にはこのキャラがイマイチざんす。豹変してくれることを願うばかりですが


真犯人が自首したと聞き及んだハン・ドンウォンの祖母(ナム・ジョンヒ)は、自分が集めた孫の無実を証明する資料を持って駆けつけてきました。一方で、今回自首したウソンの母(キム・ドンジュ)と姉のウジンは、当時ウソンが店主を殺害した直後の血の付いた服を見ていたはずにもかかわらず、見ていない、ウソンは無実だと主張します


早くウソンを釈放しろとうるさいドハンを、スジの先輩=イ・スネ(キム・ソニョン)が軽く交わして追い出したのは楽しかったですね。テキトーに追っ払っている間に目撃証人を見つければいいのよ


その証人=チェ・ミョンフン(ペ・ジェギ)を逮捕した後、スジを悪夢が襲いました。スジの母(キム・ジョンヨン)と福祉センターにマジックショーを見に出かけた娘のユナ(ハム・ナヨン)が、祖母の目をかすめて会場から抜け出した後、屋上から落ちて意識不明の重体で発見されたのです


スジは、ユナは高所恐怖症だからひとりで屋上になど行くはずがない=事件に巻き込まれたに違いないと確信しました。その確信は当たっていて、ユナはある少年に誘われてその後をついていったようです。


つまりは、この少年がサミルスーパー強盗事件に関与しているということですよね


また12年ぶりに真犯人が自首したという事実はマスコミでも嗅ぎ付けていました。キム・ギョンミ(ユン・ダヨン)というMBSの記者が早速オ・グァンホにインタビューを求めてきますが、グァンホはしらを切っています。


それ以外では、スジに好意を抱いているらしいソウル中央地検検事=キム・ウンジュン(キム・デフン~ホン・ジュンギ@ファンタスティック~君がくれた奇跡~)の立ち位置も気になるところです。グァンホやドンスを批判的に見ていたようですが、ふたを開けたらこちらも悪徳検事だったなんてことはないのでしょうね


タイトルの「番人」とは法で裁けない悪を裁く組織らしいですが、ウソンを自白に追い込んだのも彼らなのでしょうか


となると、ミステリーと言うよりは復讐系なのでしょうかね~とにもかくにも続きの展開が待たれるところですね韓ドラ・番人の続きが楽しみ♪



番人! ~もう一度、キミを守る~ DVD-BOX1、2

《他にもこんな記事を書いています♪》