このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<09  2012,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

スイッチ~運命のいたずら 第10話(シーズン1最終回) 冷たい火花

スイッチ~運命のいたずら Switched at Birth)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: スイッチ~運命のいたずら (Switched at Birth)あらすじとレビュー一覧


Dlifeで放送中のスイッチ~運命のいたずら (Switched at Birth)」~本国ではシリーズ1は30話の構成らしいのですが、日本では10話で一応の区切りをつけるようです。だから、これ「The Homecoming」がシリーズ1の最終回になるらしいです。なぜそのようにしたのか理由は皆目分かりませんけど


また、ネタバレされるのが怖くてあちこちから情報を仕入れられないおばさんは、この事実を今日初めて知ったのですが、この「Switched at Birth」(スイッチ)は実話だったのですね~。今とっても気に入っているこのドラマなら小説を読んでみてもいいな~と思い立って検索したら、著者がキャスリン・ケニッシュ(Kathryn Kennish)とあったのを見てビックリ


今ちょうどこの第10話を見てボロボロ泣いていたところだったのですが~エメットのシーン、じゃあエメットもまた実在の人物なのかな~幸せになってくれるといいな~などと、ますます真剣に思ってしまったのでありまする。以下、簡単にあらすじをまとめておきます。


~実話ではなく、テレビ局が「実話という設定で小説を出版」したそうです~。見事に騙されちゃいました


ベイの前に突然現れた男性~自分と芸術的なセンスが似ている事から盛り上がるベイの腕に巻かれたブレスレット=ギター・チップを見て、自分のものだと語るこの男性こそ、ベイが夢にまで見た父親のアンジェロでした。


これは偶然でも何でもなく、アンジェロは、新聞でベイとダフネの「Switched at Birth」を知って、ベイの通う学校の学園祭があると聞いて娘に逢いにやってきたのです。


レジーナが何と言ったか知らないが、好きで君を捨てたわけじゃない


その後再会したレジーナにも、もう一度やり直したいと迫るアンジェロですが、どうもね~この人、かなり胡散臭いかも。最近う~んと可愛くて大好きなベイの父親だから悪く言いたくは無いけれど、取り違えに対する賠償金目当て、ベイの育ての親が裕福なことを嗅ぎ付けてやってきた、ようにしか見えません。これがおばさんの思い過ごしであってくれればよいのですけれど。


おばさん同様、ジョンもキャスリンも、そしてレジーナも、アンジェロとの交流を反対しているのが、ベイには理解できません。私はアノ人に何も悪い事はされていない。ただ父親だから逢いたいし、もっと知りたい。


感情をぶつけてくるベイを理解してくれるのはエメット唯一人なのですエメットとベイが大好き♪


そんなエメットに、今回ダフネが自分の気持ちを打ち明けました。エメットがベイと付き合っているのを知る前から、私はあなたが好きだと気づいた。


でもエメットはベイを捨てませんでしたこういうところが素敵ですよね~エメットは。確かに8年間もずっと思い続けたダフネですから今でも大好きなのは変わりません。サイン(手話)という共通の言葉を持つダフネといたほうが、ずっと楽でいられるからです。エメットは、唇の動きを見てもその3割ほどしか理解できないのだそうです。


ベイのことも好きだけれど、ベイと関わると、必ずその周囲とも関わらざるを得なくなる。そのうちにベイはきっと、僕の事が重荷になる


そんなエメットの悩みを鋭く見破るベイ。分かったわ。もう何も言わないで。ダフネとの間には割り込めない諦めるから


そう言って去ろうとしたベイに、エメットは心のありったけを、その「声」に託して伝えました


君がdeafだったらどんなにいいか。でも僕はdeaf Bayが好きなんじゃない。そのままの君が好きなんだ~I just like you!


プライドの高いエメットにとって声に出して話すことがどんなに大変なことなのか分かるだけに、ここはもう、涙が溢れてきて止める事が出来ませんでしたエメット~ありがとう~!。勿論ベイも、エメットの心をシッカリと受け止めます


そう、ベイは自分でも言ってましたが、見かけのわりにとっても繊細なのですよね~だから側についていてあげたい。逆にダフネは、見かけよりずっと強い


私はエメットを諦めない!


以前リアムと別れさせられたのが痛かったな~。おばさんとしては、エメットとベイを応援してあげたいんだけど。


でも一方ではウィルケがダフネを好きになったようです。ちょっと変わった男の子だけど、それなりに思いやりもあるようだし、ダフネもそんなに意固地にならずに、ウィルケと付き合ってみるのも悪くないかもしれませんよね。今回、エメットも大分譲って、ウィルケたちと一緒にコンテストへの出場を決めたのですから


来週から一応シーズン2になるようですが、特に抜けがあるわけではなくて、内容的には11話=続きで間違いないようです。スイッチ~運命のいたずらSwitched at Birth)は、続きもますます楽しみですスイッチが大好き(^O^)/


Switched at Birth 1 [DVD] [Import]

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスイッチ~運命のいたずら (Switched at Birth)のレビュー一覧」でお読みいただけます

遅咲きのひまわり~ボクの人生、リニューアル~第2話 人生が花開く時

生田斗真さん主演の遅咲きのひまわり~ボクの人生、リニューアル~は、第2話もなかなか面白かったですよ。これは本当に期待以上のドラマです遅咲きのひまわりも良いドラマですよ~♪


今回のテーマは遅咲きのひまわりは本当に咲くのだろうか?。


市役所の車に乗っていたおばちゃんたちが、ひまわりが咲いていないかと口々に話すのを聞いて、いぶかしく思う丈太郎。え?今頃(秋です)ひまわりなんか咲くんですか?


時々忘れた頃に咲くひまわりがあるのだと聞いた丈太郎はなんとなく嬉しくなったみたいです。今まで俺の人生に「花」が咲いたことなど無かったけれど、俺もこれから花咲く時が来るのだろうか?まだまだ来るよ~(^O^)/


そんな時、お年寄りのひとり=欣治さんがお風呂場で転倒し、そのリハビリの世話と農作業を手伝う事になった丈太郎。慣れない農作業に四苦八苦する丈太郎を見て、もう農業は諦めようとつぶやく欣治さんに、なんとかなるから頑張ろうと声をかける丈太郎なのですが、肝心の欣治さんの気力がなかなか湧いてきません


それでも、リハビリに出かけた先で出逢った「高校野球の地元のヒーロー」だった松本弘樹(柄本佑)の姿には、その芽が生き生きと輝きだしました


「ピッチャーで4番の松本弘樹じゃないかっ!


夢中で握手を求めた欣治さんの手を握り返してくれない松本にガッカリしてしまう欣治さん。欣治さんはかつて、奥さんを亡くした時に一度農業を辞めようとしたことがあるのだそうです。もう一人では頑張れないもうこの土地を離れるしかないのか(;_;)~そう気落ちした時、テレビで松本がマウンドでひとり頑張っている姿を目にしたそうです。


地元の高校生が甲子園を目指して頑張っている。ああ俺もまたもうひとガンバリしよう!


そうそう、四国は本当に野球が盛んなのですよね。おばさんも高校野球が大好きですが、四国のチームはつい応援してしまうほどです。ドラマでは明徳義塾に似た名前の高校に、松本が決勝戦で負けた~と言ってましたっけ


そんな地元の憧れの人だった松本でしたが、二浪して東京の大学へ行ってからは鳴かず飛ばず~結局は地元に戻って市民病院の理学療法士アシスタントをしているらしいのです。せっかくだから資格を取れと勧められても気乗りせず、何をやっても中途半端な自分に嫌気がさしているらしい松本。


でも、この松本が生き甲斐だったと語ってくれた欣治さんのおかげで、ずっとしょぼくれていた彼の人生も少しずつ変わって行くかもしれません。過去にこだわりたくないと言いながら実は自分こそもっともこだわっていた事に気づけた松本なら、今度こそ、前に向かって歩みだす事ができるに違いありません


一度でも輝いた時=花咲いた時があっただけ自分よりマシだ~俺はまだこれからだという丈太郎の能天気ぶりも、松本のやる気にスウィッチを入れてくれたかもしれません


人生に挫折は付き物ですが、挫折を「取り返しのつかない失敗」と思わずに、その後の人生への教訓であり、忠告だったと思えるようになるのは、やはりそれなりに年を取らないと分からないのかもしれません。まだまだ若い彼らが、ごろんごろんと何度も転びながら人生を模索する様子はなかなか好ましくて、見ていてとても気持ちがよいですもっといっぱい失敗を重ねてどんどこ大きくなれよ~


でも、結構年齢が行っているにも関わらず「昔の栄光が忘れられず「今の自分に不満だらけ~のさより(国仲涼子)にはちとイライラさせられちゃってます。社会に出ずに結婚したのも自分の選んだ人生なのだから、せめてもう少し充実させられるように、何か楽しみや生き甲斐を見つければいいのに。何も無い田舎でも、本人さえその気になればいくらでも見つかりそうなものだけど


遅咲きのひまわり~ボクの人生、リニューアルは来週も続きが楽しみでござりまするいつからだって始められる


でもひまわりが秋に咲くのはかなりめずらしいよね~


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は遅咲きのひまわり~ボクの人生、リニューアルのレビュー一覧」でお読みいただけます

剣士ペク・ドンス
 時代劇・歴史モノ

剣士ペク・ドンス(#27&28) くやしいけどテウンに泣かされた(;_;)

剣士ペク・ドンス~25話で天様が逝ってしまってから、すっかり視聴意欲が下がったおばさんの気持ちを再び盛り上げたのは、なんとも意外なコトに、あの憎たらしい事この上なかったテウンでやんした


今回もまた、テウンの息の根を止める絶好の機会だったのにも関わらず、これをドンスが助けた時には大体の事は読めてしまっていたのですヨ。ああ、これは北風と太陽の訓話どおり、ドンスの優しさがテウンを改心させるんだろうって。


それが分かっても尚こ~んな目で見ていたおばさんだったのが、あの息子が出てきた時にはすっかりやられちゃいました。以前テウンが、ファン・ジンギやジンジュをおびき出そうとした時に、美味しいものを渡してお使いを頼んだあの男の子です。


ホン・デジュを裏切ったということで半殺しの目に遭ったテウンは、死に掛けていたところをドンスに救われるも、どこに行く宛もなく、むしろにくるまってただ死ぬのを待っていた時に、この子がお菓子を差し出したのです。


以前テウンに美味しいものをもらったことがよほど嬉しかったのでしょう。今この子が差し出したものは、きっとう~んと粗末なもので、これまでのテウンなら鼻にもかけなかっただろうに、今のテウンは「物」ではなく、この子の「優しさ」を感じる事ができたのですねここは泣けた~(;_;)


「おじさんにくれるのか


最後に何とかして一矢報いたいと考えたテウンが「謀反」のことを探りに行くと、なんと、この子が住んでいる集落が襲撃されるというではありませんか


そんなことは、この俺がさせやしないっ!俺が守ってやる!


ホン・デジュと刺し違える覚悟でやってきたテウンは、官軍たちに火薬を撒き散らし、その手に松明を振りかざしました。ここで俺様と一緒にあの世へ行こうっ!!


そんなテウンが、あのケンゾウに腹をぶすりと刺された時はショックだったな~やっぱり役者が上手いのね~。これまでも何度も修羅場を切り抜けてきた自分にとってそんな傷など屁でもない~と火薬に火をつけるテウン


事態を知ってようやく駆けつけてきたドンスに礼を言うテウンが哀れでなりませんでした実は気の毒な男だったのですね~。ああ、これまでテウンがあれほどまでに憎たらしく描かれてきたのは、結局は権力に利用され続けてきた黒紗燭籠という暗殺集団の「哀れ」を描くためだったのだ~と、ここは天様が亡くなられた時と同じ位号泣してしまいました死ぬな~テウン!って。我ながらか~なり単純ですが(笑)。


また、ずっと誤解され続けてきたウンが、ようやくドンスに理解されたのも嬉しかったです。チョリプを刺したのも、ホン・デジュの息子から守るため~わざと急所を外してのことだったのですからね。


貞純王妃から頼まれても「親友=ドンス」の首は取れないと言い切ったウンウンはいいよ~ヨンの次にお気に入り


そんなウンに、あの偃月刀でホン・デジュの腕を切り落として来いというシーンは、おばさんが妄想するに、あれは世孫のものだから、世孫が乱心した=譲位はできない~と持っていくつもりだと思ったのだけれど、その辺の作戦は、ウンによってデジュ=兵判が謀反を企てた事が明らかにされたため、不発に終わってしまったのかしらね


まあこの辺は、お好きな方には戦いのシーンが見どころだったかも知れないけど、おばさんにとってはそれは今ひとつどうでもよくて~逆にこうした人間関係が修復に向かったらしかったのが、なかなかじんわりとして楽しめました。ホン・デジュもようやく死刑にされましたしね


ところが~です


またこれが最後の最後に来て、今度はあのチョリプ、いや、ホン・グギョンが余計なことを言い出したのです。チョリプはホン・グギョンとなった時点で相当の悪人になったと見ていいでしょうな。ホン・デジュを殺したのも、自分がホン一族を牛耳ろうとしたからなのでは?


まあ、それはおばさんの単なる言いがかりかも知れんけど(でも史実ではかなりの悪人なんですよ~ホン・グギョンは)、せっかくただ一人残ったお気に入りのウンを最後に殺させるつもりなんですもの~この男は。しかも、ようやく分かり合えたドンスに、ウンを殺させるつもりなのですなんで今さら持ち出すかな~


思悼世子を殺したのは天(チョン)です!


黒紗燭籠を解体するのは大いに賛成だけど、どうしてこれまでず~っと助けてきてくれた旧友を殺そうとするのかな。も~やっぱり、ホン・グギョンは許せ~んっ!!この卑怯者っ!


この手のドラマで、おばさんが望むようなハッピーエンドはまず無いだろうケド、テウンの例もあることだし、ここはどうか最後まで美しくまとめてもらいたいものです



~善人=ドンスにはもう少し「深み」を期待したかったな。ウンがイケメンな分、顔は多少崩れてもいいから、もう少し人情味に溢れた役者さん(あ、韓ドラにはそういう若手があまり登場しない)だともっとう~んと楽しめた気がするのはおばさんだけだろうな~きっと。イケメンも好きだけど、そういう味のある俳優さん(フクサモとかジンギとかは)も主役を張らないとドラマに深みが出なくて物足りないです~


ペク・ドンス <ノーカット完全版> DVD-BOX 第一章ペク・ドンス <ノーカット完全版> DVD-BOX 第二章ペク・ドンス <ノーカット完全版> DVD-BOX 最終章

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は剣士ペク・ドンスのレビュー一覧」でお読みいただけます

太祖王建(テジョワンゴン)
 時代劇・歴史モノ

太祖王建(テジョワンゴン)#175&176 三韓統一の新たな立役者登場?

太祖王建テジョワンゴン)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 太祖王建(テジョワンゴン) あらすじと感想一覧


太祖王建テジョワンゴン~このままずっとシンゴムが悩んでいたらもう見るのを止めようかと思ったほどウ~ンザリしてきたんですが同じことの繰り返しは本当に嫌いなんでやんす、同じ繰り返しでも、これはちと面白くなりそうじゃありませんこと?アジャゲ登場で楽しくなってきたよ~(^^♪


「金山寺に監禁されたキョンフォンを高麗に迎える」


これこそキョンフォンの父=アジャゲの行動のまさに「繰り返し」ではありますが、そういうことなら、なかなか楽しくなりそうで期待しちゃいますあのキョンフォンがね~(゜o゜)


しかもアジャゲはまだ生きていましたよ~いまだにキョンフォンを嫌っとります。彼はそのまま鉄円に残っていたのですね~しかもその御年なんともうじき100歳!?


その奥方もまだ自分で栗が剥けるほどお元気だそうで、こちらは「耳だけ遠くなった」アジャゲとともに、いまだに仲睦まじく暮らしておいでのご様子でした


キョンフォンの話を聞かずに暮らせるのは天国だ~髪まで黒くなってきた!


と、まだまだあと100年は生きるお積りのようです。さすが、鳳参(ポンサム=スペシャル人参)恐るべしでござるな


革命を起こして父を幽閉したシンゴムを、キョンフォンは決して許さぬに違いない。何せ最も愛していた末子と軍師まで殺したのだから


その上、もしキョンボ大師に間に入ってもらえれば、ひょっとしたら戦うことなく「玉璽」が手に入る=三韓統一が成せるかも~という算段が、ワンゴンの胸中をよぎったようですが、でも大師曰く、まだまだ「流れる血は流しつくさねば」その時は来ないようでござりまするが


また一方、義理の兄ということで今回死を免れたパク・ヨンギュでしたが、彼の妻~シンゴムの姉が、ここでまた一役買うらしいのです。(オホン@大祚栄!ですよこの妻の名前はなんていうのかな~


いつも抜かりの無いネタバレーションによれば、彼女が「高麗に逃げてきたキョンフォンをワンゴンに出迎えさせる」人物なのだそうです。おお~やはりキョンフォンはワンゴンに命乞いする運命なのですね~まあワンゴンもそれなりの敬意を払うんでしょうけれど


しかも後にこの女性の娘=つまりはキョンフォンの孫がワンゴンの妻(東山院夫人)や後の皇帝・定宗のふたりの王妃(文恭王后・文成王后)となるそうなのです


百済では、妻や側室、親戚や子どもが増えれば増えるほど「反乱」の種も広がっていったものでしたが、逆に高麗では、こうした政略結婚が実に上手く奏功したという事例なのでしょう。それもまた、上に立つ者(特に王后)の人徳でありましょうな。百済の反乱を聞いた莊和王后(トヨン)はすぐに武(ム)を戒めていましたものね。弟たちを大切にせよって


腹違いとは言え、血のつながった弟を殺しておきながら、いまだに「正道と道理」を求めている実にとんちんかんなシンゴムはもう放っておいて、早くキョンボ大師がキョンフォンを訪ねてきてくれないかしら


キョンフォンのいる金山寺の住職さんは、いかにも徳の高そうな御仁だと思ったら、かつては「国師」と呼ばれた方なのだとか。キョンボ大師の弟弟子ということは、トソン大師の弟子でもあったのでしょうか?


いや~これは終盤に来て楽しくなりそうでござるね~。できれば、スリが初恋のテジュドグム(尼となって鉄円にいるようです)に再会するシーンも見せてくれると嬉しいですねアジャゲのスリやスリや~だけでもイイけど(^^♪


太祖王建(ワンゴン) 全巻BOX(1章~8章全71巻) [DVD]

太祖王建~主な登場人物とキャスト


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は太祖王建(テジョワンゴン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング