2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

IRIS(アイリス)~第9話 なんで分かんないかなあ(-_-;)

IRISアイリス)のレビュー一覧はこちらになります~IRIS(アイリス)~あらすじ&レビュー一覧


イ・ビョンホンさん主演の韓国ドラマ~IRISアイリス。先週の放送がお休みだったので、なんとか記憶を手繰り寄せながら見始めました


そうだっ!ヒョンジュン達、北のテロリストグループのアジトにサウが乗り込んでくるところだった!


何者かが近づく気配を感じたのか、ヒョンジュンやソンファの顔に緊張の色が浮かんでいます


「突撃っ!!


一気にNSSの戦術班が踏み込んでくるも、なんとそこはもぬけの殻!そう、サウは違う倉庫に誘導されてしまったのです。ホッホォ~っ!!


しかもそこには無造作に「南の情報」が置き去りにされていました。その中の写真に写っているのは「アメリカ国防長官」の姿。近日中に「外交長官会談」が開かれ、アメリカの国防長官が出席するのだそうです。そして時を同じくして「北の視察団」もやってくる


「テロリストの狙いは外交長官会談だ!」


ところがどっこい、これはあくまでも「囮」でした。サウはちょっと短絡的すぎでやんすね


「ターゲットはNSSだ


ヒョンジュンの復讐を手助けするのかと思いきや実はそうではなくて、今回は復讐を忘れて北に忠誠を示せという命令が下ります


はたして今、危険を冒してNSSを狙う目的とは一体なんなのでしょう?


そう簡単には韓国に主導権を握らせない~相手の言いなりになって「核を手放す」のではなく、北は「南の弱みを握ろうと考えているのですよね?その矛先がNSSということは、北はNSSに関するかなり詳細な情報を握っているということになります。おそらくそれは~過去の核開発に関する何か??


テロリスト達はヒョンジュンの手引きのおかげで、難なくNSSへの侵入に成功します。まあ「武力」は全て会談に注がれてしまいましたから、もう赤子の手を捻るも同然ですわね


ミジョンが命がけでかけたサーバーへのブロックも、「力技=爆破」の前にはなす術もありません


が、一方でスンヒがひそかにNSSに戻ってきていますkao1。有線回線を使ってサウに連絡を取り、NSSがテロリストに占領されたことを伝えます。


「コード・ブラックだ!」


Code Black~NSSがテロに遭った!!


それでもまだ「自分たちがだまされている=外交長官会談襲撃は囮情報」とは思ってないようで、大多数の戦術班は会談の場所に残しながら、サウは少数の部隊を連れて戻ってきたようデス


なんとかして仲間を助けようと孤軍奮闘するスンヒでしたが、その姿が監視カメラに映し出され、ソンファの目に留まることになってしまいます


しかもスンヒは、ペク・サンのファイルを入手しに行ったヒョンジュンを追っている~テロリストの一人だと勘違いして!


そしてそのヒョンジュンはと言うと、ペク・サンの指紋を手に入れて倉庫に侵入し、まんまとファイルを手に入れることに成功します。とその時、

「動くなっ!銃を捨てろっ!!」

ふりむけばそこには夢にまで見たスンヒの姿が!!kaeru1


「生きていたのかっ!?」


ヒョンジュンは声にならない感情のありったけをあの眼差しに込めてスンヒを見つめていたのに・・・。なんでスンヒにはそれが届かなかったかなっ!!


後ろからスンヒを狙っていたテロリストを撃った一瞬の隙に、ヒョンジュンはスンヒに撃ちかえされてしまいます!


倒れたヒョンジュンの顔を確認したスンヒの顔には衝撃が走りっ!!


まあ、ここでヒョンジュンが殺されちゃうってことはまだ無さそうですからね。とりあえずはスンヒにヒョンジュンが生きていることが、そしてヒョンジュンにもスンヒが生きていることが分かってよかった~と思うことにするざんす


それにしてもこんなところで終わっちゃって。あの物々しいR&Dルームの金庫に入っていた「ブツは一体なんだったのかしら?ああ、来週が待ち遠しいなぁ~!mame


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
かよたろうさんへ  
ですよね~♪

かよたろうさ~ん♪
拍手コメントをありがとうございます!!(^O^)/

そうそう、イルジメもそうでしたよね?
なんでわかんない??
まったくの他人ならともかく~~恋人なのにネ(^_-)-☆。

また来週も楽しみデスね~♪こん(^O^)/

2010/06/25 (Fri) 05:43 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ