ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2016/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
PR
イニョプの道
 時代劇・歴史モノ

イニョプの道 あらすじと感想 第17話 最後の戦いへ

イニョプの道のあらすじはこちらからお探しいただけます: イニョプの道 全20話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【イニョプの道】の17話は「最後の戦いへ」です。以下ネタバレのあらすじです。


謀反を企んだキム・チグォンが許されたのに、無実のクク・ユとイニョプだけが没落の憂き目にあったのは理不尽だ!キム・チグォンを許したのならクク・ユも復権させるべきだ!


なんとしてもイニョプの願いを叶えようとしたムミョンは、必死でウンチャムに訴えました。ウンチャムは、咸陽の太上王は太宗の泣き所だから、この問題を解決すると言われては許さざるを得なかったのだと説明します。


その頃ウンギがこっそり姿を消したため、たとえ咸陽へ赴いたとしても王命を果たすためなら極秘裏に出発する必要はない=何か裏があるはずだと見抜いたムミョンは太宗に会い、自ら咸陽に赴いてウンギの目的を探ってくると申し出ました


すると太宗は、太上王の信頼が厚かったクク・ユの娘を連れていけばことがうまく運ぶかもしれないと切り返します。


ムミョンは、自分とイニョプにとって願ったりかなったりのこの提案に飛びつきました。ムミョンから話を聞いたイニョプも、大喜びで支度に取り掛かります。サウォルも自分のことのように喜んで、イニョプにあれこれ食糧を持たせました


が、太宗の意図は別のところにあったことが判明します。太宗は、いくら相手が祖父とは言え、たかが女のために命を危険にさらすことも辞さないムミョンを見ていられず、イニョプはムミョンの「弱み」になるからと、イニョプを排除=抹殺するつもりだったのです


太宗から、イニョプ殺害の密命を受けたのはウンチャムです。ウンチャムは秘かに私兵を集合させ、咸陽へ向かったイニョプを極秘裏に殺すよう命じました。むっろん、ここはサウォルがその光景を目にしていますサウォルが大活躍( `ー´)ノ


一方で、夫のウンギが謀反人となった挙句、本人と舅は釈放されたものの、姑のハン氏が奴婢となると聞いたユノクは、迷った挙句、ウンギとの離縁を承諾しました。これはウンギに

(もともと望んだわけじゃなし)あなたの好きなようにしろ

と言われたことも大きいですよね


個人的に、ユノクにはまったく同情の余地なし~自業自得だとさえ思うけれど、あそこでウンギが少しでも情を示してくれたら、あるいは、もう少し違う選択をしたかもしれないというユノクの言葉は真実かもしれないと、つい思わずにいられません。(でもきっとしないかなユノクも気の毒っちゃ気の毒vv


家に戻って、すべてはイニョプのせいだと憤懣やるかたないユノクに、ユン氏は夫のウンチャムから聞いた話を伝えました。イニョプは「重要なお使い」に出て、もう二度と戻ってこないそうだ。


そしてこの会話は、普段は頼りないけれど、肝心な時は結構役に立つケットンが盗み聞きをしていました。ケットンは、ふたりがイニョプの死を仄めかしていたことを心配し、早速サウォルの耳に入れます。賢いサウォルはこの話をウンチャムの私兵と結び付け、イニョプが狙われていると確信しました


すぐにでも後を追いかけて知らせなければ!サウォル、急げ!!


そうは言ってもサウォルの脚で追いつけるはずもありません。馬を借りるにしても資金が・・・そう悩んでいたところに、なんと、あのプンイが黙っていくばくかの金を差し出します。(ほら


その場にいた奴婢たちは皆その意味を理解し、我も我もと金を出してくれたのがまた何とも感動的でした。これでサウォルは馬を手配し、パウに頼んでイニョプの後を追いかけますお嬢様の命が危ない!


お嬢様!!


サウォルから事情を聞いたイニョプはでも、どうしても咸陽行きを諦めることができません。大丈夫、ムミョンも一緒だから


こうなったらイニョプがてこでも動かないことを誰よりもよく知っているサウォルは、では自分も一緒に行くと言い出しました。持参したおにぎりをパウに分け、腹が減っては戦はできぬとばかりに食べだします。この子は本当に健気で可愛くて頼もしいですよね


そのサウォルが道中、柳の小枝を手にして先頭に立ち

これが咲く頃は自分の誕生日だ。産まれたのが4月だから「サウォル」という名がついたのだ

と無邪気に微笑みました。その時のサウォルの笑顔は未だに脳裏に焼き付いています


こうしてイニョプ一行はついに咸陽へ辿り着きました。そこには既にウンギが来ていて、中に入れるのはイニョプだけだと、エラソーに命令します。ウンギは「真実」から自分に都合の良い部分だけを選択し(あるいは脚色もし)、太上王に、イニョプと自分の復縁を進めてもらうよう話をつけていたのです


それがあなたの望むことなの!?イニョプが怒って当然だ( `ー´)ノ


驚き呆れるイニョプに、ウンギがとうとう本音をぶつけました。


たとえお前が両班に戻っても、ムミョン=王子の妻にはなれない。その時も、僕の時同様、「側室」は嫌だと断るのか?それとも相手が王子なら別か!?


いや~書いてて嫌になっちまうこのセリフ。情けなさ過ぎ


怒ったイニョプは、たとえどんなことがあっても、二度とウンギとは復縁しないと言い渡しましたたとえムミョンと別れてもあなたの女にはならない!


がウンギは先のことは分らないとうそぶいて、イニョプとサウォルを軟禁し、外で待っていたムミョンを牢屋に入れてしまいます。どうやらウンギはムミョンを閉じ込めて、ムミョンが太上王と結託して太宗の命を狙っていると太宗に思い込ませるつもりのようです。


おばさんは元々好きじゃないからまだいいけど、お好きだった方なら、何とも悲しい変貌ですよね~このウンギの変わりようは。これが全20話と短くて本当に良かった。


一方、ユンソと駆け落ちしたタンジは料理屋で働いて、案の定、ユンソを養っていました。が、変わり果てた惨めなユンソのありさまに胸を痛めたタンジは自らホ家に戻り、ユン氏に許しを請います。私はどんな罰でも受けます。どうか、若旦那様を許してください!


ユン氏は体面を気にしたのか、タンジのお腹の子どもをホ家に差し出すことで二人を許すことにしたようです。が、姑からタンジの子どもを育てるよう命じられたカン氏が、これに素直に応じるとは思えませんね


戻ってきたタンジに仲間たちが口々に、どんなに命じられても決して捜し出そうとしなかった=無事に逃げおおせて幸せになってほしかったのに、と声を掛けるシーンがまた泣かせましたね。タンジの母も、タンジが戻ってきたのは嬉しかっただろうけれど、先のことを思うとどんなにか心配だろうに


さ~てこれでいよいよ残すところ3話まで来ました。何とか今年中には語れそうで嬉しいですイニョプの道も残すところあと3話!




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はイニョプの道のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング