このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<08  2009,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

銭の戦争
 社会派

銭の戦争~ナゼだか納得の最終回でした

「納得の最終回!」なんていうとパク・シニャンさんファンには叱られてしまいそうですが・・・そう、ラストはどうなったかといいますと・・・かお


strong>パク・シニャンさん演じるクム・ナラが、


マ・ドンポ社長に殴り殺されてしまうんです!

しかもようやくこぎ着けたジュヒさんとの結婚式当日に号泣


断っておきますがオバサンはハッピーエンドがお好みなので、主人公が最後に死んじゃうなんて話はあんまり好きじゃないんですヨ。特にね、シニャンさんは大好きな俳優さんなんですからハート


それが、なんで納得しちゃったのかはてな


自分なりに原因を考えてみたんです:


1)あまりに美しいジュヒさんとのハッピーエンドが悔しかった笑

いや違う怒り


2)それともお気に入りだったマ社長ハートへの仕打ちが許せなかったかお??~お茶目なブタの尻尾が可愛かった


そんなんじゃダレも納得できん(爆)!><


う~ん、ワカラン怒!自分のことなのに・・・


なんでかな~「汚い金でもキレイに使えばイイ」っていうのが違ってるからなのかしらん?


ナラは金のために両親を失い、その上、良心まで失わないように懸命に努力してきたつもりでも、結局は多くの人を傷つけた~もしくは傷つける土壌を広げてしまったってことなんでしょうか?

ありきたりな結論だけど、一蓮托生というよりは「因果応報」ってことなのかしらん?


いつか分かったらまた書いてみたいものデスアップロードファイル


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は銭の戦争のレビュー一覧」でお読みいただけます

大王世宗(テワンセジョン)
 時代劇・歴史モノ

大王世宗 あらすじと感想 第21話 真の王材

大王世宗テワンセジョン)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大王世宗(テワンセジョン)あらすじ&レビュー一覧


しばらく「語り」を封印していたテワンセジョンですが(笑)、昨日21話~世子に生まれた自覚~を見たら、歴女のオバサンとしてはついつい黙っていられず・・・久々に語らせていただきまする大王世宗のあらすじ行きますよ~(^^)/


宰相ハ・リュン達の妨害でなかなか進捗を見ない「奴婢弁正都監」。官僚たちの思惑はどうあれ、不当に奴婢に落とされてしまった民の身分を回復するという大事業です。


「なんとしてもこの事業をやり遂げねばならない!」


そう決意した忠寧チュンニョン)大君が自ら乗り出していきます。政治に絶望した儒生たちを総動員し、「民を救う政治をするとはどういうことなのか」を自ら示していくんですね。無力さを痛感していた彼らが次第に胸を熱くしていく様子が感動的です大王世宗の見どころはここだ!


その様子に、ユン・フェをはじめ、あの政事復をおこした直長キム・ジョンソら他の役人たちまでがチュンニョンを手伝おうと集まってきます。そう、芸文館の提学ピョン・ゲリャンまで参加したのは驚きでした。テワンセジョン~真の王材!


また、チュンニョンの妻シム氏の助言もあって~チュンニョンばかりが目立ってしまうとまた謀反を疑われてしまうってさすがに賢婦人デス(^^)v~、孝寧(ヒョリョン)大君や誠寧(ソンニョン)大君までもが駆けつけてきます!


コレ!このリーダーシップ、そして、包容力!!まさにコレこそが王材の資質でしょう!!!大王世宗~チュンニョンこそ王に相応しい!


昨日はまたチュンニョンの心の温かさも垣間見えましたね~チョン・イルチに対する態度です!一介の内官に過ぎない彼を思いやり、誕生日を祝ってやるんですよ。ここは泣けた


「母上を思い出したのであろう」


~オバサンならとっくに叫んでます~一生ついてきます!世宗大王様についていきます( `ー´)ノ


首魁のオク・ファンからチュンニョンを暗殺するよう命じられたばかりのチョン・イルチです。親友オム・ジャチがどれだけ自分を慮り、そしてチュンニョンを敬愛しているかを知り、心がぐらぐら揺れているようデスイルチ~!


結局、人の心を動かすのは「真心」なんです!テワンセジョンサイコー!


そんなチュンニョンを見て、ようやく自分の器の小ささに気づいた世子。少しずつ成長していかねばとやっとのことで気づいたようなんですが・・・時は既に遅かったようデス世子は王の器じゃあらへん。ついに年貢の納め時か?!テワンセジョン、ついにチュンニョンが世子にっ!?


さてさて今日は一体どうなりますことやら??大王世宗が面白い(^^)/


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は大王世宗(テワンセジョン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

社会派その他
 社会派

再生の町~最終回 希望

NHKで放送されていた「再生の町」が昨夜で最終回を迎えました。


財政破綻に追い込まれたなみはや市で、市役所の職員たちはどうやってその再生を図っていくのでしょうか?


「たとえ260億かかろうと、このさき1000億の収入がみこめるんだ!」


「今、財政が苦しかろうと破綻しかかっていようと、市民には『夢と希望』が必要だ」


ニュータウン計画を推進するグループは声高にそういって譲りません。


それに反して駿馬たちが提案した計画は

「パートナーシップ計画」。


行政と市民がお互いにできることを協力し合って倹約できるところは倹約し、財政再建を図っていこうというものです。


たとえば介護が必要な障害者やお年寄りに対しては、行政のヘルパーを使うのではなく、近くにボランティアできる市民を探す。ボランティアが可能な人はあらかじめ登録をしておく。


住居者が激減して採算の取れない市営住宅は、その老朽化から建て替えをしたいところだけれど、もう少しガマンをしてもらって、地域の活動にその「箱物」=場所を提供する。従来なら公民館を使っていたイベントもこちらで行う。


市民病院ではいくつか診療科目を減らし休診するけれど、緊急時に対応できるよう、市内クリニックと連携し輪番制にする。

などなどです。



「市民に犠牲を強いるのかっ!」


「痛みを押し付けてそれで平気なのかっ!」


そういう自分たちこそ、市民の将来に莫大な負の遺産を残そうとしているということがまだ分からないんです。


そこへ1人の少女が立ち上がります。


「ウチにはむずかしいことは分からん」


本当の希望を与えてくれる人はいったい誰なん?」


大工の棟梁も立ち上がりました。


「(役人達を指して)あんた達が最後までどう責任を取っていくのか、キッチリ見守らせてもらう」


市民だって馬鹿じゃないんです。破綻するほどの市の財政で、そんな夢のような再生ができるわけがないことぐらいちゃ~んと分かっているんです怒り


そんなことができるぐらいなら、

市民住宅を建て替え、
医者を増やし、
狭い道路を整備する


ことができるハズなんです!ただ現実から目を背けていたかっただけなんです。><


でも、もう何年も我慢に我慢を重ねてきた市民たちはようやく気づきました~この町を守るために、今、自分たちが立ち上がらなくては!頑張るぞ。おーっ。


そうは言っても1つの市を再建するということは並大抵の努力ではないでしょう。これからも市民への犠牲は増えていくかもしれません。


それ以前にも、何か少しでも新しく変わったことをしようとすると、

「前例がない」
「うちの担当じゃない」


とはねつけられてしまう縦割り行政に市民ぐるみで立ち向かっていかなければならないのですからね。


前にも思ったのですが、これって決して他人事ではないのだと思うんです。今、日本は、国そのものが財政破綻に直面しようとしているのですから。


「今自分にできることは何か」


常に肝に銘じていきたいと思います。イイドラマを見せてもらったことに感謝デス(*^_^*)。


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は社会派その他のレビュー一覧」でお読みいただけます

ダメージ(Damages)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ダメージ2~最終回

ダメージDAMAGES)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ダメージ(DAMAGES) あらすじ&感想一覧


あんまりビックリしたのでまずは結論から~

最終回はハッピーエンドでした!えっ


まあ、ふつうのドラマの感覚でいうと決して「ハッピー」とはいえないかもしれないのですが、こと、ダメージであの終わり方を えぇ と思ったのはワタシだけではナイでしょう(爆)。以下、さらなるネタバレです。


この番組ってもしかしたら宗教的な要素もあったのかしらんむぅ・・・


だってね、まずはダニエル・パーセル。保身のために科学者の良心を売り渡し、妻まで殺したのに、「本当の自分を娘に見せたい」って、妻殺しを自供しちゃうんですびっくり~でもコレ、本当は未遂であって、とどめを刺したのはケンドリックの手下だったようなんですが・・・かお


そして次はウェス。彼はもと警官なのかな?刑事メッサーに弱みを握られてイイように使われていました。「情報を知りすぎたエレン」を殺害するよう命じられますが、(たぶん・笑)エレンを本当に愛してしまったので、メッサーから離れる決心をしたようデス。エレンにパティを殺させまいと手を尽くします。

~でも、結局エレンはエレンでしかなかったんですけど・・「人を殺せるような人間じゃなかった」ってこってすかお


トムはトムで、最後までパティを信じていたんですねじー。表面はとりつくろっていても、心の中ではパティを憎んでいるのでは?~オバサンもそしてパティも(こっちもうんとオバサンだけど・笑)思っていたのですが・・・最終的にパティが頼ったのもトムだったんですアップロードファイル


そしてエレン。エレンは真実が知りたかっただけなんですね。決してパティを許したわけではないけれどその心情を理解はしていたのです。

自分を殺そうとはしたけれど、それはフィスクの自殺にショックを受けていたからだって。

~アメリカ人って、とにかく嘘が嫌いな人種なんですヨ~


そう、結局エレンはパティを撃たなかったんです。パティが倒れていたのはあのフィン・ギャレッティに刺されたから。そしてモチロンパティは助かりました。


でもなんていってもビックリしたのは、自分自身のキモチでした~いつの間にかパティがあんまりキライじゃなくなっていたのです!ムフフ。今でもね好きではありませんよ笑。でもなんとなく、かわいそうだなぁ~って思えるようになったんです!


~第1シリーズからは考えられないわ(笑)~


そのパティも、信じた人々が次々と去っていき、また裏切られていく中で、真心を持って彼女を理解しようとしたピートやトム、そしてエレン、もしかしたら夫のフィルや息子のマイケルについて、きっとあの最後のシーンで思いを馳せていたに違いありません。


「エレンはきっと戻ってくるわ」


そう言っていましたが、オバサン的にはこのままイイ人パティのままで終わってほしくもあり、ますますパワーアップしたパティを見たいような気もしてむぅ・・・・・・ハッピーエンドを迎えたばかりに複雑な気分になったのでありました(爆)。


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はダメージ(Damages)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング