このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<05  2010,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>

妖婦張禧嬪(#33、34)~いくらなんでもやり過ぎですヨ!(-_-;)

韓国ドラマ~妖婦張禧嬪。さすがにここまでくると、おばさんもオクチョンを庇うわけには行かなくなってまいりました


やっぱりですね~人間には「やってイイこと」と「いけないこと」があると思うんですよね


一人の男性を巡って「子ども」を産む争いを繰り広げる立場にいる女性たちですから、そりゃあそこに「嫉妬」が生まれないほうがおかしいです。皆で仲良く~なんてやれというほうが無理でしょうよ。それこそ「偽善」というものです。


でもですね~今回ばかりは、おばさん、ちょいとぶち切れてしまいました


相手が万全の体制にいる時は、オクチョンが少しぐらい「意地悪」してもそんなに気にはなりませんでした。なにせ、オクチョンはその「立場」において絶対的に不利だったのですからね。年はとっているし、家柄は悪いし


こういう「自分にはどうしようもないハンディ」を背負いながら、生まれながらにして優位に立っている中殿や貴人に、果敢に立ち向かっていくオクチョンの姿は、おばさんの目には魅力的に映っていました


でも今回は別!


なぜなら、中殿は今まさに父親を亡くそうとしているところだからであります


(おばさん、もう既に亡くなっていると思ったのですが、まだ生きておいででしたのね)


幼い頃から宮中に入り「国母」となるべく励んできた中殿の姿が蘇ってまいります


あんなに小さな子どもを「妖婦ども」の中に送り込むなど~父親である府院君はどんなに心を痛めたことでしょう。しかも、いつまで経っても子どもは生まれず、あろうことか、身分の卑しい&年増のオクチョンに出し抜かれて


そんな父親がどんなに恋しくても見舞いにいけない中殿が、せめて「典医」を実家に送ってくれるよう頼みに行ったときの粛宗は一体なんですか?


「外に遣わすような医者はひとりもおらんっ!」


いくらオクチョンが仕向けたこととは言え、この王様も、自分の意見がなさ過ぎやしませんか?長い付き合いの中殿をもう少し信じてやってもいいんじゃなかと?


オクチョンが「嫉妬心」から中殿を落としいれようとしているんだろうけど、自分がうまく納めてやろうぐらいの坦懐はないのかしらね?


ないか~あの僕ちゃん王様じゃ


しかも、オクチョンが~ここが許せないでやんす~そんな中殿に追い討ちをかけるように、中殿の父の回復祈願を、胎児を呪う儀式だと粛宗が勘違いするよう仕向けたのであります。


これはいくらなんでもちょっとやりすぎじゃありませんか?


でもって、もっともっと腹が立ったのは、あの貴人ざんす


以前視聴した張禧嬪でもそうだったんですが、この貴人って本当にどんな育ち方をしたのかしら?って疑問に思うほど、やることなすことが下品なんでやんす


今回のことも元はと言えば貴人の行動が原因だっ!


この貴人がいる限り~オクチョンの「妖婦」ぶりにはこれからもどんどん磨きがかかってしまうのでしょうね~。そろそろオバサンも「見るに耐えなく」なってきてしまうかも・・・。それに~最近特にオバサンが苦手としている「大王大妃」さんもまたまた口を挟んできそうですし。


もう少し「男性陣」がしっかりしてくれないと、女の戦いだけではもう飽きてきてしまいそうです。先日来「側女」云々でもめているパク・テボが、これからは何かやってくれそうですかね?とりあえずしばらくは~様子見と行きましょうか


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は妖婦 張禧嬪(ようふ チャン・ヒビン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

龍馬伝
 NHK大河ドラマ

龍馬伝~第26話 西郷吉之助~西郷どんは期待通り!(^O^)/

大河ドラマ「龍馬伝」。第26話は「西郷吉之助」でしたねムフフ


~おばさんはよほどのことがない限り、韓国ドラマ以外の記事は1日に1本まで!と一応決めていますのデス。昨日は「名探偵モンク」を書いてしまい、龍馬伝の感想が書けませんでした。決して「視聴を止めた!」訳ではありません


今回もなかなか面白かったですねmame~一押しは「西郷吉之助」を演じた高橋克実さんでしょうkaeru4。以前、○HKで放送した「フルスイング」でも素晴らしい演技で感動させてもらったので、今回もとっても期待していましたpeace


そして、実際にみた西郷どん~おばさんの目にはとても魅力的な人物に映りました。まさしく劇中、龍馬が「得体の知れん恐ろしさを感じた」と評するに足る人物に仕上がっていたと思います。特にあの声がたまりません!


と、ひとしきり盛り上がってしまったところで~今日も少しばかりあらすじ混じりの感想を語らせていただきたいと思います


まずは龍馬がこの西郷吉之助に逢いに行ったシーンから


「おいと何の話をしたかでごわすかsaigodon


そう切り出され、龍馬は本題に入る前に「女性」の話を持ち出しました。西郷の好みを聞き出し、自分へその矛先を向けさせ、お龍の話に移り・・・ようやく「蛤御門の変」に到達します。


「長州征伐を止めてつかあさい


今の時代、薩摩だ長州だ、幕府だ~と争っている場合ではない。皆で結束して日本国を異国から守るのが先決だ!


そんな龍馬に、西郷は堂々とこう言ってのけました


「全てを人くくりにする勝さんの考えは甘すぎる。わしは、幕府より、日本より、『薩摩』がだいじでごわす」


しかも、勝は軍艦奉行の地位を追われ、その弟子だった龍馬は、今ではただの「脱藩浪士」にしかすぎない。


薩摩軍の軍賦役に意見できる立場じゃなか!


銃の訓練場でその銃声が鳴り響く中、それでも凛と響き渡る西郷の声は、龍馬を震え上がらせるに十分だったと思います


「坂本さんは薩摩を嫌っておられる


どこまでも人を食ったような西郷に、龍馬はこれからどう切り込んでいくのでしょうね?


また、その勝麟太郎ですが、こちらもまた印象深いシーンでした。海軍操練所で学んだ弟子たちを鼓舞し、別れを告げるシーンです。


「昔、海は日本と世界を隔てていた」

「が、今はちがう。海は日本と世界をつなげている」


beach1


そう言いながら、弟子たちを激励します。君たちはどこへでも行ける。何でもできる!日本を世界と互角に戦える国に変えてみろ!!


「君たちは私の希望だ


~どーしても金八先生が浮かんじゃうのは仕方のないことっすよね


皆で明日を夢見るも、いざとなると、行くあてのない龍馬達です。龍馬の脳裏には西郷の言葉が蘇りますが・・・。


「薩摩は船乗りがほしい」


そう語った西郷は、幕府にある提案を持ちかけています~長州の家老の首を差し出せば征伐を見合わせてやろう。とことん長州を叩き潰すには莫大な費用もかかり、幕府としてもここは薩摩に任せるしかありません


でもそんな薩摩をけん制する動きも出てまいりました。幕府がフランスに助けを求めたのです。この辺の動きは今後も是非注目したいところですね


一方、土佐では、弥太郎が悩みに悩んでいます


吉田東洋暗殺を指示した咎で捕らえられた武市半平太、実行犯と目されている岡田以蔵~ここになぜか弥太郎が巻き込まれ、「真相」を白状させるまでは商売を禁じる!と後藤象二郎からきつく言い渡されてしまっています。


「なんでわしが~


と言いながら、実は心優しくて面倒見がいい弥太郎は、武市の切なる願い~以蔵を楽にしてやってくれ~を断りきれず、かと言って以蔵を殺すなんてわしにはできん!と日夜頭を悩ませているようなのデス


「以蔵を楽にしてやり」


事情を知って、めずらしくまともな助言をした弥次郎のコトバに従い、以蔵に毒饅頭を渡す決意をする弥太郎


でも、いざ渡すとなると手がガタガタと震えだし、以蔵に気づかれてしまうんです


「いいんだ。わしが自分で食うんじゃ!わしにはもう舌を噛み切る力さえ無いんだ」


ほかに、この饅頭が毒饅頭だと知った以蔵が、武市を逆恨みして真相を話す~という説もあるようなのですが、この龍馬伝では、こちらの方が絶対よかったですね。ううう~以蔵~~!


またしても以蔵を解放してやれなかった武市は声を限りに叫びます~大殿さまに逢わせてつかあさい!


でも、その大殿さま=容堂はひとり廊下に崩れ落ち・・・「だれもかもがおいつめられちょったという弥太郎のナレーションの「だれもかも」には容堂も含まれちょる??


そして、いよいよ来週は龍馬が土佐に戻ってくるようですkaeru4。予告では後藤象二郎に向かって大胆発言をしていたようでしたが??


コレをきっかけに後藤象二郎との距離が縮まっていくのですかね~


7月13日から龍馬伝はSEASON3に突入するそうです。いよいよ龍馬、長崎へ!&亀山社中の結成へryoma!!ですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は龍馬伝のレビュー一覧」でお読みいただけます

チャンファ・ホンリョン
 家族モノ・ホームドラマ

チャンファ・ホンリョン(30話まで)~ついにホンリョンの反撃始まる!(^O^)/

韓国ドラマ、チャンファ・ホンリョン~これがなかなか面白くておばさんかなり気に入っているドラマなんです


~一部見たくないところは早送りで対処しています


今日は特にスカッとしたでやんすねhare


まずは~テユンのあの言動!


浮気をしていたばかりか、不妊治療も偽りだったと知って、ついにテユンはチャンファのことが信じられなくなってきました。自分の荷物を寝室から運び出させ、チャンファを大声で怒鳴りつけます!


「おまえの言うことは何も信じられないっ!


自分はただ少し遊んだだけだ、愛しているのはあなただけ~などと、白々しい嘘を重ねるチャンファには、心底嫌気が差してしまったようデス


いっそのこと、さっさと追い出しちゃえばいいのにねっ!!kakutogi


しかも、今回はもう1つ新たな真実が浮き彫りになりました


テユンは、学生時代にソフト開発で大金を手にし、その一部を故郷の苦学生のための奨学金に充てていたそうなんデス。そして、ホンリョンがその奨学金を受け取るはずだったのだそう


なのに、その約束の場所には、ホンリョンの代わりにチャンファが現われ~まあこの人のおつむでは奨学金はもらえないでしょうから、色仕掛けでテユンをだまして結婚してしまったというのが経緯らしいです


~おばさん、あのスチャン姉はどうにも苦手ですが、今日はなかなか的を射たことを言っていましたね~チャンファは若いのに男に○目を使っていたって


それを知ったホンリョンは激怒!その雰囲気はテユンにも伝わっていたようデス。でもなぜチャンファが代わりに現れたのか~ホンリョンをだまして来たのだとは、まだ考えが及ばないようです。そこまで「自分が○鹿だった」とは思いたくないのでしょうね


ホンリョンがテユン達とドライブに出かけたことを知ったチャンファは、もうすっかり毒婦の本領発揮!まるで、ホンリョンがテユンをたぶらかそうとしているかのような言いようです。


まあ、テユンはひそかにホンリョンを想い、ホンリョンもまた少しずつテユンに想いを寄せているのは事実なのですけれど・・・


「家族の行事にしゃしゃり出て」

「隙あらば割り込もうとして」

「さっさとこの家から出て行って!!」


そう言ったくせに、それがテユンにばれそうになると必死でホンリョンを引き止めるチャンファなのです。おばはん、頭の方は大丈夫かいな?


オモと一緒に家を出る~それが叶わないのなら、カン社長に全てをぶちまける!


「チャンファはコンジュに浮気現場を目撃され、その口を封じようとコンジュを捨てたっ!!」


ああもう、言っちゃえ言っちゃえ~~!誰も止めへんよっ!!mame


もう、おばさんもあのチャンファのいい訳にはう~んざり。いつもすぐに分かるような嘘をつかずに、たまにはもっと気の利いた嘘をついてみろってんだboxer-w


お、怒りすぎてつい地金が・・・。まあおばさんがこんなに怒ったところで、そんなにすぐにことは片付かないのでしょうね~だってまだ半分も終わっていないんですもの


またしばらくは~静観するしかないでやんすね。でも言いたい放題言ったおかげでかなりサッパリしたでやんす。いつもお付き合いくださいましてありがとうございま~すkaeru


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチャンファ・ホンリョンのレビュー一覧」でお読みいただけます

名探偵モンク(Monk)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

名探偵モンク あらすじと感想 第12話 復職審査~やっぱりこーなった(笑)

名探偵モンク第7(最終)シリーズのあらすじ&感想はこちらからご覧いただけます: 名探偵モンク第7(最終)シリーズ あらすじ&感想一覧


名探偵モンク~今回の第12話は「復職審査」です。原題は「Mr. MONK Goes Camping」。これまたと~っても面白かった!mame


まずは最初のこんなシーンから~さっそく語らせていただいちゃいます


今日は、エイドリアンの「復職審査~Reinstatement Hearing」の日らしいんですよね。きっとナーバスになっているに違いないエイドリアンを心配したナタリーからの応援メッセージが、そこかしこに貼られています


最初はクローゼットの中~警官の制服の裏に~Remember to smile! 笑顔を忘れないで!


そして、その横の鏡には~But not TOO much でもあんまり笑いすぎちゃダメよ


また、朝食に使う卵ケースの上には~You can do it! あなたならできるわっ!


でもって~これはエイドリアンの注意を引くためにわざと傾けておいたのか?絵の端っこには~Be yourself! あなたらしくね!


ダメ押しで玄関には~But not TOO yourself! でも、ほどほどにね~。これにはさすがのエイドリアンも溜息ついていましたヨ



~んもう、ナタリー、まるで母親みたい


いざ出陣!


とばかりにHearing Roomに入ってきたエイドリアンです。でも、予定は午後1時からですのに、時計はまだ午前7:15を指しているんですけど!んもう早過ぎだって!smile


ようやく1:15頃になって、3人の委員たちが入室してきました。


「Sorry we are late. Have you been waiting long?」


遅れてすみません~だいぶお待ちになりましたか?のこの問に、エイドリアンは両腕を軽く上げながらこう答えました。


「11 years!」man7 11年間この瞬間を待っていました!!


その後、この委員のうち2人はエイドリアンの復職に好意的だったのですが、ただひとり、フランク・ウィリスという委員だけが反対しているらしいことがわかります


このままじゃ、復職できないっ!


ひょんなことから、ウィリスの息子=ブライアンがキャンプに行くことを知ったエイドリアン。決死の覚悟でランディーに同行することを決意します。水は飲まない、寝る時も横たわらない~実際、立って寝てました~彼の復職へかける想いがどれだけ強いかの現われです


偶然にもキャンプへ出かけたその先で、凶悪犯を逮捕することもできて~今回のディッシャーはなかなか手際がよかった!、しかも、勇敢に熊に立ち向かったエイドリアンは、ブライアンの信頼も得、フランク・ウィリスの票を獲得することに成功します!


「僕の好きなグループはモジョワイヤだよ」


最初に出会ったとき、話のきっかけを作ろうとして尋ねたエイドリアンの質問に、ブライアンが別れ際になってようやく答えてくれたんです。この言葉、エイドリアンには

「Thank you!

って聞こえたんでしょうね~だから、彼は

「You are welcome!

と答えたのですムフフ


~劇中、エイドリアンが熊にまで「Here is what happened~経緯はこうですと話し始めちゃったのには笑えましたし、それを聞いて「退屈した」グリズリーが立ち去ったというエピソードも楽しかったです


結局、最終審査では、フランクの信頼は勝ち取ったものの、他の二人が変心してしまい、エイドリアンの復職は、また叶わぬこととなってしまうのであります。フランクにだけ集中していたエイドリアンは気づいてない様子でしたけどねkyaa


「Happiness is a choice!」


幸・不幸を決めるのは自分自身~ランディーが語ったこの言葉は、実はおばさんの大好きな言葉でもあります。復職は叶わなかったけれど、ブライアンの信頼を得たことこそ~エイドリアンにとっては「happiness」だったんじゃないかなぁと思います


次回はどんなエピソードが待っているのか~また一層楽しみになってまいりました。kaeru


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は名探偵モンク(Monk)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング