ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
社会派その他
 社会派

「さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬」~涙が止まりません

昨晩NHKで放送されたさよなら、アルマ~赤紙をもらった犬を見てみました。


戦争もの~しかも、動物を主題にしているドラマと聞いて、見始めてからもまだ、見続けようかどうか迷ってしまったドラマでした


途中の映像で、砲弾の飛び交う中、犬が懸命に走っているシーンを見た時は特にそうでした~ああ、こんな「可愛そうなドラマ」はきっと見るに耐えない!さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬 あらすじ


でも、どうしても止めることができず~タオルとティッシュが手放せませんでしたけどなんとか最後まで視聴することができました。最後まで見た感想は~悲しかったけど、とても感動的な物語だったと言うことです


おばさんは、犬や猫が人間の犠牲になるという話には、とてもとても耐えられない=許せないんですけどね、このさよなら、アルマ~赤紙をもらった犬は、そういうタイプのドラマではなかったと思います。号泣しすぎて頭が痛くなりましたが、最後まで見てよかったです


以下、少しばかりあらすじを語らせていただきます


戦時中、家庭の事情で犬を手放さなくてはならない子供達が登場します。


「アルマ!アルマっ!!


シェパードの名前はアルマ~大好きな子供達と離れるのが嫌でそこいら中を暴れて駆け回っています。


「僕が育ててはいけませんか?」


声をかけたのは朝比奈太一(勝地涼)~犬が大好きなこの学生は、獣医になることを目指しています。


アルマの飼い主だった健太と千津、そして学校の子供達も喜び、その担任らしき美しい女性=高橋史子(仲里依沙)にも感謝され、若い太一の心は踊りました


ある日、太一がアルマを散歩に連れて行くと、そこで彼らは「犬の訓練士」に出会います。彼はアルマを見てこういいました。こんなに優秀な犬は見たことが無い。軍用犬として育ててみないか?


戦時中、人間でさえ食糧に事欠くこの時代~シェパードの食欲は人間をはるかに超えるほど旺盛なんだそうです~、軍用犬になれば、国から補助が支給されると聞いた太一は、懸命にアルマを特訓します。


だけどアルマはどうしても1つの訓練がクリアできません。それは、爆音がする中、障害物を越えていくというものです


「アルマは、子供達と歌を歌うのが大好きなんです。それだけじゃいけないんでしょうか?


雪やこんこ、あられやこんこ~子供達がアルマを取り囲みながら歌うと、アルマは耳をピンと立てて子供達を見上げながら、本当に自分も歌っているかのように嬉しそうにしているのです


でもたとえ軍用犬になっても、お腹いっぱい食べられた方が、アルマにとっては幸せに違いない!


そう信じて訓練する太一は、近所から太一ではなく犬一(イヌイチ)と呼ばれていたそうです。


~実際もう少し後になると、犬や猫はその毛皮を使うという名目で「供出」させられてしまったそうです


そんな犬好きの太一の気持ちが通じたのか、アルマは見事試験に合格します


ですが、通常なら半年の訓練を終えて家に帰されるはずなのが、アルマは5ヶ月で家に戻されました。その帰省とともにもたらされたのが「赤紙」です。そう、アルマは軍用犬として戦地に送られてしまったのです


「お兄ちゃんの嘘つき!


アルマはすぐに帰ってくるって言ったのに~戦争に行ったらお父さんと同じにアルマも死んでしまう。そう言って泣きじゃくる健太を、太一はなす術もなく見守ります


名前を「金剛号」と改められたアルマが満州へ渡った~そんな記事を読んだ太一は、自分もまた満州へ行こうと決心します。必ずアルマを連れ戻してくるから~まだ学生なので「訓練士」として渡航したようです。


広い広い満州で、真剣にアルマとの再会を願いながら他の軍用犬たちの世話をする太一ですが、戦況が芳しくないことも手伝って、軍用犬たちに対する手ひどい扱いに胸を痛める毎日を送ります。


「役立たずの犬はいらん!


そう怒鳴る軍曹に、太一はこう食ってかかります。


「犬は人間の不安を感じ取ります。犬が臆病になるのはついている人間が臆病だからです!」


これまでは勇敢だったのに急に臆病になった犬の様子を見ろと連れて行かれる太一の耳に、激しく鳴き叫ぶ犬の声が聞こえてきました


「アルマっ!おまえ、アルマだろう?


その声に耳をピンと立て、太一の姿に目を見開いたアルマが駆け寄ってきます。その鳴き声はうって変わって甘えたような響きを放ちました


「自分がアルマと一緒に戦場へいきます!


いざ戦場へ赴くと、そこは太一の想像をはるかに超えた大変悲惨なものでした。恐れおののいた太一の心を敏感に察知したアルマもまた、本来の務め~敵を察知して知らせる~を果たすことができません


軍人達に激しく罵られながら、アルマのために、勇気を振り絞る太一。そんな太一の期待に応え、アルマも次第にその任務を忠実に、そして的確に果たすようになっていきます。


ある時、アルマが敵の気配をいち早く察したにも関わらず、隊が襲われてしまったことがありました。剣を振りかざされた兵士を見たアルマは、果敢に敵に飛び掛っていきます。相手の腕にかみつき、それを食いちぎらんばかりの勢いです。


「お役に立てたのは嬉しいけれど・・・


太一の心境は複雑でした。子供達と「雪やこんこ」を歌って楽しんでいた心を、アルマには決して失ってほしくない


それを聞いた兵士たちは口々にこう言います~それはみんな同じだ


俺たちにも家庭がある。最初から兵隊だったわけじゃない。子どもと一緒に歌を歌って楽しみたい気持ちは、アルマとなにも変わらない。


「アルマがいてくれるから、こんな場所でも人間でいられる


死と隣り合わせの戦場で、その恐怖を忘れられるのがアルマと過ごす一時なのです。


「アルマを可愛がってくれてありがとうございます。アルマが皆さんのお役に立てて嬉しいです


太一に向けて送られてきた健太の手紙を、何度も何度も読み返しては、兵士達はそれぞれの家族に思いを馳せます


こんな風になんとか命ながら得てきた太一たちでしたが、とうとうその日がやってきました。戦争は終結したものの、満州だけはソ連軍の進撃が激しくなってきてしまったのです。


太一の隊も敵に取り囲まれてしまったその時、太一はアルマにその命を預けました


「アルマならきっとやってくれる!」


アルマに「救援」を呼ぶよう命じたのです


本来、軍用犬にはそれぞれの役割があてられていて、アルマは「伝令犬」としての訓練は受けていなかったのだそうですが、アルマなら大丈夫~そう信じた太一は、首につけた小さなバッグに、救助を要請する手紙を入れて、アルマを送り出します。


味方の援護射撃を受けながら、砲弾の飛び交う中、飛ぶように草原を駆け抜けていったアルマは、とうとう本部にたどり着きました。


「救助には行けない


そう大方が反対する中、なぜかアルマは走ることを止めません。ただ一人の人を目指して走っていきます。その相手とは有川大尉(玉山鉄二)。太一が最初にアルマに再会した時、


「アルマという名前はドイツ(味方)に統合されたオーストリアの作曲家の名前だ」


と言って、太一に「アルマ」と呼び続けさせることを許してくれた人物です。この有川~実は、あの女性教師=史子の許婚か結婚相手だったようですね。一度しか逢っていない~と言いながら、戦場でも史子の写真を大事に持っていましたから


「アルマか!よくやった!!


返事を受け取ったアルマは、またしても戦場を駆け戻ってきます。銃弾や爆風がアルマを襲ったらしく、致命傷は受けなかったものの、なんどか地面に倒れこむアルマ。それを見た隊員たちは、大声でアルマを呼びます


「アルマ、アルマっ!!みんな、アルマを援護射撃しろっ!!」


健気に、懸命に戻ろうとするアルマの姿に耐えられなくなった太一を引き戻し、自分が飛び出していく大久保伍長(池内博之)~彼は、最初の頃アルマを激しく非難していた人物でしたが、一旦アルマを「仲間」と認めてからは、人一倍アルマを可愛がってくれていたのです


「救援隊が来てくれるそうです!


立派に任務を果たしたアルマ~そんなアルマを称えながら、大久保は一人先に旅立ってしまいます


その後、有川たちが駆けつけてくるも、戦況は悪化するばかり。とうとうこれまでか~と思われた時、軍曹(小泉孝太郎)が太一にこう言いました


「おまえはアルマを子供達のところへ返すんだ!おまえとアルマがいたから、みんな今まで生きてこられた。アルマを守って何としても日本へ帰りつけっ!!」


軍曹に引き続き、皆口々に太一をその場から逃そうと必死です。もう助からないことは皆が分かっているのです。


「雪やこんこ、あられやこんこ」「犬は喜び、庭駆け回り」


そんな歌を歌いながら、笑顔でこの世を去っていく仲間たちに後ろ髪を引かれながら、太一はひとり、アルマを荷車に乗せて避難していきます。


そして、ようやく「これに乗れば日本に帰れる」という駅までたどり着いたとき、悲劇は再度彼らを襲いました。


「人間だってギリギリのところなのに犬なんて乗せられるか!」


それを聞いた太一は、自分が残るから、アルマだけは~この犬だけは何とか連れて帰ってくれないかと頼みこみます。


その様子を見ていたアルマは、急に暴れだし、太一の腕にかみつきました


「こんな凶暴な犬は乗せられないっ!!」


皆が寄ってたかってアルマを捕まえ・・・アルマ!


最後の力を振り絞って「人間のために尽くした=太一を日本に帰した」アルマ。ひとり日本に戻って事情を話す太一を、健太達が温かく迎えます。千津は、アルマの噛み傷を優しくなでながらこう言いました。


「ご苦労さま。よく頑張ったね


自分の命を投げ出しても尚、主人を守ろうとする~犬はそんな健気な生き物なのです。そんな犬の気持ちに応えて、戦場という地獄にあって人間達もまた「人間らしさ」を失わずにいられた~単なる感傷だけに終わらない、実に見応えのある作品を作られたことに驚嘆します。


本当に、悲しくて辛くて切ない物語でしたが、今、こうして「暖かく満ち足りて」暮らせることに心から感謝した90分でもありました。この作品に出会えて本当によかったですさよなら、アルマ~赤紙をもらった犬


 さよなら、アルマ 原作:水野 宗徳 


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

辛い・・・
こんさんの書かれたあらすじでもうしっかり涙・なみだ・ナミダ・・

我が家では犬がいない生活をしたことが無い位です。
いつも雑種なんですが、10回以上の引越しも
犬と一緒でした。

で、このドラマは見たいけど見られないと言って
家族全員が逃げました。

今日は仕事に行く前ちょっとだけ、とこんさんのここに来ました。

泣き泣き最後まで読んで
鼻声で仕事先に行きました。


でもこういうドラマをもっと若い人達や子供たちに
見せて欲しいです。
文字通り撃沈しましたvv
tubanaさん、こんにちは♪
ご訪問とコメントをありがとうございます(^O^)/。

昨日はですね~このドラマを見た後、これを書きながらまた泣いていたので
(いや~今見ると誤字脱字が一杯でおはずかしいですv-421
その後、久々にひどいアレルギーを起こしてしまいました。

くしゃみ連発~で半日つぶれてしまい、
大好きな駅伝も半分ぐらいしか見られませんでしたv-406
夕べはもう7時には眠って(爆)、ようやく治ったみたいですv-398

それぐらい~見るほうにも勇気と体力が要ったドラマでした。
でも、見てよかったデス。きっとこれはずっと心に残ると思います。

犬とは無縁な私でもそうなのですから、
犬好きな方には、やはりたまらないと思います。
でも、とっても良いドラマでしたよv-343

もしいつかご覧になるのであれば、
1、2日潰れても大丈夫な時にご覧くださいね。
いや~実に(いろんな意味で)しんどかったです~vv。こん(^^ゞ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Merry X’mas★●●●【NAISSANCE】ペアストラップ&ネック●●●【2010年クリスマス限定】★Merry X’mas★●●●【NAISSANCE】ペアストラップ&ネック●●●【2010年クリスマス限定】ドラマ『黄金の豚』いよいよ最終回!芯子の行く末はいかに? ...

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング