ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
思いっきりハイキック!
 家族モノ・ホームドラマ

思いっきりハイキック!を見始めました いや~これめっちゃ好きやわ♪

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】を見始めました。かつて「明日に向かってハイキック」を見て以来、ず~~~~~~っと見たかったこのドラマが見られて心の底から嬉しいです


またこれが実に期待通りで面白かった~!こうした馬鹿々々しいコメディは大好きなんです。まだ3話しか見ていませんが、す~っかり気に入っちゃいました。続きを見るのが楽しみでなりませぬ


とはいえ、この手のコメディの「あらすじ」を書くほどほど難しいことはありません。何せ「筋」などあってないようなものなのです


という訳で、とりあえずは登場人物の紹介をメインにまとめてみました。まずはやっぱりこの人=家長のスンジェから


今回は「女性専門漢方病院」の院長という設定だそうです。その名もずばり「イ・スンジェ病院」とは、いかにもスンジェらしいですよね。


が、最近はその腕がめっきり落ちて&評判も悪くなり、今ではすっかり嫁のヘミ(パク・ヘミ)に仕切られているようです。やはり、あのド派手な制服が悪いんじゃないですかね~後ろ姿を見た患者?からは「アジュンマ」と呼ばれてましたし


年を取って「脈診」は無理でも、まだまだ鍼の腕は健在だというスンジェの姿に、ホ・ジュンのユ・ウィテ(イ・スンジェ)の姿を重ねたのは果たしておばさんだけでございましょうか。も~それなのに、息子のジュナ(チョン・ジュナ)の脚はまったく良くならないのです。アボジ!ちゃんと治してくれよ!!


このジュナと母、つまりはスンジェの妻のナ・ムニもぶっ飛んでますね~思いっきりハイキック!の感想行きますよ~(^^)/


親子揃って立派な体格は伊達ではなく、捨てられていたソファをふたりで持ち運ぼうとして道路を横断しようとした際、これを警察に咎められた時がまたサイコーでした


目の前にあった障害物=レンガを積んだリヤカーをムニがひとりで持ち上げた隙にジュナがソファーをひとりで抱えて走るんですが(痩せた人なら5人は座れそうなソファーです)、そのリヤカーは、警官二人がかりでもどけることができんのだす


も~ここだけでも可笑しくて可笑しくて、お腹かかえて大笑いでした


そのジュナの息子がキム・ヘソンとイ・ユノというイケメン二人が演じるミノユノです。ふたりとも母親似で本当にようございましたね。ふたりは同級生らしいけどまさか双子ではないですよね~。ギリギリ年子なのでしょうか?


優等生のミノが実は根性悪で、不良だけど女の子にモテモテのユノを憎たらしく思っているのも楽しいです。今回ミノは一目惚れした美少女、カン・ユミ(パク・ミニョン)をユノに会わせまいと必死でしたが、その努力虚しく、ふたりはすっかり意気投合してしまったようです


また、このふたりの叔父にあたるミニョン(チェ・ミニョン)は、子どもが産まれたばかりだというのに妻のシンジ(シンジ)に離婚されてしまいます


それどころか、ふたりのマンションまでシンジが勝手に友人、しかもそれがミニョンの同僚のソ・ミンジョンに貸してしまったため、追い出されてしまう羽目にシンジがまた実に図々しいんだ。ちなみにミニョンはミノたちの高校の体育教師をしており、ミンジョンはミノたちの担任という「It's a small world」構成です。


そんなことが知られたらスンジェに死ぬほど殴られると怯えるミニョンを、ムニが庇ったのがまた可笑しかった。ムニは屋根裏にミニョンを匿い、行き来するのに便利なように消防署にあるような滑り棒まで取り付け、それを大量のにんにくが入った袋で隠したのです


が、それまたスンジェに見つかってしまった上、息子や孫たちまでとばっちりを受けて皆が監禁されてしまったのにも大笑いでした。特にジュナは何度も降りて来ようとしたために、そのたびにスンジェにモップでお尻を突かれて痛そうだった~~


と、こんなに馬鹿々々しいコメディなんだけど、なぜだかミステリアスな演出もしてあるのがまた楽しいです。ムニには「無二の親友」()のケソンさんがいて、嫁や夫の悪口を言うのが日課らしかったのに、そのケソンさん、ある日を境にぷっつりと連絡が取れなくなってしまうのです


そのある日というのが、どうやらユミが引っ越してきた日らしい。しかもそのユミの家では、テーブルの下に女性が横たわっているようなのですが??あれがケソンさんなのでしょうか?


今のところ、ユミの父親(キム・ギョンリョン)が危険人物のように描かれていますが、ここはきっと何かオチがあるのでしょうね


こうして書いていても思い出し笑いが止められません思いっきりハイキック!は続きを見るのが待ち遠しくてなりませぬ思いっきりハイキック!が楽しすぎ♪


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は思いっきりハイキック!のレビュー一覧」でお読みいただけます

立花登青春手控え
 時代劇・歴史モノ

立花登青春手控え2 あらすじと感想 第2話 幻の女

BS時代劇、【立花登青春手控え2】の第2話は「幻の女」です。


あ~やっぱりこのドラマ好きやわ~。このペーソスとユーモアの絶妙なマッチングがたまらんのだす。また、おっとりとした佇まいの中、いかにも青年医師らしい正義感があふれる立花登というキャラクターは、もう溝端淳平さんしか考えられません


以下、第2話「幻の女」の簡単なあらすじとネタバレです立花登青春手控え2のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回登は巳之吉(忍成修吾)という囚人の治療を担当しました。巳之吉は人殺しで捕まって島送りを待っている身なのだそうです。


相手が囚人でも決して偏見を持たず、誠実に治療をした登に、巳之吉はふと身の上話を始めました。巳之吉には昔好いた女子がいたのだそうです。その女の名はおこま


最初に会ったのは巳之吉が13歳の頃だったそうで、当時引っ越してきたばかりの10歳のおこまが皆から苛められていたのを巳之吉はそっと物陰から見ていたのだそう


翌年から巳之吉は蒔絵師の親方、慶斎(鶴田忍)のところに奉公に出されたそうですが、年に2回の藪入り(旧暦1月16日と旧暦7月16日)に実家に帰るのが~おこまに会えるのが~楽しみだったのだとか


この慶斎がまた良い人で、腕は良くても仲間が悪くて何度も悪の道に引きずり戻された巳之吉のために、今回の人殺しは「正当防衛」だったとお白州で証言してくれたそうです。それで巳之吉は死刑にならずに済んだらしい


巳之吉が最後におこまに会ったのは、巳之吉が18の正月だったそうです。おこまは巳之吉に蔵前の八幡様のお守りをもらってきてくれたそうなのですが、それを渡したすぐ後に、おこまは父親とともに蒸発してしまったのだとか。


このお守りは、巳之吉が人を殺めた際、道に落として雨に濡れそぼっていたのがとても印象的でした


それ以来おこまには一度も会ったことがない。慶斎からそろそろ所帯を持つよう勧められてすぐに浮かんだのはおこまだったため、その時は少し捜してもみたらしいのですが、ついぞ見つからなかったのだとか。


会いてえなあおこまは今どこで何をしているんだろうか?


もうじき島送りになる巳之吉のため、登はまたしても藤吉たちとともに一肌脱ぐことになりました。以下ネタバレです。


登たちはなんとかつてをたどっておこま(朝倉あき~加納アキ@下町ロケット)に辿り着きました。おこまは、父親の借金の方に売られた挙句、盗みを働いて、今ではなんと小伝馬町の牢に入れられていたのだそうです


巳之吉の恋しい人は、その巳之吉のほんの目と鼻の先にいたのです


が、登は巳之吉にお駒を見つけられなかったと嘘をつきました。「おこま」の話は、夢も希望も無くなった罪人巳之吉の作り話かも知れないと語っていた藤吉も、登が真実を伏せたことに共感します。これから島送りになる人間に、新たな重荷を背負わせることはない、と


巳之吉は登が骨を折ってくれたことに感謝して島へ送られていきました。


その後登はおこまに会いに行き、巳之吉の話を切り出します。おこまもまた巳之吉を覚えていて、その巳之吉がおこまと所帯を持つためにおこまを捜した事を聞いた時は、きっと嬉しかったに違いありません


一方でおこまは、登がおこまの現在の様子を知らせなかったことにも感謝していたようです。おこまにとっても巳之吉は、胸の奥に大切にしまっておきたい初恋の人だったのかもしれません。変わり果てた今の姿は決して知られたくなかったことでしょう。


話し終えた登が去っていくと、身を折り曲げてわが身の不幸を嘆くおこまの姿がまた何とも痛ましかった女囚のエピソードは本当に切ない(;O;)


また何とも切ないエピソードでしたが、登とちえ、松江と玄庵、そこに鋭い指摘をかますきよのシーンはいつ見てもほのぼのしていて楽しめます。常日頃このように愛情に包まれている登だからこそ、囚人たちにもその愛を注げるに違いない~そんな風に思えてなりません登の優しさが心地いい


立花登青春手控え2」は続きもとっても楽しみですhare



これは小説も面白そう


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は立花登青春手控えのレビュー一覧」でお読みいただけます

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~
 その他ちょっとイイ感じの日本のドラマ

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~あらすじと感想 第1話 奇妙なお悔やみ状

小川糸さんの同名小説をドラマ化した【ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~】を見始めましたツバキ文具店のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


最近、視聴本数が(また)増えすぎて家のことと両立するのがちとしんどくなってきたのですが、これだけは外せない!と録画して見てみたところ、やっぱり大正解でした。ドラマの内容ももちろんですが、キャスティングがまた絶妙で実に楽しかった~。これは毎週楽しみなドラマになりそうです


以下、第1話「奇妙なお悔やみ状」のネタバレの簡単なあらすじですネタバレですのでご注意を♪


舞台はたぶん春先の鎌倉に佇むツバキ文具店。ドラマは雨宮カシ子(倍賞美津子)という女性の葬式シーンから始まりました。どうやら身寄りがほとんどいないらしく、誰が喪主をするかでご近所さんたちがもめています


そのうちのひとりらしい、皆からバーバラ婦人(江波杏子)と呼ばれていた女性がふと顔を上げ、「海の香がするとつぶやきました。そこへやってきたのがカシ子の孫だという鳩子(多部未華子)です。皆からは「(鳩)ポッポちゃん」と呼ばれていました


こうして何とか喪主も決まって葬式を済ませましたが、鳩子はそれまで海外(パリ)にいたそうで、もう鎌倉に戻るつもりはないそうです。


カシ子はツバキ文具店で「代書屋」を営んでいたそうで、高校まではカシ子と同居していた鳩子も、相当厳しくカシ子から書道を叩きこまれていたようです。カシ子たちの先祖は代々「祐筆」と呼ばれる書道家だったのだそう。よく時代劇に出てきますね


幼い頃から毎日厳しく指導された鳩子は、高校を卒業後、楽しみ一つない家業を継ぐのはごめんだと家出をして以来、8年間音信不通だったそうです。高校時代も「分かりやすい不良」だった鳩子は、もう二度とこんな家に戻ってくるもんか!と啖呵を切って飛び出したそうです。


今回も、祖母の葬儀のために一時帰国しただけで、鳩子は家も売るつもりでいましたが、5年前に越してきたというバーバラ婦人は、それでは家の前にある見事な椿も切ってしまうのかと残念そうです


その後、カシ子に「代書」を頼んでいたという女性が現れました。派手な水玉のワンピースを着ていたその女性を「マダムサイダー」(冨士眞奈美)と名付けた鳩子は、手紙の相手が「死んだペット」だと聞いてホッとします。それぐらいなら私にも書けるかも。ちなみにペットはお猿さんで、名前を「権之助」というそうです。


が、出来上がった手紙はマダムサイダーの怒りを買ってしまいました。あなたのおばあさまなら決してこんな情のない手紙は書かないわ!


もともとやる気はなかったものの、そう言われて困り果てていた鳩子に、カシ子と親しくしていたやはりご近所の白川清太郎(高橋克典)が助言を与えてくれました


お悔やみの手紙は難しい。愛する人を亡くして悲しんでいる人に周りができることはただ1つ~その人の心に寄り添うだけ


鳩子は意を決して権之助の家を訪ねました。権之助の「母」と名乗った砂田京子(原日出子)は、まるで権之助が生きているかのように振る舞ったため鳩子が戸惑っていると、その夫の久雄(小林隆)がやってきて、詳しい事情を話してくれます。


権之助はふたりが山で出会ったお猿さんだったそうです。すっかり弱って1年も持たないだろうと言われていたのに、京子の献身的な介護のおかげで6年も一緒に暮らしてきたのだそう。


子どものいない二人にとって権之助は我が子同然の存在だったそうで、息を引き取る時も、権之助は健気にふたりを喜ばせようと両手を叩いてくれたのだとか


権之助の葬儀が済むまでは気丈に振る舞っていた京子も、その後はすっかり気力を失ってしまったそうです。


アルバムを見ながらこの話を聞いた鳩子は、ようやくマダムサイダーの気持ちが分かるような気がしたそうです。あの人はきっと見かけによらず繊細な人なんだ。京子さんの気持ちを思うと辛くて、どう慰めてよいか分からなかった、だから代書を頼んだんだ


鳩子は亡きカシ子の言葉を思い出し、身なりを整えて硯と紙に向かいました。心静かに机に向えば、言葉は自ずと湧いてくる。そこにカシ子も力を貸してくれたようでしたね不思議な感覚だったそう


こうして出来上がったお悔やみの手紙は誠意溢れるものとなり、マダムサイダーもいたく気に入ったようです。マダムサイダーは若い頃カシ子にラブレターの代筆を頼んだことがあり、その時の相手が、現在のご主人なのだとか。


あなたのおばあさまのおかげで私は幸せに暮らしてきたわ


誰かの気持ちを代弁するだけの仕事にどうしても意義を見出せなかった鳩子が、ついに、この仕事を誇りに感じ始めました


おじさん、私、この家に住むことにするわ!ここで代書屋をやる!


こうして鳩子はカシ子の後を継ぎ、代書屋を続けていくことにしたそうです。


暖かい今の季節にふさわしい、何とも心温まるストーリーですね


ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~】は、続きもとっても楽しみです


~週末は多忙なことが多いので、次回からあらすじを書くのは翌週のウィークデイになるかも~です




これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング