このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<04  2012,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>

個人の趣向
 ラブコメ

個人の趣向~第7話 えっ!みんなでカミングアウト?

個人の趣向 DVD-BOXⅠ個人の趣向 DVD-BOX II


韓国ドラマ・個人の趣向の第7話は「えっ!みんなでカミングアウト?」だそ~です。へ~今度はそ~来ましたか!?


案の定、自分にキスをしたチノに(たぶん)ちょっとはときめいたものの、酔っ払ってのアクシデントだと思い込んだケインです。チノは覚えていないと言っていましたが、こっちこそ~意識しているように見えましたけどね


その酒も、コンペへの出場を止められたやけ酒だと知ったケインは、懸命にチノを励まそうとします


「ご馳走を食べれば元気になるわ!ガンバローって思えるもの


でもそれを言うなら「元気になれるようなご馳走を作ってあげないとね~~


とまあ、このふたりは相変わらず?なんですけど、今回の衝撃展開は、なんとあのチェ館長の告白でした。おばさんは結構アノ人「好み」なんですが、今回彼もまた「個人の趣向」をカミングアウトしたのです。


「He likes a man


チョンニョルの友人ジュールが思わせぶりに言った「彼とは人種が違う」の真意は「彼は男が好きなんだ」


ああ、だから、昔の恋人にプレゼントされたという大切なハンカチをチノに貸し、そのハンカチを返してもらった時には、ふんとその香りを嗅ぎあの細かい演技には参りました(^O^)/、あ~んな悩ましげな眼つきでチノを眺めていたのですね~


その上、世の中でもっとも怖い父親に歯向かってまで、チノをコンペに出そうと頑張ってくれているのです


これを知ったチノが、館長の好意を気持ち悪がったりせずに、彼に恥をかかせまいと、キッパリ


自分はゲイだ


と言い切ったのもポイント高かったです。でも館長には~分かっちゃったかな~真実が


そしてこの「改めて」聞かされた告白にショックを隠せないのがケインなのですやっぱりそ~だったのね~vv。やはり~気持ちはかなり傾いてきているようですね可愛いな~ケイン♪


そんなケインを今になって追いかけるチャンニョルも、結構気の毒なヤツだと少し同情してたんですが、あのチノに対する言い様は、まさにガキんちょのそれで、すっかり幻滅してしまいましたコイツはサイテーな男ですヨ。ケインがあそこでぶん殴ってくれてせいせいしましたね~。絶対復縁なんかしたらあかんよ~っ!父親はケインの父を狙っているようだし


~おばさんはイケメンは好きだけど甘ったれた男は大嫌いなのでござりまする


個人の趣向~これも来週は休みらしいですが、この後はどうなっていくのかな? 正義漢のチノのことだから「コンペ」がかかった今、人間的な魅力は認めている館長をだますのは、どうにも良心が痛むんじゃないかしらね? 続きを見るのが楽しみですね~個人の趣向が楽しいです(^^♪



音楽も楽しくて可愛いですね♪
「個人の趣向」ビジュアル オリジナルサウンドトラック DVD

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は個人の趣向のレビュー一覧」でお読みいただけます

三国志
 時代劇・歴史モノ

三国志(Three Kingdoms) 荊州争奪 #43 曹操の激励に泣けた!

三国志Three kingdoms~43話からは「荊州争奪」です。昨日は「司馬懿(しば・い)、出仕す」。


自分でもと~っても意外だったのですが、昨日は当然、三兄弟の絆の深さに涙するだろうと思っていたのに、それほどでもなく、それより何より、曹操の敗戦と、その敗戦に際しての潔さの方に、深~く感動してしまったおばさんでしたやっぱこのドラマは深いわ~♪


軍令を破った関羽を到底許すことなどできぬ!


その場に呉の魯粛も居合わせたことから、尚のこと厳しく声を荒げる孔明に対し、劉備もまたその意を受け入れます。


「ただ、我ら三兄弟、共に生まれずとも死ぬ時はともにと誓った間柄ゆえ、義弟が処刑されるなら、その前に兄の自分が自害しなくては


首筋に刃を当てる劉備を、魯粛が慌てて止めに入りました。献帝を質に取っている曹操を討つには、なんとしても漢王室の末裔である皇叔・劉備(こうしゅく~皇帝の叔父の称号)が必要なのです。


義弟を思う劉備、義兄を思う張飛の真心、そして心から詫びる関羽の姿に偽りはないとは思いますが、ここに孔明の悪知恵が働いていたと思うと、そして劉備もそれに気づいて一芝居打ったのではないかと思うと、ここは感動というより「アッパレと言った方がよいシーンになっていました。


その様子を聞いた周瑜が悔しがっていた様子には、ニンマリしてしまいましたけどそうそう思い通りには行きませんよ~


~「泣いて馬謖を斬る」で有名な「馬謖」も既に登場してきており、それを思うと心中なかなか複雑ではありましたが


一方、大変感動的だったのは曹操軍です本当に意外だったわ~


あれほど「旗」だけは大事にしろと言いきかせていた曹操が、生き延びて南郡に下るためなら旗など捨てろ!と檄を飛ばし、なりふり構わず逃げ延びたのも、その後、ひとりぐ~すか眠ってしまったのも、何やら大声で泣き喚く部下=許褚(きょちょ)の声で目が覚めて、その許褚を優しく諭したのも~実に感動的でした血は流しても涙は流すな!


3千の兵を失うことなどなんでもない。今度は3万の兵を与えようぞ。わしは寝たら忘れた。悔しさなど忘れて笑えっ!!太鼓を叩いてこい!


負けを味わう時が来るべくして来ただけ、失敗こそ成功のもとだと説いて聞かせる曹操は、なんとも魅力にあふれた人物でございますよね~すっかり曹操ファンです


以前、吉川英治さんの小説は曹操を悪人に描きすぎると書いた書評を読んだ事がありますが、こういうことだったのですね。歴史上の人物に関して今まで自分が抱いていたイメージと違う解釈に触れると、まさに目からウロコでとても新鮮です。このドラマの描写が実に奥深いのでよけいに感慨深いです


そしてそんな曹操に一騎当千の味方が現れました。それがタイトルにあった「司馬懿」です。


この世に(自分のほかに)もうひとり、こんな識者がおったとは!


おばさんも常々思っていたのですよね。劉備や孫権は比較的部下に恵まれているのに曹操の下にはろくなのがいないな~って


当時八達と称えられた司馬兄弟の次男~この懿の予言もまた実に的確でした


漢室のという汚名が消えない限り、民心を掌握することはできず、孫劉連合の結束は、今後も続くことだろう。承相(曹操)が今成すべきことは、戦いではなく富国強兵に励むこと。20年後には戦わずして天下を得られる。


その才を見込んで何度も出仕を促したという司馬懿をようやく得た曹操。これから「魏」の建国に向けてどんな展開を見せてくれるのでしょうか。曹操という人物により興味が湧いてきて、今後はますます楽しめそうなのがとっても嬉しいです荊州の争奪戦も見ものです~(^O^)/



三国志 Three Kingdoms 前篇 DVD-BOX (限定2万セット)
三国志 Three Kingdoms 後篇DVD-BOX (限定2万セット)

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は三国志のレビュー一覧」でお読みいただけます

太祖王建(テジョワンゴン)
 時代劇・歴史モノ

太祖王建(テジョワンゴン)#78~80 真の弥勒!(゜o゜)

太祖王建テジョワンゴン)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 太祖王建(テジョワンゴン) あらすじと感想一覧


太祖王建テジョワンゴン~は、なんともとんでもないことになってまいりました


クンイェの病は「心痛」というそうで~おばさんにいわせれば「心痛」を抱えているのは民のほうですが~侍医曰く「怯え」が主なその原因なのだそうです。この怯えを紛らわせるため、今では酒びたりの毎日を送る「ニセ弥勒


弥勒の辞書に「怯え」などあってはならない!


正直に言えば助けてやるという甘言にだまされた侍医は哀れ、惨殺されてしまいます


その上、当の本人のクンイェまでが「殺人鬼と化してしまうなんて、最初の頃には想像もできない展開でございました


財政難、民心のクンイェ離れなどの諸事情から、なかなか「法会」を開かない臣下に対し怒りを顕にするクンイェ。最大の原因はアジテと内苑(チョンガン)が力を合わせないからだとふたりを罵倒し、チョンガンをこの責任者に任命します。悪賢いアジテは「面倒」を避けたくてグズグズしていたのではないかしら


その上、このふたりだけを叱るだけでは埒が明かぬと見たクンイェは、朝会を開いて臣下たちの「忠心」を見ると言い出し、例の「観心法」を持ち出しますが、その時にたまたま咳をしたひとりを、鉄槌で殴り殺させてしまいます


あの眼つきは尋常ではない。これは大変に恐ろしい病だ!一刻も早く治療せねば!


慌ててまたあのソルブを探させるチョンガンですが、もうあの方は2度とやってこないでしょうな。今頃は~自分がいかに罪深いことをしてしまったか~心から嘆いておられるはずです


と、このソルブの代わりに動き出したのがソクチョンでした。


ようやくその時が来た!真の弥勒に会いに行く!


弥勒を奉る宗派の最高権威であるソクチョンは、弥勒の証である簡子を持って


「真の弥勒」


を訪ねていきます。辿りついた先は、忠州で攻撃の時を今か今かと待っていたワンゴンのところ!


あなたこそ真の弥勒でありこの国の主となられるお方


トソン大師の預言からずっとワンゴンを見てきたというソクチョンは、ともにやってきたホウォルと共に簡子を差し出しひれ伏しました。


ワンゴンの、あの無駄に人のよいところは、彼が弥勒だったからなのですね~


その夜、自らが黄金の九重の塔に君臨する夢を見たワンゴンは、よもやクンイェの轍を踏むことはないのでしょうな


主君こそ、飢えと病に苦しむ民を救う運命なのです


ユ・グムピルの兵で、過去に塔への留学経験もあるというテピョンも、ワンゴンを励まします。


ワンゴンこそが国の主と見込んで娘のスインを差し出してきたユ・グンダル長者は、この光景を目にし、己の考えが間違っていなかったことを確信したことでしょう


この世での役目をほぼ終えて立ち去っていったソクチョンの表情は実にすがすがしかったですねさすが高僧!。あとは残された仕事を果たすのみそれであの世へ行く~のですね


鉄円の法会で真実を述べる!


今日はいつにもまして快晴だと微笑むソクチョンはいったいどうなってしまうのかまた殴り殺されるでしょう~想像するだに恐ろしいとはまさにこのことでございますが、これでクンイェの失墜は決定的なものとなることでしょう。何せ、仏の使いを手にかけるのでしょうから


また、3人目の奥方だけでも相当困惑していたのに、自らを弥勒とまで称されて戸惑うばかりのワンゴンでしたがあの「うぶさ」は「弥勒」だからなのですよ~(爆)、とりあえずは全てを忘れて、竹嶺攻めへと向かいます。ユ・グンダル長者に紹介されたクムシク将軍の2000の手勢は、たとえ農民と狩人だけの編成とは言え、実に素晴らしい手柄を立ててくれました。極寒の時期に戦などありえないと高をくくっていたパン将軍(後百済)が壊滅させられるのも時間の問題のようです


ワンゴンの新たな勢力を数に入れていなかったコンジク将軍(後百済)は、いともたやすく鳥嶺から加勢にやってきますが、ここも物の見事に待ち伏せされてしまいます。自分にできたことが相手にできないと考えるとは~驕りとは本当に怖いものでございまするな


さあ明日は、久しぶりにキョンフォンの悔しがる顔が見られそうです。法会のことを思うと血が凍りそうですが天をも恐れぬ大罪人め!、それもまた~怖いもの見たさで~なかなか楽しみでございますね太祖王建も面白いな~(^O^)/


~ワンゴンをその窮地から救うというチェ・ウン(チョン・テウ)もそろそろ登場しそうな気配でしたね



太祖王建(ワンゴン) 全巻BOX(1章~8章全71巻) [DVD]


太祖王建~主な登場人物とキャスト


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は太祖王建(テジョワンゴン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

三国志
 時代劇・歴史モノ

三国志(Three Kingdoms) 赤壁大戦 #42 も~面白すぎ!(^O^)/

三国志Three kingdoms~「赤壁大戦」、昨日は42話~まさに「赤壁の戦い」でした三国志~あらすじを語らずにはいられない!


現在視聴中の時代劇は、どれもそれぞれに甲乙つけがたくてなかなか面白いんですが、中でもこの三国志は、今が最高潮に盛り上がっております。やっぱりおばさんは時代劇=戦国モノが一番好きだわ~


昨日のエピソード(戦闘シーン)は特に見応えがありました


まさに肉を切らせて骨を断つ~のたとえそのままに、自らの老体をムチ打たせたことで曹操の信頼を得た黄蓋が、投降と偽って火攻めに来るシーンです。ああして立っている所を見ると、脚はなんとか無事だったのですね~。ホッ。


~いつもは疑り深い曹操がこの話を信じたこと自体、曹操は結構いいヤツだったのではないか=老人をいたぶるような卑怯なマネは(呂公殺害以来2度と)しなかったのではないかな~などと思っちまったおばさんです


兵糧を積んでいるにしては身軽な船だという部下の指摘に、一転して攻撃を命じる曹操でしたが時既に遅く~一斉に放たれた火矢が曹操軍を焼き尽くします!ここは圧巻でした~楽しすぎる~っ!(^O^)/。ドラマでは特に言及しませんでしたが、曹操軍が先に船をつないで置いたため尚更うまく行っちゃいました~


退却せよ~~っ!


また孔明が立てた策もなかなか興味深かったですね~。小説は読んでも、こういう細かいところはすっかり忘れてしまっているので、ここは本当にワクワクしましたそれで曹操が逃げられたのか~


曹操が逃亡すると見られる経路に、趙雲張飛関羽らを配置する孔明。この関羽にいたっては、曹操への温情から敵を逃がすに違いないとまで勘ぐられ、もし逃がした際には命を差し出すという念書まで書かされます。


~曹操が行く先々で、自分が軍師なら、ここに伏兵を置いたのに~と孔明と周瑜をあざ笑うたびに、彼らが現れたのは可笑しかったですね


でもこれも~孔明の策の内だったと思われまする


曹操を追い詰めておきながら周瑜がその首を取らなかったのは、劉備軍にその役目を果たさせたかったから。天下の奸臣とは言え、一応の大義を掲げる曹操の命を奪うことは、当時かなり勇気が要ることだったようです。


子々孫々まで曹家の恨みを買うことになる


これを避けるため、憎しみの対象は決して呉であってはならぬ~周瑜はそう考えたようなのです。だから、派手に追い詰めはしても、その命を取るのは劉備軍に任せたい


あ~こういうせこいところがこの男の好かんところなのですヨも~絶対気に入らん~


でも孔明も、「誓約書」は書かせたものの、あの義理に厚い関羽が、自分を義兄・劉備の下へと行かせてくれた曹操を殺せるはずなどないことを百も承知しているはず。ま、ここが孔明=若い賢者の小意地の悪いところですよね


結局、その思惑通り、関羽は曹操を殺すことができず、彼を含む総勢28名の敗残兵を見逃すことと相成りました。


お前に殺されるなら本望だ。おまえもまた軍令に則って処罰されるであろうから、あの世でおまえを待っている


部下を先に逃がしながら、剣を捧げて座り込む曹操は~やはり当世きっての「英雄」だったと言わざるを得ないでしょうね~少なくとも周瑜よりは絶対マシだ


覚悟を決めて本陣に戻る関羽を孔明、そして劉備がいかに迎えるのか~ここも大好きなエピソードです~今から夕方が待ち遠しいです~三国志が今メチャクチャ面白い(^O^)/



三国志 Three Kingdoms 前篇 DVD-BOX (限定2万セット)
三国志 Three Kingdoms 後篇DVD-BOX (限定2万セット)

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は三国志のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング