このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<08  2012,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~第4話 ダブルスタンダード

渡辺謙さん主演のドラマ、負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~今週は第4話です。ここではまさにアメリカのダブルスタンダードを嫌という程見せ付けられた気がしました。


日本は、世界に対する戦争責任を果たすため、全ての軍備と戦争を放棄する


そう主張して憚らなかったマッカーサーが、コミュニズムの台頭に際してはあっさりその意見を変えてしまうのです。


This country may need a military.


のつぶやきは、


The Constitution of Japan does not deny the right to self-defense.


という「声明」に繋がっていきました。この国には軍隊が必要かもしれない  日本国憲法はその自衛権を否定するものではない。


普段は実に合理的なアメリカ人ですが(だからこそ~なのかな)、こういう矛盾に満ちた事を平気で言うのですよね。あくまでも理想は掲げたい~でも現実はそれほどうまく行かないというところから生まれる妥協がこれなのだそうです。おばさんに言わせれば、こんなの詭弁以外の何物でもないと思うんですけど


下手をすればまた日本は再軍備化され、東西戦争に巻き込まれてしまいかねない~そう危惧した吉田がひねり出した苦肉の策には、誰もが息を呑んだようです。


アメリカに、日本独立後も軍の駐在を認め、共産主義の脅威から日本を守ってもらう


GHQを通さず、直接アメリカ本国との交渉に挑む吉田。池田隼人と宮沢貴一をワシントンDCに向かわせ、当時の国務省顧問ジョン・ダレスと交渉させました。ドラマでは、このダレスは、日本を対共産主義の「防波堤」として利用したかったように描かれていました。実際も、ダレスはかなりの反共主義者だったようです。


アメリカとの単独講和が世界に受け入れられるだろうか?


危惧する周囲の声に対し、日本にとってはアメリカが世界そのものだと主張する吉田。一刻も早く「独立」を遂げ、かつ再軍備を徹底拒否するために、米軍の駐屯を了承する~という吉田の考えを、さらに決定付けたのは、朝鮮戦争の勃発とマッカーサーからの


「National Police Researve 国家警察予備隊」


の要請でした。あくまでも治安維持のためだけに機能させる総理府管轄の組織となるはずだったこの予備隊に名乗りを上げたのは、服部卓四郎という人物。服部は、東条英機の元秘書官を務めた旧軍人だそうです。そしてこの服部を引っ張り出してきたのは「亡霊使い」のウィロビー。ウィロビーは、東京裁判に批判的な人物だったようですね。


Now you can seek revenge. 今こそ復讐を果たせ


今さら公職追放された軍人を連れてきてどうするつもりだっ!?


直接マッカーサーへ談判し、追放解除を取り消させた吉田のもとへ服部がやってきた時はハラハラさせられました。実際にはクーデターも視野に入れていたようです。


ウィロビーの思惑通り、再び日本に軍部を復活させようとする服部を一喝する吉田。俺の使命は、二度と日本人を戦場へ送らない事だっ!!


ドラマの中で、吉田の息子の健一や、内縁の?妻小りんが~一般国民として自分の意見を言ったり、質問をしたりという件が見られますが、まさにおばさんもそれと同じで、筋を追うというより、その内容を深く掘り下げたい=質問したい気分でいっぱいにさせられてしまっています


なぜにこうも近代史について通り一遍のことしか知らないのか~縄文時代に始まり、飛鳥時代、安土桃山~江戸時代と、古代史から幕末にかけてまではかなり色々なことを学んだはずですのに、どうしてこうも近代史については無恥なのか~自分でも情けなくなってしまうほど


たとえばここでも取り上げられた朝鮮戦争ですが、これまでは単純に「ソ連対アメリカ」の代理戦争なのだと思っていたけれど、現実はもっと根深いのではないかと最近感じるようになりました。


閔妃として知られる明成皇后が、日本の脅威に対抗するためロシアを引き入れようとしたのに、そのロシアが帝政の崩壊によって共産主義国となったため、それまでの絶対的な身分制度に苦しめられていた朝鮮の下層階級がその思想を受け入れやすかったということもまた、ソ連の侵攻を促した一因になったのではないか~などとも考えてしまいます。そういう説もあってもいいんじゃないのかな、って。まあこれはあくまでも個人の見解なので、もう少し調べてみないと確実な事はいえませんけどね


でも少なくとも、たとえば安土桃山時代の歴史的人物に対しては(素人の)個人的レベルでも様々な見解や解釈があるというのに、近代史にはそれがあまりない~少なくともおばさんの周りにはそこまで関心を持って語る人がいないというのは、やはりかなり異常な事なのではないかと思うのです。まあ今回の問題に対する論調はかなり感情的に見受けられるので、ここで意見を言うことは差し控えますけれど。


今、教育界では、近代史から遡って学ぶという流れが出てきていると聞きました。実に羨ましい限りですむしろそうあるべきでしょう。ネットでの情報だけに惑わされず、史実に近い歴史を学ぶ、何が真実なのか己の目で見極めるために、出来る限りの情報を収集する、片寄った見方にならぬよう大局的に歴史を見直す~その手段の1つとしてこのドラマを楽しませてもらっています


来週はいよいよ最終回ですね。結局は開戦を止められなかった自分を最も憎んでいると健一が評したこの吉田が、全面講和が成せなかったという周囲からの評価を受けて、その後どう自分と向き合っていったのか~最後までキッチリ見届けさせていただきまする


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~のレビュー一覧」でお読みいただけます

Missing ミッシング
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

Missing 第6話 追憶のパズル ますます謎めいてきちゃいました(-_-;)

海外ドラマ・Missingミッシングの第6話は「追憶のパズル」~原題は「A Busy Solitude」(忙しい一人ぼっち)です。


前回大分見えてきた~と思ったのもつかの間、今週は逆に見えすぎて分からなくなってきちゃいました。まさに「パズル」ですな~これは


こういう時は初心に帰るのが一番なので、とりあえず、知りえた情報を並べてみますね


まず、ヴィクトル・アジモフについて。


彼は元ロシア(インテル)の諜報員だったのが、90年代の初めにこれを引退し、それまでのキャリアを生かしてロシア経済界のトップへとのし上がったようです。諜報員時代に培った情報と人脈を私的に悪用すれば、これほど手っ取り早い金儲けもないでしょう


アジモフはこれに、長年諜報員として交流のあったポールを誘ったようです。ちょうどその頃、ポールはベッカと結婚し、マイケルが生まれる頃だった。1992年7月18日~マイケルが誕生したその日にポールは何を決意したのか。(あ、事実だけ並べるつもりが妄想モードに入りそう


このアジモフの「ビジネス」=ヘリオスは多岐に渡っている模様なれど、今回ハッキリしたのは、ヘロインやダイヤよりもっと危険な「ブツ」を扱っているらしい事。あの防護服を見る限りでは、化学兵器か核兵器~ロシアがらみだから後者かな


CIAのエージェントも、このアジモフとポール関連を調べていた5人が既に亡くなっているようです。内部スパイを追っている途中でと言っていたことから、実はオルテガや(マヌケに見えるヴァイオレットも怪しかったりするんでしょうか?


そのアジモフのアジトに単身乗り込んでいったベッカは、他ならぬアジモフによってマイケルのもとへと導かれていきます。いったいな~ぜ~~?


ますますワカラン~(-_-;)

一方のマイケルは、なんとか脱出に成功。オクサナを連れて列車に飛び乗るところを城の監視員が撃とうとしたのに、そこへやってきたアジモフはあの金髪男(部下)に、マイケルたちではなく、彼らを狙っていた監視員を撃たせました。マイケルをしつこく狙ってくるあの恐ろしい監視員はアジモフの部下じゃなかったとね?


「ウィーン 水曜 1時 鳥の桜 鳥の下に子供達が 了解」


いったいこれは何を意味しているのか?


また、ベッカがヘリオスに乗り込んできた時、アジモフはいったい誰と電話していたのかも気になります


「So what do you want me to do?」 私にどうしてほしいんだ?


これだけのセリフなら、例の株券をCIAから奪い取り、アジモフにその半分を渡したらしいポールかな~とも思えるのですが、その後のセリフ~何か起きたらよろしく頼む(この人の英語訛りが強くて聞き取れない)がね~どうも釈然といたしませんの。このセリフは、どう考えても「味方」に発したものであって、敵対する相手とは思えませんし、ポールに頼むような内容でもない気がするのです。


もしかしたら、これこそが、インターポール=ジャンカルロと話していたのかもしれませんよね?


前回の記事に頂戴した実に鋭いコメント


「黒幕はジャンカルロなのでは?」


今回はこれを念頭に置きながら彼を見張っていたのですが、確かにちょっと怪しい動きも見せていたのです


ポールの山小屋(やっぱり「城」とはいえませんよ)で、モスクワからの路線図を発見した時、これが「密輸ルート」であり、ポールもそれに関わっていると話していた際に、ジャンカルロはひとりだけ「憂いに満ちた目」をベッカに向けておりました(笑)。


これだけなら(恋愛好きな女性陣のための)思わせぶりか?と思えない事もないのですが、その後、ヘリオスからベッカが連れ去られた時にベッカを助けようとしたジャンカルロの行動も、いかにも間が抜けていましたよね。も~掴まされて、本人逃がしちゃったんですから。これはかなり怪しいでしょう?


そして、今回ダックスに代わって陣頭指揮を取る事になったオルテガが、最初はジャンカルロをコケにしていたくせに、途中から「ゲスト」扱いし始めたのは何故か?手錠は無で来てもらって


これらを合わせて考えてみると、やはりジャンカルロは何らかの秘密を握っているのかもしれないと思えてきます。でも黒幕かどうかは~おばさん的にはまだ判断しかねるところですね。あと一押しほしいところです


来週の予告では、ベッカが過去に犯した大きな失敗についてオルテガがベッカを追求しているようでした。ジャンカルロはそれ=ソングバード作戦?についてベッカを庇おうとしていたのかな。あの銃を構えていた金髪の少年はいったい誰なのでしょう? (ああ、だから「鳥」bird か~!


それにポール。ポールはやはりアジモフとともに「違法行為」に手を染めていたのでしょうか。10年間身を潜めていたのは、株価が急上昇するのを待って、ベッカとマイケルを呼び寄せたかっただけ? これからウィーンに向かうというポールは実に嬉しそうな笑顔を浮かべていたのですけど。ベッカがひとりで悪戦苦闘しているのに(ああそれでbusy solitudeか)、いったい何だろうね、このおっちゃんはポール、早く白状しろっ!!


あ、そうそう、ベッカが最初に入力した「コード」~ふたりが最初に出会った場所の座標も、まだまだ関係あるかもしれませんよ~。忘れずに書いておかねば。


謎が謎を呼ぶ中、若い男女がめでたく結ばれたのは見ていて微笑ましたかったです。Happy Birthday Michael!~あの年頃はたとえ貨物列車の中だろうと、恋人と一緒に過ごせた方が良いに決まっていますもの~お誕生日は


さ~て来週はどうなるのかな~。残りはあと4話しかないので、最後の最後までハラハラさせてもらえそうですね~まさか~このままうやむやってこたないですよね~(笑



加筆します: 夕飯を作っていた時(餃子を焼いてました)あるシーンを思い出しました。あのマーティンが、PCを前に作品の構想を練っていたらしい姿


Chapter 1


きっとこの男が黒幕です~。おばさん、も~ピッカピカに閃いちゃいましたkyaa!だって、いくら元エージェントで売れっ子作家になったからと言って、第1話であんなに彼の作品について能書きがあるハズないし、今回のこのシーンもめっちゃ思わせぶりですや~んと、今すっかりその気になってます。下のコメント欄でも、一応の根拠を並べさせていただいております。でもこれがまたおばさんの妄想だったら、まあその時は笑って許してやってくださいマセね。 18:00 2012/9/30 こん


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はMissing ミッシングのレビュー一覧」でお読みいただけます

梅ちゃん先生
 NHK朝の連続テレビ小説

梅ちゃん先生 最終週 上を向いて歩こう~これまで本当にありがとう!

梅ちゃん先生の第26週~最終週は「上をむいて歩こう」です。最後には涙がポロポロ流れて止まりませんでした。これは本当に良いドラマでしたね~


ここでは敢えて公表はしていませんが、まあ長くおつき合い頂いている方はご存知ですが、おばさんは福島県民です。あの3.11では家が倒壊し、その後何とか新居に落ち着いた今でも、まだ放射能問題がいつも目の前に厳然として立ちはだかっています。


だからせめて前向きに楽しく生きていきたいこんなことに負けるもんか~っ!~そう考えて、毎日楽しく過ごすよう、楽しい記事が書けるよう心掛けているつもりです。でもね~どんなに楽しく過ごそうとしても、やはり心のどこかに鬱屈した思いが宿るのを全て払拭するのは難しい~そんな毎日を過ごしている我々にとって、この梅ちゃん先生は本当に心からの救いでした毎日笑顔をもらいました♪


~だからおばさんは、基本的に暗くてドロドロしたドラマは見たくないし、考えたくもないのです。だって現実がそれをずっと上回るドロドロ状態なのですから、ドラマでまでドロドロ・イライラを楽しむ?余裕などまったくございませんの(笑)~


ずっと気になっていた広志君。彼を突き動かしていたのはやはり「焦り」だったようです。でもそれは、おばさんが妄想したような健康上の不安から来るものではなく、幼い頃どんなに頑張っても満たされなかった自分の欲求に、いつのまにか歯止めがかけられなくなっただけだったようです。


どんなに頑張って働いても夜間高校にしか行けず、就職も小さな製薬会社にしか入れなかった。これでは大病院に認めてもらえないから、患者のために尽くすことにならない


でもこれもですね、ノブのところの光男君~夜間高校にいけるだけで、本が読めるだけでありがたいって言っていた彼とは偉い違いですよね


これはドラマのみならずしばしば感じることなんですけど、何を持って幸せと感じるか~その感覚こそが人間の「幸福」の度合いを決めるのではないでしょうかね。ちょうどドラマにもあったように

「末吉」を幸運と思うか「小吉」でも不満に思うか


いわゆる「幸福脳」と呼ばれるアレですわね。


要するに、不満の多い人は何をやっても不満に感じるし、ほんの小さなをありがたいと思える人は、たとえ何があっても幸せに暮らしていけるということです。


ここでいつも思い出すのは、奇しくもこの梅ちゃん先生に酷似してるな~と最近よく思っているサザエさんの4コマ漫画。もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかな


電車の中で100円を拾って100円も儲けたっ!大喜びするますおさんに対し、株だか競馬だかで100万円しか儲けがなかったと悔しがる男性。


さてどちらが幸せなのか。たとえオメデタイ・アホと言われ様と、おばさんはますおさんのようでありたいと思います。そうは言っても時々は不満や愚痴も出ちゃいますけど


まあ、この広志君は「まじめすぎた」だけなんでしょうけどね。そんな広志君の気持ちをなんとかほぐそうとした梅子が、母の芳子に頼んで作ってもらったおはぎ~これがご褒美じゃダメなのかな~のシーンにも、ジ~ンとさせられちゃいました


食べると甘くて幸せな気分になれるよ♪


ありがとうというひと言。自分が関わった患者さんが元気に暮らしている姿。彼らの幸せそうな笑顔。


自分の仕事や人生に誇りを持つということはそういうことなのではないでしょうか。生きていくために最低限の収入が得られるなら、後は、そう言った誇り~生きがいと言ってもいいのかな~を見つけていくことが、人間には大切なことなのではないかしらね


ドラマではそれがデフォルメされて、松岡は研究が認められて助教授となり、ノブが作った部品は晴れて新幹線に使われることになったけれど、そこまで大きな達成でなくても、そう、まさに「梅ちゃん先生」の診療所がそうだったように、

「いつも寄り添ってくれる町医者」

として皆が頼りにしてくれる~困った時だけ都合よく利用するなどと思わずに困った時に頼りにされるのが誇らしいと思えたら、どんなに心豊かに生きていけることか今日本人に必要なのは豊かで大らかな心だと思います


この梅ちゃん先生は、いつもそう語りかけてくれてたような気がします。必ずしも「立派」でなくていいんだよ。でも自分で自分に誇りが持てるようになれればいいね、って。


最終週のタイトルとなった「上を向いて歩こう」も、まさか建造父さんの歌を指していたとは思いも寄らなかったですが、あのいつもムッツリ怒っていた建造にも「変わりたい=進歩したい」という意識があったとは、これは実に意外でした。彼は彼で自分の人生に満足していたように思えたけど、それなりに~気にしていたのですね。自分のあの頂けない性格を


「オヤジがいないと思うと気楽に遊びに来られるよな」


もう竹夫にそう言われることのないように、これからは是非「好々爺を目指して頑張ってほしいものです


でもあの歌は実によかったな~特にノブ母役の大島蓉子さんの声は抜群に柔らかくてバンバン響いてました~。やはりカエルの王女様での特訓が効いたのかしら?(笑)


終戦後とはいえ、特に気張ったところもなく、ただなんて事ない日常のあれこれを梅ちゃんというキャラクターを中心にして描いたドラマが、こんなに素敵なドラマになろうとは思いも寄りませんでした。最後まで本当に楽しく見させていただきました。


梅ちゃん先生、勇気と元気を毎日本当にありがとう!本当に楽しかった~(≧∇≦)


これからも特番~是非その後も時々SPを!~心から楽しみにしておりまする。また、週に一度しか、しかも言いたいことしか書かないものぐさレビューにお立ち寄りくださいました皆々様にも心から御礼申し上げます。どうもありがとうございました


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は梅ちゃん先生のレビュー一覧」でお読みいただけます

不屈の嫁
 家族モノ・ホームドラマ

不屈の嫁(#11&12) このストレートさがたまらん(≧∇≦)

不屈の嫁は、最近毎日の「癒しのドラマ」と化しています


おばさん何が苦手ってドロドロした愛憎劇ほど苦手なものはないんざんす


母親に愛されなかった子どもがグレて可哀相だとか、過去のトラウマが原因で犯罪を犯した~とかそう言う話は生理的に受け付けないタイプなんですも~イライラして見てられない!


韓ドラってそういうのが多いでしょう?イイ年をした大人がいつまでも親に甘ったれている設定って


も~ああいうの見ると、ドラマの中に入ってお尻を蹴飛ばしてやりたくなるんです。甘ったれるのもいい加減にしろっ!!そんなに親が不満なら、大人になったらさっさと自立せんか~っ!世の中には、毎日食べるものさえなくて死んでいく子どもがごまんといるんだぞ~。育ててもらっただけでありがたいと思え~っ!!大体いつまでも親の世話になっているんじゃないっ!って。


見ながら文句を言うんじゃなくて、今ではもうゼッタイ見たくない。そういうドラマを見て文句を言う自分自身も嫌になっちゃいますし、なぜかその気になって見ちゃった日には、その後ものすご~く疲れちゃうんですの見なきゃよかった~と後悔しきり


それが苦手なら韓ドラ好きと言うな~と言われたこともありますが、そんなことはありませんよね? この不屈の嫁のように、実にストレートであっけらかんとした温かいドラマも、立派な韓ドラですもの。あの意地悪女さえ出てこなければ最高なんだけどな~


前回、ついアメドラとこのドラマを比べてしまったのも、そんなことが原因かもしれません。このドラマ、どちらかというと、カラッとしたアメドラホームドラマに近いような気がしますの不屈の嫁は悪くない(^^♪


姑=意地悪


というのが、オーソドックス?な韓ドラなら、


姑=理解ある優しい女性~母親の鏡


というのがアメドラでは多いのですよ。もしそうじゃなくても、そうあろうとするものが圧倒的です。


とまあそれは置いといて、今日はめずらしく、あの「チョンガーシヌはイイわ~(≧∇≦)について語ってみたくて筆を執りました。


こう言ってはなんですが、ルックスはま~ったく好みではないんです。どちらかというと、シヌの兄=ジヌ(イ・フン~イ・ハンミン@王の女)のほうが好きですね~第一印象どおり


でも今こうして毎日見ていると、シヌへの好感度は急上昇~これは、


ルックスではなく中味を重視する~金持ちのボンボンにしては我がままじゃない~なかなか優しい


ところが好きみたいです。まあ、夜中に電話して


キュウリのキムチが食べたい~卵焼きを持ってきて


というところはお子ちゃまだけど、その辺もまたまったく嫌味がなくて好感が持てるんです。そうそう、年下の可愛い弟分が出来たみたいで


ヨンシムがシヌを放っておけなかったのも、これと似たような感覚だったんだろうな~。ひとり暮らしで満足に食事もできていないのかも~と思うと、きっと放っておけなかったのでしょう。おばさんもお節介だから分かるわかる


でもそれが、思わぬ誤解を招いていたと知った時、ヨンシムはビックリしてしまったのですよ。純粋な自分の好意が、まさか青年をたぶらかす悪女に見られていたなんて!そんなつもりじゃなかったのに~自分が許せない(;_;)


ここで、あの浮気女の口車に乗って、ヨンシムを苛めに来ちゃうあの鬼婆(シヌ母)がもう少し素敵な人だったら、おばさんも怒り心頭に達してしまうのかもしれないけれど、何せこちらは、ヘジャ(ヨンシムの姑)の実家から米100俵盗難疑惑をかけられている、実に下品なおばちゃんなので、思ったほどここは腹が立ちませんでした


おばさんがムカッとするのは、


いかにも上品ぶって優しいふりをしているくせに底意地が悪い


という人種なのです~あの浮気女のように。そこへ行くと、このシヌ母は見たまんま~ですからね。ただ、あの父親にはイライラさせられるかもしれませんけど


最初はただなんとなく気になっていただけなのに、あまりにも健気なヨンシムを本気で好きになってしまったシヌは本当に可愛かったですね~ついに告白してましたものね~


アルバイト先で倒れていたヨンシムを病院へ運び、家に帰ると騒ぐ彼女を引きとめて朝まで自分も付き添って、きちんと家にも送ってくれる。アルバイトをやめろと口で言うだけじゃなく、自分でモヤシの根っこ取りまで手伝ってくれて、バッグに穴があいたと聞けばプレゼントまでしてくれる。しかも「粗品だから気にするな」と気を遣って


まあこればっかりは価値観の違いだから仕方ないのかもしれませんけど、寡婦=未亡人と結婚するのがまるで犯罪でもあるかのようなあの扱いに、どこまでおばさんが耐えられるか~それが今後の鬼門かもしれません。


せっかく気に入ったドラマなので、ああだから韓ドラはダメなんだよ~とならなければいいんだけどな~。でもそこはなんとか~ヨンシム応援団として頑張ってみようか~


シヌも頑張れ~!


不屈の嫁 DVD-BOX1不屈の嫁 DVD-BOX2不屈の嫁 DVD-BOX3不屈の嫁 DVD-BOX4不屈の嫁 DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は不屈の嫁のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング