2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

アグリー・ベティ4 あらすじ 第7話 レベル・セブン

アグリー・ベティ4のあらすじはこちらからご覧いただけます: アグリー・ベティ4 あらすじ一覧


海外ドラマ~アグリー・ベティ4。第7話は「「レベル・セブン」~副題は「Level (7) With Me」です。


今回のアグリー・ベティもまた楽しかったですねアグリー・ベティ4あらすじ~カルトにだまされかけたダニエルを救うべくチーム・スワレスチーム・アマンダ(言葉遊びですわねが大活躍です!今日もまたあらすじを語らせていただきます。


前回のレベル5に参加してモリーの姿を見たというダニエルは、「不死鳥の会」とベネットをすっかり信じきっているようです。なんと会社のミーティングにまで彼らを連れて来たからもう大変アグリー・ベティ4~レベルセブン


ベティが「fearless issue」に女性のパイレーツ(海賊)を登場させたらどうかと提案したら

「海賊は人を殺すから邪悪だ!」

といきなり却下。もちろんベネットがそう耳打ちしたのです


こんな息子の様子を心配したクレアが、ベティにカルトからダニエルを救い出すよう頼みます。もちろんベティもそのつもりです。一度参加したことがあるというマットともれなくついてきたアマンダを連れて敵地へと乗り込みました。ちなみにアマンダはマットとデート中だったのです


「ドラッグを使って人をたぶらかすカルト集団


マットやダニエルなどのセレブは「広告塔」にされるケースが多いのだそうです。特にレベル7ではかなり強いドラッグを使うと聞いたベティはいても立ってもいられません。すぐに施設中を探しますが、ダニエルはどこにも見当たりませんダニエルを救え!


儀式には亡くなった人の思い出の品が必要だとマットに聞いたベティ~ようやくモリーのアパートだと思いあたります


駆けつけるとそこでは既にダニエルは薬を飲まされて幻覚を見始めたところでしたが、その幻覚=モリーに見えていたのは駆けつけたベティだったからもう安心です


「ダニエル、彼女のことは忘れて。モリーはもうどこにもいないの


サヨナラを告げることもできなかったというダニエルに、ベティ、否モリーは今ここで別れを告げてほしいといいます。悲しみにくれながら愛するモリーに別れのキスをするダニエル


そこでダニエルの幻覚は消え、目の前にはベティが現われます~ダニエル!大丈夫っ!?


「あそこでふたりは本当にキスをしたのかしら?


正気に戻ったダニエルならずとも気になるところですがモリーとベティの身長差が幸い(?)して、ダニエルの唇が届いたのは「眉毛の辺り」だったそうですよダニエルとベティ


亡くなった人より、生きて自分を愛してくれる人を忘れないでほしい~ベティとクレアの想いが届いたとても素敵なエピソードでやんしたね


~でも、ナタリーは~彼女ももしだまされているとしたなら、コレでダニエルにも捨てられてかなり気の毒な気がしました。それともナタリーはカルト側の人間だったのかしら?


またこのカルトをきっかけに、アマンダとクレアの溝が埋められたのもよかったですアグリー・ベティ4ではアマンダがイイ感じ


「ママを殺したクレアを恨んではいないけれど、私が彼女をママだと気づくまで、ママには生きていてほしかった


こんなアマンダの本音を聞いて、クレアのアマンダに対する見方も変わったようです。そしてアマンダはクレアにこんなプレゼントも贈りました


「(養子に出した)息子には逢いに行くべきよ


この息子はクレアとキャル・ハートリーの息子なんですヨね?こりゃまたちょっとエライことになりそうな気もするんですけど・・・


そして、気になっていたウィルミナですが、マークの尽力により、娘のニコが自分をだましていたことを知りました。もう二度と私の前に現われないで!マーク~禁断のドタ靴


ああ、これでまたウィルミナはひとりぼっちになってしまうのかしら??


来週はみんなで「バハマに出かけるそうです。こちらもまたサプライズが待っていそうでとぉ~っても楽しみですアグリー・ベティが楽しみ


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ