2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

パスタ~恋が出来るまで~第3話 思い出のペペロンチーノ

パスタ~恋が出来るまで~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: パスタ~恋が出来るまで~あらすじ&感想一覧


パスタ~恋ができるまで~パスタ~恋が出来るまで~あらすじの第3話は「思い出のペペロンチーノ」です。


「あんなことまでしてこの店に入ったのに」


そう声をかけられるユギョンです。ユギョンは、どうしてもこのラ・スフェラに入りたくて、友人たちを呼んで209万ウォン分の料理を注文し、「お金が払えないから代わりに働く」と申し出たのだそうです。食事代分を働いても辞めず、3ヶ月目にはようやく初めての給料が出ました。仕事を続けるために料理学校へも通ったそうです


そんなユギョンには、ラ・スフェラにこだわる「訳」がありました。それが「思い出のペペロンチーノ」です。奇しくも前回、シェフとの料理対決をしたペペロンチーノは、ユギョンにとって母の思い出でもありましたパスタ~恋が出来るまで~思い出のペペロンチーノ


母親はユギョンが高3の時に家出をしたそうです。タバコもやめられなかったと言っていたので、ちょいとやんちゃなお母さんだったのかもしれません。


そんな母親が家出から戻り、ユギョンを食事に誘ったのが「ラ・スフェラ」でした。ユギョンは~家の商売柄、麺なんか食べ飽きた~それにこの店、高そうだしと断ります


母親は「一番安い麺をおごってやるから」と何度も誘うのですが、ユギョンはとうとう行かなかったようです。そしてその数ヵ月後、母親は病気で亡くなりました。家出をしたのは、自分の余命が3ヶ月だと知ったからだったのだそうです


母が死んだ後にひとりラ・スフェラへ行き、ユギョンは「一番安い麺=ペペロンチーノ」を注文しました。周りに幸せそうな母と娘がいる中、たったひとりでペペロンチーノを食べるユギョンです


「美味しい


涙がどんどんあふれてきましたパスタ~恋が出来るまで~はとっても楽しいドラマ


こんな美味しいものだったら、母さんが食べたらもっと長生きできたかもしれなかったのに。。。


だからユギョンは、どうしてもこの店を辞めたくないんです


でも、ここまで言っても、頑固なシェフは首を縦には振りません~おまえは首だ!ほかで頑張れ


「絶対職場を取り返すっ!私のパスタも認めさせて見せるっ!!」


この決してくじけないユギョンがなんともいじらしくて可愛いです


翌日、ラ・スフェラでは「男性の助手」を募集します。そこへユギョンが客としてやってきました


ペペロンチーノを注文し、シェフを呼び出してその秘訣を聞きだそうとします


「私は客よ。客の質問には答えなさい!」


「味見はしたか?


うまく作って母の祭壇に供えたいといくら言ってもそれしか応えてくれません。何度も何度も繰り返して作っても、なぜか自分のパスタはまずいままなんですパスタ~恋が出来るまで~頑固なヒョヌク


「秘訣は冷めてからの味だっ!!」


厨房ではシェフが声を限りに怒鳴っています。客は連れと話をしながら食事をするので、冷めた料理を食べる。そして、その味を覚えて帰る~だから、冷めてからの味を意識した味付けをしなくちゃいけない


飽きるほどパスタの味見を繰り返したユギョンも、ようやくコレに気づきました!これだわっ!


「イェ~シェフ!


一方、ラ・スフェラの助手は、男女関係なく実力のみで選ばれることとなりました。それを聞いたユギョンがこっそり中に忍び込み、可哀相に思ったドクが見逃してくれたお陰で、無事ラインに並ぶことが出来ます


パスタがすっかり冷めたころに開始されたシェフの評価はかなり厳しく、ほぼ全員が失格と目された時、とうとうユギョンの番がやってきました


「おまえは誰だ?明日からフライパンを持って調理場で働けっ!


ふふ~、ユギョンをホールのスタッフだと勘違いしたシェフの目隠しを、ユギョンがすっと外します。


やったっ!!採用だっ!!


「男、男」というほどですから、男に二言はありませんヨね~パスタ~恋が出来るまで~が楽しい!。これはまた来週も楽しみです


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ