このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<01  2015,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>

黄金の帝国
 復讐モノ

黄金の帝国 ネタバレと感想 第9&10話 最高の贈り物 ほか

黄金の帝国のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 黄金の帝国 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【黄金の帝国】は9話「27年間の怨恨」と10話「最高の贈り物」を視聴しました。ますます盛り上がって面白くなってきましたね~黄金の帝国のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下、2話分まとめたあらすじです


まず9話では、その副題通り、ジョンヒが積年の恨みを死にゆくドンソンにぶつけていきます。いや~これはさすがのおばさんもドンソンが気の毒に思えたほどで、あれは一種の拷問でしたよね。これからあの世へ旅立とうとする人を前にして、ジョンヒも許してやろうとは思わんかったのでしょうか


(ドンソンの)弟や子供たちは、亡き夫のヨンファンの遺族がされたのとそっくり同じように排除してやる、ソンジェがあなたに似ていたのは、私が幼い頃からそう教え込んだからだ


父の最期がまさに断末魔の苦しみだったことなど、そしてそれが目の前でいかにも悲しみを装うジョンヒによってもたらされたなど思いもよらないソユンは、ドンソンの死後すぐに葬儀の手配を始めます。韓国を代表した企業家の葬儀として恥ずかしくないよう、社会葬を行うというソユンに対し、腹に一物も二物もあるウォンジェとジョンヒは家族葬にすべきだと主張します


ウォンジェは、このドンソンの葬儀で「喪主」を務めることによって失われた権力を取り戻そうとしており、ジョンヒは、この機に例のソンジンセメントの借名株を自分名義に書き換えて、一気にソユンを追い落とそうとしているのです


ジョンヒが、名義を借りていた4人の社長を呼び出してこの話を切り出した際、その社長たちがソユンに相談すると答えましたが、肝心のソユンが何も聞かされていないらしい様子を見て、

ドンソンがこの秘密を明かしたジョンヒこそ、この株の保有者に相応しい

と解釈してしまったようです。ま、ここはまだまだ挽回の余地ありでしょうが


その後ソユンは、ウォンジェを見限ってソユンに付くことを選んだジョンユン夫婦から、ウォンジェの妻ウンジョンまでもが、ウォンジェに肩入れしたと聞いて激怒し、ウンジョンが譲り受けたはずの百貨店を取り上げようとしました。これを知ったウンジョンもまた黙っているはずがありません。ウンジョンは、ウォンジェと離婚する条件で、ウォンジェを後押しすると約束します。


ここからがまた見事でござったね~。これまでずっとウォンジェを挑発してきたミンジェとテジュが、ウォンジェとともに記者会見を開いたのです見事、ソユンを出し抜きました( `ー´)ノ。社会葬の手はずは全て整え、あともう少しでこれを発表しようとしたソユンに先立ち、ウォンジェとミンジェが満を辞して記者会見を開き、ドンソンの葬儀は家族葬にすると公表してしまいますこうなったらもう覆せません~ソユンはまだまだ甘ちゃんだ(;´・ω・)


ミンジェとテジュがウォンジェに出した条件は、ふたりにハンソン製鉄を引き渡すこと


こうして、ソンジングループ会長の喪主という座を勝ち得たウォンジェは、早速その約束を果たすため動き始めました~ここからが10話です。ハンソン製鉄入札のため、正当とは言えない方法で法外な金をかき集めてくる(というより「額」を水増しする)エデンに対し、ソユンはその内情を探り出して、エデンよりはるかに低い金額=適正価格での入札に成功します


テジュは、とにかく金をかき集めて、ハンソン製鉄を入札したら即、そのハンソン製鉄4社のうちの1社を売却し、その返済にあてようとしていたのですが、それが、こともあろうに、ミンジェの父ドンジンに暴露されてしまったのです


ドンジンはミンジェにこう言いました


ソンジンセメントを立ち上げた我々兄弟は、まだ「セメントの味」を知っている。が、その後兄(ドンソン)は、チョンマ建設が偶然手に入ったことに味をしめ、(己で額に汗することなく)金で金を得ることばかりを考えるようになった。それから我々は対立し、私は無為に年を取った。おまえにはそんな生き方をさせたくはない


でも、ミンジェは、どんなに足蹴にされても「馬子」として兄に仕えてきた父の様な生き方だけはするまいと心に誓っているのです。これはテジュも同様で、どんなに正しく生きようと、人に搾取されるだけの人生はまっぴらだ、と考えています。その共通の経験こそ、今、二人を結びつけているのです


クンイェを倒してワンゴンになってみせる!!


このミンジェの例えは~坂本龍馬や赤兎馬同様~時代劇好きにはとっても楽しい引用でございましたね


こうして惜しくも煮え湯を飲まされたテジュとミンジェではありましたが、ここで「IMF危機」が、二人を救うことになったというのも面白かったな~この時代背景も黄金の帝国の醍醐味ですね♪。このドラマでも、以前から「アジア通貨危機」について言及されていましたが、膨大な不良債権を抱えた韓国政府はついに1997年、IMF(International Monetary Fund)に援助を要請し、救済措置を受けることになったのです


経済界が皆そのニュースに戦々恐々としている中ソリも焦ってましたが(;´∀`)、ソユン率いるソンジングループもまた例外ではありません。何せ、今回のハンソン製鉄買収のため、保有していた現金1兆5千万ウォンのうち9800万ウォンと、おそらくは外貨の10億ドルもつぎ込んだものと思われます。手元に残った6千万ウォンも、政府の状況いかんによってはまったく当てにできません韓国は2008年にも通貨危機を迎えます


財経部のソ長官を紹介してもらえるはずだったキム議員も、そっけなく協力を断ってきます。今は時期が悪すぎる


~このキム議員の祖先に癸酉靖難で処刑された画家がいたというくだりも楽しかったですね


エデンには10億ドルが残っているはず!会長なら会社のために敵とも手を組んだ


困り果てたソユンは、パク専務の忠告を受けてエデンと手を組むことにしますが、馬子の血を引くソンジェはともかく、テジュはそんなに甘くはありませんのよ。あのソユンが声を掛けるぐらいだから、余程困っているはずだ


そしてテジュは、10億ドルと引き換えに、ソンジングループの10社を引き渡すよう要求します。ソユンはなんとか時間を稼ごうとしていましたが、その一方で、ついにジョンヒが本性を露わにし、ミンジェに接近してくるようです


ソンジンセメントを半分渡す。ソユンに10億ドルを渡しちゃダメよ


これでミンジェとテジュが仲間割れして、テジュがソユンと組むことになるのかな~いや、残りがまだ14話もあるから、それはないか


いったい誰がいつ裏切るかまったく分からず黄金の帝国が面白すぎ(^◇^)、片時も目が離せない黄金の帝国は続きもとっても楽しみでござりまするね来週の放送が待ち遠しい(^0_0^)


黄金の帝国 DVD-SET1黄金の帝国 DVD-SET2黄金の帝国 DVD-SET3

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は黄金の帝国のレビュー一覧」でお読みいただけます

雲霧仁左衛門
 時代劇・歴史モノ

雲霧仁左衛門2 あらすじと感想 第4話 生き別れた娘

雲霧仁左衛門2】の4話は「生き別れた娘」です。これまた実に痛快で面白かったですね~。火盗改も形無しでござるね。以下簡単なネタバレのあらすじです雲切仁左衛門2のあらすじ行きますよ~(^◇^)


「六」こと因果小僧六之助は今回、高利貸しに連れて行かれそうになっていたおひさ(真野惠里菜)という娘を助けました。なんとおひさは、病気の父親=与助のために借りた10両が、たったの1月で「100両」にも膨れ上がり、その借金のかたに売り飛ばされるところだったのです


しかもこの高利貸し=相模の軍次が、岡場所の主をする一方で、町方の「親分」でもあるというのが、いかにも始末が悪いですよね


この話を聞いた仁左衛門は、早速吉五郎に軍次を懲らしめるよう命じました。六たちは、軍次の家に隠してあった「証文」と、わずか300両ばかりの金を盗み出したのです


部屋に残された「雲の字に驚いた軍次は、さっそく目明し仲間の政蔵のもとへ駆け込みますが、政蔵からこの話を聞かされた山田(村田雄浩)は、渋い顔が隠せません。あの雲切がたかが300両のために軍次宅へ忍び込んだとは思えないからです。これこそ

軍次の様な外道がお上の十手を預かっていることへの痛烈な批判

以外の何物でもありますまい


その後、六と吉五郎、そして州走りは引き続き、最初に助けたおひさとその父・与助の世話をしていました。すっかり弱り切った与助には朝鮮人参しか効かないと聞けば、それも手に入れて与えるほどの面倒見の良さは、さすがに「義賊」ですよね


が、ここに霞の七三という男が現れます。七三は雲切一味同様盗人で、元々与助親子の面倒を見てきたのだそうです。


まさか、あんたがあの二人を助けるとは


そう語った七三の口から、思わぬ事実が明かされました。なんと、今回雲切一味が助けたおひさこそ、吉五郎の生き別れた娘だったというのです!


吉五郎も昔は武士だったそうなのですが、その後、浪々の身となって旅に出たところ、妻と一緒に「はしか」になってしまったのだそうです。


その時泊まった旅籠で、その妻が亡くなってしまったため、吉五郎は、まだ乳飲み子だった娘を、その旅籠で風呂焚きをしていた与助にくれてやったのだとか。


これを聞いた吉五郎は、この不思議な縁に感動し、その後も何くれとなくおひさの下を訪れたため、何も知らない六に至っては、吉五郎がおひさに岡惚れしたと思い込んでしまったほどです


でも、仁左衛門は、おひさの出身地を聞いた時点でもうピンと来ていたようですね。しかも、これが、吉五郎を盗人仲間に引きずり込むための、七三の巧妙な罠だったということも。与助は七三に脅されて、やむなく吉五郎を騙していたのですね。


が、どんなに娘が不憫で可愛くても、仁左衛門を裏切れなかった吉五郎を、ほかならぬ仁左衛門が自ら助けに来たのがまたカッコよかったですね~仁左衛門が素敵過ぎ( *´艸`)。見張りは子分たちが片づけて、七三一味をこてんぱんにやっつける仁左衛門と吉五郎なのです吉五郎も頑張りました( `ー´)ノ


しかもこの際、七三が、吉五郎が火盗改の密偵(いぬ)だと思い込んでいたのがまた可笑しかった


翌朝、奉行所の前にズラリと縛られて見つかった七三たちが、火盗改の役人から、誰に捕えられたのだと聞かれ、

お前さんたちの密偵の吉五郎にやられた!

と、悔しげに語ったのを聞いた山田の、また一層悔しげな顔ったらありませんでした。雲切か!またしても雲切にしてやられた!


と、今回もまた悪党は一掃され、悪党どもに利用されただけのおひさと与助は無事、新天地を求めて旅立ちました。残された吉五郎は、ほのかな苦みの残る思い出を胸に閉まって、敬愛する仁左衛門とともに、次の「伊勢の大仕事」に備えていくのでありました。おしまい雲切仁左衛門2が面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は雲霧仁左衛門のレビュー一覧」でお読みいただけます

ウロボロス あらすじと感想 第7話 ウロボロス計画とは何か?

生田斗真さん&小栗旬さんの復讐ドラマ~【ウロボロス~この愛こそ、正義。】は7話に入ってますます混沌としてきましたね~。いよいよ終盤ですから、これが最後のミスリードかも知れず、安易に引っかからぬようにせねばと、気を引き締めた次第であります。以下簡単なネタバレのあらすじですウロボロスのあらすじ行きますよ~(^^)/


まずは気になっていたイクオと竜哉の安否から見てまいりましょうか


竜哉が我那覇に痛めつけられていたところを、意外にも隼人が助けてくれました。隼人も父を殺した仇に一矢報いたかったのですね


でも、まるでサイボーグの様な我那覇は、たとえシャンデリアの下敷きになっても死なず、再び二人に襲い掛かってきたところを、なんと、仲間の忍足に殺されてしまいます。ちなみにこの忍足は「おしたり」と読むそうです。へ~ニンソクかと思ってました(;´∀`)


忍足は、我那覇に注射したのと同じテトロドトキシンを薄めた液体を竜哉に注射し、ウロボロスの行方を聞き出そうとします。が、そこに、こちらもまた、一旦スイッチが入ると「不屈の戦士」と化すらしいイクオが駆けつけて、忍足を滅多打ちにしてしまいますイクオ強すぎ~(;O;)。その迫力たるや、あの忍足が泣いて助けを乞うほどです


そんな彼らがいる遊園地に3つの勢力が押しかけてきましたしかも「お化け屋敷」です。1つは、山城会を一掃するという名目で、それこそ一個連隊引き連れてやってきた聖たち、2つ目は、その聖の暴走を止めようと駆けつけてきた「中年3人組こと、蝶野、三島、橘たち、そして3つ目は「謎の勢力で、忍足たち同様、「ウロボロス」を捜しにやってきた者たち。ここには日比野もきましたが、彼がどこに属するのか、まだ決めかねています


そして、その3つ目の勢力が、任務に失敗した忍足を殺した上に、イクオの命まで狙おうとしたところを助けてくれたのが、意外にも聖だったのです! やはり聖は、少なくとも現在における忍足たちのボスではなかったらしいです


が、聖は今回、以前の連続警官殺人事件の容疑(殺人教唆)までかけられてしまったようです。こうなると逆に、絶対聖じゃありませんよね~あれは日比野の仕業ですって


またイクオはこの時、自分をまほろばに連れて行った金時計の男が、この聖ではなかったことに気づいたようです。聖が差し出した手を取った時、「この手じゃないと語ったのはそういう意味ですよね?つまりは、やはり、イクオの記憶にある「金時計の男はふたり」だったということでしょうかふたりはべ別の人間だった!?


そしてイクオは、聖は北川を狙撃させた犯人ではなく、むしろ、、隼人を助けようとしていたのではないかと推理します。隼人を助けて真相を暴こうとした聖を陥れようとしているのは、日比野の方なのではないか?と日比野が一番得をするから


~でも~ミステリーおたくのおばさんに言わせると、どうしてもあの北川が怪しく見えてなりません。日比野の裏にいるのが北川なんじゃないでしょうかね


その上、イクオは衝撃的な記憶も取り戻しています。なんと結子はあの日、後ろにゼロの4人を従えながら、他ならぬイクオに銃を向けていたのだそうです。しかも、

私はあなたの家族じゃない。敵だった。だから殺さなくちゃ!私が馬鹿だったから!!

と言って!?結子がイクオを撃つわけないっちゃ


でもこれまたいかにも胡散臭いですよね~。何せイクオは生きていた訳ですし、となると、「2発の銃声」はいったいだれに放たれたのか、って話になりますから


やはりあそこは、結子はイクオを撃とうとしたけれどどうしてもそれができずに振り返り(もしくは最初から撃つつもりはなかった)、後ろにいた湯浅を撃ったため、我那覇に返り討ちにされてしまった、の方が自然ですよね。でも、イクオはショックのあまり、その詳細までは覚えていない、と


一方、一旦は蝶野に捕まったものの、その蝶野に逃がしてもらった竜哉が、隼人から貰ったUSBを確認したところ、そこには「サオトメ」という外科医の情報が収められていました。サオトメは「ウロボロス計画の主治医」として採用されたそうです。


いったい何なんでしょうね~「外科医」の主治医って。まほろばに子どもたちを集めて戦闘員に改造でもする気だったのでしょうか? 実際に改造されたのがイクオであり、だからイクオはあんなに強い、とか??


また今回は、そのサオトメに加えて、見た目からしてう~んと怪しげな那智聡介(綾野剛)という男も登場しています。どうやら那智は、日比野に深い恨みを抱いているようで、今回美月を拉致してしまうのですが?


その美月はというと、退院したイクオを自宅に見舞いに行った際、偶然、イクオのウロボロスのネックレスを持ち帰ってしまいます。美月は最初これをイクオに知らせようとしましたが、ふと、遊園地で「第3勢力」に襲われた時に聞いた話を思い出します


ウロボロスを見つけるのが最優先だ!


そこで美月は早速このネックレスを鑑識に持ち込んで調べてもらうと、ウロボロスの内部は空洞になっており、そこに9ケタの数字が刻まれていたことが判明します。「139 607 766」はいったい何を表しているのでしょうか?


警察を出た美月が、早速「第3勢力」らしき男たちに追われたところを見ると、もはや警察内のあちこちにこの勢力の目が光っていると思ってよいのでしょうな


そこで逃げ出した美月を助けるふりをして、実は拉致したのが前述した那智だったという訳です。年齢的には同じまほろば出身者と思えなくもないですが?


また最後の番宣で、イクオ~生田斗真さんの「嵐」は軽く聞き流せましたが、三島~吉田剛太郎さんの松潤は聞き捨てならんですよね~図々しいんも~聞き違いかと思いました(;´∀`)


さ~てウロボロスは最後にどんな結末を迎えるのでしょうか~。今からとっても楽しみですねウロボロスが楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はウロボロス~この愛こそ、正義。のレビュー一覧」でお読みいただけます

輝いてスングム
 家族モノ・ホームドラマ

輝いてスングム 最終回 あらすじと感想 恨みは水に刻み恩は石に刻め(122~126含)

韓国ドラマ、【輝いてスングム】も、ついに昨日で最終回を迎えました。最終回の副題は「明日を夢見て」でしたが、おばさん個人としては、このドラマのテーマは、以前スボクが何度かドラマの中で言っていたこのセリフだったのではないかと結論付けた次第です


恨みは水に刻み、恩は石に刻め


韓ドラというと、いかにも「恨み骨髄に徹す的なドラマが多いように思えますが、でも、もしかしたら、その本質は逆なのではないでしょうか輝いてスングムに韓国ドラマの真髄を見た。たとえ、骨の髄まで沁みこんだ恨みであっても、それは流れゆく「水」に刻むように忘れてしまおう、でも、一度受けた「恩」は石に刻んで、決して忘れてはいけない


もし、世界中の人々がこの言葉を実現できたら、恨みが恨みを生むことも無くなり、この世から紛争は無くなりますよね。それができて初めて、朝鮮民族の悲願である南北統一もなされるのではないでしょうか


おばさん自身も、このドラマの後半で、スングムがジンギョンに黙ってジヌを引き取ったことを「恨み」に思ったものでしたが、でもそれもすべて、これまたジンギョンが後に言ったように

「人の死」

の前ではすっかり消えてしまいます輝いてスングムに感動しました(^^)/。これもまた以前スングムが、ジンギョンと一夜の関係を持ったウチャンに対する憎しみが、ウチャンが死地に向かうと聞いた途端、消え失せてしまったというくだりでも描かれていましたよね


よく、終盤になって、これまで悪人だった人が皆善人になって、善人だった人が死んでしまうなんて実に安直な展開だというご批判も耳にするところですが、でも個人的には~性善説を信じているので~この展開は当然だと思うのですよね。なぜなら、人間というのは、その本質は「善」であると同時に「実に愚かな生き物」でもあるからです。


たとえどんなに優しく正直に生きようとしても、目の前に現れた「欲に屈してしまい、その過ちをなかなか正すことができないのが人間です。正せるのは、最も愛する者がこの世を去ると分かった時、その人に恥じぬよう生きたいと願った時、なのだと思うからです


この「輝いてスングム」でも、最後はとても理不尽に思える出来事が待っていました。これまで常に正しく生きてきたヨニが白血病であることが判明し、ようやく親子として暮らせるようになったスングムとも、再び引き離されてしまうのです


自分の死が近いことを知ったヨニは、ジンギョンのために結婚式を延期しようとしたスングムを必死で引き留めて結婚式を挙げさせました。偶然ヨニの病を知ってしまったけれど、娘を思う母の気持ちを思うと何も言えず、必死で笑顔を作って式に臨んだスングムがまた健気で泣けました。そのスングムを慰めてくれたのが、ヨニの病を知って、こちらもまた恨みをすべて水に流したジンギョンだったというのもまた良かった


式を無事に終えた数日後、ヨニは息を引き取ってしまいます。スングム夫婦、そしてスボクとともに高麗人参畑へ行き、そこでスングムと語り合いながら倒れてしまったヨニは、病院に駆けつけてきたジェイルとスングムの手を取って、最後まで二人の幸せを願います


このヨニの死によって、頭では自分の非を認めながらも、どうしてもそれを改められなかったジンギョンとチス、そして大奥様という、セウン堂ピープルが、ようやく改心することができました。ここには、チスと離婚したヨニを非難し続けていたジェイルも入りますね。


ジンギョンはようやくウチャンとジヌを諦め、チスは権力と富を諦め、大奥様も、自分より先に逝ってしまうというのに、最後まで自分を気遣ってくれたヨニのために泣きました。そうして初めて彼ら自身が救われたと感じたのは、決しておばさんだけではないことでしょう


欲にがんじがらめになっていた心が解放されたからこそ、チスは全財産を社会に還元することで自分自身を取り戻すことができ、ジンギョンはより深い愛情でもってジヌを愛することができました


最後の最後に来て、またしてもあのおしゃべりな旅籠のおばさんと姪のイップンの会話から、ジヌが、実の母がジンギョンだと知ってしまうのですけれど、この時ジヌをなだめたのが、ほかならぬジンギョンだったのです


ジンギョンは、この事態におろおろするスングムを尻目に、ジヌの母親は間違いなくスングムだと断固として言い放ちました。逆にいうと、あの時あの場で、何をためらうことなくこう言い切れるのはジンギョンしかいなかったでしょう


ここでジンギョンが、10年後はスングムの番だと言っていたところを見ると、ふたりはそれ以前に約束を交わしていたのでしょうね。10年経ったら、必ずジヌに真相を打ち明けようと。


そしてチスは、毒蛇ことキム・ハッキの裁判で、自らの罪をすべて告白したそうです。最後の切り札にと取っておいた秘密帳簿も全て検察に提出し、実刑も覚悟できたのは、心から愛し、また最も自分を理解してくれたヨニに、自分を見直してほしかったからなのでしょう


その後ジンギョンは、インオクとともに渡米して手術を受け、その手術は無事成功したようです。7年間ずっと子供を授からなかったヒャンジャとトックはようやく子宝に恵まれ、こちらもまた、ようやくヒョンジェと結婚することになったジョンスとともに、皆からたくさんの祝福を受けていました


約束の10年後には、そのままずっと在米していたらしいジンギョンをジヌが訪れ、ジンギョンから真相を聞いたジヌは涙を流してジンギョンと抱き合ったのだとか。なぜあの時、皆が嘘をつかねばならなかったのか、その時のジヌになら十分理解できたはずです。ジンギョンが、心優しい男性と再婚したと聞けたのにも大喜びでした


この話をスングムから聞いた大奥様が、それはそれは嬉しそうにしていた笑顔がまだ脳裏に焼き付いています。この人も、こんなに穏やかな笑顔を浮かべることができたのですね。離散家族が再会したニュースに喜んでいたのも大奥様が我欲から解放されたからでしょう輝いてスングムは実に深いドラマでした♪


またウチャンは、北に残された家族が無事でいることを知り、スングムとともに会いに行くことにしたようです。今後はそれに向けて、ウチャンの父が生前作っていた「紅参」造りに取り組むようです。ふたりは、ジヌの外に子供をもうけていなかったようですが、それこそがこの二人なりのケジメだったのかもしれませんね。(あくまでも「妄想」です


途中、いきなり自分が正義の味方になったかのように怒り狂ったおばさんも、このドラマが贈ってくれた深いテーマに心癒され、すっかり感動しきりです。途中で止めずに最後まで見て、これに気づくことができて本当に良かったです


今はただ、たかが韓ドラ、でも、されど韓ドラ、という心境です。


また最後になりましたが、怒りのあまりに疲れ果ててしまった、相変わらず単純なおばさんを、黙って最後まで見守ってくださった方々にも心より御礼申し上げます。またいつか、このように素晴らしいドラマをご一緒できますよう願っております。


最後までお読みくださいましてありがとうございました!

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は輝いてスングムのレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング