このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<03  2010,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>

IRIS(アイリス)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ふとひらめいた「アイリスリスト」の行方!(笑)

先日、イ・ビョンホンさん主演のIRISアイリス)を見て、そして「アイリスリスト」とは何かを考え始めてからというもの、それが気になって仕方がないオバサンです


「核兵器開発がキーワードなのだから、それに関するリストなのは間違いないわよね


そしてキム・ヒョンジュン~う~~ん


あっ!!


そう、ミステリー好きなおばさんはこんな妄想をしてしまったのでありますkaeru4。あくまでも妄想ですからネタバレとは言わないですよね?


「アイリスリストが何かは未だ分からないけれど、それは『ヒョンジュンの記憶』の中にある!


幼い頃から発揮していたあの「画像認識能力」~歩くイメージスキャナー~を、その両親が「核兵器開発の秘密を守るため」に利用したのでは? そしてそれが外部に漏れないように誰かが~おそらくNSSのアノ人が、その記憶を封じ込めた!


この推理(妄想)オバサン的にはかなり気に入ったのですけどダメかしらね~


と、たったコレだけが言いたくてまた書いてしまいました。来週のIRISを楽しみにしていますkaeru


~コメントでもっと見事な推理を頂戴しました~onpu2。どうぞそちらもお楽しみくださいますように


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はIRIS(アイリス)のレビュー一覧」でお読みいただけます

愛しの金枝玉葉
 家族モノ・ホームドラマ

愛しの金枝玉葉~第50話まで コレが最後の試練?

韓国ドラマ、愛しの金枝玉葉も第50話です。今日はようやくチョンソルが真実を知りました。今日は感想なども交えながら少しあらすじを語らせていただきたいと思います。


「あの男が来た!


憎々しげに息子の仇のことを話す祖母。どうしてこの家が分かったのだろう?


一方、子供達はうれしそうにこう言って聞かせますgirl1~今日はおじいちゃんが来たんだよboy6


この時、チョンソルの脳裏にはこれまでの様々の事柄が浮かんだでしょうね。


ふたりが同じ名前だということ。イノという名前は父の親友の息子(婚約者)の名前だったと言うこと。ふたりの父親がともサックスを吹いていたと言うこと、などなど。。。


まさか!kaeru1


今まで気づかなかった方が不思議でしょうヨ。まあ、あの最悪女のイライラと、その後の開放感&結婚できる喜びで、そんなところまで気が回らなかったんでしょうけどね。


「お父さんの名前は何ていうの?」


急ぎ、イノに電話して確かめます。その名前は、祖母が憎々しげに口にしたあの名前=イ・イルナム


イノは、父の親友の死には母親が関わっていたと言っていた。一体何が真実なのだろう?


意を決したチョンソルはイルナムを訪ねてやってきました。


「イ・ジンスのことでお尋ねしたい事があります」


そこへインスンもやってきました


イルナムはあなたの父親ジンスを助けるために全力を尽くした~保証人になって借金もした。挙句の果てに家まで手放そうとした。


「小さな子どもを3人も抱えて路頭に迷うわけにはいかなかった!


インスンもまだまだ若くて必死でした。ジンスにあらん限りの罵詈雑言を浴びせたのだと言います。


「私があんなことを言わなければジンスさんは死ななかったのかもしれない」


自分たちも家族がバラバラになって口には出せぬほどの苦労をした。チョンソルとイノが出逢えたのもジンスの導きだろう。どうか自分たちを許してはもらえないだろうか。


チョンソルも~頭では分かっているでしょう。何より彼らは「愛するイノ」の両親なのですから。


それでも直ぐに返事をすることができません。ここは少し時間がかかりそうです。イノは何年も仇と思っていたその人の娘だったのですから


そしてセラはと言うと、こちらはなかなか良いストーリーでしたね。セラ父(ジュンソク)が家族を連れて軍事訓練場のようなところに来ているんです。


なぜこんなことをするんだ~そう尋ねるセラに、家族みんながこう叫びます


「お前を愛している!」


kao10


~正確にはコレを叫んでダイビング(ロープ付)しています~


コレを見たセラはようやく気づいたようですね。自分だけが苦しんでいるわけじゃない。愛されていないわけじゃない。この家族の愛を無駄にせず、しっかりと生きていかなくては!


また、ボリも実家に戻ってきました。


言うに事欠いて「ボリを愛してはいない&まだセラのことが忘れられない」と語ったシノも、ボリの故郷に追いかけてきます。


どうしてシノはそんな余計なコトを言うのかしらね?


「ドユンを産んでくれたお前に感謝している。これから一生かけてお前とドユンを愛していく」


そう言えばいいだけなのに


ドンウは可愛そうだけれど、彼のボリに対する愛情が、もしかしたらシングルマザーで自分を捨てた母親への執着、そして自分たちを捨てた父親への反抗などの裏返しなのだとしたら、ボリと結婚する前に、ドンウ自身が整理しなくちゃいけないことがありそうな気がしています。


心の隙間を埋めるために寄り添うことも大切だけれど、このドラマは、ふたりで生きるにはひとりでも生きていける勇気と力が必要だ~そんなことを教えてくれているような気がするんです


いよいよ最終回まであと4回を残すところとなりましたね。どうやらもうヨンジュの心配はしなくてよさそうですし、彼らが最後にどんな成長を見せてくれるのか~楽しみでございます。kaeru


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は愛しの金枝玉葉のレビュー一覧」でお読みいただけます

善徳女王
 時代劇・歴史モノ

善徳女王~第27話 王女の本領発揮ですね!

善徳女王のレビュー一覧表はこちらになります:善徳女王レビュー一覧

今日の善徳女王は第27話です。悲しみに打ちひしがれていた徳曼が実に生き生きと活躍した回で、とっても面白かったです


それではそんな見どころ満載の善徳女王、第27話を早速語らせていただきます


この回は、前回ユシンが徳曼を王と呼んだことに対して、徳曼がユシンにこう尋ねる所から始まりました


「どういうつもりですか?」


ユシンはこう答えます。


「これが、私の心をお前に与える唯一の方法だ」


自分は不器用な男だから、女性への愛と王への忠誠を同時に使い分けることなどできない。お前が王であることを選ぶというなら、自分はお前への想いを断ち切るしかない


ポロポロと涙を流す徳曼を抱きしめるユシンがまた悲しかった~おばさんはオム・テウンさんのあの恥ずかしそうな表情が大好きなんですムフフ


「これからはもう、一人だ」  


そしてユシンは、ウォルヤ達復耶会kame1にこんな命令を下していました


「アンニャンジュのチョンガンに逢って農地を分けてもらえ」


伽耶には「クォルチャン農武体」という伝統があるのだそうです。農業をしながら軍事訓練を行うという慣習だそうですが、なかなか理に適った伝統のようですね


~カタカナにはかなり怪しいおばさんなので名称が違っていましたら後ほど訂正させていただきます。それにこの名称も「農部隊」なのかしら


またちょっと嬉しいシーンもありました。それは徳曼とソルチがお互いの顔を思い出したことですkaeru


「雨を降らせてくれたあの女の子かっ!?


そうそう、アナタは双子の王女(ふたりとも)をひっとらえて牢屋に入れていたのですよん


そして、そのソルチとチュクパン&コドのふたり組が再会(?)したのも可笑しかったですね。チュクパンは確かあの時ソルチから恨みを買っていたのですよね?(詐欺かな


~コレちょっと記憶が曖昧なので自信はないのですが、当時「お坊様」を名乗っていたチュクパンが、ムンノの行方を尋ねたトンマンに、ソルチのところへ行けば教えてもらえるはずだ~とかなんとか言ってたんじゃなかったでしたっけ?ソルチとムンノはやはり何か関係があるのでしょうかね?~


また徳曼はと言うとこちらはそのリーダーとしての能力を遺憾なく発揮し始めていますkaeru4


まずはウォルチョンを説得にかかりました~日食を計算してください


いつのまにか歳差においては最も優れた暦と言われる「正光暦」まで手に入れています!


~徳曼は砂漠で商人達と接触していただけあって、本当に多様な知識があるんデスよね


会話の中で明らかになったのですが、このウォルチョン大師もまた伽耶の人間なのだそうです。その上「格物師」でもある。格物とは個々の事物の理を究明してその極に至ろうとすることだそうで、要するに今で言うところの「科学者」と解釈すればよいでしょうか


「徳曼のために計算などできない」と突っぱねるウォルチョンの前に正光暦を置いて立ち去る徳曼です。科学者がその知的好奇心に抗うことなどできっこない


そしてまたミシルに対しては、自分がウォルチョンを拉致したことを宣言します。


民の心を支配せんがため、日食が起こる日時をどうしても知りたい!ミシルは焦っているはずです。その焦りを利用するんだ!


あのいまいましい「ソンゴルナンジン」に対しても、徳曼は手を打ってきます。このスピード感がたまりませんね。mame


「これが彫られたヒョッコセ王(始祖)の碑文を手に入れなければ」


徳曼はコレを母マヤ王后に頼みました。「何としてでも手に入れましょう」~それがただひとり残された娘を救うことになるのならば!


この後、徳曼とヨンファヒャンド(龍華香徒)との再会シーンもありました!ここはなんとも微笑ましいシーンで楽しかったですね


「お前が女だって、しかも双子の王女様だってホントか?」


ホントだよ。真実を知った時のあのみんなの顔ったら!


たとえ立場は変わっても、長年苦労を共にした仲間を前に、徳曼とってもうれしそうでしたkaeru


そしてこの徳曼王女様はまたとんでもないことを頼み始めましたよ


「ミシルが使ったのと同じ手を使ってミシルをやっつけてやるっ!」


まさにこの言葉通りでしたね


鳥に人骨の粉を塗りつけて&飛ばして夜に光らせたり善徳女王~tori1、あの以前ミセンが企てた方法とまったく同じ方法で、蘿井(ナジョン)の前の道に爆発を起こさせたり、ヒョッコセ王の碑文をモコモコと噴出させたり。


そしてその碑文には「ソンゴルナンジン」の続きと思われる文章が刻まれていました


「開陽歸天 日有蝕之 開陽者立 鶏林天明 新天到来」


開陽の1つが天に戻れば日蝕が起きる。開陽の者が立てば桂林の点に再び光が差し新たな天が来る


あの呪いでしかなかった「禦出雙生 聖骨男盡~(ギョシュツソウセイ ソンゴルナンジン)」の後に続く言葉がコレだとすれば、この文句は決して呪いではなく新たな御世への希望である!


どうやらこれは徳曼が書かせた「捏造」らしいのですけどね


徳曼はこれだけではなく、さらにミシルが食いつきやすいように「怪人ピダムまで用意しました


~ピダムが虫眼鏡を使って火をつけるシーンを見て、幼いトンマンが同じようにしてお茶に火をつけたのを思い出しましたムフフ


次回は、見ようによってはとってもよく似たこのふたり(=人間を人間とも思わないミシルとピダムの対決が見られそうでワクワクします。mame


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は善徳女王のレビュー一覧」でお読みいただけます

人生画報
 社会派

人生画報(#31、32、33)~信じられないのはオマエの方だ!

人生画報のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 人生画報~あらすじ&感想一覧


韓国ドラマ「人生画報」。今日は第31話から33話まで語らせていただきます


普段はイラチなオバサンですが、この「人生画報」に関しては結構心穏やかに鑑賞していたつもりでした人生画報楽しい


でも、昨日はホントに腹立たしかった! 怒った相手はもちろん、あの「イ・チド」~チョンリムの父親~ほんまに親父かいな


爆撃で亡くした祖父を見送り、お嬢さん育ちで何もできなかったチョンリムが、自分の力で生き延びてきたこと~家族なら、まして親ならそこを喜ぶべきですのに


それでも、チョンリムの顔を見た瞬間は、再会できた喜びで娘を抱きしめたりしておりました。でも、今にして思えば、あれは娘ではなく「金」がようやくもどってきた喜びだったのかもしれないと勘ぐってしまうほどですよ


「金を無くしただと?


態度を豹変させるチドです。挙句の果てには、チョンリムを家から叩き出し、金を見つけるまで戻ってくるな!と怒鳴り散らしました人生画報~ikari


「金を無くすなど信じられん」


信じられないのはアンタの方よっ!おまえはそれでも人間かっ!!人生画報~kakutogi


あまりのことに胸が苦しくなって倒れた妻に向かっても


「おまえはいいな、寝てればいいのだから」


んもう、おばさん、この親父、ボコボコにしてやりたいっ!人生画報~boxing5 アンタがそんなんだから、天が教育しなおそうとお金を奪ったに違いないわっ!!


チドがぶちまけたチョンリム手作りのヨモギ餅を大事そうに食べながら涙を流すお母さんの心情を思うと可愛そうでなりませんでした~何もできなかったあの子が自分でヨモギ餅をこしらえて私たちに食べさせようと持ってきてくれるなんて


それを「施し」だなんて、このチドは根性が腐りきってるとしか思えませんヨ


生きて家族に逢いさえすればなんとかなると考えていたチョンリムは大変ショックを受けます人生画報~ショック。お金を無くすことがそんなに大変なコトだったなんて


事情を聞いたミンスのおばあさんはこんな風に慰めてくれました


「道で無くしたなら、拾った人がいるはずだ。落ち着いた頃に返してくれるだろうよ」


まさか、自分が尊敬する校長先生(ヨンソク)がカバンにしがみついて持ち主から奪い取ったとは思いも寄りませんよね


~でも、ヒョンシクが言うには、ヨンソクも「いずれあの金は返さなくちゃならない」と言っているようなのデス。盗人にも一応の理屈があるようデス。それで今でもあんなにケチケチしているのかしらね~


また、チョンリムと祖父のことを知ったエリムもまた、ようやく覚悟ができたようでした


「元金を返せるような仕事をください。全てを忘れて仕事に打ち込みます」


この話のちょっと前に、ヒョンシクがこんな昔話を聞かせるシーンがあるんです


子どもの頃、自転車のリムを回して遊ぶ日本人の子どもがいた。それがうらやましくて貸してくれと頼んだら、その日本人は「またの下をくぐれ」と命令した。悔しかったけど言われたとおりにした。


ヒョンシクはその時に誓ったそうです~もう2度とこんな悔しい思いはしない、と人生画報ヒョンシク


「リム回しは倒れなきゃ止まらない」


と言ったのも象徴的でしたね。自分がしていること、したこと(=金を盗んだこと)は確かに犯罪だけれど、始めてしまったことだからもうダレにも止められない~倒れるまでとことん行くしかない


でも、その金を盗まれた方のエリムは、そうとは知らずにこんな風に言っていました。


「倒れたらまた転がせばいい」


人は多くのものを得ると、ある意味、弱くなってしまうのですね。全てを失ったものは=もう失うものが無いから、逆に強くなるしかない人生画報バンザイ


腹をくくったエリムと、こちらも悲壮な覚悟で突き進もうとしているヒョンシクが、これからどんな風に変わっていくのか楽しみです


~それにしてもエリムの家の男ドモは情けないですね~おじいさんは教育を間違えましたね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は人生画報のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング