このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<07  2012,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

名家の娘ソヒ
 時代劇・歴史モノ

名家の娘ソヒ あらすじ(#25) ソヒの涙

名家の娘ソヒのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 名家の娘ソヒ 全52話 あらすじと感想一覧


名家の娘ソヒ~今週のラスト25話は「ソヒの涙」です。


ドゥスに呼び出されて絶体絶命のソヒを救ったのは、ギルサンではなく侍女でした。ひとり飛び出したソヒを心配して、僧侶と共に駆けつけてきたのです


何もかも忘れて、ソヒがその身を案じた相手~ギルサン


そんなギルサンに「世話をしている寡婦」がいると聞いたソヒは、会寧に連れて行くようギルサン自身に命じました。表向きは「病院」へのお供と言っていますが、本当はその寡婦=オギネに逢いに行くためなのです。


その目的を知ったギルサンは、いきなりすごい剣幕で怒り出しました。自分とオギネが馬鹿にされたような気になったのでしょう。


でも一旦こうと決めたら決して後へは引かないのがソヒなのです。宿の女将に頼んで「ギルサンが用意した家」を見に出かけました。実際にそこへ行って中に入れてもらうと、そこにはギルサンがしていたマフラーがかけてあります。そう、オギネがギルサンのために編んだのでしたよね。


これを見て嫉妬に駆られたソヒでしたが、その心とは裏腹に、オギネに仕事を与えると申し出ました。うちに来て働いてはどうだ?


が、オギネはこれをきっぱりと断ります


私とあの人は何の関係もありません。恵んでくださったお金を返したくて仕事に励んでいるだけです。


そんなオギネを心の中で高く評価するソヒ。プライドの高い女性だ。あのギルサンが所帯を持ちたいと願うほどの人だもの


心根は悪くないソヒなのだけれど、ギルサンの前へ出るとこれが素直じゃなくなっちゃうのがもどかしい限りです。ソヒがオギネにあってきたことを知ったギルサンがソヒを詰ると、これに輪をかけて大声を出してしまうソヒも~すぐにヒステリーを起こすんだもの


あんたと逃げてもいいと思ったのにっ!!その襟巻きは捨ててっ!!


泣き叫ぶソヒを見たギルサンも、ここでぐいっと抱きしめちゃえればいいんだけどそこがアメドラとは違うとこよね、長年下男だった習性が身について、それもまたままならないのがいかにも悔しいところでやんす


でもこの後、龍井に帰ろうとした二人を、またあのドゥスが襲いました。馬車の車輪を撃ってバランスを崩させ、車ごと転倒させてしまったのです。投げ出されたソヒに止めを刺そうとするも、銃声を気にして立ち去るドゥス


これでなんとか二人は命拾いをしますが、病院で意識を取り戻したソヒは、またしても頑なに心を閉ざしてしまったばかりか、その上、嘘までついてしまいます


「私がお慕いしたのはイ様だけよ。あんたは復讐の道具に必要なだけ」


どうしてこうも人の心をズタズタにするようなことを言うのかしらね~このソヒは。この根性悪はどうにかならんものかしらスカーレットそっくり


その言葉を鵜呑みにはせぬまでも、ソヒといることに限界を感じたギルサンは、ソヒにそっとくちつけをしてその場を去ろうとしますギルサナ~カジマ~


でも、看病にやってきたウォルソンの口から、ドゥスがユンと組んでいるらしいこと、火事や馬車の事故はドゥスの仕業だったことに気づいたようですから、ここはグッと踏みとどまってくれることでしょう


もうあっという間に半分まで差し掛かった名家の娘ソヒは来週もまた続きを見るのが楽しみでございまするこのドラマメチャクチャ楽しい♪


名家の娘 ソヒ DVD-BOX1名家の娘 ソヒ DVD-BOX2名家の娘 ソヒ DVD-BOX3名家の娘 ソヒ DVD-BOX4名家の娘 ソヒ DVD-BOX 5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は名家の娘ソヒのレビュー一覧」でお読みいただけます

太祖王建(テジョワンゴン)
 時代劇・歴史モノ

太祖王建(テジョワンゴン)#133&134 チョン・テウの演技が光る!

太祖王建テジョワンゴン)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 太祖王建(テジョワンゴン) あらすじと感想一覧


太祖王建テジョワンゴンの盛り上がりようはスゴイですね~テジョワンゴンが面白いよ~(^O^)/。昨日今日と、おばさんはもう画面にくぎ付けでございました。特にチョン・テウ演じるチェ・ウンが素晴らしい!


ミミズ様のおかげで九死に一生を得た後百済軍に対し、何の打つ手もない高麗軍


後百済では怪疾の薬が見つかったらしいと聞いて恥じ入る従軍医ですが、何せ「原因」を探ろうとばかりしているので、肝心の「解熱」にまで頭が回らないようです。この話も実に奥深いですよね。必ずしも真の原因が分からずとも、対症療法が命を救うこともある


万策尽きた高麗軍のもとへ、後百済のチェ・スンウが単身やってまいりました。あの羽の扇子を見る限りでは、あれは諸葛孔明というところなのでしょうかね


丸腰で出向いたというチェ・スンウは、ワンゴンに「和解」を求めにやってきたのだといいます。


共通の敵=新羅を前に、我ら両国が争うことは本意ではない。その上、高麗は今危機的状況にあると聞く


スンウが差し出したキョンフォンからの親書は、その危機を回避するため、スンウとよくよく話し合うよう勧めています。


「これを機会にふたりの皇帝が出会うこと


を進言するスンウに対し、その出会い方が問題だ、と鋭く切り返すチェ・ウン


スンウはこの問いにもまたいとも涼しい顔でこう答えます。


日常的な「儀礼」を持って相対すればよろしいのでは?


キョンフォンはワンゴンより10歳も年上なのだから「尚父(サンブ)」の礼で尽くせばよい


尚父といえば思い出すのはキョンフォンの父=アジャゲですけど、キョンフォンは今、自分にもその「礼」を尽くせと言ってきているのですね。おばさん個人的にはしごくもっともな言い分に聞こえましたが、これはワンゴン、そして高麗の将軍たちにとっては屈辱極まりない申し出のようでした


「降伏するぐらいなら討ち死にした方がマシだ!


みな口々にそう叫ぶも、ワンゴンたちが陣取る城は既に後百済軍に包囲されているそうで、どう考えても他に道は無さそうです。いまや、ポク将軍やチェ・ウンまでもが怪疾の餌食となっているのですから


ここで後百済の申し出を蹴ってただ座して死を待つのか、それとも、一時的な屈辱に耐えてでも生き長らえるのか~ワンゴンはこの決定を、内奉省令であるチェ・ウンにすべて任せました。


スンウと二人の会談に際し、息をするのも苦しそうなウン。彼ほどの症状であれば、とっくに死んでもおかしくないほどの重病らしいのですが、ウンは常に菜食主義者だったらしく、それが症状を悪化させずに何とか生き長らえているのだとか


尚父と呼ぶことのみならず、ひざまずいて酒を注げと注文するスンウに、ウンはキッパリこう答えます。主君にそのような辱めを受けさせることまかりならぬ!


年上のキョンフォンを尚父と呼び、戦時中ゆえ、軍礼をとることで了解してほしい


この後、チェ・ウンは病身を押して後百済陣営まで赴きます。ここがね~実にカッコよかった!さすが~次代を担う時代劇スター(^^♪


あの豪胆な性格で、ウンのつらそうな様子を見たキョンフォンが薬をやるから飲めと勧めると、ウンはこれをきっぱりと断るのです目の中にお星様がキラキラ


「自害こそすれ、私一人が薬など飲めるものではないっ!!


劣勢にあって尚、高麗の内奉省令という誇りを失わず、凛として交渉するウンに、さすがのキョンフォンも畏敬の念を抱いたようです。みみっちく苛めるヌンファンやシンゴムの言い分を退けて、ワンゴン自らが「尚父」と呼ぶことで妥協してくれました。


でも実はこれ~ワンゴンはまだ承諾した訳ではなかったのですよね。それをウンが一存で受けてしまったことで、結局高麗は助かった訳なのだけれど、でもウンとしては、これは最後まで禍根として残ってしまいそうで心配なところです


実際にワンゴンが後百済陣営に赴き、キョンフォンに軍礼で尚父様(サンブオルン)と挨拶をした際、ワンゴンがひざまずくことを要求した臣下や息子を押さえ、笑顔でワンゴンを


「弟よ」
(でもただの「アオ」じゃなくて「アオニム」と敬称をつけて呼んでいましたよ


と迎えたキョンフォンに向けたワンゴンの顔は決して愉快な顔ではありませんでした。あからさまではないにしろ、屈辱をかみ殺したような顔をしていましたよね。


どんな話題を向けられてもこの表情はほぐれることがなかったワンゴンを見たチェ・ウンが、心穏やかでいられるはずもありません。ああ、これがおばさんがつい知ってしまったあのシーンにつながらないとよいのですがネタバレされてもた


この戦の責任は全て余にある!もう2度と言及いたすな!!


主君の屈辱と引き換えに生きながらえたことを恥じるポク将軍や、自らの至らなさを恥じて自害してしまった従軍医を諌めるかのように、これを繰り返すワンゴン。でも言えば言うほど、その怒りは並々ならぬものがあったのだ老と察せられて余りあります。何せ、自分の従弟のワン・シンまでも人質に差し出したのですから


代わりに後百済のチノ(王妃の親戚)を得たとは言え、これがまた後日の障害にもなりそうです。さっそく新羅を攻めると意気込むキョンフォンを、ワンゴンは果たして黙って見ていることができるのでしょうか?


ここに来てますます盛り上がりを見せる太祖王建~来週もまた実に楽しみでござりまするね~テジョワンゴンは面白いね~(≧∇≦)



~やっぱりワンゴン=チェ・スジョンはカッコイイな~時代劇をやらせたら彼の右に出る人はいませんな


太祖王建(ワンゴン) 全巻BOX(1章~8章全71巻) [DVD]

太祖王建~主な登場人物とキャスト


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は太祖王建(テジョワンゴン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

秋の新ドラマ一斉揃い踏み~これは楽しくなりそうです(^^♪

毎日あまりにも暑いのでついうっかりしていましたが、気づけば明日からもう9月~ということで、早速秋の新ドラマを探してみました。もう随分出揃っているのですね~。とは言えほとんど開始日未定~なんですけど


夏ドラマはどうしても「夏枯れ」しがちでありましたが、秋は期待できそうですよ~秋の新ドラマ特集(^^♪。顔ぶれとタイトル見ただけでワクワクしてきそうです


では早速参りますね~いつも通り曜日順に並べてみました


「Priceless」(仮題~意味的には「値段がつけられない」)


いわゆる月9木村拓哉中井貴一が登場します。キムタク演じるサラリーマンが、中井貴一演じるいけ好かない上司にいきなり解雇されてしまい、ホームレスとなったキムタクがめげずに逞しく生きていく~というドラマだそうです。会社の同僚で、ヒロイン役(たぶん)には香里奈が加わるそうです。キムタクのセレブ系は見たいと思いませんが、この設定ならなかなか楽しめそうな気がしますけど?


月曜夜9時、フジ系列で10月スタート~開始日未定。多分10/15 か 10/22。



「ゴーイングマイホーム」


こちらは阿部寛山口智子の共演で、是枝裕和監督が手がけるドラマだそうです。小心者の夫と勝気な妻~ってふたりともピッタリですね~


うだつの上がらない夫=良多が旅先の長野で倒れ、そこで出逢った人びとと、これまでの日常には無かった交流が生まれる~という話らしいです。阿部ちゃん大好きなので絶対見ようと思っていますが、山口智子さんはどうなんでしょうね~昔のイメージを壊してくれるような冒険があったりすると楽しいんですけど


他、宮崎あおい、安田顕、夏八木勲、阿部サダヲ、吉行和子、西田敏之らが周りを固めるのも面白そうです


火曜10時、フジ系列で10月9日スタート!



相棒 season11


久しぶりに相棒を見てみようかと思っています。薫ちゃんが去って以来ず~っと見る気がしなくなっていた相棒でしたが、今度の相棒は成宮寛貴なんだそうですよ。となると多少、右京(水谷豊)との差も出て面白くなるとよいな~と期待しています。相棒の雰囲気自体は大好きなので。へ~「花の里」の女将は鈴木杏樹に代わったのですね~


水曜夜9時、テレ朝系列で10月10日スタート!



「レジデント」


これは、ERを舞台にした「研修医たちの成長」を扱ったドラマだそうです。主演は仲里依紗


内容はありきたり~かもしれませんけど、おばさんは好きなんですよね~この手の医療人間ドラマ。それに何といっても脇が魅力的ですよ~ん。荒川良々古田新太光浦靖子須藤理彩~とは、それだけで面白くなりそう


木曜夜9時、TBS系列で10月18日スタート。


でもですね~・・・



「ドクターX」


これもまた医療系で同じ時間なのですヨ。こちらは主演が米倉涼子「生足で闊歩する凄腕のフリーランス外科医」となるともう想像はついちゃうんですが、こちらのも捨てがたいのです。


田中圭鈴木浩介段田安則伊藤四朗室井滋岸辺一徳~って、世間的にはこちらの方が有力かな。


まあ、木曜夜9時なら2本録れないこともありませんが、見るのがタイヘンですよね~。しかも10時台も面白そうなのに。


とりあえず、木曜9時、テレ朝系列で10月18日スタート。



「結婚しない」


再び阿部ちゃんかと思いきや、これがなんと菅野美穂天海祐希ですよ~!でも相手が玉木宏じゃな~ちとガッカリしそうだな。いったいどんなドラマになるんだろう?以前の他のドラマみたいに、メンツ倒れに終わらないといいんだけど


木曜夜10時、フジ系列で10月11日スタート!



「猿飛三世」


伊藤淳史さんが主演なので、他局なら絶対見たと思うんですが、これがなんとNHK。う~ん、ちょっとだけ覗いてみて、見られそうだったら記事を上げます。黙っていたら、サヨナラしたと思ってください


金曜8時。BSプレミアムで10月12日スタート!



「負けて、勝つ」


渡辺謙さん主演で吉田茂元首相を描いた骨太社会派ドラマです。これはかなり前から楽しみにしていましたやっぱり社会派が1つぐらいないとね。共演は松雪泰子谷原章介田中圭、とこちらも見応え十分になりそうです


土曜夜9時。NHK総合で9月8日スタート!!おお、もうこれは来週ですね~来週が楽しみだ~(^O^)/



「高校入試」


とある名門校の入試を邪魔しようともくろむ犯人を推理していくミステリー。これはなかなか変わった切り口で楽しめそうです。主演は長澤まさみ。彼女は、最近なかなかイイですよね~


土曜夜11時10分~。フジ系列で10月6日スタート!



「MONSTERS」


香取慎吾山下智久の共演です~しかも刑事モノです。これは文句なしで楽しめそうです


日曜夜9時~。TBS系列で10月21日スタート。



「てふてふ荘へようこそ」


こちらは曜日も時間も未定とのことですが、中村俊介主演の心温まるドラマだそうです。う~ん、これもNHKじゃなければ面白くなりそうな題材なんですけど、ここでどこまで描けるか~が問題ですな。ここのコメディって、切り口は悪くないんですけど、その後が今ひとつ盛り上がらんのです


BSプレミアムで10月スタート。



またこれは余談ではありまするが、既にクランクアップした「梅ちゃん先生」のスペシャルドラマも予定されているそうです。


「結婚できない男と女スペシャル~前・後編」


ノブの浮気疑惑とか、本編では(おばさんは特に)無視されがちな弥生&山倉カップルのその後~なども描かれるそうですよん。これもまた楽しみでございまするね


こちらは前後編ともにBSプレミアムで午後9時から~10月13日(土)前編「半径100メートルの男」、10月20日(土)後編「欠点ばかりの女」が放送予定です



と、すっかり長くなってしまいましたけど、秋は楽しくなりそうですね~。今から10月が楽しみでござりまする。この記事はブログの右上にしばらく置いて、開始日等分かり次第に補充しておきますね。


hotaru
その頃にはすっかり涼しくなっているとよいですね~♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はテレビドラマに関するお知らせのレビュー一覧」でお読みいただけます

女の香り
 恋愛モノ

女の香り(#21) 私の人生の痕跡 いよいよ次回が最終回!

キム・ソナさん主演の韓国ドラマ女の香り~昨日は第21話「私の人生の痕跡」です。


この女の香りも終盤に入っていよいよまとめてきた感じがしますね。人間の一生もこんな風に自分でプロデュースできればよいのですが、ついつい大切なことを先送りしがちなことを気づかされます。私たちも皆、程度に差こそあれ、今のヨンジェと同じ様に有意義な生活を送れるはずなのですがま、セレブな彼は無理だろうケド(爆)


ところで、ヨンジェが作っていたバケットリストって「The Bucket List」(ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマンの「最高の人生の見つけ方」)から採った言葉だったのですね~。英語だと思わんかった~いっそバケツリストとでも書いてくれれば分かりやすかったのにkick the bucket~バケツを蹴飛ばす=死ぬというスラングは、なかなかシャレた表現ですよね。


~the list before kicking the bucket: (死ぬ前)にどうしてもしておきたいことのリスト~


と、前置きが長くなってしまいましたが、ヨンジェのその「リスト」も、大分「○」がつけられました


大好きなオンマを再婚させること~一番叶えたかった夢が叶って、嬉しそうなヨンジェの顔が忘れられません


美しい済州島に、ジウクとスンジョン、そしてキム先生を迎えて、内輪だけのひっそりとした結婚式を挙げたシーンはなかなか素敵でしたね。ってあれは済州島にいた時でよかったのですよね?


でもおばさん個人としては、みんなが本土に戻ってきて、スンジョンとキム先生が新婚生活を迎えた時、偏屈な大家がふたりに嫌味を言ってきたのを、キム先生がさらりと受け流した上に、一緒に囲碁でもしませんか?と誘ったシーンが心に残りました


なんだかな~あの大家さんがいつも気の毒に思えてならなかったのですヨ。だってもし、ウンソクがヨンジェに出会わなかったら、ああいう孤独で偏屈な爺になっていたと思いません?ウンソクって


自分でもちょっと見る観点が違っている気はしますけど


また、久しぶりに集まったタンゴ教室の仲間たちと一緒に楽しい時が過ごせたようなのもよかったですね。ヨンジェとウンソクのダンスシーンもまた見られたし、ウンソクもすっかり心が落ち着いたようですし


~要するに、ウンソクが幸せなら良いわけですヨ、おばさん的には


そして~ここはジウクの大手柄でしたが~ヨンジェはついに職場にも復帰しました。まあ、これも一種の「彼氏のコネ」ではありまするが、商品(旅行企画)が優れているのだから、文句は言ってほしくないですヨ。じゃあ、そういうアナタがそれ以上に優れた企画を提出してみろってね


でも、ここでのあのジウク父の発言にはめちゃくちゃ腹が立ちました


「もうすぐ死ぬと分かっている人間を会社に復帰させるなんて!


この発言はいったい何なのでしょうか?本当にこんなことを平気で言う人間がいるのかと、思わず耳を疑ってしまいました


会社になど来て体は大丈夫なのか?無理をして病状が悪化したりしないのか?


というなら、まだ話は分かりますが、この親父は本当に人の親、否、人間なのでしょうか?? それに何より、企画自体がよいのであれば、会社の利益にこそなれ、被害など被らないのですから、経営者としても失格だといわざるを得ませんな。もしくは~死ぬと分かっている人間が近くにいると怖いのでしょうか? これはもう幼稚極まりない発言でしたよね~信じられんアンタの方が先に逝きそうよ~<(_ _)>


ま、ここは、息子のほうがずっと先に大人になったということなのでしょうか


多少のストレスはあったとしても、自分の好きな仕事を死ぬまで続けられるということは「生き甲斐」ですもの。逆に言えば、死ぬまで続けたい仕事がないということは、ちと寂しいことなのかも。


これは特別な仕事でなくてもよいのですよ。たとえお茶酌みでもコピー取りでも、自分が職場や家庭、社会の役に立っているという自負を持つことが、人間にとっては一番の生きる意味なのかもしれませんね


さて女の香りもいよいよ来週が最終回です。これまで生きてきた中で今が一番幸せだと身体中から発しているようなヨンジェの笑顔が最後まで失われないことを信じて、おばさんも最終回を楽しみたいと思います。


韓国ドラマ 女の香り オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
女の香り ブルーレイBOX1(Blu-ray Disc)女の香り ブルーレイBOX2(Blu-ray Disc)

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は女の香りのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング