ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
セレブの誕生
 ラブコメ

セレブの誕生(#16~)最終回を見終わりました(^^)v

韓国ドラマセレブの誕生も順調に先走ってついに完走しましたセレブの誕生~最終回あらすじ


期待していなかった分楽しくて~むしろかなり面白かったかも知れません。前回も書きましたが、プ・テヒ(イ・シヨン)が気に入ったのも大きかったですね


以下、簡単に最終回までのネタバレをしておきます


まず、チェ・ソクボンの父親ですが、これがなんと、カン・チョルミンではなかったんです


「今まで出てこなかったのが犯人(ここでは父親ですが)」は推理モノの禁じ手だと非難したおばさんでやんしたがそれは邪道だ!、やはりここでもそうではなかったのです。犯人、否、父親はハ・ジュンテでした。そう、ソクボンはテヒの従兄弟だったのですソクボンとテヒでも良かったな~


ネックレスを作った人物だということで、ソクボンが何くれとなくジュンテの面倒を見るようになるのですが~親子の情もあったのでしょうね、その時に、ジュンテが描いたデッサンを発見します。それが、ソクボンの母親だった


でも、時々は意識を取り戻して正気に戻っているジュンテでしたが、タイミングが悪くてなかなか親子の確認をすることができません。


鍵を握っていたのはテヒ父のプ・ギホ~これには「希少金属=モリブデン」の鉱山開発が大きく関わっていたのです


ソクボンの父親=ジュンテは、若い頃、幼なじみのカン・チョルミンと希少金属事業を計画していたのです。既にその鉱山を掘るライセンスも取得していました


ところが、チョルミンが婚約者のいるジュンホンの妹(シンミの叔母さんですわね)と恋に落ちたことを知ったジュンホンが、怒ってチョルミンを殴り、その時工事現場にいたチョルミンは高所から落下して死亡してしまったのですセレブの誕生~真相


当時、ジュンテはモリブデンを使ったアクセサリーをいくつか作っていたのですが、そのうちの(おそらくは共同事業の信頼の証として)チョルミンに贈ったネックレスと同じものを自分でも身につけていたのだそうです。「ジュンホンは頭が固いから」と親友ではあったけれど除け者にされていたようです


そしてプ・ギホは、ジュンテから妹(ギホ妻)へのプレゼントだったイアリングを盗んだため、このネックレスの存在を知っており、ジュンテがソクボンの父親だということも既に確認済みのようでした


が、これを明らかにしてしまうと、プホグループに婿として入った自分の立場が、正当な後継者であるソクボンによって脅かされてしまうと懸念したため、真相を明かすことができなかったのだそうです。この人~顔のわりに~今回はそんなに極悪人ではなかったようです


そこへ、希少金属開発目当てにチュ・ヨンダルとウンソクが割り込んできたので~ライセンスを偽造した、話が余計にややこしくなっていたのでありました。


全ての誤解が解け、ソクボンはウ・ビョンドと共に希少金属の会社の社長となり、めでたくセレブの仲間入りを果たします。もちろんシンミともハッピーエンド


何もできないバ○娘のテヒも、ようやく自分の手でファッションショーを開くまでとなり、刑務所入りしたウンソクを支えようと懸命に生きています。ウンソクにもその真心は十分に伝わって、このふたりもきっと結ばれることでしょう


シンミの秘書ソジョンはすっかりたくましくなってミョン・ムンデ主任のお尻を叩いてせっせと仕事をさせていますし、テヒの秘書=マルジャは、ふたりの男性(ダルス&ビョンド)を袖にして、希少金属の取引先=日系韓国人?のナカムラさんと結婚します~このナカムラさんはチャンファ・ホンリョンでテユンの秘書=チェ・ジョンギュを演じていたホ・ジョンギュさんだったのが個人的には嬉しい大発見でした


悪の権化~だったチュ・ヨンダルも最後には反省して梨畑で働いていたのがまたよかった


意地悪もドロドロもほとんど無くてセレブの誕生はなかなか楽しいドラマでしたセレブの誕生が面白かった。未見の方は~結構お勧めです。って未見の方は読んでないわね


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はセレブの誕生のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
素敵なブログですね
コメントをありがとうございます
コメントをありがとうございます!
こんな状態ですのでお返事が遅れて申し訳ありません。
来週辺りからぼちぼち再開いたす所存ですので、よろしければまた御遊びにいらしてくださいね。こん
ブ・テヒ最強!!
生き別れの父をもとめる話とはいえ基本ドタバタ。というより相当適当なつくり。はじめにあった癌の設定なんかは途中から完全にわすれられ、どうでもいいあつかい。ほんとその場かぎりで進行する、ランクをいえば二流半ドラマだったとおもいます
顔よし・スタイルよし・性格もよさそうなイ・ボヨンがでてたので、とりあえずは見てはいたのですが、気がついたらブ・テヒ親子に一番入れ込んでました。ブルドッグ顔の父と整形までしたという(設定&事実??)美少女顔の組み合わせが絶妙で、このイ・シヨンの愛らしい顔&炸裂するバカ演技がなかったら相当単調で見なくてもわかるドラマになっていたと思います
「風の国」にも出てたそうですが、記憶に無いのはバカ演技がゆるされない作品だったからでしょうか・・・(Gyao無料で)
ちなみにイ・ボヨン人気らしくGyaoでは並行して「危機一髪!プンニョン・マンション」というのがはじまってます
楽しく思い出しました(笑
maltcaskさん、こんにちは♪

そうそうプ・デヒ~面白かったですよね~。
もはやストーリーはま~ったく覚えていませんが(;´∀`)、
プ・デヒのはっちゃけぶりと表情だけはよぉ~く覚えていますよ~。
可愛くて楽しかったですよね~あの親子(爆。

風の国では大人しい役だったんですよ。
イ・シヨンさんは楽しい役がお似合いですよね。

イ・ボヨンさんは昔の役は好きでよく見ていたんですけど、
ここ数年はちと表情が乏しくなったような気がして、
以前ほどで好きではなくなりました(;´・ω・)。

危機一髪!プンニョン・マンションも
このセレブの誕生同様?内容はあって無いような話でしたが、
ブラックコメディとしては結構楽しめましたよ~。
バカバカしいコメディ大好きなので(^_-)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング