ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
コード・ブルー
 医療モノ

コードブルー3 あらすじと感想 第5話 患者が命を託したいと思う医者

コードブルー3】は5話もまた実に感動的でした。以下早速ネタバレです。


今回なんと冴島が流産してしまいました。ヘリで運ばれてきた患者を治療している間、出血して倒れてしまったのです。すぐに桧山が処置に当たるも、赤ん坊を助けることはできませんでした。


やはり妊娠後もヘリに乗っていたのが悪かったのか、とも思いましたが、どうやら原因は子宮頚管無力症のようです。仕事のストレスが皆無とは言い切れないだろうけれど、体質的な問題の可能性が高いらしいです


つわりがひどくてトマト以外の物は何も食べられないと「嬉しそうに」ぶつぶつ文句を言ってトマトを山のように買い込んでいた藤川が、もう要らなくなったそのトマトをひとりで食べていた姿が何とも気の毒でした。


藍沢はそんな藤川に1つくれと声をかけ、こう続けます。


結婚の目的は幸せになることか?そもそも幸せってなんだ?俺にはよく分からない


分かっていることはただ一つ、毎日悲しみがあふれるこの救命で、藤川は皆に明るさをもたらしている。それはすごいことであり、たとえどんなことがあってもお前の家庭はきっと明るいに違いない。


人は幸せになるために結婚するんじゃない。辛い毎日を二人で乗り越えていくために結婚するんだ。


藍沢らしい励ましに、藤川は決意を新たにしたような表情でむしゃむしゃとトマトを頬張りました。藍沢もその後は無言でともにトマトを食べ続けます。


一方、お腹に子どもがいた時は何も食べたくなかったのに、今では食事が美味しいのだと泣いていた冴島の元には、桧山と白石が訪れました。最初は桧山が主治医として話をしていたのですが、それでは桧山が辛いだろうからと白石が覗きに来てくれたのです


白石はもちろんそんなそぶりは見せず、ただフェローの愚痴を言い、桧山もそんな白石の気持ちを汲んで、話題は終始、白石が鈍いということで盛り上がりました。冴島も、そんなふたりの思いやりを素直に受け止めて笑います


辛い現場で毎日頑張れるのは、こうした同期のおかげでもありますね。


また今回はフェローの名取に焦点が当てられました。事故の救助に当たっていたレスキュー隊員が二次災害に遭ったのを助けに行った名取は、意識があって軽症に見えた倉田正敏(大谷亮介)の処置にあたり、二次病院(翔北以外の病院)に搬送しました。


が、そこから倉田がショック状態に陥ったとの連絡が入ったため、白石が急きょ再度ヘリで倉田を迎えに行きます。名取は初期評価の際、倉田の骨盤骨折を見逃していたのだそうです


藤川は、これでは見逃しても仕方ないと慰めてくれましたが、藍沢はきっぱり「見落としだ」と批判しました。


が、肝心の名取は、皆がこの対応に追われているのをしり目にさっさとその場を離れてしまった上、結局は助かったのだから「良い経験」だったと言い訳に終始します。次はいつも通り落ち着いて対処するよ


怒った白石は「次はない」と釘を刺しました。医者には次があるが、患者は亡くなってしまったらもう次は無いのだ、と叱ります。それでも名取は、怒らせちゃいましたね、と茶化しました。おばさんはどちらかというと白石タイプなのでここはかなりムカッとしましたが、桧山には名取の気持ちが分かっていたようです。


2日後、目を覚ました倉田には、白石が「見逃し」を謝罪しました。倉田はその謝罪にも怒ったように横を向いていたままだったのですが、それは見逃しを怒っていたのではなく、自分が手を離したためにいまだに意識不明の若い後輩の容体を心配し、自分を責めていたからなのだそうです。


そんな倉田を見ていた名取は、そんなに自分を責める必要はないと声をかけました。あの状態では全員助けられなくても当然です。


すると倉田は、レスキューの現場に条件の良い時などない、言い訳をしようと思えばいくらでもできる、と答えます。でも、そんな言い訳をする人間に命を預けたいと思うか?人は、起きたことはすべて自分の責任だと言い切れる人間に命を預けたいと思うものだ


俺の仕事はそういう仕事だ。ドクターヘリだってそうだろう?


名取は耐えかねたように席を外しましたが、後日、ちょうど若い隊員がようやく意識を取り戻した後、見逃しをしたのは自分だと倉田に告白し、謝罪しました。倉田はそれも分かっていたようにニコッと笑いかけます。そうだな、俺を最初に診たのは君だものな


また横峯も、倉田の妻を励まそうとして逆に励まされてしまいます。倉田は後輩を心配するあまり食事もろくに取らなかったため、妻がそれを心配していたことに耐えられなくなった横峯は、つい、倉田を非難してしまったのです。もう少し奥様の気持ちを考えてくれたっていいのに


倉田の妻は、常に危険と隣り合わせの夫をもう32年も支えてきた、何かアドバイスがあったら聞くわ、と微笑みました。倉田は、大勢の人を救えなかった罪悪感から精神科に通院したこともあったのだそう。


自分などが何も言える筋合いではなかったと気づいた横峯が恥ずかしそうに謝ると、倉田の妻は「ありがとね」と言ってくれました


フェローたちの成長は医学的なことだけではありませんね。患者やその家族から学ぶことのなんと多いことか


また、緒方に好意を抱いた途端に妻の存在を知って落ち込んでいた桧山は、その緒方夫婦が既に離婚を決めていたことを知らされます


これで桧山は、結婚はしんどそう、ひとりの方が楽かもしれないと思ったようですが、白石は、それでも誰かと一緒に生きる人生は素敵だと憧れているそうです。桧山もこれには大いに共感したようです。


一方、藍沢と新海が手術をした奏は、やはり後遺症が残ってしまったようです。どんなに手を尽くしても叶わない願いもあると分かってはいてもやはりここは辛いですね。せめてリハビリに効果があることを願うばかりです。


コードブルー3」は続きを見るのが楽しみですね。


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はコード・ブルーのレビュー一覧」でお読みいただけます

コード・ブルー
 医療モノ

コードブルー3 あらすじと感想 第4話 医者の「大丈夫」は時に薬を凌駕す

コードブルー3】は4話もまたたくさんのケースが紹介されていました。なかでも特に心に残ったのはやはり優輔(歸山竜成)の心情ですコードブルー3のあらすじ行きますよ~(^^)/


以下ネタバレのあらすじです。


その優輔が今回胃炎を起こしました。毎日移植を待ち続けることがどれだけのストレスなのかが思い知らされます。その間にも優輔の心臓はいつ止るかもしれないのです


今日一日何とか無事だった、明日は目覚めることができるだろうか~通常移植のチャンスが巡ってくるのには1000日ほどかかるそうで、辛い毎日を千回乗り越えてようやくその声がかかっても、その時の体調が少しでも悪いとその心臓は他に回されてしまうのだそう。


だから優輔は「その日」のために外にもいかず、ただひたすらじっとその時を待っているだけなのだそうです。今おおよそ800日を超えたところのようでしたね。


この優輔より200日ほど少なかった優輔の友人、暁人がこの度心破裂で亡くなってしまいました。優輔は、暁人の容体が急変してスタッフがその治療にあたる様子も隣のベッドで目にしています。それでも興奮しては心拍数が上がるから=心臓に負担をかけるから、何事もなかったように冷静を保ち、ゲームを続けなければなりません。


暁人はそんな優輔を励ますかのように、弱々しいながらも小さな指でサムズアップをして出ていったのに。橘は、頑張れ、頑張れ、とつぶやきながら必死で暁人を助けようとしましたが、その願いは聞き届けられませんでした


その夜、近くで花火大会があり、橘と三井は優輔を外に連れ出しました。優輔は「暁人と一緒に見たかった」と泣き出しますが、その時もまた、泣いちゃいけない、と自らを戒めたのがまた何とも健気で胸が締め付けられるようでした。


三井はそんな優輔を、あんたは昔から花火を見ると泣く泣き虫だったとからかい、わざと明るく振る舞います。優輔は、三井の笑顔を見て、お母さんは笑顔が一番だと微笑みました。母が自分のためにいつも悲しそうな顔をしているのが、優輔にとっては一番辛かったのでしょうね。


あ~毎度のことながら、何とか助かる道はないものなのか、ヤキモキせずにいられません優輔を何とか助けてほしい!( ;∀;)


また同じ子どもの例として、河原でのバーベキューの最中に首に鉄串が刺さったケースも扱われました。ヘリで現地に向かったフェローの名取颯馬(有岡大貴)と藍沢は、セオリー通り、これを抜かずにそのまま病院に患者を搬送します。


検査の結果、オペにはさまざまな困難が立ちはだかりますが、最終的には脳への血流を確保するため、腕から一時的にグラフトを採取して脳に血液を送るという手段が採られました。藍沢だけでは難しいことから、脳外の新海も助っ人に呼ばれます。もちろん手術は成功です


その後藍沢は、まだ手術を拒否している奏の下へ行きました。奏は、常人ならとっくに手術に踏み切らずにいられないほどの酷い吐き気や痛みを必死にこらえていたのだそうです。


藍沢は、必ず治るから手術を受けるよう勧めました。たとえ手術で後遺症が残っても、奏ほど強い精神力の持ち主であれば、絶対にリハビリをやり遂げることができると断言します


これを聞いた新海は、医者が必ず治るという言葉を口にしてはいけない、訴訟問題になりかねないと批判しますが、藍沢は、治る手段があるのに、俺たちはそれを提供できるのに、彼女が踏み切れないでいることが残念でならなかった、と答えました。


後で嘘つきと罵られようと責任を取らされようと構わない。彼女が生きている方がいい


新海は、医者はいつから患者に「大丈夫」と言えなくなったのか、とため息をつきました。責任を問われることを怖れ、訴訟を怖れる気持ちは十二分に理解できますが、それでもやっぱり医師には「大丈夫だから安心して頑張れ」と言ってほしい。世の中に100%確実なことなどないのだから、それがたとえ「嘘」となってしまっても、決して恨んだりしないのに


人間はそんな簡単なことも理解できないほど愚かに、そして臆病になってしまったのでしょうか。


また、救命に駆り出された途端、元の居場所を奪われたらしい桧山が暗い顔をしていると、前回登場した緒方が励ましてくれました。緒方もまた店を解雇されたそうですが、そういう時ほど明るくしていなければいけないとあくまでもポジティブな姿勢を崩しません。


桧山はそんな緒方に好意を抱いたようですが、緒方には妻がいたそうです。緒方が店を持てたのも、きっとその妻のおかげなのでしょうからね(妄想ですが)、桧山、不倫はいかんよ~不倫は


最後は冴島です。冴島はついに藤川との結婚に踏み切り、ヘリも降りることにしたそうです。代わりにヘリに乗ることになった野心家の後輩雪村に、冴島は、雪村の顔を見ると安心すると言われるナースになってほしいと告げていました。これまた真理でござりまするね


コードブルー3」は続きを見るのが楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はコード・ブルーのレビュー一覧」でお読みいただけます

シカゴ・メッド
 医療モノ

シカゴ・メッド シーズン1 最終回 あらすじと感想 出発

毎週楽しんできた医療ドラマ、【シカゴ・メッド】(シーズン1)もついに最終回を迎えてしまいました。アメドラにしては珍しく、きちんとまとまった形での結末でしたね。元がスピンオフだからでしょうか。とはいえ、是非続き(S2&S3)も放送していただきたいです


以下、シーズン1最終回「出発」(Timing)のネタバレのあらすじですシカゴ・メッド、最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


サラの卒業式当日、EDにダウニーが運ばれてきました。コナーはこれを肝腫瘍が横隔膜に浸潤しての大量出血と診断し、すぐに手術にかかりました。大量に輸血をして何とか危機を逃れたものの、ダウニーはなかなか覚醒しません。


オペ中の脳卒中を疑ったコナーが、脳外科医のサム・エイブラムズ(Brennan Brown)の意見を仰いだ上で頭部のCTを撮ったところ、卒中ではなかったものの、腫瘍が脳に転移していたことが判明します。


その後目覚めたダウニーはエイブラムズの所見を聞いて、手術はしないと答えました。コナーはせめてセカンドオピニオンをと勧めますが、ダウニーはエイブラムズを信用している、と取り合いません。


ダウニーは長年の旧友らしいエイブラムズに、これまでの誠実な対応にはいつも感謝していた(I've always appreciated your bedside manner)と述べ、コナーには、後で側にいてほしいと告げました。I may feel like some company.


その願い通りコナーが後で立ち寄ると、ダウニーは、もう闘病には疲れたから早めに旅立ちたいと安楽死を仄めかしますが、コナーには手を貸すことができません。それはダウニーも百も承知しているはずです。


I guess we're all given our measure of suffering. God's medicine.
人にはそれぞれ苦しみの限界がある。神の薬だ


これは、ダウニーの苦痛はおそらく限界に達しており、神はダウニーにそれ以上の試練を与えないだろうという彼の信仰(もしくは医師として多くの死に立ち会ってきた経験?)が言わせた言葉でしょうか。


もう一度ハワイに行きたかったと語ったダウニーのため、コナーはブーケを手に入れて戻ってきました。それはピカーケ(Pikake)=ジャスミンのブーケだそうで、これを首にかけてもらったダウニーは本当に幸せそうでしたダウニーとコナーの関係が好きだった♪


コナーが(ダウニーの後を継いで)心臓胸部外科のフェローになる決意を語ると、ダウニーはジョークで答えます。


So I haven't been wasting my time.
時間を無駄にしたわけじゃなかったな


ダウニーは、礼を言うコナーに、自分が死んだら火葬にしてくれと伝え、楽しかった(It's been a good ride)と告げました。Yes, it has.(ええ、本当に)


コナーが部屋を出るとすぐダウニーの心臓は止まり、これを報告する看護師に、コナーはダウニーがDNR(do not resuscitate~蘇生措置拒否)を表明していたと告げ、静かに逝かせるよう指示しました。これがダウニーの「Timing」だったのかもしれません。


コナーは休暇を取り、ダウニーの遺灰をハワイの海に蒔いたようです。ダウニーには姉しかおらず、その姉も既に亡くなっていたのだそうです。


健康で長生きできるに越したことはないけれど、これと見込んだ後輩に看取られ、その後輩の手で大好きだったハワイの海に眠らせてもらったダウニーの人生もまた素晴らしい締めくくりだったと実に感慨深かったですコナーは素晴らしい恩師に恵まれましたね


さて次はサラに参りましょうか。


卒業式を前にしたサラは、その直前、生後6カ月の赤ん坊を担当することになりました。その赤ん坊は、最初に肝臓、そして次には心臓の肥大が確認されたため、ナタリーとサラは遺伝性の疾患を疑います。


サラは早速、その子と両親の染色体を病理に提出に行きました。BFのジョーイ(Peter Mark Kendall)は、得意気に最新式の機械について説明しますが、サラはそんなことより検査結果が気になってなりません。


するとジョーイはそんなサラこそ臨床ではなく病理に向いていると決めつけました


You don't want to get so involved with patients. What if that poor little baby doesn't make it? You're gonna feel terrible.
患者に入れ込み過ぎたくないはずだ。その可哀想な赤ちゃんが助からなかったら?ひどいショックを受けるだろう。


サラもおそらくこれに同意はしたのでしょうが、やはりその子が気になって夕方も様子を見に行った挙句、そのまま疲れて寝込んでしまい、卒業式をすっぽかしてしまいます


心配したジョーイがやってきてサラを起こして事実を告げ、サラ・リースと名前入りの病理部の白衣を贈りました。


サラもそのプレゼントは嬉しかったようですが、その後、赤ん坊の病状が脂肪代謝異常と判明し、ブドウ糖の接種でコントロールできると両親に告げた際、その母親が心の底から感謝してサラに抱き着いた時はもっと嬉しかったようです


これがサラの「タイミング」だったようです。サラはジョーイに貰った白衣を着て病理部へ行き、自分は病理部へは行かないと伝えました。サラはこれで職を失ってしまうそうですが、チャールズは大喜びで歓迎していましたね


Nice fricking move. Right on, sister. I knew you were smart. You're gonna be fine.
よく決心した。いいぞ、後輩。君が賢いことは分っていた。きっとうまくいくさ。


そのチャールズ、今回は「オウム」の診療をさせられていました。以前イーサンがゴミ屋敷から連れ帰ったあのオウムです。


このオウムは、オウムなのに飛ばず、口にする言葉は前の飼い主が叫んでいた「Don't touch that」(触るな)だけ、夜はどうやら悪夢にうなされてもいるようなのです


PTSD(Post Traumatic Stress)


チャールズはこのオウムがイーサンの助けになるかもしれないと言い、とりあえずどんどん話しかけるよう助言しました。


イーサンが自分の腕をばたつかせてオウムに飛び方を教えようとしたシーンは楽しかったですね~


Like this. Flap your wings, come on. Watch me.
こうだ。羽をバタバタさせるんだ。僕を見て


こうした努力の甲斐あって、ついにオウムが他の言葉を口にします。Be back tonight.(また今夜)


Have a nice dayと言われても、部屋に独りぼっちだから答えたくなかったのかもしれませんね。それよりも、イーサンが帰ってくる夜を心待ちにしたかった、な~んて


イーサンは喜んでチャールズを自宅に招き、もう一度言わせようとしましたが、そう思い通りにはいきません。イーサンが何度声をかけてもオウムは答えてはくれませんでしたが、その代わりに、少し離れたイーサンめがけて飛んでいったのがまた実に楽しかった


Whoa!More success than I have with most of my patients.
ワオ。私より治療が上手い


オウムに向かって「Good job」と微笑むイーサンの笑顔がまた実に魅力的でした。これでイーサンの気持ちも少しは楽になったのではないでしょうか


Congratulations. To the both of you.
おめでとう。ふたりとも。


おめでとうと言えば、ついにウィルがシカゴEDの「a full-time position as attending physician」(フルタイムの指導医)として正式採用が決まったそうです。やはりナタリーの後押し、効いたみたいですね


そのナタリーが結婚指輪を外した途端、亡きジェフと同じ名前で友人だった元消防隊員のジェフ・クラーク(Jeff Hephner)がインターンとしてEDにやってきました。嬉しそうにジェフをハグするナタリーを見たウィルの表情は複雑そうです。せっかくの「タイミング」だったのにね~。ま、ここは焦らなくてもよいでしょうけど


でもめでたいことばかりではありません。シャロンは夫に去られ、エイプリルは結核だったことが判明してしまいます。エイプリルは特にテイトからプロポーズされたばかりだったのに。


が、それも決して不幸と決めつけたものではありませんものね。「出発」の副題にふさわしく、また新たな道が開けただけかもしれません。


シカゴ・メッドは実に素敵なドラマでした。繰り返しになりますが、是非次シーズンも拝見したいものですシカゴメッドが面白かった(^^)/




これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はシカゴ・メッドのレビュー一覧」でお読みいただけます

コード・ブルー
 医療モノ

コードブルー3 あらすじと感想 第3話 生命の神秘

コードブルー3】の3話はまた実に感動的でしたね~。以下早速ネタバレですコードブルー3のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、白石と冴島が乗り込んだヘリが汚染されるという異常事態が発生しました。搬送対象が自殺を図った人物で、その吐しゃ物に毒物が含まれていたのです


本人は、胃の中でカプセルが溶けないうちに吐き出したため軽症で済んだのに、その吐しゃ物で汚染された医療スタッフたちが重症になってしまったとは、何ともひどい話でしたね。おばさんが彼らの家族なら、間違いなくその患者を怒鳴りつけているところです他人を巻き込むな!


助かったからよかったものの、冴島とお腹の子に何かあったら、絶対に許せなかった~。藤川はこれをきっかけに冴島にプロポーズをし、冴島もまた一緒になる決意をしてくれたらしい?のは不幸中の幸いでした


その患者が傷つけたのは彼らだけではありません。その患者本人、もっというなら、その「体」は本人の感情に反して「生きたがっていた」というのがまた実に印象的でしたよね。だからこそ、カプセルも早めに吐き出したのでしょう


それは、その患者がその後もう一度自殺を図った際に明らかになりました。


屋上から飛び降りたことで損傷した内臓を修復する際、大量の輸血をしたために血液中の凝固因子が少なくなって、出血が止まらなくなったそうです。白石と藍沢は出血箇所をガーゼでパッキングし、一旦手術を中断しました。これをダメージコントロールと呼ぶそうです。


ダメージコントロールは「患者の生きる意欲=生命力に問いかける施術だそうで、24時間経過を見て、手術を再開するかどうか決めるのだそう。


再開した結果、出血は止まり、見事にオペは成功しました。つまり、患者の意思や感情いかんにかかわらず、患者の体は生きたがっていたということです


それに心がついてくるには時間はかかるだろうけれど、身体には間違いなく生きようとする力がある


夫が本当に生きたいと願っているのかわからないと悩んでいたその患者の妻が、この藍沢の言葉に救われたことは言うまでもありません。世の中には生きたいと願っても生きられない人が大勢いる中、生きられる身体があるのなら、たとえどんなに辛くても生きることがその人間の義務だとおばさんは信じて疑いません


が、一方で、命より大切に思えるものを失ってでも生きるべきなのか、という問いかけもなされます。藍沢が脳外で担当していた天才ピアニストの少女、天野奏(田鍋梨々花)のケースです。


奏の小脳にはかなり大きな腫瘍があり、すぐにも手術をしなければ生命が危ないのですが、その手術は奏の「ピアニストとしての生命」を奪いかねない大変困難なものらしい。


奏は、父の説得もあって一旦は手術を了承しましたが、その後やはり手術はしたくないと翻意したそうです。


奏が普通の少女だったらこれほど悩まずに済んだとはいうものの、でもやっぱりここは「命」を救ってほしいですよね。生きていればいつかきっと、ピアノに次ぐ生甲斐ができると信じているからです頑張って生きてほしい!


また今回もうひとり著名な料理人、緒方博嗣(丸山智己)も救急搬送されてきました。緒方は頸椎を損傷しており、リハビリをしても指が動かなくなる可能性が高いそうですが、緒方はそれを知ってもまったくくじけず、すぐにでもリハビリを始めると意気込みました。


治る治らないはあくまでも統計の問題で、それが自分に当てはまるとは限らない。俺には自分が回復した姿がイメージできる。大丈夫


この前向きな姿勢は個人の持つ自然治癒力を刺激し、必ずやその回復に大きく寄与するに違いありません


また今回は、フェローの灰谷も先の「汚染」に巻き込まれました。灰谷は自分を襲った状況が恐ろしくて何もできなかった、臆病な自分は医者には向いていないと悩みましたが、白石は、ダメージコントロールは医者が臆病だからこそできる施術だとも説明します。もし傲慢な医師が自分の腕を信じて強引にオペを続けてしまったら、助かる者も助からなくなる。一旦中止を決断するのは「臆病」だからよ。


まあ臆病というよりは「慎重」でしょうけどね。臆病風に吹かれてやみくもにダメージコントロールをしても、助からない場合もあることでしょう。その辺は白石も、灰谷なら分かると信頼して話したのでしょう。


これに加えて藍沢は、汚染の原因追及のヒントになった「シアンの臭い」に灰谷が気づいたことを高く評価します。その能力で患者の命を救うことに大きく貢献した、そう言って


命を預かる現場を描く医療ドラマはやっぱり感動的ですね。「コードブルー3」は続きを見るのが楽しみですコードブルー3が大好き( *´艸`)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はコード・ブルーのレビュー一覧」でお読みいただけます

シカゴ・メッド
 医療モノ

シカゴ・メッド あらすじと感想 第17話 尊重

医療ドラマ、【シカゴ・メッド】の17話は「尊重」です。原題は「Withdrawal」ですが、おそらく「アルコール離脱症状」を指しているものと思われます。これまた一概には言えない難しい問題でした


以下ネタバレのあらすじですシカゴ・メッドのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはその「withdrawal」から参りますると、患者は、足を骨折して搬送されたホームレスの男性=チャック・グリーソン(Frank Whaley)です。が、骨折よりも深刻なのはアルコール離脱症状で、著しい吐き気やDTs(delirium tremens~精神錯乱)がなかなか治まってくれません。


グリーソンを診察したナタリーやウィルは、これを機にアルコール依存症を克服させようと試みますが、それがほぼ不可能に近いと悟りきっているエイプリルはグリーソンの頼みを聞いて、こっそり酒を渡そうとします。これもまた、患者の願いを聞いた=「尊重」とも言えるかもしれません。


ウィルがこれを見つけ、大いに憤慨して止めたため、エイプリルは断念せざるを得ませんでしたが、エイプリルに代わってグリーソンに酒を渡した者がいました。なんとなんとシャロンです。シャロンは元看護師だった経験から、自分で本気で依存症を治したいと思わない限り、絶対に克服できないことを身に沁みて知っていたのだそうです。


ウィル:
This patient had a chance to kick his addiction. Now it's gone.
この患者は依存症を蹴飛ばすチャンスがあったのに。それを失ってしまった


シャロン:
Dr. Halstead, an addict doesn't just kick a habit. He's got to want to quit, and right now he doesn't.
ドクターハルステッド。依存症は習慣を蹴飛ばすのとはわけが違う。本気で止めたいと思わなければ決して止められないし、今彼はそう思っていない


これに続いてシャロンは意味ありげにこう付け加えました。


Listen, you can't force a person to move on from something if they're not ready.
心の準備ができていない人に前に進むよう言っても無駄よ。


これはどうやらナタリーのことのようです。シャロンはウィルのナタリーへの気持ちを知って、ナタリーは果たして前に進む準備ができているのかしら?と謎かけをしたのです。


今回ナタリーは、亡き夫からもらった結婚指輪を職場で紛失してしまいました。マギーを初めとするスタッフが総出で捜してくれますが、ナタリーはショックのあまり発作を起こして倒れてしまいます。ナタリーは「たこつぼ心筋症」(takotsubo cardiomyopathy)を起こしていたのだそうです。


これは一時的な症状だそうですが、またの名を「broken heart syndromeとも呼ぶそうです。つまり、大切な人との別れなどの痛みによって引き起こされる症状なのだそう。


幸いなことに指輪はマギーが見つけてくれましたが、そんなナタリーを見たヘレンは、いつまでも過去に留まっているのは良くない、前に進む時が来たとナタリーを励まします


ナタリーもようやく踏ん切りをつけ、ヘレンとともにジェフの墓に出向き、結婚指輪を埋めました。


だから、シャロンの言葉は、今回ばかりはちいとばかしお節介だったかもしれません。ま、ウィルにはあのぐらい言っといたほうが良いのかもしれませんけど。


さて次は心筋梗塞で搬送されたフランク・マコーミック(Brian P. Weddington)の症例です。フランクとその妻(Rachel Sledd)は宗教上の理由から、人工心肺を使う手術を拒否しました。なんでも、体内の血液を一度でも外に出すと、永遠の命が失われてしまうのだそうです。


コナーはそれでは治療ができないと説得を試みますが、夫妻は、現在の命より永遠の命を尊ぶとばかりにまったく耳を貸しません。


するとダウニーがオフポンプ=心臓を動かしたままのオペを提案しました。これは非常な危険を伴うそうで、コナーとイーサンは猛反対しましたが、ダウニーは、あくまでも患者の意思を尊重すべきと譲りません。


案の定、いざ手術を始めたところ、フランクの心臓が停止してしまいました。コナーは懸命に心臓マッサージを続けながら、マコーミック夫人を手術室に呼び、その様子を見せつけます。このままだとご主人は助かりません!!


夫の死が現実味を帯びた今、夫人は「永遠の命」より「現在の命」の方が大切になり、人工心肺に繋いでほしいと依頼しました。こうしてコナーはオンポンプで手術を続け、見事にこれを成功させます。


が、麻酔から目覚めたフランクは、事の真相を知ってひどく怒りだしました。これで私は永遠の命を失った!


宗教的なことですから、あれこれ言うのは控えたいですが、あれではマコーミック夫人があまりにも気の毒ですよね。もし逆の立場だったら、フランクは夫人をあのまま死なせてしまうのでしょうか?


I have to believe that a god of love is also a god of forgiveness.
愛の神は許しの神でもある


夫人の言葉でようやくフランクが納得してくれたようで何よりでしたね。


となると、問題はダウニーです。ダウニーは最後までオフポンプを主張し、たとえ死んでも患者の意思を尊重すべきだったと譲りませんでした。


そのダウニーは肝臓がんのラジオ波焼灼術を受けることになっていたそうで、コナーはそれでダウニーがセンチメンタルになっていると思ったようでしたね


確かにダウニーは、自分も末期がんという理由から、患者の気持ちを最優先しようという傾向が強いし、今回はコナーの選択で結果オーライだったわけですが、個人的にはやはり、ダウニーの言葉もコナーには心に留め置いてほしいと感じました。


You're a good surgeon, Dr. Rhodes, but saving a life isn't always the answer, and you will never be a great surgeon until you understand that.
君は良い外科医だが、命を救うことだけが答えではないし、それが理解できぬ限り、偉大な外科医にはなれないだろう


さて最後はせん妄状態で運ばれてきた女性のケースです


ローズ・ウェクスラー(Lynn Cohen)は、若い頃NASAで訓練を受けた女性初のテストパイロットだったのに、今では老人ホームで暮らしているそうです。しかもどうやらボーイフレンドから淋病をうつされたらしいのです。それは、ローズと同じホームにいる女性が、同じ症状を呈して搬送されたことから、チャールズが原因を見抜きました。


サラはとても信じられないようでしたが、チャールズには理解できたようですね。


そうですね~80を過ぎて老人ホームに入り、もしそこに女性を喜ばせることに長けたプレイ"オールド"ボーイ(博愛主義者?)がいたら、病気をうつされるのはともかく、お付き合いするのは健全なことだと、おばさんも思います。まだ26歳のサラには到底理解できんでしょうし、できたら逆に驚きますが


楽しんで見てきたシカゴ・メッドもいよいよ来週が最終回だそうです。アメリカでは来年からシーズン3も予定されているそうなので、日本でも是非引き続き放送してほしいものですね。とにもかくにも最終回が楽しみです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はシカゴ・メッドのレビュー一覧」でお読みいただけます

コード・ブルー
 医療モノ

コードブルー3 あらすじと感想 第2話 後進の指導にあたって

コードブルー3】は2話目も楽しかったですね~。すっかり大人になった彼らが頼もしくてなりませぬコードブルー3のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下ネタバレのあらすじです。


案の定、藍沢はフェローにめっちゃ厳しかった。思い出しますね~出来の悪い藤川が、めちゃくちゃ黒田に嫌がらせをされていたこと。いや、あれも黒田なりの「教育」ではあったのでしょうが、あの時はハラスメントにしか思えないほどひどかったですよ


藍沢もまた、フェローの紅一点、横峯あかりを徹底的にしごきます。横峯は人形相手に胸腔ドレーンの練習をしていたらしいのですが、藍沢はそんな横峯を救命室に引っ張り出します。


この患者は胸水がたっぷり溜まっているうえに意識がない。絶好の練習台だ


横峯は、患者を練習台扱いした藍沢を非難しますが、藍沢はまったく動じません。腕を上げるには、一人でも多くの患者を助けるには、患者相手に「練習」するしかない。翔陽大学附属北部病院は治療はもちろんですが、若手医師を育成する機関でもあるのです。そのためのフェローシップですから、藍沢のいうことは確かに耳障りではあるけど真実なのです。


その後横峯は藍沢とともにヘリで出動することになりました。藍沢は主導権を横峯に譲り、自分はフォローに回ると言い放ちます


横峯は、緊張と恐怖に苛まれながらも必死で任務を果たそうとしますが、3人の患者の容体を診るには診たものの、何から手を付けてよいか分かりません


まずは順番を決めろ


藍沢の言葉に頷いた横峯は、それでもしばらくは動揺が収まりませんでしたが、相手が幼い子供だということも手伝って、その子の手をしっかり握ることで医者としての使命感を奮い立たせました


最も意識レベルの低下した4歳の子供を最初にヘリで湘北に運び、次にその姉で7歳の少女も運ぶ。母親はその間、近くの病院に救急車で搬送する。


藍沢は、それも悪くはないが、子どもがふたりとも小さいことから母親も同じ病院の方がよいとアドバイスします。白石にベッドの空きを確認しろ


横峯はその助言を受け入れ、4歳の少女を連れてヘリに乗りこみ、藍沢はその間できるだけ翔北の近くに行けるよう、救急車で7歳の少女を搬送することになりました。姉の方はまだ腹痛を訴えているので藍沢が付き添い、母親はFAST(Focused Assessment with Sonography for Trauma~迅速簡易超音波検査〉での所見に異常がなかったため、救急隊員に任せることにしたのだそうです。つまり、ヘリを2台の救急車が追いかけていくわけです


最初の少女の搬送が終わって戻ってきたヘリには、意識レベルが落ちたため、藍沢が揺れる救急車内で挿管した姉が移されました。腹腔内に変化は見られないそうです。


姉を横峯に託した藍沢は即、母親を運んでいる救急車に乗り込みました。最初の所見が良かったことが裏目に出、母親は心タンポナーデを起こしていることが判明します。藍沢はすぐに心嚢穿刺する準備に取り掛かりました


とそこへ、横峯から連絡が入ります。患者がうまく換気できていないというのです。緊張性気胸だ、今すぐ脱気しろ!そこで胸腔ドレーンを入れろ!


ためらう横峯を藍沢が叱咤します


何のために練習したんだ。お前が脱気しなければその患者は数分で死ぬ!!


この言葉に背中を押され、横峯は見事にやり遂げます。もちろん藍沢も、狭い車内での施術に成功します。実に見事なOJTです。


救命に戻ってからも、藍沢はフォローを忘れません。横峯の仕事ぶりの良い点と悪い点を指摘したのも見事な指導でした。白石はその姿を見て、藍沢もまたフェローを教育しようとしていることを理解し、黒田に褒められたことを思い出したそうです


よくやった。


そう言われると、悩みも疲れもすべて吹き飛んだそうです。そして今回藍沢もまた横峯に同じ声をかけました。これは藍沢にとっても「魔法の言葉」だったのですね


一方、今回救命には骨折の患者もやってきました。宮本望海(古畑星夏)というその子はまだ17歳ですが、診察の結果妊娠していることが分かりました。


望海を担当した桧山は、望海とその父で望海を叱る(平山祐介)の板挟みとなりましたが、よくよく話を聞いてみると勉はシングルファザーだったようで、未婚の望海が子どもを持つことをひどく憂いていたことに気づきます。


子供を産む判断をするのは難しい。


桧山の脳裏に浮かんだのは冴島の妊娠でした。やはり冴島と藤川は同棲していたらしく(藍沢は知らなかった)、藤川はこの妊娠を大いに喜んだのに、冴島は、今は仕事が楽しい、と迷っていたらしいのです。


大人でも難しいことを望海さんは迷っていませんでした。


桧山は望海の子どもへの愛情は今生まれたものではなく、自分を育ててくれた父を見ていたからだと確信したそうです。


勉は望海の意思を尊重し、自分もまた望海の子育てを応援してくれるそうです。これまた実にええ話やね。


また今回は橘と三井の息子、優輔の様子も垣間見ることができました。優輔は、他の入院している子供たちが水遊びをするのをただ見ているしかできなかったのですが、自分のことよりも両親を思いやり、これでも十分に楽しいと笑ってみせたのです。何とも健気で胸が痛くなりますね。子どもの病は本当に辛いです。なんとか道が開けるとよいのですが。


患者を救おうとする熱い情熱が何とも爽やかで心地よい「コードブルー3」は来週の放送も待ち遠しいですコードブルーが大好き(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はコード・ブルーのレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング