ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
JIN-仁-
 歴史ファンタジー

JIN-仁- 第10話 お久しぶりでありんす~に涙しました

JIN-仁-もいよいよ最終章です。今回も素敵でしたね~特に野風姐さんのあのひとことが


「坂本様、お久しぶりでありんす


龍馬が亡くなったことを聞いた野風が、その形見分けの品=雪の結晶のかんざしをそっと髪に挿しながら、涙の光るその頬に笑みを浮かべていったこの言葉は、実に胸に沁みましたJIN-仁-あらすじ&感想


その龍馬ですが、東に切られた後、1週間近くも延命することになったようです


脳圧を下げる手術を行い、アンビュで人工呼吸を続けるという処置をしながら、でも決め手となったのは、野風からの「お誘い」だったと言うのがなんとも粋な話でしたね。


自分は今では母となった。でもこんな幸せな暮らしができるのも、龍馬が自分を好いてくれていると言ってくれたから。引き裂かれた心を慰める涙を、その胸で受け止めてくれたから龍馬がいてくれたから生きてこられた。女というのはずるいものでありんすな


フランスに来ることがあったら、いつでもたち寄ってほしい~愛しい野風が自分を誘ってくれた、こんな話を龍馬が聞き逃すはずもなく、これを聞いた途端、自発呼吸を始めたという龍馬を愛しく思ってしまったのはおばさんだけでしょうか龍馬の笑顔が忘れられない


龍馬の興味を引き出してその生命力に期待をかけた南方は、次々と未来のことを語り始めました。幾つも並んで走る箱(電車)、空を飛ぶ巨大な鳥(飛行機)、それに向かって話しかける小さい箱(携帯電話)、などなど、新し物好きな龍馬が意識を取り戻すには十分の代物です


が、龍馬には、行き過ぎた野心は存在しませんでした。自分が江戸の時代に成し遂げたこと~また生まれ変わりたいと思える国を作れたか~の問いに、南方がうんと頷いたのを見て、龍馬は自ら進んでその生を閉じていくのです。


人にはそれぞれ与えられた使命と言うものがある


現代という、一見なんでも手に入るかのように思える至極便利な世の中に生きていながら、いつのまにか笑顔を忘れ、不平不満でいっぱいの自分が、なんとも情けなく思えてまいります


南方もまた、どうしようもない無力感に襲われてしまったようでした。


この龍馬の死に加え、三隅が仁友堂と自分を落としいれようと画策したことを聞き、兄の所業に胸を痛める咲や、なんの言われもなく苦しめられている仲間を見て、自分は疫病神だと言い出したのです


自分が助けた命=東が龍馬を殺し、恭太郎もまた、自分がその命を救ったばかりにお家のために苦しんでいる


振り返れば振り返るほど、自分の存在意義が見出せなくなった南方を救ったのは、佐分利や山田ら、仁友堂のかけがえのない仲間たちでした


たとえ疫病神であったとしても、命が燃え尽きてしまおうとも、自分のもてる全てのものをこの時代に生きる皆に伝えることこそが、自分の成すべき役割なのではなかろうか


国のため、道のため


将来への不安でがんじがらめな現代人と、江戸に生きた人々の大きな違いは、この潔さともいえる使命感なのではないでしょうかね死と隣り合わせの生を生きたからこそ生が輝いた時代


龍馬は兄の仇だったと吐露した東も、その心のうちには~西郷が推理したように、龍馬が成し遂げようとした偉業=大政奉還を守ろうという想いがあったのでしょう。だからこそ、あんなに苦しそうな顔で、龍馬に刃を向けたのでしょうし、自らもその命を絶ったのでしょうから。


こんな時だからこそ、非常に学ぶところの多かったJIN-仁-も、いよいよ来週が最終回です。ハッピーエンドが大好きなおばさんですが、いったいどうなるのがハッピーなのか、今は想像だにできません。来週の放送が心から待ち遠しいですJIN-仁-最終回が待ち遠しい




季節はずれだけど~「雪になりたい」はけだし名言ですな


待望のOSTです:日曜劇場 JIN-仁- オリジナル・サウンドトラック~ファイナルセレクション~


ガイドブックはこちらですonpu2


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はJIN-仁-のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング