このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<01  2014,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>

Dr.DMAT
 医療モノ

Dr.DMAT あらすじと感想 第8話 響の好判断に惚れ惚れ♪

Dr.DMATの8話は「裏切りの救命手術」だそうですが、別に「裏切り」でも何でもありませんでしたよね?むしろようやく医療ドラマらしくなったとワクワクさせられました。以下、いつも以上に至極簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


今回の被害者はガス爆発事故に遭ったホームレスとさる大企業の会長だったのですが、響はより重症なホームレスを優先しようとしたのに、小曾根が「院長命令」だからと会長を先に運ぶよう命じたのです


命の重さに区別をするのか?


響が詰め寄ると、院長はこともなげにそうだと答えます。災害現場に置いては、命に優劣をつけざるを得ない時がある。それは、その人物が他の人物をどれだけ多く救えるかどうか、だ=会長は全社員の人生を担っている


これは響の祖父も言っていました~隣のばあちゃんと総理大臣が、同じように災害に巻き込まれて倒れていたら、間違いなく総理大臣を救うって。それは総理大臣なら、他の多くの命を救うことができるから(はずだからなのです。


が、響はこれに納得を示さなかったばかりか、次の呼び出しを受けた際の行動で見事に反論して見せました響たくましかった!( `ー´)ノ


ここでもまた、議員と議員の第二秘書が崩落事故に巻き込まれたのですけれど、第二秘書より議員を救えとうるさく命令する第一秘書を尻目に、響はきっぱり第二秘書を先に搬送するよう命じたのです


この理由がね~実に医療ドラマらしくて良かったですよ

議員は既にコンパートメント症候群で足が腫れ、壊死する危険があった上に、クラッシュ症候群をも併発していた~だからそのまま搬送したら死亡する確率が高かった。搬送する前に、足の切開と大量の輸液が必要だった


クラッシュ症候群には人工透析などの血液浄化が必要なのですよ~国政を預かる議員秘書が、そんなことも知らんのかしら。院長が言ったように、大震災の際、大分大きく取りあげられていて、おばさんでさえ知っとるのに


そうやって二つの命を救った響を、今度は院長も庇ってくれました


次に代議士とあなた=第一秘書が事故に遭った場合は、必ず代議士を先に救うよう手配します


ここは実に気持ちよかったですね~


でも来週はいよいよ「首都直下型地震」がやってくるようですし~それともそれはもっと後の話なのかな、紅美が響の妹春子の手術をすると言いだすようです


これは絶対に見逃せませんね~。Dr.Dmatはどんどこ面白くなってきましたよ~!止めずに見てた甲斐がありました(^^♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はDr.DMATのレビュー一覧」でお読みいただけます

大祚榮(テ・ジョヨン)
 時代劇・歴史モノ

大祚榮 あらすじと感想 第34話 皆で祖国=高句麗を守れ!

大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想一覧 全134話


大祚榮テジョヨン~本日の放送は34話です。いつも同じことを言って恐縮ですが、テジョヨンを見ていると1週間があっという間に過ぎていきます。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


ついに唐が進軍してまいりました。その先鋒はやはりヨン・ナムセンで、高句麗の内情を知り尽くしたナムセンは、次々と祖国の城を陥落させていきます


その上ついに、新羅のキム・ユシンが侵攻してくるとの情報が入りました。安市城を残した遼東を攻め終えたイ・ジョク大総管は、そのユシンと平壌城で合流すべく皆にその旨申し伝えました。


が、これを承服できなかったのは、なんとしても安市城を陥落させたかったソリンギです積年の恨み!はらさでおくべきか!!


亡き先帝の恨みを晴らさずして、高句麗に勝てたと言えましょうや?安市城こそが宿敵!!


延々と持論を展開するソリンギに対し、(いい加減めんどくさくなっただろうイ・ジョクは、それなら兵を与えるから、自分で安市城を落とすがよいと答えます。


ホンペが後に案じていたように、100万の大軍でさえ陥落できなかった安市城なのですが、ソリンギの決心は決して揺るぎません。「苦いものでも口にしなければならないこともある」!!


~さすがに饅頭好きの譬えですな


が、ナムセンがここに割って入ってきました。難攻不落の安市城を落とすのはたやすいことではない~私も安市城へ行く!


愚かなナムセンは、唐が高句麗を攻め落とした後は高句麗の王にしてやるとでも約束されたらしかったですね。ナムセンはその時こそプ・ギウォンらすべての奸臣を抹殺し、唐に復讐できると固く信じている物ですから、その時の要となるであろう安市城だけはなんとか死守しておきたいようなのです。


(今さら)皆を説得できますか?


さすがのシン・ホンも止めずにはいられませんが、ナムセンは聞き入れません~何せ自分の言い分が正しいと信じているので、皆にも、少なくともジョヨンになら理解できるはずだと信じて疑わないのです


でもそれはさすがに無理でしたね~。こっそり安市城を訪れてきたナムセンをジュンサンが怒鳴りつけた時には、そうだそうだと、思わず拍手喝さいしてしまったほどでしたナムセン、引っ込め~っ!( `ー´)ノ


ナムセンの頼みの綱だったジョヨンもまた~フクスドルとは違って~こんな「旨い話」を信じるほどアホではありません。それどころか、今やナムセンは「唐」を熟知したのだから、高句麗へ戻ってくるよう説得を試みます。が、そこで亡きヨン・ゲソムンの話を持ち出したのは逆効果でしょう。何せジョヨンから父の話を聞かされることほど、ナムセンにとって我慢ならないことはないのですから。


それでもマンチュンの肖像画を飾った御堂へ行った時のナムセンはやはり気の毒でしたよね~。もはや「愚かな子供ほど可愛い」の例え通りでしょうか。も~どうしてそんなにもアホなんだ、ナムセンっ!!すっかりマンチュン&ゲソムンの気持ちになって見ています(;O;)


一方、ナムセンの言動を怪しく思っていたソリンギは、イヘゴにナムセンを尾行させており、ナムセンが安市城へ行ったことも把握しております。がナムセンはこれに

降伏を進めてきただけだ」

とうそぶき、一切シラを切りとおします。確かにその通りですし、それすらもはねつけられてしまったのですからそうとしか言いようがありません


そしてついにソリンギは、ナムセンを先鋒にして安市城を総攻撃するよう命じました。が、ナムセンはこれを断り、ソリンギには能力がないから自分に指揮権を渡せと豪語します。こんな暴言を黙って聞いているようなソリンギではありませんが?ネイノーンっ!


一方、平壌城へ攻め入るはずのイ・ジョクは、チ・ミョンチョンに行く手を阻まれてしまいます。これまで触れては来ませんでしたが、平壌の武将の中でもサブグとは違って志の高いこのチ将軍の活躍は嬉しい限りでござりました


歴史を知ってしまっていると今一つ盛り上がりには欠けまするが、決して大国に屈することなく、民のため、国の誇りのために戦い続けた高句麗軍をこれからも精一杯応援していきたいです。フクスドルも、ナムセンを逃がした罪はどうあっても免れませんが、これからの大活躍を心から期待しております


大祚榮は来週の放送もまちどおしい限りでござるね~大祚榮だ~い好き!(≧▽≦)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は大祚榮(テ・ジョヨン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

ゴールデンタイム あらすじと感想 第22話 救急ヘリ、初出動

ゴールデンタイムのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ 「ゴールデンタイム」 あらすじと感想一覧


イ・ソンギュンさん主演の韓国ドラマゴールデンタイムもいよいよ22話です。副題通り「救急ヘリ」が出動したのはなかなか感動的でしたが、その前の、例の科長たちは相変わらずで、最初の頃呆れかえったことを思い出してしまいました。彼らはま~~ったく進歩がありませんでしたね。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)ですゴールデンタイムのあらすじ行きます~(^^)/


なんと彼らはミヌの忠告を聞くことなく、最後までインヒョクを呼ばなかったのです。しかも、ミンジュンが手を怪我しているために手術ができず、代わりにフェローのギョンファが執刀することになるのですよ。そしてこのギョンファがまた見かけどおりでちいとも役に立ちません


肝臓が破裂していたらどうしましょう無理です~(;O;)?心膜どころか横隔膜も縫ったことがありません!私ひとりじゃできません~(;O;)


こんなギョンファが「助手」に呼んだのがミヌだというのにも大笑いです。わざわざ外傷チームから呼びつけるのであれば、インヒョクを呼ぶのが筋であり、患者にとってはベストでしょうに、何せ

「メンツ

が邪魔をして「チェ教授」のチェの字も口に出せんのです。そこでギョンファが

「そういう時は黙ってこっそり呼べ

とミヌにいらぬ知恵をつけていたのにも苦笑させられてしまいました。そうやって甘やかすから、ミンジュンがますますつけあがるのですよ


だから逆に、あそこは呼ばなくて正解でしたね~新米コーディネーターもあんなところで余計なことを言うべきではありませんでしたよ。インヒョクを(「苛め」で)呼ばないなんておかしい、なんて。この女性も一生懸命なのは分かるけど、いつも一言余計なので、インヒョクが気に入らないのも分かる気がしますよね


皆がつまらないメンツを張り合ったため、そして何よりベストな判断ができなかったために、あの御大層な後輩様の足にマヒが残らないといいですけれど。ミヌでさえ、患者の体をくまなく調べたのか~と心配していたのに、あれだけ医者がいながら、患者の脱臼を見逃していたとは。


一方の救急ヘリの話はなかなかでした。前回の会議で、インヒョクが

「ヘリには必ず医師が同乗する」

と約束したことで、消防庁がようやく重た~い腰を上げてくれたのでございます。そう、あそこに来ていたのは消防庁のお役人だったのだそうです。


でも、ということは、やはり韓国では(少なくともこのドラマの設定では)まだまだ航空医療搬送=ドクターヘリは普及していないのですね。一般企業もしくは財団法人とかならともかくとして、消防庁が、

「航空医療体制を構築するためのMOU(Memorandum of Understanding~覚書)を締結できてうれしい」

との会見を開いたのですから。


その証拠が実際に出動した後に、ヘリの着陸地点を探していたという手際の悪さでございましょうか。まあ始めたばかりですから、これまでのミヌがそうだったように、1つ1つの失敗を全てもらさず教訓とし、しっかりした体制を築いていってほしいものです。


でも、これまでの話の流れからすると、外傷センター、ひいては外傷チームの存在も危ぶまれるかに思えましたが、どうやらここで起死回生の一手が打たれるかもしれません。予告ではようやく理事長が目を覚ましたようなのです


ミヌもようやく0.8人前ぐらいまで成長したことですし、ここは是非、あんなギョンファやミンジュンの下=外科で意味のない仕事をさせられる~フェローだというのに横隔膜さえ一人で縫えないなんて信じられません~よりは、是非外傷センターで、これまでの経験を生かしてより大きく成長してほしいですものね。むしろ外科は落とされて幸いでしたよ~ミンジュンの下に付いたら最悪だよ~


毎日楽しんできたゴールデンタイムもいよいよ今日が最終回です。夕方の放送が今から待ち遠しくてなりません~でもあらすじ感想文は明日までお待ちくださいませね


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はゴールデンタイムのレビュー一覧」でお読みいただけます

医龍
 医療モノ

医龍4 あらすじと感想 第8話 早川がようやく「ワンブロック」に昇格?

医龍4~Team Medical Dragon、今週は第8話です


今回の見どころはズバリ2点~1点目は、野口もさんざん指摘していた「朝田と岡村の共通点」で、2点目は、ようやくツーブロック(2 blocks away~チームドラゴンに達するまでにはまだまだ2ブロックの距離がある~と嫌みで使わせていただいております)研修医の早川がチームドラゴンの神髄にようやく気づき、自分もまたそうあろうと歩み始めたらしいことです


以下、それらをメインに、また飽きもせず&うるさくあらすじを語らせていただきまする医龍4のあらすじ行きます~(^^)/


さてその1点目の「共通点」ですが、以前から、岡村征という男がなぜ野口の様な卑劣漢と組んでいるのが不思議でなりませんでした。どう考えても彼は朝田や桜井院長側~医療は患者を救うためにあるという理念を抱いている人間のように思えていたのはおばさんだけではないことでしょう。


そして今回ついにその正体を垣間見ることができました。どうやら岡村は昔、世界的な脳外科医だったようなのです。


加藤たちは桜井院長の手術に向けて、アメリカでナンバーワンの脳外科医=マイク・ボールドウィンを呼ぼうとして断られてしまうのだけれど、その時に閲覧したデータベースの情報から

2004年時点で、マイク・ボールドウィンを超える外科医が存在していた

ことが判明するのです。ボールドウィンはその時second surgeonを務めていたそうです。この場合、助手(assistant)よりは上なのでしょうね~。


が、当時first surgeonを務めていた人物は、その後医師を廃業し、データベースから情報が削除されてしまったのだそうです。そしてその医師こそが岡村その人なのでしょう。あの鬼頭の思わせぶりと、岡村の調査報告書に驚いていた野口の顔を見ても、もうその線は確実だと思われます


おそらく岡村は、どんなに志が高くとも、そこに経済力が伴わなければ理想の医療は実現できないと確信し、自らビジネスを学ぼう~医療コンサルタントの道を選んだのでしょうね。


~でもこれを知っていたのが鬼頭だけとは、野口も焼きが回りましたね~。ビジネスパートナーの過去を調べておかないなんてまさに木原並ですな


そして岡村はその昔のよしみからボールドウィンに電話をし

「2年後でなければ手術はできない。しかも費用は5000万以上かかる」

と答えたという彼を説得しにかかったようです。ボールドウィンも岡村をよく覚えていたようなので、ついにこの世界的名医とチームドラゴンのコラボが実現するのでしょうか


でも鬼頭はもうひとつ、気になる思わせぶりをしていました。ボールドウィンには手術ができない~これが2年先まで予約がいっぱいだからという意味なのか、それとも彼は、世間でいうほど腕がよくないという意味なのか、が気になるところでございまするね。


とはいうものの、これは前回コメントでも寄せられたご意見ですが、岡村自ら執刀するというのは、さすがの医龍でもむりくり感が否めません。これはその時のお返事にも書かせていただいたのですけれど、外科、特に脳外科は、毎日、時には日に数本もの手術をして、その腕を維持していくのだと聞き及んでいます。もはやスポーツ選手と同じで1日でも手術しないと腕が鈍ってしまう程なのだとか。


それがもう10年前に廃業しているとなると、いくら朝田並に(半裸で)「エアオペ」していたとしても、現役の世界ナンバーワンしか引き受けられないほど難易度の高いオペをするのは、いくらなんでも設定が乱暴過ぎではありませんかね~


でも、医龍には

「おまえならできる!」

という無敵のマジックワードがありますからね~。何せ、荒瀬がいれば木原でさえ朝田になれたほどですし。それに高橋克典さんは大好きなので、白衣姿を見てみたい気もしないではありませんが


そして、その「おまえならできる」が今回は早川に向けられました~これが2点目の見どころです


この相変わらずやる気のない研修医=早川は、採血すらうまくできないため、入院患者からもすっかり馬鹿にされています。外来でもいわゆる

「データだけ見て患者を診ない」

典型なためにトラブルばかり引き起こしているようです。患者に不信感を抱かれるだけならまだしも、実際に「見逃し」もしてしまいます。


それが魚屋のおばちゃん患者(大島容子)でした。彼女は足のむくみを訴えて来院したのですけれど、彼女が示した足を診察した早川は、そこに下肢静脈瘤があったのを見て「弾性ストッキング」(男性用ちゃうで~)を購入するよう勧めますが、その値段が

「一足5000円」

もすると聞いた患者はこれを即「ぼったくり」と決めつけてしまいます。


確かにここは医師としての対応もまったくなっていなかったけれど、でも入ってくるなり「注射が下手で評判の研修医」と決めつけられ、ああも早口でまくし立てられては、それでなくてもやる気のない早川が

「両足」

を診察する余裕がなかったのも仕方ない気もしないではありません。あのような研修医が外来を担当する際はベテランナースをつけてほしいですよね。実際その患者は、診察室を出る際に何かにつまずいていたようだったのですから


案の定、この患者はその翌日に倒れて緊急搬送されてきました。ここでようやく両足が診察され、片足にはまったく静脈瘤が見られなかったことから、彼女の病が単なる下肢静脈瘤だけでなく

「深部静脈血栓症」(エコノミー症候群)

だったことが判明します。


が、早川はあくまでも昨日の診断は間違ってなかったと言わんばかりに、その後の処置を続けようとします。ヘパリンで血栓を溶かせば大丈夫だ!


朝田を呼ぼうとする猪原を止め、ヘパリンを注射しようとしますが、これがまたなかなかうまく入らず、ここでも

「噂通り下手だねえ研修医はそんなもんです(;´∀`)

と患者から揶揄されてしまいます。


ここは何とか猪原が処置したものの、その後も容体は悪化するばかりで、早川はt-PAを使うと言いだしますが、これはより強い溶解力があるのでしょうね~猪原はt-PAを使ってしまったら手術ができなくなる(血が止まらなくなる)と懸念します。


そうこうしているうちに患者が意識を失いました。どうやら血栓が肺に飛んでしまった模様です(肺塞栓症)。もはや手術をするしかない!でもあそこでなぜ早川は血栓が飛んだ先が「肺」と断定できたのでしょうかね~挿管をって言っていたから呼吸が止まったのかしらん


結局は猪原の見立てが正しくて、患者は手術をすることになりました。早速朝田が呼ばれますが麻酔科医がおりません。


「荒瀬を呼べ!!


も~大病院の院長先生さまを呼びつけることができるのは世界広しと言えども朝田だけでございまするよ。ツーブロック=早川が何かやらかしたのだろうと見抜いてやってきた荒瀬のにゃにゃ~つを久しぶりに聞けたのは大満足でしたけど


その後朝田はなんとこの早川に手術を任せました。もちろん、自分が前立ちして、万が一の時には手助けするつもりだったのでしょうが、そんなそぶりは露ほども見せず、ただ黙って立っていたのはいかにも朝田らしかったですね。この患者はお前の患者だ!


最初はおっかなびっくり手を動かしていた早川がなんとか一人で肺動脈の吻合を終え、さていざ、人工心肺から離脱しようとした際になかなか再鼓動が無かったのを見て、

「戻ってこい!戻ってこいっ!!頼む、戻ってきてくれ~っ!(;O;)

とつぶやいていたのはなかなか感動的でしたよね。その上早川は術後に患者とその夫に頭を下げて、自分の最初の診断が間違っていたと心から詫びたのです。これでようやく1ブロックまでには近づけたでしょうか、荒瀬大院長先生様。朝田が終始何も言わないので不安になった早川に説明までしてくれる荒瀬は本当に優しいですよね~


~ま、本来は髪型を指してのことらしいので、「1ブロック」になったらもはや饅頭頭になってしまいますが


おばちゃん患者もなかなか心が広い人で、そんな早川を快く許し、翌日には「ホントは一番旨い雑魚」(=早川の意味)をたくさん届けてくれたのも嬉しかったな~。でも、注射が下手なのは許せんけどな朝田の域まで練習してな( `ー´)ノ~おばさんも何度血だらけにされたことか。


この早川と対照的に(トーゼンですが)、朝田が首の診察から脳梗塞の兆候を鋭く見抜き、今ならカテーテル治療が可能だからと、L&Pの指導医となった伊集院に紹介状を書いてくれたり、病棟のおばちゃん患者たちに、まったく痛みを感じさせず採血をして喜ばれていたシーンもとても楽しかったです


来週はいよいよ終盤ですね~。医龍4はいったいどんな結末を迎えるのか、最後までまったく目が離せません!医龍4もいよいよ終盤( `ー´)ノ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は医龍のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング