ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2016/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
PR
デビアスなメイドたち(Devious Maids)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

デビアスなメイドたち3 あらすじと感想 第8話 隠れた本性

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち3】(Devious Maids S3)の8話は「隠れた本性」。英語の副題の「Cries and Whispers」(叫びと囁き)はIngmar Bergman原作のスウェーデン映画のタイトルから来ているようです。


いや~やっぱり来ちゃいましたね~裏切りが。以下早速ネタバレですデビアスなメイドたち3のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。(またしても)単なるおばさんの「妄想」だったらお許しくだされ


今回明かされた驚きの事実および可能性は2つです


まず1つめ~これはまだまだ可能性にすぎませんし、お得意の思わせぶりかもしれませんが、ルイ・ベッカーおよびブランカ殺害の犯人は、もしかしたらジェシーかも知れないということです


マスコミがブランカの死を報道した際、ブランカがベッカー殺しの犯人だと決めてかかったのを受けて、マリソルがジェシーにそれを否定した時に違和感を抱いた方も多いのではないでしょうか。え?もしかしたら??ジェシーがブランカ殺しの犯人?!


その後ジェシーは、顧客のアトウッド(Matt Walton)がマリソルにセクハラをした際、乱暴な言動でアトウッドを叩き出しました単なる嫉妬じゃないんですかねvv。そんなジェシーの一面に驚いたマリソルでしたが、自分もまたジェシーに言い寄ってきた若い女性に腹を立てて同じ行動に走ったため、これは思い過ごしか、と(視聴者に)思わせた矢先、ジェシーが秘かに銃を携帯していたことが(視聴者にだけ)明かされます


そー言えば(以下妄想です)、ブランカを襲った犯人の背格好もジェシーに似ていたような気がしますよね~すらりと長身で


マリソルにせっかく良いお相手が見つかった~と喜んでいたのに、この「裏切り」は思わせぶりであってほしいものです。


そして2点目、こちらは思わせぶりではなく事実です。エルネストがをついていたことが発覚しました。彼は、潜入捜査を行ったのがばれて麻薬組織に監禁されていたのではなく、どうやら彼らの手下として働いていたようなのです


それが(きっと)どうしても家族に会いたくなって組織を抜け出し、アメリカにやってきたらしいのですが、そんなエルネストを組織が見逃すはずもありません。今回はその一員=ヘクター(Antonio Jaramillo)という男がアメリカにやってきてエルネストを脅しました。ボスがお前を呼んでいる。(妻を殺されたくなければ)戻って来い


ロージーがスタッポード家で働いていることをいいことに、エルネストは「殺人があったかもしれない家」で働かないでほしいと、またしても嘘を重ね、何とかロージーを外出させまいとしますが、今や、メイドという仕事にプライドを持って働いているロージーは聞き入れません


Don't make me regret choosing you over Spence.
スペンスを選べばよかったと思わせないで


それでもロージーが心配だったエルネストは、こっそりスタッポード家に様子を見に行くのですがマイケルにゴルフクラブで殴られちまいます、そこでエルネストは思いもよらぬ人物に出くわてしまいます。それがケイティです


ヴィオレタ!?


ケイティは「My name is Katy」と答えましたが、これまでも「ケイティ」は偽名であると仄めかされてきたことから、これはまず間違いないと思われます。ケイティはアルゼンチン人ではなくメキシコ人で、その名前は「ヴィオレタ」なのですバイオレット♪


その後エルネストはヘクターに「取引」を持ちかけました。自分が組織を抜けて自由になる代わりに、ボスが捜していた女の子を差し出すというのです。もちろんそれがケイティことヴィオレタなのでございましょう。相手が麻薬組織なら、以前マイケルたちが言っていた

「ケイティは悪い奴らに追われている」

という表現も頷けます


果たしてヴィオレタはなぜ麻薬組織のボスに追われることになったのでしょうか?ケイティの描いていた絵を見る限りではボスの娘ということはなさそうですよね。以前の話をつなぎ合わせると、ケイティの実父が彼らに殺されたため、その目撃者として命を狙われているのでしょうか?


スタッポード家で働くことを猛反対していたエルネストが急に気が変わったのを見たロージーが、くるくると手を頭の横で回し


So, you are changing your mind just like that?
そう、そんなにパパッと気が変わったの?


と言ったのも、いかにもロージーらしくい表現で楽しかったですね


それ以外では、デラトゥア家にドクター・ネフ、クリストファーがやってきました。ギリシャでの任務よりジャンヴィエーヴが大切なのだそうですよ。そのクリストファーは、感激するといきなりフランス人になる(?)くせがあるらしく。。。


Oh là là!
オーララー


印象的には、どこから見ても日本人なくせに、やたらと「オーマイゴッド」を口にする輩と一緒でしょうか


これをベッドでも連発するため、壁一枚隔てて寝ているゾイラはすっかり睡眠不足になってしまったのだそうです。それこそオーララーでござりまするね


が、これを機にゾイラは、自宅に戻る決意をします。たとえどんなに仲が良くても深入りしすぎるのはよろしくない、ということですわね


またカルメンは、ジャクリンに内緒でセバスチャンとの関係を続けていこうとしましたが、ジャクリンからダブルデートに誘われて、仕方なく、偽のBF=ダグ(Travis Quentin Young)を調達して出かけたところ、そこで思いもよらぬセバスチャンの一面を見てしまいます。女好きのセバスチャンがウェイトレスに軽くちょっかいを出したのです


怒ったジャクリンは席を立って店を出ていき、カルメンもまた、そんなジャクリンに共感せずにいられません


Well, women like us, we don't need men like that.
私たちの様な女にあんな男は必要ない


カルメンのこの言葉を聞いたジャクリンは、にっこり微笑んでこれに同意し、カルメンの唇にキスをしました。どうやら誤解されてしまったようです


以上ですデビアスなメイドたち3は続きもとっても楽しみですねデビアスなメイドたち3もいよいよ終盤!


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事はデビアスなメイドたち(Devious Maids)のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング