2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

がんばれ!クムスン しょせん嫁は他人だ

クムスン役のハン・ヘジンさん、ソン・イルグクさま(^^ゞ主演の「チュモン」には「ソソノ」という、それはそれはカッコいい女性として出演していらしゃいました。聡明で美しくて、凛とした強さがあって、まさに韓国(高句麗)建国の母、そのもののお姿でした(*^_^*)。


が、この「がんばれ!クムスン」では、その真逆。その美貌は変わりませんが、濃いめの化粧にくるくるパーマ(こればっか・爆)、おてもやんのようなチークに、にたにた笑い(-_-;)~ウチの父などは、あまりのギャップの激しさに「ソソノが可愛そうだ」と涙ぐんだほどなのでゴザイマス(笑)。


そんな、どこにでもいる(?)フツーの女の子、クムスンですが、その生き様はなかなか見上げたものがあります。二十歳そこそこでダンナに死なれ、できちゃった結婚を渋々許した義理の両親になんどもなんども頭を下げて、「せめて子どもが生まれるまでおいてほしい」と同居を願いでます。


実際に子どもが生まれてから3年目までは、物語がスキップしてしまったらしく(笑)、その間、どうやってクムスンが嫁ぎ先「ノ家」にいすわった(?)のかは分かりませんが、画面からの印象では、この両親が自分の孫、「フィソン」を可愛がっているという印象はあんまり受けませんでした。どちらかというと、クムスン同様「厄介者」ととらえていた節がありマス。


もちろん、犬猫でさえ一緒に暮らせば情が湧きますから(^^ゞ、それなりに愛情は持っていたのでしょうが、心のどこかで「息子を殺した嫁とその息子」という感情が拭えなかったのではないでしょうか?


それでもクムスンは、いつも真心を尽くし、一生懸命仕えてきたのです。


実の母が見つかって、その母が腎不全のために命が危ないと知って自分の腎臓を提供することを決意したことがあったのですが、その時にこの姑がいった最初の言葉は「フィソンの面倒は一体ダレがみるのよ<(`^´)>!」でした。


みんな、「自分の娘のように」可愛がってきた~そう言いますが、実際、クムスンがどれだけ苦労をしてきたのか、には気づいていません。


毎朝家族6人分の食事を作り、食後の後片付けから家の掃除に洗濯~それが終わると職場(美容室)へ出かけ、意地悪な先輩に苛められながら、一日中立ちっぱなしの重労働をこなし、帰宅が遅いと「給料がもらえない(見習い中)のなら、もっと家事をしろ」「(年をとってつらいから)フィソンの面倒など見られない」などと姑には嫌味を言われ・・・(-_-;)。


結局もっと年をとった実の祖母にフィソンを預けるしかアリマセン。そこでもまた叔母さんから嫌味を言われ、と~にかく一生懸命がんばってきたクムスンなのです。


「コレ以上どうやってがんばれって言うんだっ?」


ワタシならとっくにそう叫んでいるところです(^^ゞ。


あるとき家族全員でカラオケへ行くシーンがあったのですが、クムスンがおもわず、「こんな楽しい外出は3年ぶりデス」と嬉しそうにニコニコ笑ってそう言います。


「え?カラオケやったことないの?」


義理の姉がそう聞くと「ええ、この3年間は、毎日、家と美容室の往復だけでしたから」と答えるクムスンに、思わず言葉を失った家族~(゜o゜)。


みんな、クムスンが何か遠慮をすると「水臭いじゃないか」と口々に責めるのですが、本当にクムスンが望んでいることを言ったら、実際に認めてくれるのでしょうか?ワタシにはどうにも疑問が残るところでした(@_@;)。


そして今回ついに、クムスンが心の底からふりしぼるようにうったえました~「おじさん(ジェヒ)と結婚したいんです」。


告白のタイミングがあまりよくなかったことは事実なのですが、これに対する家族の反応は一様でした~「無視」と「慇懃無礼」です。


バツイチ子持ちを理由に、同様に嫁いびりを受けている義理の姉がこう言ってくれました:


「一生しばりつけておくつもりだったの?まだ23歳なのに!」


また、クムスンの実家では、オバサンがこう言いました:


「どんなに可愛がってくれていても、『実の娘のように』思ってくれたとしても、しょせんは嫁、しかも息子の命を奪った『他人』なんですよ」


深イイ~です(-_-;)。


コレをきっかけに、本当の親子になれるのか、それとも赤の他人になるのか?今日はゼッタイ見逃せません!(@_@;)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ