ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
ミステリーその他
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

大人の土ドラ、「ウツボカズラの夢」がちょいと面白そう♪あらすじと感想(第1話)

久しぶりに「大人の土ドラ」を覗いてみましたウツボカズラの夢のあらすじ行きますよ~(^^)/


というより、いつも一通りは見るんですが、あまりにも毒々しすぎたり生々しかったりするのはちと敬遠していただけなのでござるが、今回のこの「ウツボカズラの夢」は多分ドロドロ系ではあるのだろうけど、その中にもちょいとクスッと笑える要素(ブラックユーモア)が感じられてなかなか面白かったです。この雰囲気は多分、主演の志田未来さんの持つ雰囲気なのかもしれませんね


以下簡単なネタバレのあらすじです。


志田さん演じる斉藤未芙由は、高3の時、母の幸恵(芳本美代子)が入院中だったことからずっと家事に明け暮れたため進路を考える暇もなかったそうです。幸恵はそんな未芙由をこう言って励ましたそう


素直にまっすぐに生きていれば誰かが絶対に助けてくれる


でも未芙由はそんな母の言葉に疑問を抱かずにいられません。なぜならそう言った母こそが、素直にまっすぐに生きてきたのに、誰にも助けてもらえなかったばかりか、父には浮気された挙句、死んですぐにお腹の大きな後妻が家に入ってきたからです


その父親の幸司(春田純一~関口@おんな城主直虎)は、高校を卒業した未芙由に3万円を渡して家を出るよう命じたそうです


が、幸い?なことに、東京に住む幸恵の従妹の鹿島田尚子(大塚寧々)が、幸恵には世話になったからと未芙由を家に呼んでくれました。未芙由はずっと世話になるつもりだったようですが、尚子からは1ヵ月ほど滞在するつもりかと言われて愕然としますここを追い出されたらもう行くところがないのに!


困った未芙由は、あまり家事に興味がないらしい尚子に、自分が家事を担当する、と申し出ました。働くことで自分が必要とされれば家を追い出されずに済むと思ったのです。


無邪気な尚子はすっかり喜んで早速未芙由に家事一切を任せましたが、これを、同じ敷地の二世帯住宅に住む姑の久子(松原智恵子)に反対されてしまいます。他人が同じ家にいるのは嫌だというのです。


母を怒らせたくない尚子の夫、雄太郎(羽場裕一)は即、未芙由に出て行ってもらえと促しました。


が、ここで未芙由が「ウツボカズラ女」の片鱗を見せ始めます。未芙由は家事をしている間、雄太郎が大変な女好きであり、尚子以外の女性と浮気していることを突き止めていたのです。


これを尚子に話すのかと思いきや、いきなり雄太郎に抱き着いたのには驚きました。いや~やるな~


そんなこととも知らない尚子は、雄太郎の気が変わって未芙由が出ていかずに済んだことを大いに喜びました。尚子の娘で高校1年の美緒の手前、ただ家にいてもらうのも困るから、専門学校にでも通うのが条件だ、その費用に毎月5万を渡す、とまで言い出します。


さすがに玄関のたたきだけで450万もする高級住宅に住んでいるだけのことはありますね


でも未芙由はそれに甘えるのではなく、自らバイトを探すようです。何せ未芙由は、所持金が3万円ではこの家の「片足分」にしかならないが、せめて両足で立ちたいという「夢」を抱いたからです。


また未芙由は母の保険金を父の幸司とその嫁のはるか(玄理~おつぎ@立花登青春手控え)に横取りされてしまったようです。そのお金が手に入れば、もっと楽ができたのに。


それ以外でも、尚子の友人らしい福本仁美(国生さゆり)がまた何とも怪しげです。仁美はどうやら若いツバメと不倫中のようで、尚子にも勧めていたようでしたが?


でも、尚子のボランティア先の代表、吉岡啓介(松本利夫)はなかなか誠実そうな青年でしたよね。不倫はお勧めしないけど、不誠実な雄太郎と別れるなら、ああいう男性はお勧めかも知れません。あ、そういうドラマじゃないかも


とりあえずはミステリーに分類したこのドラマが今後どんな展開を見せていくのか、ちょっと楽しみになってきました


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミステリーその他のレビュー一覧」でお読みいただけます

おんな城主直虎
 NHK大河ドラマ

おんな城主直虎 あらすじと感想 第31話 虎松の首

俺を信じろ、おとわ!信じろ!!


今週もまたこの名台詞?で始まった今週の大河ドラマ、【おんな城主直虎】の31話は「虎松の首」です。またしてもハラハラさせられましたねおんな城主直虎のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下ネタバレのあらすじです。


政次は直虎の首に刀を突きつけてこう問いました。これ(百姓たちの嘆願)は、殿が仕組まれたことか?


百姓たちは自分達が勝手にしたことだと答えたため、政次は、ここで成敗される覚悟ができているのだな?と脅します。


直虎は必死でこれを止め、徳政令を受け入れるから、この者たちの命を救ってくれと懇願しました。


この時直虎と政次はまだ、それぞれの胸に浮かんだ苦肉の策=いったんは取り潰させておきながら、徳川が攻めて来たら起死回生を図る、を互いに話し合っていなかった、というのがまた素敵ですよね~


政次は、いかにも「裏切り者」らしく憎々しげに関口を呼ぶよう告げました。小野但馬が目通りを願うておると(=但馬がすべてを片付けたとお伝えを)。


単純な関口は政次を信じ、直虎は徳政令を受け入れるという書面に捺印と署名をさせられました。こうして井伊家は今川直轄の地となったそうです


迎えに来た六左衛門とともに帰路についた直虎を見送りながら、政次は関口にこう探りを入れるのも忘れません。此度のこと、なぜ前もってお知らせくださらなかったのか


関口が、すべては寿桂尼の命令だったと答えると、政次はいかにも心外だという風に自分はよほど頼りなく見えたのだろうとうそぶき、今後も誠心誠意関口に尽くすと付け加えました。


関口は後始末をすべて政次に任せて駿府に帰っていきました。そこで氏真に、今後の井伊を政次に任せてはどうかと進言しますが、氏真には寿桂尼の言葉がまだ耳に残っているのかかなり慎重です。氏真はそれならば井伊家を断絶せよ、と命じました。つまりは、直系の跡継ぎである虎松を殺せと命じたのです


一方の直虎は一旦皆を引き連れて川名の隠し里に隠れました。そこでようやく本意を皆に明かします。


今は駿府に従うふりをして、いずれ戦が始まって徳川が攻めて来たら結託し、関口の首を取って井伊家を取り戻す!


それは政次も承知のことだと明かすと、六左衛門を初めとする皆がいかにも納得したかのように首を縦に振ったのがまた嬉しかった。お味方だと信じていた


が、直之だけはまだ疑っています。そう思わせておいて、実はやっぱり裏切っていたということはないのか?


直虎は、それはないと思うと否定し、もし万が一そのようなことがあっても、我らは再起を目指して動くだけ、と決意を新たにいたしました。


その第一歩として直虎は、いち早く虎松を三河の寺に送ったそうです。虎松には「武蔵坊弁慶」のごとく、身体を張って虎松を守る覚悟を決めた六左衛門が付き添いました六左衛門の明るさが虎松の救いとなろう


その後直虎は様子を見るため龍潭寺に戻ってきました。そこへ、案の定、関口から虎松の首を要求された政次は「たやすいことだ」と答えて乗り込んできます。虎松を渡せ!


井伊家は、謀反を起こした訳でもなく、ただ命令に従って家を畳んだのに、後継ぎを渡せとはいかなることか?


南渓和尚が気色ばんで理由を尋ねると、政次は、氏真が虎松の首を要求しているのと答えました。


が、そこには既に虎松がいなかったため、政次は代わりに直虎を捕まえた上で「虎松の首」を用意します。その場面では、たとえ子どもの命を奪ってもそれで井伊家が手に入る=小野の悲願が叶うなら良い、と口にした政次が、予告にあったあのセリフを吐いています


「地獄へは俺が行く」


とはいえ、虎松がここで死なないのは分っていた~でなければ「真田丸」に井伊の赤鬼(直虎あらため直政)は登場できない~ので、ここは身代わりだということはすぐに分かりましたが、その身代わりを立てたこと自体、政次自身が地獄行きの悪行と捉えていたのが、また何とも胸を打ちましたよね


そんな政次の行動と心情を察した龍雲丸が後に明かしたところによると、政次は、疱瘡で余命短い子供をその両親から金で買いとったのだそうです。その子はもうじき死ぬ身でありながら両親の役に立ったことをきっと喜んでいたはずだ、というのはあながち龍雲丸の思い過ごしではなかったことでしょう


政次はその子の首に厚化粧を施して箱に入れ、関口に差し出したそうです。その首を見た関口は、化粧のせいで判別がつかぬと怪しみましたが、政次が「疱瘡」のために酷い形相になっていたと言い訳したため、皆は伝染を怖れて腰が引けてしまいます


しかもここで直虎がその首を掻き抱いて泣き、経を唱えたことで皆は信じざるを得なくなります。これは決して「芝居」ではなく、井伊家を守るために犠牲になったその男の子を心底憐れんでのことだったのでしょう。己の不甲斐なさ、小国ゆえの情けなさへの嘆きもあったことでしょう直虎もどんなに無念だったか


一旦は伯父を疑った亥之助が、友である虎松を救ってくれた礼を政次に述べたシーンも良かったですね。こちらは徹頭徹尾政次を信じているなつを側においた政次は、なんの話じゃ?といつも通り鉄面皮を装いました。その様子をいかにも切なげに見つめるなつがまたよかね~


さて来週はいよいよ徳川が乗り込んでくるようです。徳川四天王のひとり、本多忠勝は高嶋政宏さんが演じられるそうですよ


おんな城主直虎」は続きを見るのが待ち遠しいですおんな城主直虎が面白い(^^)/




これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおんな城主直虎のレビュー一覧」でお読みいただけます

リメンバー~記憶の彼方へ あらすじと感想 11~16話 裏切りに次ぐ裏切り

ユ・スンホさん主演の韓国ドラマ、【リメンバー~記憶の彼方へ】も16話まで見終わりました。いかにも復讐物らしく、裏切りに次ぐ裏切りは実に腹立たしいものの、パク・ドンホが期待通りなのでか~なり楽しめています。以下、ネタバレのあらすじです。


濡れ衣を着せられたまま亡くなったジェヒョクのため、ジヌは父亡き後も戦い続けました。イナはジヌの事務所で行動をともにしていましたが、ドンホはわざとイログループの内部に入って実情を探っていたようです(と確信してます)。


そしてドンホはついに決定的な証拠を手に入れました。ドンホの父が運転していたトラックがジヌ一家の乗った車に突っ込んだのは、ナム会長の命令に逆らって逃亡していた最中だったのだそうです。それがソグァングループの爆発事件のようです。


またドンホは、ギュマンが子会社のヨンウォン電気の欠陥品を隠そうとして濡れ衣を着せたミソ電球の社長親子に、イログループと戦うならジヌに弁護を依頼するよう吹き込みました。ミソ電球は電子レンジが爆発した事件の責任を問われて訴えられていたのですが、本当の原因はヨンウォン電気の電線に欠陥があったからなのです


そんな経緯を知らないジヌは、自らに残された時間が短いことから、一旦はこの依頼を断りました。以前から体調が悪そうに見えたのは、どうやらジヌもアルツハイマー型認知症を患っていたからなのだそうです。しかも超記憶症候群(ハイパーサイメシア)のために、人より何倍も脳の委縮が速いのだそう。でも逆に言うと、そうした体質だったからこそあの特殊な能力を授かったのかもしれません


医師から、長くて1年、早くて半年ですべての記憶が消えると宣告されたジヌは、何とか突破口をと焦っていたため、この話を断ったのです。


が、無実の父を助けたい、と願う息子の気持ちにはひどく共感して代理人を引き受けました。これもまた、ドンホがジヌの頼みを聞いた経緯と同じです。この「父を思う息子の愛」もこのドラマの大きなテーマなのかもしれません


そして、情けは人の為ならず~の言葉通り、この件を引き受けたことで、ジヌは結果的にイログループを追いつめることに成功します。ヨンウォン電気はイログループの裏金を作り、資金洗浄をするのが目的の会社だったのだそうです。しかもギュマンはいち早くこの会社の社長にジュイルを任命して備えていたというのがまた何ともひどい話ですよね


一方ジヌはギュマンから、自分の家族を事故に巻き込んだのがドンホの父だと知らされました。ジヌはドンホを非難しますが、ドンホは、自分の父もまたナム・イロに利用されて死んだ、ともにナム親子を倒そうと訴えます


最初はジヌも乗り気ではなかったのですが、そこはドンホの人柄ですよね。たとえ柄物が似合わんとも、あのちっこい目を見れば、その誠実さが伝わってきます。(


またここで、検事時代のイナの上司、タク・ヨンジン検事(ソン・ヨンギュ)が「意外にも気骨を見せ、イログループと戦う姿勢を見せました。ドンホはタク検事を見込み、ソグァングループ爆破の真相を明かす資料を託します。


一方のジヌは、ギュマンの友人で、以前ジョンアを殺したとギュマンが自供した動画に一緒に映っていたペ・チョルジュ(シン・ヒョンス)が定期的に麻薬パーティーを開いていることを突き止めました。ジヌはこれにギュマンも参加すると見込み、ギュマンの妹で検事のヨギョン(チョン・ヘソン)が乗り込むよう画策します。


タク検事は麻薬部門に任せるよう命じましたが、ヨギョンがそれを振り切って踏み込んだところで、兄のギュマンが麻薬でフラフラになっているところに出くわしました。ここで、期待通り、ギュマンがヨギョンに逃がしてほしいと頼んだところは、ジヌの同志、ソン・ジェイク弁護士(キム・ヒョンボム)が、バッチリ動画に収めています


ジヌはこの動画をタク検事に渡しました。ドンホが預けた証拠とともに、これでナム親子を倒せる!そう思った矢先、やっぱりアイツ=タク検事も裏切ります。やっぱりね~絶対に当てにできないと思ったよリメンバー~記憶の彼方へのあらすじ行きますよ~(^^)/


タク検事は結局ナム会長に懐柔され、ヤツラの犬と化しました。ジヌやドンホが渡した証拠も全て闇に葬られます。しかもドンホは、資料に加えて「生き証人」を確保して匿っていたのですが、これまた昔から信頼していた刑事に裏切られ、証人を拉致されてしまいます


万策尽きたドンホは、以前、イログループ側に立ち、ジヌを完膚なきまでに叩きのめした女性検事、チェ・ジンギョン(オ・ナラ~ギョハ@オクニョ)に助けを求めに行きました。チェ検事はドンホが司法修習生時代の同期だったようです。やっぱり同期は頼りになりますね


イログループの不正を暴いたら、一躍検察庁のトップに立てる!


災い転じて福となす、こうして千軍万馬の味方を得たジヌが扱ったのは、かつて殺されたジョンアのようにギュマンに強姦された女性、ソン・ハヨンのケースです。ジヌはチョルジュにギュマンがひとりだけ逃げたことを告げ、彼の怒りを煽ったのです。当時ハヨンは強姦された後ギュマンを訴えようとしたそうですが、ドンホとホン・ムソク検事がもみ消したそうです


チェ検事は早速ギュマンを逮捕しました


ここでホン元検事、今悪徳弁護士が、チェ検事に圧力を掛けに来たシーンは楽しかったですね~。これは昔私が無罪にしたケースだから私の顔を立ててほしいとエラソーに言ったのだけれど、チェ検事がきっぱりこれをはねつけたのです。いやいや、実に痛快でした


このハヨンが所属していた芸能事務所も、実はギュマンが女性を集めるために始めたそうで、事務所内には「それ」用の密室まであったというのですから驚きです


が、ギュマンは事務所の責任者、キム・チャン(イ・ガンウク)を秘密裏に始末しようとしたため、チャンはジヌに証拠の資料を渡しました。そこには、ギュマンがハヨンを強姦した動画もあったようです。


こうしてついにギュマンが裁かれるのか?と思ったその時、今度はジュイルが狙われました。ジュイルはナム会長からドンホを殺すよう命じられましたが、どうしてもできずにいたところを、ナム親子が放った刺客に刺されてしまったのですジュイルが刺された!ヒョンニメっ!!( ;∀;)


なんとか一命はとりとめたようですが、案の定、刺される直前にジュイルが会っていたドンホが逮捕されてしまいました


んも~ホントにヤキモキさせられちまいますも~脇が甘すぎるんだって


が、一方では「嬉しい裏切り」も見られました。スボムがついにギュマンを裏切り、彼がジョンアを殺害した凶器のワインオープナーをソッキュに渡したのです。ソッキュはギュマンに事実を確認して自首するよう勧めましたが、そんな助言を聞くような男ではありません


さ~てソッキュはどう動きますかね。何せナム・イロはかつて最高裁判事を務めた人間にも手を回していましたからね。あと4話で何とかナム親子をやっつけたいものですがリメンバー~記憶の彼方へが楽しみ♪


リメンバー~記憶の彼方へ~は今週の放送も楽しみですね


 

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリメンバー~記憶の彼方へのレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング