このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

曲げられない女
 ラブコメ

曲げられない女~最終回~十分楽しませていただきました(笑)

曲げられない女~こちらは最終回まで語らせていただきます


オバサンが最近見た日本のドラマ~しかもラブコメの中では、この曲げられない女が最高に面白かったでやんす。主役の菅野美穂ちゃんもモチロンだけど、今回は蓮美璃子役の永作博美が抜群でしたね。そうそう、光ちゃんこと藍田光輝谷原章介)も


司法試験の合格を目指して、もう10年も勉強している女の子~もはやオバサンですね~早紀。生涯で初めてできた友達の蓮美と藍田に言わせれば、

「まじめで堅物で融通の利かないふんころがし」

な早紀なんですけど、そんな彼女がそこまで弁護士にこだわるのにはこんな理由があったようデスkaeru


「卑怯なヤツ、ズルイやつを見ているとムカつくっ!!」


弱い人を助けたい気持ちもモチロンだけど、この世の中を正したいっていう気持ちの方がどうやら強かったようですね。


今のままでも口うるさいオバサンではいられるけれど、それでは世の中は変えられない!どうしても弁護士にならなくちゃ!!


そんな風に考えていたようでございます


蓮美は義母が半身不随になってしまい、離婚届を出したものの家を離れられずに半年が過ぎ、藍田は、早紀のお腹のこの父親になろうと決意して「婚姻届」を持ち歩き、当の「お腹の子の父親=正登」は、結婚式直前で逃げ出して、事務所もクビになった様子


そんな中でも早紀はめげず、友人達を励まし、司法試験の勉強にもより一層励み、お腹の子も順調に育て(?)、とうとう司法試験の論述をクリアしたそうなんデス!!


そしていよいよ最終の口述試験という時になって、お腹が痛み出し・・・


でも、さすが早紀の子供であり、あの光さんの孫でやんしたよ、この子は。早紀の必死の願いを聞き届け、この世に出てくるのをちょっぴり待ってくれたのですから!kaeru4


試験後無事に生まれたこの子につけられた名前は「=とも」です。周りの人の心に明かりを灯すような子どもになってほしい。そして友達のともの意味も込められたのだとか


が、残念なコトに最終の口述にはパスできなかった早紀でした。みんなガッカリしちゃったケド、本当に一番ガッカリしたのは早紀だったんです。コレを最後にしよう!ってあんなに頑張ってきたんですからね。モチベーションが保てなくなるのも当然でしょう


それでも、みんなはそんな早紀を許しませんでした!


「不器用で融通の利かない頑固なフンコロガシでいてくれ!

「あんたのせいで人生変えてしまったアタシ達にどう言い訳すんのよっ!!」


厳しいけど温かい、本当にイイ友達ですねapple


その彼らと、頼りないけど、やっぱり「本当は優しくてイイヤツな正登に励まされて、とうとう早紀は弁護士になったようです。


自分にそっくりな娘「灯」は、正登が認知して、時々一緒に逢っているようでしたし、藍田の光ちゃんは、なんと蓮美と結婚?? だって、


「コレ(koyubi=彼女)がコレ(=おめでた)で・・・


って言ってましたから。一緒に老人介護施設で働くようになったのデスのね。んまあ、投げキッス飛ばしてお熱いこって


ホントに久々に楽しい(日本の)ドラマでした。おかげさまで、とっても楽しんでいただけましたkaeru。 



曲げられない女~主な登場人物
菅野美穂(荻原早紀):野上芽衣子@ギルティ~悪魔と契約した女、正岡律@坂の上の雲
谷原章介(藍田光輝):桂小五郎@龍馬伝、浅倉雅博@テンペスト
塚本高史(坂本正登):喜舎場朝薫@テンペスト
永作博美(長部璃子)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は曲げられない女のレビュー一覧」でお読みいただけます

曲げられない女
 ラブコメ

曲げられない女~第8話「女がひとりで生きられない理由」

曲げられない女の第8話は「女がひとりで生きられない理由」だそうです。ま、オバサンに言わせると、コレは男も女も同じだと思いますけどね。人はそんなに一人では生きていけないものでやんす。おお、昔懐かしい歌が浮かんできちゃいますね!


では早速あらすじに行かせていただきます


早紀(菅野美穂)は相当困っているようデス~藍田(光ちゃん=谷原章介)と蓮美(永作博美)にあんなことを言ってしまったのもひどく後悔しているようでした。勉強にも身が入らない様子で「ハイド早紀」まで登場してきますakuma


「ふたりに言っちゃいなさいよ、アノ言葉を


早紀が生まれてこの方言ったことがないというあの言葉って??


それに早紀~心も寂しいけど「ふところ」もかなり寂しいようデス~出産はお金かかりますものね。どんなに捻出しようとしても、賃上げアップ要求しか方法が見つからず・・・。


「家賃は何とか今週末までには払いますから


催促の電話にこう答えている中島先生見たら、でも言えないですよ~お給料あげてくださいなんて


その上、間近に迫った司法試験の準備のため!とハードスケジュールを組んだら今度は風邪まで引いちまって・・・薬も飲めずフラフラしていたところに、今度はめがねまで壊してしまいました。 そうそう、悪い時にはワルイことが重なるもんなのですヨ


せっかくガマンして貯めこんできた500円貯金=69,500円!に泣く泣く手をつけようとしたら、こちらにも家賃の督促が! なけなしの500円を足して、ようやく家賃7万円を払う早紀なんです


こんなんでどうするんだ?本当に子どもなんか産めるのか??


そう悩んでいる早紀の元へ現れたのが、あの元カレの正登(塚本高史


「今さら何しに来たんじゃい!?ikari


と怒っていたら、なんとその日は早紀の誕生日だったんだそうです。年の数だけバラの花を贈るなんて~コイツはそういうムダなことには気が回るヤツなんです


いっそのこと、この手をつかんでしまおうか?


病気で心が弱くなってしまった早紀がふとそう思った時、またあのオバサンが訪ねてきました。同じマンションに住む不良大学生のお母さんです~そう言えば「新潟に帰れ!」って言われてましたね


この息子はとにかく甘えてるんですよ。学費や生活費の全てを親に頼っているくせに勉強もしないし、病気で留年したとか言ってましたか?


「どうせ友達もいなくなって一人ぼっちだ!オレなんか死んだ方がマシだっ!!」


このコトバに、熱でフラフラ立った早紀が切れました(=心のシャッターが開きました


「本当の一人ぼっちはそんな甘いもんじゃない!アンタには心配してくれるお母さんがいるじゃないか!?」


本当にひとりっていうのは、お金も自分で稼がなくちゃいけないし、風邪を引いても看病してくれる人もいない、鼻をかむティッシュでさえ、お金が無くちゃ買えないんだっ!!


しかも自分は意地っ張りだからせっかくできた友達にも去られてしまった。でも自分は勇気を持って彼らに言おうと思う~今まで決して言えなかったこの言葉を。


「助けてください


とうとう言えたね~早紀ちゃん!そうそう、一人で突っ張って生きていると、他人に頼るのが怖くなっちゃうんだよね~分かる分かる。信じすぎて裏切られるのも怖いし、相手に迷惑をかけるのも心が痛む。。。


~早紀のお父さんが命がけで助けた赤ちゃんがこのドラ息子だったとは驚きでしたね。ますます更正してもらわねば


それにしてもあの分厚いレポートはスゴイ~藍田と蓮美へのアドバイス~そんなことしているからますます疲れちまったんですヨ。この子は本当に不器用なんだからムフフ


でも、これでようやく3人とも前進できそうです。早紀は初心を貫き、藍田は「人を喜ばせる料理kitchenを作る道を選び、そして蓮美も離婚の決心がついたようなのですが・・・?


kaeru3kaeru3kaeru3 (BGMはBeat It!です


う~ん、また来週も色々ありそうですヨ~楽しみデスねapple



曲げられない女~主な登場人物
菅野美穂(荻原早紀):野上芽衣子@ギルティ~悪魔と契約した女、正岡律@坂の上の雲
谷原章介(藍田光輝):桂小五郎@龍馬伝、浅倉雅博@テンペスト
塚本高史(坂本正登):喜舎場朝薫@テンペスト
永作博美(長部璃子)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は曲げられない女のレビュー一覧」でお読みいただけます

曲げられない女
 ラブコメ

曲げられない女~第7話~それでもやっぱり曲げられない?

今回の曲げられない女~オバサン的に副題をつけるなら、~それでもやっぱり曲げられない?? それではさっそくあらすじ語らせていただきます


「色々なものを失ったけど大切な友もできた


ふたりがいれば何があってもがんばれる~そう思っていたのに


この主人公、早紀菅野美穂)は~ちょいと信じられないけど~30年以上も友人というものをもったことがなかったんです。ふつう30歳にもなれば、どんなに仲の良い友人であっても、家庭の事情などでそうそうべったりしてはいられないものだし、常に一緒にいなくても、お互いを干渉し(過ぎ)なくても、ここぞという時に頼れる存在が「真の友人」だって気づいても良さそうなのですけれど。。。


今、大変な問題を抱えている3人。藍田(光ちゃん~谷原章介)は早紀ばかりか蓮美(永作博美)まで妊娠したそうなんです。自分のことでさえ精一杯なのに、他人の悩みを受け入れる余裕が、はたしてこの3人にあるのでしょうか?


まずは早紀から見てまいりましょう


健康診断で妊娠を指摘され、産婦人科でそれが確定された時、医師は彼女にこんな風に告げていました。


「未婚のようだけど、どうしますか?」


年齢的なことを考えると産んだ方がいいだろうし、でも勉強のことを考えると、両立は難しいだろうと


あのフォローが下手な中島先生もまた「司法試験には妊婦さんもトライなさってますよ!と励ましますが、結局「それでその方はどうなったんですか?早紀に突っ込まれ再び撃沈~要するにダメだったってことっしょ


昔からの習慣だからと、まるで論文のように思考をまとめ~「妊娠による今後の選択についての考察とその対応」~って、黒紐で閉じた書類はゆうに10cm厚を超えていました!あんなの書いていたら妊婦じゃなくても身体に悪そう


そして最後のページには


「現状の私の力では子どもをあきらめるしかない」


一旦はそのような結論を出した早紀なのですが。。。


また、蓮美は長部の家とは徹底抗戦の構えを見せたもののboxing、妊娠を知ってかなり弱気に


「ひとりで子どもなど育てられるわけがない


と家に戻ろうとしているようデス。ま、この人ならムリでしょうね。子どもどころか自分ひとりでも生きていけなさそうですものbye。まさに早紀とは正反対


こんなふたりが、自分の価値観ばかり押し付けあってたら、そりゃ、喧嘩しない方がおかしいざんす。大体、一緒に暮らすのも難しいでしょうね~。オバサンだったら、とっくに出て行ってもらってます。精神衛生上とってもよろしくない気がしますもの


案の定、ガマンに我慢を重ねていた早紀でしたが、「日記を読まれていた」ことを知ってとうとう激怒!


「私の生き方を理解してくれないなら、そんな友達は私には必要ありません!」


それを聞いた蓮美と光ちゃんも、アッサリと出て行ってしまいます。まずはこのふたりも言い訳をせずに謝る方が先だと思うんですが。それに早紀は、友達がいなかったからケンカも下手なんですよね~。そこまで言わなきゃイイのに、腹が立ったその時に思ったことを正直に言っちゃうんですから。やっぱり曲げられませんか?どうしても


でも~、オバサン、藍田があんなに簡単に出て行っちゃうなんてちょいとガッカリ。少し買いかぶっていたかしらん?そうよね~、あんなに安直に仕事辞めちゃうなんて、いい加減と言えばかなりいい加減ですものね


こんなだらしなくて甘えた二人だからこそ早紀が必要ですし、早紀にもちょっぴりそういうゆるい要素~自分と違う人を理解する、もしくはとりあえず黙認する~ことができればいいのですけれど。まあ今までもさんざん譲歩してきましたしね


ま、おばさんはどちらかというと早紀寄りですから彼女の気持ちは分からなくもないですけど


可能性が0でない限りは最後まであきらめたくないっ!!


彼女が決めた道=司法試験にも子育てにもチャレンジする!を心から応援したいなぁ~


さ、来週はどんなふうにあのふたりが歩み寄ってくるのでしょうね?それとも早紀がまた一歩大人になるのかな?先の展開が楽しみデスapple


~そうそう、あの正登(塚本高史)は顔を見るだけで腹立たしいのでもう出てこなくていいですよぉ~



曲げられない女~主な登場人物
菅野美穂(荻原早紀):野上芽衣子@ギルティ~悪魔と契約した女、正岡律@坂の上の雲
谷原章介(藍田光輝):桂小五郎@龍馬伝、浅倉雅博@テンペスト
塚本高史(坂本正登):喜舎場朝薫@テンペスト
永作博美(長部璃子)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は曲げられない女のレビュー一覧」でお読みいただけます

曲げられない女
 ラブコメ

曲げられない女~第6話~え?こっちも○娠?!

今回の曲げられない女~オバサン的にはイイ感じで胸キュンドラマになってきました。これまではどちらかというと苦手だった谷原章介さん(藍田光輝光ちゃん役)がなんともイイ感じなんですよね~弱っちくて。今回はそんな光ちゃんのトラウマも明らかになりましたし


それでは早速あらすじ行かせていただきます


前回の最後で倒れてしまった早紀。オバサンはとっても心配だったのですが、とりあえず「過労」だったとのことで一安心


これを蓮美から聞いた光ちゃんがまたものすごい勢いで駆けつけてきてっ!


「この際だからちゃんと見てもらえよっ!


なんとな~くこの辺、含みを持たせていたのでありますデス


「友達宣言をした3人~なかよくご飯を食べるのかな~と思いきや、お互いの痛いところをズバズバ突き合うんですヨ。これは年の功かな


~「『年の功』とは良い意味に使う言葉ですから、この使い方は間違えています!すみません、正確に言っておきたいので」って早紀に突っ込まれそうやね


「ちゃんとした収入がないと親権取れないわよ

「なんで9年間も試験に落ち続けてるの?

藍田が警察官になった理由は何?


それぞれグサグサ来ちゃってますね~。そんなこと言われたって、今すぐ(今さら)どうしようもないじゃんって突っ込みばっかりなんですよ。


でも、それぞれに前進せざるを得なくなっていきます。まずは蓮美から


離婚をめぐってダンナが弁護士を立ててきました。それも正登


~こいつはホントに信念のないヤツやね~早紀ちゃん、こんなのに見切りをつけて正解だったわよ。でも・・・


勤め口を探そうにも、OLは結婚までの腰掛だったし、特別な資格もないし、今さら苦労もしたくない~時給800円のバイトなんてとんでもないっ!!じゃ、仕事なんて見つかるわけありませんね


そして早紀~今さらだけどどうしてこんなに落ちてばっかりいるんだろう?中島弁護士にそう尋ねてみると「15年も落ち続けた人がいましたよ!」との励ましがっ


「それでその方どうなさったんですか?」


「いやいや、そのぉ~あのぉ~」と逃げ出す中島先生~それじゃフォローになってませんって


正登には弁護士はあきらめて司法書士になればいいなんて勧められてしまいますし、今までやってきたことが無駄になったらどうしよう?不安でいっぱいになってしまう早紀なんです。う~ん、分かるわかる。そういう時って妙に辻占したくなっちゃったりするのよね?でもそれも怖くてできなかったりして


最後は光ちゃんです。その様子がどうにも気になって何度もしつこく尋ねる早紀に、光ちゃんも本当は聞いてもらいたかったんでしょうね~。少しずつ様子を語り始めました。


「自分は昔好きな女の子を守ることができなかった。親の七光り(?)と頭脳で警察官僚にはなったけれど、結局は兵隊に守られながら城(安全な場所)にこもってふるえているだけの弱虫なんだ」


早紀に「友達でいよう」とふられてしまったのもこんな弱虫だからに違いない~光ちゃんはそう思い込んでいたのですね


「アナタは本当は強い人。そして人の気持ちを理解して包み込んであげられる優しい人


そう早紀に言われて、光ちゃん、とうとう警察官僚を辞める決意をしたようデスムフフ。おばさんは、あの光ちゃん「印籠」シーン結構好きだったんですが


そんな光ちゃんの勇気に励まされた蓮美も時給800円のアルバイトを始める決心をします。そして早紀も~笑顔の練習を始め・・・。蓮美に「そんな仏頂面に弁護を任せたくない」って言われてしまいましたから


どんなに怖くても一歩前に進まなくちゃいけないこともあるっ!


そう簡単に性格(仏頂面)は変えられませんからね~まずは確実なところで、健康診断から始めたようデスよ。でも、その健康診断の結果がコレとは・・・


「おめでたの兆候がありますよ」


ええぇっ!?それって正登の子供??アン時「泊まっていく?」って言ったあの時の・・・


それこそ今さらどうしてくれるんでしょうね~。来週もまた見逃せません



曲げられない女~主な登場人物
菅野美穂(荻原早紀):野上芽衣子@ギルティ~悪魔と契約した女、正岡律@坂の上の雲
谷原章介(藍田光輝):桂小五郎@龍馬伝、浅倉雅博@テンペスト
塚本高史(坂本正登):喜舎場朝薫@テンペスト
永作博美(長部璃子)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は曲げられない女のレビュー一覧」でお読みいただけます

曲げられない女
 ラブコメ

曲げられない女~第5話~「友達」じゃダメかな?

曲げられない女~第5話。この回もとぉ~っても面白かったです菅野美穂ちゃんの早紀~絶好調!な感じですネmame


では早速あらすじ語らせていただきます~


仕事も男も母も失ってしまった早紀が、自分はひとりじゃないかもしれない~そう思えるようになってから、早紀の周囲が一変します


「好きだっ!オギワラっ(早紀のことです)!!」


酔っ払っていきなり抱きついてくる藍田(光ちゃん~谷原章介)にとまどう早紀。そんな早紀に、友達(?)の璃子(長部、旧姓蓮美~永作博美)はこうアドバイスします


「友達でいようなんて言っちゃダメよっ!!」


早紀にとっては「友達かそうでないか」「友達になれるかどうか」の方が大問題ですのにね。いったい自分にとってあのふたりは友達なのだろうか?


「友達ってどうやったらなれるもんなんですか?」


事務所の中島(なかしま)弁護士に尋ねると


「いつの間にか『なってしまっている』のが友達ってモンでしょ」


という答え。う~ん私には友達は作れないのかも?そう悩んでしまう早紀なんです


そんな早紀のところに蓮美が転がり込んできます。自分の大切さを思い知らせるためにしばらく家を出たというのです。その言動を不審に思う早紀なのですがなかなか理由を聞きだせず。。。つい、パラリーガル時代の習慣で、蓮美の家まで調査に行ってしまうんです


それで分かったのは~蓮美は、実は家では厄介者扱いされていることでした。蓮美を問い詰めると、


「友達でもないくせに、どうしてそんなお節介を焼くのよっ!


早紀撃沈。。。


そこへ「友達以上になりたい藍田が訪ねてきます。もう少しで早紀と出かけられそうだったのに、蓮美から「助けてくれ」という電話が入り、「司法試験の申し込み」をするのも後回しにして駆けつけた早紀が見たものは?


なんと蓮美が、ふたりの子供達を連れ出してきてしまったのです。そして、この子供達のワガママなコト!


どんなワガママにも何も言い返せず、ひたすらご機嫌を取ろうとする蓮美に対して、キチンと叱る早紀なのですが。。。どうしたらいいか分からなくなって(子どもを置いてっ!)家を飛び出していったはいいけれど、戻ってみると息子は喘息の発作を起こし、早紀に面倒を見てもらっているという始末なんです。


自分など役に立たない、誰にも必要とされていない~と卑下する蓮美に早紀がかけた言葉は!


「それ以上さ、アタシの友達の悪口言うの止めてくれる?!」


しかも超痛そ~なビンタつきで! アンタは子供達にも必要とされている。少なくとも自分は、アンタを友達だと思っている。もういい加減に逃げるのは止めろっ!!ikari


自分を信じて、イイ母親になればいい!あなたの人生に嘘やごまかしはもう必要ない。


そう叫ぶ早紀に、藍田はますます惚れたんでしょうね~ムフフ。きちんと付き合おうと申し込みに行くんですが、早紀にはこう言われてしまうんです


「友達じゃダメかな?


断る口実じゃなくて、本当に友達になりたいんだ~そんな早紀の心に応えてくれる藍田ムフフ。いつか友達以上になれる日が来るといいんデスけれど。まずは司法試験に合格せねばっ!


とせっかく盛り上がってきたところなのに、最後に早紀、心臓抑えながら倒れちゃったんです。これ、一体どうなっちゃうのぉ~?



曲げられない女~主な登場人物
菅野美穂(荻原早紀):野上芽衣子@ギルティ~悪魔と契約した女、正岡律@坂の上の雲
谷原章介(藍田光輝):桂小五郎@龍馬伝、浅倉雅博@テンペスト
塚本高史(坂本正登):喜舎場朝薫@テンペスト
永作博美(長部璃子)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は曲げられない女のレビュー一覧」でお読みいただけます

曲げられない女
 ラブコメ

曲げられない女~第4話 かなり良質のラブコメ(?)だと思います

9年間、司法試験に合格するため、結婚もせず、大好きなチーズもガマンし、ただひたすら勉強を続けてきた自他共に認める曲げられない女早紀菅野美穂)。とうとうその張り詰めた糸がぷつんと切れる日がやってきました


「私は何のために生きているのか分からなくなった


男(正登~塚本高史)も失い、仕事も失い、そして母まで失ってしまったのです。


毎日毎日「司法試験」に合格するためだけに判で押したような同じ歳月を送ってきた早紀ですから、その目標に意義を見出さなくなった今、何をしたらよいかサッパリ分からなくなってしまったようです


食事も喉に通らないし、かかってきた電話にも出ていない様子。そんな早紀を、あのふたり が放っておくわけがありません


「良家のヨメとは言いながら、亭主は若い女と浮気して、姑からはあたかも「子どもを産む道具」のように扱われている長部璃子(永作博美)。そんなそぶりは決して見せませんけどね


そして、「警察署長という役職につきながら、女好きで軽い男、藍田光輝(谷原章介、通称「光ちゃん」)。でも、口では悪ぶっているケド、実は結構情の熱い正義漢。職場で「飾り物」のように扱われている物足りなさを女の子で埋めている?


こんなふたりなのですが、早紀の母親=光からは早紀の数少ない友人」と見込まれ、自分亡き後はくれぐれも面倒を見てやってくれと頼まれているんです


ま、そんなコトが無くても、この二人なら早紀を放っては置けないでしょうケド


特にこの璃子、一見、ただの軽くてお節介好きなオバサンなんですが、ダンナの浮気現場押さえるより、早紀が自殺するんじゃないかって方が心配になっちゃう~実は、とぉ~ってもイイ人なんですよぉ~


そして光ちゃんも早紀が食欲ナイことを聞きつけて、かいがいしくお料理作ったり、二日酔いだって聞いて「シジミ汁」作りに来てくれたり・・・でも早紀はシジミが大嫌いなそうなんデスが


そんなふたりが一生懸命応援しても、今回ばかりは早紀の心にはなかなか響かないようで・・・。「間違いは訂正しておきたい」早紀ですのに、「そんなことどうでもいいですって


業を煮やした璃子、この事態を何とか打開しようと、早紀の元カレ=正登を呼ぶんですが~オバサン思うにこの男はあかんっ


そんな早紀の心のシャッターを開けてくれたのは、意外なコトにあの区役所で法律相談をしていた弁護士~中島剛志(なかしまつよし)先生でした


「依頼人に裏切られて傷つき、いやいや続けてきた仕事だからもう止めようと思う」


そう語る中島に早紀が一喝!


「ふざけんなっ!ジジイッ!傷つかない人生なんてあるかっ!?


ふだん、押さえに押さえつけている感情が、時々ぶわぁ~っと噴出しちゃうんですよね~早紀ちゃんは


それでもまだまだ足りなくて。。。


「アンタ、お母さんが亡くなった後、泣いてないでしょ?」


泣かないからダメなんだ、ひとりじゃ泣けないならアタシが手伝ってあげる!と璃子が早紀を平手打ち!!


「痛い、痛いよぉ、あ~ん、あ~ん!


まるで子どものように泣き出す早紀。そんな早紀を温かく見守る光ちゃんと璃子。


「司法試験に受かったら、俺たちふたりが喜んでやるよっ!!」


って、光ちゃん、コレ、璃子の言うように恋の告白だったのかしらん?ムフフ


結局早紀は、この中島弁護士の事務所に勤めることになったようです。来週は一体どうなるのかなぁ~久しぶりにオバサン、日本のラブコメ(?)で楽しんでます~



曲げられない女~主な登場人物
菅野美穂(荻原早紀):野上芽衣子@ギルティ~悪魔と契約した女、正岡律@坂の上の雲
谷原章介(藍田光輝):桂小五郎@龍馬伝、浅倉雅博@テンペスト
塚本高史(坂本正登):喜舎場朝薫@テンペスト
永作博美(長部璃子)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は曲げられない女のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング