ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/03
<<02 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
JIN-仁-
 歴史ファンタジー

JIN-仁- 第5話「世の営みを超えたもの」とは?

JIN-仁-~完結編に入ってからはずっと歴史的配色が濃かったように思われましたが、この5話はもっと奥深い真理について語っていたような気がいたしましたJIN-仁-あらすじ&感想


「医療とはいったい何のために存在するのか?」


南方仁はこれまで幾多の困難に出会い、そのたび毎にたくさんの命を救ってきました。が、よくよくその経緯をたどってみると、その救えた命というのは、自分が関わった為に危うくなってしまったものがほとんど


自分がどんなにもがこうと、歴史の修正力に抗うことはできないのか?


今回つくづく南方が思い知ったのはお初ちゃんの治療に際してのことです。自分が作り与えたイカ飛行機のために怪我をしたお初ちゃんの手術中に、その姿が消えてしまった南方。そのカラダはそこから未来へとタイムスリップします


大人になって「南方」の家に嫁ぐお初ちゃんの姿、そして、仁がいるはずの家に、見知らぬ男の子が暮らしている様子


そして南方が消えている間に、なんとお初ちゃんはその命を失ってしまうのです


お初ちゃんが助かっていれば、自分はこの世に生まれてこなかった


このことから、結局自分には何の力もなかったのだと思い知る南方なのです。いったい自分はなんのためにこの時代に遣わされたのだろうか?運命の意味を問う南方仁


そんな南方の問いに答えてくれたのは、南方の生き様を心から理解している咲でした


「命を救うことではなく、世の営みを超えたもののためにいらしたのではないですか?」


「世の営みを超えたもの」とは何か~それはまだおばさんにもよく分かりません。


が、このエピソードでは、白粉による鉛中毒のため手足の指先が潰瘍化するという症状に苦しむ歌舞伎役者=坂東吉十郎を通して、その「理由」を描こうとしていたようです。


命を生き長らえることのみを考えれば、手足を切断して養生しなければならないが、歌舞伎役者として、また、自分が捨てた我が子に、せめて自分の生き様を見せたい=ろくでなしにも取柄があったことを教えたい~その一心でなんとか舞台に立とうとするその執念


その心意気が、弟分の田之助をして

「命は長さだけが大事なのかい?無理ひとつ通せねえで何が医者先生様だっ!?」

と言わしめ、最初はワガママな吉十郎に憤っていた佐分利をして、

「同じ、『道』を究めたいと切望する者として応援したい」

と言わしめたこのこそが「世の営みを超えたもの」なのではないでしょうか--人は何のために生きるのか


これが現代なら「QOL(Quality of Life)」で済まされちゃうところなんでしょうけど、寿命そのものが現在よりはるかに短かっただろう江戸という時代に未来の医療を持ち込んで、自分にしかできない延命措置にやっきとなっていた南方仁が、ようやく「命を燃やすものの大切さに気づいた瞬間だったのではないでしょうか。


~未来の医療がどれだけ進んでいるかは存じませんが、結局人は死ぬのでしょう?という咲の言葉は効きましたねこの一言は強烈でやんすね


そしてそんな南方の下へ、命を危険にさらしながら大志を遂げようとしている男=坂本龍馬からペニシリンを分けてほしいという依頼が届いています。折り良く、江戸時代でもちょっと天然な綾瀬はるかちゃん、もとい咲が、偶然ペニシリンの結晶化に成功~これで龍馬さんにもペニシリンを届けることができる龍馬と関わることが仁友堂の使命!


南方が龍馬を救えるかどうかはさておき、龍馬と亀山社中(会社)を通してペニシリンがより多くの命を救うこと、これによって生き長らえた命がよりキラキラと輝きを放つことより生き生きと命の炎を燃やすためは、いかな歴史の修正力とて邪魔はできないのではないでしょうかね


来週のJIN-仁-の放送は5分延長となるようです。いったいどんな展開を見せてくれるのか、いまから楽しみでなりませんJIN-仁-あらすじ&感想




MISIAもいいけど、こちらもなかなかお勧めですヨ:いとしき日々よ




これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はJIN-仁-のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング