ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第29話 勝負の時?

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】も、よ~~やく語る時間ができました。以下早速ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~(^^)/


新人たちの力を借りてジヨンのレポートを仕上げたサンシクは、ジヨンにその心の迷いをズバリ見抜かれてしまいました。専務からの申し出を受けて立ち、勝負してみたいと思っているんでしょう?成功して力を手に入れれば、グレ君を正社員にすることもできるわ


それでも迷っていたサンシクは、家で妻にもポツリとこう漏らします。俺、また他人の人生に関わってもいいのかな


すると妻は、過去のことはもう忘れて好きなようにすればいいと助言しました。もしまた過去に戻っても、あなたはきっと同じことをするだろうから


翌朝はしばらく寝起きの格好で外を眺めていたサンシクは、ようやく意を決して高級スーツに身を固めたそうです


今日は贅沢をしてツキを呼ばなくちゃ。タクシーにも乗るといいわ


部長に決意のほどを伝えた後、専務を訪ねたサンシクを、専務は大いに歓迎しました。おまえとまた仕事ができるなんてワクワクするな。


サンシクは、なぜ自分を、営業3課を選んだのと問いましたが、専務はお前だからだと笑い飛ばしました


が、その後話を進めていくにつれ、とんでもない事実が発覚します。取引先の「ポシン」は、手数料2.5%でエージェントを通せと言ってきたのだそうです。これは当初の契約には無かった話だそうですが、専務との「口約束」はできていたそうです


悲しいかな、おばさんにはこの「手数料2.5%でエージェントを通せ」の何がそれほど驚くべきことなのか分からんのですが、サンシクやドンシクの反応からして、通常では考えられないほどの理不尽な要求だということだけは分かります


それに大体(営業)窓口が社長というのもおかしな話ですよね。いったいどんだけ小さな会社なんだ


そもそもサンシクがためらっていた理由=関係(賄賂)の問題も心配です


一方、グレから新事業の話を聞いたベッキは、色々話しているうちにあることに気づきました。グレが、大事業を成功させれば課の力が強くなると語ったのを聞いて、ハッとしたようです


ベッキは、今やすっかり信頼している上司のヘジュンにその疑問をぶつけました。課の力が強くなったら、契約社員を正社員にすることも可能ですか?


ヘジュンがこれを肯定したことで確信を得たベッキが、グレには言わず、サンシクに、力になれることがあったらいつでも手伝いたいと申し出てくれたのは嬉しかったですね~。もちろんサンシクはベッキの本心に気づきません


そのベッキは、以前ヨンイからプレゼントされたシャツを会社に着てきました。これまで着れなかったのは、サイズが少し小さかったため、痩せてから着ようと思っていたそうです。それを目ざとく見つけたソンニュルがまたうるさかったことったら


これはかなりの高級品だ!いや、そこまで高くはないけど、君には珍しい!!自分で買ったの??


横にヨンイがいただけに、そわそわしていたベッキが可愛かったですね。そしてベッキは、以前ヨンイのハイヒールの踵が取れたことを思い出し、どうやら靴をプレゼントしようとしているようです


そのヨンイは、以前部長に却下された企画が本社に認められたそうです。マ部長が推した案は没にされたそうですよん。ここはざ〇あみろでござりましたね。マ部長はいかにも古臭いタイプのセクハラ爺だけれど、本社にはまともな人物が揃っているのですね~きっと。


そしてソンニュルは、以前の明るさは取り戻してきたものの、相変わらずジュンシクに振り回されているようです。ここも早くとっちめてやりたいですね~ジュンシクをボコボコにしてやりたい!( `ー´)ノ。というより、早くそこを語りたい


後残り5話~夏ドラマが始まる前には何とか語り終えたいです


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

ブランケット・キャッツ
 その他ちょっとイイ感じの日本のドラマ

ブランケット・キャッツ あらすじと感想 第2話 我が家の夢のブランケット・キャット

重松清さん原作のドラマ、、【ブランケット・キャッツ】の第2話は「我が家の夢のブランケット・キャット」です。これまたニャンコが実に良い雰囲気を醸し出していましたね~。彼らがいるといないでは、生活の質がまったく違ってまいりまする

ブランケット・キャッツのあらすじ行きますよ~(^^)/


以下ネタバレのあらすじです。


今回秀亮を訪ねてきたのは樋口隆平(マギー)という男性でした。隆平が、これまでに猫を飼ったことはないが昔から猫が好きだった、子供も大きくなって猫の世話ができるから、と説明すると、秀亮的には第一段階をクリアしたらしく、とりあえずは3日間のトライアルを了承しました。選ばれたのは、どうやらむぎ(にぼし)のようでしたね


前回と同じ毛布とキャットフードの説明の後には「お宅チェック」も必須のようで、これも合格したようです。それどころか、樋口家の玄関に置いてあった鉢植えは、秀亮の亡き妻陽子が育てていたのと同じピンクのバラだったようですね


が、秀亮が帰った後、妻の春恵(奥貫薫)が帰宅すると、思わぬ事実が明かされます。なんと樋口家は売りに出されているというのです?


春恵は、そんな時に猫を飼うなど信じられないと反対し、隆平も結局は3日で返すと約束しました。


そこへ今度は息子の陽太(高村佳偉人)が戻ってきます。陽太は、隆平がプレゼントがあるというとてっきり「ウサギ」だと思ったようですが、猫でも可愛いから構わないと言って、早速「ニャースケ」という名前を付けて可愛がりました。


が、長女の美雪(原舞歌)は父がリストラされたことで引越し及び転校を余儀なくされるのが我慢できないようで、猫どころではありません。それに子供たちが猫を欲しがっていたのは大分昔の話のようで、覚えているのは隆平だけだったようなのです


それでも隆平は、キャットフードと毛布について説明し、3日間の楽しい思い出を作ろうとしました。


その後、秀亮の店に家具を引き取ってほしいという依頼が舞い込みます。秀亮が出かけてみると、そこはつい先日来たばかりの樋口の家でした。秀亮が春恵から引越しの話を聴いていると、肝心の隆介が戻ってきます。隆介はさすがにバツの悪そうな顔をしていました


隆介は秀亮を外に連れ出し、事情を明かして謝りました。


リストラされて、次の職も見つからない。せめて子供たちの願いをかなえてやりたかったが、子どもたちは昔の話など忘れている。妻からも離婚されるかもしれない。情けない限りだ。猫は3日経ったら返しに行くつもりだった。


隆介は、秀亮がすぐにもむぎを連れ帰ると思ったようですが、秀亮は、陽太があれほどむぎを可愛がっているのを見てはすぐに連れては帰れない、と最初の予定通り3日間預けると言ってくれます。その上で秀亮は隆介に、もっと春恵を信じるよう助言しました


これは後に明かされたのですが、家の前に置いてあったピンクのバラの花ことばは「感謝」だったのだそうです。秀亮は昔、仕事を理由に陽子に冷たかったのに、陽子はそれでも秀亮が買ってくれたバラを大切に挿し木で増やして育てていたのだそうです。それが自分への感謝だったことに、秀亮は陽子が死ぬまで気づきませんでした


一方の隆介には、不動産屋から、樋口家を内見したいという客がいるという連絡が入ります。春恵は美雪を呼んで、ニャースケと陽太を外に連れ出すよう命じます。猫がいると内見に不利になるからです。


ここで美雪が大人しく出ていったのが怪しかったですよね。美雪は自分の部屋の壁にでかでかとこう書いていったのです


この家を買う奴は不幸になれ!


もちろん、内見に来た一家は怒って帰ってしまいました。隆平は何も言いませんでしたが、春恵は戻ってきて隆平を責めた美雪を平手打ちして諫めます。美雪は自分を「被害者」だと言って隆平を罵ったのですが、春恵は家族に被害者も加害者もないと諭したのです。


その上美雪はニャースケの毛布を捨ててきてしまったそうです。美雪はどうやら自分達だけが不幸になるのが許せなかったらしいです。


大切にしていたものを奪われたら、猫はひたすら困るだけ。でも人間は違う。また新しく大切なものを見つけることができる。そこが猫と人間の違いだ


美雪は弟の陽太に、陽太は頭が悪いから何でも覚えていられると言ったそうです。自分は頭がいいから、この家のことも忘れてやると言ったのだとか。


でも本当は家のことも、その家で育った思い出も、忘れたくなかったことは言わずもがなですよね。頭が良いとか悪いとかじゃなくて、本当に大切な人や物のことは忘れない、姉に八つ当たりされた陽太はきっとそう言いたかったのかもしれません


でも美雪も結局毛布は捨てておらず、ただ隠していただけだそうです。美雪と一緒に毛布を取りに行った隆介が、これからも踏ん張って家族を幸せにすると語ったその言葉は、そんな父を置き去りにしてすたすたと歩いていってしまった美雪の耳にもちゃんと届いていたようです


隆介は約束の3日でニャースケことむぎを秀亮に返しに行った後、家の前で家族写真を撮ったそうです


こうしてニャンコはまたしても嫁に行けませんでしたが、家族の心はむぎのおかげで一つになってよかったですね


ブランケット・キャッツ」は続きを見るのが楽しみですねブランケット・キャッツが楽しい(^^)/



重松清さんの作品は他にもこんなドラマを見ています

あすなろ三三七拍子その日のまえにとんび(連ドラ&SP)流星ワゴン



見終わったら是非原作も読んで見なくちゃ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング