ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

ごめん、愛してる あらすじと感想 第9話 兄弟

長瀬智也さん主演のドラマ、【ごめん、愛してる】もいよいよ今週は第9話です。以下早速ネタバレですごめ愛のあらすじ行きますよ~(^^)/


来週の最終回を前に、律はついにサトルに自分が兄だと告白しました。サトルに自分の心臓を譲ると決めた律は、あらかじめ病院で心臓が適合するかどうかの検査を受けに行ったのだそうです。


また律は麗子にもサトルのドナーとなる旨を明かしています。律が凛華と移植について話しているのを立ち聞きした麗子が、律の意図を問いただしにきたからです。


麗子は若菜と魚にご馳走を持参して話を切り出そうとしましたが、さすがになかなか言い出すことができません。それに気づいた律がふたりを買い物に行かせると、麗子は早速本題に入りました。


あれってどういうこと?


律は、自分が麗子の息子であることには一切触れず、ただ、自分は近いうちに脳死になるのだと打ち明けました。だから俺の心臓をくれてやる。その代わり、遺されるあの二人のことを頼みたい。


律が書いた念書を持ち帰った麗子は、この事を三田に明かしました。三田は驚き、思わず、残酷だ、と漏らしてしまいます。この発言には、律も麗子の息子なのに、との気持ちが込められているのですが、三田も麗子に真実を話すことができません。


麗子はその後すぐに若菜と魚の家に様々な家電製品を送り届けたようです。これが麗子の律への意思表示なのでしょう。麗子は嬉しさのあまり、まだ適合するかどうかも分からないのに、サトルにドナーが現れたと教えました。だからもう大丈夫。


サトルはそれが律であると察します。病室に律を呼びよせたサトルは、凛華と結婚するつもりだと断言した上で、律の心臓などほしくない、と言い放ちました。どうしてそこまでするんだ?


律は、凛華のことはサトルに任せる、と言って立ち去ろうとしたのに、サトルがそう切り返してきたため、やむなく真実を打ち明けました。お前が俺の弟だからだ。俺はお前と同じ、あの人の息子なんだ。


それが本当ならなぜ母にそう言わないのかと聞かれると、律も最初はそう思っていた、と答えました。すべてをぶちまけてあの人の困る顔が見たかったけど、今はそれも違う気がしてきた。今はお前のことでいっぱいいっぱいなのに、これ以上苦しめたくない


最初は悪ぶって律に食って掛かったサトルも、根はやっぱりいい子なのです。突然現れた兄という肉親、同じ凛華という女性を愛しているその兄が余命わずかで、自分に心臓をくれるという~サトルがいったいどんな気持ちでこの事実を受け止めようとしているのか、これまた察するに余りあります。律の言う通り、サトルはやっぱり「イイ奴」なのです。


そして凛華は、三田から律の余命の話を聞いて必死で律を捜しました。若菜から行き先を聞いて病院に駆けつけた時、律はバスに乗り込むところで凛華の声を耳にしますが、律は歩みを止めようとしません。来るな!


走り去っていくバスを、凛華はどこまでも追いかけました。それでも知らぬふりをしていた律でしたが、途中で発作に襲われてバスを降りざるを得なくなります。路地裏で倒れた律がゴミにまみれていたところに、ようやく凛華が追いつきました。


もうろうとする意識の中で自分を抱く母の姿を見ていた律が目を覚ますと、凛華が髪をなでてくれていました。ボケチン。


ばかだなお前。こんなごみ溜めにごみみたいなおっちゃん、追いかけてくる女いねえぞ


凛華は律をホテルに運び、三田から聞いた話を切り出しました。律は自分を慕ってくれた弟分を庇って銃弾を受けたことを打ち明けます。ヤクザなのに育ちがよくて、ちょっとだけサトルに似ていた


凛華が泣きそうな顔をすると、そんな顔をするなと言いながらも、やっぱり自分は可哀想か、と言い出す律。まあまあ短くて惨めな人生だよな。


凛華はそういう律の唇にキスをし、可哀想じゃない、と否定しました。


律はゼンゼン可哀想じゃない。人を庇って撃たれたり、人に心臓をあげるなんて、そんなに心が愛であふれている人を私は可哀想だなんて思わない。あなたのことを思って、あなたのために泣くなんて嫌。私はただあなたと一緒にいたいだけ。あなたの側にいて一緒に泣きたい。


律は凛華をひしと抱きしめますが、その後の展開はなかったようです。凛華はそのつもりだったのに、律が自分を抑えたのです


ここがまたいかにも律らしい誠実さですよね。ここで凛華を抱くのは簡単だし、自分は気が済むかもしれない、もしかしたら凛華に忘れ形見を残してやれるかもしれない、と思う一方、律の性格からして、それは凛華の負担にしかならない、凛華を(麗子と同じように)苦しめるだけだ、そう思ったに違いないのです


ばか律のばか


凛華もまた律の気持ちを痛いほど理解していたようです。


また今回は、あのパパラッチの加賀美が、実は黒川の妻の弟だったことが判明しました。黒川と麗子の不倫に悩んだ姉が若くして亡くなったのを恨みに思った加賀美は、何としても麗子を糾弾して苦しめてやりたかったのだそう。


律はそんな加賀美にも光を投げかけます。恨みに凝り固まって生きるなんてもったいない。せっかくヨボヨボになるまで生きられるのに


あ~泣いても笑っても来週は最終回です。今から切なくてたまりませんが、凛華同様、律の素晴らしさを胸に刻めるよう心しておきたいですごめん、愛してるもいよいよ最終回(^^)/


いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

おんな城主直虎
 NHK大河ドラマ

おんな城主直虎 あらすじと感想 第36話 井伊家最後の日

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の36話は「井伊家最後の日」です。個人的には「君の名はでもよかったかな、と。(


直虎はついに大きな決断を下しました。以下ネタバレのあらすじですおんな城主直虎のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


近藤の様子を見に行くという昊天に付いていった直虎は、ようやく立てた近藤を見て素直に喜びました。近藤はそんな直虎の姿に感動したらしく、中野や奥山、それに新野を引き取っても良いと申し出たそうです。近藤はこたびの働きで、井伊谷以外に高梨、野辺、気賀などを安堵されたそうなので、今さらだまし討ちは考えにくいと直虎は判断したようです。


これを機会に(井伊谷に)戻ってくるのも一案かと


それは後日の井伊家再興のための布石なのかと昊天が問うたところに、今度は常慶が訪ねてきます。


直虎と和尚にまずは自分の力不足を詫びた常慶は、せめてもの詫びに松下を虎松に贈りたいと言い出しました。しのが嫁いだ松下清影には後継ぎがいないから、虎松を養子に迎えたいというのです


まさに天の采配のごとく次々と皆の身の振り方が提示される中、直虎はひとり苦悩します。ここで井伊家再興を諦めても良いのか?政次は、直親は、父は、祖父は、井伊家を守るために死んでいった多くの者はそれで浮かばれるのか??井伊を諦めても良いのか!?


悩んでいた直虎を龍雲丸が励ましました。尼小僧様の好きなようにしたらいい


それを聞いた和尚は言いました。あやつにとってはそれが一番難しい。人のために生きたいと「竜宮小僧」になる道を選んだ女子じゃからの。


いや、選ばせたのか??選ばせたのはわしか!?


直虎にいばらの道を歩かせたのはほかならぬ自分だったと気づいた和尚は、直虎がいつものように井戸のほとりで夜禅を組んでいたところを訪れて、もう止めじゃ、と切り出しました。井伊はここで終わらせよう


そなたを次郎(井伊家の当主)にしたのはわしじゃ。ならば次郎からおろすのもわしじゃ。亡うなった者にはわしから謝っておく。そなたはようやった。もう十分じゃ


役立たずで期待に沿えず申し訳なかったと泣きじゃくる直虎、否、おとわの姿にあの世にいる皆の誰もが和尚と同じように思っているに違いありませんよね。おとわはよくやった。ここまで本当によく頑張ってくれた、と


覚悟を決めた直虎は和尚とともに隠し里へ行き、その覚悟のほどを話しました。我はもう井伊を再興するつもりはない。


皆一様に驚き、特に男子は大いに悔しがりました。亥之助は、伯父は何のために死んだのか、と声をあげ、直之に至っては、所詮女子だ、とこき下ろします。その女子に一生ついていこうとしていたのにっ!!


それでも直虎の決意は揺るぎません。直虎はその足で虎松のいる寺を訪ね、松下への養子の話を切り出しました。虎松は、しのと暮らすことよりも、井伊に戻ってお家再興のため力を尽くしたいと言い張ります井伊の虎松でいとうございます!。直虎がどんなに言い聞かせても聞く耳を持ちません。


そこで和尚の出番です。和尚は直虎に席を外させ、虎松にこう告げました。あれはもう当主ではないから従わねばならぬ道理はない


この言葉と、その後虎松が素直に松下家への養子縁組を承諾したことから、どうやら和尚は虎松を、今は松下の養子となって力を蓄え、もし虎松にその気があれば、いつか井伊家を再興するのもお前の自由だ、と説得したに違いありません。(あくまでも妄想です


一方隠し里の女子たちはすぐにこの状況を受け入れました。高瀬は、たとえ「井伊」という名や屋敷は無くなっても大切なもの(人の心)は無くならない、むしろこれまで以上にひとりひとりが井伊の心を繋いでいかねばならぬ、と語ったそうです。さすがは井伊家の姫君です


高瀬は井伊の姫ではなく弥吉の孫として、直之とともに近藤のもとに身を寄せることになったそう。直之は井伊と小野の郎党の一部を中野で引き取った上で近藤が支配する井伊谷で暮らすことにしたのだそうです。この「小野」を引き取ってくれたというのがまた嬉しい配慮でござるね。


と感動していたら、番組のラストと予告で思いもよらぬ展開が待ち受けていました。来週はついに武田が遠江に進軍してくるそうなのですが、そこでどうやら高瀬が暗躍するようなのです。確か高瀬には以前「武田の間者疑惑」がかけられたことがありましたよね?(cf: 第20話 第三の女


ここの城主を殺してほしいということは、近藤を殺せと命じられてしまったのでしょうか?


と、それは来週のお楽しみとして、今週のお楽しみはまだまだ続きますここからが本番でござる(^^)/。なんとなんと、龍雲丸がついに直虎に愛を告白したのです!?


龍雲丸は直虎に、自分には一生側にいたい好きな女子がいるのだと打ち明けました。鈍ちんの直虎は、まさかそれが自分のこととは夢にも思わず、むしろ龍雲丸に想い人がいたことにショックを受けてその女子の名を聞きます


それが知らねえんですよ。教えてくれますかね?名を。
(だから「君の名は」


それでも通じない直虎に、龍雲丸はついにこう言いました。


俺ぁ、あんたのそばにいてえんですから。いいって言ってくれりゃそれでいいんですよ。


自分は縁起の悪い女だと尻込みする直虎に、死にそびれるのは得意技だから、直虎より先には決して死なないと約束する龍雲丸です。あんたを置いてったりはしませんでさね。も~思わず101回めのプロポーズですよね。


とわじゃ。我は「とわ」という。


龍雲丸は直虎の頭巾を取って引き寄せ、口づけしましたこれで直虎もようやく幸せになれる?


直虎はその後還俗して農婦となり、土とともに生きる道を選んだそうです。もちろんその隣には龍雲丸がいたに違いありません。その龍雲丸は予告で直虎に、一緒に堺に行こうと誘っていたようです。


が、一方で、妻・春の父、北条氏康のもとに身を寄せていた氏真夫婦は、氏康が死去すると即追い出されてしまったそうです。氏政はひそかに武田との和睦を望んでいたらしい。


そこで氏真は家康に助けを求めますが、彼らに手を差し伸べるほど家康は優しくも誠実でもありません。家康はすぐに彼らを武田に引き渡そうとしますが、忠次は、まずは織田に伺いを立ててはどうかと提案します


いやいや面白くなってきましたね~。果たして井伊に奇跡が訪れるのでしょうか??


おんな城主直虎は続きを見るのが待ち遠しいですおんな城主直虎が面白い(^^)/


 
おんな城主 直虎 前・後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング