ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
朱蒙(チュモン)
 時代劇・歴史モノ

朱蒙(ノーカット版25話まで)~人間描写も抜群です

朱蒙チュモン)の登場人物をお調べになりたい場合はどうぞこちらをご利用くださいマセ: 朱蒙(チュモン)~の主な登場人物とキャストおよび代表作


おばさんは、韓国ドラマは時代劇が最高だと信じて疑わない人なんですが(ただしドロドロ系除)、この朱蒙に関しては、実はそれほど関心が高くはありませんでした吹替えは苦手。内容が悪いのでは決してなくて、吹替えが得意ではないことが原因です。


韓国人の方の声って、程度の差こそあれ、ほとんどの方がハスキーボイスなんですよね。日本の声優さんはもちろんとてもお上手なのですが、逆に声がよすぎて、この独特な魅力が損なわれてしまうのを何よりも残念に思っているおばさんなのでありますまったく別物


~この朱蒙はその中でも最悪の「症例後半のイエソヤが待ち遠しい」だったと言えちゃうと思うんですが


そんなおばさんが待ちに待っていた字幕つきノーカット版


待ちに待ちすぎて長すぎた~しかも開始時期が震災直後とあって、実は第1話を録画できなかったのですが不覚でした、残りは順調に最終話までしっかり溜めてありました。余裕ができたらじっくり観ようと思いましてね楽しみにしていました


先日来BSアンテナの調子が悪く、テレビ放送を楽しめなかったのを幸いに、満を持して視聴に臨みました朱蒙がとっても楽しいです


いや~コレ、期待以上に面白くて、見始めるとなかなか止められません


特に印象的なのは、やはりヘモス将軍でしょうか。


古朝鮮の流民を救うため颯爽と立ち上がった英雄~誰もがあこがれ朱蒙の父かくもあるべし、尊敬するヘモスでしたが、扶余の守護神ともいえる巫女ヨミウルは、その祈祷の中で太陽の中に三足烏を見出し、それが扶余を侵す敵=ヘモスであると見なしたと言います。彼女はこの敵から扶余を守るために、ヘモスを20年も陽の射さない牢獄に閉じ込めたのだそうです


ということは、当時の扶余では「太陽」を国の象徴としていたのでしょうかね。でももともと三足烏とは「太陽」の象徴なのだそうですよ?


この点を考えると、この「太陽と三足烏」云々と言う逸話だけではなく、ここは人間の業が大きく作用したと考えた方が、下世話なおばさんには納得がいくような気がします


そう、この朱蒙は冒険・戦いのシーンも勿論なのですが、特に今のところは、クムワとヨミウル、そしてユファ~この3人の心の葛藤が実に興味深いと感じているおばさんなのです


巫女になる前からクムワを愛していたヨミウルが、自分よりも遥かに度量の大きなヘモスに魅入られたクムワを慮り、誰よりもクムワを扶余の英雄たらんと欲し、ヘモスを失脚させた


が、実際には三足烏、つまり太陽神を現すヘモスを、巫女としては殺すことができなかった


そしてココに、もうひとりの女性~ユファが登場したことによってまた話がややこしくなってきています


第1話を見ていないのでかなり妄想入ってますが、ユファはクムワの想い人でもあったのですよね?


でもユファは、漢の暴政下にある流民を救うために命がけで戦い続けてきた英雄を、ずっと心ひそかに慕っていたのだそうです憧れの人だった。行き倒れになっていたヘモスを救った時、ユファの心がどれだけ歓喜に打ち震えたことか~想像に難くありません私が命を救った!


そのために一族が皆殺しにされたとしても、将軍を助けたことを決して後悔する事はない


なんと情熱的で激しい女性でしょうかこのドラマで一番強いのがこのユファだと思います


その後ヘモスは漢に捉えられ、その命を落としてしまったかに見えましたが、実際には生きていて、ヨミウルに監禁されはしたものの、愛息子の朱蒙と、短いながらも心豊かな日々を送ることになります


そして問題はここからなのです


ヘモスは、その生存を知ったクムワの息子たち=テソとヨンポ(こんなアホ見たことない~悲しいほどにアホ過ぎるによって惨殺されてしまいました


なんとしても生かしておかねばならなかった!殺してはいけない人物だった!


20年もの間監禁したことは別として、太陽神の象徴を葬ってしまったことを畏れるヨミウルに対し、クムワはむしろ、20年もの間、自分に黙ってヘモスを隠していたことを責め立てました。


自分は監禁はしたが生かしておいた。殺したのはあなたの息子たちだ私を責めるのはお門違いだ!ユファを愛するあなたこそ、ヘモスを殺したかった張本人ではないのか?


ココココ~この辺の指摘は実に気持ちがよかったです


若くてまだまっすぐだった頃の、クムワのヘモスへの敬愛まで否定するつもりはありませんが、その後、思いがけない親友の死によって掌中に転がり込んできた愛するものを、一応の権力を手にした今のクムワが、本当に心から喜んでヘモスの元に返せたかどうか?偽善ですよね


巫女と言うより一人の男性を愛し見つめ続けてきたヨミウルの直感~打つ手はあったにも関わらず見殺しにしたのではないかという指摘(そこまでは言ってないかな)は、正しいような気がしますねクムワを信じてはいけない


おばさんは、この朱蒙はカット&吹替え版を一度あっさりしか見たことがないんですが、たしかその時は、クムワの偽善的な行為が鼻について仕方がなかったような記憶がありますが、こうしてじっくり彼らの気持ちを辿ってみると、その葛藤が実に真に迫っていて、短絡的に誰かひとりを責めることなどできないと考えさせられてしまいました実に深い人間描写に感心します


この朱蒙というドラマがいかに素晴らしいのか朱蒙はあらゆる意味での最高傑作(^O^)/~つくづく噛み締めている次第でありますチュモンが面白い(^^♪


今後も続きを観るのがとっても楽しみでございます朱蒙を見るのが楽しみです


チョンム山の夕日が忘れられません

映像もまた実に美しく雄大で~チョンム山の夕日は忘れられません


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は朱蒙(チュモン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

待ってました!!
こんさーん、いいでしょう~

チュモンは歴史物では私はNo.1だと思いました。

脇役も最高で、最後まで飽きずに見ました。
人物の心の深い所までしっかり描写されていたし。

馬に乗って山道を走る姿も最高でした。
主人公はチュモンですが、皆が主人公かも。

これからこんさんのレビュー楽しみにお待ちしてます。

PS. 吹き替えは、私それだけでダメ・・・です。
い~ですね~( ^)o(^ )
tubanaさ~ん♪こんにちは~~v-343
今日は久しぶりに天気がよくて~家事に大忙しです^^。

う~ん、イイです~~すごくいい!!
もうね~見始めると止められないのでヒンシュク買いそうですv-398

まあ、No.1とまではまだ決められないけど(^^ゞ
傑作v-352であることには間違いないですね~。素晴らしいっ!!

そ~なんですよ。この人間描写がまた絶妙ですよね。
同じ「嫉妬」を描くのでも、
ここまで深いとドロドロ感がなくなるのですね~v-291

うんうん、登場人物がみ~んな生き生きしているのもいいですよね~。
ストーリーから離れて
「お宝探し」にも熱が入ります~あ、あんな人がっ!ってv-408

今日もホントは語りたいんだけど~時間が取れるかどうか~vv。
週の前半は比較的ヒマなんですが(笑)、
後半は見るドラマが盛り沢山で大変で~す(爆)。贅沢な悩みですね(^^ゞ。

続きもじ~っくり楽しみますね~(^_-)-☆こんv-283

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

グッド・ワイフ(The Good Wife S1)がついにDlifeに登場!放送予定はDlifeの公式サイトをチェック!!

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング