ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
オンエアー
 ラブコメ

オンエアー あらすじと感想 第16話 視聴率戦争を通して得たものは?

パク・ヨンハさん主演の韓国ドラマオンエアー


毎回ホンワカとさせてくれる雰囲気が気に入っていたオンエアーですが、今回は大分趣が異なっていました。おそらく、このドラマの大きなテーマでもある「視聴率」について扱っていたのですオンエアー。今日はちょいとあらすじを語らせていただきます


出だしは非常に好調だったTicket to the Moonでしたのに、ライバル番組のシムチョンに、とある有名女優(?)が出てきた途端に肩を並べられてします!


予想はしていたものの、みな動揺が隠せません。ヨンウンは責任を感じたのか、脚本の手直しをするとまで言い始めました。少しでも「視聴率」を取り戻さなくてはならないからです


どうやらこの作品は、ここ数年のヨンウンにとっては「視聴率」を意識せずに書いた唯一の作品だったようですオンエアー~ヨンウン。息子とふたり路頭に迷うところだった自分を救ってくれた社長(ヘギョン)のために、書きたいものではなく「売れる作品をひたすら書き続けてきたのでしょうね


そんな、自分にとっては大事な大事な「Ticket to the Moon」なのです。そして、それを完成させてくれたのはイ監督なのですオンエアー~イ・ギョンミン。彼のためにも、彼の初監督作品にケチをつけるわけにはいかないわ~そんな思いもあったのかもしれませんね


「たとえ視聴率が低くても心も体も元気でいてほしい」


でもギョンミンはヨンウンに、既にこのような言葉をかけていたらしいです


どんなことがあっても、心と身体を強く持ってこの業界で生き抜いていってほしい~あの時のギョンミンはそう思っていたに違いないのでしょうけどパク・ヨンハさんにも頑張って生きていてほしかった


この彼の言葉を思い出したヨンウンは、ますます自分を奮い立たせていきます


「これまでの自分だったら、ケータイの電源を切って、布団をかぶって泣いていた

らしいんですが、今回は堂々と外出してインタビューにもこう答えていましたオンエアー


「視聴率だけで作品を評価することはできない。60名を越えるスタッフたち、監督、俳優~ドラマに関わった人間が、寝る間を削り、家族や友人を犠牲にしてまで作り上げてきたのだから」


スタッフ全員がそれぞれの思いを込めて作り上げてきた大切な作品を、視聴率なんかでつぶされてされてたまるものですかっ!オンエアー視聴率


お茶の間からヨンウンに盛大な拍手を送っていたおばさんでしたが、ここにもまた邪魔者が現われました。それが、SWのチン社長です。Ticket to the Moonへのチェリーの出番が少ないという理由で、彼女を降板させるといい始めました。病気を理由にしていますが、これは体のいい復讐でやんすね


しかも、ヘギョンの会社から出資金まで引き上げると言い出しそうです。そうなったら会社は破産してしまう!


自分の恩人でもあるヘギョンを見殺しにすることなどできないオンエアーヨンウン~自分さえ我慢して脚本を書き直せばいいんだ。


そう思いながらも、今度は涙を止めることができないヨンウンです。部屋にこもって盛大に声をあげて泣き続けました。話を聞いて駆けつけてきたギョンミンは、その声を聞きながら、隣の部屋でじっと座り続けています。彼もまた自分がどうすべきか~考えに考えていたのでしょうね


泣くだけ泣いてようやく決心して部屋を出てきたヨンウンに、ギョンミンはこう声をかけました。


「脚本を変える必要は無い。チェリー抜きで進める。自分が辞めることになってもこの決心は変わらない」


そんなコトを言っても・・・。おばちゃんヨンウンとしてはやっぱり心配でたまらない様子です


でも、ここで、ものすご~く頼もしい人物が登場してくれました。SBCの局長です!!オンエアー局長!


「今後、SWの人間は~スタイリストからメーキャップも含めて~一切SBCへの立ち入りを禁じる!」


責任は全て自分が取る~いつか言ってくれると思っていましたオンエアー楽しい。思い上がっていたチン社長のあの悔しそうな顔ったらなかったですね。ヘギョンへの契約金も、ヘギョンの最初のリクエストどおり大目に払ってくれそうです


また、スンアも大きく成長しましたね。演技もすばらしいですが、このチェリーの件に関しても、自ら解決を図ろうと出向いてくれたのです


「困難を乗り越えるたびに大人になっていく」


ずっと見守ってきたギジュンおじさんには感慨深いところですヨねオ・スンア


おばさんもすっかり関係者のつもりになって、時にドキドキ、時にワクワクしながら楽しんでみています。また来週が待ち遠しいですオンエアーが待ち遠しい


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事はオンエアーのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング