ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
家族を守れ!
 家族モノ・ホームドラマ

家族を守れ! あらすじと感想(7~16話) 退職金危うし!

韓国ドラマ、【家族を守れ!】も毎日楽しく見ています。韓ドラは時代劇も楽しいけれど、こうしたホームコメディがサイコーですね。そういう意味では、本日スタートの「思いっきりハイキック!」も絶対に楽しめるに違いないと確信しておりまするが(そのうち書きます)。


以下、7話から16話までの簡単なネタバレ感想文です家族を守れ!のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず真っ先に挙げたいのは、マンジェがついに、しかも自分から、辞表を提出したことです。どんなに嫌がらせをされても絶対に辞めない覚悟で倉庫勤務にも励んでいたマンジェでしたが、年若い後輩(アン・ホンジン!~ナムゴン@大祚榮)から、マンジェのせいで自分が解雇されてしまったと聞いてはさすがにもう頑張れませんよね


会社に辞めさせられたのではなく、自分から辞める!と啖呵は切ってみたものの、「依願退職」の形を取った方が退職金が多く出ると言われて、即、これに応じてしまうのがまた実にマンジェらしかった


~でも、細かいことを言うようで恐縮ですが、そもそもマンジェの場合は「依願退職」(自己都合退職)というより「会社都合退職」(退職勧奨に)に該当しそうでしたよね


ま、それはさておき、こんな気の弱いマンジェですから、当然家族、特にスジャに本当のことなど言えません。仕方なく毎日公園で暇をつぶしていると、ひとりのホームレスと知り合いました。チャンベク(チョン・ヘギュン)というその男性は、一旦ホームレスになったらもう元には戻れないと仲間意識を前面に押し出して、マンジェを「兄さん」と慕うようになります。


このチャンベクが、クーポン券を集めたり、体調が悪くなると行き倒れのふりをして病院で点滴を打ってもらうなど、生き延びるために様々な知恵を身に着けていたというのに、結局は悪性腫瘍で亡くなったらしいのがまた何とも(リアルで)気の毒でした。とはいえ、亡くなったとは言ってなかったので、いつかどこかで復帰してくれたらうれしいですが


このチャンベクの運ばれた病院が、ウジンとヘスが働いているソリム病院でした。身寄りのいないチャンベクがマンジェを呼んだため、マンジェの失業はすぐにウジンの知るところとなります。また、公園は「庭」同様のハラボジ、スボンにも、こちらはもっと早く知られてしまいました。


ここでマンジェがスボンに、こんなことになったのも、大学に行けなかったからだと泣いて訴えたのがまた何ともリアルで気の毒でしたよね。スボンは、息子二人が進学する程度の仕送りはしていたらしいのですが、スボンの父親がギャンブル狂で、すべて使い込んでしまったのだそうです。


これまでマンジェに厳しかったスボンが、50過ぎた息子を哀れに思って優しくするのもまた痛ましかった。その上、マンジェはマンジェで、息子のウジンから、今度は「一流大学」を出ていないばかりに専任医になれなかった、と嘆かれてしまうのですからね。なんとも切ない話でやんすね親子ともども気の毒だ~(;´Д`)


スボンは一念発起し、高級な肉を買ってきてマンジェを元気づけようとするのですが、その親切が仇となり、マンジェが顎を外してしまったのには大笑いでした。韓国のホームコメディは、こうした切ない現実を笑いで吹き飛ばしてしまうのも大きな魅力なのです


さて、いかにも現代韓国の悲哀を物語るこの親子3代の嘆きはさておき、当面の問題は「スジャ」です


スジャに言うのは再就職が決まってから!


そう皆を口止めしていたマンジェでしたが、ウジンは黙っていられず、スジャにすべてを明かしてしまいます


スジャも最初はショックを受けたものの、夫の苦悩を知るにつれ、退職したのは仕方ない、と思うようになります。でも当然「再就職」はするべきだと主張するのは忘れませんが。マンジェ本人もその気でしたが、そんな嫁に腹を立てたのは姑のオンシムでした。


でも、このオンシム、昔スジャに「弱み」を握られていたため、あまり強いことは言えんのだす。スジャは、スボンが航海に出ている時、ダンスクラブ?で踊りまくっていたのだそうです。いやいや、人は見かけによりませんね


その後、ようやくマンジェの退職金が支給されましたが、今度はこれをマンジェの弟、ホジェに奪われてしまいました。会社経営者のホジェは、資金繰りが一時的に苦しいからと嘘をつきましたが、どうやら「破産」の危機が迫っているようですあ~もう退職金は帰ってこないね(;´∀`)


一方、退職金はすべて自分に渡すというマンジェの言葉を信じていたスジャは怒り心頭に発し、退職金を取り戻すか、自分と離婚するかだ、と啖呵を切って家を飛び出したところで、ヘスの家族と出会いました


ヘスたちはちょうど大家に屋根部屋を出ていくよう命じられて困っていたのですが、少しでも小銭を稼ごうとしたスジャが、空き部屋を貸すと言い出したため、ことはますますややこしくなってしまいます。そう、ヘスはウジンの家に住むことになったのです


しかもヘスはセミの入れ知恵で、あまりの大人数を正直に伝えたら家を貸してもらえないだろうと、嘘までついてしまいます


結局嘘はすぐにばれ、ヘスがひどく責められたのを見たミンジュンは、自分が出ていくと言って家を飛び出したきり戻ってきませんでした。それを聞いたスボンは、スジャを厳しく咎めます。頑張っている子供たちを応援するどころか、追い出すなんて!


いや~でもスジャの気持ちも分かりますよね。ヘスはやっぱり最初から正直にすべてを打ち明けて、なんとか頼み込むべきでしたよ


ま、この辺はおいおい解決するでしょうから、当面の楽しみはマンジェが再就職したことです。なんとマンジェはワンス食品、つまりはイェウォンの父親の会社の警備員になったのです


以前ウジンを殴ったイェウォンの継母のみならず、イェウォン自身もマンジェを叱り飛ばしていましたからね~マンジェのキャラがまたええのよね~( *´艸`)。このふたりが顔合わせをする日が待ち遠しいです


このイェウォンとウジンは、残念ながら、復縁してしまっています。でもウジンは、イェウォンが好きだからというより、家柄や学歴を理由にイェウォンの家族から結婚を反対されたことに対する意地で元さやを決めたような感じでしたよね


誰がどう見ても、イェウォンよりヘスの方が可愛くて気持ちの良い子なので、ここはあんまりイラッとせずに見ていられます。ウジンのヘスに向ける笑顔がまた実に優しいんですもの


またこちらはあんまり触れたくなかったのですが「腹いっぱいの豚よりも飢えたオオカミになりたいなどと抜かしていたテジンの義理の弟にあたるユンチャン(キム・ドンユン)は、どうやらミナが捜している「チャニ」のようです。今はヒジンが気に入っているらしいユンチャンは、今日、

俺は(女性に対して)責任を取る男だ

と語ってましたから、早くその言葉を実現してもらいたいものでござるね


さ~て、これまでのところは大体このぐらいだったでしょうか


家族を守れ!」は続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は家族を守れ!のレビュー一覧」でお読みいただけます

CRISIS-公安機動捜査隊特捜班
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】を覗いてみました

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演(ってことにしとこそれだけで見逃せない(爆)のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】を見始めました。これはまたなかなか迫力があって面白かったですね~。最近アクション系の(現代)ドラマをほとんど見ていなかったので、実に楽しかったですCRISISがなかなか面白かった♪


主役の二人ももちろんですが、近年増加している「規格外」の事件を解決するには、捜査員もまた「規格外」でなければならないとうそぶいた警察庁警備局長の鍛冶大輝(長塚京三)がまたいかにも胡散臭くて楽しめそうです。タイトルとなった「公安機動捜査隊特捜班」は、この局長(警視監)の直属の秘密部隊なのだそうです


公安総務課長の青沼祐光(飯田基祐)は、この秘密部隊を指して「一度骨折した競走馬だから、扱いには注意がいる」と憂えましたが、鍛冶はこれをまた骨折したら安楽死させればいいと交わしました。いやいやとんでもないボスでやんすね


さて、その競走馬、否、特捜班のメンバーもちと眺めておきましょうか


公式サイトの情報によれば、主人公の稲見朗(小栗旬~石川@BORDER)は元自衛隊隊員らしく、一見、遊び人の女好きのように見えましたが、ドラマの最後での回想シーンからも偲ばれるように、どうやら任地先で受けた心の傷を抱えているようです。


その動物的なカンと身体能力&脚の長さは抜群で、劇中、襲い掛かる犯人を、脚で食い止めていたのには大笑いでした。あれじゃあどんなにパンチを繰り出そうとしても届きませんね


任務だから仕方がないけど、稲見自身、親の権力をかさに着て罪を逃れようとするような卑怯な輩は気に入らない~いっそぶち殺してしまえばいい、と半分本気で思っていたらしいのもその正義感の現れでしょう。もちろん口で言うだけで実行はしてませんよ。言うのとするのとでは大違いですからねあくまでもドラマはフィクションですからね


この稲見との息もぴったりな田丸三郎(西島秀俊~倉木@MOZU)も素敵でしたね~。これまた犯人を追いかけるのに、らせん状の非常階段を、駆け下りるのではなく外側をジャンプして下りたのには稲見もビックリでした。ちなみに稲見はその手間も惜しかったらしく、一気に下まで飛び降りました


また匂いが見えるという「共感覚」の持ち主、樫井勇輔(野間口徹)や、どうやら天才ハッカーらしい大山玲(新木優子)も個性的で楽しめました。特に大山は、普段はとてもクールに振る舞っているけれど、弱い者いじめをする甘ったれの卑怯者は容赦なくその横っ面を張り倒したのが大いに気に入りました大山玲が気に入った♪


こんな彼らを統率しているのが、班長の吉永三成(田中哲司)です。いや~最初は誰だか分かんないほどふっくらされましたね~幸せ太りでしょうか。今後は綿引勝彦さん路線も行けますね~きっと。(


と余談はさておき、今回は拡大判ということで2つのテロ事件が取り上げられました。1つめは宗教団体絡み(?)、そして2つめは、政治家が息子の罪を隠蔽したことへの報復事件です


1件目はともかく2件目は、実際の被害者ではなく、その被害者を使って「世直し」を行おうとしている闇の組織の仕業であることが判明しました。それが「平成維新軍」と呼ばれる組織のようです。


特捜班が事件を解決した時、その野次馬の中にいた少年(今井悠貴~アキラ@とんび)が、何らかのカギを握っていることは間違いなさそうでしたが??


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」はまずまず楽しく見ていけそうです。来週はどんな華麗なアクションシーンを見せてくれるのか、今からとっても待ち遠しいですクライシスも楽しみ♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はCRISIS-公安機動捜査隊特捜班のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

グッド・ワイフ(The Good Wife S1)がついにDlifeに登場!放送予定(5月~詳細は未定)はDlifeの公式サイトをチェック!!

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング