このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<02  2014,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>

大祚榮(テ・ジョヨン)
 時代劇・歴史モノ

大祚榮 あらすじと感想 第55話 ホンペめ、余計なことをっ!

大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想一覧 全134話


大祚榮テジョヨンは今週も快調にスタートしましたね~。でもまたまた怒り炸裂してしまったおばさんです


お~のれ~っ!サブグっ!もはや生かしてはおけんっ!!サブグを〇せ~っ!( `ー´)ノ


以下早速あらすじ(ネタバレ)です


ついにサブグが人買いと交渉する日を突き止めたジョヨンは、サブグが金を受け取り、流民たちが人買いの手に渡ったところを狙って、金と流民を取り戻し、サブグを公開処刑すると息巻きます


が、ここであのホンペが、ほんの時たまにしか的を射ないあのマヌケなホンペが、たまたま今度も見事にど真ん中に矢を放ってしまいます


サブグの動きが怪しいです。チャングンッ!!よく外出しています


相変わらず、クムランの美しさにニ~ンマリス〇ベ面が隠せないソリンギは、これをまったく取り合いません。サブグはおまえと違って忙しいのだ。(私も忙しいのが見て分からんか?!


自分がおジャマだと悟ったホンペはソリンギに頼ることを諦めて、自ら兵を出し、サブグの後を付けさせました。これをシン・ソンが素早く嗅ぎ付けて、サブグに使いを送ってきます


「ホンペがやってきます!!


慌てたサブグはすぐにその場を逃げ出し、金は部下に任せて運ばせようとしたところを、ジョヨンら東明天帝団にまんまと略奪されてしまいますここでサブグを殺せなかったのが残念です(;´・ω・)。ジュンサンたちが育成した500人の兵もやってきて、唐の人買いおよびその私兵もすべて全滅させられてしまいます


「人も金も奪われました!!いい気味でしたね~( *´艸`)


トヒョプの報告に臍を噛むプ・ギウォンたちがざ〇あみろでございましたね~。しかも、何とかして再度流民を集めようとしたサブグの計画を、今度はミモサが阻止します


最初、この人身売買計画が東明天帝団に漏れたのは、ミモサがその黒幕だからに違いないと、サブグはチソン楼に乗り込み、そこに結集していたポジャン王とジョヨンたちが危うく捕まりそうになるのですが、それをとっくに見越したミモサが、先にソリンギのところへ乗り込んでいたそうなのです


「大変だ!ミモサがソル将軍のもとへやってきた!!


たとえミモサが東明天帝団であろうとも、そのミモサの口から人身売買の話が洩れるのは何としても避けたいところ。


慌てて駆けつけてきたサブグを前に、ミモサがいかにもわざとらしく「人買い」の話を持ち出したのは実に愉快でございました。これを聞いたソリンギがまた期待通りわめくわめく


何を?流民は唐の財産だぞ!それを売るとは何者の仕業だっ!!いったいどういうことだ!?


こうしてミモサには手が出せないと悟ったサブグはついに破れかぶれの戦法に出ます。とにかく「奪われた金を取り戻す」とばかりに、ジョヨンたちがせっかく民に分配した(人買いから奪った)金を、サブグが力づくで奪い取りに来たのです。


ここでもしソリンギに「人買い」のことが知られたら、その金を

「抗唐勢力援助の資金」

として安東都護府に差し出すつもりだとは、いったいどこまで狡猾な男なのでしょうか


この悪行をスギョンから聞いたジョヨンはもう黙っていられません


もう我慢ならんっ!!サブグを殺すっ!!


深く笠をかぶってサブグの前に颯爽と現れたジョヨンが実にカッコよかったですね~。明日こそは高々と掲げられたサブグの首を拝むことができるでしょうか


同国人の生き血をすすってでも生き延びようとするサブグの顔を見ながら

「サブグにもきっと辛い過去があったのだろう

などともっともらしいことを言わずに済むのが何よりでござる。やはり、悪事を働いたものは、キッチリその罪を償ってもらわねば気持ちが悪くて仕方ありませんよね~。現実問題はどうあれ、やはりドラマはそうこなくっちゃ時代劇は気持ちがイイな~(≧▽≦)


あ~早く明日にならないかな~。ジョヨンがすっぱりアイツの首をはねるのが、今から楽しみでなりませぬ明日が楽しみ~(≧▽≦)


p.s.あまりにも期待しすぎて、ジョヨンとスギョンママの縁談に触れるのを忘れました。スギョンはもちろん乗り気ですが、チョリンを思い続けるジョヨンの気持ちを思うと複雑そうで、ジョヨンもまた「一生独身を通す」と頑張っていましたが?


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は大祚榮(テ・ジョヨン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

その日のまえに
 家族モノ・ホームドラマ

その日のまえに 後編 あらすじと感想 どこまでも優しく温かいドラマでした

重松清さん原作のその日のまえにの後編を視聴しました。期待通り実にほのぼのと温かくて、気持ちの良いドラマでした~その日のまえに~あらすじ行きます('ω')ノ。以下早速簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


妻=和美の「その日」を知らせる着メロにパッヘルベルのカノンを設定しておいた健輔。


真夜中にその着メロが鳴って病院に連絡すると、今すぐという状態ではないからと言われたらしく、翌朝に皆で病院へ行くことになりました


出かける前にクローゼットを開けた健輔は、そこに掛っていた喪服を見て、在りし日の和美との会話を思い出します。和美はそこに、自らしたためた「遺書」を隠していたらしいのです。


遺書なんて縁起でもないと怒る健輔に対し、でもその縁起でもないことは和美にとっては不可避であり、だからこそ和美は、この世から消え去るその日のために、今、自分の気持ちを伝えておかねばならないのだと主張します。


「生きる」ために希望を持ち続けて頑張ることは辛い。むしろ「死」を前提に覚悟を決めてその準備に励んでいる方が落ち着くあ~この気持ちもよく分かる


人間の生き死にに関しては、神様でさえ自由にならないと諦めたらしい和美だけれど、ただ一つだけそれでも神に祈っていることがあると言います。


「『その日』を気持ちのいい秋晴れの日にしてほしい


そんな日なら、笑って旅立てそうな気がするのそうしてあげたかったな~(・。・;


そう言っていたにもかかわらず、実際にやってきた「その日」はどんよりと曇っており、皆は傘を手に病院へ行くことになりました


その道すがら、下の子の健哉が手にしたその傘でタンポポの綿毛を飛ばそうとした際、上の子の大輔が厳しくこれを咎めたシーンも印象的でした。大輔には、今そこで健気に繋いでいる命が、母のそれのように思えたのでしょう。健哉は健哉で、種を遠くに飛ばしてやろうと思ったらしいのですけどね。


どちらも優しさから出た行動です

種はまだ飛びたくないと思っているかもしれないよ


そんな会話を交わしながら病院へ着いた皆を待っていたのは、もう目覚めることのない和美の姿でした。まだ息はあったものの、子どもたちの必死の叫びに和美が応えることはもうありません。


こちらも急いで駆けつけてきたらしい両親の呼びかけに、す~っと一筋の涙を流した和美は、そのまま息絶えてしまいました。しかも外はすっかり雨模様で、もし「その日」が秋晴れの好天だったら自分も神様を信じると言っていた健輔の期待が見事に裏切られてしまいます。


その後、和美が死んだからと言って、彼ら親子の日常が大きく変わることはありませんでした。子供たちは相変わらず学校へ行かねばならないし、健輔もまた、仕事をして生きていかねばならないのですが、この健輔の方は新規の仕事をすべて断っているという有様です。勤め人ならともかく、自分の会社なのに~と思わぬでもありませんでしたが、和美を失った健輔の心の傷はそれほどまでに深かったようです。


あいつが喜ぶ顔が見たくて描きつづけていたのかも


和美が旅立ってちょうど3か月が経ったころ、和美が入院していた病院の看護師長が健輔を訪ねてきました。和美が書いた手紙を預かっていたので届けに来たと言うのです。和美は何度も何度も書いては捨てを繰り返した末に、ようやくその手紙を書き上げたそうです。


「そろそろ忘れるかな~という頃=死後3カ月経ったら渡してほしい」


そう和美は言ったそうです。


いったい何が書いていあるのか~健輔ならずとも気になるところでしたが、そこにはたった一言こう記してあっただけでした:


「忘れていいよ


日常に流されて妻を忘れてしまうのが寂しい~そう考え始めていた健輔のために、和美はその背中を優しく押してくれたのです。可哀想だ、申し訳ない、などと思うことはないのよ。忘れてくれていいのよ、と強くて優しい奥様です


こうしてようやく一区切りつける決心をした健輔は、以前から打診されていた「お盆の花火」のポスターを描く仕事を引き受けます。この依頼人=石川(吉田鋼太郎)もまた旧友をガンで亡くし、今年はその初盆になるから、友を迎える「迎え火」に、友が迷うことの無いように、大きな花火を上げたいと考えたそうなのです。


そのポスターを健輔に依頼してきたのは、健輔が以前描いたトートバッグのイラストがきっかけだったそうです。その亡くなった友人の住所を知らなかった石川のために、友人の妻がトートバッグに骨壺を入れて訪ねてきてくれたそうなのです。


温かくて幸せそうな家族の様子が描かれたそのイラストを描いた健輔なら、友人を迎える花火大会のポスターを描くのにふさわしい~そう石川は確信したのですね~。実際に描きあがったポスターには、花火を見上げる和美がモデルに描かれておりました


健輔は子どもたちを連れてその花火大会へと足を運び、実に盛大に打ち上げられた花火を見上げながら、生前和美が手配した後、健輔も続けて取り寄せることにした無農薬の野菜~トマトを皆で頬張ります。それまでずっと嫌いだったトマトを、健哉が「美味しい!と食べていた姿は、きっと「初盆」で帰ってきた和美の目にも映っていたことでしょう


永遠の別れは確かに辛いものだけれど、人が生きてきた証は、その家族や仕事、目に見えるもの見えないもの~いたるところに残っている物です。何かにつけて「絶対」が口癖だった和美もまた、子どもたちの中にしっかり生きておりました


「お兄ちゃん、絶対言ってた!」「絶対に言ってないっ!!


その日のまえに」は見終わった後、自然と笑顔になれる、そんなどこまでも優しく温かいドラマでした。来週~4月6日から始まる「珈琲屋の人々」も今からとても楽しみですその日のまえに~良いドラマでした♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はその日のまえにのレビュー一覧」でお読みいただけます

続ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所 あらすじと感想 #18 残酷なリアリティ

続ハリーズ・ロー裏通り法律事務所Harry's Lawの第18話は「残酷なリアリティ」(Breaking Points~限界点)です。このエピソードはまずまず普通だったんですが、おばさんは最後の「アレにやられちゃいましたここがサイコーに可笑しかった(≧▽≦)

ち~~~んっ!!(ずずずずず~かな


以下、簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


今回のケースは2点~陪審員に選ばれてあともう少しで評決に達するところで「逃げ出した女性(runaway juror)」=ブリアナの弁護と、夫婦でリアリティーショーと呼ばれる赤裸々なコメディ番組に出たがため、夫を自殺に追い込んでしまった女性=ティナの弁護の話です。前者はハリーとトミーが、後者はアダムとフィービーが担当いたしました。


どちらも特に目立った点はなかったように思えました。特に前者の場合は、そもそも精神科医に通院している女性を陪審員に選定すること自体に問題があるように思えたのはおばさんだけではないのでは


判事も言っていたように陪審員制度には多くの問題があるということを提起したかっただけなのでしょうけどね。


「陪審員には弱い者が狙われる~強制される


この話も聞き捨てなりませんでしたね~。要するに権力者はこの義務を容易に免れているということでしょうか。


追いつめられたブリアナは、プレッシャーに耐えきれずに逃亡してハリーに助けを求めましたが、公判では皆から延々と責め続けられた挙句、法廷侮辱罪を適用された上に、判事は検察に「司法妨害」の罪でブリアナを起訴するよう勧めてさえおりました。判事もまたこの制度の被害者だということなのかな。


ブリアナには最初に辞退する権利があった。いったん引き受けたからには、最後まで責任を持ってやり通すのが筋だ


確かに正常な人になら通じるこの理屈だけれど、それが通じないから、精神異常と診断されているのだと個人的には考えまするが。


ブリアナを慰めようと「We are not done(まだ終わっていない)を連発するハリーに対し「Probably done(多分終わった)と言わずにいられないトミーが可笑しすぎでした


またリアリティーショーのケースは、このドラマでもよく取り上げる「需要と供給」の問題でした。番組を盛り上げるために、出演者自ら過激で下品な演出をしなければ降ろされてしまう~でもそれが許されているのは、あくまでも視聴者がそのような下劣な番組を好むからだ、という話


こちらはアダムのこの主張が通って、賠償金は請求されたものの、なかなか納得のいく判決となったようです。ティナが夫を自殺に追いやったのは決して意図的ではなかったということが認められたのです。でもティナの様子からすると、まだまだ決して懲りていないように見えたのはおばさんだけでございましょうか


事務所的に言えば一勝一敗となった今回のケースを終えたハリーが、トミーを飲みに誘ってこう言ったシーンが最も楽しいシーンでした


そろそろ仲間=チームとして働こう~合併しよう


おばさんはもうとっくに仲間だと思っていたんですけど、書類上もチームになろうというハリーに、トミーは涙が止まりません


All I really ever wanted, really, was to be part of a family!その言葉を待っていた!(;O;)
私が求めていたのはファミリーだ!!


オリーとキャシーの関係を覗き見したくてスカイプコールに割り込んで来たり、しつこくトミーに聞き出そうとしたところをキャシーに見つかって逆に色っぽく迫られたりと、今回もトミーは大忙しで実に楽しかったです。ハリーがこのスカイプで皆を監視しているのも痛快でした


ずっと楽しく見てきた続ハリーズ・ロー裏通り法律事務所も、もう残すところはあと4話です。あと1カ月~たっぷり楽しませてもらいまするよんハリーズ・ロー裏通り法律事務所が楽しい(≧▽≦)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はハリーズ・ロー 裏通り法律事務所(Harry's Law)のレビュー一覧」でお読みいただけます

軍師官兵衛
 NHK大河ドラマ

軍師官兵衛 あらすじと感想 第13話 小寺はまだか

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の13話は「小寺はまだか」です。これもまたなかなか面白かったですね~


今週の見どころはやはり、ついに誕生した二人の軍師官兵衛と半兵衛~のやりとりと、こちらは以前「酔いどれ小籐次」というドラマでも素晴らしい絡みを見せてくれた竹中直人さんと片岡鶴太郎さん演じる、秀吉対政職のシーンでしょうか


これらのシーンを中心に、以下早速あらすじ(ネタバレ)を語らせていただきまする軍師官兵衛あらすじ行きます~( `ー´)ノ


頼みとしていた秀吉がついに播磨にやってきたことで、誰はばかることなく喜びを露わにする官兵衛です子どもみたいでしたね~(^▽^;)。なんと官兵衛は、黒田の城=姫路城を秀吉に明け渡し、その部下たちも城内で居を構えられるよう万端整えておりました


この心遣いに感激した秀吉は、その礼にと言って、官兵衛とは義兄弟の契りを結んだという誓詞をしたためて官兵衛に贈ります。


これは我が家の家宝にいたす!!


文字通り天にも昇る心地の官兵衛でしたが、これが思わぬ誤解を生むことと相成りました


官兵衛は、播磨の諸侯に呼びかけて、信長の名代である秀吉に挨拶に来るよう呼びかけたのですが、別所賀相の横やりで長治の代わりに重棟がやってきたのみならず、肝心の小寺政職もへそを曲げてしまったのです


元々、

「由緒正しき小寺が、たかが足軽上がりの秀吉に頭を下げる謂れなどない

という考えであったところに、ほかならぬ、御着の家老である官兵衛が、いとも嬉しそうにその秀吉との「義兄弟」の話など持ち出したのですから当然ですよね。職隆にいたっては、囲碁の試合でさえ常に勝ちを譲っているほどの心配りをして政職の機嫌を損なわぬようにしているというのに、官兵衛は、一見気配りしているかに見えて、その辺の機微を全く理解しておらんのですまだまだ「若輩者」ですな


「昔から、物事に夢中になると厠に行くのも忘れて熱中していたものだが」


職隆の心配が見事に的中してしまいました。秀吉に心酔した官兵衛は、自分の殿=政職のことなどまったく眼中になかったのです。


「おまえが好きなようにしたらいい!わしは絶対拝謁になど行かんっ!!


すっかり意地になった政職は梃子でも動かぬ構えですが、官兵衛もまた「義弟」の面子にかけても政職を引っ張り出そうと意気込みます


その官兵衛をたしなめてくれたのが半兵衛でした。半兵衛は職隆から政職と官兵衛の性格を知らされ、官兵衛から例の誓詞を取り上げて、火にくべようとしたのです。


大義の前にはつまらぬ面目など無用!


最初は怒っていた官兵衛なれど、ようやく半兵衛の言葉の意味を理解します。今自分がすべきことは、自分と秀吉の関係ではなく、秀吉と政職との仲を取り持つこと。


それに気づいた官兵衛が己の手で「紙きれ(誓詞)」を燃やし、この最悪の状況を最大限に利用します。「義兄」秀吉との信頼関係と、政職の子どものような意地っ張りな性格ともに生かして、秀吉をして政職に頭を下げてもらったのです


小寺殿の流行り風邪と同じ病にかかっていたが、それが治ったのでようやくこうして馳せ参じたここは実に対照的で楽しかった~(≧▽≦)


他の諸侯に見つからぬよう、政職への献上用の荷車に忍び込み、わざと小汚い格好をして目の前に現れて頭を下げる秀吉を前に、さすがの政職もいつまでも駄々をこねている訳にも参らず。。。


それがし、御着城主、小寺政職でござる


仏頂面の政職を見た秀吉もまたタヌキでござりまするね~。いとも晴れやかな顔をして、このお顔には「二心」の影など微塵も見えぬ、逢いにでかけてきてよかったとのたまいます


その上で秀吉が政職に官兵衛を借りたいと申し出たため、政職はようやく、自分から官兵衛にこう命じます


羽柴さまの手足となって働くのだぞっ!よいの、官兵衛!(わしが命じたのだぞ


ここは実に楽しかった政職好きだ~( *´艸`)


これでようやく毛利攻めに取り掛かることになった秀吉に、官兵衛が早速「囲師必闕」(いしひっけつ)という孫子の兵法の1つを進言すると、半兵衛もまたこれを良い戦法だと評価します。


「この戦、すべておぬしたちに任せる!必ずや敵を打ち破ってまいれ!!官兵衛、半兵衛、任せたぞ!


そう秀吉の命を受けた半兵衛が、官兵衛を初めて「軍師」と認めてくれます。我々軍師は、この乱世を終わらせるために働かねばならぬ!


一度は世捨て人となった半兵衛が再び秀吉に仕える気になったのは、乱世を終わらせて天下を太平に導くためなのです


既に肺を患っている半兵衛が、どこまで官兵衛を教え導いていけるか半兵衛をできるだけ長生きさせてほしい~(;O;)~本格的な毛利攻めにあたり、この両兵衛の動きから目が離せません軍師官兵衛~面白くなってきた(≧▽≦)松寿丸と別所の娘との縁談にも注目ですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は軍師官兵衛のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング