2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

がんばれ!クムスン-他人のことなら言えるけど(^^ゞ

ワタシが韓国ドラマを好きな理由はたくさんありますが、その中の1つに「人間の業の深さを?よくもまあココまでというほどに?じっくり描いている」ということがあります。


特に家族の人間模様を描かせたら、韓国ドラマの右に出るものは無いのではないでしょうか(笑)?


がんばれ!クムスン」の中にも、そのようなシーンがたくさん出てまいります。


嫁(クムスン)のひと言が原因で息子を亡くした嫁ぎ先の両親。さんざん反対した上での結婚、しかも同居してまだ1週間だというのに、憎い嫁とお腹の中の子どもだけが残されてしまいました。


もし他人の家のことなら、「お嫁さんだけが悪いんじゃないのにね?早くにだんなさんをなくしてかわいそうにね?まだ若いのに」などというだけの理性をちゃ?んと持ち合わせている人たちですが、こと、自分の家族となるとそうはいかないようです(笑)。


昨日は、嫁から「他の人と結婚したい」と聞かされ、あんなに怒っていた両親でしたが、

クムスンをいつまでも縛り付けておくわけにはいかない。実の娘ではないのだから、縁を切って快く送り出してあげよう」

と、そこまではどうにか冷静に考えることができました。冷たいようには感じますが、それもまたクムスンのことを思ってのことなのかもしれません。子持ちで嫁ぐよりは?そういう思いやりなのかもしれません。


もっと言うなら、もしかしたら「憎い嫁」だったクムスンは、いつしか、「ダレよりもかわいい娘」になっていたのかもしれません?いつまでも手元においておきたいかわいいかわいい娘に・・・。だから、クムスンが実の母と行き来しているらしいことに腹が立ち、その上、孫まで手放すものか!そう思ってしまったのかもしれませんね。


ジェヒを呼び出し、できるだけ早く結婚して家を出て行くように言います。息子のフィソンを置いて!


「それは、クムスンに結婚するなと言っているのと同じことです!」


あまりのことに絶句するクムスンと、こう叫ぶジェヒ。


ワタシの記憶に間違いがなければ(笑)、確かこの両親、クムスンの生みの母が生後間もない彼女をおきざりにして別の男性と結婚したのを聞いた時には、「ひどい母親だ!出て行くなら、子どもも連れていくべきだ」そう非難していたハズだったのですが・・・。


今回、クムスンが息子のフィソンを連れて結婚しようと考えているのを知ると、猛烈に怒り出します。


「この子はノ家の血筋だ。私達が育てるのが筋というものだ!」


筋ではないのです。少しでも冷静になることができれば、クムスンが今まで一生懸命がんばってこれたのは、ひとえに愛するチョンワンの息子、フィソンを育てるためだったということに気づけるはずなのです。コレは感情の問題なのデス。


実際、クムスンの生みの母親が家を出て行ったのも、姑(クムスンの祖母)がひどい嫁イビリをしたからでした。「若い、将来のある優秀な息子をたぶらかした鬼嫁!」と毎日ののしられたそうです。


それでも、息子が生きているうちはまだよかったのですが、嫁と子どもを養うために工事現場で働いている最中に死んでしまったものですから、もうたまりません(>_<)。


「息子を殺したのはオマエだ!<(`^´)>」


と毎日毎日責め立てられます。


「アレじゃあ、出て行くのもアタリマエだわ」


こっそり叔母さんがそう言ったものです。そうやって嫁をいびりぬいた祖母が育てたかわいいかわいいクムスンが、今度はめぐりめぐって同じような環境に置かれてしまうのです。嫁は憎いけれど孫はかわいい。この辺の感情の機微も見事に表現されています。


「人間の感情なんて、そううまく割り切れるものではナイ」


ジェヒの母親(クムスンが勤めていた美容室の店長)にしてもそうです。実はジェヒは不倫の子どもなのです。自分はこの年まで独身を通し、女手1つでジェヒを立派に育て上げた!しかも自分を捨てた父親と同じ医者にまでした!それがこの母親の誇りだったのです。


その自慢の息子が、よりによって、子持ちの未亡人と結婚すると言い出します。自分と同じような境遇のクムスンに、経営者としては同情し、目をかけていた店長ですが、相手が自分の息子となれば話は別デス。「学歴もなく、育ちも悪い、田舎モノ!」と目の前で激しくクムスンを罵倒します。


クムスンを否定することは自分自身を、ひいては息子の自分をも否定することだ」


息子ジェヒの言葉が胸に突き刺さりますが、どうしても怒りを抑えることができません。


親しければ親しいほど、情が湧けば湧くほど、時としてヒトは優しくなれない、おバカな生き物でもあります。こんなに極端な例でなくても、「心の中では相手を思いやっているのに出てくるのはひどい言葉ばかり」な?んていうのは、よくある話ですものね。


そういった人間の業(ごう)や機微といったものを、韓国ドラマは実にたくみに描き出していきます。脚本もモチロンですが、それを表現する俳優陣の演技のすばらしいことといったら!


本に行間というものがあるように、画面のそこかしこににじみ出る雰囲気にはいつも脱帽させられてしまうのであります?と、今日はストーリーから一歩離れ、めずらしく「ちょっと冷静になって」語ってみました(笑)。


クムスンを「かわいい我が子」と認め、心から祝福してお嫁に出してあげられるとイイですね?みんなが幸せになるにはそれが一番なのですから(*^_^*)。


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 4件

コメントはまだありません
みる  
がんばれ!クムスン大好き

こんさん、こんにちは。
今、どっぷりとクムスンにハマっています(*^。^*)
ツンとした美人のハン・へジンさんが、こんなに可愛いクムスンを演じることが
出来るなんて、それだけで感動してます。
フライングして、こんさんのブログでハッピーエンドを確認済みですが、最終
話まで一話、一話、大事に視聴したいと思います。

何話か忘れましたが、クムスンのおばあちゃんのシャツの胸元のボタンが
取れていたのか(?_?)…洗濯バサミで留めていたのところに演出の細かさ
を感じました(*^。^*)

2013/11/08 (Fri) 01:00 | 編集 | 返信 |   
みるさんへ  
楽しいドラマですよね♪

みるさん、こんにちは~♪
またお訪ねくださいましてありがとうございます~!

クムスンは本当に可愛くて楽しいドラマですよね~。
私も大好きでした( *´艸`)。

あらら~すみません(;´∀`)。ネタバレ全開サイトなのでござる(__)。

そうそう、クムスンのあのおばあちゃんがまたいいんですよね。
ふふ、そんなシーンがあったのですね~いかにも所帯じみてイイ感じどすな。こん(^_-)


2013/11/08 (Fri) 07:00 | 編集 | 返信 |   
みる  
ありがとうございます(*^。^*)

私を覚えていただけていたなんて、嬉しいです。

こんさんのネタバレは、私が好きで読んでいます。
安心しながら、クムスンを見守りたいんです(^_^;)

「がんばれ!クムスン」のおばあちゃん、叔母さん、実母のだんなさん役の
俳優さんたちが、「棚ぼたのあなた」にも出演していますね。
でも全く違う役を上手に演じて見せてくれるので、同時に視聴しても
全くしつこさを感じません。むしろまた見れて嬉しいぐらいです。

2013/11/08 (Fri) 11:04 | 編集 | 返信 |   
みるさんへ  
いえいえこちらこそありがとうございます

みるさん、こんにちは~♪

コメントで楽しい会話を交わした方はほとんど覚えていますよ~(*´ω`*)。
ネタバレの件、そういうことだったのですね~。
確かに、安心して見ていたいというお気持ちは分かります~(笑。

そうそう、棚ぼたのあなたと結構かぶってますね。
これもまたものすご~く楽しくて、今最もハマっているドラマの1つです。
今週は放送が無くて本当に寂しかったほど(;O;)。

もしよろしかったら、そちらにもまた遊びにいらしてくださいね^^。こん(^_-)

2013/11/08 (Fri) 12:49 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ