2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

アグリー・ベティ4 あらすじ 第14話 センスを信じて

アグリー・ベティ4のあらすじはこちらからご覧いただけます: アグリー・ベティ4 あらすじ一覧


海外ドラマ~アグリー・ベティ4アグリー・ベティあらすじ。第14話は「センスを信じて」、原題は「Smokin' Hot」です。これは「マジ超カッコイイ!って感じなんでしょうが、敢えて文字通りの意味~煙モクモク~最後の火事に引っかけたい気もしました


まあ今回のアグリー・ベティも楽しい要素がいっぱいでしたね~しかも久々に若いイケメンも登場して~マークが仕事で忙しくて何よりでした。仕事というより「ヘレンショックでイケメンセンサーが麻痺しちゃったのかな


giant crazy stray(巨大なクレージー野良猫=ヘレン)を拾う時は事前に相談してよね!アグリー・ベティが面白い

と、ベティのファッションを突っ込むのも忘れて怒りまくっていましたからね


でもこのヘレンには意外な才能があったんです~それはsawing~お裁縫。なんでも昔アーミッシュの彼と暮らしていたことがあって、その時に他に何にもすることがないので縫い物が上手になったって言ってました。それにしても、大胆極まりないsawingですね


時はちょうどモードの「ファッション・ウィークです。ベティやマークが昇進する中、自分もどうにかして認められたいと願うアマンダは、このヘレンの才能にひらめきました


「あなたの縫い物の才能と私のファッションセンスがあればショーに作品が出せる!


一方ベティも、初めてのショーを任せられて張り切っています。ベティにはファッションセンスがない!と思い込んで自分をスタッフから外そうとしたウィルミナに実力を見せ付けようと、今回はマークの力を借りることにしたようです。


~ダニエルが最新式ヘッドセットの使い方が分からず、ウィルミナのベティ批判がベティに筒抜けになったくだりは笑っちゃいましたダニエルはすっかりおっちゃんやね


ウィルミナ大好きなおばさんには、この3人のやりとりがまたなんとも面白かったんですヨ


「あなたは口を開いちゃだめよ


「ウィルミナの目は見ちゃダメ、あ、ひざもダメ~視線は高からず低からず~注意しないと(食われちまうわ)!」


「話の最中でウィリーが携帯に触ったら要注意!しかもメールなんかし始めたら、それはもう一巻の終わりなのよウィリー怖すぎ


自他共に認めるウィルミナスペシャリストのマークが言うことですから、さすがのベティも逆らうわけには参りません。ホンの小さなファッションショーで、とても才能がありそうなデザイナー=マリサ・ローウェンを見つけたので、彼女を売り出そうと懸命になっているのです。


「私の力でひとりの女性の人生を変えられるかもしれない!


マークの尽力もあってなんとかウィルミナの許可が下りたものの、今度は「手柄」をマークに横取りされる破目になってしまいます


~でもまあ最後には、すべてがウィルミナの手柄になってしまうんですけど


あてにしていたベティが自分を裏切ったと嘆くアマンダに、マークはどうしても本当のことが言えません~そんなに簡単にデザイナーにはなれないわ!


マークも昇進したばかりで、なかなか辛い立場にいるんですよね。ショーがうまくいくようにいつも以上に緊張していたためか、そんなマークをマリサは頼ることが出来ません。彼女にとっては初めての大きなショーなのに


不安になってベティの実家を訪ねるマリサ。そしてアマンダ~アタシが悪かったわ


そこにボビーが飛び込んできます


「火事だっ!!」


ヒルダのヘアサロンから火事が出たおかげで、マリサの衣装が焼け焦げてしまいます


が、そんな時に「才能」を発揮したのがアマンダでした。焼け焦げたワンピースの裾を斧で切り落として着てみるとそれはもうまさに「Smokin' Hot」!ベティもこれならいけると確信して会場へ向かいます


痺れを切らしたマークは、焦げた衣装を見て真っ青になりますが、ウィリーは違いました


「これ、前よりイケてるかも


そしてショーは大成功!アマンダはこれで「スタイリスト」として生きていく決心をしたようです


ショーが終わって賞賛を浴びたのは、またしてもウィルミナだけでしたが、そんなウィルミナがベティにこう言ったのは実に素敵なシーンでした


「フェイ・サマーズは20年間私を馬鹿にし続けたけど、私は自分の『taste=センス』を信じていたわ」


Taste is having the courage of your own convictions~センスとは自分の信念に自信を持つことよ


そしてベティの靴を見ながら、それはそんなに悪くないわ~と言い添えるウィリーの強さと優しさにおばさんはじ~んでも安物のバッグはいただけないワ。ベティもとっても嬉しそうでしたね


これ以外にも、14話には楽しいシーンがたっくさんありましたアグリー・ベティが面白い


クレアがサウスダコタに逢いに行った息子のタイラー(タイラー・ベントン~Neal Bledsoe ニール・ブレッドソー)が、クレアを母だと察して逢いに来たシーン


ウィリーがタイラーに目をつけてモデルに使ったため、自分でもその気になってモデルを務めようとしていたダニエルがへこんでしまったシーン


~あんなに若い子と比べる方がかわいそうよね。だってタイラーにはアマンダもヘレンも今にも食いつきそうでしたもの。でも、えくぼに裸でダイビング~はでけへんで


サロンでの電化製品が頻繁に壊れることを嘆くヒルダ~いっそ火事でも起きてくれれば保険が下りるんだけど~ボビーにそう愚痴ってしまったばかりに、実際に起きた火事をボビーのせいだと思い込んでしまったらしいヒルダ


そして、本当に火事を起こしたのは~サロンでこっそりタバコを吸っていたらしいジャスティンジャスティンが不良に!?


たとえ相手が強制送還直前の「偽装結婚目当て」だろうと、とうとう結婚にこぎつけたヘレン


皆の進む道が決まって~マークもアマンダもとってもイイ人になり、ベティも素敵な女性に成長していくのを見るのは嬉しい反面、ああ、もうじき終わりなのだなぁと寂しさが増してきてしまいます。あと6話~アグリーベティは最後までう~んと楽しんで見ていきたいですアグリー・ベティが名残惜しい


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ