ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~最終回 ネタバレと感想 慟哭

クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~】のもいよいよ最終回でした。


前回の5話までで雑然とちりばめられた感のあったあらゆるピースが、この最終回であるべきところにピタリとはまり、ようやく1枚の、しかも何とも物悲しい人生模様が浮かび上がった、そんな印象を抱きました。夏井先生には「いかにも凡人」扱いされそうな表現でお恥ずかしい限りですが


以下、ズバリネタバレしておりますので、真相を知りたくない方はご注意くださいますように


まずは君塚瞳を殺害した犯人は「清水のおっちゃん」こと清水幸雄だったことが判明しました。清水は確かに無戸籍者など立場の弱い人間を助けてきたのですが、ともに人助けをしてきた妻の初江が亡くなってからは、その腕っぷしに物を言わせることが多くなり、いつも金に困っていたのだそうです。


瞳は、出原のNPO法人「ライフ・リレー」を通して清水と知り合い、金を無心されたのだそう。


その瞳は出原夫婦に励まされ、風俗を続けながら金を貯める一方で、雪乃を就籍すべく君塚文也と離婚する決意をしたそうです。そのために文也と会おうとしたその矢先、清水からも金を返してもらおうと呼び出したところで、清水に撲殺されたそうです。清水の靴底に瞳が殺害された現場の土が付着していたのはそのためです。


が、その後清水は「おやじ狩り」の少年に殺されてしまったそうです。その時の清水の所持金はたったの500円だったというのに。


少年は清水の遺体を資材置き場に運んで置き去りにしたそうです。この少年は後日母親に付き添われて自首してきたそうです。


一方、10年前の風俗嬢連続殺人事件もまた清水の犯行だったことが明らかになります。当時殺された3人のうち、最初の被害者・菊池明美は出原の妻、夏樹の実の母親だったのだそうです。


夏樹もまた無戸籍者であり、幼い頃、やはり清水に世話になっていた両親に両親に置き去りにされた後は、ずっと清水夫婦に面倒を見てもらってきたのだとか。その清水の家には出原佑もいたそうで、ふたりの夢は無戸籍者を支援するNPO法人を立ち上げることだったのだとか


夏樹が司法試験に合格した時、清水はその祝いだと言って夏樹の実母、明美を捜してきたらしいのですが、その明美が実にひどい女で、夏樹が幼い頃はこれを虐待し、清水が連れてきてからは夏樹を金づるにしようとしたため、怒った出原が清水に、つい、明美をを殺してしまいたいと漏らしたそうです。清水はこれを真に受けて、彼女を殺してしまったそうです。


10年前に殺された他の2人も明美の知り合いだったようで、明美から夏樹の話を聞いて金づるにしようとしたため、それを知った清水がこのふたりも殺したのではないかというのが、出原の推測でした。


清水は、出原と夏樹のために明美を殺したと出原に詰め寄り、その後はずっと出原から金を無心してきたそうですが、出原は幼い頃から世話になった清水を殺すことはできなかったようです。それどころか、清水に余計なことを言ったことをひどく後悔していたようです。自分がこの手で明美を殺しておけばこんなことにはならなかったと


ちなみに、翼が金を盗んだという話も、実際には清水が盗んだのではないかと翼が尾関に明かしていました。翼は清水が出原から何度も金を無心するのを見て知っていたようです。


という訳で、立石は冤罪だったことが判明しました。つまり、前川の自白強要は間違いなくあったのです。前川は、立石が組の金を横領したことを突き止め、塀の中と外、どちらで殺された方がマシかと立石に迫ったそうです


立石は当時を振り返り、前川が自殺した少女にのめり込んで自分を冤罪にしたとうそぶきましたが、そんな破廉恥な男でも、たったひとり自分を愛してくれた母親が亡くなった、しかも、死ぬ前に訪ねてきた板垣を立石と勘違いして喜んでいたと聞くと、自分の太ももに鉛筆を突き刺して慟哭したそうです。


何ともやるせない話です。


が、一方では救いもありました。明日子の記事を読んだ翼はようやく就籍への意欲を見せ、板垣に感化された明日子も、全てを母親のせいにしていた自分を反省し、進むべき道を見つけたようです。明日子の腕の火傷は母親による虐待ではなかったそうです。


前川の妻、静江は、尾関が真実に辿り着いたことを喜んでくれました。


あの人の人生で報われることがあるとすれば、あなたのような後輩を持ったことね。ありがとう


尾関の後輩の田中啓介(神田穣)も、翼の話を信じてそのアリバイを証明してくれましたし、板垣も自分の手で再度、真実を世に公表するようです。


そして雪乃は、どうやら阿部が子どもとして引き取ってくれそうです。


善と悪の白黒をはっきりさせるような痛快なミステリーではありませんでしたが、逆に言うと現実はこのドラマにより近いのでしょうね。誰しも罪を犯したくて犯すのではなく、その背景にはそうならざるを得なかった辛く苦しい過去がある。だからと言ってそれが罪を正当化できる理由にはなりませんが。


クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~はなかなか見ごたえのあるドラマで大満足でした。機会があれば第1期も視聴してみたいですし、できれば、3期、4期とシリーズ化してもらえたら嬉しいです。


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はクロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~のレビュー一覧」でお読みいただけます

オクニョ-運命の女
 時代劇・歴史モノ

オクニョ-運命の女 第13話 あらすじと感想

韓国ドラマ、【オクニョ-運命の女】、今週は13話です。以下ネタバレのあらすじですオクニョのあらすじ行きますよ~(^^)/


困ったことがあったらいつでも相談に乗ると言ってくれたキ・チュンスですが、オクニョから謀反はナンジョンとウォニョンによるでっちあげだと聞いた途端、冷たくオクニョを追い返しました


口では、単なる憶測だから大妃には伝えられないと言ってましたが、ようは、後にジハムが指摘したように、大妃にとって本来ウォニョンとナンジョンは味方であって敵ではないからです。前回大妃が助けてくれたのは、愛するパク・テスの仇を取りたかっただけですからね


しかも「大尹派による謀反」となれば尚更です。大尹派こそ大妃にとっては永遠の敵~だからこそナンジョンはこれをでっち上げたのです。ここはキ・チュンスが止めてくれて正解でしたね。下手をするとオクニョは大妃に殺されてしまったかもしれません


そこへ行くとジェミョンは目の付け所が違いました。さすがに年の功でござりまする


トチからテウォンが謀反の罪で捕まったと聞いたジェミョンはすぐに典獄署を出られるよう各所に金をばらまきました。出所したその足で即、ウォニョンに会いに行きます


一方で、やはりテウォンを助けようとギョハとソジョンがウォニョンを素素楼に呼びましたが、これはナンジョンに即刻嗅ぎ付けられ、阻止されてしまいました。またウォニョンが、ソジョンを思い出して鼻の下を伸ばしていたから当然ですわね


が、相手がジェミョンなら、ナンジョンの敵対する商団とは言え、典獄署で世話になったと聞けば邪魔のしようがありません。


こうしてジェミョンは無事にウォニョンに接見し、ウォニョンの息子、テウォンが謀反の罪を着せられてひどい拷問に遭っていることを伝えました


テウォンがずっとナンジョンの邪魔をしてきたのも、すべてはそれを止めなかった自分のせいだと明かすジェミョンの前で、ウォニョンは怒りを爆発させます。私の息子が謀反の罪で拷問だと!?


ウォニョンはすぐにナンジョンの部屋へ乗り込み、すぐにもテウォンを釈放させるよう命じました。ナンジョンがどんなに言い訳しても耳を貸すものではありません。


問答無用!!とにかくすぐに釈放させろ!!お前は何を考えているのだ!


怒鳴るのみならず、あちこち蹴飛ばして大暴れしたウォニョンには、さすがのナンジョンも引き下がらざるを得ませんでした。


いくら地位が高くても、ナンジョンも所詮は側室で、その子シネは庶子(私生児)~つまりはテウォンと同じなのですよね。本来なら、男子であるテウォンの方が格上のはずです。もちろん人徳もありましょうが、そういう理由からも安国洞のキム氏はテウォンを大切にしてきたのでしょう。


こうしてテウォンはなんとか無事に釈放されましたが、収まらないのはジホンです。ジホンは、無実を訴えるテウォンを無理矢理捕えさせられた上、自白を強要し、挙句に釈放しろと命じられたのですからね。隊長の面目丸つぶれですわね


一方のオクニョは、ミョンソンが何者かに襲われる現場に遭遇し、暴漢をやっつけた後オクニョが無敵で楽しい♪、ミョンソンを典獄署の地下牢に匿うことにしました。ミョンソンが口封じのために襲われたのは明白だからです。


命の危険を感じたミョンソンは、ようやく真相を話す気になりましたが、あと一歩という所で、ナンジョンの放った刺客に殺されてしまいました。でもこれはあ~んなに見通しの良いところに連れて行ったナンジョンとテウォンが甘かったですよね。ふたりは、ジハムから紹介された大尹派の大物にミョンソンを会わせてナンジョンの悪事を暴露するつもりだったのですが。


またチョンドンは、ようやくキム尚宮を見つけましたが、オクニョが玉の指輪を持っていることを白状させられた上に気絶させられてしまいます。オクニョが典獄署の茶母だと知ったキム尚宮は、今後オクニョに接触してくるものと思われまするが?


ひどい拷問を受けながらも、ジェミョンやオクニョに心配をかけまいとするテウォンが何とも健気でございましたね。これまでのコ・スさんのイメージとはだいぶ違うキャラクターですが、ようやく自分の中でこのキャラが定着しつつあります。次回はウォニョンに呼び出されるようでしたね。


オクニョ~運命の女~は続きを見るのが楽しみですね




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はオクニョ-運命の女のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング