2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

インスンはきれいだ~最終回

最終回だからと言って、特に大どんでん返しもなく、お涙頂戴の展開もなく、なかなかにポカポカと心が温かくなるような終わり方でしたね(*^_^*)。オバサン的にはかなり気に入りました(^O^)/。


大筋では昨日の話を踏襲するのですが、ちょびっとだけ追加させていただきますデス(笑)。


まずは、グンス~真実は、インスンを思っての殺人でした。大好きなお姉ちゃんをいじめるヤツを許さないっ!幼い子がつい犯してしまった罪です。インスンがその気持ちを汲めないはずがありません。


「私が殺していたかもしれない。グンスのせいじゃない。もう自分を責めないでほしい」


インスンとしてはこれしか言いようがないんデスが、でも言われた方はつらいでしょうね。ただひとり~ジョンアもですが~優しくしてくれたインスンに殺人の罪を着せてしまったという罪悪感を拭うことはかなりむずかしいのでは?


そう心配しておりましたら、案の定、どうやらグンスはひとり永遠の旅路へと旅立ってしまったようデス(>_<)。かわいそうだったけれど、ようやく楽になれたのでは?そう思います。


うってかわって、なかなかの成長を遂げたのはサンウの母親でした。とりあえず家に戻ってきたダンナを許し(たんでしょうね・笑)たけれど、もう亭主中心の生活を送ることは止めて、自由気ままに生きると決めたようデス。TVに映るクォン・サンウを眺めながら、


「サンウっていう名前は男前が多いのね~。うわぁ~観て、あのカラダじー

 もう少し若かったらつき合ってたわ~きゃー

~こーゆー時相手の意見は決して聞かないのが「オバサン」なのでありまして(^^ゞ~


「え?お茶??自分で入れれば~うーむ


こうなればもう大丈夫ですね~ダンナが浮気しようと、息子がお嫁さんを連れてこようと、きっと毎日楽しく生きていけるはずですアップロードファイル


そして、インスンはというと・・・一緒にアメリカへ行こうというサンウの申し出を断り、こんどこそは、と自立する覚悟を決めたようデス。友人と共同出資で、小さなサンドウィッチのお店を出しました。


明るく、気が利いたその接客ぶりで、オバサンがお客でもついたくさん買ってしまいそうなイイ感じのお店ですおんぷ


初雪が降る日に帰ってきたサンウと一緒に雪を眺めるインスン~その表情は自信と愛に満ち溢れていました。


~私は私、賢くて、立派で、きれいなインスン~


こてこてのラブストーリーはお好みでないワタクシですが(爆)、こういうのは許容範囲ですナイス。特にキム・ミンジュンさんは、あの「恥ずかしそ~な気の弱そ~な男の子」を垣間見せる演技が抜群でした~。地味でしたけどイイ話に満足デスムフフ


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ