このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<10  2015,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

刑事フォイル(Foyle's War)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

刑事フォイル(Foyle's war)あらすじと感想 第14話 軍事演習(後編)

刑事フォイルFoyle's War)のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 刑事フォイル(Foyle's War)あらすじと登場人物一覧


刑事フォイルFoyle's war】の14話は「軍事演習~War Games(後編)」です。いや~毎回シツコイようで恐縮ですが、このドラマは本当に面白いですね~


個人的に1~2話完結のミステリーはあまり好きじゃないんですが(短すぎておもろない)、このドラマはその短い中にも情報量がてんこ盛りでパターンも様々なのでまず飽きるということがありません。その上、そのたくさんの要素がすし詰め状態であるにもかかわらず、それが決してお粗末ではないところが素晴らしい。今回もあれこれ見どころがタップリで本当に楽しかったです


では以下早速ネタバレです刑事フォイルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


アグネスとハリーを殺したのは同一人物~二人を殺した犯人は、サイモン・ウォーカーだったそうです。フォイルがこのサイモンに辿り着いた経緯(あらすじ)はこうです


フォイルはかなり前からこのサイモンに目を付けていたようです。それはフォイルが、ウォーカー邸に泥棒が入ったと知った後、軍事演習のレフリーとしてハートコート准将のもとに呼ばれていた際、泥棒がハリーだと知ってそのハリーを捜しに来たサイモンが、警視正のフォイルがそこにいるのを見てひどく驚いていたのがきっかけだったそうです


しかもハリーはそこで、フィルビーが森に警備を置くよう命じられていたことを耳にし、警備にはハリーを指名するようフィルビーに指示したそうです。フィルビーはその時それが何を意味するかその時は分からなかったものの、その後ハリーが殺されたことで、大方の真相を悟ったようです


フィルビーは早速レジナルド・ウォーカーに抗議しに行きますが、肝心のレジナルドは、サイモンのハリー殺害をまったく知らなかったため、埒が明きません。とはいえ、フィルビーがナチスとの契約に不服そうだったため、レジナルドはフィルビーをアメリカの支社に飛ばしてしまいます。


一方のフォイルは、殺されたハリーの妹、ルーシーに会いに行き、そこで大変貴重な3つの情報を手に入れました。正確に言うと、フォイルにとっては2つですが、もう1つ視聴者にも耳寄り情報がもたらされたのです


  • ハリーが盗んだ物を託した相手
  • ハリーに盗みを依頼した人物
  • ハリーが以前服役したのは「濡れ衣」だったらしいこと

まずは1つ目~これが前回の予告にあったシーンです。予告では日本語(吹替え)しか入らんので「働き者で信用できる友」としか分からなかったのですが、ルーシーは実際ここでこう言っておりました


Something about them being busy. But he could trust them.
忙しくしているけれど信用できる


おばさんにはこれだけじゃあ到底思いも寄りませんが、フォイルは違ったのでござる。フォイルはこの後サムが、資源回収隊の子どもたちを指して

They've been busy little bees
(小さなミツバチみたいに忙しく働いた)

と言ったのを聞き、この二つがピッタリマッチして、忙しく信用できる友こそ「ミツバチ」、ハリーは盗んだ物を養蜂のケースの中に隠したと確信したのだそうです。も~ここは感心しきりでございました


そしてその「盗んだ物」とはやはりあの映像にあったように「箱」だったのですが、この箱がまたいわく付きだったのだそうです。これは、エンパイア&ヨーロピアン食品(以下E&Eと省略)がナチスと契約をした際に、その感謝の証として贈られたものだったそうです。サイモンはこれを税関で申告せずにスイスから持ち帰ってきたのだとか。


フォイルは養蜂ケースの中から見つかったこの箱をわざとルーシーに持たせ、サイモンに届けさせました。サイモンとルーシーはそこそこ親しかったらしく、サイモンが事前にルーシーを訪ね、盗まれたのは「母の形見の箱」だから見つかったら届けてほしいと頼んでいたことを利用したのです


フォイルが調べさせたところによると、この箱はユダヤ職人のイェレミアス・ツォーベルが18世紀に作った価値ある物だったそうですが、ナチスがこれを所持していたローデンベルク一家を殺害して略奪したのが、回り回って「ギフト」としてE&Eに与えられたのだそうです


当時ナチスにはこうしてユダヤ人等から没収した財産を管理する「第三帝国(Third Reich )の財産移転局(Firmenverkehrsstelle)」というものが存在していたそうで、レジナルドはドイツの貿易局から貰ったギフトだと語っておりましたが、実情は

「人殺しをして奪った盗品

だったという訳です。そんな破廉恥な会社が、たとえ契約書があろうとも、長続きするはずがありません


その契約書に関してはフォイルがベックから聞きだしました。フォイルはハリーに会いに来たのがベックだと知り、ハリーに盗みを働かせたのはベックだと確信したのです~これが2点目です


最初はとぼけていたベックも、たとえ友であろうとも罪を犯した者は刑に服すべきという信念を持つフォイルには、ついにすべてを明かすしかありませんでした。


ベックが1935年の2月にイギリスに移住を余儀なくされたのは、ナチスを非難したためにその迫害から逃れるためだったそうです。(前回これを35年前と勘違いしたので訂正しておきました) 妻でありおそらくは英国人だったアンナ・ベックはその1年ほど後に55歳で死亡してしまったそうです


このベックを告発したのは、ナチスに心酔していた息子だったというから驚きです。が、もっと驚かされたのは、その息子とともにベックを告発したのがなんと、ナチスより過激なサイモン・ウォーカーだったのだそうです恐るべしサイモン!


また今回、ウォーカー親子を怪しんだフォイルはようやく、秘書のアグネス・ブラウンがE&Eのオフィスの窓から転落した事実を突き止めました


ポールが早速調べに行ったところ、アグネスは高所恐怖症で開いている窓になど近づけなかったことが判明します。これを教えてくれたのは、ヘイスティングス在住のアグネスの父=アーサー・ブラウン判事(Will Knightley)です。彼は前編でミルナーの裁判を担当した判事です。判事は、アグネスがE&Eに就職したのはベックの紹介によるものだったと証言してくれました。


こうしてフォイルは、サイモンこそがハリーとアグネスを殺した犯人だという結論に達します。特に、サイモンがハリーを殺す際には、いかにも非情なナチスの心酔者らしく、ロシアンルーレットをしたのだそうです。銃声は3回したのに弾が1発しか見つからなかったのは、残りの2発が空砲だったからです。これが副題となった「war game」の由来だと思われます。


一方のベックは今回、ヒルダ・ピアースから、海外でレジスタンスを組織する任務を命じられ出国することになったそうです。ヒルダはやはり諜報部員のようでしたが、この「敵地での工作活動を担当する、英国では新しい組織」にはまだ決まった名前がないそうで、単に「overseas intelligence」とだけ呼ばれていたようです。


たとえどんな犠牲を払っても「利敵行為を続けるウォーカー親子」を捕まえたかったと語ったベック。そんなベックが欲しがっていた「契約書」は、なんとあの資源回収隊が手に入れています。ウォーカー親子が証拠書類を焼こうとしたところを見たこのおチビちゃんたちは、大切な資源を燃やすなどもってのほかだと、ウォーカー邸の塀を乗り越えてこれを盗み出したのです資源回収隊が大手柄( `ー´)ノ


それを見たレジナルドがサイモンにドーベルマンを放させたのを見たアリスはついに、この親子に愛想をつかして出て行ってしまったそうです。このアリスは見た目通りの善人だったようです


それをサムから聞いたフォイルが、山と積まれた紙の中から契約書を探しだしたのはさぞかし大変だったことでしょうね。その入手経路を尋ねてきたベックに「With difficulty」(苦労して手に入れた)と言わねばならなかったほどですから。


でもその契約書は結局何の役にも立たなかったのは残念でした。ヒルダがそれを然るべき場所に持っていったにもかかわらず、レジナルドは既にイギリス政府の要人にも手を回していて、すべてが不問に付されてしまったそうです。やはりその名が知られていないことからも分かるように、まだまだ無力な組織だったようです


それでもヒルダが既にフォイルをよく知っており、フォイル警視正なら決して諦めないだろうとベックに語っていたのが嬉しかったおばさんです。その通り、フォイルは見事に「二人を殺したサイモン」を逮捕し、全てを失ったレジナルドはついに自殺をしてしまいました


さていよいよ3点目です。今回フォイルは、ハリー殺害の容疑者として、元部下のデブリン大尉を挙げていました。それというのも、ルーシーが詰ったように、ハリーの以前の「窃盗」は、このデブリンによる濡れ衣だったそうなのです。デブリンは何としてもハリーを逮捕したくて、ハリーが不法侵入した家のネックレスを盗んでハリーの家に置いたのだとか。


いやいや、何ともひどい話でやんすが、フォイルはデブリンがこれを機に警察を辞めて入隊したことですべてを伏せ、このネックレスに対する起訴を取り下げたことで、ハリーは3か月の服役で済んだそうです。いくら正義のためとはいえ、デブリンは決して超えてはならぬ一線を越えてしまったのですね


ふぅ~これで何とかすべてを語ったでしょうか


あ、そうそう、子どもたちが一生懸命資源回収をしていたのは、もちろん「愛国心」もあるでしょうが、本当の目的は「賞品のチョコレート」だったようです。これまた実に可愛かった~ドーベルマンに足を噛まれても頑張った甲斐がありました


と、見どころ満載の刑事フォイルは続きもとっても楽しみです刑事フォイルが楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は刑事フォイル(Foyle's War)のレビュー一覧」でお読みいただけます

トライアングル
 復讐モノ

トライアングル あらすじと感想 第8話 ホールデムの大勝負にワクワク

韓国ドラマ、【トライアングル】の8話は実に面白かったですね~。自分は賭け事はまったくやらんのですが、見るのは大好きなのでござる


今回のバカラはともかく、ホールデムはめっちゃ楽しかったです。最初はどんなゲームかまったく知らなかったけど、ポーカーをもっとグレードアップしてギャンブル性(運とつき)を高めたゲームなのですね。あれでは、ヨンダルが大勝負に出たくなる、世界チャンピオンになりたいと願う気持ちも納得です。以下簡単なネタバレのあらすじですトライアングルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ヤンハとの勝負で、自分のカードさえ見ずにオールインしたヨンダルホールデムがおもしろかった~( `ー´)ノ。相手がそんなでは勝っても面白くないとうそぶくヤンハですが、ヨンダルは最後の最後に大逆転してしまいますトライアングルが面白くなってきた♪


ともに、ヤンハはエース3枚にキング2枚のフルハウス、ヨンダルはキング3枚にエース2枚のフルハウスという手だったのが、最後にジョンヒが開いた1枚はキングであり、ヨンダルにフォーカードという勝利をもたらしたのです。まさにジョンヒはヨンダルの「勝利の女神だったのです


最初は無謀なように思えたけれど、あれではヨンダルの言うことももっともかもしれませんね。たとえカードを見たところで作戦の立てようがない~ヤンハは確率の問題だと言ったけど、最後はやっぱり運とつきでしかないように思えました。(こんなんだからおばさんはばくちに手を出しちゃあかんのでござる


これで大勝ちしたヨンダルは、さらなる計画を立てました。なんとヨンダルはミン社長と組んでディーラーを丸め込み、チャン・マダムの違法カジノを手に入れようというのです。ディーラーの服のボタンに隠しカメラを仕込むとは、なかなか上手い手を考え付きましたね。もちろんこの場合のディーラーは、ジョンヒであってはなりません


その上ヨンダルは、1回の賭け金を5000万ウォンにすることで、チャン・マダムが金を払えないよう目論みました。下手をすると10億を超えるかもしれない高額なゲームを自分一人の裁量では決められないと、チャン・マダムはマダムの雇い主~違法カジノの本当の持ち主に連絡をしました。これまでチャン・マダムのカジノが、違法にもかかわらず続けていられたのは、その人物のおかげなのだそうです。いったい誰なんでしょうね~警察関係者でしょうか


それでOKが出たのが、チャン・マダムの運の尽きでございました。ヨンダルの勝ちは19億を超え、当然チャン・マダムはこれを支払うことができず、違法カジノはヨンダルの手に落ちたのです


ヨンダル曰く、この違法カジノはきっとコ・ボクテの資金洗浄の手段として使えるはずだから、自分が違法カジノを手に入れてコ・ボクテに認められればドンスの助けにもなるはずだというのですが、果たしてそううまくいくかどうか心配でござるね


一方のドンスは、ファン・ジョンマンの助けを借りて、ようやく過去の真相に辿り着きます。父ジョングクが死んだのは事故などではなく、今回図々しくも自分に協力を求めてきたユン・テジュン(ユン会長)が、コ・ボクテに命じて殺させたに違いないとの証言を得たのです


これでドンスがユン会長に利用されることは無くなりましたが、これを知って怒り心頭のドンスが直接コ・ボクテのもとへ行き、彼を半殺しの目に遭わせたのはマズかったですよね~いっそのこと〇しちゃえばよかったのに(;´・ω・)。コ・ボクテはこれで再びドンスの命を狙ってくるはず、ということはつまり、ヨンダルにドンスを狙わせるに違いないのですもの


たとえお腹がいっぱいだろうと、ジョンヒのハルモニから食事に誘われたら駆けつけてジョンヒの家族とともに食卓を囲んでいたヨンダルはとっても幸せそうだったのに。どうにかしてまっとうに生きる術はないものなのでしょうか。なにせ親友のジャンスとジェリからでさえ、

ヨンダルがジョンヒを好きになるなんておこがましい

などと言われちまうほどなんですから


そのジョンヒも、口ではヨンダルのことなど好きじゃないと先輩のヒョンミには言い訳していましたが、実際にはまんざらでもなさそうでしたね。仕事では、こちらはヤンハの後押しを受け、研修を終えた今度はVIPルームで働くためのより一層厳しい訓練を受けることになるそうですジョンヒガンバレ


貧しい者は違法にのし上がるしか方法がないのではなく、いつかどこかで何とかまっとうに報われてほしいものだと、これがドラマであることを忘れてついそう思わずにはいられません。もはやすっかり身内気分やんちゃな弟を心配する姉の気分でござりまする


トライアングルは続きもとっても楽しみですトライアングル~いよいよ盛り上がってきましたね♪


 

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はトライアングルのレビュー一覧」でお読みいただけます

下町ロケット
 池井戸潤原作

下町ロケット あらすじと感想 第7話 獅子身中の虫見~つけた(?)

下町ロケットのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


阿部寛さん主演の【下町ロケット】は7話も実にイライラさせられました。もうすっかり自分も

「ガウディチーム下町ロケットのガウディチームを応援するぞ!( `ー´)ノ

の一員になりきって見ているおばさんとしては、あの卑怯でいやらしい、肩書ばっかりで中身スカスカの連中を見るだけで怒りが湧きあがってくるのを抑えることができません


下町ロケットの小泉孝太郎がサイテー憎たらしいっ!!(`・ω・´)

今回の記事の副題も、本当は

「子どもたちの未来のために!ガウディチームがんばれ!!下町ロケット・ガウディガンバレ!

などと前向きなものにしたかったんですが、それ以上に、敵の弱点を見つけた、今に見てろガウディの行方はバカリズムがカギを握るかっ!?と言ってやりたくてならんかったのでござる。こうなるとまるで子供やね


とまあ言い訳と愚痴はこれぐらいにして、以下、下町ロケット第7話の簡単なネタバレ(プラス妄想)のあらすじをまとめさせていただきました下町ロケットのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


一村や桜田の志に心の底から共感し、ビジネスは度外視して「ひとりの技術者」として、そして「子どもを持つ親」として「ガウディ計画」に参加することになった航平は、早速東京に戻ってプロジェクトチームを立ち上げます


技術者からは若手の3名~立花洋介(竹内涼真)、加納アキ(朝倉あき)、鈴木健児(堀井新太)が抜擢され、営業は江原が担当することになりました。この若手は以前

裏切り者の中里

とともにコアハートの弁を作っていた技術者たちです。


予想通り、彼らがどんなに時間を費やしてもなかなか満足のいくものは仕上がりませんでした。何度作り直しても「血栓」ができてしまうのです。でもそう簡単にできるぐらいなら、とっくにどこかが作ってるって話でやんすね


航平はそんな彼らを~社長としてではなく同じ技術者の先輩として~こう言って励ましました


数式で解決できる部分は実は易しい。あるところまでいくと理屈じゃ解き明かせない物が必ず残る。作って試してまた作る。失敗し続けるかもしれないが、独自のノウハウはそういう努力からしか生まれない。スマートにやろうと思うな。泥臭くやるんだ。頭のいい奴は手を汚さずにきれいにやろうとしすぎる。それじゃダメなんだ。


ものをつくるっていうのは頭じゃないんだよ。手と心だ!


が、彼らの心を打ち砕いたのはこの度重なる失敗だけではありませんでした


医療機器を製造する場合、厚労省の認可を受ける以前に「Pmea」※という独立行政法人医薬品医療器具総合機構と事前面談をしなければならないのだそうですが、そこの専門員である滝川信二(篠井英介)が貴船の「コバンザメ」だったことから、ひどい嫌がらせに遭ってしまいます


~※実際はPMDA(Pharmaceutical and Medical Devices Agency~独立行政法人医薬品医療機器総合機構)だと思われます~


これは今回明らかにされたのですが、貴船の「コアハート」は元々その教え子だった一村の発案だったのだそうです。貴船はそれを横取りして自分のアイディアとして発表した上、邪魔になった一村を福井の北陸医科大に飛ばしたのだそうです。それでも一村は、

誰が作ったかより、コアハートの実現の方が大切だ

と大人しく引き下がったのだそうです


さすがに貴船もそれ以上は手を出してこなかったらしいのに、一村の開発する「人工弁=ガウディ」もまたビッグビジネスになると嗅ぎ付けたハイエナのような椎名が貴船を唆し、日本クラインとともに、このガウディも手に入れようと根回ししてきたのです


審査の際の滝川の言いぐさがまた実に憎たらしかったですね。医療機器は中小企業や町工場が作れる類の製品じゃない=おこがましい。日本クラインのような「認可」を持った大手が作るべき。審査を通したいなら、貴船教授に相談すべき。


重要なのは何を作るかじゃなくて、誰が作るか、だ


まったく、いくらマージンを貰っているか知らんけど、こんな恥知らずが人の命を預かる機関にいるってこと自体、腹が立ってなりません。まさに額にバツを描いてやりたい


最初は黙っていた航平も最後にはブチ切れてしまいます。航平は、ガウディが完成するまで我々を支援してくれる、認可を持ってるような大企業を見つける。開発者にとって製品は大切な子供のような存在だから、

「貴船(=人の物を横取りするような卑劣漢)」

ではなく、信頼できる相手を必ず見つけてみせる、と豪語します。思いのないところに技術の進歩などあり得ない!!それが技術者だ!


またここからがこの下町ロケットの真骨頂でしたね~


そもそもこのPmeaは医療開発を目指す企業の志を諦めさせるための組織ですか!?それとも、日本の医療の安全と発展のために手助けするための組織なんですかっ!!どっちなんだよ!!この腰ぎんちゃくめっ!!


たとえ1%でも可能性がある限り決して諦めないっ!!ガウディを完成させられるのは私たちしかいないんだっ!!ガウディは決して諦めないっ!!


いやいやここはす~っと溜飲を下げた心地でござった


でも実際問題としてはこの先道はかなり険しくなりそうです。サクラダの親会社で資金提供者である桜田経編からの援助が打ち切られることが決まったからです


そんな八方ふさがりの中でも、彼らが諦められないのは、このガウディの完成を待ち望んでいる子どもたちがいるからです。まだ幼い子供の「夢」が

みんなでサッカーをすること

だなどと聞いて胸を揺さぶられない方がどうかしていますよね。弁膜症に苦しみながらもそんなささやかな夢を叶えたいと願っている子供たちを救うのは国産の人工弁=ガウディしかないのです


今回何とか外国製の人工弁でも適応可能だと判断された子供=高橋圭太(高橋曽良)の手術に立ち会った航平たちは皆、改めてその思いを強くしたのであります。その「思い」が必ず天に通じることを願ってやまないおばさんです


と、皆が一丸となって邁進しようとしているところ、力不足でその夢が叶わないというならまだ諦めも付きますが、そうではなくて、邪な者たちによって邪魔をされるということほど腹立たしいことはありませんよね。その筆頭にいるのが貴船であり椎名なのです下町ロケットの椎名をやっつけろっ!( `ー´)ノ0


でもね、ふふ、冒頭でも触れたように、その椎名の懐にはどうやら「獅子身中の虫」がいるようなのです(敵の敵は味方ともいう)。サヤマ製作所でずっと開発に携わっていたはずが、とある理由から左遷されたらしい横田信生(バカリズム)がそうなってくれるんじゃないかなあと期待したいところです。(妄想倒れになるかもしれません


今は同じその開発部で、椎名の全幅の信頼を寄せられて、さらなる改良を迫られている中里がなんどトライしても失敗することから(実力不足も大きいが)、日本クラインに納品済みの製品を確認したところ、その製品もまた異常が出ていたことが発覚したのです


他人の物を盗むようなご都合主義の中里はこれを単なる不良品だと見たようですけど、横田の考えは違ったようです。椎名は、不良品であることを百も承知で納品し、日本クラインを金で黙らせているのではないでしょうか?横田はそういった不正の中で、責任を取らされた被害者なのではないでしょうか?


中里は、心臓弁の開発が済んだらロケットバルブの開発を任せたいなどと椎名からおだてられていい気になっていますから、決して自分の非は認めず、

長い物には巻かれ、臭いものには蓋をしてしまう

ことでしょうが、何とかこの横田が奮起してくれるとよいのですがバカリズム、頼んだよっ!( `ー´)ノ


さてそのロケットバルブの方も今後は重要になってきそうです。何せ資金不足はサクラダのみならず、佃製作所も、もしサヤマとのコンペに敗れたらご同様なのですからね。あ~なんとかコンペに勝って、かつ、大手メーカーの支援を受けられれば良いのですが下町ロケットの財前がたすけてくれんかなあ。ここで帝国重工もしくはその関連会社が実は医療機器、それもクラスIVレベルの認可を得ているってことはないんかな


佃製作所とサヤマの戦いが、

宇宙科学開発機構 vs NASA

だという声が挙がっているなら、その宇宙科学開発機構方面のツテはないんかしらね


そしてまた、サヤマが隠している「秘策」とはいったいなんなのでしょうか?卑怯者めっ!!( `ー´)ノ


と、ここであれこれひとりで気を揉んでも致し方ないので、なにはともあれ次回の放送を待ちたいと思います。「下町ロケット」は続きもとっても楽しみです下町ロケットが楽しみ♪


~年頃の娘に彼氏がいないほうがおかしいです。若くして死ななくてはならぬ子がいる一方で、BFができるほど娘が無事成長したことをありがたく思いなさい航平は諦めなさい(笑


下町ロケット (小学館文庫)下町ロケット2 ガウディ計画
これは(ドラマを見終えたら)是非読んでみなくちゃ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は下町ロケットのレビュー一覧」でお読みいただけます

世にも奇妙な物語
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

世にも奇妙な物語 2015秋 ネタバレと感想 映画監督編

この時期恒例のSPドラマ、【世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~】を見てみました。先週の「傑作復活編」もそれなりに面白かったですが、個人的には昨夜放送の映画監督編の方が気に入りました。特によかったのは「バツ」でしたけど、それ以外の4つも実に面白かったです


以下簡単なあらすじとネタバレです~誠に勝手ながら、面白かった順にまとめさせていただきました世にも奇妙な物語2015秋のあらすじネタバレ感想文です♪


【バツ】


これは原田宗典氏による「どこにもない短編集」に収められた 「×バツ」という作品が原作だそうです。阿部サダヲさんの主演も奏功して、実に面白かったですね


初野元秀(阿部サダヲ)は、毎日をそこそこ無難に生きればよいというタイプの平凡な銀行マンでした。長年付き合いのある顧客がどんなに頭を下げようと、口では適当なことを言いつつ、裏ではバッサリ切り捨てます。うちが融資したところでそのうち潰れるに決まってる


そんな初野がある日、自分の額に「X(バツ)」が描かれていることに気づきました。が、妻の弥生(鈴木砂羽)や娘に聞いても、そんなものは見えない、病院へ行け、と言われてしまいます。これは部下も同じです。


仕方なく病院へ行って精密検査をしたところ、何の異常も見つからないため「ストレス」だと診断され、精神安定剤を処方されてしまいました。


日に日に濃くなる「バツ」に憂鬱になりながら歩いていた初野は、自分同様、額に「バツ」のある男に出くわします。それがラーメン屋のおやじだという邑田英策(ムロツヨシ)です


邑田は「バツ」が現れてからもう2カ月になるといい、自分の父親も昔バツが見えるようになったと言ってすぐに亡くなってしまったのだと明かしました。もしかしたらこの「バツ」は死の前兆なのかもしれない。我々だけにしか見えないのは、そういう体質~遺伝なのかもしれない、と


まさかそんなことがあるはずないと思っていた矢先、初野は死亡のニュースが流れた有名人の生前の写真の額に「バツ」が浮き出ていたことに気づきました。慌てて邑田に電話をすると、既に亡くなったとの答えが返ってきます。


まさか、本当にそんなことがっ!?世にも奇妙な物語の「バツ」が特に面白かった♪


これで「バツ」が死の前兆だと確信した初野の毎日はそれから大きく変わっていきました。融資先には親身になって相談に乗り、家族に対しても優しくなります。人間どうせいつかは死ぬんだ。死ぬその直前まで1日1日を大切にしよう


その言葉通り、妻への誕生日プレゼントを買って電車に乗り込んだ初野は、周囲の人間たちが皆、その額に「バツ」を付けていることに気づきます大変だ!助けなくちゃ!!。この電車が危ないのかっ!?


初野がすぐに皆に電車を降りるよう呼びかけても、誰も聞きやしません。仕方なくひとりだけ降車して、そこにいた駅員に電車を止めてくれと頼んだら、その駅員の額にもバツがあるではありませんか?しかも、その後目に入る人々すべての額にバツが描かれているのです!!


この国が滅亡するのかもしれないっ!?東京大地震か?!


初野は脱兎のごとく走り出してなんとか家に辿り着くと、すぐに荷造りを始めました。ここは危険だ!どこか安全なところに逃げなくては!!海外へ行くぞ!!


そんな時です。テレビで緊急会見が開かれました。なんと日本国内に「アバル出血熱」(≒エボラ出血熱)に感染した男性が入国したというのです!!ひや~パンでミックスだった!


国内での流行はゼッタイにあり得ません!と力説する厚生大臣の額にも真っ黒なバツがありました


嘘だ~っ!!


【幸せを運ぶ眼鏡】


妻夫木聡さん主演の「幸せを運ぶ眼鏡」もまたなかなか辛辣で、とっても面白かったですね~。脚本は「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」や「信長協奏曲」の宇山佳佑氏だそうです。


貯金はあっても彼女はいない村上涼太(妻夫木聡)の趣味はひとり寂しく「あらいぐまラスカル」を見ること。このままでは80になっても何も変わらないかも~と悩んだ涼太はついにマッチングサイトに申し込みます。しかも、思いがけず好みの女性=三浦あゆみ(山本美月)を紹介されて大喜び


そんな涼太のもとにある時「HAPPY GLASS」という眼鏡が届けられました。(揚げ足を撮るようで恐縮でござるが、「GLASS」と単数形では眼鏡にはなりませぬ~GLASSESじゃないとあかんわね) この眼鏡=ウェルサをかけると、全ての物事が完璧に運ぶようプロデュースされ、誰もがハッピーになれるという優れものです


それで涼太は手始めにあゆみとのデートの準備から本番まで、すべてウェルサの指示通りにしたところ、あゆみはすっかり涼太が気に入ってしまったようです。何せウェルサは洋服のコーディネートからレストラン選び、食事のマナーに、心肺蘇生の仕方まで懇切丁寧にリアルタイムで教えてくれるのです


その上このウェルサでは「買い物」まで簡単にできてしまいます。デート用の服も美術館のチケットも、レストラン代も、そして車まで、全て眼鏡に指紋認証させるだけで手軽に買えてしまうのです。涼太は、これまで貯めに貯めてきた貯金を湯水のように使いました


そうして機が熟し、ついに涼太があゆみにプロポーズしようとしたその時、ウェルサのバッテリーが切れてしまいます。涼太が慌ててごまかすも、あゆみにすべてを知られてしまいます。私は眼鏡とじゃなくあなたと恋愛したかったのにっ!!


すると涼太はウェルサを壊し、全ては自分が悪かったと謝罪しました。その上後日あゆみの職場にまで出かけ、眼鏡じゃなくて自分が選んだから可愛くないかもしれないけれど、と言い訳しながら婚約指輪を差し出します。もちろん、あゆみが承諾せぬはずがありません


でもこれもすべてウェルサの指示だったことが後に明らかになります。ウェルサはあゆみにすべてが知られた時点で、自分から涼太にウェルサを壊すよう指示したのだそうです


もちろんその直前に「ウェルサ機能の付いたコンタクトレンズ」の購入を勧めることも忘れません。そう、涼太がプロポーズをした時、多分指輪を買った時も、涼太は既にこのコンタクトをしていたのです


これだけでも十分面白かったのですが、物語はこれにとどまりませんでした。なんとこのウェルサの発売元である「HAPPY GLASS」はホテルと連携をしていたようで、ふたりにそのホテルの結婚式場を斡旋したようなのです。他の、ウェルサを通しての出費も全て「HAPPY GLASS」との提携先に流れており、「HAPPY GLASS」がマージンを取っていたと見て間違いないようです


これが資本主義(win-win)だと言われてしまえばそれまでですが、いかにも幸せそうに微笑んでいた涼太の顔がなんともマヌケに見えたのはおばさんだけでございましょうか


【箱】


竹内結子さん主演の「」は、面白いと言うよりはちと怖い話でござった。脚本はアンフェアの佐藤嗣麻子氏だそうです。


主人公の吉野朔子(竹内結子)は気づくと狭い箱の中に閉じ込められていました。どんなに泣いても叫んでも誰も助けに来てくれません。唯一手元にあった携帯で警察に通報したものの、手がかりがないため助けに来てくれません


箱の中には何かがいるらしく腕がちくっと刺されたり、脚の方角へ箱ごと移動されたり、パイプオルガンのような大音響が聞こえた、と、手がかりになりそうなことを説明しても、どうにも埒が明きません


携帯の電源も切れ、万策尽きたその時、朔子はこれが「夢」だったと悟りますが、それもまた単なる思い込みで、再び箱の中に引き戻されてしまいます世にも奇妙な物語の「箱」は気持ち悪かった(;´・ω・)


が、何と実際にはそうではなく、朔子は転倒して意識を失い、そのままこん睡状態に陥ってしまったのだそうです。腕を刺されたのは病院での注射であり、箱ごと動いたのも担架で運ばれたこと、そして大音響はMRIの中に入ったことを示していたのだとか


植物状態の患者にも意識があるとはよく耳にすることですが、こんな風に閉塞感に苦しんでいるのは辛いでござるね七瀬再びを思い出した(;´・ω・)


【嘘が生まれた日】


満島真之介さん主演の「嘘が生まれた日」は渡辺優平氏の「ウソキヅキ」 が原作だそうです。


主人公の宇佐美正太郎(満島真之介)が暮らしていた世界は「一切嘘の無い世界」だったそうです。そこでは誰もが本当の事しか言わないため、争い事が絶えなかったそうです


がある日の事、追いつめられた正太郎がつい「事実でないこと=嘘」をつくことになりました。


自分の行動に対して誰も疑わないことに味を占めた正太郎は、友人の二人を誘って「嘘」をつき続けていきます。フレンチレストランでたらふく食べておきながら、請求が来ると「もう払った」を嘘をつき、女の子をナンパするのに「君たちは世界一綺麗だ」と嘘をつきました


次第にそんな可愛い嘘では済まなくなり、3人は「詐欺」まで働いてしまいます。この水を飲んだら幸せになるというペットボトルの水を1本1万円近くで売り出したのです。誰もその効能を疑わないため、3人はたちまち大金持ちになってしまいます。


この効能を疑いだした人々が押しかけてきた時も、効果が出るまでには3~5年かかるとうそぶき、これまで信用されてしまいます


が、その中のひとりに、病気の母に飲ませたのに死んでしまったと泣いていた少女がおりました。やはり幼い頃母を亡くした正太郎はついに嘘を止めると言いだします


でも正太郎はその言葉に反し、最後に1つだけ「優しい嘘」をつきました。その少女に会って、お母さんがとても感謝していたと告げたのです。もちろん正太郎はその母親に会ったことなどありません。


自分の不注意で母を助けられなかったと嘆いていた少女の顔にようやく笑みが浮かんだのを見届けた正太郎は、その足で警察に自首しました。


これをきっかけにこの世には「嘘」が蔓延していったのだそうです。昔と違って嘘のある世界は争い事も激減し、一見「平和」になったそうですが、果たしてそれが本当に幸せかどうかは判断しかねるところです


【事故物件】


中谷美紀さん主演の「事故物件」は加藤淳也氏の脚本だそうです。


看護師だった早瀬由希子(中谷美紀)は新しく越したマンションに幽霊が現れると不動産屋にクレームを付けに行きましたが、今時そんな「事故物件」は売りに出せないと取り合ってもらえません。でも現に自分は白い服を着た女性の幽霊を目にしていますし、娘の朱理も夜になると大声を上げて苦しみだします。


由希子がかかりつけの医師に相談した直後、その夫らしい真一(高橋和也)がやってきました。おまえ、また見たのか?もう5年も経つんだ、いい加減に立ち直れ!


なんと、マンションが事故物件なのではなく、自分の不注意で火事を出し、幼い朱理を死なせてしまった由希子がそれを忘れられず、朱理の幻想を見て苦しんでいただけなのだそうです。由希子は勤務先の病院へ行く際、ストーブを消し忘れてしまったのだとか。


ようやく我に返った由希子は、朱理の生前のビデオを見て娘の本心を悟りました。朱理は、看護師として働いている由希子が大好きだったのだそうです


こうして由希子は再び看護師に復帰し、今では元気に働いているそうです。おしまい世にも奇妙な物語2015秋~いかがでしたか?


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は世にも奇妙な物語のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング